Dungeon of the Endless is a Rogue-Like Dungeon-Defense game, in which the player and their team of heroes must protect the generator of their crashed ship while exploring an ever-expanding dungeon, all while facing waves of monsters and special events as they try to find their way out... so what could go wrong... open the door!
リリース日: 2013年12月11日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
すべてのトレーラーを見る(全 3 本)

早期アクセスゲーム

今すぐアクセスしてプレイ開始;開発途中のゲームに参加しよう。

注: この早期アクセスゲームは開発段階によって大きく変わることも、そうならないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。 詳細はこちら

開発者からの注意書き:

早期アクセスにした理由

“Amplitude Studios thanks to the GAMES2GETHER platform wants to propose a brand new way for players around the world to participate in the creation of a video game! Early Access is just one mean, but a significant one, on how we want to interact with the community to make our games the best they can get. Let's create GAMES2GETHER!”

このゲームはいつまで早期アクセスですか?

“If everything goes well, the final release of the game should happen in Fall 2014.”

早期アクセスバージョンと計画されているフルバージョンの違いは?

“What can you expect from this Beta? A lot of fun! The game includes all single player gameplay features and it looks, plays and feels like a final game.

In addition to a final polishing and balancing round, we are still working on a couple of additional elements until the release of the game such as:
  • a beta version of the awaited 4 player coop mode
  • a visual log that the player will be able to complete game after game, revealing more on each hero
  • a tactical map giving you a global view of the dungeon floor
  • more interaction between heroes
  • Steam achievements and trading cards
  • a better tutorial
  • 2 final floors with a brand new environment
  • 2 heroes, one from the G2G votes (Mizi Curtiz) and one for the Endless Legend Founder Pack (Kreyang)
  • 3 spaceships including the one for the Founder Pack (The Library) and the one for the Endless Legend Founder Pack (The Refreezerator)
  • and other little surprises!

早期アクセスバージョンの現状はどうなっていますか?

“The game has now hit Beta stage, we are getting closer to the final release of the game.”

早期アクセス期間中と期間後ではゲームの価格は変わりますか?

“During the Beta stage, the game can be acquired with a 10% discount to thank people for jumping into this adventure early on.”

どうやって開発プロセスにコミュニティを参加させる予定ですか?

“Acquiring Dungeon of the Endless in "Early Access" will help us make the game the best it can get. Come and discuss with the dev team the upcoming art and game design elements via our GAMES2GETHER platform! If you want to support even more the development of the game, go for the Founder Pack! The more supporters we have during the Early Access, the better we'll be able to make the game for release! ...so what could go wrong... open the door!”
詳細を見る

Dungeon of the Endless - Pixel Pack を購入する

-10%
$12.99
$11.69

Dungeon of the Endless - Founder Pack を購入する

-10%
$19.99
$17.99

Dungeon of the Endless - Pixel to Founder Upgrade を購入する

-10%
$7.99
$7.19

最新の更新 全て表示(34)

Spaceship Creation Competition

2014年7月7日



Hi everyone,

Are you ready for a new creation competition? In the latest update, we implemented a new game option: spaceships that you can actually unlock! They bring new game modes with special gameplay effects, new starting configuration and visuals for even more diversity and more fun of course.

Today, we want to call on your creativity to create an extraordinary new spaceship for Dungeon of the Endless!

The creation contest will be divided in 2 parts:

  • The gameplay (rules, stats, etc.)
  • The packaging (visual, name, description, etc.)



PART 1 - GAMEPLAY

The Brief
In order to propose an interesting variety of challenge for the player, here is a quick reminder of the spaceship in game and a glimpse of the others which are planned for the release [spoiler alert!]. The aim is to find ideas not too similar to the already existing ones:
  • The Infirmary: no end turn auto heal, more HP, drugs
  • The Armoury: 4 heroes at start, no free hero, no offence module
  • The Drill: no production module at start, endless floors
  • The Library: focus on research / modules, heroes "lethal as canaries"
  • The Refreezerator: 1 hero in the entire game, but undying… or nearly!


