Dungeon of the Endless is a Rogue-Like Dungeon-Defense game, in which the player and their team of heroes must protect the generator of their crashed ship while exploring an ever-expanding dungeon, all while facing waves of monsters and special events as they try to find their way out...
ユーザーレビュー:
最近:
ほぼ好評 (64 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 64 件中 73% が好評です。
総合:
非常に好評 (5,449 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 5,449 件中 90% が好評です
リリース日: 2014年10月27日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Dungeon of the Endless™ - Pixel Edition を購入する

Dungeon of the Endless™ - Crystal Edition を購入する

Dungeon of the Endless - Pixel Edition to Crystal Edition Upgrade を購入する

 

最新の更新 全て表示(69)

4月26日

Patch [1.1.5]



Hey guys,

Thank you all for the various reports. We're sorry it took a little bit longer than expected to release these fixes, but here they are!


Release Notes [1.1.5]
  • Fixed an issue with the Cryo Capsule activation that would note generate a hero
  • Fixed an exploit with duplicated items that could be sold infinitely - link
  • Fixed an issue with the "Continue" button greyed out in the main menu - link
  • Fixed an issue with heroes not operating nor catching items in small rooms - link
  • Fixed an issue with disconnections in Multiplayer mode: in case of a disconnection, players can now save & quit, reload the game, and claim back their heroes - link
  • Players leaving a multiplayer game now automatically give their heroes to the host

Enjoy,
~The Amplitude team

36 件のコメント 詳細を見る

3月11日

DotE on Xbox One & iPad




Hey everyone,

We just wanted to share some quick news regarding the two ports of DotE: on iPad and Xbox One! We are super excited to announce that the game is coming to Xbox Live on March 16 and to celebrate this, the game is FREE on the App Store until March14 if you own an iPad!


DotE is coming to Xbox One
The game will be available on March 16 at $9.99 / £7,99 / €9,99, and will include the base PC version (that also means it's coming with the Multiplayer mode!), but also the Bookworm and Deep Freeze add-ons.

We've redesigned the interface and controls for a great console experience and we are hoping you'll enjoy it!


Free on iPad
Until March 14, the game is FREE on the App Store if you own an iPad! Grab it here:




Cheers,
~Amplitude

38 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“There’s nothing to rank alongside it. Influences and borrowings be damned – it stands alone and is as brilliantly designed, challenging and cunning a package of ideas and aesthetic choices as anything I’ve seen this year.”
Wot I Think – Rock, Paper, Shotgun

“Don’t be fooled by the simplicity of its pixels: no individual element of Dungeon of the Endless is especially complicated, but together they form a fiendish and unforgiving challenge. If you’re willing to take that on then it makes it more than worthwhile, borrowing from several genres to create something that feels unique - as well as bursting with personality and smart choices.”
8.1/10 – IGN

“From its setting to its design and aesthetic, Dungeon of the Endless feels like a game built for me. It’s tough and unforgiving, but it’s also fair. Despite all the deaths I spent climbing through the dungeon’s floors, I slowly mastered the game. That’s a testament to the roguelike genre, and it’s why I like tangling with it so much.”
4.5/5 – Game Revolution

スペシャルエディション

Dungeon of the Endless Digital Game

  • Play Dungeon of the Endless on PC and Mac.

Official Digital Soundtrack

  • All Dungeon of the Endless tracks created by FlybyNo in mp3 format.

”Dungeon of the Endless” Amplitude Badge

  • Adds a unique badge to your Amplitude account.
  • Adds 200 G2G to the value of your votes on our website.

Dungeon of the Endless Digital Game

  • Play Dungeon of the Endless on PC and Mac.

Dungeon of the Endless "Bookworm" Add-on

  • Adds “The Library” spaceship that unlocks a new mode for the game.
  • Adds Josh ‘Ntello to the hero cast of the game.

Official Digital Soundtrack

  • All Dungeon of the Endless tracks created by FlybyNo in mp3 format.

”Dungeon of the Endless” Amplitude Badge

  • Adds a unique badge to your Amplitude account.
  • Adds 200 G2G to the value of your votes on our website.

このゲームについて


A few hundred condemned criminals were being shipped to the Auriga system on board the prison hulk “Success”. While this was presented as a chance to earn back their place in society by working hard for the common good, they understood that in fact they would be slave labour, sent to colonize an unexplored planet. All they knew about Auriga Prime was what the probes told them: it had water, temperate zones, plant life, and plenty of metals in the crust.


In fact, the planet Auriga once hosted a major settlement of the galaxy-travelling ancestors known as the Endless. In addition, the planet was still orbited by a functioning (and well cloaked) defensive system, which sprang eagerly to life upon the arrival of the Success. Within a few minutes, the ship was nothing but a few large chunks of metal falling toward the planet.


Every set of holding cells also functioned as an escape pod, so the ship let itself disintegrate and the surviving prisoners fell bruised but (temporarily) alive and (momentarily) safe to the planet below. Safe, that is, until they realized that they had crashed through some sort of facility of the Endless, down to a sub-basement so deep and ancient it might as well be called a dungeon…

Gather A Team.

  • Form a team of heroes, each with their own strengths (and psychoses)
  • Equip them, deploy them, and earn powerful abilities
  • Manage the balance between ex-prison inmates and guards
  • Experience four player coop and watch your back

Build Your Defenses.

  • Use the Dust you gather to power the rooms
  • Use scarce resources to help your team survive
  • Build minor and major modules to hold off waves of monsters
  • Decode Endless ruins to discover life-saving technologies

Open the Door.

