A Dark Presence stalks the small town of Bright Falls, pushing Alan Wake to the brink of sanity in his fight to unravel the mystery and save his love.
ユーザーレビュー: 非常に肯定的 (8,309 件のレビュー)
リリース日: 2012年2月16日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

お知らせ: ラテンアメリカ スペイン語に対応しました。このコンテンツを有効化するにはここをクリックしてください。

Alan Wake を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Alan Wake Collector's Edition を購入する

2 アイテムを同梱: Alan Wake, Alan Wake Collector's Edition Extras

Alan Wake Franchise を購入する

3 アイテムを同梱: Alan Wake's American Nightmare, Alan Wake, Alan Wake Collector's Edition Extras

 

キュレーターによりおすすめされています

"Oozing style, with some lovely Twin Peaks inspiration and a smart story that doesn't take itself too seriously. Some really awesome setpieces, too. "

レビュー

“Remedy's done a great job of mixing elements of written work, television, and video games to create an experience full of scares, laughs, and thrills that's just as fun to play as it is to watch.”
9/10 – http://pc.ign.com/articles/121/1218682p1.html

Steam Big Picture

このゲームについて

遂にPC版がリリース ベストセラー作家アラン・ウェイクの妻がバケーションにて姿を消したとき、彼の捜索は執筆をも忘れるスリラーとなった。小さな街ブライト・フォールズに闇の影が付きまとい、ミステリーの解明と愛の救出をかけて戦うウェイクを正気の淵へと追いやる。

アラン・ウェイクはアクションゲームであり、心理スリラーでもある。スリラーTVシリーズのスタイルを継承し、アラン・ウェイクは商標Remedyのストーリーテリングとハラハラのアクションの連続でおくる。プレイヤーがミステリーに深く深く入り込むにつれ、圧倒するような可能性に予期せぬ発展、そして最後までわからぬ展開が待っている。光で戦う戦闘メカニックをマスターしてのみブライト・フォールズに広がる闇の一歩先を行くことができるのだ。

アクションゲームの肉体に心理スリラーの精神で、アラン・ウェイクの強烈な空気、深く幾層にも重なるストーリー、そして並外れて緊迫した戦闘の連続がプレイヤーにエンターテイニングでオリジナルなゲーム経験をもたらすのだ

PC用に改善

  • Alan Wake 特別エピソード“The Signal” + “The Writer”入り
  • Xbox360版より高画質で高再現度なAlan Wakeの Pacific Northwestを体験しましょう。
  • マウスとキーボード、またはXboxのゲームパッドを使用してプレイしてください。キー設定は全てカスタマイズ可能です!
  • カスタマイズ可能な多数のグラフィック設定と4:3、16:9 と 16:10 のアスペクト比をサポート!
  • Quad core CPUを活用したマルチスレッドエンジン採用しています。
  • 「ヘッドアップ・ディスプレイを隠す」などファンの皆様のリクエストを取り入れています。
  • AMD Eyefinity 3D 3-スクリーンモードに対応しています。

