Assume the role of Wyatt in this Action/Exploration Platformer as you explore the ruins of a holy city that was lost many years ago. Battle various types of demons, angels, and a new threat known only as the “Ferals”, using swordsmanship, martial arts, and sorcery.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (15 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 15 件中 86% が好評です。
総合:
非常に好評 (1,731 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,731 件中 86% が好評です
リリース日: 2013年9月8日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Valdis Story: Abyssal City を購入する

 

Steam Greenlight

このゲームについて

Assume the role of Wyatt in this Action/Exploration Platformer as you explore the ruins of a holy city that was lost many years ago. Battle various types of demons, angels, and a new threat known only as the “Ferals”, using swordsmanship, martial arts, and sorcery. There are many customizable skills and equipment that will aid Wyatt on his journey.

STORY:

Over 40 years ago, the goddess Valdis was killed by her daughter, the dark goddess Myrgato. Since this event Myrgato has been at war with her twin sister, Alagath the goddess of light. This perpetual war is fueled by human souls that the gods use to create their warriors; Myrgato twisting souls into demons, and Alagath manipulating souls to create angels. Each day the remaining human population dwindles as they are forced to choose a side or die.

FEATURES:

  • Intense combat weaving sword and sorcery together seamlessly.
  • Find magic souls that aid in combat and traversing the ruins of the city.
  • Level up stats and a variety skills to customize your play style.
  • Upgrade Weapons and Armor.
  • Unique accessories that can give you the edge in combat, or get you killed!
  • Interconnected zones allow you to explore new areas or backtrack.
  • 2 playable characters on release and more to come!
  • Compelling original soundtrack spanning over 2 hours of music!

システム要件

    最低:
    • OS: Windows XP, Vista, 7 or Windows 8
    • プロセッサー: Processsor 1.7 Ghz or higher
    • メモリー: 1024 MB RAM
    • ストレージ: 500 MB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
非常に好評 (15 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (1,731 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:
10 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 好評)
最も参考になったレビュー  全て
39 人中 35 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 44.8 時間
投稿日: 2015年5月3日
数年ぐらい前に買って、やっとWyattで初回クリアしたのでレビュー。
初回クリアまで道に迷ったことも含めて20時間以上かかりました。
慣れた人だと数時間でクリアできるらしいのですが…(T_T)

ストーリーの進行は往復やアイテム収集要素こそあれど基本は一本道です。
行くべきところを進んでいけば最後まで辿り着けます。
マップの接続構造は最初は迷いこそするものの、あちこち進んでいるうちに
把握できるかと思います。目的地は都度語ってくれるのですが、
英語はやや難しい単語が出る時があり、なんとなく分かるレベル。
残念ながら日本語化パッチは現在のところ存在しないようです。

あとネット上には日本語での攻略情報がほぼ落ちていないに
等しいレベルです。進行に詰まったのならば、Youtubeの攻略動画を
直接見たほうが早い
と思います。

本作の最大の特徴は何と言っても「要求されるアクション精度が高い」
一言に尽きるでしょう。それが難易度と直結するため、人によって評価が
分かれるのも無理はないと思われます。
一例を挙げるなら、
  • 敵の攻撃がヒットしてしまうと連続で多段ヒットを受けてしまう場面で
    その攻撃を回避して連続攻撃を叩き込まないとダメージを与えられない。
  • 閉ざされた扉が開く仕掛けがあるが、仕掛けを使って扉を開いていられるのは
    数秒間の間だけになっており、連続で壁ジャンプを繰り返して閉ざされた
    扉の前まで行かないといけないのに、壁にトラップやら行く手を阻む敵がいる。
と上記のような限られた時間内に有効な行動を正確に行う必要がある場面が
無数にあるのです。そのため、慣れた操作方法でプレイする方がいいでしょう。
私はコントローラーの方が操作しやすく感じました。
あと必要なのはコントローラーを投げつけない忍耐力です!

アクションともう一つ大きな特徴を挙げるならば、ボスを倒した時の評価によって
レベルアップとは別に成長ボーナスが与えられる点
です。
レベルが1アップした時に貰えるボーナスがパラメータ1つ分に対して
ボスを高ランクで倒したりするとSTRが5増えたりします。(5レベル分)
Lvは20が上限ですので、簡単に上限に達します。
つまり、「どれだけボスを綺麗に倒せるか」がキャラクターの成長限界を
左右し、その後の攻略難易度を左右する
のです。
…ちなみに私は普通にボス戦でFランク評価を頂いているぐらいなので
お世辞にも上手いとは言えません!私のように下手糞なプレイヤーを
救済する措置が取られていないのは、ある意味潔いと言わざるを得ません。
(それでもクリアできたので皆さん安心してください)