  • Each door is a danger; prepare yourself and your team for anything
  • Explore and discover an infinity of levels and layouts
  • Carry your crystal through waves of monsters to the exit of each level
  • Fight your way to the surface to discover the truth about Auriga

システム要件

Windows
Mac OS X
    最低:
    • OS: Windows Vista / 7 / 8 / 8.1
    • プロセッサー: 2.4 GHz Intel Core 2 Duo or equivalent
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GeForce 8600 GT or equivalent
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9 Compatible Audio
    • 追記事項: Minimum Resolution: 1280 x 720
    推奨:
    • OS: Windows Vista / 7 / 8 / 8.1
    • プロセッサー: 3.3 GHz Intel Core i5 or equivalent
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 560 Ti or equivalent
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9 Compatible Audio
    • 追記事項: Minimum Resolution: 1280 x 720
    最低:
    • OS: MAC OS X 10.8 or higher
    • プロセッサー: 2.4 GHz Intel Core 2 Duo or equivalent
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: AMD Radeon HD 2600, NVidia GeForce 9400 or equivalent
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • 追記事項: Minimum Resolution: 1280 x 720
    推奨:
    • OS: MAC OS X 10.8 or higher
    • プロセッサー: 3.2 GHz Intel Core i3 or equivalent
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: AMD Radeon HD 4670, NVidia GeForce GT 330 or equivalent
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • 追記事項: Minimum Resolution: 1280 x 720
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
ほぼ好評 (64 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (5,449 件のレビュー)
最近の投稿
shinsukekun
8.2 hrs
投稿日: 5月30日
侵略型タワーディフェンスとでもいいましょうか?フフッ…ちゃんと考えて動かないと割と死ぬので脳死プレイの僕向きではありませんね。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
puruko
284.4 hrs
投稿日: 5月1日
ゲーム自体はすごく面白いが、マルチプレイは今やゴーストタウンだ

シングルプレイしかやらないシャイなあなたには最高のハマりゲーだよ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
supopon
30.1 hrs
投稿日: 2月22日
最初に手を付けた時は「な、なんだい?なんなんだい?」となって放置してたけどフトやり直してみたらこれが面白い…
特殊なゲームなのでルールの把握にはある程度の時間がかかるかもしれない。
いくつか肝となるシステムがあるのでほにゃっと書きます。

タワーディフェンス要素
初期に作れる攻撃用タワーは1つなので最初からタワーディフェンス感は無い。
後々いっぱい作れるようになる。

リソース要素
タワー建設、新タワー開発、メシ(回復・Lvup・雇用)にそれぞれ使える3種の資源がある。
資源は資源用のクリスタルタワーを建設することで毎ターン得られる。

ローグ要素
最大4人のヒーローを雇うことができて、こやつらはLvupしたりアイテムを装備できる。
ダンジョンのどっかに居るのでメシを渡して仲間にできる。

これらの要素が絡み合ってゲームが進行していきます。
知れば知るほどなるへそな、となること受けあいです。
というかこのルールを把握するゲームと言ってもいいかもしれません。
段々と「まずこの資源溜めてこれ作って取り合えずこの部屋にゃこの人数とこの砲台ありゃ十分だろ十分じゃねえのかよクソが!」となれば完成です。


あとこのゲームのすげえよすげえな点を述べていきますぞよー!


ターンとリアルタイムの混合
このゲームはターンベースでありながらリアルタイムベースでもあります。
部屋のドアを開ける→資源ゲット→リアルタイムで敵来る→リアルタイムでやっつける→リアルタイムでぽわわわ~ん
が1つの流れで、次のターンは再度別の部屋を開けるとこから始まります。

タワーディフェンスの中にはリアルタイムで全部進行するものもありますが、きちんとダンジョン設計をすることができるようにしてるのは偉い。
ヒーローの移動、配置、砲台設置、開発する砲台の選択、生産する資源、ヒーローの装備、Operateどうするよ、など考えることが多いのでターンベースにぴったしなんダス。
救済措置としてリアルタイムベースで砲台の生産もできるけど生産速度が極端に遅くなるのでプレイヤーが絶対的に有利にならない点も良ろしげ。茂み。

資源まわり
敵倒してもヒーローのレベルは一切上がりません。
経験値って概念が無くてあるのはメシ。
メシ食って回復してメシ食ってレベル上げてメシで人を雇うのよ。
でこれが優秀。

普通はこういうゲームではお金を導入するものなんだけど、このゲームでは3種の用途別の資源があるのみとなっておるのじゃ!
  • 歯車アイコンは「何かを建設するため」
  • 研究アイコンは「研究するため」
  • 小麦アイコンは「人に関するもの全て」
という風に用途が決まってるのじゃわ。
お金というオールマイティな資源ではなく用途を制限し、さらに生産量も限られているって状況が生まれる。
制限された状況を上手く作っているので、どの資源の生産に優先度を割くか考える事ができる。

あとDustっていう部屋の照明つける用の資源もあって、これは部屋を開けたときにランダムで手に入ります。
明かりつけると部屋から敵が湧かなくなるのですよ。

状況によって異なる対応
このダンジョンはランダム生成っぽいのでとんでもねー形になる場合もあればスーパー楽勝な形にもなる。
また、登場する敵も各ダンジョンで数パターンに固定される。
なので状況がその場その場で異なるものとなっている。
  • 不利な状況でタワーを建てれば直ぐに折られるので、高いコストを払ってタワーを建てるのは止めるか。
  • 不利な状況だけどタワー折りに来る敵が来ないので建てとくか。
  • 不利な状況だからタワー建てずに砲台だけ置いとこ。
  • 不利な状況だけどこの状況で食料が無いのはマズ過ぎる、無理して数ターンはスキルで乗り切るか…
  • 楽勝だから取り合えずここはこいつに任せて別んとこ見とくかしんでるー…
などなど

他にも残りドア数と建設するタワーのコストを勘案したり、敵の流れを調整するように照明つける部屋を決めたり色んな状況が目の前に広がるんですわ!