The Entries
There are different properties to define in the gameplay aspect of your spaceship:
  • Code name: the final name will be given in Part 2
  • Special gameplay rules: see below
  • Number of heroes at start (1 to 4)
If it's relevant:
  • Global statistics modifiers (attack power, health, defence, etc. of heroes / mobs / modules)
  • Starting modules (and unavailable modules)
  • Starting items (and unavailable modules)
  • Starting FIDS and FIS incomes

The special gameplay rules are obviously the most important part of the entry. The idea is to find a way to use the current features and elements already available in the game and rearranged them to create a new way to play it. Try to keep it simple! A good concept can be summarised in one sentence.


IMPORTANT
/!\ Entries need to be posted in this thread: http://forums.amplitude-studios.com/showthread.php?33511-Spaceship-Creation-Contest

We will select 3 of your proposals then organise a GAMES2GETHER vote! You may submit several entries but are limited to three! Also make sure you keep all your entries in one post!

Please note however that Amplitude reserves the right to modify the 3 proposals and will work with the winner to finalise the design and adapt it to development constraints.


Deadline
We will be closing the thread on July 15th, at midday (Paris time!).


Prize
Winners of Part 1 et Part 2 will:
  • Get their names in the game credits
  • Win a cool Dungeon of the Endless T-shirt and buttons
  • Three Steam copies of the Dungeon of the Endless - Founder Pack: so you can play with your friends once the multiplayer is released!


Best of luck to all of you!
~Amplitude Studios

6 件のコメント 詳細を見る

[0.8.7] Patch Notes

2014年6月24日

[0.8.7] Patch Notes

Bug fix
  • Random hero selection is now properly displayed
  • Notifications are no longer displayed on top of transition screens
  • Players can now unequip an item without this one disappearing
  • The instant power given by the “Emergency Generator” module is now ignored if the room is already powered by the Auto Power event
  • Stele is now immune to zone damage
  • “Fast but Weak mobs” stele event no longer stops mobs when they stack
  • Saves, merchants, dust (initial / loot) and items are now functional in the endless mode with the Drill pod
  • Armoury floors no longer spawn free heroes
  • Fixed some sprites glitches

Balance
  • Reduced basic FIS incomes
  • Increased cost of Emergency Generator (now incremental)
  • Increased cost of FIS modules
  • Reduced Wit of Mechanical Pal
  • Tweaked cost and spawn value of items
  • Reduced Pilfer effect
  • Reduced power of flying Necro mob
  • Increased classic item spawn in the Infirmary Pod
  • Increased difficulty in Easy and Too Easy mode (power of mobs)

Please keep in mind that your previous game save will not be compatible with this new version.


~Amplitude Studios

0 件のコメント 詳細を見る
全ての話題を表示

このゲームの掲示板でバグを報告したりフィードバックを残そう

DUNGEON OF THE ENDLESS

ゲームについて

Dungeon of the Endless is a Rogue-Like Dungeon-Defense game, in which the player and their team of heroes must protect the generator of their crashed ship while exploring an ever-expanding dungeon, all while facing waves of monsters and special events as they try to find their way out... so what could go wrong... open the door!

BACKGROUND STORY
A few hundred condemned criminals were being shipped to the Auriga system on board the prison hulk “Success”. While this was presented as a chance to earn back their place in society by working hard for the common good, they understood that in fact they would be slave labour, sent to colonize an unexplored planet. All they knew about Auriga Prime was what the probes told them: it had water, temperate zones, plant life, and plenty of metals in the crust.

In fact, the planet Auriga once hosted a major settlement of the galaxy-travelling ancestors known as the Endless. In addition, the planet was still orbited by a functioning (and well cloaked) defensive system, which sprang eagerly to life upon the arrival of the Success. Within a few minutes, the ship was nothing but a few large chunks of metal falling toward the planet.

