危機に瀕し、道義に無関心なオープンワールドのファンタジー世界で雇われモンスタースレイヤーとなろう。
ユーザーレビュー:
最近:
圧倒的に好評 (2,673 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 2,673 件中 96% が好評です。
総合:
圧倒的に好評 (51,253 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 51,253 件中 96% が好評です
リリース日: 2015年5月18日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

The Witcher 3: Wild Hunt を購入する

-25%
$39.99
$29.99

このゲームが含まれるパッケージ

The Witcher 3: Wild Hunt - Game of the Year Edition を購入する

3 アイテムを同梱: The Witcher 3: Wild Hunt - Blood and Wine, The Witcher 3: Wild Hunt - Hearts of Stone, The Witcher® 3: Wild Hunt

 

最新の更新 全て表示(25)

9月1日

Save 50% on the complete, official 'The Witcher 3: Wild Hunt' digital strategy guide - now including all DLC and expansions!

Click here to purchase 'The Witcher 3: Wild Hunt' digital strategy guide at 50% off, and get the most out of 2015's Game of the Year! [Coupon Code: WITCH50]

  • All the Strategy at Your Fingertips: Completely optimized for a second-screen experience. Enjoy all the content from our print strategy guide in a convenient, easy-to-use digital companion.
  • Searchable and Sortable: All content in this eGuide is easily and quickly accessible.
  • Over 800 pages: This guide includes a 100% complete walkthrough for all the quests in the game, including all DLC!
  • Comprehensive Witcher Training: Includes lengthy tutorials for combat, skills and abilities, crafting, the game of Gwent, and more!
  • Full Atlas: Provides locations and detailed information devoted to the areas within the world of The Witcher, including new locations!
  • Complete Bestiary: Covers all types of foes and monsters—discover the best strategies for dispatching every enemy you face!

80 件のコメント 詳細を見る

8月30日

Patch 1.30 - Changelog

Patch 1.30 is available now on Steam!

CHARACTERS

  • Vimme Vivaldi is now sporting a fresh look.

GAMEPLAY
  • Fixes issue whereby oil descriptions were not removed from swords.
  • Fixes issue whereby it was not possible to obtain certain dye recipes.
  • Fixes issue whereby it was possible to skip the entire second phase of the Eredin fight.
  • Fixes issue whereby a silver sword was needed to craft the Mastercrafted Legendary Griffin Steel Sword.
  • Fixes issue whereby two NPCs from the "Without a Trace" quest were impossible to defeat.
  • The Rabid Rock Trolls near the Dun Tynne crossroads are slightly less rabid on the "Just the Story" difficulty level.
  • Fixes issue that allowed users to switch bolts underwater, resulting in lower damage dealt during said submersion.
  • Corrects the value of the Adrenaline Rush buff during the fight against a group of bandits in the "Capture the Castle" quest.
  • Introduces tweaks to the loot randomization system.
  • Dealing a killing blow now generates the correct amount of Adrenaline.
  • Fixes issue whereby Roach's tail could vanish. For those affected by this issue, swapping saddles, saving the game and then loading that save is recommended.
  • Adjusts the maximum level for items, quests and NPCs to address level requirement discrepancies if player started NG+ on a very high level. Item and quest maximum level is now 100. NPCs maximum level is 105.
  • Corrects the statistics of the Hen Gaidth and Tesham Mutna sets in New Game + mode.
  • Fixes issue whereby the Toussaint Knight's Steel Sword Diagram was not added to the crafting page after looting it.
  • Fixes issue whereby the Second Life mutation could, under certain circumstances, grant Geralt infinite health regeneration.
  • Fixes issue whereby the Wicked Witch in the "Beyond Hill and Dale..." quest could occasionally prove invincible.
  • Fixes issue whereby the Euphoria buff was not applied correctly following the imbibing of a decoction.

GUI
  • Fixes issue whereby it was possible to place a skill in a mutation slot of a different color.
  • Fixes Steam controller issues.
  • Adds PlayStation controller prompt icons.
  • Fixes issue whereby craftable items in New Game + mode could have incorrect level requirements.
  • Fixes issues affecting the dismantling of mutagens in bulk in the alchemy lab.

QUESTS
  • Fixes issue whereby it was not possible to interact with loot chests in the "Scavenger Hunt: Wolf School Gear" quest.
  • Fixes issue whereby Geralt's entry would disappear from the Glossary once he decided to join the tourney under his true name.
  • Fixes issue whereby two bandits outside the Nowhere Inn could prove impossible to kill during the "Following the Thread" quest.
  • Fixes issue whereby players could occasionally become blocked during the "Contract: Bovine Blues" quest due to a dracolizard's overly friendly attitude.
  • Fixes issue whereby Reginald's statue could not be placed in Corvo Bianco's front yard.
  • Fixes issue whereby it was not possible to kill Morkvarg in New Game + mode during the "In Wolf's Clothing quest".
  • Fixes issue whereby it was occasionally not possible to use the Alchemy Table at Corvo Bianco.
  • Fixes issue whereby the progression of the "Equine Phantoms" quest could occasionally be blocked.
  • Fixes issue whereby the objective to wear attire befitting the occasion could be displayed indefinitely after the player fulfilled it in the "The Man from Cintra" quest.
  • Fixes issue whereby the quest "Contract: Bovine Blues" could not be completed if the "Big Feet to Fill" point of interest had not been completed.
  • Fixes issue whereby Vivienne could despawn in the "The Warble of a Smitten Knight" quest.
  • Fixes issue whereby the progression of the "Feet Cold As Ice" quest could occasionally be blocked.
  • Fixes issue whereby it was possible to inadvertently reactivate the objective of the "Feet Cold As Ice" quest.
  • Fixes additional instances of an issue whereby the borders meant to exist only during the "Night of Long Fangs" quest would sometimes become enabled outside the duration of the quest, preventing users from exploring Toussaint.
  • Hughes is now spawned correctly following the "One more day" choice in the "Goodness, Gracious, Great Balls of Granite!" quest.
  • It is no longer possible to get trapped inside The Pheasantry during the progression of the "Gwent: Never Fear, Skellige's Here" quest.
  • Fixes issue whereby the progression of the "Big Feet to Fill" quest could occasionally be blocked.
  • Fixes issue whereby the statues in the "Extreme Cosplay" quest occasionally would not spawn.
  • Fixes issue whereby the bruxa in the "The Beast of Toussaint" quest would display pacifist tendencies, whereas the progression of the story needed her to turn hostile.
  • Fixes issue whereby it was not possible to interact with the footsteps during the crime scene investigation in the "The Beast of Toussaint" quest.
  • Fixes issue whereby it could be impossible to talk to the quest giver in the quest titled "Knight for Hire."