楽しいゲームですぞ
とっつきにくい風だけどとっついたらまあなんとも面白いゲームです。
特定のヒーロー同士のかけあいもあったりして楽しいぞよ。

あと最初はvery easyから始めるように。全然very easyじゃねえので。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
yaruomi
98.5 hrs
投稿日: 2月20日
EasyをやるかTooEasyをやるかで随分印象が変わる
Easyは相当難易度が高いが細かいミスはリカバリもある程度効くゲームバランスが秀逸
個人的にはEasy一択でマゾヒスティックな快感を思う存分脳中枢に撃ち込むのが真髄
大きな判断ミスで数時間の成果が一気に水泡に帰した際の倒錯感が楽しめる人向けにEasyで遊ぶことをおすすめしたい
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ka-neru
17.0 hrs
投稿日: 1月16日
ローグライクなタワーディフェンス。ダンジョンからヒーローを脱出させるのが目的。
フロアを探索する過程で発生するモンスターを倒しつつ、資源確保や防衛用の施設建設、開発、ヒーロー育成用のリソース管理も並行して行う。
どこに重点を置いて進行するかがキモのようで、普通のタワーディフェンスにはない新鮮な感覚だった。多種なキャラクターのドット絵も見どころの一つ。

残念に思える点は、基本的に同じ作業をずっと繰り返すことになりがちな上、マップの引きによっては多大な手間だけが掛かる。ヒーローとアイテムが揃って方針が固まったら、5Fでも10Fでもやることは大体同じ。
冗長な展開が続いて油断しやすいくせに、ミスした時のペナルティがデカすぎる(大抵はヒーローかクリスタルが死んで詰む)。モードによってはリカバリーすら不可能。
そんなわけで、ひとつ目のモードをクリアした時点でお腹いっぱい、他のモードをクリアする気はちょっと起きない。

タワーディフェンスが好きなら遊んでみると良いでしょう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
esehara
16.9 hrs
投稿日: 1月9日
あと少しだったのに……そんな思いを何度したことか。

難易度は「Too Easy」と「Easy」だが、それでも頭が爆発するほど難しい。もっとも、難しい分だけ、クリアしたときの喜びが大きいのはあるのだけれど。

基本的なゲームシステムは、ローグライクにタワーディフェンスを足しあわせたような形となっている。濃すぎるキャラクターを使いながら、ダンジョンの最上階まで脱出するのが目的となる。プレイ中に使える資源は三つあり、どれもが、キャラクターや設備を設置したり、アップグレードに使われるため、あまりどれかに偏りすぎても、あとあと苦労することになる。

敵も多彩で、キャラクターを狙ってくるタイプから、設備を狙ってくるもの、あるいはフロアを脱出するために必要なクリスタルに直行するタイプがおり、それらにあわせてうまくキャラや設備を配置して考えていかないといけない。さらに、無茶をすると、敵にタコ殴りにあって、キャラクターをロストすることになる。

段々と各設備の特色がわかってくるに従って、どれをどのように使っていけばいいのかわかってくる。そのような工夫を経て、フロアを突破していく快感はたまらない。とにかく死んで覚えるタイプのゲームがたまらなく好きな人にはおすすめだと思う。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Bemjamin
14.6 hrs
投稿日: 1月5日
タワーディフェンスとローグライクを合わせたゲーム性で最大4人Coop
Too Easy とEasyの難易度選択はゲームプレイ者をおちょくるがあなどることなかれ
慎重な資源管理とマップ管理を要求される高難易度ゲームだ

スキル効果などを把握していないとクリアは難しいが、クリアした時の喜びもひとしお
比較的安価なため非常におすすめできる
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Masai_warrior
35.6 hrs
投稿日: 2015年12月21日
決しておすすめできないゲームではないが、勧めることができるかと言われれば微妙である。

このゲームは大まかに言ってステージごとに出口を探す探索パートと見つけた出口にスタート地点のコアを運ぶ運搬パートに分かれている。探索パートでは出口を探すため扉を開けていくとになるが、アクティベートされてないフロアからモンスターが湧き出してくるため資源を消費してモジュール、ヒーローを配置して対処することになる。運搬パートでは無限に出てくるモンスターを抑えつつ、見つけた出口に向かってラグビーのように出口にコアをタッチダウンすればその階層のクリアとなり次の階層に向かうことになる。

このゲームの面白いところはリソースを勘案しながら探索していく点である。探索パートではフロアにモジュールを設置してモンスターを迎え撃つことになるが、どのようなステージ構成なのか分らないため、ある程度想定した上でモジュールを設置しなければならない。こうして設置したモージュールは運搬パートでも有用なので先の先まで考慮しらながらプレイするのは楽しい。また、扉を開けなければ敵が出てこないためマップを見ながら戦略をじっくり練れる点も良い。

しかし、しばらく遊ぶと基本的にゲームクリアまで同じことの繰り返しに気付いてしまう。最初から最後まで基本的にやる事は変わらずゲームテンポが単調かつメリハリがないのでどうしても飽きが来る。そして、クリアまでに時間が割とかかることもあってさらに拍車をかけている。この点がこのゲームの最大の欠点だと私は感じた。

ゲームシステムは面白く戦略性があるが、緩急がなく一本調子な点に目をつむればおすすめできるゲームである言える。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
hftydyyho
19.1 hrs
投稿日: 2015年12月7日
暗闇に注意せよ。暗闇から奴らは来る。Skroig
脱出フェイズのことをまず考えた。ヌマスサラン!

クリアリングが大事だ。Shop
どう制圧していくか。HEROの配置をよく考えておこなう。うまく陣地をとっていけば有利に進める。gass
ゴリ押しはimpossible。

生産によるModule。まあ、施設のことだ。Holohero
いかに施設を研究しHEROを育成するか。gas mask
Level UPにも生産したFood。食料をコストとして支払わなければならない。Dust is GOD!

