Gather your party and get ready for a new, back-to-the-roots RPG adventure! Discuss your decisions with companions; fight foes in turn-based combat; explore an open world and interact with everything and everyone you see. Join up with a friend to play online in co-op and make your own adventures with the powerful RPG toolkit.
リリース日: 2014年6月30日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
すべてのトレーラーを見る(全 2 本)

Divinity Original Sin を購入する

Divinity Original Sin Digital Collectors edition を購入する

Includes two copies of Divinity: Original Sin, one Source Hunter DLC pack, plus one Beyond Divinity and one Divine Divinity. Send your second Divinity Original Sin copy to a friend!

Divinity Original Sin - Source Hunter DLC pack を購入する

Unlocks Divinity Original Sin: The Golden Grail DLC, Divinity Original Sin: Zandalor's Trunks DLC, Divinity: Original Sin Design Documents and Art Pack, and Soundtrack. (DLC will only be made available on release.)

最新の更新 全て表示(31)

Changelist version 1.0.81

2014年7月17日

Hi everybody,

A mini-fix today with a very small change list, and at the same time a big update for those who are busy with the Divinity engine toolkit as we added the source files for the main campaign.

We also added a truckload of new tutorial movies which will teach you how to script.


Game fixes

-Fix for error 117 (during saving with unicode profile/user names)
-Fix for floating camera

Divinity Engine Toolkit changes

-Added "templates folder" with source data for main campaign (Divinity engine toolkit)
-Stability fix in resource manager

Have fun!

57 件のコメント 詳細を見る

Patch V1.0.78 - Hotfixes

2014年7月16日

Hi everyone!

We've been following the feedback on our first big patch and have noticed some critical issues slipped through our nets.

Because of that, we have just uploaded version 1.0.78:
- Several rare crash fixes
- Fix for newly introduced save/load issues (Mac)
- Fix for crashing on saving (Windows)

We apologize to those affected by these issues.
If you still have save/load issues after this hotfix, please let us know.

65 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“Hands down the best classic-style RPG in years”
9/10 – Eurogamer

“An incredible title that provides many hours of entertainment”
9/10 – Game Informer

“Outstanding tactical combat and engaging quests make Divinity: Original Sin one of the most rewarding RPGs in years.”
9/10 – IGN

ゲームについて

Gather your party and get ready for a new, back-to-the-roots RPG adventure! Discuss your decisions with companions; fight foes in turn-based combat; explore an open world and interact with everything and everyone you see. Join up with a friend to play online in co-op and make your own adventures with the powerful RPG toolkit.

In Divinity:Original Sin you take on the role of a young Source Hunter: your job is to rid the world of those who use the foulest of magics. When you embark on what should have been a routine murder investigation, you suddenly find yourself in the middle of a plot that will rattle the very fabric of time.

Divinity: Original Sin is a game that gives you a lot of freedom and plenty of gameplay mechanics to use or abuse. The game's epic story may drive you toward your ultimate end-goal, but how you get there is entirely up to you.

Or up to you and a friend, because Divinity: Original Sin can be played completely cooperatively, and features both online and local drop-in/drop-out multiplayer. Great adventures become even greater when shared with a trusted comrade-in-arms!

key Features

  • Become part of a reactive, living and vast open world. Explore many different environments, fight all kinds of fantastical creatures and discover tons of desirable items.
  • Experience gripping party- and turn-based combat. Manipulate the environment and use skill & spell combos to overcome your many foes: Use magic to make it rain on your enemies, then cast a lightning spell to fry them to a crisp. Experiment with different skill combinations to ruin the day for enemies and townspeople alike.
  • Play with a friend in co-op multiplayer. Make decisions together (or disagree entirely), as your interactions and relationship with your partner influence the game.
  • Unravel a deep and epic story, set in the early days of the Divinity universe. No prior experience with other Divinity games is necessary, however. The game takes place well before its predecessors, Divine Divinity and Divinity II: The Dragon Knight Saga, but will still feel familiar to fans.
  • Classless character creation lets you design the character of your choice. Endless item interaction and combinations take exploration and experimentation to another level of freedom.
  • Create your own adventures and share them online. With Original Sin comes the powerful toolset used by the game's designers. Yours are endless new stories to make and share with other players!