パラメータの成長ボーナスは諸々あれど、キャラクタービルドの幅は広いです。
スキルは上記のパラメータとは別にツリー構造となっており別に存在します。
勿論日本産のRPGのような全てを揃えた万能のキャラは作れないため、
色んな育て方を試すには繰り返すしかありません。
それをリプレイ性と取れるかはプレイヤーの腕次第。

キャラクターはコテコテの海外系トゥーンですが、どのキャラクターも個性があり
大変魅力的です。またBGMが本当に素晴らしいものが多く、海の中に沈んだ
都市という神秘的な舞台に沿ったものとなっていました。
アクションは当初取っ付きにくい側面を感じていましたが、プレイしているうちに
もう一人のキャラクターでもプレイしたくなる魅力がありました。
アクションゲームに自信がある方は是非トライしてみてください。

最後に日本の迷える子羊達のために独り言を…。
  • WyattはSTRベースで育てると最終盤で苦労します。INTベースが楽だそうです。
    成長はある程度方針を絞って行った方がよいです。
    万遍無くポイントを割り振る成長は器用貧乏となって苦労するだけです。
  • それでも「力(STR)こそ正義だ!」と無理やり進めるならば
    Teachings of Life Blade必須です。ないと多分詰みます
  • 装備は強化できますが、装備の強化に必要なアイテムのいくつかは有限です。
    本当に自分に必要な装備かどうか判断してから強化するようにしましょう。
    …私はこれで大変苦労しました。
  • 味方は使い続ければLvが上がっていきます。とりあえず5まで確認。
  • スキルキャンセルのダッシュ中は敵を通過できます。この間、全身無敵状態です。
    これはあらゆる攻撃の回避と敵の背面を取るために必要なテクニックになります。
  • スキルキャンセルは回避行動だけでなくコンボを繋ぐことにも利用できます。
    攻撃のヒット確認直後にキャンセル発動してダッシュを行い間合いを詰めて
    再攻撃で繋いでください。
  • 攻撃の硬直は魔法でも解除できるものがあります。硬直の長い攻撃を魔法で繋ぐと
    ヒット数が伸びるので探してみてください。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 28 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 151.9 時間
投稿日: 2015年8月5日
総評
母なる神Valdisから生まれた光の神Alagathと闇の神Myrgatoの争いによって海底に沈んだ都市を舞台に、天使と悪魔の跋扈する都市を探索していく2Dアクション。

メトロイドヴァニアとのタグがついているが、どちらかと言うと探索よりも戦闘がメイン。割と硬派なアクションゲームであり、難易度は比較的高め。ボスもかなり強く、歯ごたえのあるアクションを求める人にオススメだが、場合によっては何度もやり直すことになるので、そういうのが苦になる人にはあまりオススメできない。

なお、2015年8月現在(steam公開の2年後?)でもアップデートが続けられており、その度にバグフィックスだけでなくバランス調整や新要素の追加などもあり、進化を続けている。ネットの攻略情報の多くが過去のバージョン向けのものだったりするので信用しすぎは禁物。

[追記]
日本語の攻略情報がなさすぎるので、初心者向けのガイドを書いてみました。よろしければどうぞ。

操作性
攻撃や移動などは比較的テンポがよく、操作性は概ね良好。ただ、崖の淵に掴まるアクションや壁蹴りの挙動には癖があり、若干テンポが悪いように思う。また、ダメージを受けた際のノックバックから回復する手段が皆無なため、地面に落ちるまでなすすべがないのは残念(これにより、足場から叩き落とされて下から登り直しになることもしばしば)。ただし、敵のコンボを受けている最中でもスキルキャンセルによって脱出することは可能。基本的にかなり激しいアクションを要求されることが多いため、コントローラーの使用を強く推奨。

魔法はジャンプ中に魔法キーを押すか、地上で魔法キーを押しながら↑か→か↓を押すことで、それぞれ対応する魔法が発動。これら4種の操作で、それぞれ発動させる魔法を何種類かの中から選べるので、それらの中から選んでセットしておくことになる。ちなみにデフォルトでは↓キーはスキルキャンセルに割り当てられているが、地上で魔法キーと↓キーの順番を押し間違えるとスキルキャンセルが誤発動したりするので、スキルキャンセルは別のキーに割り当てるのを推奨。

戦闘
このゲームの一番の特徴はコンボやガード、スキルキャンセルなどを駆使する必要のある硬派な戦闘かと思われる。キャラクタービルドの幅は広く、プレイスタイルにあわせて上昇させるステータスや取得するスキルを選んだり、装備や魔法などを自由に入れ替えたりできる。さらに装備や魔法自体をアップグレードすることもできるなど盛り沢山。ボスが倒せない時など、装備や魔法を変えることで比較的簡単に倒せるようになったりするので、この辺りの選択が悩ましくも楽しい。ちなみに、ステータスやスキルは振り直しができるが、アップグレードは元に戻せないので慎重に!