201 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“ONE OF THE BEST GAMES EVER MADE”
10/10 – GameSpot

“AMAZING”
9.3/10 – IGN

“ONE OF THE BEST RPGs EVER MADE”
9.8/10 – Game Trailers

特典

このゲームについて

『ウィッチャー3 ワイルドハント』はストーリー性の高い、次世代型のオープンワールド・ロールプレイングゲーム。壮麗なファンタジー世界を舞台に展開するゲームでは物語に深く関わる選択が次々登場し、その先には目を離すことができない展開が待っている。怪物退治を生業とする「リヴィアのゲラルト」として予言の子を捜すべく、商業都市やバイキングの島、危険な山道、忘れ去られた洞窟などに彩られた広大なオープンワールドを切り開いていこう。

過酷な訓練を受けた雇われモンスタースレイヤー
超人的なスキルや力、スピードなどを身につけるため幼少期から訓練を受け特殊な変異を繰り返してきた「ウィッチャー」は、モンスターが蔓延る世界で怪異に対抗すべく作り上げられた存在。
  • 怪物退治のプロとしてアップグレード可能な武器、特殊変異薬や戦闘魔法などを駆使し、敵を容赦なく倒していこう。
  • 山道に出没する凶暴な野獣から民衆であふれる街の闇に潜む超自然の存在まで、多様かつ奇怪な敵を狩ることができる。
  • 報酬は武器のアップグレードやカスタムアーマーの購入といった自己投資のほか、競馬やカード、拳闘など様々な夜の楽しみにも使用可能。

道義に無関心なオープンワールドのファンタジー世界
無限の冒険のために設計された「ウィッチャー」の巨大なオープンワールド。そのスケール、奥深さと複雑さはゲームに新たな基準を打ち立てる。
  • 幻想的なオープンワールドを巡り、忘れ去られた遺跡や洞窟、難破船などを探索し、都市の商人やドワーフの職人たちと取引をしながら広大な草原や山々、海を渡って獲物を追い詰めよう。
  • 悪辣な軍人や狡猾な魔女、腐敗した貴族から後ろ暗く危険な仕事を請け負うことができる。
  • 善悪の観念を超えた判断を下し、広く影響を及ぼす結果に立ち向かおう。

予言の子の捜索
世界の救済あるいは破滅の鍵を握る予言の子。最重要課題である予言の子を捜索する契約に取り組もう。
  • 予言の子、即ちいにしえのエルフの伝説に語られる「生ける兵器」を捜し出す戦時下の旅。
  • プレイヤーは支配層や大自然の精霊たち、さらには何としてもこの世界を征服しようと異界から攻め込んでくる脅威と死闘を繰り広げることになる。
  • この世界は果たして守るに値するのか。運命はプレイヤー自身の選択により切り開かれる。

完全な次世代品質
  • 次世代機に特化した設計のREDengine 3が紡ぎ出す繊細なグラフィックで、現実さながらに描き出されるファンタジーの世界。
  • 現実と同じように移り変わる昼夜や天候が、街の住人や荒野のモンスターたちの行動にも影響を与える。
  • メインシナリオにもサイドストーリーにも多彩な分岐が用意され、広大なオープンワールドにかつてないレベルの自由度を実現。

システム要件

    最低:
    • OS: 64-bit Windows 7, 64-bit Windows 8 (8.1) or 64-bit Windows 10
    • プロセッサー: Intel CPU Core i5-2500K 3.3GHz / AMD CPU Phenom II X4 940
    • メモリー: 6 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GPU GeForce GTX 660 / AMD GPU Radeon HD 7870
    • ストレージ: 35 GB 利用可能
    推奨:
    • OS: 64-bit Windows 7, 64-bit Windows 8 (8.1) or 64-bit Windows 10
    • プロセッサー: Intel CPU Core i7 3770 3.4 GHz / AMD CPU AMD FX-8350 4 GHz
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GPU GeForce GTX 770 / AMD GPU Radeon R9 290
    • ストレージ: 35 GB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
圧倒的に好評 (2,673 件のレビュー)
総合:
圧倒的に好評 (51,253 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:


(what is this?)
289 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 賛否両論)
最も参考になったレビュー  過去 30 日以内
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 454.5 時間
投稿日: 9月17日
文句なしの作品。ゲームシステム、濃厚なストーリー、広大なマップ、そしてそれらに合わせた素晴らしいBGM。男のロマンが詰まっていて、一度この世界を味わえば間違いなくハマることでしょう。本編はもちろん、追加ストーリーのエキスパンションパックの2つも強くおすすめします。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 132.6 時間
投稿日: 9月28日
最初は面白い
飽きるまで楽しめます

