War Thunder is a free-to-play, cross-platform MMO combat game for Windows, Linux, Mac and PlayStation®4 dedicated to military vehicles used in the World War II and the Korean War periods. Fight in major air, land, and sea battles, with international players in an ever developing environment.
ユーザーレビュー:
最近:
ほぼ好評 (1,672 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 1,672 件中 72% が好評です。
総合:
非常に好評 (58,895 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 58,895 件中 83% が好評です
リリース日: 2013年8月15日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

War Thunder をプレイ

War Thunder - Steam Pack を購入する

War Thunder Steam Pack includes premium airplanes, two single-player campaigns, one month of Premium account upgrades, and 1700 Golden Eagles!

 

最新の更新 全て表示(1088)

8月24日

Testing new respawn mechanics for ground battles



Dear friends,

We would like to invite you to take a part in the testing of the new respawn mechanics for ground battles. Tests will be held in the “Events” tab as, [Domination] “Advance to the Rhine” in the RB game mode.

How it works:
This game mode portrays the clash of two armies. Both armies have a specific setup of vehicles which are distributed randomly among the players. If all the vehicles are allocated out, it will not be possible to spawn.

The list of vehicles available for use in the event:

Germany
  • Jagdpanzer 38(t)
  • Jagdpanther
  • Panzer IV/70(V)
  • Pz.IV J
  • Tiger II (H)
  • Tiger E
  • Panther A
  • Panther G
  • StuG III G
USA
  • M18 GMC
  • M26
  • M36 GMC
  • M4A1 (76) W
  • M4A2 (76) W
  • M4A2
  • M4A3 (105)
  • M4A3E2 (76) W
Important features of the mechanics:
  • Vehicles that are chosen will be done so from the list randomly, and the probability of getting a particular model depends on the remaining amount of vehicles in the team.
  • For example, the team only has two types of vehicles, the ‘Tiger II (H)’ with the amount of 99 units, and the ‘Panther G’ with the amount of 1 unit. Therefore, the chance of receiving the Tiger II (H) will be 99%.
  • From the start, players will have 3 vehicles, one of which will be replaced when a vehicle is lost in battle after each respawn (there will always be 3 vehicles available to the player).
  • Players will have 3 vehicles available. Vehicles that are available at the same time can be either a single model or indeed different models. For example: it is possible that a player will have the Tiger II (H) twice, along with one Panther G.
Conditions of participation and other information:
  • The Event will be available from 13:00 GMT on the 24th of August.
  • Event [Domination] “Advance to the Rhine” is in the “Events and Tournaments” tab.
  • To participate in the event you should have researched at least one ground vehicle of the 3rd rank for USA or Germany.

49 件のコメント 詳細を見る

8月23日

[Gamescom2016] The Summary of Gamescom 2016



The biggest game show in Europe - Gamescom 2016 - has come to its end in the German city of Cologne. Hundreds of thousands people arrived there to check out what’s new in the world of computer games. The Gaijin Entertainment booth offered 2 new projects.

In Crossout, thousands of players had an opportunity to try out the role of an engineer and a soldier in the tournament and brand new modes in the post-apocalyptic online action game. Intensely commanded battles and unprecedented fighting for survival gathered crowds of fans at the stage.

Also Gamescom visitors were some of the first who could watch and play our main premiere feature - War Thunder naval battles. Half of the booth was constructed as the deck and cabin of a vessel, under the shadow of an iron mast there was a special zone that looked like an undercover bridge with a real; 40-mm AA-gun on the deck in the bow. Naval battles in 3 vs. 3 format took place on the map that was designed specifically for the show. All participants could choose vessels from different nations, you can read more about them in our Devblogs. Later, during the closed beta-test the amount of available craft will increase, also the maps will grow bigger and will become suitable for 10 vs. 10 format battles.

