LOSE YOUR MIND. EAT YOUR CREW. DIE. Take the helm of your steamship and set sail for the unknown! Sunless Sea is a game of discovery, loneliness and frequent death, set in the award-winning Victorian Gothic universe of Fallen London.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (69 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 69 件中 86% が好評です。
総合:
非常に好評 (3,101 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 3,101 件中 81% が好評です
リリース日: 2015年2月6日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

SUNLESS SEA を購入する

 

最新の更新 全て表示(56)

8月16日

Zubmariner will be released on 11 October 2016!

Enjoy this update with video and images on our blog

Zubmariner brings an entire second layer to Sunless Sea, including new cities and ports to explore, packed with our trademark: agonising choices presented in beautiful prose.

“Beneath the Unterzee it’s dark, hostile, littered with plunderable wrecks and haunted by the worst horrors of the Neath,” says Narrative Director Chris Gardiner. “You aren't meant to be down there. You're a trespasser. But that makes you both sacred and profane to those who dwell below.

“The ports on the zee bed are a level weirder than those on the surface, and their inhabitants have been changed by the deeps. Some are hiding, some are hateful, some are mad. Some are all three, and have very big ambitions. Players may have something to say about that."

Zubmariner also brings new zee-beasts, shipwrecks and flora to discover.

Art Director and Failbetter CEO Paul Arendt says, “Below the water, you’re limited by oxygen and the reach of your sonar. You can use sonar to highlight items of interest around you, but they may not be friendly. The zee-beasts you’re used to on the surface have little on the horrors of their underwater friends, including at least one new enemy who is as powerful as Mt Nomad.”

Director of Development Liam Welton adds, “This is an expansion in the truest sense: we've created the entire zee-floor, using a combination of procedural generation and hand drawn art. The ability to dive changes the whole flow of the game, bringing more flavour to long zee-journeys without compromising the loneliness and nail-biting close escapes which people enjoyed so much in Sunless Sea.”

Zubmariner will be available for $10.99 (or £7.99 in the UK), on Humble, GoG and Steam. It is free to anyone who bought Sunless Sea in Early Access.

EGX and Twitchcon

To see the finished version of Zubmariner first, come and see us at EGX in Birmingham, UK! Paul, Chris and Liam will be interviewed about the expansion at 4pm GMT on Saturday 24 Sept, and there will definitely be a live stream for those of you who aren't able to make it.

We’ll also be teasing the very first details of our NEXT GAME. Which is obviously tremendously exciting.

Find out more about EGX and get tickets

We’re also going to Twitchcon in San Diego, where Hannah and Kyra will be showing Zubmariner in the Expo floor indie area, hanging out and giving out goodies! Look out for live streams from the indie area too - we’ll share a link when we have it.

Find out more about Twitchcon and get tickets

17 件のコメント 詳細を見る

8月11日

Fan Art Competition: The Zee!

Zailors, our fan art competition last year was absolutely delightful, so we would like to hold another!

This year, we’re celebrating the upcoming release of Zubmariner: the first expansion to our PC/Mac/Linux game, Sunless Sea (we'll have a release date for you next week, by the way).

In Zubmariner, your zee-captain will have to make tougher decisions and face more terrible zee-beasts than ever before. Death is closer, beneath the Unterzee.

How to Enter

Create art in your chosen style on the following theme: The Zee!

Interpret this in any way you see fit, as long as the image obviously relates back to the theme. Winning entries will be judged by their use of the theme, rather than artistic ability.

Send your submission to competitions@failbettergames.com by 19 September 2016. We will make sure to share all submissions on our Tumblr so everyone can see!

We will review all the entries and repost a gallery of our top 10. The top 10 will be up for community vote until 26 September, and all 10 will receive a copy of Sunless Sea and its soundtrack, along with the upcoming Zubmariner DLC! In addition, the top 3 will receive:

Exclusive Fallen London jewellery
Our brand new, carefully crafted Dawn Machine jewellery (either black or gold, and a choice of necklace, brooch, or keyring)! These very limited edition pieces are hand-made by us from laser-cut acrylic.

100 Fate and 3 months of Exceptional Friendship in Fallen London
Fallen London is the game that originated Sunless Sea's universe: a massive online text adventure with 1.5 million words of stories.