コストだ。コストが重い。コストを無視しては底の見えない沼地にはいっていくようなもの。Science wow



このGameは難しい。EasyモードがHardモードだ。
容赦なく全滅に追い込まれ脱出など遠く感じてくる。

Hi Door. Bye Doo.......Oo....DEAD!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
mk55
36.4 hrs
投稿日: 2015年12月1日
FTLが好きな人は買い。FTL+タワーディフェンス
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
134 人中 121 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
10 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 60.3 時間
投稿日: 2014年11月15日
総評としては非常に面白い。慣れるとシンプルなゲーム性ではあるが、ルールや面白さを理解する迄は一定の時間を要する可能性はある。ローグライク系のゲームが好きな人には是非お薦めしたい。(長文の為、マイナス評価はコメント欄に記載)

また本レビューを見て少しでも興味を持った方がいれば、あわせて是非こちらの日本語ガイド(gipsydogさん作)も参考にしてもらいたい。ゲーム未購入者~初心者~中級者まで幅広くカバーできる質の高いガイドとなっている。

■ハイセンスなビジュアル、ミュージック、インターフェース
まず目を惹かれるのが美しくカラフルなドットで描かれたゲーム世界だろう。ドットの場合は可愛らしいや味のあるといった形容は良く目にするが美しいと表現すべきドット絵は珍しい。特に光の表現が上手い印象を受けた。音楽はアンビエントかつミニマル。世界観にマッチしながらも、時にはメリとハリを利かせてゲーム内の状況を上手く表現しており、素晴らしいの一言。UIも直感的な理解を促すアイコンに必要最低限の表示と、シンプルかつ機能的。トータルで見てデザインセンスに溢れた作品。

■奥行きのある世界観及び巧みなストーリーテリング
世界観を語るにあたり、本作で用いられているのは簡素なオープニング、キャラクタ選択時のバイオグラフィー、ゲーム内アルバムのアートワーク、エレベーター使用時の数行の会話。これらのみである。決して多くは語らない。プレイヤーに感じさせ、想像させるのである(実際には同デベロッパーの他作品とゲームを超えての世界観が共有されているといった心憎い設定も)。所謂ムービーゲーと言われるようなプリレンダムービーで1~10までを数時間かけて説明するような手法の対極だろう。ゲームという媒体のインタラクティブ性から考えて、どちらが優れているかは言を俟たない。やはり説明口調で長々と話す奴よりも黙って背中で語る男の方が格好良いのである。沈黙は金、雄弁は銀。

■ゲームの流れ
地下12階のダンジョンからの脱出がゲームの目的となる。各フロアはエレベーターで繋がっており、各フロアともにスタート地点にあるクリスタルを出口まで運べばクリアとなる。プレイヤーは出口を求めドアで区切られたフロアを探索していく必要性が出てくるのだが、本作ではドアを開ける事によって規定量の資源獲得が出来るとともに、ランダム抽選が発生し以下いずれかのイベントが発生する。敵が湧く、アイテム入手、商人発見、仲間発見、クリスタル発見(Buff or Nurf)、電力消失、資源獲得、資源獲得チャンスのくじ引き。これらのイベントを数百回経て、フロアクリアを12回繰り返せば、晴れてゲームクリアである。

■プレイフィール
ストアページや他レビューでは、ローグライク+タワーディフェンスといった表現が多いが、個人的な印象では、あくまでローグライク(60%)をベースにリアルタイムストラテジー(15%)とRPG(15%)とターンベースストラテジー(10%)とをミックスしたものと形容するのが近い。防衛要素も多分にあるがTowerDifenceのゲーム性とは随分と異なる印象。以下、特に他レビューが言及していないRPG要素について述べる。本作はLVアップや装備収集含めたキャラクター育成は勿論の事、キャラクターの個性に見合ったタスクに応じて、ロールを遂行させる事が非常に重要となる。それは出口を見つける事、壁となり敵を阻んだり、敵を殲滅する事、モジュールを操作する事、クリスタルを出口まで運ぶ事だったりする。ルールやキャラクターの特性理解が進み、役割分担の必要性に気付くようになった後は、本作がまさしくロールをプレイさせるRPGでもある事が分かるようになってくる。

■面白味
本作の面白味を一言で表現すると「ランダム性の揺らぎの中でのマネジメントの妙味」となる。主なマネジメント対象はリソースであり、リスクである(タイムストップは可能)。リスクは主に敵の襲来および襲来の方向となるが、マネジメントすべきリソースは豊富に存在する。それはキャラクター(各種パラメータ、Perk、装備等)であり、ゲーム内資源(4種)であり、モジュール(ベースアップ、攻撃、防衛、支援)となる。ただ闇雲にドアを開けているだけでは決してクリア出来ない。ドアオープンにはチャンスも多いが全滅に遭うリスクも潜む。そもそも目の前のドアは開けるべきか?キャラクターは各自適切な場所にいるか?追加でモジュールを建設必要するはあるか?敵が湧いた場合はどこで迎え討つか?Perkは使うか?etcetc..数多くの要素に目配りが必要になってくる。本作では自発的な選択が生み出すリスクと報酬のバランス感が秀逸であり、常に1手1手の最善手を考えた立ち回りには独特なプレイ感と面白味がある。ランダム性に翻弄されるとはいえ知識、経験の積み重ねにより質の高いゲームプレイへと昇華させられる点はまさしくローグライクの醍醐味だろう。数多くの要素を上手くハンドリングしながらも中毒性あるゲームに仕立て上げた開発陣の手腕は見事である。