Also there was a magnificent show with awesome prizes and gifts prepared for our visitors. Every 30 minutes there was a giveaway of the various prizes on offer - from souvenirs, Crossout CBT and War Thunder naval battles CBT access codes to high-end gaming devices from Roccat and graphic cards and computers from ZOTAC.







Players could watch what was happening at our booth on a live stream on our official Twitch channels. We have been streaming from day one until the very end of the show and every day our players were able to get a sneak peek on the new vessels in War Thunder as well as win valuable prizes. On Saturday our team showcased the gameplay of naval battles on a map that was designed specifically for Gamescom.

The blistering torpedo and fast attack boats not only engaged other vessels but also had to watch the skies for attacking enemy aircraft. You can watch the recorded battles on our twitch channel.

So, Gamescom 2016 is now over but there is a lot of interesting stuff waiting for you. This year War Thunder players will join the closed testing of the brand new part of our game - the naval battles. The players and the development team both will decide together how naval battles in War Thunder will look like.

If you want guaranteed access to the CBT you may purchase one of the two special packs: either the famous American PT-109 torpedo boat that John Kennedy captained during WW2, or Soviet Project 1124 motorboat armed with the infamous “Katyusha” rocket launcher system and a T-34 tank turret mounted forward. Be one of the first players to try the naval battles of War Thunder!

The War Thunder Team

15 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"War Thunder extremely easy to slip into"
Rock, Paper, Shotgun

"Most Historically Educational Way to Destroy Planes"
GameSpot

"With fun, exciting combat combined with plenty of customization and room for personal skill, this game is sure to be a fan favorite."
http://www.mmorpg.com/gamelist.cfm/game/623/view/reviews/loadReview/266/Gaijin-Strikes-Gold.html

このゲームについて

War Thunder is a free-to-play, cross-platform MMO combat game for Windows, Linux, Mac and PlayStation®4 dedicated to military vehicles used in and around World War II and the Korean War. In War Thunder, you can take part in major battles on land, in the air, and at sea, fighting with real players from all over the world in a continuously developing environment.

War Thunder already offers a highly detailed experience in military aviation and ground forces combat, giving players access to a Guinness World Record breaking number of aircraft, as well as an abundance of tanks and other combat vehicles - and the number is constantly rising.

You can feel the unmatched intensity of aerial dogfights in a fighter, the decisive power of commanding a heavy strategic bomber or the heat of battle in a ground attacker, delivering precision strikes against your enemies. Alternatively, you can join the spearhead of armoured vehicles, fighting for dominance over the battlefield on the ground: Man a heavy tank with impressive armour and firepower, use the maneuverability of a medium or light tank to your advantage, or support your team by screening the skies with your anti aircraft vehicle - the choice is yours!

In the future, the game will also allow players to ‘set sail’ by commanding a variety of warships in the fight over the control of the world’s oceans, giving the game a truly epic scale.

Master your vehicles through both upgrades and personal experience in an environment that is constantly expanding and rewarding the personal skill of the player. Organise your efforts in one of the countless player squadrons and become an ace pilot or tanker - or both! Our thriving and welcoming community of millions of players is also actively participating in the game’s ongoing development, offering custom content through War Thunder Live, such as skins, missions and even vehicles.

War Thunder has something for everyone. Play cooperative games with your friends on Windows PC, Linux, Mac or PlayStation 4 against AI, or squad up for a PvP battle in a difficulty setting matching your play style, ranging from Arcade to Simulator using Mouse and Keyboard, Gamepad or Joystick.