Every set of holding cells also functioned as an escape pod, so the ship let itself disintegrate and the surviving prisoners fell bruised but (temporarily) alive and (momentarily) safe to the planet below. Safe, that is, until they realized that they had crashed through some sort of facility of the Endless, down to a sub-basement so deep and ancient it might as well be called a dungeon…

FEATURES... or "How to survive in an Endless dungeon"

Gather A Team.
  • Form a team of heroes, each with their own strengths (and psychoses)… or die
  • Equip them, deploy them, and earn powerful abilities… or die
  • Manage the balance between ex-prison inmates and guards*… or die
  • Discover the hidden secrets and goals* of the survivors… or die

Build Your Defenses.
  • Use the Dust you gather to power the rooms… or die
  • Use scarce resources to help your team survive… or die
  • Build minor and major modules to hold off waves of monsters… or die
  • Decode Endless ruins to discover life-saving technologies… or die

Open the Door.
  • Each door is a danger; prepare yourself and your team for anything… or die
  • Explore and discover an infinity of levels and layouts… or die
  • Carry your crystal through waves of monsters to the exit of each level… or die
  • Fight your way to the surface to discover the truth about Auriga*… or die

*These features, and others that will be discussed with the community via the GAMES2GETHER² platform, are not yet available. This Alpha Version is incomplete and will be replaced by a complete version when the final game is released.

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP / Vista / 7 / 8
    • Processor: Intel(R) Core(TM)2 CPU 6600 @ 2.40GHz or equivalent
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA GeForce 8600 GT or equivalent
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • Sound Card: DirectX 9 Compatible Audio
    • Additional Notes: Minimum Resolution: 1280 x 720
参考になったカスタマーレビュー
11 人中 11 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 201
8 件のレビュー
記録時間: 30.0 時間
早期アクセスレビュー
アルファからベータに移行しだんだんとブラッシュアップされてきたこのゲーム。

まずゲーム開始で難易度を選ぶのだが、そこに並ぶ文字は「too easy」と「easy」
非常に挑戦的である、ゲーマーと名にし追う人ならば当然「easy」を選択しそうだが実際はほとんどハードに近い、クリアする事でアンロックされるヒーローやシップなどもあるので最初は素直に「too easy」でクリアを目指すのをお勧めする(筆者は意地なってeasyでやり続けており今だにクリア出来ていない・・)
現段階での最終階層は10フロアになっているが、正規リリースで12フロアまでのボリュームを予定しているようだ。
ヒーローはアップデートの度に増え続けており現在16人以上。
シップに関してはベータからの新要素なのでまだわかっている事は少ないが、シップ毎になんらかのメリットデメリットがあるという事らしい。

扉を開けて進む事でエナジー(この世界ではダストと呼ばれる、このデベロッパーのシリーズでは共通してお金のようなリソースで、ある世界観を共有しているようだ)やアイテムなどを確保しつつ、リソースを割いてタレットを設置したりヒーローをレベルアップして強化していく。

新しく開いた部屋はエナジーが通っておらず、エナジーを通さないとタレットやモジュラー(リソースを増やす装置)を設置できないのだが、当然開けた全部屋にエナジーを通すにはエナジーが足りない。
またエナジーが通っていない部屋から毎ターン敵のウェーブが沸く可能性があるので、どの部屋にエナジーを通し、どの部屋を迎撃ポイントとするかをタレットの設置とヒーローの配置でプランニングしていく。

敵も様々な種類がいてヒーローを狙うもの、設置物を狙うもの、こちらの拠点を目指すものなどがいるのだが、残念な事にまだ敵のデータベースが確認できないため経験で覚えるしかない、今後敵の情報を確認出来るように是非なってほしい(アップデートで敵の名前や詳細などは確認できるので今後に期待していいかと)

そしてこのゲームで花と言えるヒーロー達だが、ドット絵の出来が素晴らしく非常に魅力的で、誰しも一人はお気に入りと言えるヒーローが見つかるのではないだろうか。
能力は大分して戦闘系と補助系に分かれており、見た目以上の差別化はまだ足りていない印象もあるが、アップデートでの細かい調整で徐々に能力の個性も出てきたと感じる。

端的に言ってかなり良いゲームである。
所謂ローグライク、ランダムダンジョンをリソースやアイテム、ヒーローを駆使しながら進むのだがそこにタワーディフェンスの要素が加わったゲーム力学が独特で他のローグライクでは味わえない面白さがある。

まだUIやゲームバランスに不満はあるが、今後もアップデートを重ねて改善していくであろう期待は多いに出来る。

また金背的に余裕のある方はFounder Packの購入を検討するのもいいかもしれません、正規リリース時に様々な特典が付いてくるのと、同デペロッパーの製品「Endless Space」の-50%クーポンと同ゲーム内での新たな勢力がアンロックされます。(自分は両作品とも非常に気に入っていてFounder Packも値段に見合っていると感じますが、人によってはあこぎな商法と思えるかもしれません・・)