■難易度、ボリューム
本作の難易度はEasyおよびToo Easyの2種。12時間程度でToo Easyクリア。プラス5時間程度で縛りルール/TooEasyで2周目クリア。Too Easyが実質ノーマル難度と言いえども一般的なゲームのノーマル難度より高い印象(クリア実績の解除率が2014年11月現在9.4%/クリア後に解禁される縛りルールでは解除率が高いものでも1.8%程度)。また新たなゲームをスタートする度にキャラクターやモジュールの特性に気付いたり、初めて見るアイテムも多く存在する。何よりローグライク特有のランダム性のおかげでプレイの度に前回とは異なるゲームプレイが楽しめる事はリプレイへの動機を強く生む。個人的にも難易度Easyや多様な縛りルールへのチャレンジ、キャラクターのアンロック等が残されており、ボリュームは充分と言えるだろう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
52 人中 49 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 41.7 時間
投稿日: 2015年6月14日
ランダム生成ダンジョンにRTS+タワーディフェンス要素を詰め込んで、小気味よく動く2Dドットで仕上げた素敵なゲーム
ゲームタイトル通り、一旦ハマるとダンジョンを延々と潜り続けてしまう程に中毒性が高い危険なゲーム
しかも4人までCoopできるという隙のないゲーム、買い

Dungeon of the Endless™ Japanese Guide (日本語ガイド)
現時点ではDotE(Dungeon of the Endless)は日本語対応されてはいない
しかし、この日本語ガイドにどうか一度は目を通してもらいたい
このゲームの非常に魅力的な世界観・キャラクター、ゲームUIの各種説明、ゲームの大まかな流れ、etc...
これらを非常にわかりやすく解説してあり(しかもgif画像つきで!)、洋ゲー特有の敷居の高さをさほど感じずにスムーズにプレイへ移行できます
なので、このガイドと共にプレイすることを強くおすすめします
僕はこんなに丁寧に作り上げられた日本語ガイドを見たことがないですし、このガイドのおかげでDotEを最大限に楽しめたと言っても過言ではありません
ガイド作成者には強い尊敬の念とともに感謝します、ありがとう!


しかし、このゲームには欠点が二つあります
一つは1ゲーム通しでやると非常に長いという点(途中でゲーム進行をセーブはできます、Coop時でもセーブ可能)
慣れてくれば3~4時間以内にはクリアできると思います
ガイドやWikiなどで調べながらプレイして初クリアに半日かかりました

もう一つはその時間さえも感じずにのめり込んでプレイできてしまうという点
気づくとものすごい疲労感に襲われ、時計に目をやると「あれ?壊れたか?」というくらいに時が過ぎ去っていたことに衝撃を覚えます
このゲーム怖いぞ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
49 人中 47 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 335.8 時間
投稿日: 2014年12月10日
最大4人のヒーローに指示を与え、出口を見つけてクリスタルを運んでフロアを進み、最終的に脱出を目指すゲーム。

その際、industry(工業)とscience(科学)とfood(食糧)とdust(電力の源)を稼ぎながらこれらのリソースをうまく利用してタワーを開発しながら、キャラを強化してクリアを目指す。
タワーディフェンス&ストラテジーの要素に加えて、ショップで装備を買ったりと、RPG的な要素もあって最初はとまどうが、慣れれば乱雑な印象も薄れて、楽しめるようになってくる。

モンスターは暗闇からしかやってこないのでゲーム開始時は楽だが、出口がなかなか見つからないと暗闇の中を探索する事になり、非常に危険。
そこでタワーを建設してモンスターからクリスタルを守る。どの部屋に電気を付けて、どうやって守るか考えるのが楽しい。

4人いるヒーローをプレイヤー1人で操作する上に、ヒーロー全てにアクティブスキルがあるので、プレイ中はかなり忙しい。(ショートカットキーを上手く使う必要がある)
ターン制ながらアクションかと思うほど、一秒を争う状況になりやすい(一応ポーズはあるが)

マルチプレイの場合は1人につき1キャラ操作で楽だが、ゲームのシステム上、意思の疎通の為に英語で会話しなければならないし、リソースを分け合うのに非常に時間と手間がかかる。

なのでオンラインマルチはあまり流行っておらず、ほとんどがローカルマルチ(知り合い同士なので安易に部屋に入るとキックされる)として利用されているのが現状。
自分はキック覚悟で遊んでいるが、うまくメンバーがハマるとやはり面白い。

難易度は2種類に加えてポッド選択でモードが追加されるので一人でも十分楽しめる。色んな要素を詰め込んだ点もそうだが、ポッドを変える事によるルール変更が多くて乱雑なのが欠点。
可能性のある素晴らしいゲームであると共に荒削りな所があるので、もっとシンプルなゲーム性を追求すると誰でもプレイできるゲームになると思う。


Crystalpackを買ったが、沢山いるキャラのうちの1人と、アクの強いルールのポッドが一つ追加されるだけなので、個人的には安い方で良かった気がする。
とは言え、追加されるサイエンティストはなかなか便利で面白いキャラではある。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
45 人中 43 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 190.4 時間
投稿日: 2014年6月22日
アルファからベータそしてリリースへと見守ってきただけに、これほど正式リリースが楽しみだった作品は他になかった、めでたい。

ゲーム内容はローグライク、タワーディフェンスそれとセミRTS(ゲーム中いつでもポーズ出来る)という一風変わったシステム。


@ ストーリー

惑星Aurigaの殖民労働に志願した犯罪者達を乗せたスターシップが、惑星の先住民Endlessの防衛システムがまだ生きていたために撃ち落されてしまう。
脱出ポッドに乗った何人かの搭乗員はなんとか惑星に不時着するも落ちた場所は古代先住民の築いた地下ダンジョン、生存者はダンジョン脱出のために地上を目差す。

実はこの「惑星Auriga」と言うのは同デベロッパーの別作品「Endless Legend」の舞台でもある。
「Endless Lgend」の中でもこの脱出ポッドの事ではないかと示唆出来る話しがあるなど、このデベロッパーの作品はどれもEndless Sagaと言える同じユニバースを共有しているようだ。
他作品も楽しんだ自分はこういったギミックも大好きだ。


