A Dark Presence stalks the small town of Bright Falls, pushing Alan Wake to the brink of sanity in his fight to unravel the mystery and save his love.
リリース日: 2012年2月16日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る
お知らせ: ラテンアメリカ スペイン語に対応しました。このコンテンツを有効化するにはここをクリックしてください。

Alan Wake を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Alan Wake Collector's Edition を購入する

2 アイテムを同梱: Alan Wake, Alan Wake Collector's Edition Extras

Alan Wake Franchise を購入する

3 アイテムを同梱: Alan Wake's American Nightmare, Alan Wake, Alan Wake Collector's Edition Extras

レビュー

“Remedy's done a great job of mixing elements of written work, television, and video games to create an experience full of scares, laughs, and thrills that's just as fun to play as it is to watch.”
9/10 – http://pc.ign.com/articles/121/1218682p1.html

Steam Big Picture

ゲームについて

遂にPC版がリリース ベストセラー作家アラン・ウェイクの妻がバケーションにて姿を消したとき、彼の捜索は執筆をも忘れるスリラーとなった。小さな街ブライト・フォールズに闇の影が付きまとい、ミステリーの解明と愛の救出をかけて戦うウェイクを正気の淵へと追いやる。

アラン・ウェイクはアクションゲームであり、心理スリラーでもある。スリラーTVシリーズのスタイルを継承し、アラン・ウェイクは商標Remedyのストーリーテリングとハラハラのアクションの連続でおくる。プレイヤーがミステリーに深く深く入り込むにつれ、圧倒するような可能性に予期せぬ発展、そして最後までわからぬ展開が待っている。光で戦う戦闘メカニックをマスターしてのみブライト・フォールズに広がる闇の一歩先を行くことができるのだ。

アクションゲームの肉体に心理スリラーの精神で、アラン・ウェイクの強烈な空気、深く幾層にも重なるストーリー、そして並外れて緊迫した戦闘の連続がプレイヤーにエンターテイニングでオリジナルなゲーム経験をもたらすのだ

PC用に改善

  • Alan Wake 特別エピソード“The Signal” + “The Writer”入り
  • Xbox360版より高画質で高再現度なAlan Wakeの Pacific Northwestを体験しましょう。
  • マウスとキーボード、またはXboxのゲームパッドを使用してプレイしてください。キー設定は全てカスタマイズ可能です!
  • カスタマイズ可能な多数のグラフィック設定と4:3、16:9 と 16:10 のアスペクト比をサポート!
  • Quad core CPUを活用したマルチスレッドエンジン採用しています。
  • 「ヘッドアップ・ディスプレイを隠す」などファンの皆様のリクエストを取り入れています。
  • AMD Eyefinity 3D 3-スクリーンモードに対応しています。