オープンフィールドを駆け回る、敵を倒す、クエストをクリアする
しかし段々と同じことの繰り返しで飽きてきます
秘薬を作る材料も無駄に多すぎてうんざりします
しまいにはクエストや登場人物が多すぎて、ストーリーがわからなくなってきます
作業ゲームだと感じたときにはもうやる気がなくなってしまいました
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
379 人中 367 人 (97%) がこのレビューが参考になったと投票しました
82 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 113.4 時間
投稿日: 2015年5月28日
「もし、一つの悪と別の悪の間で選ばなければいけないとしたら、私はどちらも選ばないだろう」
    - リヴィアのゲラルト

ポーランドの大人気小説が原作の、中世ファンタジー世界を舞台としたアドベンチャーRPGゲーム。
日本語版をやっているわけではないので、一部翻訳に差異があるかも知れないが、世界観を理解するための説明はこのゲームにおいて必須なので説明したいと思う。

ウィッチャー
主人公のゲラルトはウィッチャーという、怪物退治を専門している雇われハンターだ。「球の結合」という事象のあと、別世界から魔物がなだれ込んでくるようになってからウィッチャーという存在が対怪物の要として作られるようになった。大きな特徴としては鋼の剣と銀の剣の両方を携帯し、鋼は対人用、銀は対怪物用として使用する。

ウィッチャ-は「不意の法」(後に説明)によってウィッチャーに引き取られた孤児がなることが多く、幼い頃に「草の試練」という通常毒とされる薬草を大量に摂取する儀式を生き延びたものだけがなれる。「草の試練」によって死亡する確率は高いが、無事生存できれば目は猫のようになり、超人的な能力を得る。最も、通常の状態では一般的な人間の1.5~2倍程度の力に留まる。更に力を伸ばすためには人間には毒となるポーションを飲用することによって、一時的に能力をさらに高めることができる。これが「草の試練」を受ける理由だ。この試練を受ける大きな欠点として繁殖能力を失うというものがある。ゆえにウィッチャーになったものは繁殖することができず、新しいウィッチャーは外部から受け入れるしかない。ここで「不意の法」という一種の法律のようなものの存在が重要になる。この法は、ある人物を命の危機から助けたとき、助けた側が助けられた側に「既に持っているが、まだその存在を知らない物」を求めることができる。多くの場合これはその助けれた側が外出している最中に生まれた子供などを指すことが多く、その場合はその子供を自分の命を助けたものに結ばれる。これによってウィッチャーは繁殖できずとも新しい子供を学び舎に受け入れることができる。

ウィッチャーには流派のようなものがあり、それぞれ別の学び舎が存在する。「猫」、「グリフォン」、「熊」、「毒蛇」、そしてゲラルトが属している「狼」の学び舎が存在している。その内主人公のゲラルトはさらにこの「草の試練」に加え、特殊な試練を受けることによって通常のウィッチャーよりさらに能力が高いが、代わりに髪が灰色になっている。これが「白き狼」と呼ばれるようになった所以だ。

ウィッチャーは種族的には人間だが、ミュータントなので、エルフ、ドワーフ、ハーフリングなどと同じように迫害されることが多く、社会的には比較的苦しい立場にある。多くの学び舎はこの迫害から生まれた戦争によって既に絶滅していたり、学び舎が存在していなかったりする。


ソーサーとソーサレス
この世界のもう一つの重要な勢力は魔法使いのソーサレスである。ウィッチャーが使う「印」とは次元の違う強力な「魔法」を利用することができる。強大な力を持っているがゆえに政治に大きな影響を持つものが多い。男女ともになることはできるが、ウィッチャーの世界では力を持っているソーサー・ソーサレスは女性が多い。ウィッチャーと同じようにほとんどが繁殖することができない。


ゲラルトとイェニファー
ウィッチャーのゲラルトはソーサレスのイェニファーと「最後の願い」によって運命的に結び付けられている。これはゲラルトと友人である吟遊詩人のダンデライオンと旅に出ているときの出来事で、ダンデライオンが魔法のランプを発掘してしまい、ゲラルトの警告を無視して魔人を召喚してしまったときに出来事の話である。ダンデライオンはそのまま願い事を言うとするが、魔人に首を絞められ、ゲラルトが封印に成功するまでにダンデライオンは喉と首に大けがを負ってしまう。そんな中、ソーサレスのイェニファーと出会い、治癒をお願いする。治癒には成功するが、報酬としてイェニファーが求めたものは魔人の召喚であった。色々あってイェニファーは魔人の再召喚に成功するが、その力を抑えきれず、町に大きな被害を出してしまう。そんな中、イェニファーに死の危機が迫る。そこでゲラルトが自信こそが魔人の主だということに気づき、イェニファーと命運を友にすることを願うことによって、主であるゲラルトに手が出せないことから魔人はイェニファーに手を出せなくなり、消え去ってしまう。それがゲラルトとイェニファーの関係の波乱の始まりである。


ゲラルトとシリ
シリはゲラルトが「不意の法」によってニルフガードの皇帝であるエミルから授かった女の子で、イェニファーと一緒に娘のように育て、ウィッチャーとしての教育も受けさせた。「草の試練」こそ受けさせてはいないが、戦闘能力は常人をはるかに凌ぎ、原因を調べた結果、「古の血」を引き継ぐものだということが分かった。この「古の血」を持つものは「根源」と呼ばれ、生まれながら魔法能力を持っている。さらに預言ではシリの子供が征服者で救世主になるとい言われているので、ゲラルトはあらゆる勢力から必至にシリのことを守ろうとする。