@スタートセットアップ

まずスタート時にヒーローを2人、スターシップ、難易度を選ぶ、この難易度だが選べる項目名がくせもので「Too Easy」と「Easy」になっている。
なんとも挑戦的ではないか、ゲーマーと名にし負う人ならばつい「Easy」を選んでしまいそうだが実はこれ所謂ハードの難易度である、それもかなりハード。
最初はゲームに慣れるためにも屈辱的だが「Too Easy」を素直に選ぼう。
とは言えフォーラムスでは「Too Easy」でも難しいよぉ、という意見もちらほら。 基本難易度は高めなので歯応えを求めるプレイヤーにはもってこいだ。

またスターシップはゲームモードの追加のような存在で、風来のシレンでいう「おまけダンジョン」のような感じだろうか。
例えば、ヒーローの体力が増える変わりに自動回復しなくなるとか、エンドレスモードなどがある。
これがやってみるとプレイ感が変わってなかなか面白い、一部アイテムなど専用の物もあったりする。
スターシップも要アンロックで全4種が用意されている。
(ファウンダーパック特典で2種が追加されるので、それを含めると全6種となっている)

@ゲームプレイ

ランダム作成されたダンジョンをドアを開けながら脱出ポイントを目指すのが基本的な流れだが、ドアを開ける行動がターン消費となっており、この時にリソースの補充とモンスターのウェーブが起きる可能性がある。
スタート地点に設置されているクリスタルはパワーソースとなっていって、タワーデフェンスにおける本拠地のような存在、ダストとと言うエネルギーのようなリソースを使って、クリスタルを中心に開けた部屋に電源を通す事が出来る。
電源が通っていない部屋にはリソースを増やすモジュラーや防衛タレットなどを設置できない、また暗い部屋からはターン毎にモンスターが沸く可能性があるため、どの部屋に電源を通しどこを防衛拠点とするかヒーローの配置等を考慮しながら進めていく必要がある。
(小技だが暗い部屋でもヒーローが居る場合モンスターは沸かない)

@ヒーロー

このゲームの華と言えるヒーロー達だが最初にアンロックされているのは4人、要アンロックも含めると全部で16人となっている。
(1人は同ゲームのファウンダーパック特典、もう1人「Endless Lgend」のファウンダーパック特典で追加される分も含めると全18人)
見た目もバックグランドも個性的でとても魅力的である、誰しもお気に入りの一人が見つかるのではないだろうか。

スタート時では二人だけだがダンジョン道中で見つけたヒーローを仲間に出来、最大で4人までのパーティーを組む事が出来る。
フロアクリア時のエレベーターでの移動中にヒーローが一言二言喋るのだが、ある特定の組み合わせがパーティー内にいる場合に会話が発生しバックグランドストーリーがアルバムに追加される。
なかなかシャレの効いた小ネタで、ヒーローのキャラクターに色添えしてくれる。

@グラフィックス&ミュージック

ドット絵で描かれたゲーム世界は非常に美しく、ヒーロー達のアクションもよく描き込まれていて簡素ながらも見ていて飽きない。
ドット絵の良さとはまさにこれだよ、と思えるクラシックさながらも、最新のセンスを感じる美麗な世界は一見の価値あり。
特にこのデベロッパーの全作品に言える事だが、アートワークの拘りとセンスの良さは同レベルのインディの中では郡を抜いており、けして大手のAタイトルにも引けをとらない出来だと感じる。

ミュージックはアンビエントな落ち着く曲が多く、ゲーム音楽としてのパンチは弱いとも感じるが全体として統一感があり聞き心地が良い。
ちなみに通常版でもサントラが付いてくる。

@マルチプレイ

ゲーム性とは合わないとも思うがマルチプレイもある。
プレイヤーが1人のヒーロー操作を担当し最大4人まで可能、正直野良では皆好き勝手に動き回るためまともなゲームになり難い。
ただチャット表示がヒーローの吹き出しだったり、きままに動く4人のヒーロー達を見ているのは賑やかで楽しい。
友人としっかりコミュニュケーションを取りながら遊ぶ分にはかなり面白いんではないかと感じた。

@不満点

自分は完全にこのデベロッパーのファンボーイなので多少の不満は面白さが上回ってしまうのですが、やはり幾つかある。
まずヒーローのスキル説明が一部抽象的すぎてわかりづらい、Wikiなどが充実してくればまた違うのだろうが、効果が出ているのかよくわからなかったりする。
UIの使用感にも若干野暮ったさは残った。
また現段階では幾つかわかりやすいバグが存在する。

発売後も細かいケアは入れてくれるところなのでバグについては心配ないと思うが、スキルや特性の説明などは雰囲気重視として落ち着いてしまいそうではある。

@総評

端的に言ってかなり良いゲームである。
所謂ローグライク、ランダムダンジョンをリソースやアイテム、ヒーローを駆使しながら進むのだがそこにタワーディフェンスの要素が加わったゲーム力学が独特で他のローグライクでは味わえない面白さがある。
特に日本人にも馴染みやすいであろうアートワークはゲームの隅々まで繊細に作られており、ドット絵ゲームの最先端の一つがこれだと言っていいだろう。

レビューを見て、またはスクリーンショットを見てピンと着た人には必ずお気に入りの一本になるはず、お勧めです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
29 人中 27 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 8.8 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年1月3日
クリスタルを持ってひたすら地下へ潜っていくローグライク防衛ゲーム

最初に持っているのは二名のランダムキャラと
レベルアップやHP回復に必要な食料を増やすシステム
システムやユニットを作るために必要な材料を増やすシステム
最後に貧弱な自動光線射撃ユニット

プレイヤーは扉を開けて脱出地点を目指し部屋を探索していかなければならない
開けた扉は閉まることなくキャラや敵の進行可能な通路になる
部屋には食料や材料、設計図、宝箱、敵、商人、仲間そして脱出地点とランダムに出現するイベントがある
また、部屋は探索したり、敵を倒したり、アイテムを売ったりすると手に入るエネルギーを使い
システムやユニットを設置できるように占領することができる