This means 3 months of membership, 3 brand-new stories, and enough in-game currency to sample some Fate-locked stories (or just refresh actions furiously).

More prizes to be announced!

Competition Guidelines
  • The piece must fit the theme of the Zee. It doesn’t have to be a new piece, but pieces which clearly don’t fit the theme will not be taken into account.
  • Please, nothing NSFW. We’ve got interns; their minds are still so very fresh.
  • JPGS, GIFS and PNGs will be accepted. See Tumblr’s image guidelines to make sure your image will look its best.
  • The competition is open internationally. The piece must be made by you, and submitted by you.
  • Your ask must be open, or you must include alternate contact details when posting your piece. If we can’t contact you within a week of voting closing, we’ll move on to the person with the next highest number of votes.
  • Any attempt to manipulate voting will be cause for disqualification. We trust you not to do anything like this, and to know when ‘trying to drum up support’ turns into spamming or manipulating either the system or other people.
  • Full terms and conditions.

    Best of luck, zailors! If you have any questions, drop us a line and we’ll try to help.

8 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“Sunless Sea's method of storytelling isn't unique, but it has never been realised with such impact and elegance.”
10/10 – Eurogamer

“Absolutely the best writing in any video game since, well, as long as I can remember.”
10/10 – PCGamesN

“a very compelling and satisfying adventure... The realm of possibilities seems endless, and every time I set sail I find something new.”
9/10 – Destructoid

このゲームについて

LOSE YOUR MIND. EAT YOUR CREW. DIE.

Take the helm of your steamship and set sail for the unknown! Sunless Sea is a game of discovery, loneliness and frequent death, set in the award-winning Victorian Gothic universe of Fallen London.

If the giant crabs, sentient icebergs and swarms of bats don’t get you, madness and cannibalism certainly will. But that old black ocean beckons, and there’s loot for the brave souls who dare to sail her.

Betray your crew, sell your soul to a Devil, marry your sweetheart. Survive long enough and you’ll achieve your life’s ambition.

You will die, but your legacy will live on…

Key features

  • A deep, compelling world packed with 200,000+ words of stories and secrets. Find your father’s bones. Determine London’s destiny. Defy the gods of the deep sea.
  • Beautiful, hand drawn art - castles of sparkling ice, prisons perched on lily pads, fog-shrouded lighthouses and the DAWN MACHINE.
  • Your captain will die. But you can pass on resources from one generation to the next. Acquire a family home and a hoard of heirlooms. Build up your own story across generations of zailors who braved the sea and lost - or won...
  • Real-time combat against ships and Zee-beasts, spider-crewed dreadnoughts and sentient icebergs.
  • Light and dark, terror and madness: stray too far from the gas-lamps of civilisation and your crew will grow fearful and eventually lose their sanity.
  • Upgrade your steamship with powerful engines, cannons and pneumatic torpedo guns. (Or buy a bigger, better ship.)
  • Hire unique officers like the Haunted Doctor and the Irrepressible Cannoneer. Each has a story to tell, if you can draw it out of them.
  • Choose a ship’s mascot: the Comatose Ferret, the Wretched Mog, the Elegiac Cockatoo, and more!
  • Trade or smuggle silk and souls, mushroom wine and hallucinogenic honey.

システム要件

Windows
Mac OS X
    最低:
    • OS: Windows XP or later
    • プロセッサー: 2Ghz or better
    • メモリー: 1 GB RAM
    • グラフィック: 1280x768 minimum resolution, DirectX 9.0c compatible graphics card
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9.0c compatible
    最低:
    • OS: Mac OS X 10.6 or later
    • プロセッサー: 2Ghz or better
    • メモリー: 1 GB RAM
    • グラフィック: 1280x768 minimum resolution, DirectX 9.0c compatible graphics card
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9.0c compatible
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (69 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (3,101 件のレビュー)
最近の投稿
shtottuan
3.6 hrs
投稿日: 6月26日
英語がイマイチなのに買っちまった
そんなレビューなので、まだ評価は続けたいが、今のところの感想など