Digital collector's Edition

The Digital Collector's Edition contains:

  • 2 copies of Divinity: Original Sin: one for you and pass on the second key to a friend
  • The Golden Grail DLC: an in-game item that allows you to colour your items in gold and sell them for more.
  • Zandalor's Trunks DLC: enjoy a unique in-game undergarment as rare as it is opinionated.
  • Design Documents
  • Art Pack
  • Soundtrack

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP3 or higher
    • Processor: Intel Core2 Duo E6600 or equivalent
    • Memory: 2048 MB RAM
    • Graphics: HD Intel Graphics 4000 or NVIDIA® GeForce® 8800 GT (512 MB) or ATI™ Radeon™ HD 4850 or equivalent
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 10 GB available space
    • Sound Card: DirectX9c compliant
    Recommended:
    • OS: Windows 7 SP1 or Windows 8.1
    • Processor: Intel i5 2400 or higher
    • Memory: 4096 MB RAM
    • Graphics: NVIDIA® GeForce® GTX 550 ti 1GB ram or or ATI™ Radeon™ HD 6XXX or higher
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 10 GB available space
    • Sound Card: DirectX9c compliant

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • OS: OS X 10.8.5
    • Processor: Intel Core 2 Duo
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: Intel HD Graphics 3000/4000
    • Hard Drive: 10 GB available space
    • Additional Notes: HD3000 & HD4000 benefit from 8Gb of memory
    Recommended:
    • OS: OS X 10.9.3
    • Processor: Intel i5 or higher
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: Intel Iris (Iris Pro) or ATI™ Radeon™ HD 6XXX or higher or NVidia 6xx series or higher
    • Hard Drive: 10 GB available space
    • Additional Notes: HFS+ filesystem with case-sensitivity is not yet supported
参考になったカスタマーレビュー
51 人中 47 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,319
1 件のレビュー
記録時間: 6.7 時間
近年稀に見る素晴らしいゲームで、RPGが好きな人間は間違いなくプレイしておくべき作品。

ジャンルとしてはTactics RPGでありオーソドックスなクォータービューの見下ろし型の描画とターンベースの戦闘スタイルということで、特に目新しさは感じないかもしれないが、よりTacticsが重視される方向性とそれに沿ったゲームデザインになっているところが特徴として挙げられる。

戦闘はシームレスな同じマップ上で行われるが、何も考えずにいきなり殴りかかったり魔法でゴリ押しすると戦闘が以外にキツめになっている。
冷静にマップを見ると利用できそうなオイル樽などが準備されている事があるので、敵をうまく誘導しつつ着火して利用したりすることで一気に戦略性が出てくる。
もちろんそうした利用可能なオブジェクトがない場合もあるが、罠を用いたりマップ内のオブジェクトを移動させて利用したりすることで、いかに有利に戦うかがキモになる。

敵はリポップしないため、レベリングのためにもマップ内を隅々まで探索する必要があるが、それによって宝箱から報酬が得られたり、以外なイベントが仕込まれていたりと、細かな作りこみまで気が配られている。
そうした探索で始まったキッカケが、町中での会話で繋がって次のイベントに繋がるものもあるため、NPCとの会話にも意味が与えられている。
時には選択肢によってパーティ内で口論が発生したり、それによって性格が変化したりと芸がこまかい所も注目に値するが、そうした行動によっても戦闘と同程度の経験値が得られる設計になっている。
おそらく戦闘と探索の比重が1:1程度になっているので、丁寧に遊ぶプレイヤーがより多くの報酬を受け取れる仕組みになっていると言い換えてもいいかもしれない。

こうした方向性は遊んでいる時にテーブルトークRPGをプレイしているような錯覚を覚える。
細かなキッカケがあちこちに散りばめられており、それをイベントに発展させてストーリーにつなげていけるかどうかは、プレイヤーがどれだけ世界に積極的に探索という形で関与するかどうかに依存している。
投稿日: 2014年7月6日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2,055 人中 1,974 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 591
2 件のレビュー
記録時間: 112.9 時間
The short version:
This is a modern Baldurs Gate 2 with the freedom of Skyrim mixed in with the consequences of your actions and decisions from The Witcher 2. Players will be able to create a team, make choices and see how the consequences of their actions bear out.

The long version:
This is a game with little to no hand holding and it does not insult your intelligence by making this game accessible to your five year old sister, no this game is a deep isometric rpg experience. Not only will you have freedom over your choices in the story (consequences and choices, even disagreements, will affect how things go), but also in how you get there.

You will be forced to interact with the world and speak to the people in it to gain information and quests, this is especially true as there are no exclamation marks over their heads telling you that this person is important or that they have information you need. It's also a game that rewards exploration, should you be careless enough you could find yourself completely missing out on certain quests. You can even kill every npc in the game should you wish to do so, but be careful of what you decide to do, there will be consequences for your actions.