The Witcherまでの出来事
ゲラルトはイェニファーが旅をしてるときに、異端者を迫害する人間による一揆によって共に致命傷を負ってしまう。シリはゲラルトとイェニファーを救いだしたが、スペクターと化した死者の集団であるワイルドハントによってイェニファーが捕まってしまう。ゲラルトは自らを差し出す代わりにイェニファーをワイルドハントの手から救い、そこでゲラルトはワイルドハントの一員として過ごすようになる。しばらくしてワイルドハントから逃げ出すが、記憶を失ってしまう。これがThe Witcher、The Witcher 2でゲラルトが記憶喪失になっている原因である。そこからThe Witcher 3までの話の間でゲラルトはシリにもイェニファーにも会っていない。


レビュー
もう説明で書く場所がなくなってしまったが、今までのウィッチャーシリーズの不満点がほとんど消えて、オープンワールドになったことによってかなり自由度が高くなっている。ストーリーもサイドクエスト一つ一つにドラマがあり、はっきりいってここ10年やったゲームでは一番面白い。まぁとにかく「ウィッチャー1と2やってないからストーリーわからないしなぁ」と思っている人向けに書いたレビューなのでそういう人の参考になればと・・・
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
249 人中 219 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
22 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 74.0 時間
投稿日: 2015年5月18日
※21日21時に日本語字幕、日本語吹き替え完全対応されました。
ウィッチャー3ワイルドハント、18日発売ということで日本時間で19日発売。
日本語版は21日のパッチで適応。
(ソース:http://www.gamespark.jp/article/2015/05/12/56921.html

ということでしたが、実際にパッチが来たのは21時というとんでもない遅さ。
・しっかりと事前に”日本語は21日リリース”と通知していなかったこと。
・21日リリースとしても公開されたのが21時じゃ話にならない。
この2点からこのゲームの国内のレビューの評価はひどい有様になっていますが、ここではそういう事は抜きにして本来のレビューをしていきたいと思います。

■プレイし始めて
・パッドでの操作性はぼちぼち、マウスを使うと遅延がひどい。(オプションのハードウェアカーソルをONにすると大きく改善されました。)
・チュートリアルはドえらい丁寧、あまりに丁寧なので途中からOFFにしました。
・よくあるNPCの歩くのが遅すぎてトロトロと移動する気だるさが皆無。プレイヤーが走ったらNPCも走ってくれる。
・右上のMAPに探索アイコン、ドロップアイテムなどが全部表示される上に拾う作業も楽。
・NPCが全員喋ってる、何気に選択肢多い、まともに聞いてたら全然先に進めなかったレベル。
・霊薬のがぶ飲みしすぎなのかゲラルトさんは足腰が酷く弱ってます、落下ダメージにご注意を。
・見張りがいるところの物を取ると兵隊さんたちがキれます、盗むのはTPOをわきまえて。
・乗馬時は走るボタン長押しでお馬さんが勝手に道なりに走ってくれます、かなり便利。

■戦闘について
・戦闘は”二回攻撃して一歩下がる”といった感じでゴリ押しすれば良いというわけにいかない。
・基本はステップで回避。ローリングは大攻撃・複数の敵からの退避に使う。
・パリィを意識するのは良いけど、ただのガードはスタンをするのでオススメできない。
・難易度が一段階違うだけで一気に加減が変わる。

グリフィンと戦った印象は「モンハンから作業性を無くしたモンスター相手にダークソウルの戦い方をする」戦闘だと感じました。
ボッチリングと戦って痛いほど感じたのが「攻撃を安易に喰らっていくと回復が追いつかない&アイテムが底をつきて詰む」ということです。
複数のモンスター相手であれば囲まれないように常に位置取る必要があり、ローリングとステップの使い分けと何回攻撃出来るかの見極めはかなりシビアです。
「ファストアタック・ヘビーアタック・ローリング・ステップ・ガード・パリィ・魔法5種」
これらのアクションが見事にバランス良く組み合わされています。

■不満点
恐らくストーリーも終盤にかかってきた所で、”やっと”このゲームの不満点が浮き彫りになってきました。
リリース直後と比べるとかなり修正はされましたが、未だに時々クラッシュするのでこまめなセーブはかかせません。
「FOVの調整が出来ない・歩幅の調整が難しい」という2点に加えて地形とオブジェクトの関係でぶつかったり動作を快適に行えないことがちょくちょくあります。
アイテムが増えていく&重量オーバーに近づくに連れて”重さ順、レア度順、値段順”といったソート機能が一切ないことにとても不便さを感じるようになりました。
ですが、武器項目の小物と武器で枠の差別化がされているのはとても見やすく良い工夫だと感じました。

■クリアして
・ごく一部の武器や敵の推奨がレベル40以上ではあるが、レベル30以降のコンテンツは皆無に近い。
・サイド・サブクエストが後々ストーリーに関与してくる。
・”装備やレベルを持ち越して2週目”みたいなシステムが無い以上、そこまでリプレイ性は感じない。
・キーラメッツを○○してしまって後悔。
・愛しの娘の言うことはしっかり耳を傾けないと駄目。

そこら中で虐殺・襲撃・略奪が起こり、怪物や幽霊がうようよ彷徨う世界ですが、蓋を開ければ天真爛漫わんぱくシリラちゃんに手を焼くゲラルトお父さん一同の物語でした。

■総評
「惹き込まれるストーリー、作業性の低い膨大なサイド・サブクエスト、細部まで至る配慮された仕様、単調すぎないバランスのとれた戦闘、文句なしのオープンワールドの活用」ということで国内発売の出だしの印象は決して良くなかったものの本来のゲームとしての内容は「約束された神ゲー」にふさわしい出来ということでオススメをしたいと思います。