グラフィックはいいですね
アクションをするゲームと言うより、陰鬱な雰囲気を堪能するゲーム
英語が難しくない人なら楽しそう

どんなゲームか--

序盤で主人公の簡単な生い立ちやゲームの目的を設定。親の遺骨を探すとか、金儲けしたいとか。それで簡単なボーナスもつく。
拠点になる fallen london (くたびれたロンドンとでも訳すのかね) でクエストをもらって、陰鬱な感じの海を航海してクエストを達成してステータスを上げたり下げたりする。
海図もないので、航海で海図をどんどん広げていく。
立ち寄る島やらで愉快なイベントに遭遇してステータスが上がったり下がったりする。

船パートと探索パートがあって
船パートは動画に有るようにお船で冒涜的な何かをやっつけたり、港を目指して移動したり
探索パートはテキストベースで行われて、コストを支払って何かのリターンがあったりする。そのテキストで書かれたイベントがどうやらおもしろいらしい、が、英語あんまわかんないからなー

少し時間かけてやっていくつもりなので、また追記したいです
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
pycholon
6.4 hrs
投稿日: 5月21日
不思議な世界探検、雰囲気楽しむ系のゲームですが、英語の敷居がとてつもなく高いです。
文章量はんぱじゃない。しかもこの作品独特の言い回しがあったり。
プレイするだけなら何のアイテム失い何を得るかということで、できなくはないですが、雰囲気楽しむためにも英語をある程度ふーんって読める位じゃないと楽しめないんじゃないかと。

肝心のゲーム内容はなんというか。。いつもお金カツカツでゲームオーバーしそうな感じ。
遠くに行って初めての場所によって帰ってくるだけで結構な収入になる
まあでもこの雰囲気と圧倒的な文章量に裏打ちされた探検を楽しむのがメインで、攻略するってタイプのゲームじゃないかなと。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Masai_warrior
43.9 hrs
投稿日: 3月28日
一人目の船長:怪物に挑み呆気なくzeeの藻屑に
二人目の船長:英文の読み間違えであえなくzeeの藻屑に
三人目の船長:探していた父親の遺骨を見つけるもzeeの藻屑に

このゲームは船長であるプレイヤーが漆黒の海Underzeeで勝利条件を目指して冒険をしていきます。zeeでは海賊船や巨大ガニなどの怪物、そして”恐怖”と闘い探検を進めていくことになります。

SUNLESS SEAの魅力は冒険を強いられる点とステータス管理だと私は感じました。ゲーム中盤までの主な収入源はストーリーを消化しての報酬なため探索を余儀なくされます。探索を行うことで生命線である燃料や物資がどんどん減っていくことになります。そこで燃料などの消費を抑えるために何もない暗闇の中を突き進み探索することも可能です。しかし、暗闇では船員達の恐怖値が溜まってしまい暴動に繋がる恐れがある…というジレンマがあります。
これらの要素からプレイヤーはこのジレンマとゲーム終盤まで闘うことになり、何が起こるか分らないzeeで船のステータスを常に勘案し航路を選択するマネジメントが要求されます。

反対にゲームの不満点として、クエストの前提条件が複雑であることが挙げられます。私が選択した勝利条件である「父の遺骨を見つける」では様々なアイテムが必要となり、AのためにBが必要でそのBのためにCが必要でそのCのために…といった感じでした。終盤はwikiを見ながらのプレイとなったことが大きいと思いますが、作業感が強まり非常に面倒でした。

後半からwikiを参照しながらのプレイとなりましたが、クリアまで約40時間。そして、まだまだ未達成のクエスト、勝利条件がありボリュームはかなりのものです。対応言語が英語のみということで、二の足を踏んでいる方も多いと思いますがホラーゲームより怖い、ひりつくような緊張感を味わいたい方、マネジメントが好きな方は一度プレイしてみてはいかかでしょうか。