Features include:

  • An entire arsenal at your command - Over 500 highly detailed aircraft, tanks, and other combat vehicles crafted carefully from historical documents and surviving sources.
  • Right into the heat of battle - Intense PvP experiences in full-scale combat missions on various difficulty settings for all play styles and degrees of experience.
  • A single bullet can make a difference - A realistic damage system for aircraft and ground vehicles involving individual component durability instead of an overall health bar.
  • The true free to play experience - Download and play the game for free as much and as long as you like it. Support the ongoing development entirely at your own leisure.
  • Crossing the platform border - Seamless cross-platform gameplay between Windows PC, Linux, Mac and PlayStation®4 (more to come) with tens of thousands of players from all over the globe online at the same time.
  • Play together with your friends - Rich PvE content including historical and dynamic campaigns, solo missions, a mission editor and much more for single-player and cooperative gameplay.
  • Challenge the best of the best - Ever expanding tournament and clan battle systems, including ELO-based ranked matches as well as professionally organized events involving hundreds of players.
  • Theatrical beauty - Astonishing graphics, authentic sound effects and beautiful music creating an atmosphere to fully immerse yourself in.
  • Take matters in your own hands - Create custom content for War Thunder and share it on War Thunder Live, with the prospect of earning real money through the Revenue Share Partner System!
  • But wait, there is more! - Ever expanding and evolving environment, offering new and exciting content and features with every regular major update.

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP/7/Vista/8/10
    • プロセッサー: 2.2 GHz
    • メモリー: 1,5 GB RAM
    • グラフィック: Radeon X26XX / GeForce 7800 GT
    • DirectX: Version 9.0c
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    推奨:
    • OS: Windows 7 64bit /Vista 64bit /8 64bit /10 64bit
    • プロセッサー: Dual-Core 2.4 GHz
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GeForce 460 or higher, AMD Radeon 55XX series or higher
    • DirectX: Version 9.0c
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 11 GB 利用可能
    最低:
    • OS: 10.11 El Capitan
    • プロセッサー: Dual-Core 2.4 GHz (Xeon processors not supported)
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Intel 4000 HD/Radeon HD 5550/GeForce 8800
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    推奨:
    • OS: 10.11 El Capitan
    • プロセッサー: Intel Core i7 (Xeon processors not supported)
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GeForce GTX 680M or higher
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 11 GB 利用可能
    最低:
    • OS: Most modern 64-bit Linux distributions, SteamOS
    • プロセッサー: Dual-Core 2.4 GHz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Intel 4000 HD/Radeon HD 5550/GeForce 8800
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 11 GB 利用可能
    推奨:
    • OS: Ubuntu 14.04 64bit, SteamOS
    • プロセッサー: Intel Core i7
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GeForce 660+ or similar AMD
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 11 GB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
ほぼ好評 (1,672 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (58,895 件のレビュー)
最近の投稿
M0H1K4N
70.4 hrs
投稿日: 8月11日
DMMで正式サービス()開始するらしいです
で、steamではおま国化するらしい
ふざけんな
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Ms.White
3,601.0 hrs
投稿日: 8月11日
ゲーム自体はオススメ出来るものだが、2016/8/9のDMMでのWar Thunderのサービス開始後から
DMMポイント経由でしか課金出来なくなった。

最終的にDMM GAMESアカウントに紐づけしないとログインすら出来なくなる。

何が言いたいかというとおま国おま値はろくでもないね
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
nullporizer
22.8 hrs
投稿日: 8月10日
行こう ここもじきおま国に沈む
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
bostonlady1122
213.0 hrs
投稿日: 8月9日
最近のwarthunderはバグが多い
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ozimin1
18.7 hrs
投稿日: 8月7日
まだまだやり始めたばかりだがソ連の重戦車を開発できて興奮しています。
 とても面白くおすすめしたいです。ですが日本からやるのであれば公式サイトより購入しログインすることをお勧めします。

 最近、DMMに移行するとWIKIで知りました。
それ自体構わないのですが、steam経由 にてログインしているアカウントはどうすればデータリンクできますかね。
調べて見ると不吉なことしか書いてないのですが。
steamストアページには購入するとき上記のことは書いてありませんでした。
この場合steam経由で課金もしたので返金をしていただきたい
どなたかsteamとgaijinアカのデータ統合方法を教えてください。;;