ターンは扉を開けるたびに消費される
占領していない部屋には敵が湧き、探索しすぎるととんでもない数の敵に圧倒される
よってプレイヤーには慎重な一本道探索と万全な防衛態勢が要求される

キャラは、剣士と槍士、銃士の三種類がある
中にはシステムやユニットを修理できる能力を持ったキャラもいるが
その場合、格闘はあまり得意じゃなく殴られるとすぐやられてしまう
装備も武器と防具、装飾の三種類がある
入手には宝箱や商人のイベントに遭遇しなければならない
システムを設置した部屋にキャラを配置すると少々効率が良くなる

脱出にはキャラにクリスタルを持たせ脱出地点まで導かなければならない
そのキャラがドアを通るたびクリスタルのあった部屋の周辺から順に
エネルギーが消失し部屋の占有が解除されてしまう


まだアルファ版ということで実装されていないシステムや少ない階層、
時々起こるバグがあるが、かなり楽しめたゲームだった
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
31 人中 28 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 32.7 時間
投稿日: 2015年11月30日
コアを運びながら地上への脱出を目指すローグライクとタワーディフェンスの融合ゲーム
この2つの要素を見事にマッチさせているのは「電力(ゲーム内でDust)」の要素だと僕は思います
電力のマネジメントがかなり面白いのでこの辺を紹介しておきたい

一つのフロアは複数の部屋で構成されており、扉を開けて部屋を開放しながらどこかにある脱出口を発見する
そしてコアを運んで上のフロアへ移動する
これを繰り返し地上を目指すというのがこのゲームの目的

ただし脱出口を探すために部屋を開けていくとその部屋からモンスターが出現するようになる
ヒーローが全滅したりコアが破壊されるとゲームオーバーになるので出来るだけモンスターの出現を抑えないといけない

ここで使用するのが電力
開放した部屋に電力を通すと部屋が明るくなり、モンスターが出現しなくなる
それだけでなく明るい部屋に防衛タレットや生産設備などを建設することによってプレイヤーに有利に働く部屋となる

ただこのゲームは難易度が高いので、開放した部屋の全てを明るい部屋にすることは滅多に出来ない
電力が不足するようになっているので常にどこかがモンスターの出現する暗い部屋になる
プレイヤーは施設の建設とヒーローの配備によって最重要のコアを守らなければいけない

部屋のオンオフを切り替えてモンスターの出現位置をコントロールする
そして出来るだけ有利な部屋でヒーローを待ち伏せさせる、というのがこのゲームの攻略の肝であり一番面白い所だと思う

ヒーローは4人まで雇用可能なので扉を開ける役と待ち伏せ役、俊足を活かして多方面で守る役などの役割分担が重要
また扉を開けるまでターンは経過せず、常に最適の配置を考える時間があってじっくり考えられる
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
29 人中 26 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 10.7 時間
投稿日: 2014年10月29日
最初だけプレイした感想です

簡単に言えばローグライク+TDのストラテジーゲーム
キャラを選んで行きたい部屋を選び進んでいく、道中敵がいれば自動で攻撃するといった感じ
移動場所はよくあるのRTSみたいに細かい地点を指定できず部屋単位での指定
探索していくと宝箱や商人などが居て装備を入手できる

TDなのでリソースの管理もある
各部屋にパワーを注入できる部屋がありリソースを作る装置を取り付けることが出来る
しかし捻出できるパワーも限られてるので探索でパワーを見つけないといけないがこれは部屋を調べてれば自然と増える
装置の取り付けもキャラのレベルアップも回復もこのリソース(3種類ある)が必要
キャラのレベルアップでスキルも覚える

探索が終わってからが本番で探索中出口のアイコンが見つかると思う
ここにクリスタルを運ぶわけだが、クリスタルを持った瞬間に敵の波状攻撃が始まる
これを掻い潜って出口までもって行くわけだがちゃんと準備をしないとすぐ死んでしまう
キャラのアンロック要素や宇宙船のアンロックもある?

本当最初やっただけすがすごい面白いと感じました

総評 ★★★★☆ 8/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 18 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 174.0 時間
投稿日: 2014年10月30日
宇宙船が襲撃を受け、未開惑星の遺跡の地下深くまで墜落してしまった。
墜落から生き延びたあなたは生存者と共に地上を目指さなくてはならない。

タワーディフェンス+RTSなゲームです。
グラ良し、音良し、システム良しなので買って損はないと思います。
長文と言えばヒーローの生い立ちぐらいなので
英語を読めなくても安心の親切設計。

ゲームは探索フェイズと逃亡フェイズがあります。
探索ではヒーローやモジュールの研究を行いながら
エレベータを探しましょう。
逃亡では発電クリスタルを担いでエレベータまでダッシュするだけです。
クリア時にはクリアメンバーが入った集合写真が出ます。アルバム
には保存されないのでスクリーンショットを撮っておきましょう。

また、メンバーの構成によって階層移動時にちょっとした会話イベントが
あります。いろんなヒーローを使いたくなるような設計もgood。

アップグレードする事でヒーローやゲームモードの追加も可能です。
難点を言うならEndless Legend- Emperor Packの方は高過ぎるのと
ジャンルが純粋なRTSなので敷居も高い所です。

Co-opモードが追加されました。現在の仕様では
・リソースはメンバーに分割して配られます。リソースはストックを
クリックで共有可能(会計役がいないと大混乱)
・死んだ場合は新しいヒーローを見つけて死んだプレイヤーが
foodで雇う事で復活出来ます。
・プレイヤーが3人以下の場合、道中で見つけたヒーローをシングルモード
と同じように仲間に出来ます。(仲間にしたプレイヤーが操作する)
・階層登る毎にあるロードが長い(2~3分?)