ガイドを作成しようかと思いましたが面倒になったので以下に箇条書きですが、簡単なゲームの流れなどを以下に記載します。

  • 基本的にFallen Londonを拠点とし、探索をおこないます。
  • zキーを押す事でzee-batに周囲の探索をしてもらい、未発見の島の方角の情報を元に探索すると良いでしょう。
  • 港に到着すると忘れずport reportsを作成しましょう。拠点であるFallen LondonのThe Admiralty Survey Office(海軍調査事務所)を訪ねport reportsを提出することで、燃料、物資、Echo(通貨)を取得することができます。
  • 物資が限られているので基本的に一筆書きでの航路をとることを勧めます。
  • Terror(恐怖値)は宿舎で休んだり、飲み騒ぐことで低下させれます。
  • エンジンを買い換えるなどをし、engine powerを上昇させるとより速く航行できるようになりますが、その分燃料の消費も増える点に注意。
  • 船員が最大船員数の半分以下の状態になると速度が激減するため半数を切らないように注意しましょう。
  • 船のライトを消灯(Lキーで切り替え)することで燃料の消費を僅かだが抑えられる。
  • Secret(秘密) はOfficersと話し消費することでステータスを上昇させたり、クエストで要求されたりする。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
sainome
232.7 hrs
投稿日: 3月17日
地図のない地底海(Unterzee) の探検をテーマとしたRPG。移動は船。敵は海上に見えているオブジェクトエンカウント方式。物語全体が、クトゥルフ神話とホームズ時代のロンドンを彷彿とさせるアートワークや恐怖感の演出で彩られている。音楽は立ち寄る拠点の雰囲気に合わせて変わる。すごく良い。

ゲーム内容の本質的にはNPCのわがままをかなえるお使いゲーム。もう一つは、物語進行に必要なものを集める宝探しゲーム。プレイしているとTRPGによく似ているなと感じる。加えて、未知の領域を開拓していること、数少ないリソースをうまくやりくりすること、なにより、お使いの背景にあるストーリーを読み解いていく感じがたまらない。レアアイテムを手に入れてストーリーを進めたり、高価なアイテムを交換で手に入れてわらしべ長者プレイをしてみたり、お金を貯めて性能の良い船や武装を購入して強そうな敵を撃破したり、各地のNPCと親しくなったり、犯罪者と親しくなったり、などなど、、、。

かなり面白い。ただ、誰にでもおすすめできるかというと、ちょっと難しい、ハードルが高い部類のゲーム。

面白いところ
  • 拠点の配置がプレイヤーキャラクターの変更ごとに変わる。大航海時代などのゲームをを彷彿とさせるマップ開拓
  • 注意を怠ると大変死にやすいプレイヤーキャラクター(船長)、死なせないためにお金, 燃料, 食料, そして恐怖度 (クトゥルフTRPGに言えば SAN値) を適切な水準で保ち続けるバランス取り
  • 情報の断片をつなぎ合わせることで明らかになっていく世界観、ストーリー
  • 達成までに結構な情報量や偶然の発見を要するミッションの数々

注意したほうがよいところ(英語レビューの内容に書かれていることも数点)
  • 戦闘が単調。船の兵装の種類が少なく(大砲、魚雷、あといくつかの特殊武器、以上!)、慣れてしまうと工夫の余地が少ない。そもそも戦うより逃げるメインのゲームデザイン。逃げずに死んだことが何度あったことか
  • プレイヤーロストをするたびに、同じイベントの処理やマップを開拓しなおす必要がある。地図が変わるのでまたイベントの進め方など工夫できると思えば、多少は許せる
  • プレイを進めるためにかなりの時間を要する。1度航海を開始すると、拠点へ戻るまでに終わるまで1時間以上かかることのが当たり前と思ったほうが良い
  • 一番の問題として 文章の大半が 難易度の高い小説風の英語である こと[/list]

    とはいえ、メインストーリーでは、ボタンを押して次に進めるまでは表示され続けるので、読み解くのに焦る必要は無いと思う。英語に関して私は、単語だけを追いかけてなんとなくわかったふりでプレイしている。意味の取り間違いが原因でまずい結果になることもかなりあるけれど、、、それもゲームプレイの経験の一つと思って。何度かやり直して徐々にわかっていくのも楽しみの一つかなと。どのみち選択肢はボタン選択式でそんなにパターンはないので、結果だけを割り切って受け入れるのも遊び方の一つかなと。

    断片的な情報をあつめてストーリーを読み解いていく感じが好きなら。ぜひ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Sakai
101.5 hrs
投稿日: 2015年9月5日
最初にプレイヤーの分身となる船長の過去と目標を決め,Fallen Londonを拠点として漆黒の海Unterzeeへ乗り出す.プレイヤーはUnterzeeの怪物,敵対勢力,名を持たぬ神の呪いに恐怖しつつ,各地の港を訪れて海の秘密を明らかにしていく,というゲームです.世界観は同じくFailbetter gamesから出ているゲーム"Fallen London!"をベースにしており,Unterzeeが位置する地下世界Neathには様々な思惑が渦巻いています.

