Guide your civilization through a massive ancient galaxy as you build & break alliances to take control!
リリース日: 2012年7月4日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
すべてのトレーラーを見る(全 2 本)

Endless Space - Emperor Edition を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Endless Space Gold を購入する

2 アイテムを同梱: Endless Space, Endless Space - Disharmony

このゲーム用のダウンロードコンテンツ

最新の更新 全て表示(14)

[1.1.42] - Release Notes

2014年1月15日



RELEASE NOTES [1.1.42]


Hello,

The new patch for Endless Space should be available by any time now, but here's a little explanation on our changes, in addition to the release notes.


CHANGES ON THE HARMONY & VAULTERS

The Harmony
Changes done in order to resolve their issue of starting systems way slower than the other races and thus making them more competitive we added a new ability.

Harmony now gets a 2 FIS bonus on their system for each orbiting ship up to 2x the CP max. It helps them to compensate the buyout and to profit from the lack on upkeep of their fleet by either cheap ship in early to accelerate the development or later defensive fleet to keep a considerable bonus with the end game CP limit.


The Vaulters
In first place, Vaulters were immune against disapproval but it was not fun enough. So we added a little gameplay twist; now only system with Portals are not counted for the expansion disapproval and the counter part is that the expansion disapproval is 3 times stronger for a Vaulter.

Still too easy huh? Well, to reinforce the defensive aspect of the Vaulter, the Portal can now only be built on a system with 100% ownership.

In addition to that, we modified their unique improvement: now, only one is needed in the Empire and it will produce 1% of Science on Empire per Portal. The counterpart is, the construction of the building reduces by 66% the Science on all systems.


Have fun! We’re looking forward to reading your feedback on those changes.


RELEASE NOTES [1.1.42]

CHANGES AND ADDITIONS [DISHARMONY DLC]
  • Implemented the new Harmony Resonance bonus: + 2 FIS / ORBITING SHIP UP TO 2x CP MAX
  • Added a new property to manage the dynamic cap of Harmony new bonus. This property is shown in the affinity tooltip (2*Max command pop)
  • Added new localisation key for Harmony affinity to explain their new bonus
  • Increased the reduction on civilian modules for all colonization hulls

CHANGES AND ADDITIONS [VAULTERS]
  • Expansion Disapproval multiplied by 3 for Vaulters
  • Systems with Portals aren’t count for Expansion Disapproval
  • The unique Vaulter improvement (the Portal particle screen) now takes 15 turns to be built
  • The unique Vaulter improvement provokes a loss of Science (- 66%) during its construction
  • Only one unique Vaulter improvement is needed to generate Science from all the Portals
  • Added new properties to manage the gain of Science on Empire from Portals

FIXES [DISHARMONY & VANILLA]
  • Fixed an Alliance bug when in some cases making peace with another Alliance was impossible
  • Fixed an issue on the creation of an Alliance in the multiplayer between two human players, when one is already in an Alliance
  • Fixed a bug regarding creation of colony ship when using the "Wasted Space" trait
  • Fixed a bug on the prefab of the Hissho Colony ship

FIXES [VAULTERS]
  • Fixed the Vaulters appearance title and tooltip description from the custom race menu
  • Fixed bug where the teleportation FX of the Vaulters was played even if the fleet didn’t move

30 件のコメント 詳細を見る

Endless Space includes...

These 4 add-ons bring a new custom faction, heroes, buildings, technologies, events, musics and plenty of new features voted by the community, such as Exploration Rewards or Wonders, that enhance the game immersion and experience!

Extra Content

ゲームについて

This galaxy is ancient, and its first intelligent life was the civilization we call the Endless. Long before our eyes gazed upon the stars they flew between them, though all that remains of this people is what we call Dust. A substance found scattered or in forgotten temples, it once gave powers to admirals and galactic governors. The galaxy will belong to the faction that can take control of the Dust and uncover its secrets…

  • A Born Leader: Guide one of eight civilizations as you strive for galactic dominion. Will you control the entire galaxy through subtle trade and diplomacy, explore every corner of the universe to find powerful artifacts and resources, overwhelm other civilizations with your advanced technologies, or destroy your enemies with massive armadas?

  • Endless Discoveries: With hundreds of star systems to explore, different planet types, luxuries and strategic resources to exploit, the mysteries within the Dust to master and a host of strange scientific phenomena to deal with, the player will have no lack of challenges. Hire heroes to become fleet admirals or system governors and discover five hero classes and their unique ability trees and specializations.

  • Space Opera: Experience Endless Space with state-of-the-art graphics and interface, switch between strategic battle decisions and long-term planning. Optimize each fleet for epic battles around contested stars. Create the perfect combinations from dozens of unique ships per civilization. Customize your ship with modules, armament, engines and special mods. The player has a plethora of choices of how to best destroy or dissuade his enemy.