レビューを見て、またはスクリーンショットを見てピンと着た人には必ずお気に入りの一本になるはず、お勧めです。
投稿日: 2014年6月22日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 37
1 件のレビュー
記録時間: 25.2 時間
早期アクセスレビュー
結論から言わせて貰うと値段以上に遊べます。セール時なら買いです!!
通常価格なら買って損はないとった所でしょうか。

一度やり始めると時間を忘れて没頭します。
セーブ自体はいつでも出来るのでやめることは出来るのですが先へ先へと進めたい欲求がすごいです。
またキャラクターも豊富で現在11体扱えます。(これからも増えるのかな?)
装備なども宝箱から拾ったり商人から買ったりと珍しいアイテムを手に入れた時は楽しい瞬間ですね。

一応キャラクターの育成要素もあるんですが案外簡単にカンスト(レベル上限)しちゃいます。
ただしレベルだけ優先的に上げると他が疎かになって皺寄せがきたりします。
そういったことを考えて進めていくことが楽しみの一つであり奥の深さを感じます。

いい所ばかり言いましたが当然悪い点もあります。
例えばマップ拡大ができない
開発ターンを確認するのが不便(わざわざ開発装置までいかないと確認できない)
一部のキャラの差別化が出来ていない等
まだアルファなので更なる改善を期待しつつ楽しんでいこうと思います。
投稿日: 2014年4月24日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 186
17 件のレビュー
記録時間: 11.3 時間
早期アクセスレビュー
●バージョン 0.1.16時点●

難しい…が絶妙なバランス。
こっちはTDよろしく敵をタワーで迎え撃って、こっちはどんどん安全地帯を増やしていこう…
なんて考えているとすごく面白い。
まだヒーローが少なく、建物とかのバリエーションも少ないので大体同じような展開になるけれど、それでも面白い。

TDにありがちな序盤の眠たくなるスローテンポ感を、
RL序盤の「さあどうするか、どうやりくりするか」+スピード感でうまーくいい感じになってる。と思う。
後半(現在Floor4)は後半で、敵の数が尋常じゃないので
いかに、今いるヒーローを有効に働かせるか。すごくいい意味で頭を悩ませてくれる。

現状では、かなり運要素が大きい気がする。これから研究とか商人周りとかが追加されていけば、
いい具合に運+経験+テクニックのウェイトが散って行って更に面白くなるんじゃないかと。超期待。
同じ制作所(だよね?)が作っていたEndless spaceも、スミズミまで丁寧なつくりに落ち着いたので、
今回もそうなるんじゃないかと個人的には思います。

ちなみに、アートワークやサウンドは個人的に非常に良いものだと思います。
投稿日: 2014年2月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
7 人中 5 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 159
21 件のレビュー
記録時間: 22.0 時間
早期アクセスレビュー
ローグライクとタワーディフェンスが混ざったゲーム
部屋への扉を開けていき、次の階層に続く道を探しながらクリスタルを守る感じ

このゲームには開発ポイントと食料ポイントとゴールドがあり、それを上手く節約、増加させることが勝利の鍵になる。
開発ポイントは生産施設や防衛施設の建設、
食料ポイントはキャラクターの回復、レベルアップ、etc...
ゴールドは各部屋への電源の配電と商人との取引
という使い方になる。

ゴールドは敵からのドロップと、扉を開けたときにランダムで手に入るくらいなので運次第ですが、開発と食料は主に生産施設で増加させることになります。
また、開発と食料は時間経過で手に入るわけではなく、扉を開けたタイミングで手に入ります。
生産施設等は敵から攻撃を一定以上受けると壊れるので、基本的に敵が来ない部屋に設置する必要があります。

敵の出現方法は、扉を開けた時にその部屋の中に敵が入っている場合と、扉を開けた時に配電されてなく、プレイヤーがいない部屋のうちからランダムで敵がスポーンする場合、もしくはその二つが同時に起こる場合の3つです。
また、敵はそれなりに強いので防衛施設を設置した部屋で戦闘をするのが望ましいです。

このゲームは面白いので、気になったら買ってみるべきです。ただ、まだ早期アクセスで、実装されている階層数が少ないのでじっくりやりたい人は完成版を待ったほうがいいかもしれません。
投稿日: 2014年2月4日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 47
3 件のレビュー
記録時間: 6.3 時間
早期アクセスレビュー
美麗な3Dテクスチャよりも書き込まれたドット絵にロマンを感じるそこのあなた。
このゲームは買いですよ!