・ストーリー
 各地の港で膨大な数のイベントが待っています.各地で手にした情報を売り,地下勢力間の勢力争いを左右しましょう.仲間になる士官たちにはそれぞれ秘密があり,彼らのクエストを進めることで明らかにすることが出来ます.クエストの終着点は明るいものとは限らず,悲願を達成する者もいれば,陰鬱な最期を迎える者もいます.

・システム
 基本的には船のパラメータ(燃料,食糧,恐怖値,船の耐久力)を管理しつつ,各地の港でイベントをこなすという内容になります.多くのイベントの成否には船長のスキルが関わり,該当するスキル値が高いほど高確率で成功します.船長のレベルのような概念はなく,冒険で得た経験値が一定量たまるとスキルポイントを得られる仕組みとなっています.
ゲームモードは2種類あり,オートセーブのみ・死亡時にデータ消滅のUnforgiving mode,手動セーブ可能・データ消滅なしのMerciful modeがあります.緊張感を味わいたい方は前者,ゆったりとした冒険がしたい方は後者を選ぶといいでしょう.

・ゲームバランス
 とにかくリスクを恐れず冒険することが必要です.海を冒険するゲームといえば交易が大きな収入源となることが多いかと思いますが,このゲームでは安定した交易路はありません.クエスト報酬や密輸により大きな収入が得られますが,そのためには戦闘をこなす,当局の目を欺くといったリスクがつきまといます.

基本的に最初の数プレイは死にます.私の場合Unforgiving modeでのプレイで,勝手がわかってきた5人目の船長でゲームクリアしました.死亡時もただ終わりというわけではなく,能力,武器,資金などを遺産として次のキャラに与えることが出来ます.とはいえ全てを受け継ぐことはできず,一番大きい遺産はプレイヤー自身の経験といえるでしょう.

日本語にローカライズされていない,日wikiがないのが理由で,現状手さぐりか英wikiを見るプレイになります.全編英語というのはハードルが高いかもしれませんが,ストーリーの厚さは読むに値します.英語にアレルギーの無い方は是非プレイしてみてはいかがでしょうか.

*Mod作成の情報が出ていたのでファイルをいじってみました.エディタで中のテキストを書きかえるだけで簡単に翻訳はできるようです.テキストの分量が分量なので個人での翻訳は困難だと思いますが,技術的には翻訳Mod作成は難しくないようです.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ieka
269.1 hrs
投稿日: 2015年4月27日
暗黒の海Unterzeeを舞台とするオープンワールド海洋アドベンチャー。
プレイヤーは、地底世界Neathに墜ちたヴィクトリア王朝期のロンドン、Fallen Londonを拠点に、zee captainとしてzeeの奇っ怪な島々を探検することになる。

基本的には、物資や燃料、正気度や船体の耐久値といった各種リソースをやりくりしながら船を操る航海ゲーム。
本作最大の売りである、英文にして250,000語超というテキスト量は圧倒的で、航海の過程では本当に山のようなストーリーを楽しむことができる。
zeeの島々と船員たちのほとんどに、起承転結のある固有のストーリーが与えられており、大抵はそれを一段落させることでまとまった報酬が得られる。
Sunless Seaにおいて特徴的なのは、主な収入源がほぼこのストーリーの消化に限られるという点である。
恒常的かつ効率の良すぎる収入源はゲーム全体から注意深く排除されており、farmingのような稼ぎ方もゲーム終盤になるまで成立しない。
この方針は、Sunless Seaというゲームのstory-drivenな側面には非常によく噛み合っている。
つまり、既知の海域に留まっているだけではいずれストーリーを使い果たして収入が激減してしまうので、プレイヤーはいやが上にも未知の海域への航海を促され続けることになるのである。
『交易は本作の焦点ではないし、今後そうなることもない』という開発の言葉通り、Sunless Seaは冒険ゲームであって交易ゲームではなく、zee captainは冒険者であって商人ではないのである。少なくとも第一義には。