  • Take on the Universe: Play against up to seven opponents and build up – or break – alliances at will. Discover an innovative and dynamic simultaneous turn-based gameplay. Permit instant jump-in for your ongoing online games. Define your own custom civilizations and confront the ones created by your friends.

  • Endless Replayability: Control every new game’s scope, from a quick match-up to an endless war. Generate an infinity of random galaxies where every start begins a new adventure. Modify the size, shape, density, age and a lot more to create your ideal galaxy. Choose from different victory conditions and adapt your strategy on the fly.

  • Creating GAMES2GETHER: Track the dev team’s objectives, progress and achievements. Participate in the creation of the game via the GAMES2GETHER initiative. Access early versions of the game and give your feedback to the dev team. Discuss actual and future game features and expansions with the dev team.

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS:Windows XP SP3 / Vista / 7
    • Processor:Core 2 Duo Processor or Equivalent
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:256 MB DX9 Compliant
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Sound:DirectX 9 Compatible Audio
    Recommended:
    • OS:Windows XP SP3 / Vista / 7
    • Processor:Core i5/i7 or equivalent
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:512 MB DX9 Compliant with PS 3.0 support
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Sound:DirectX 9 Compatible Audio

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • OS: MAC OS X 10.6.7 or higher.
    • Processor: Intel Core Duo Processor (2GHz or better)
    • Memory: 2GB
    • Graphics: ATI Radeon 2400 or higher / NVIDIA 8600M or higher / Intel HD Graphics 3000
    • Hard Drive: 2GB
    Recommended:
    • OS:MAC OS X 10.6.7 or higher.
    • Processor: Intel Core Duo Processor (2GHz or better)
    • Memory: 4GB
    • Graphics: ATI Radeon 2400 or higher / NVIDIA 8600M or higher / Intel HD Graphics 3000
    • Hard Drive: 2GB
参考になったカスタマーレビュー
33 人中 33 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 163
16 件のレビュー
記録時間: 145.5 時間
SF世界が舞台のターン制ストラテジーシミュレーション。Civilization4およびその公式MOD『Final Frontier』に似ている。やることは一般的な戦略ゲームと同じく新たな星系に入植して領土を広げ、インフラを充実させて研究や軍拡を進め、複数ある勝利条件のいずれかを目指す。Civilizationと同じく戦争だけでなく科学や外交による平和的な勝利もある。

 星系(Civでいう都市に相当)には1~6個の惑星(Civでいう都市タイルに相当、ただし人口上限値内で複数の市民を配置可能)が存在し、都市タイル一つ一つに市民を配置するのではなく各惑星にどれだけ人口を割り当てるかによって出力を調整する。星系の生み出す出力も基本的には食糧、工業、ダスト、科学の四つ(頭文字をとってFIDS)だけであり、文化や偉人ポイントといった細々としたステータスのマイクロマネージメントに振り回される必要はない。
 保有する星系が増えると”拡張による不満”が発生し、それにより各星系の出力が低下する。もしくはそれを打ち消すために税率を下げてダスト収入を犠牲にする必要がある。しかし嗜好品系の資源や娯楽施設が揃うと最高税率でも市民は恍惚状態になるので、基本的に領土は拡張しまくった方が有利なバランスである。
 以上から内政面はCivilizationに比べてスッキリしており、良く言えばあまり思考力を割かずに済み戦争に集中しやすく、悪く言えばチマチマと地形改善や市民配置の最適化をして都市が育つのを楽しむ要素が低い。

 そして本作は内政が大味な分戦争が重要になっている。入植したばかりの星系はしばらくの間本国ではなく植民地という扱いになり、植民地は冷戦(外交関係の初期状態)の勢力からは宣戦布告なしに占領される。そのためいわゆる初期ラッシュに対するリスクが少なく、序盤から防衛にしろ侵略にしろアグレッシブな展開になる。さらに戦争特化の勢力は敵を倒すほど内政にボーナスを得る特徴をもつので”戦争するにしても内政屋でインフラ整備した方が結局有利”みたいなことがない。

