Divekickは、世界初の2ボタン格闘ゲーム。格闘ゲームの面白さを凝縮し、たった2つのボタンだけで操作するゲームです。方向を決める十字キーなんて必要なし。Divekickはゲームプレーそのものに重点を置いているので、1つ1つのキャラクターの動きの奥深さが楽しめ、心理戦やスペースの取りかた、タイミングや素早い動作など、それぞれ基礎となるスキルを習得(または上達)します。

 Iron Galaxyスタッフは全員格闘ゲームが大好き。だから、ファンのみなさんに楽しんでいただけるよう、記憶しなければいけないような面倒なボタン操作を全部排除しました。だから、Divekickで使うのはたった2つのボタンだけ。
リリース日: 2013年8月20日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
すべてのトレーラーを見る(全 2 本)

Divekick を購入する

Divekick 2-Pack を購入する

最新の更新 全て表示(2)

Divekick upgraded to Divekick Addition Edition for free!

2014年4月4日

Release Date - April 4, 2014
Price - Free!!!!

Non Gameplay -
[ + ] Traditional Menu mode added. Now you can control the menu screens with a d-pad like you have been for the last 20 years. Two Button Menu mode is still also available, and can be turned on in the options.
[ + ] Blind selection has been added to ranked play. Choose quickly and in confidence!
[ + ] Over 180 new Tips from Uncle Sensei have been added to the game.
[ + ] How to play screens have moved to the main menu, and are updated for Addition Edition! Show them to new players please!

Bug Fixes -
[ + ] The game now pauses when a controller is unplugged and replugged during gameplay
[ + ] The game no longer unpauses when a controller is connected when the pause screen is active.
[ + ] Menu sound effect now only plays once when entering any mode from the main menu
[ + ] The game no longer prompts the player to set their kick and dive buttons since Two Button Navigation is no longer the default method of navigation
[ + ] The player is now able to go back to the main menu after entering either Story or Versus mode
[ + ] Various SFX and audio that had been missing have been restored.

System -
[ + ] Style gem bonus is now 15%, up from 10%. Dive gem bonus remains at 6%, and Kick gem at 12%. All of these still say 10% on the gem select screen because we like it that way.

Divekick Addition Edition Character Change List

9 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“If you were afraid that the idea of a fighter that's controlled with just two buttons was a joke that would get old quickly, then you clearly haven't played much Divekick!.”
9 / 10 – Destructoid

“Simply put, Divekick is a fighting game that you can — and should! — play even if you're not usually good at fighting games.”
A- – Gaming Age

“It has captured everything we love about fighting games in a mere two buttons. Simply put, it’s genius. This is no joke.”
8 / 10 – Cheat Code Central

Steam Big Picture

ゲームについて

Divekickは、世界初の2ボタン格闘ゲーム。格闘ゲームの面白さを凝縮し、たった2つのボタンだけで操作するゲームです。方向を決める十字キーなんて必要なし。Divekickはゲームプレーそのものに重点を置いているので、1つ1つのキャラクターの動きの奥深さが楽しめ、心理戦やスペースの取りかた、タイミングや素早い動作など、それぞれ基礎となるスキルを習得(または上達)します。



Iron Galaxyスタッフは全員格闘ゲームが大好き。だから、ファンのみなさんに楽しんでいただけるよう、記憶しなければいけないような面倒なボタン操作を全部排除しました。だから、Divekickで使うのはたった2つのボタンだけ。ジャンプボタンでキャラクターは空高く飛び上がり、キックボタンで、飛び上がったキャラクターが地上めがけて降り立ちます。また地上でキックボタンを押すと、敵からジャンプして逃げることができます。これらの動きを巧みに使って、最初にキックを入れた方が勝ち。そして5ラウンド先に取った方がゲームの勝ちです。まさに興奮の連続の格闘ゲーム。相手の裏をかいて、ゲームを勝ち抜こう。

特徴

  • オリジナルキャラクターは13人。それぞれが自分流の格闘スタイルと得意技を持っています。組み合わせは全部で91通り。
  • それぞれのキャラクターがイントロ、エンディング、対戦時のストーリーを持っています。これは涙なくしてプレイできません!
  • 格闘ゲームをオンラインで最も快適にプレイできる、GGPOシステムを採用。それぞれのキャラクターがランキングボードや、オリジナルコスチュームあり。
  • プレーヤーが2人いれば対戦プレイ。簡単ですぐに覚えられるボタン操作で、キャラクターの個性を出し切ろう。
  • Big Picture Modeなどの機能を搭載したSteamworksをフル採用。

カバレッジを押す

  • 2ボタン格闘ゲームがPAX Eastで人気を誇った秘密 - Penny Arcade
  • Divekick は、ジャンプとキックの夢みたいなゲーム。もちろん、本物です - Kill Screen Daily
  • Divekick: 最高の(そして唯一の)2ボタン格闘ゲーム- Shack News
  • Divekickは、今までにプレイした中で最高に 精巧で、最高にバカバカしい2ボタン格闘ゲーム - Kotaku
  • Divekick & Sportsfriends -仲間も他人もライバルに- Venture Beat

システム要件

    Minimum:
    • OS: Vista or later
    • Processor: Intel or AMD Dual Core Processor
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: DirectX 10 / DirectX 11 compliant video card
    • DirectX: Version 10
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 2 GB available space
    • Sound Card: DirectX 10 compliant
    • Additional Notes: OS needs to be updated to have the DirectX 11 Runtime libraries
参考になったカスタマーレビュー
14 人中 10 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,320
11 件のレビュー
記録時間: 3.6 時間
10割コンボ(1hit)
投稿日: 2014年1月29日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
5 人中 4 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 721
66 件のレビュー
記録時間: 3.5 時間
難しいレバー入力、長いコンボ、多種多様なシステム、そんな複雑怪奇なゲームと化してきた格ゲーはもういやだ!
そんなあなたにオススメなのがDivekickです。
必要なボタン数は2つ。十字キー?いいえ、そんなものは使いません。飛ぶ、そして蹴る。このゲームはそれだけです。
当たれば一撃KO。上部に見える体力バーは飾りです。偉い人にはそれが分からんのです。
相手との距離を測り、タイミングを取り、そして蹴る。
読み合いと差し合い。このゲームは格闘ゲームの本来の姿なのです。是非、お試しあれ。
投稿日: 2014年4月20日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 285
7 件のレビュー
記録時間: 0.6 時間
ボタンはジャンプとキックのみ!一蹴必殺!!
お子様からお年寄りまで、みんなが楽しめる格ゲーです。

ぜひ大切なお孫さんと蹴りあってください。


投稿日: 2014年2月9日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 409
14 件のレビュー
記録時間: 1.3 時間
最近の格ゲーはコンボが冗長。立ち回り差し合いのゲームがしたい。
○○キャンセルとか複雑すぎ。システムはシンプルでいい。
空中ダッシュとか、空中ガードとかいらないから。
ていうか格闘ゲームに飛び道具があることがそもそもの癌だとおもう。波動拳(笑)

そんな格ゲーマーに贈る最良の一本。

私にはどうしても開発者の皮肉な笑いが聞こえてしょうがないのです。
投稿日: 2014年1月14日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 67
5 件のレビュー
記録時間: 8.1 時間
実は読み合いがアツいゲーム、しかしクソ。
投稿日: 2014年6月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

受賞リスト

  • ベスト格闘ゲーム-E3 2013 - Machinima
  • ベスト格闘ゲーム-E3 2013 - EGM
  • ベスト格闘ゲーム- E3 2013 - PSU
  • ベスト格闘ゲーム- E3 2013 - Gamer Theory