追記
無事移行完了です 安心しました
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Shiota Nagisa
30.7 hrs
投稿日: 8月5日
個人的に私はゲーム遅いタンクであるより飛行を好むことは非常に多くの方法で本当に現実的です
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Guren
36.5 hrs
投稿日: 8月2日
基本無料で遊べるゲームでこれはかなり良いと思います。大人数での対戦が凄い楽しいです。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
mpzxw
51.2 hrs
投稿日: 7月29日
DMMが日本版を運営するらしい。
steamの垢とのデーターリンクをさせる事から、steamはおま国となる可能性が高いですね。
Gaijin Entertainmentには失望しました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
takumincx5
171.6 hrs
投稿日: 7月29日
今までやった中で最高のウォーゲームだね。
そんなに兵器に興味なかった人でも楽しめると思う。
これからのgaijinさんにも期待しています。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
tenbindo
11.9 hrs
投稿日: 7月28日
VRでプレイするとすさまじいドッグファイト体験ができますわよ!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  過去 30 日以内
8 人中 7 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 3,601.0 時間
投稿日: 8月11日
ゲーム自体はオススメ出来るものだが、2016/8/9のDMMでのWar Thunderのサービス開始後から
DMMポイント経由でしか課金出来なくなった。

最終的にDMM GAMESアカウントに紐づけしないとログインすら出来なくなる。

何が言いたいかというとおま国おま値はろくでもないね
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 5 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 22.8 時間
投稿日: 8月10日
行こう ここもじきおま国に沈む
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 5 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 70.4 時間
投稿日: 8月11日
DMMで正式サービス()開始するらしいです
で、steamではおま国化するらしい
ふざけんな
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
126 人中 123 人 (98%) がこのレビューが参考になったと投票しました
177 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 19.4 時間
投稿日: 6月17日
其实一开始让我飚坦克,我是拒绝的. 因为,你不能让我飚,我就马上去飚,第一我要试一下,因为我不愿意飚完以后再加一些特技上去,坦克“duang”一下,很快、很猛,这样观众出来一定会骂我,根本没有这样的坦克,就证明上面那个是假的。后来我也经过不开vpn顶着300多ping用着笔记本自带键盘飚了两把以后证实他们飚坦克是有点厉害的,在飚坦克之余我还会开启我亲爱的小耗子去”duang duang ”的打两把坦克,我玩了大概才一个星期左右,感觉还不错,现在呢我每天都在飚坦克,我还叫我的舍(ji)友一起飚坦克,来来来大家试试跟我一起飚坦克, 飚坦克的时候就飚坦克, 坦克打完之后继续飚坦克,后来我在玩的时候也要求他们不要开vpn,因为我要让观众看到,我飚的时候卡成这个样子,你们玩的时候也会是这个样子!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
78 人中 72 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
11 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 756.1 時間
投稿日: 2015年8月21日
World of TANKS(WOT)とWAR THUNDER(WT)で悩んでいる君へ!

■グラフィック(WTの圧勝)
「WOT」:UPDATEでかなり綺麗になったが重い
     あと戦車が綺麗すぎる(悪い意味で)汚れていない
「WT」:幅広い設定が可能で負荷も軽い見た目のかっこよさもWTの圧勝
戦車が好きなように汚せる(錆だらけにしたり、新品の塗装みたいにしたり)
ディティールの高さが凄い
    戦車についているギミックリアルさとかっこよさを演出してくれる。
    砂地を走れば砂埃で汚れ、雪道を走れば霜と雪がはりつく。
おじさん感無量!
   