 ユニットを製造するにはまず自分で艦船をカスタムして設計図を作る必要がある。クラス(艦船本体)を選んだら重量制限の範囲内で兵器や装甲など搭載する装備を選択していく。もしくは既存の設計図を選んで装備を変更(クラスの変更は不可)する。設計図の作成や修正自体ではゲーム内の資源は消費しない。研究を進めると大型艦やより強力な装備が増え搭載可能な装備の総重量も向上する。クラスおよび勢力の特徴により”搭載する兵器の重量が20%軽減される”などの違いがあるのでそれらも考慮してデザインする。
 設計図を修正しても既に製造済みの艦船は以前の装備のままだが、ダストを支払えば経験値を引き継いで最新の設計図と同じ装備にアップグレードされる。それを見越して設計図を管理したり、敵の装備がわかったらそれに合わせて設計図の修正やアップグレード費用のやりくりをするのが本作の戦争の醍醐味だ。特に実弾・ビーム・ミサイルという三種類の兵器とそれらに対する防御装備の比率調整が重要である。

 設計図ができたら各星系で実際に製造することが可能になり、艦船ができたらCP(コマンドポイント)の範囲内で艦隊を編成する。最初はCP=艦隊に編入可能な艦船数だが大型艦は一隻でも複数のCPを要求される。基本的に艦船は何かに特化したデザインにし、艦隊を編成するときにバランスをとるようにするのがポイント。
 戦闘は艦隊を単位として行われる。自軍のフォーメーションを選んだら戦闘に突入し、長距離戦フェーズ→中距離戦フェーズ→近距離戦フェーズの順に実行するアクションとターゲットをどう選ぶかを選択していく。アクションには”攻撃”や”妨害”などの属性があり、敵のアクションに対して相性の良いアクションを選ぶと有利になる。選べるアクションは研究を進めると増える他、艦隊戦を得意とするヒーローが指揮しているとダストを消費する独自のアクションを選べる。
 他にも細かいルールが多く戦闘システムはとても複雑だが、それに対する説明や戦闘リザルトからわかる情報は乏しい。なので”これは本当に意味があるのだろうか”と疑心暗鬼になりながら艦船をデザインしたり、”防御特化艦を作って彼らが前衛にでるフォーメーションを選んだのに何故か攻撃艦がやられてしかも原因がわからず対策不能”という状況におちいることが多かった。

 有志による日本語化は可能なものの上述の通り英語以前に一部システム自体が複雑で人を選ぶゲームではある。しかしそういったことの研究や試行錯誤を楽しめる人ならばCivilizationに匹敵する中毒性を持つ。
投稿日: 2014年5月24日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
23 人中 19 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 505
85 件のレビュー
記録時間: 23.9 時間
ターン制シュミレーションゲーム.日本語化可能.
個性豊かな種族の中から一つ選び勝利条件を満たせばクリア.勝利条件は色々あるので割愛.
本ゲームには所謂キャンペーンモードなるものは存在しない.
基本的にやることは 銀河の捜索→惑星開拓→人口増加・研究開発・軍備強化→敵勢力の制圧 である.
初回プレイ時は最初に色々と解説はしてくれるが情報量が多いので慣れが必要(これはどのシュミレーションゲームでも共通だが).
敵の艦隊と接触すると戦闘モードに入る.戦闘モードは五段階に分かれており、各段階で一回ずつカードを選択する.カードはそれぞれ異なる属性(?)と効果を持ち、自分と相手の選択したカードの属性の相性によって相手のカードを無効化したりできる.当然自分のカードが無効化されることもあり、簡単に言うとジャンケンみたいなもの.
段階ごとに戦艦が自動で敵艦を攻撃してくれるので、プレイヤーが操作するのはカード選択のみ.
段階が進むにつれて艦隊同士の距離が縮み、その距離に応じて兵器の命中率が変わる.兵器は実弾・ミサイル・レーザーの三種類.
カードシステムにより戦力差があっても逆転が可能なので、戦闘に緊張感が出て楽しい.しかし戦艦を直接操作できず、戦艦同士の撃ち合いを傍観するだけなのでやや物足りない感じもする.
戦艦は研究を行うことで開発・強化でき、好きなように装備をカスタマイズできる.ただ装備の種類は豊富な分戦艦の種類は少なめな印象。
グラフィックと音楽が非常に美しくGood.
ターン制で戦闘時も急かされることがないので、ゆったりとゲームをプレイしたいひとにはお勧めの作品.
投稿日: 2014年3月9日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 461
60 件のレビュー
記録時間: 26.9 時間
 銀河英雄シヴィライゼーションですぞ!艦隊戦もありますぞ!
 帝国とか同盟が争うんじゃなく、だいたい宇宙人同士が領土問題からの軍隊による紛争解決を行うのだ

こんな流れ
 いくつかの惑星がセットになった「星系」が線で結ばれていて、住みやすそうな星系を見つけて惑星開発を進めていく
 他のプレイヤーももちろん探索してるので資源豊富な星系は大人気
 幸福度に注意しながら、入植した惑星の資源で技術開発したりしつつ
 最終的には艦隊決戦と海兵隊の上陸で所有権を決したりする
 やっぱCivilizationだこれ