そしてドット絵特有の雰囲気と個性豊かで数多いヒーローのバイオグラフィテキストから想像を膨らませ、
試行錯誤の上選び抜いた4人のパーティーの人間関係等を脳内補完してホクホクした気持ちになれるそこのあなた。
買いですよ。このゲームは。

ゲームの内容はというと、一般的なローグライクとは少し違っていて、
ランダムで生成されるマップをひとつずつドアを開いて明らかにしていくのですが、
ドアの向こう側には何があるのかは開けてみなければわかりません。
そしてもう一点、このゲームがほかのローグライクと違う点としてクリスタルの存在があげられます。

クリスタルは探索済みのダンジョンの各部屋にエネルギーを供給する役目を持っています。
エネルギーを各部屋に供給することにより、リソースを用いてゲームを有利に運ぶタワー等を建設することができます。
しかし供給できるエネルギーの数は限られています。
そしてエネルギーを供給することのできない部屋の闇からは次々とモンスターが湧き出してきます。
探索をしなければリソースやアイテムは手に入りませんが、無計画にドアを次々と開けていってしまっては
そのうち押し寄せるモンスターに殺されたり、キモであるクリスタルを破壊されてしまいます。
こういった点がかなり絶妙に組み合わされた結果、タワーディフェンス系ローグライクというあまり経験したことのない、
そしてとても素晴らしいゲームに仕上がっています。

書き込まれたドット絵にブヒブヒ興奮できる私のようなドット豚にはもちろん、
亡霊武者の取り憑いた一徹戦車に幾度殺されてもへこたれずにどうたぬき片手にテーブルマウンテンを目指すことのできる
よく訓練されたローグ豚の皆様には自信を持ってお勧めすることのできるゲームです。

ウィッシュリストに入れておられるあなた、どうぞファウンダーパックをポチられることをお勧めいたします。
投稿日: 2014年7月22日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
24 人中 23 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 176
16 件のレビュー
記録時間: 2.6 時間
早期アクセスレビュー
クリスタルを持ってひたすら地下へ潜っていくローグライク防衛ゲーム

最初に持っているのは二名のランダムキャラと
レベルアップやHP回復に必要な食料を増やすシステム
システムやユニットを作るために必要な材料を増やすシステム
最後に貧弱な自動光線射撃ユニット

プレイヤーは扉を開けて脱出地点を目指し部屋を探索していかなければならない
開けた扉は閉まることなくキャラや敵の進行可能な通路になる
部屋には食料や材料、設計図、宝箱、敵、商人、仲間そして脱出地点とランダムに出現するイベントがある
また、部屋は探索したり、敵を倒したり、アイテムを売ったりすると手に入るエネルギーを使い
システムやユニットを設置できるように占領することができる

ターンは扉を開けるたびに消費される
占領していない部屋には敵が湧き、探索しすぎるととんでもない数の敵に圧倒される
よってプレイヤーには慎重な一本道探索と万全な防衛態勢が要求される

キャラは、剣士と槍士、銃士の三種類がある
中にはシステムやユニットを修理できる能力を持ったキャラもいるが
その場合、格闘はあまり得意じゃなく殴られるとすぐやられてしまう
装備も武器と防具、装飾の三種類がある
入手には宝箱や商人のイベントに遭遇しなければならない
システムを設置した部屋にキャラを配置すると少々効率が良くなる

脱出にはキャラにクリスタルを持たせ脱出地点まで導かなければならない
そのキャラがドアを通るたびクリスタルのあった部屋の周辺から順に
エネルギーが消失し部屋の占有が解除されてしまう


まだアルファ版ということで実装されていないシステムや少ない階層、
時々起こるバグがあるが、かなり楽しめたゲームだった
投稿日: 2014年1月3日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