ストーリーの中身としては、特にロンドンに関わる話にはスチームパンク色の強いものが多い。
中でもDawn Machineという、スチームパンク的怪奇幻想を体現したかのような恐ろしいHE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN TH
zee全体を見渡せば、ラヴクラフト風ゴシックや、インディー・ジョーンズを意識しているらしい遺跡探検もの、nameless godsにまつわる神秘的な話などなど、ジャンルは非常に多岐にわたっている。
dead letterを引き寄せる島や、箱詰めにされた太陽光の密売(!)といった、かなり奇妙で心躍る設定も数多い。
また、ロンドンはzeeにおいて唯一の勢力というわけではなく、ロンドンと既存勢力との政治的な駆け引きがストーリーに現れることもある。
もちろんプレイヤーはロンドンに味方してもいいし、逆に決定的な破滅に手を貸してもいい。

本作はオープンワールドのゲームであるが、個々のストーリーとは別に、キャリアを円満終了させるためのクリア条件というものがある。
クリア条件には『大金持ちになる』といった世俗的なものや、『zeeに沈んだ父親の骨を見つける』といった、それ自体がストーリー性に富むものも含む。
クリア条件を達成するとそのキャラクターのキャリアは完結してしまうため、別のクリア条件での結末を見るためには別のキャラクターでやり直す必要がある。
幸い、個々のストーリーも選択肢と成功判定によって豊富なバリエーションを持つものが多いため、クリア後も相応のリプレイアビリティは確保されている。

本作の欠点を挙げていくと、まず船が遅いというのが筆頭である。
船の速さはエンジンで決まるのだが、特に初期エンジンの遅さは凄まじく、アップグレードしてもそこまで快適にはならない。
ゲーム中で最速のエンジンを搭載して、やっと『はやい!』と思える程度である。
あまり速すぎても雰囲気が損なわれるというのは分かるが、全体的にもう少しだけでも速くしておいて欲しかった。

もう一つの欠点は、海戦システムの質が低いこと。
ストアページのTrailerを見てみると、いかにも面白そうなシーンが切り取ってあるのだが、実際にやってみるとただの引き撃ちが最大効率だと気づくことになる。
それが必ずしも楽しくないというわけではないのだが、底が浅いのは確かだろう。

Sunless Seaからストーリーを除外し、純粋にゲームとして見た場合、リソース管理という面から見たゲーム性はかなり優れているのだが、それ以外の部分は今ひとつというところである。
やはり本作の魅力は世界観とストーリー、音楽とアートワークが織りなす他では味わえないような独特の雰囲気であり、そういうものに惹かれる人にだけおすすめできる作品だと言える。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
K.O.ver3.1
13.9 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年7月5日
広大な海を探検し、財宝や未知の化物を探す。そんな見下ろし型RTS+RPGの冒険ゲーム。色々と面白い試みがなされているが、クエスト等長文が多く、英語のみなので、かなり英語が出来ないとプレイは困難を極める。ランダム生成のマップに無数のイベントと、燃料、食料、SAN値、そして船の耐久度などプレイヤーを追い詰める楽しい仕様がそろっている。戦闘はカード選択制で時間経過で発動、視認レベルによって選べる攻撃が違うなど工夫されている。しかし、未完成のせいもあってか、資金稼ぎが非常に厳しく、発見がなければ大赤字に。戦闘もほぼ同じカードで、時間がかかるだけの作業になりかねない。英語が出来て、探索系のゲームが好きな方ならオススメ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
templa6[ねこです]
5.7 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年7月5日
Steamではアーリーとなっているが、開発チームの曰く「これはアルファじゃない、ベータなんだ」とのこと
これから先ストーリーやマップの拡張はあるだろうが、システムを大幅に変えてくることはない...と思われる

Merto2033やArx Fatalisのごとく、地上に住めなくなったかなんかで地下に移住して、
World of Darkness的なゴシックかつ退廃的かつスチームパンクライクな日々を過ごす
Fallen Londonおよび地底の海(Zee)が舞台
クリア目標は複数あるが(スタート時点で決定する)、基本的には蒸気船でZeeの各所を回るのが
主な内容となる