余談ですが、ノヴィグラッドでのプリシラの歌はカット一切する気が起きないくらい聞き入ってしまいました。
聞く前のイメージ:「あ、ここまで吹き替えにしてしまったのか、これアカンやつや」
終わってからの感想:「なんだこの神曲、吹き替えでこの完成度はヤバい」
すごくいい歌だと思っただけに歌詞毎にぶつ切りに音が消えるのがとても惜しいです。
元の英語版も聞いてみましたが、本場顔負けです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
142 人中 129 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
10 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 105.3 時間
投稿日: 2015年5月26日
The Witcherシリーズの第三弾。
1と2の直接の続編で2のクリアデータを
継承する事が出来ます。

今まではストーリー重視型の一本道形式でしたが、
今作からオープンワールドになりました。
オープンワールドと言ってもゼノブレイドの様に
広いエリアが何個にも分かれていて
ファストトラベルポイントから自由に行き来するタイプです。

発売前はストーリー重視がウリだったのに
流行のオープンワールドにして内職みたいなクエが溢れ、
淡白になるのか…と危惧していましたが、
Witcher3はそんな不安を吹き飛ばしてくれました。

クエストは基本的に専用の台詞と動作が用意されており
何処かのオープンワールドの様に
「物資5個取ってこい」「ランダム湧きの敵倒してきて」→何度でも出来る
系のサブクエストはほぼありません。

ゲラルトと依頼人のやりとりや調査、
報酬の交渉や固有の台詞などクエストの一つ一つに用意されており
制作者の愛と拘りを感じます。

広さや探索にちゃんと意味があり、
ランダムで中身が変化する宝箱はなく
マーカーの無い場所にも
固有のサブクエストやレアアイテムが配置してあります。


戦闘システムやUIも前作と比べて改善されています。

・移動速度が改善+馬による高速移動
・敵の攻撃を瞬間ガードでカウンター
・ローリング回避の距離が倍増
・気力を消費しない避けが追加
・印のレパートリーが増加
・ジャンプの追加

他にもカードを集めてデッキを組み、
カード勝負が出来るミニゲームなどオマケも行き届いています。
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=449305855
個人的に内職クエとランダムイベントが溢れる
オープンワールドに否定的だった私も
この作り込みには脱帽です。
Witcher3でオープンワールドに対する認識が変わったかもしれません。

Mapだけ広くしたり、乗り物の性能差だけ作り込んで
終了してしまっている作品が多いですが、
これがオープンワールドの本来あるべき姿だと思います。


で、ここらで個人的に感じた欠点ですが
これが直接の続編だと言う点。
最低でも1か2をプレイしていないと
何の話をしているのか?この人は誰なのか?
ここに何しにきているのか?
恐らく分かり難いでしょう。

一作くらいなら良いかもしれませんが
話を一旦区切れず、前作や前々作をプレイ前提の内容なのは
一つの短所に映るかもしれません。
どのゲームにも言える事ですが。
2はともかく、1は古い作品なので
今更プレイをするのは
人によっては中々辛い事でしょう。


色々システムは変化しましたが、
ほぼ不可能だと言われていた
オープンワールドとシナリオ重視の調和に成功しており、
正当進化している作品だと思います。
1や2を楽しめた人も
問題なく楽しめますし、むしろプレイ済みの方が
シナリオやサブクエストの魅力がグッと上がるでしょう。

過去作を遊んだ事のある方には是非ともお勧めしたい作品。
人物説明などが用意されているので
3から入った人でも楽しめる作品だと思います。


※追記
カードゲームの簡易説明書をまとめています。
攻略については触れていないので、気が向いたら流し読みでもどうぞ。
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=462260788
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
102 人中 92 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
6 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 190.7 時間
投稿日: 2015年6月11日
ようやく一周目のメインがクリアできたのでレビューをさせていただきます。
冒頭にまずGOTY最有力候補ですねこれは

まずこのゲームはゲラルトの冒険を追体験するゲームであり、キャラメイクから自由にやりたい放題するものではありません。オープンワールドでファンタジーとくればTESシリーズと比較されるのは不可避ですが、この点を知らずに期待してやるとその違いに面食らいます。

ストーリーに関しては3から初めても問題にならないですが、やはり過去キャラクターがたくさん登場しますのでそういう時のテンションの昂ぶりはやはりシリーズ体験者しか味わえないですね。また、世界観の構築が素晴らしいゲームでもあるのでスパチュンのサイトの歴史などで用語や時代背景を調べてやると1,2をやっていなかった方でもわりとすんなり入り込めるでしょう。(通貨の呼び名すら国によって違う、そんなレベルです)
ストーリーの主軸はやはり政治劇や人間の本質を問われるものばかりで、それらはメインクエストのみならずサイドクエストの選択にまで行き渡り、プレイヤーは選択を悩まされます。個人的にウィッチャーシリーズのよさはこの倫理観を強く問われるゲラルトの選択が魅力的だと感じます。

過去作から改善されつつも懸念されたインベントリ周りの操作性ですが、格段に2からは向上しておりますがやはり覚えないといけないことが多いので慣れるまで少し苦労するかもしれません。(オイルや霊薬、エンチャントなど)。
さらに今作から錬金術での霊薬づくりが簡略化され、レシピを拾って一つを作れば2回め以降は適当なお酒で代用して瞑想すれば補充される親切設計に。いくらか改良されているインベントリが、今作は今のところ倉庫が未実装で馬のローチの鞍袋をアップグレードしていくことで、所持できる最大重量が上がるシステムですが、貧乏性なプレイヤーやコレクター基質な方はユニーク装備を温存しているとすぐに重量オーバーになりますw(倉庫追加希望)

続いてゲラルトの操作性は2よりはレスポンスがよくなりジャンプもでき、非常に機敏に動けるようになりましたが、前作からの慣性もそのまま取り込まれておりキー入力からの若干のラグは慣れが必要で、狭い空間の方向転換などではこの点が顕著にあらわれます。この操作性は愛馬ローチにも同様で、少しの障害物で失速したり、急勾配などではさらに扱いが難しくなります。

