The European cultural TV channel Arte innovates and launches its first video game ! Immerse yourself in this fascinating and unique experience to uncover the history and secrets of Fonts & Characters ! Play as 2 dots and travel through the ages of typographic styles and techniques.
ユーザーレビュー: 非常に肯定的 (631 件のレビュー)
リリース日: 2013年11月6日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Type:Rider を購入する

 

最新の更新 全て表示(2)

5月7日

Type Rider exclusive promotion announcement

Type:Rider is 50% off until May 12.
Hurry up to discover this multi-awarded typographic journey.

4 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“You Never Realized Fonts Could Be This Exciting”
KOTAKU

“The unlikely appeal of Type:Rider, a platformer about fonts”
Kill Screen

“TYPE:RIDER--THE "FINAL FONTASY" OF VIDEO GAMES--ENCOURAGES PLAYERS TO LEARN ABOUT TYPE BY EXPLORING A WORLD OF FONTS, MARIO-STYLE.”
FAST COMPANY

このゲームについて

The European cultural TV channel Arte innovates and launches its first video game !
Immerse yourself in this fascinating and unique experience to uncover the history and secrets of Fonts & Characters !

Play as 2 dots and travel through the ages of typographic styles and techniques.
From the rock paintings of prehistoric times to Pixel art of the 2000’s, solve all the riddles by riding the most popular fonts and characters (Garamond, Helvetica, Times New Roman, Pixel, Comic Sans...) in a very captivating musical and visual environment.

Type:Rider is an adventure puzzle game produced by AGAT – EX NIHILO and ARTE that brings gaming experience to a whole new daring level.

Key Features:

  • 10 worlds echoing key periods of the typograhy’s history
  • Breath-taking artworks and musical vibes
  • Immersive and intriguing atmosphere
  • Great historical archives and paintings

システム要件

Win
Mac
Linux
    Minimum:
    • OS: Windows XP
    • Processor: Core 2 Duo
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: 3D accelerated
    • DirectX: Version 9.0
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • Sound Card: Compatible SB16
    Recommended:
    • OS: Windows 7
    • Processor: Core i5
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: 3D accelerated
    • DirectX: Version 9.0
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • Sound Card: Compatible SB16
    Minimum:
    • OS: OSX 10.6
    • Processor: Core 2 Duo
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: 3D accelerated
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • Sound Card: Compatible SB16
    Recommended:
    • OS: OSX 10.8
    • Processor: Core 2 Duo
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: 3D accelerated
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • Sound Card: Compatible SB16
    Minimum:
    • OS: Ubuntu
    • Processor: Core 2 Duo
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: 3D accelerated
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • Sound Card: Compatible SB16
    Recommended:
    • OS: Ubuntu 12.04.3
    • Processor: Core 2 Duo
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: 3D accelerated
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • Sound Card: Compatible SB16
参考になったカスタマーレビュー
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.5 時間
コロンくんと一緒にゲームで楽しくフォントの歴史をお勉強!

Type:Rider はパズル要素の強い2Dアクションで、中世のゴシック(ブラックレター)から始まり現代のヘルベチカ、さらには近年のピクセルフォントまでの、9つの代表的なフォントの世界を旅するゲーム。
ゲーム自体はパズルとしてもアクションとしても易しいもので特筆すべきことは少ないが、操作対象が連結された二つの球(コロン :)であり、特徴的なゆるやかな加速と強い慣性から生み出される独特な操作性が新鮮。
舞台となるフォントの性格に合わせた芸術的なアートワークと、易しすぎず難しすぎずの適切なバランスで作られたレベルデザインにより、特にストレスを感じることなく、飽きることなく最後まで一気に遊べるだろう。
おまけにゲームの進行とともに登場したフォントにまつわる歴史の解説がアンロックされていき、興味に応じて読むことができる。これがなかなか力が入っており、フォントの歴史に興味のある人なら一読の価値はあるだろう。個人的には特にディドーとフーツラの話が面白かった。