There will be puzzles, lots of traps and mysteries to solve and interesting ways to approach many of the quests, you have the freedom to go wherever you want and the areas/monsters -wont- scale to your level, meaning you could die a very horrible death by exploring too far when you are low level. You could also be very skillful with the items/weapons at hand and somehow actually kill that level four troll while you are just a meager level two knight.

Being a rogue is especially fun as you can steal nearly everything, including snatching paintings off the walls, pick pocketing their weapons or even keys to their homes for a later "visit". Stealth is also very viable when stealing, but be careful, if you are caught people will dislike you and that will affect prices and information you can get, eventually you will be thrown into jail. Once there your partner can either come and bust you out or... well.. i wont spoil the surprise for you, suffice to say that there are more ways than one to get out of jail.

Party-based turn-based combat will encourage players to shape and control the game's environments, and to discover and utilize various skill and spell combos that you can choose for your party members

But the best part is the superb co-op experience, gone are the days when only player 1 gets to decide upon important decisions. You can both talk to any and all npcs and you both take part in dialogues during important events or with certain npcs, and should you two disagree on how to resolve a quest or dialogue you can have your characters argue over it. They will also react to certain things, for example, if you steal something your partner can start up a dialogue with you to either condone your actions or condemn them.

As to not spoil anything in the game this example is merely fiction and not present in the game. (Not to my knowledge at least)

example: You find a valuable gem on the beach and player 1 wants to sell it while player 2 wants to try and find the owner of it, stating that its immoral to take such a valuable object from someone who obviously dropped it.

Player one then gets a few different dialogue options to try and talk some sense into the other player's character, he can choose between a string of diffrent types of retorts and some might be intimidate, persuade, charm etc. After he has chosen his retort player two can choose a counter argument and will utilize the skill you chose and a game of rock, paper, scissors will commence, you will utilize the skillpoints in that particular skill you choose to gain an advantage over your friend in this game.

Depending on the outcome it will either be in favor of your decision or not, this will also give you points in various personality traits such as romantic or pragmatic depending on what you choose to say and these points will net you bonuses to your personality and other skills. Also it can be quite possible to make the two characters hate/love each other in the end.

This went on far longer than i intended so i will end this here by saying that the game is great and hopefully it will stay as amazing as it is now throughout the whole game (currently playing through it). Also, im Swedish so my english and grammar is not perfect, apologies for that.
投稿日: 2014年6月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 97
1 件のレビュー
記録時間: 53.6 時間
*良い点*
・クエストの内容が本当に素晴らしい、謎が解けたときのすっきり感は最高
・敵がリポップしないので戦闘に常に緊張感があり、限られた戦力の中で如何にして敵を倒していくのかを考えるのが楽しい
・クラフトが多種多様に存在してるので組み合わせを見つけるのが楽しい、かぼちゃ+ナイフ=カボチャヘルムやレザーヘルム+カニの手=カニヘルムetc...
・キャラクター育成が楽しい、スキルポイントには限りがある上に敵がリポップしない為、どのタイミングで何を取得していくのかを考えるのが非常に悩ましくもあり楽しい時間
・アイテムにはcommon<rare<magick<unique<legendaryの等級があり、装備に付加されているオプションや外見に差があるなどハクスラゲームに多いトレハン要素も楽しめる
装備以外のアイテムも非常に種類が多く、アイコンや用途を考えるだけで楽しい

*悪い点*
・斜め見下ろし型の3Dゲームにはよくある事なのだが、一部シーンで非常にクリックしづらいかったりする場所がある
カメラは動かせるんだけど一定以上の角度には出来ない為死角が出来てるのが原因
ただしキャラクターを近づけることで壁が透ける為どうにかなる、そして頻繁に発生するわけではないので余り気にならない
・昨今のRPGゲームに多いクエストマーカーの類が無い、メインクエストはマップ上に印が付く物もあるが
大多数のサイドクエストでは、何をするのか何処に行くのか等のヒントは全て会話や本・メモ等から得なければならない
(これは謎を解く楽しさともリンクしている為、一概に悪い点とは言えないかも)
・選択肢や進め方によってはほぼ詰みの状態にまでなる物が存在する、ただしF5・F8でクイックセーブ・ロードがいつでも可能(戦闘中でも)なのでよほどの事が無い限り詰む心配は無い