■ゲーム性:ゲームとして楽しむなら断然WOT、リアルさとか求めるならWT
「WOT」:HP制でヒットポイントがゼロになると死亡
     ゲームとして遊ぶならWOTのほうがとっつきやすくゲームを楽しみやすい
「WT」 :狙った箇所によってダメージ、パーツの損傷、
      火災による弾薬庫への引火、乗員死亡などさまざま
      プレイするモードによってゲーム性がまったく異なる
     【アーケード】:WOTから隠蔽率の概念を取り除いたような感じ
見える位置に戦車がいると見える
(WOTは隠蔽が高い車両だと見えなかったりする)
     【リアル、シミュレーター】:双眼鏡で敵を探しながらジリジリと戦う。
慣れるまではすぐに死ぬが、どきどきして楽しい

■システム
「WOT」:少し遣ればすぐ理解できるくらいとっつきやすい
「WT」:空軍と陸軍と使用できるためメニュー画面周りがとっつきにくい。

■プレイヤー
 WOTもWTもどっちもどっちだがWTのほうがBOT並みに動かない人がものすごく多いのでストレスマッハ

■効果音
「WOT」:発砲音とかゲーム向けに迫力ある作りになっているが
     WTやったあとにWOTの音を聞くとしょぼい
「WT」:臨場感が凄い。キャタピラや土を巻き上げる音とか
     エンジン音とか兆弾の音とか素敵すぎる

■操作性
「WOT」:単純明快でゲーム向け。
     挙動も子供から大人まで遊べる作りになっている
     戦車の操縦も軽い感じでゲームらしいつくりになっており操作しやすい
「WT」:設定項目が単純なものからマニア向けまで幅広く用意されているが
     ちょっと知識が必要
     戦車の操縦はWOTに比べると少し複雑だが乗っている感は半端ない!

■まとめると
ゲーム性を楽しみたいならWOTのほうが良いでしょう。
日本人プレイヤーもたくさんいます。

兵器のかっこよさとかディティールを見てニヤニヤしてしまうあなたは
リアルなWTの世界が向いているでしょう。

僕はWOTをTier10までプレイした上での総評としてはWTのほうが断然好きです。
乗っている感と効果音とグラフィックの細かさ、戦車の重厚感、戦闘のリアリティーどれをとってもWTのほうが上回っていると思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
67 人中 62 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
12 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1,819.6 時間
投稿日: 2014年10月19日
傾注!

War Thunderは(基本)無料のフライトシム&タンクシムゲームである。
似たようなものに同じく無料のWorld of tanksがあるがこちらとあちらでは差異がある為、特に言う事はない。

このゲームは好きな国家で好きな飛行機もしくは戦車に乗り込み決められたルールの元、自分の陣営を勝利に導く事を主眼としている。
空戦と陸戦ではゲームモードに若干の違いがあるが、基本的には1つもしくは2以上の制圧ポイントに侵入しそれを制圧する事によって敵軍チケットを減らすというのが主流だ。
所謂Dominationなのだが安易な考えで制圧しに行こうものなら侵入者を撃退しようと遠距離から攻撃されたり、ロケットによる集中砲火を受けたりする。
侵入のロジックは空戦と陸戦とではアプローチの方法が違う為、詳しい事は省くが、プレイヤーは制圧ポイントを睨みながら敵の残存勢力の把握・排除そして迅速な行動決定力が求められる。

使用する機体にも注意が必要である。空戦ならば5ヶ国、陸戦ならば2ヶ国の国が昼夜を問わず戦っているが、各国の飛行機及び戦車はちゃんと特徴があり、出来ない事や出来る事、得手不得手が存在する。
例を挙げるならば我等が大日本帝国の戦闘機零式戦闘機は低空での格闘戦が非常に得意で他の国ではあり得ない機動で旋回して後ろを取って敵機を破壊するのが得意ではあるが、その反面、装甲が他の国より脆かったり同Rank帯の他の国と比べて速度に問題があったりするといったものだ。
一方戦車戦においては現在ロシアとドイツしか選べず大抵の場合は主砲の貫徹力・炸薬量・装甲厚が正義である為、今のところはあまり違いはないと言っても良い。一応傾斜装甲の有無・角度・2国で使える弾薬の違いなどがあるが、そこまで気にするものではない。(どうせ死ぬ時は死ぬ)