不満な点を挙げるとすれば、良い出来なだけに2時間程度で終わってしまうボリュームであるが、定価7ドルという安価を考えると仕方のない話か。また実績全解除を目指すと運要素が少々関わるノーミスクリアの実績取得にストレスが溜まることがあるかも(私の腕では2時間近くかかりました)。
ともあれ全体としては小さく綺麗にまとまった良作。セールやバンドルで安価に入手すれば間違いなく値段分以上に楽しめるだろう。おすすめ。
投稿日: 6月18日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.6 時間
文字の歴史を旅する二輪。斬新過ぎる・・・!旅する二輪は、文字通り、車か、バイクのタイヤのような動きをしています。壁画から始まり、現在に至るまで(?)の、文字の歴史、本の歴史。。。古代史ロマン、歴史好き、活字好き、世界観たっぷりの雰囲気が”厚い”ゲームが好きな人はぜひ、このセール(3.49USD)で開発してみて下さい!セールでなくても安い(6.99USD)です。最初からググッとひきこまれると思う!アート作品に、ゲームを取り入れたかのような作品ですが、途中から、かなりアクション性が高くなってきて、マリオみたいな難しさも体験できて面白いです。私はめっちゃ好きになました~♪クリアしても、また最初から、雰囲気に浸るため、途中途中をプレイしたくなるような感じ。古代文字の説明ページも次々に解除されるので、英語が読める人は、二重に楽しめると思います!でも、読めなくても、雰囲気だけで十分伝わってくることでしょう!Steamの中でも、掘り出し物の良ゲームですね!
投稿日: 5月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 3.3 時間
面白いです。
アクション下手な自分にはクリアできず10ステージ中、9ステージで挫折
投稿日: 5月10日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
13 人中 12 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 0.8 時間
A short but sweet review for a short but sweet game; Type:Rider is a simple and delicate platformer type game - great for the casual gamer! It involves some clever physics mechanics, it's very pretty to look at and listen to, little to no learning curve so it's quite easy to play, and you may even learn a thing or two about the history of typography (font) while playing. It's a little bundle of quality craftsmanship from the developers/designers, you can tell a lot of love went into the game.

It's affordable as it is, and if you see it on sale, go ahead and grab it. I'd definitely recommend it to anybody.

8/10. Enjoy!



投稿日: 9月13日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
20 人中 15 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.3 時間
Upsides:
it looks lovely, it sounds lovely and you will learn something

Downsides:
the control of your 'character' and the physics which you have to contend with are pretty nasty - I'd liken it to trying to steer a fish through treacle - actually make that a bipolar fish and treacle of greatly varying viscosity and which has currents (and possibly currants!!)
There are also bugs which can stop you in your tracks - the 'key' item is sometimes immovable, for example - and there seems to be a font issue with some dialogue which is quite amusing/ironic?

Summary: nice face, shame about the legs...
投稿日: 4月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
8 人中 8 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 3.2 時間
2Dアクションゲーム.
日本語未対応だがストーリー等は無いのでプレイに支障は無いし十分楽しめる.
プレイヤーは:(コロン)を操作し、ゴール地点まで行けばクリア.
この:は2つの点が車輪の様に回転することで進むので、やや独特な挙動をする.
ギミックもその挙動をうまく利用したものが多く、私の場合は新鮮にプレイできた.
本ゲームのテーマは『フォント』であり、10種類のフォント(計10ステージ)が登場する.
各ステージにはアルファベットのa~zと&と*が点在している.*を集めるとそのステージのフォントについての歴史等を知ることができる.1つのステージはそこまで長くないのでボリューム不足に感じるかもしれないが、各ステージ雰囲気が大きく異なるので、プレイしていて飽きない.また、BGMもその雰囲気に良くマッチしていて秀逸.
簡単に死に、何度もチャレンジするゲームなので『死にゲー』にも分類されるかもしれない.しかしながら、非常に細かくチェックポイントが用意されているし、数回チャレンジすれば普通に突破できる難易度なので苦痛に感じない.なので、理不尽な殺され方をしたり、初見では絶対に分からない様なトラップを乱立しているだけの最近の死にゲーとは違う.
世界観・BGM・操作性・ギミック◎、ボリューム△
投稿日: 4月7日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