最後に・・・
正直ここが致命的に糞!という部分が見当たらず、まだクリアはしていない(これを書いてる段階で消化率60%程度)が完璧に近いクオリティだと思います
英語がわからないからという理由だけで敬遠するのは勿体ないです
投稿日: 2014年7月15日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 12
1 件のレビュー
記録時間: 10.8 時間
日本人向けFirst Impression( for Japanese)

多くの方にとって、まず気になるのが、英語でしょう。
はっきり申し上げると、多少の英語力は必須ではないかと思います。
そもそもテキスト量がかなり豊富な上、プレイの核となるクエストもよくあるお使い型のクエストではなく、ある程度会話を読みつつ、実際に自分で考えて行動する必要があるものが多いからです。
しかも、このゲームの英語はウィットに富んだ会話が多いというか、単語直訳レベルでは内容を掴むのにかなり苦労する文章が多いと感じます。

しかし、自由度の高いシステム、戦略性、多彩な遊び心など、見過ごしてしまうにはあまりに惜しいゲームです。日本のRPGに慣れている方なら、驚きと(良い意味の)戸惑いに満ちあふれる冒険となることでしょう。
私も偉そうに言った割には、別に英語がぺらぺらではありません。かなり苦労して翻訳しながらのプレイとなっていますが、やめられません。というか、結構本気で英語の勉強になっている気がいたしますねw

また、戦闘がターン制ということで、手をこまねく方もいらっしゃるかも知れませんが、それは間違いです。このゲームは敵のリポップがなく、ひとつひとつの戦闘の重要度が高いということ、そして単にエフェクトが違うだけで似たり寄ったりのスキルが並んでいるのではなく独特なスキルが豊富で、しかもそれが「燃えている」「濡れている」「毒で汚染されている」などの対象の環境によって、思わぬ効果を発揮したりすること、そのような「環境」を自ら作り出せる「仕掛け」があることなど、多くの要素が絡まり、ターン制であることがむしろ魅力となっているのです。

わたしもまだ(翻訳に時間がかかりすぎ)序盤でございますが、それでも絶賛できるゲームだと言い切ることができます。
Steamの数ある洋ゲーの説明文を、軽く流し読みくらいできる方なら、何とかなるんじゃないかとも思いますので、どうぞ早くこの世界を体験していただきたいと思います!


投稿日: 2014年7月19日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
9 人中 6 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 41
3 件のレビュー
記録時間: 50.7 時間
面白いけど、英語がネックwww
投稿日: 2014年7月7日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
51 人中 47 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,319
1 件のレビュー
記録時間: 6.7 時間
近年稀に見る素晴らしいゲームで、RPGが好きな人間は間違いなくプレイしておくべき作品。

ジャンルとしてはTactics RPGでありオーソドックスなクォータービューの見下ろし型の描画とターンベースの戦闘スタイルということで、特に目新しさは感じないかもしれないが、よりTacticsが重視される方向性とそれに沿ったゲームデザインになっているところが特徴として挙げられる。

戦闘はシームレスな同じマップ上で行われるが、何も考えずにいきなり殴りかかったり魔法でゴリ押しすると戦闘が以外にキツめになっている。
冷静にマップを見ると利用できそうなオイル樽などが準備されている事があるので、敵をうまく誘導しつつ着火して利用したりすることで一気に戦略性が出てくる。
もちろんそうした利用可能なオブジェクトがない場合もあるが、罠を用いたりマップ内のオブジェクトを移動させて利用したりすることで、いかに有利に戦うかがキモになる。

敵はリポップしないため、レベリングのためにもマップ内を隅々まで探索する必要があるが、それによって宝箱から報酬が得られたり、以外なイベントが仕込まれていたりと、細かな作りこみまで気が配られている。
そうした探索で始まったキッカケが、町中での会話で繋がって次のイベントに繋がるものもあるため、NPCとの会話にも意味が与えられている。
時には選択肢によってパーティ内で口論が発生したり、それによって性格が変化したりと芸がこまかい所も注目に値するが、そうした行動によっても戦闘と同程度の経験値が得られる設計になっている。
おそらく戦闘と探索の比重が1:1程度になっているので、丁寧に遊ぶプレイヤーがより多くの報酬を受け取れる仕組みになっていると言い換えてもいいかもしれない。

こうした方向性は遊んでいる時にテーブルトークRPGをプレイしているような錯覚を覚える。
細かなキッカケがあちこちに散りばめられており、それをイベントに発展させてストーリーにつなげていけるかどうかは、プレイヤーがどれだけ世界に積極的に探索という形で関与するかどうかに依存している。
投稿日: 2014年7月6日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