敵はザコでもそれなりに強く、コンボやガードを繰り出してくる上、ゲームの進行につれて攻撃パターンが激しくなってくるため、何も考えずに突っ込むと敵のコンボにいいようにやられて痛い目を見る。というわけで、ちゃんと敵の攻撃パターンを見極めて、スキを見せたところにこちらの攻撃を叩き込む必要がある。これを楽しいと思うか面倒と思うかで評価が別れるかも。

ボスに関しては、倒し方の評価ランクが高いほど得られる経験値が高くなったりボーナスとしてステータスが上昇したりするため、できる限り素早くかつ華麗に倒すのが望ましいが、ほとんどのボスは初見ではいいランクを得るどころか倒すのも難しい。結果として、何回も繰り返し挑んで攻撃パターンを把握し、倒せるようになるまで、さらにボーナスが欲しければSランクを取れるまで頑張ることになる。ちなみにボスにもステータス異常が効いたりするのでいろいろ試してみるといいかも。

探索
マップに関してはやや気が利かないように思う。エリアマップはあるがワールドマップはなく、行きたい場所がどこなのかはわかりにくい。イベントの会話で目的地が示されたりするが、固有名詞が多いので話についていけずに目的地がわからなくなることもよくあり、この辺は不親切。ファストトラベルも3つの地点を結ぶだけなので、隅々まで探索しようとすると移動は結構面倒。

各地に宝箱があるが、特に装備品やレアアイテムの入った宝箱を取るには、スイッチを起動して扉が開いている間に壁を登って足場を渡るなど、時間制限内にやや難しいプラットフォーミングをこなす必要があることが多い。特に壁ジャンプなどは癖があるため、操作に慣れるまでは思うように動けず、時間制限の厳しさにイライラしてコントローラーを投げたくなるかもしれない。

宝箱や敵のドロップなどで手に入れたアイテムは装備の作成やアップグレードなどに使えるが、手に入る個数が有限なものが結構あるので注意。つまり、すべての装備や魔法をアップグレードすることはできないので、何をアップグレードするかの取捨選択が重要となる。

その他
  • くまのぬいぐるみは要注意。買うとボスを倒すまで図書館に入れなくなる、つまりクルーによるアップグレードができなくなるため、買うタイミングを間違えると泣くハメに。
  • アップグレードに迷ったら、個人的なオススメは二段ジャンプと武器の購入。二段ジャンプは戦闘でもプラットフォーミングでも役に立つ。武器は一度入手してクリアすれば、ニューゲームでも使えるので。
  • バージョン1.0.0.25以降ならSuperior Mana Key Stoneもオススメ。Perfect Guardができるようになり、ボス戦がかなり楽になる。

まとめ
一部の操作にやや癖はあるものの、非常に良質な2Dアクション。キャラクタービルドの幅も広いので自分にあったプレイスタイルで楽しめるのはもちろん、全く別の育て方をして異なるプレイスタイルに挑戦できるなどリプレイ性も高い。ボスは強いが、繰り返しによって上達していくのが実感できるので、パターンを構築してボスを倒すというのが好きな人は是非。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
20 人中 15 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.4 時間
投稿日: 2014年1月1日
メトロヴァニア(メトロイドのような探索型キャッスルヴァニア)式アクションRPG。
雑魚戦からボス戦まで正面からのごり押しはなかなか難しい「考えるアクションRPG」
$10でも買い推し待ったなしな完成度。
ただ少しは英語出来ないとどこに行ったらいいかわからなくなるので注意。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.4 時間
投稿日: 2014年2月11日
ダンジョンを探索するMetroidvaniaタイプのARPGです。

キャラはステータス振り分けやスキルツリー、アイテムや魔法の選択など
カスタマイズはそこそこ自由度があります。

ギミックにシビアな時間制限のものが多いことや
マップやUIが分かり辛いので少々ストレスが溜まるかもしれません。

アクションは良好で通常攻撃と魔法を組み合わせたコンボを
叩き込んだりできますが、敵もそれに対抗して
コンボカウンター使ってきたりとボタン連打では進むのが難しく
多数いる個性的なボスも多彩な攻撃を仕掛けてくるので
しっかりとパターンを見極める必要があったりと
プレイヤースキルを求められるものになっています。