このゲームが多くの人に愛される理由は数え切れない程あると思うが大多数の人が挙げる理由の1つとして「課金する必要がない」タイプの無料ゲームだからだろう。
基本無料のゲームでありながら有料コンテンツがゲームプレイを妨げる事が一切無いと言っても過言ではない。
時間さえかければどんな機体(課金機体を除く)でも開放する事が出来、それでいて使用に一切の制限がない。課金機体も他国の鹵獲機だったり開発の主流から外れるような機体が多く「課金機体を使えば有利になる」という訳ではなく単に開発する手間が省けるぐらいのものでしかない(とは言っても一部課金機体はその国にとって有益な効果をもたらすものがあるという点では有利になるというはあながち間違いではない)

アップデート頻度も悪くない早さで追加機体もアップデート事に増え楽しさが増す。ただ、アップデートする度にゲームモードに改悪もしくは追加要素の追加(特に戦車戦、個人的な意見)がなされ、戦車戦主流のアーケードバトルが少し難しくなっているので注意が必要である。
主流なゲームモードであるアーケードバトル
戦車戦ならば飛行機も出す事が出来るヒストリカルバトル
そしてより難しい操作・視点で白熱するフルリアルバトル

それらの戦場で是非好きな国で好きな機体に乗り込み空を、そして大地を飛んで駆けて欲しい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
60 人中 56 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
21 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1,721.7 時間
投稿日: 2015年11月16日
※ほとんど陸軍しかプレイしていない人の感想です

戦車の駆動音をBGMに「俺の戦車はなんて格好いいんだ……」ってつぶやきながら移動して、見晴らしのいいところに来たら双眼鏡を覗いて策敵。敵を発見したら情無用ファイア!するゲーム。
WoTから来た戦車兵だったので、撃破のシステムを覚えるのに苦労したり、陸軍Oβ開始直後のガバガバな挙動に困惑したりしましたが、それにも慣れいつの間にか1000時間以上プレイしています。
歴戦の猛者を思わせるモデリングの戦車で臨場感あふれる戦場を駆け巡り、砲弾一発一発に生死をかける……そんなゲームが好きな人にオススメです。
格好いい戦車でブンドドするだけでも楽しいぞ!
あとやっぱり制空権は大事! クソァ! また爆撃機かよ!!!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
73 人中 63 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 132.2 時間
投稿日: 7月26日
DMMから日本展開するのは結構だが......
その為に使い慣れたSTEAMから
締め出されるのは非常に不愉快

....................../´¯/)
....................,/¯../
.................../..../
............./´¯/'...'/´¯¯`·¸
........../'/.../..../......./¨¯\
........('(...´...´.... ¯~/'...')
.........\.................'...../
..........''...\.......... _.·´
............\..............(
..............\.............\...
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
40 人中 37 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2,092.9 時間
投稿日: 2014年7月18日
第二次世界大戦の直前から朝鮮戦争までの飛行機・戦車に乗って戦う基本無料オンラインゲーム。基本無料と聞くとなんとなく悪いイメージを持つ方も多いとは思うが、このゲームの運営はそこまで課金させたいわけでもないらしく、露骨な課金者優遇はない。
 戦車は実装されてから日が浅いため、メインコンテンツは飛行機であると言っていいだろう。一応、今のところは本当に一応だが戦車と飛行機は同じマップで共闘できる。他のゲームに例えるならリアル志向なWoT・WoWPと言えば間違いないだろう。ちなみに海軍の実装も予定されているが、いつになるかはわからない。
 使用できる国は米・英・日・独・ソの五カ国、戦車は独・ソの二カ国。イタリアの航空機はドイツツリーに含まれているが、今後独立する予定。