マルチではtoo easyで遊ぶ事を薦めます。
なぜなら、easyは意思疎通に左右されないソロプレイでさえ
下手をすれば3階で死にかねない難易度だからです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 18 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 76.6 時間
投稿日: 2014年11月8日
すごく楽しいです。自分はタワーディフェンス系ゲームはほとんど経験はありませんでしたが、綺麗なドット絵とタワーディフェンス+ローグライクゲームという新ジャンルに引かれ購入!プレイしてみるとタワーディフェンス+ローグライクという組み合わせは抜群であり、一つの扉を開けるのもびくびくし、どこに何をビルドし、誰を配置するか、リソース管理はどうするかなど、かなり深いゲームになっております。始めたばかりは複数の部屋からモンスターが押し寄せるだけでパニックに陥ると思いますが、スペースキーで一時停止できるので安心です。マルチプレーは実装されたばかりであり、セーブできない、日本人が少ないためコミュニケーションを取りずらいなど問題点もありますが、中学英語でコミュニケーションをとり、相談し協力しながら進んでいくのはソロと違った楽しさがあります。長くなりましたが、最後に一言。

扉を開ける前はよーく考えてから開けましょう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
22 人中 20 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 29.0 時間
投稿日: 2015年1月15日
Endless Space・Endless Legendという良質なストラテジーで知られるAmplitude Studiosが贈る…なんだろうこのゲームは…?
 とにかくユニークなゲームであるのは間違いない。ローグライク+タワーディフェンスと聞いてプレイしたが、(4X)ストラテジー的な思考が必要になる部分もある。いずれにしても良く出来ているので、感想を中心に述べさせていただく次第。

・目指せ地表
 まずはゲームの概要について簡単に述べる。
本作はステージクリア型のダンジョンRPGである。フロアのどこかにあるエレベーターを見つけ、動力となるクリスタルを持って行って動かせばステージクリア。最終目標はダンジョンからの脱出、すなわち地表への到達である。反対にクリスタルが破壊されたり、パーティーが全滅したりするとゲームオーバーである。

・戦略ゲーだこれ!
 次に印象についてざっくり述べる。
初見での印象は、「新しい部屋に入った時のドキドキ感」に注力したローグライクというものであった。「アイテムが出るか、はたまたモンスターが湧くか」というギャンブル的な楽しさが前面に出ているのは確かである。反面、戦闘がほぼ全自動だったり、キャラクターの成長が固定だったりと、RPGとしては淡白な部分はある。
 次いで感じたのは、難易度が相当にシビアであるということであった。このゲームでは、モンスターに囲まれると、歴戦の勇士であってもあっさりと死ぬ。もちろん復活の手段はない。モンスターは探索済みの部屋から湧き出す(一度クリアした部屋であっても)ので、迂闊にあれこれ見て回るのは危険極まりない。
 ではどうするか?幸いにして、Dust(=エネルギー的な資源)を使って安全地帯を作ることが出来るうえ、未踏破の土地からモンスターが沸くことはない。このシステムの使い方の例としては、防御しやすい土地を選びながら、少しずつ安全地帯を広げてゆくというものがある。こうして作られた安全地帯には、資源を生産する施設が設置出来、そこで生産した資源を用いて、キャラクターを強化したり、前線にタワーを建てたりすることも出来る。モンスターと対峙する戦線を限定しながら、内政を拡充してゆくというゲームの進行はRPGというよりも、ストラテジーゲームのそれに近い戦略性が感じれる。
 これにタワーディフェンス的な要素も加わるのだがが、そこには本作ならではの特徴もある。第一に、上記のような理由から、モンスターがどこから湧くか、モンスターをどこで迎撃するかはプレイヤーの采配次第であるという点。このあたりの作戦を練るのが本作で一番楽しい部分である。第二に、モンスターによってタワーが破壊されることがあるという点。当然、タワーの再建費用は内政を圧迫するのだが…
 モンスターの攻勢が時間とともに苛烈になって行くという点も、自勢力と敵勢力の成長スピードの競争という意味で、(4X)ストラテジーゲーム的なプレイフィールを与えている。ただし、本作の目的は、モンスターの殲滅ではなく、ダンジョンからの脱出なのであった(むしろプレイヤーは殲滅される側である)。もし防衛線が崩壊しそうになったら(あるいは、フロアで回収出来るものを全て回収したら)、上階へのエレベーターに駆け込めばよい。
 その際、苦労して建設した生産設備やタワーはその場に打ち捨てられる(未使用の資源は次のステージに引き継がれる)ことになるが、正直に言って、これはこのゲームで最もカタルシスを感じる場面でもある。数え切れないほどのモンスターの大群によって、今まで築いてきたものが蹂躙されていくのを眺めるのは、砂場に城を作っては喜んで崩していた子供時代を思い出させる何かがあるかもしれない。同時に、そういう絶望的な光景を横目に、悠々と――あるいは間一髪――脱出のボタンを押す時に感じる「してやったり」感もまた格別の味わいがある。

・やりこみ要素もある
 他方で、本作は育成やトレハンが楽しめるRPGではないというのは上記の理由による。だからといって、本作がストイックにスコアを競うだけのゲームであるとか、コンセプトだけで売っているようなゲームということはない。周回によってプレイアブルキャラクターやゲームモードがアンロックされたり、設定資料(的なもの)を集めるといったやりこみ要素も用意されている。念のため。

・まとめ
Civ系の語彙で喩えます。
斥候を出してマップを探索し、都市の立地をあれこれ考えるという最も楽しい序盤の局面から、大国が跋扈し、核兵器が飛び交う中で勝ち逃げ(感覚としては宇宙勝利に近い)を狙いに行く最終盤の一番ドキドキする局面までを、ダンジョンの一フロア分のテンポと密度に凝縮した感じのゲーム。面白いです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い