BGMも素晴らしく、どれもテーマ曲をベースに通常は控えめな曲
ボス戦は熱いメタルという感じで盛り上げてくれます。

サントラ発売中。
http://zackparrish.bandcamp.com/album/valdis-story-abyssal-city
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
10 人中 7 人 (70%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 13.1 時間
投稿日: 2014年5月15日
ボスとの戦闘が非常に楽しい、とても熱いです
しかし、このゲームの作者さんはよっぽど人を崖から落すのが好きみたいで
崖落ちからの登り直しを強要させてくるような場面が数カ所あります
ボス戦が楽しいが、ボスに辿り着くまでの道のりでかなりストレスが溜まるゲームです
アクション苦手だけど探索RPGが好き、という方が不用意に手を出すとストレス死するかもしれないので注意が必要です
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 5 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 14.0 時間
投稿日: 2014年1月2日
"悪魔城ドラキュラ"や"メトロイド"(所謂メトロヴァニア)と同じ探索型アクションRPG
アクションはスピーディーでスキルキャンセルを駆使し敵の攻撃を回避しコンボを叩き込むといったもの
キーボードでやる場合はキーの配置をよく頭に叩き込んでおかないとミスを繰り返すだろう
RPGとしての要素も申し分なくキャラの育成,装備も様々な型を探求していくことが出来る
キャラは初期二人(ストアスクリーンショットの二名)だがその後に選択可能になるキャラが二人の計四人
もちろんそれぞれ習得できるスキルが違い少なくとも四周は新鮮な気持ちでプレイできるだろう
書き込まれた背景は海の下の世界を美しく彩る
FPSに飽きアクションRPGに飢えているのであれば是非ともこの"Valdis Story:Abyssal City"をプレイしてもらいたい
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 2 人 (40%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人中 1 人 (20%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.0 時間
投稿日: 2014年1月4日
ボス戦がトレジャーみたいなゲーム
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 3 人 (21%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 18.7 時間
投稿日: 2014年1月9日
ビジュアルの良さは誰もが目を引くでしょうが、プレイすると期待はずれであることは間違いないでしょう


重要であるはずのアクションは不安定であり壁蹴りジャンプとぶら下がりの不発は多い、なのにどのマップも敵を全て倒さないと進めない・スイッチを押し制限時間内に進め⇔落ちればまた登らなければ行けない不安定な足場ばかりで常にプレイヤーをイライラさせる、回避行動であるダッシュとガードはある一部においては必須ですが戦闘においては意味が無い、ガードは敵のダメージを軽減するだけなので多段ヒット攻撃ばかりしてくる敵が殆どなので簡単に削り殺されます、パリィもありますがパリィ出来る攻撃をしてくる敵のほうが少ないです、ダッシュ中は無敵であり敵をすり抜けバックスタブを取ることが出来ます、が使用回数に制限が設けられており回数が無く敵の攻撃が避けれなくなるなんて最後まで付いて回ります、そのくせボスは当たり前ですがザコ敵でさえカウンターを常に仕掛けてくるので面倒臭さにやる気を失うでしょう

上記に少し書かれていますが、一番言っておきたいのが戦闘部分です
総括して言うと只々面倒なのです
どのザコ敵もガード・ダッシュとカウンターを使い、無敵時間が存在しておりこのゲームにはコンボカウンターがありますがそんなもの気にしていたら戦えないでしょう、それに加えて状態異常攻撃の多さです、持っていない敵は居ないです、それでいて全ての敵を倒さないと進めないMAPです
ボスもボスでおかしいのです、必ずボスにはパターンがありそれを見つけて倒すのが当たり前なのですがありません、このゲームには魔法が豊富にあるので、この魔法が弱点で倒すだとか隙を作れるだとかありそうですが全く無いです、攻撃が激しすぎてダッシュの回数が最初から足りませんし、常に面倒なザコ敵を召喚し避ける暇さえ与えてはくれない、そのうえボスはライフシールドを持ちそれを削ってからでないとHPは減らせませんしスグににシールドは回復します、なのでゴリ押しが正攻法なのではと思うほど考えることはないのです、しかしその考えも無敵時間と強烈なカウンターの嵐に吹き飛ばされてしまうのですが。

日本のゲームをリスペクトし、作り上げたこのゲームには日本人として感銘はします
が日本人はこのゲームに影響を与えたであろう元のゲームがあるのでそちらをやりましょう


それでもプレイしたい方へ
私は難易度はノーマル、アドベンチャー(ハード相当?)でプレイしましたが、ノーマルのみプレイする事をオススメします
もうハードからはボスが硬すぎて倒せないでしょう+上記の理由


あーキャッスルヴァニアしてえな
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 3.6 時間
投稿日: 7月9日
面白い。
難易度の高いアクションゲーム。
見つけた武器や新しいスキルを身に付けつつダンジョンを攻略していきます。
レベルアップした際の強化の選択肢が豊富で毎回どれを強くするかとても迷う
あとボスが強くてなかなか倒せません
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い