 このゲームの大きな特徴は、マウス操作がかなり単純化されているので変形FPS/TPS感覚でプレイできるということと、ルールやシミュレートのリアルさによって3つのモードに分けられていることである。
 最もカジュアルなのがアーケードバトル。マップは架空のもので、プレイヤーは空中でスポーンし、敵味方に国の縛りがない。機体スロットの数だけリスポーンでき、弾薬や爆弾などは空中でリロードできる。機体性能が高めに設定され、どれだけ急に旋回しても失速することがないなど、シミュレートもかなり簡易化されている。
 次のモードがリアリスティックバトル。史実を元にしたマップで、基本的には飛行場や空母にスポーンし、着陸・着艦をしなければリロードできず、一度撃墜されれば再出撃はできない。
 最後がシミュレーターバトル。敵のラベル表示がなくなり完全に目視で戦闘することを求められる。シミュレートも最も複雑で、他のモードではかなりの部分を補助してくれるシンプル操縦が利用できなくなり、マウスでのプレイはかなり厳しくなる。

 これまでにこの手のゲームをやったことがないという人でも、先述の通りマウス操作は簡単だし、アーケードバトルならハードルも低く入りやすいはずだ。どうせ基本無料なので、ダメで元々、試しにプレイしてみてほしい。飛行機が好きな人にはオススメだ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
35 人中 33 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 467.8 時間
投稿日: 7月13日
陸空兵器コンバットゲー
男の戦場である空軍の紹介とレビュー

ゲームモード
3種類のゲームモードが存在し、それぞれ操縦難度が違う。
以下簡単な順
・アーケード(かんたん)
最も人口が多い
いろんな国のごちゃまぜチーム
見越し点あり(弾丸が敵機に届くまでラグがあるので、それを含めた射撃目標)
ある程度航空機の操作を自動で行ってくれる(ランディングギア、エンジン、ラジエーターなどの操作)
物理法則の簡略化(速度超過による自壊、カウンタートルクなどが無い)
空中でも弾薬補給可能
何度でも出撃
陸軍と同マップでプレイはできない

・リアリスティック(ふつう)
アーケードとシュミレーターの中間
航空機の操作が簡略化されたシュミレーターのような感じ

・シュミレーター(むずかしい)
アーケードで簡略化されている操作がすべて込み込み
枢軸と連合でチーム分け
弾切れ、弾詰まりが起きたら飛行場へ着陸する必要あり
爆撃、迎撃機以外は飛行場から離陸する操作まで必要
1度死んだら終了
陸軍と同じ戦場で戦える

サーバーを亜、露、米に設定しておけばアーケードならすぐマッチングする。
シュミレーターの離陸は初心者では墜落不可避なので要練習

システム
機体にはランクとBR(バトルレーティング)が設定されている
・ランク
ランクは大体時代によリ変わり、ランクIではまだ複葉機や固定脚、スコープ式照準器の機体が
ランクVまでいくとジェット、ロケット機が飛び交うようになる

・BR
同世代の機体でも性能の差から戦闘に不公平が生じる
その性能の差を数値で表してマッチングの指標のしたもの
しかし、統計でBR値を決めているようだがやけにガバガバ
ソ連機は機体性能に比べて値が低いと噂されることも(BRが低いと格下にマッチしやすい)
開発がロシア人だし。ま、多少はね

登場国
・日本
我らが大日本帝国
運営の大嫌いな国で、プレイヤーは茨の道を進むことになる
戦闘機は陸軍と海軍機に分かれていてる
海軍機は序盤ターンファイター色が強く、後半は時代の流れに乗ってエナジーファイター路線になる
陸軍機は海軍機ほど曲がらないが、スピードが早い
  • 全体的に旋回性能が高い
  • 機関砲の精度は良いが、落ちる弾道&少ない射撃量で微妙
  • 高空域では過給機の問題でエンジン出力低下、高速飛行中は舵が重くなる
  • 燃料を多く詰めるが、このゲームだとあまり意味がないうえすぐ燃える
  • 魚雷が他国より性能が良い(ただし魚雷はこのゲームで産廃)
  • 最もランクV機体(ジェット)が少ない陣営
宗教上の理由があったり、震電・秋水に乗りたい大和男子は苦労を覚悟で乗ろう
そのせいなのか日本機乗りは強い気がする