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP2
    • Processor: Dual Core 2GHz Intel or 2.8GHz AMD
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: DirectX 10 compatible with 512MB RAM
    • DirectX®: 9.0c
    • Hard Drive: 8 GB HD space
    • Sound: DirectX 9.0c compatible
    Recommended:
    • OS: Windows 7
    • Processor: Quad Core 2.66GHz Intel or 3.2GHz AMD
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: DirectX 10 compatible or later with 1GB RAM
    • DirectX®: 10
    • Hard Drive: 8 GB HD space
    • Sound: DirectX 9.0c compatible
参考になったカスタマーレビュー
23 人中 22 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 30.0 時間
ここまでのアランウェイク。XBOX360で遊び倒した本作がSTEAMでセールになっていた。バリー『おいアラン、また眠っちまったのかよ!』財布に潜む闇がささやく。『クレジットカードを使いなさい…』気がつくと懐中電灯を握りしめた俺は再びブライトフォールズの景色にいた。『良い子ね…』カードの上限金額を引き上げていた事が幸いだった。バリー『なあアラン、冗談だよな?まさか今月の生活費を忘れた訳じゃないよな?』軽口を叩く親友の顔にフラッシュライトでこたえて俺は歩き出す。CV高木渉『おいおいマジかよまたアリスにどやされるぞ!』無視はしたものの脳裏によぎる来月の請求書に俺はただただ気が滅入るのであった。EPISODE:1『命日は10日』
投稿日: 6月28日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
33 人中 25 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 16.0 時間
俺はアラン・ウェイク。作家だ。
スランプに陥った売れっ子作家アラン・ウェイクが妻と共に休暇のためにある町を訪れるが妻が失踪、アランは一人ライトを片手に暗闇の中を探し求めることにするが、闇に覆われた謎の人々に襲われる。道中、自身の書いた小説の切れ端を見つけるが、その内容はこれから起きる出来事だった・・・。
はたして、これは現実か空想の産物なのか。
日本語対応。字幕・音声共に完全日本語化。
闇に覆われた敵に光を当てて闇を取り払わないてから攻撃するシステムとなっており、主人公は小説家なので大型武器は登場せずリボルバー・ライフル・ショットガン・フレアガン等、移動や敵から逃げるためのダッシュもすぐにスタミナが切れるので短距離しか使えない。その代り、敵の接近攻撃直前にボタンを押すことで回避行動を取ることが可能。
TPSゲームというよりアドベンチャーゲーム寄りという感じで、エピソード毎にエンディング曲が流れたりエピソード開始時に「これまでのアラン・ウェイク」と称したあらすじが流れるなど超常現象系の海外ドラマをかなり意識した演出となっている。
投稿日: 4月29日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
12 人中 12 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 15.7 時間
とってもお勧めです。スティーブンキングのホラー小説のような、しっかりしたストーリーがあり、そのストーリーの合間に暗い闇の中を懐中電灯片手にウロウロする感じです。闇をまとった敵はそのままではダメージを与えられず、懐中電灯の光で闇を剥がしてから銃で撃ち倒す。その2段階を踏むアクションのもどかしさが、闇の不安をさらに引き立ててくれます。ストーリーだけでなく、アクションも楽しいです。ただ、終盤まで敵の種類等代わり映えしないので、少々飽きてきます。そこだけ残念。日本語対応は完璧です。音声も日本語対応しており、声優さんの演技も完璧。アメリカのドラマを見ている感じがしていいです。グラフィックもとてもきれい。xbox360でもプレイしましたが、PC版は段違いですね。
投稿日: 5月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 24.3 時間
キングの映画を彷彿とさせるシナリオ、演出で、そういった雰囲気にマッチングする人には至高の一作になるでしょう。非常に良質なホラーゲームです。派手さはないですが、謎めいたストーリーにぐいぐい引きこまれ、クリア後は長編小説を読み終えた時のような満足感が得られました。
 操作感は特に悪くはないですが、主人公アランの運動神経が凡人並でダッシュするとすぐ疲れてしまうことに少しストレスを感じました。ちなみに短編続編であるAmerican Nightmareでは改善されスタミナが増えてます(内容はあれでしたが)。
投稿日: 5月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 50.3 時間
デッスペみたいな感じのゲーム
が、武器がデッスペほどバラエティ無くアクションとしては単調
ストーリーは正直意味不明感多し
スティーブン・キングとかああいうの好きな人なら向いてるんじゃないか
アメリカの田舎町の雰囲気は良い
セールで安い時なら買っても良い
投稿日: 6月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
30 人中 29 人 (97%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 24.4 時間
ここまでのアランウェイク。

日本語ボイス込みでフルローカライズされてると聞き、手にとった私が最後までのめり込む事は容易に想像できる結果だった。細かな練られた演出、章ごとに繰り返される丁寧なあらすじに私は思った、まるで海外の深夜ドラマを見ているようだと。最初から物語重視と知っていた私は、アクションにムービーが多く挟まれたとしてもさしたる抵抗はなかった。

しかしその没入感を削ぐかのようにコーヒーポットが置いてある。これは本筋とは何ら関わりがない実績だけのアイテムで、道筋から外れた場所に多く配置されている。一体誰がこんな余計なことを、軽い目眩を覚えながら私は心の中で悪態をついた。これからこの物語を手に取る読者がいるなら、コーヒポットなんてものは気にせず物語に集中してほしいと願う。そもそもこの物語の実績を解除するには最低2周必要なのだ、焦る必要はない。

物語の節単位で装備品を失ってしまう、それぐらい途中で嫌でも気付くが、出し惜しみをしてしまうのが人の性なのだ、物語の終わりにいつも残るフレアガンが無駄に傷を負っている私を余計に非難しているように見えた。

もしこれを手に取ろうとしている読者が物語に興味がなく、ただアクションを期待しているなら少し考えて欲しい、この物語はホラーアクションではない、サイコスリラーだ。小説とドラマとゲームが融合させた、突発的な怖さよりも常に続く一定の緊張感を楽しむものだ。この物語の主役はあくまで物語なのだ。それでも問題ないと思うのなら是非手にとって欲しい、手放しで褒められるモノでもないが、このコールドロンレイクで起きた物語は、少なくとも記憶には残る作品だ。

私の名前はアラン・ウェイク。作家だ。
投稿日: 2013年11月26日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