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP2
    • Processor: Dual Core 2GHz Intel or 2.8GHz AMD
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: DirectX 10 compatible with 512MB RAM
    • DirectX®: 9.0c
    • Hard Drive: 8 GB HD space
    • Sound: DirectX 9.0c compatible
    Recommended:
    • OS: Windows 7
    • Processor: Quad Core 2.66GHz Intel or 3.2GHz AMD
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: DirectX 10 compatible or later with 1GB RAM
    • DirectX®: 10
    • Hard Drive: 8 GB HD space
    • Sound: DirectX 9.0c compatible
参考になったカスタマーレビュー
14 人中 14 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 45
3 件のレビュー
記録時間: 30.0 時間
ここまでのアランウェイク。XBOX360で遊び倒した本作がSTEAMでセールになっていた。バリー『おいアラン、また眠っちまったのかよ!』財布に潜む闇がささやく。『クレジットカードを使いなさい…』気がつくと懐中電灯を握りしめた俺は再びブライトフォールズの景色にいた。『良い子ね…』カードの上限金額を引き上げていた事が幸いだった。バリー『なあアラン、冗談だよな?まさか今月の生活費を忘れた訳じゃないよな?』軽口を叩く親友の顔にフラッシュライトでこたえて俺は歩き出す。CV高木渉『おいおいマジかよまたアリスにどやされるぞ!』無視はしたものの脳裏によぎる来月の請求書に俺はただただ気が滅入るのであった。EPISODE:1『命日は10日』
投稿日: 2014年6月28日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
30 人中 22 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 2,506
116 件のレビュー
記録時間: 16.0 時間
俺はアラン・ウェイク。作家だ。
スランプに陥った売れっ子作家アラン・ウェイクが妻と共に休暇のためにある町を訪れるが妻が失踪、アランは一人ライトを片手に暗闇の中を探し求めることにするが、闇に覆われた謎の人々に襲われる。道中、自身の書いた小説の切れ端を見つけるが、その内容はこれから起きる出来事だった・・・。
はたして、これは現実か空想の産物なのか。
日本語対応。字幕・音声共に完全日本語化。
闇に覆われた敵に光を当てて闇を取り払わないてから攻撃するシステムとなっており、主人公は小説家なので大型武器は登場せずリボルバー・ライフル・ショットガン・フレアガン等、移動や敵から逃げるためのダッシュもすぐにスタミナが切れるので短距離しか使えない。その代り、敵の接近攻撃直前にボタンを押すことで回避行動を取ることが可能。
TPSゲームというよりアドベンチャーゲーム寄りという感じで、エピソード毎にエンディング曲が流れたりエピソード開始時に「これまでのアラン・ウェイク」と称したあらすじが流れるなど超常現象系の海外ドラマをかなり意識した演出となっている。
投稿日: 2014年4月29日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
12 人中 12 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 100
3 件のレビュー
記録時間: 15.7 時間
とってもお勧めです。スティーブンキングのホラー小説のような、しっかりしたストーリーがあり、そのストーリーの合間に暗い闇の中を懐中電灯片手にウロウロする感じです。闇をまとった敵はそのままではダメージを与えられず、懐中電灯の光で闇を剥がしてから銃で撃ち倒す。その2段階を踏むアクションのもどかしさが、闇の不安をさらに引き立ててくれます。ストーリーだけでなく、アクションも楽しいです。ただ、終盤まで敵の種類等代わり映えしないので、少々飽きてきます。そこだけ残念。日本語対応は完璧です。音声も日本語対応しており、声優さんの演技も完璧。アメリカのドラマを見ている感じがしていいです。グラフィックもとてもきれい。xbox360でもプレイしましたが、PC版は段違いですね。
投稿日: 2014年5月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
9 人中 9 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 111
25 件のレビュー
記録時間: 7.8 時間
このゲームは簡単に言うと「小説やドラマをゲームでプレイする」という感じだ。ベストセラー作家が休養で訪れた田舎町で謎の超常現象に翻弄されながらも姿を消した妻を救出すべく捜索に見を投じていくというストーリーのサイコスリラーゲーム。作中の世界観に小説家スティーブン・キング著作の影響を受けていたり、舞台設定には幾つかの海外ドラマを参考にしているなどその世界観作りには妥協が無いのが理解できた。戦闘要素を持つアクションゲームと、ホラーとサスペンス要素を重点に置いたストーリーの融合はとても深みのある良い出来だと個人的には思う

戦闘面では闇に支配された者達という闇に取り込まれてしまった人間の成れの果てとの戦闘がメインで、銃器は使わないが鎌や斧などで武装しプレイヤーを狙う。彼らは通常手段では倒せないようになっており、光を発する物(フラッシュライト、発煙筒など)で闇を取り払う必要がある。武器は人物の設定上回転式拳銃、小銃、散弾銃等の一般人が扱える程度の武器を駆使しながら撃退していくことになる。フレアガンや閃光手榴弾は所謂「ボム」のような役割であり、それらの装備品は敵を一撃死または大ダメージを与えるのに有効である

主人公は決してタフではないので連続で攻撃を受ければ倒れてしまう。しかし敵の攻撃を見てタイミングよくボタンを押せば回避できるシステムが実装されており、これを上手く利用して立ち回り、敵と対峙していくことになる。戦闘システムは特に苦もなく短時間で馴染むほどストレスなくこなすことができた

ローカライズに関しては日本語にも対応しており、字幕だけではなく吹き替えまでされているのは非常にありがたいところだ。ちょっと凝ったサイコスリラー作品をプレイしてみたいという方にはオススメ
投稿日: 2014年2月16日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
12 人中 10 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 512
85 件のレビュー
記録時間: 20.7 時間
ホラーTPS.日本語完全対応.
敵を覆っている闇に光を当てることで闇を剥ぎ銃で倒す、というちょっと変わった戦闘システムのゲーム.単純だが結構面白く、武器も色々あるので戦略性もある.私は最後まで飽きることなくプレイできた.
ストーリーが非常に作りこまれており、プレイヤーを闇に覆われた世界に引き込んでいく.
かなりボリュームがあり、グラフィックも美しい.
設定画面等の日本語が少し変ではあるが、本編の吹き替え、字幕は完璧である(声優陣も豪華).
一応ホラーというジャンルではあるが、あまり怖くないし不必要にグロいシーンも無いので、ホラーが苦手な方も安心.
ゲーム内のテレビ番組も面白く、手抜きを感じさせない.
収集品等のやりこみ要素もあるし、長く遊べる.ただ、収集品は見つけやすい所に設置してくれてはいるものの、総数200を超えるため全て集めるにはそれなりに根気がいる.また、最高難易度でないと設置されない収集品があり、個人的には不満な点であった.
他の不満点として、敵が黒く背景も暗いので敵の識別が難しいシーンがあること、終盤戦闘続きで少しダレること、スタミナが低めで走るとすぐに疲れること、綺麗な終わり方をしたと思ったら最後のセリフに「ん?」となる点等が挙げられる.
とはいえ全体的に完成度の高い作品なので、是非プレイして頂きたい.
投稿日: 2014年3月27日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