戦闘については初回の印特化育成をした感じ、やはり使える印を伸ばすとはるかに楽になる印象でもちろん敵によって相性や弱点が違うのでその辺りは臨機応変に応戦する柔軟性が必要でした。敵とのレベル差も推奨レベルが設定されており、敵体力の上にドクロがあると戦闘を避ける事が懸命です(ドMプレイヤーなら勝てるそう)現時点ではおそらく全フィールドで敵レベルのスケーリングはされず、固定レベルによるリスポーンのようです。

そしてキャラクターの成長速度ですが、経験値稼ぎでモンスターたちと交戦しても雀の涙ほどしか経験値を獲得できません。これはゲームの設計がクエストを達成したときに大幅に経験値を得られるシステムであることに依存していますので、成長したければクエストを進めるといったプレイが推奨されます。反対にいうとストーリーにそってやっていけば自然とレベルがガンガン上がります。

最後にエンディングについてですが、マルチエンディングが今回も採用され大きく分けて数種類、そこからさらにあらゆる選択によって合計36種類のエンディングが存在するようです。私の記念すべき初回クリアはいわゆる”バッド”エンディングでしたw
非常にストーリードリブンで魅力ある今作において、決断の重要性が最後に集約されるのでプレイヤーは自ずと自身のプレイを振り返ることになります。このゲームにおけるやり直しはセーブデータ読み込みなおすのではなく、1や2からやり直すものだと思います(Mass Effectタイプ)

一言でいうと買って大満足、DLCも待ちきれないです。
それではやりこみと周回に向けてレビューはこれくらいにさせて頂きます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
84 人中 76 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
7 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 45.6 時間
投稿日: 2015年6月14日
間違いなく2015年に遊んでおくべきタイトルの一つだが、私が約三十年ゲームを遊んできた中でも間違いなく最高傑作のRPGであると断言したい。

最初に言及しておくと、私は第一作目から遊んでいるし小説も読んでいるが、特にWitcher3はそうした予備知識がなくても楽しめる作品になっている。確かに前作を知っていればニヤリとする場面もあるが多くはないので、Witcherシリーズを知らない人も気軽に作品に触れて欲しい。
導入としては、剣と魔法が存在する世界において主人公は放浪のモンスタースレイヤーであり、娘ともいえる女性を探している…ということさえわかっていれば、自然と物語の導入部で説明されるいことで世界に没入していけるだろう。

五段階評価で示すなら総合評価5。内訳としてはストーリー5、アクション性4.5、操作性4、グラフィックス5、やりこみ度5。

相変わらずストーリー性は高く、ぐいぐい物語に引きずり込まれていくことになるが、大人のビターな物語感と自らの選択がストーリーに与える影響によっても評価は変わってくるかもしれない。
しかし、そういう苦い部分も含めたストーリーだからこそひとつの選択を自分で考えて選ぶ重い動機付けにもなっており、たとえどのような行動を選ぼうともストーリーの没入感は否応なく高まるはずだ。
惜しい点を上げるなら、選択肢に意味のあるとは思えない時間制限が発生する事があることと、選択とその後の発言がマッチしないのではないかと思われるフシがあったことか。
これは英語でも日本語でも発生するので、おそらく開発者の意図とこちらが受けた印象が異なるせいだと思われるが、選択肢に感情アイコンなどが表示されるDragon Ageのような仕組みがあればこのような違和感は減らせたかもしれない。
これが大きくストーリーに影響を与えることもあるので、ゲームプレイに際してはこまめなセーブを推奨したい。もしくはわりとチェックポイントでの自動セーブが頻繁にされているようなので、そうしたものに遭遇したら迷わずにロードを選ぶべきだと思う。

アクション性に関して言えば、今作は日本のアクションゲームと比肩しうる完成度に仕上がっている。
Witcher2のときも開発チームは相当にアクション性に気を配ったらしいが、それでも褒められた出来ではなかったが、今回のWitcher3ではアクション自体の出来栄えがよく、戦闘において以前のようなストレスを感じる場面は全くない。
基本となる剣戟アクションにおいて弱・強攻撃の二種類に加えて回避とローリングの二つ、そして相手の攻撃の受けがある。加えて印や爆弾などの多様な攻撃手段が用意されている。
今作においてはこれが日本式アクションゲームでよく見られる、攻撃が当たる直前に回避や受けを行うことで追加効果が得られる仕組みを採用しており、具体的には回避においては攻撃のすり抜け(モンハンやデビルメイクライなどでもおなじみの極短時間の無敵化)、受けについては攻撃をはじく事による相手の麻痺(ダークソウルズのパリィと同様)などが無理なく導入されている。
これらをうまく使いこなすことはちょっとした練習が必要かもしれないが、それほどプレイヤーに高難易度の操作を要求するわけではないので、是非とも積極的に使いこなしてもらいたい。

もちろん批判すべき点もある。オープンワールドゆえの弊害だが、地形に引っかかってフルボッコにされることがあることと、カメラ追従が悪く森や洞窟での戦闘は先ほどの地形問題と絡めてやや苦痛に感じることがあった。遮蔽物透過などは特許の問題もあってCDPRを責められないかもしれないが、プレイヤーが苦痛に感じるのであれば原因はどうあれマイナス点だろう。