・英
運営のお気に入り国の一つ
よくわからんがみんなスピットファイアにしか乗ってない
英国のくせしてイロモノ形状の航空機がない
イスパノ20mm機関砲は炸薬は多くないが、射撃量が凶悪
爆撃機に下方機銃がほぼ無いためカモ同然
英国機乗りはそこそこ強い
ワイバーンに遭遇するとエンジン音でびびる

・ソ連
運営の母国かつもっともお気に入りの国
不当に低いBRとおかしい機体性能で祖国キッズに人気
1.59あたりで追加されたTu-4は運営の加護を存分に受け、対空・対地ともレシプロの頂点と化している。らしい
革命的破壊力の5t爆弾が使える
I-16イシャクはwar thunderのアイドル。クッソ可愛い(でも強い)
ソ連機乗りは雑魚が多い(BR低いのはプレイヤーが下手クソなのが理由の可能性が微レ存)

・独
一撃離脱に重きを置いた国
そこそこ登り、急降下中も舵がききやすい
高空域でエンジン性能が発揮されるため、低空では追いつかれることがある
最強機関砲MG151とガンポッドで超火力を手に入れられる
プファイル・Ho 229・コメットなど口マン機が勢ぞろい

・米
XP-55が震電を彷彿とさせる
XP-50登りすぎ
ツインムスタングの12.7mmブローニング14門はうらやましい
低ランクだとF4Uでターンファイトするような雑魚がいる

その他
機体の開発の勝手がやや面倒。初心者は余計な機体を作ってしまうことがある(上から順番に開発しなくとも、矢印のつながってない部分は飛ばして作れる)
ランクIIIからIVへの経験値の壁がデカイ。ここで挫折するもの多数
低ランクだとTKプレイヤーがいる。ランディングギアぶつけて落としてやれ

戦い方
正直書きたかったのはここだけだったりする。
少しこのゲームをかじった人は、何もできずに落とされてイヤになったかもしれない
ただ、少し戦法を見直すだけで撃墜されにくくなる
1.自軍飛行場の場所を把握しておく
2.攻撃はスピードに乗ってすぐ離脱
3.不用意に旋回しない。
4.Cキーで回りをよく見る。
順に説明すると
1:逃げるとき、リスポンポイントや飛行場の場所を把握しておけば、敵機が後ろについても見方や対空砲に対処してもらえる
2:上空からスピードに乗って攻撃し、その後自軍の方へ逃げる。なるべく敵集団には突っ込まず、外側をかすめるように攻める
3:敵機が背後についてるとき初心者はすぐ旋回するが、これは愚策。接近し、自身の的が大きくなるため落とされる可能性が高くなる。
背後に疲れたら機首を振りつつまっすぐ自軍へ戻ること(これが意外と当たらない)
このとき、敵が速度優位の場合はオーバーシュートを狙い、自身が優位ならそのまま逃げ去る
4:レーダーでは読み取れない情報がたくさんあるので周りを見渡すことは大事。一撃離脱戦法使いにとって周りを見ないプレイヤーはカモ同然
また、雲などに隠れてレーダーに表示されなくても機影が見えることはあるので、奇襲を回避したり逆にかけたりすることもできる

これを守れば簡単にK/Dレートは1を上回るはず
他に注意すること↓
爆撃機は尻が一番危険だから後ろ以外から突っ込もう
速度低下=死。敵の近くでは速度を維持する
垂直上昇で逃げる敵がいたらハンマーヘッドターンを誘っているので失速する前に諦めて退避
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い