 Civと同じような技術開発ツリーもあったり種族ごとの特性もあったりでなかなか考えることが多くて楽しい
 ちなみに戦闘は戦艦をこれでもかってほど詰め込んだデススタックで圧殺するCiv4風味
 日本語化も完了してるのでこんな感じのゲームが好きで宇宙も好きって人にはとってもおすすめですぞ


 なお、開発の際はたいした金額差でもないのでGoldを開発するのがおすすめですぞ
 色々調整と追加種族の入った拡張パックが付いてきますゆえ
投稿日: 2014年6月26日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 52
7 件のレビュー
記録時間: 135.8 時間
銀河を股にかけるSF版のCivilization。
植民船と探索船で母星のある太陽系から飛び出すところからスタート。
ただしCivシリーズよりもパラメータなどは単純化されていて、
かつ全員人間という縛りから抜け出し大胆な特徴付けとプレイを楽しめる。

結局戦争になるのは4Xストラテジではお決まりだが、
平和により内政力を伸ばし後の軍拡で優位に立てる種族や、
最初から最後まで戦争しなければ生きていけない種族まである。
共通通貨を一切使用できない種族まで存在する。

勝利条件は複数あり、全ての母星を占領する勝利や最高技術の開発による科学勝利、
規定の額の累計収入を得ることによる経済勝利、入植された惑星のうち75%を手中に収める拡張勝利、
戦争を回避し生き延びることによる外交勝利と、最後に規定ターンに達した際のスコア判定が用意されている。

星系で何も製造しない場合工業力が無駄になるが、一定割合を科学力か収入に変換する選択があるため、
船の建造に追われる戦争を回避することがしっかり内政力につながっている。

戦闘は全て宇宙艦隊の殴り合い。
船の基本素体と、搭載するモジュールを選択することができ、目的に応じた柔軟なユニットを制作出来る。
近距離用実弾兵器、中距離用レーザー、遠距離用ミサイルとそれぞれへの防御装置を軸にして、
サポートモジュール等を重量の許す限りほぼ自由に積み込むことができる。
戦闘は4ラウンドを含んだフェーズ3回で構成されていて、遠距離から近距離へと距離を詰めながら撃ちあう。
前述のとおり武器には得意な距離があり、性能がグッと上がるため、搭載量が少ないうちはジャンケン的な側面もある。
また各フェーズでは戦略を指示することで、これまたジャンケン的にボーナスを与えたり敵から奪ったりできる。
こちらはあくまで補助的なものだが、ダメージを抑えて安全に倒すことに繋がる。

惑星は開発や固有のアノーマリーに応じて細やかに姿を変える、これがまた意外と綺麗。
惑星は住みやすい地球型やジャングル・海洋惑星から、原初の溶岩惑星やアステロイド、ガス惑星まであり
それぞれが特徴的な能力を有する他、ランダムで戦略資源・嗜好品・アノーマリーを持っている。
後々技術を開発すれば惑星のテラフォーミングも可能になる。
この惑星が1~6個まとまった「星系」が1つの都市としてワープ航路で結ばれている。

操作は基本すべてマウス。右クリックが場所問わずキャンセルになっているのでボタンに合わせる手間がない。
インターフェースも洗練されており情報の少なさと合わせて秀逸。

英語が出来るならCivよりこちらを薦めたい。
投稿日: 2014年7月7日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
145 人中 125 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 102
23 件のレビュー
記録時間: 116.1 時間
This was my first indie game purchased. As a fan of 4x strategy games they all look good to me but few live up to my standard. This game has so much potential for and indie game and I really do look forward to an endless space 2 hopefully someday. The complexity of it almost mind blowing. The space battles between ships go 3D instead of the normal 4x game battles like the the most popular of all times Sid Miers Civilization. The background story of the Endless Space Universe is fantastic. The play between the factions is a little lackluster. And the game leaves you wanting more of an in depth feel on the solar systems and planets. But it is an Indie game and once you play you will see a few game play enhancements would be nice. But the Universe is so expansive the technology tree is enormous. The tech tree is broke down into four sections military, science, exploration, and economics. If you research into exploration you might be able to build on any planet but it doesn't do you an good if you can't defend yourself. If you go all science doesn't help if you can build the greatest advancements if you can't afford them because economy is weak. That’s why I love 4x games and the seven ways to win expansion, scientific, economic, diplomatic, supremacy, and wonder . And I all most forgot about the ship builder I’ve lost myself for hours just building your very own customized ship. The disharmony DLC added some nice features and I look forward to more DLC's. I could go forever on why you should buy this game. I give this game my highest recommendation the Nifty stamp of approval.
投稿日: 2014年2月1日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

受賞リスト