操作性に関しては4とした。全体的に概ね操作しやすい完成度だと思うが、大きくプレイアビリティを損ねているのが移動時にヌルっとすべる挙動があり、初動が大きいためアイテムを拾うとか扉を開けるといった操作に支障があることが挙げられる。
他のゲームでも同様にある現象だが、対象物のアクティベート可能な範囲を広く設定してやればほぼ解決する問題なので、これは調整不足といえる点かもしれない。
もう一つがファストトラベルの謎の縛りだ。
合理的な理由が見当たらない以上、調整不足として評価を下げた。

やりこみに関して言えば、クリア後もそのまま引き続き遊べるような配慮がされているため、一部のクエストを除いてクリア後にじっくりと腰を据えて遂行することも出来る。
サブクエストであってもカットシーンを作りこんだり、古典ヨーロッパの伝承をもりこんだりして飽きのこないストーリーを提供してくれるのはもちろんのこと、ありがちなお使いクエストにとどまらないような配慮が随所に盛り込まれているのも素晴らしい。
特に各クエストのバックストーリーとしてはヨーロッパの民間伝承や妖精神話から着想を得たと思しきものが多数あり、そうした方面に明るいファンタジー好きならより一層楽しめること請け合いのサブクエスト群は、本作のメインコンテンツだと評価してもいいぐらいのボリュームがある。

第一作目からプレイしているが、Witcher Sagaはこれで終わりとのことで、次回作は作られる予定がないそうだが、そういう意気込みで作っただけはあって今後数年はこれを超えられる作品はなかなか出てこないだろうと思う。
昨今の大作の中でもどこかに欠点と呼べるほどの問題を抱えているものが少なくないが、少なくともWitcher3には欠点とまで評すべきものは無い。
小さな問題はいくつか抱えているが、ほぼオープンワールドの世界でモンスタースレイヤーとして生きていく体験を十二分に味あわせてくれる素晴らしい作品に仕上がっているので、是非とも遊んで欲しい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
66 人中 62 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 329.6 時間
投稿日: 2015年12月26日
TGA2015 GOTY受賞作品。
Witcher3はポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキの小説に基づいて作られたゲームであり、モンスタースレイヤーのWitcher“ゲラルト”となり広大なダークファンタジーの世界を冒険するオープンワールドRPG。

このゲームの基本的な流れは
① イベントに遭遇しクエスト依頼を受ける
② ウィッチャーの“感覚”という能力を使い依頼の調査を行う
③ 敵と戦闘し解決
という流れになる。

戦闘は対人用の鋼の剣、対魔物用の銀の剣、5種の“印”と呼ばれる簡易魔法、弓や爆弾、自己や武器を増強する変異誘発材・オイルを駆使して戦う。
スキルはこれらに付随した能力に独自に割り振ることができ自由な戦略を楽しめる (スキルポイントはある特定のアイテムを使うことによりリセット可能)。

<良かった点>
  • この手のオープンワールド物に付き纏うクエストの単調さから来るお使い感というものを感じさせない作りに感心させられた。サブクエストですら一つ一つにしっかりとした濃厚なドラマがあるのでクエストをこなすのに苦痛を感じない。

  • 会話中の選択肢でストーリーが変わるマルチエンディング。本編クリア後NG+をプレイすることができるので一周目とは違った選択をすることで違う物語を楽しむことができる。(ちなみにエンディングは 3種類、世界情勢は 36 種類用意されている)

  • スパイク・チュンソフトによる質の良い日本語フルローカライズ

  • 無規制 PC版では部位欠損における切断面や内臓の露出、裸体・性的表現が規制されていない。

  • ボリューム満点のストーリー。

<悪かった点>
  • 操作性の悪さ。妙に慣性の効いた動きをするので戦闘やアイテムを取ったりするとき、または乗馬時にイライラすることが結構あった(その動きがリアルと言えばリアルなのだが)。これに関しては人の好みによると思う。オプションの設定で慣性を軽減することができる。

  • 似たような顔のNPC

Witcher3は壮大な物語と魅力的な登場人物が織りなす最高のRPGである。
ゲーム性は違えど同じオープンワールドの傑作スカイリムに匹敵するような魅力があると思う。
前2作をやらずとも十分に楽しめるので興味を持たれたら是非プレイしてみてください。
ゲーム中、人物事典を見ることによって登場人物の過去を含めての関係性なんかがわかるようになっている。
公式で世界観を予備知識として頭に入れておくのもいいかと思う (ただ年表は前2作のネタばれなので注意)。
Witcher3 公式
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
89 人中 76 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
6 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 182.4 時間
投稿日: 2015年8月8日
控えめに言っても神ゲーな重量級オープンワールドRPGです。
主人公のゲラルトはウィッチャーと呼ばれるモンスター退治の専門家で、様々な依頼を受けながらストーリーを進めていきます。
指輪物語のように完全に独自のファンタジー世界が築かれている上、ウィッチャー3部作の3作目に当たる作品ですので、前知識なしで臨むとわかりづらい部分が多々あります。日本の公式サイトにある用語集や世界観くらいは目を通しておいた方が楽しめるでしょう。

同じ重量級オープンワールドRPGとしてTESシリーズとよく比較されますが、TESとは違い「ゲラルト」という明確な主人公がいるため、ゲラルトとしてのストーリーを進めることになります。
そのためそういう意味でストーリーの自由度はありません。その辺の人を意味もなくぶん殴ったりするようなこともできません。
各地を自由に移動してクエストを受けたりすることはできますが、クエストには推奨レベルが設定されており、大きくレベルが低い場合はロクに敵が倒せないので進められません。つまりある程度の導線が決まっているということです。
しかし各クエストには大量の分岐がありますし、大抵は2通り以上の結末が用意されています。クエストをどのように進めるかという点での自由度は高いと思います。
また、クエストでの選択が全く異なる場面に影響を与えるところも面白いです。クエストで助けた人に別の場所で再会して便宜を図ってもらうといった、ほんのささいなものもあれば、世界の趨勢を変えるような影響があるものもあります。
各クエストの完成度も高く面白いですが、ダークファンタジーなので後味の悪いものもけっこうあったりします。
とにかく数が多いので、寄り道ばかりしてメインストーリーが全く進まない事態に陥りがちなほどです。

戦闘部分は割と大味です。過去作よりは大分よくなっているらしいですが、難易度に関わらず特定の戦法で最初から最後まで行けてしまうので、どうなのかなとは思います。つまらなくはないですが。
ダークソウル系のアクションをもっとカジュアルにしたような感じだと思います。

ゲーム内世界では「グウェント」というカードゲームが流行しており、実際にカードを集めてプレイすることができます。
これがかなりよくできており、シンプルながらハマってしまいます。

とんでもないボリュームにもかかわらず完全吹き替えです。ローカライズの出来もよく、没入度を高めるのに一役買っています。

オープンワールドRPGにしてはバグが少なめなのも嬉しいですね。他のものに比べるとかなり安定した動作をしてくれたように感じます。

【イイところ】
・圧倒的なボリューム
・一つ一つの出来が見事なクエスト
・面白いカードゲーム
・完全吹き替え
・少ないバグ

【イマイチなところ】
・世界観や設定をある程度勉強しておかないと完全には楽しめない
・あまり戦略性のない戦闘
・イラつかせる挙動(戦闘中なのに勝手に剣をしまうことがあるなど)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
79 人中 65 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 42.6 時間
投稿日: 2015年5月22日
●5時間程プレイした感想

日本語吹き替えの効果が絶大です。没入間が半端ないです。
ウィッチャーがどんだけ世間様から冷たい目線で見られてるのかを前作以上に体感できます。

NPCとの軽妙な会話、どっかの名探偵を彷彿させる調査時の独り言もいい味出てます!

ストーリーの始まりが、あの人からの手紙!という事で、今後どういう流れになるのか
読めません!今からドキドキワクワクしています。

サイドストーリー、マップ探索しつつ5時間程で最初のボスと遭遇って感じですね。
ボリュームもたっぷりです。


●12時間程プレイした感想

神げー!但し、ある程度まとまったプレイ時間が取れる人向けですね!
寄り道しまくるとクリアするまでどのくらいかかるんだこれ!

進めていたらなんと、、、あの巨人!旧友!ウィッチャー2にこの人ありの**さんが登場!
なぜかサイドストーリーで! 完全にゲラルド以上の存在感です。ありがとうございます。

ここにきて、随所にウィッチャー1と2の出来事を絡めた発言やNPCとの会話が増えてきました。
1と2をやっている人は多大なる恩恵を受けていることでしょう!にやにやしっぱなしです!


◆キーボードの場合、グラフィック→ハードウェアカーソル ON 必須です!
◆戦闘は、基本回避>>>攻撃です。対人の集団はイグニがいいですね 魔物は怪物図鑑みましょう
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最近の投稿
mr.spock
319.1 時間
投稿日: 9月16日
Play Time 319 hours 2016.09.10.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
konozama
140.6 時間
投稿日: 9月16日
DLCも面白かったよかった
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
hotrobot
129.7 時間
投稿日: 9月8日
はじめてゲームに触れて早20年、ここまで充足感を得る事が出来るゲームはウィッチャー3の他には、私は知らない。
シリアスで重厚な世界観、ストイックなストーリー、悲壮的で汚らしい中世をこれでもかと描写しつくしている。
それでいて、たまに挟まれるコメディシーンが作品全体を重くなりすぎないようにしている。
その塩梅が実に素晴らしい。

また、昨今何かと足を引っ張る事が多い日本語吹き替えだが…
安心なされい!天下のスパチュンが手掛けた珠玉の吹き替えは
見るもの全てを満足させる出来であると保証する。
作中に挟まれる「リラとスグリの香り」という吟遊詩人が歌う唄は
とても吹き替えとは思えない素晴らしい出来。歌をここまで見事に吹き替えした腕前は
そうそう聴く事は出来ないだろう。

本編だけでも大満足だが、DLCはその全てが間違いなくアタリである!
しかもたった3000円!クッソズッコけたFo4のDLCシーズンパスが6000円(ほぼ不評)なのを考えれば、
恐ろしくリーズナブル…であるが、出来は値段にそぐわない面白さだと絶対の自信を持って勧める事が出来る。

すでに発売から一年経っているが、一切輝きを失っていない。是非、購入しては如何だろうか?
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
パンキチ
108.7 時間
投稿日: 8月30日
おもしり
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
g4gnd
120.2 時間
投稿日: 8月17日
いわゆるRPGというものをドットゲーの昔より一通りやって来ましたが
その積み上がったソフトの箱の山をお焚き上げするあかつきには、間違いなくその頂に立ておくべき
ノンバーオァネRPG!
タッポォブRPG!
キンゴブRPGなのであります!っ合掌!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Tara
88.5 時間
投稿日: 8月17日
戦闘もただ闇雲に切ってるだけじゃ勝てないシビアさ癖になります。グウェントが未だよくわからず全く手を出してないけど落ち着いたらやってみようと思います!まだDLC購入してないのですが、これならDLCも期待できそうです♪これから購入して、じっくり遊んでみようと思います(*´▽`*)
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
GISELLE
160.9 時間
投稿日: 8月13日
広大なオープンワールド。
仰天したのは、そのだだっ広い空間を細部まで作りこんじゃったことです。
死体が転がってるゲームは星の数ほどありますが、その死体の死因までほぼすべて探せて納得できるゲームは初めてです。
森の中で死体を見つけたら防御魔法をかけて!!!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
yutanjazz
23.7 時間
投稿日: 8月11日
Very good game!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い