ゲームシステムとしては、恐怖度がある大航海時代が近い
各所の港を回って、金を稼いで、装備を良くして、更に遠くの海へと漕ぎだしていくスタイル
大航海時代と違うところは、大航海時代は交易及び海賊行為が主な収益なのに対して、
Sunless Seaの世界では情報が金で取引される世界なので、情報収集が主な稼ぎの手段になるというところ
(秘密、各所の情勢、遠隔地、地表の情報、最新ニュースなど、レアな情報ほど価値は高い)
一応交易もできるが、稼ぎは低め

情報を集めるには海を渡らなければいけないが、そのためには燃料と食料、そして恐怖を管理する必要がある
いずれかが尽きればその時点で死あるのみ(燃料は無くなっても食料を犠牲にするという打開策はあるが)
遠くに行かなければ金は稼げないし、かと言って遠くに行くにはリスクが付きまとうジレンマに悩まされつつ
真綿で首を絞めるように少しずつ破滅へと進まなければいけないスリルはなかなかのものがある
ようやく陸地を見つけても、なんかすごい不気味なところだと近づきたくないし...
でも近づかないと探索できないし...というジレンマにも悩まされる
(ようやく陸地を見つけたのに港がなかった時の絶望感は半端ない)
また、何度も港を訪れて調査をしているとそこから何らかのストーリーが進むこともある
大抵はいい結果にはならないが...

何にせよ常にギリギリのラインで葛藤とかジレンマと戦うゲームだと思う

海がSeaではなくZeeなので、乗組員もSailorではなくZeilorだったり、StoryではなくてZtoryだったり
Sunless SeaおよびFallen London特有の言い回しが多く、
なおかつゲームのストーリー展開はブラウザゲームっぽくテキストが主体の内容となるため
(関連作のFallen Londonがブラウザゲームだからだろうけど)
読解はおそらくネイティブであっても分かりにくいと思われる
英語アレルギー持ちの人は間違いなくアレルギーを発症するのでおすすめできない

※同じ開発のFallen Londonはブラウザゲームだがブラウザゲームらしからずストーリー性に富んでいる
興味がある人は一度その世界に触れてみるといい
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
143 人中 143 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
14 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 101.5 時間
投稿日: 2015年9月5日
最初にプレイヤーの分身となる船長の過去と目標を決め,Fallen Londonを拠点として漆黒の海Unterzeeへ乗り出す.プレイヤーはUnterzeeの怪物,敵対勢力,名を持たぬ神の呪いに恐怖しつつ,各地の港を訪れて海の秘密を明らかにしていく,というゲームです.世界観は同じくFailbetter gamesから出ているゲーム"Fallen London!"をベースにしており,Unterzeeが位置する地下世界Neathには様々な思惑が渦巻いています.

・ストーリー
 各地の港で膨大な数のイベントが待っています.各地で手にした情報を売り,地下勢力間の勢力争いを左右しましょう.仲間になる士官たちにはそれぞれ秘密があり,彼らのクエストを進めることで明らかにすることが出来ます.クエストの終着点は明るいものとは限らず,悲願を達成する者もいれば,陰鬱な最期を迎える者もいます.

・システム
 基本的には船のパラメータ(燃料,食糧,恐怖値,船の耐久力)を管理しつつ,各地の港でイベントをこなすという内容になります.多くのイベントの成否には船長のスキルが関わり,該当するスキル値が高いほど高確率で成功します.船長のレベルのような概念はなく,冒険で得た経験値が一定量たまるとスキルポイントを得られる仕組みとなっています.
ゲームモードは2種類あり,オートセーブのみ・死亡時にデータ消滅のUnforgiving mode,手動セーブ可能・データ消滅なしのMerciful modeがあります.緊張感を味わいたい方は前者,ゆったりとした冒険がしたい方は後者を選ぶといいでしょう.

・ゲームバランス
 とにかくリスクを恐れず冒険することが必要です.海を冒険するゲームといえば交易が大きな収入源となることが多いかと思いますが,このゲームでは安定した交易路はありません.クエスト報酬や密輸により大きな収入が得られますが,そのためには戦闘をこなす,当局の目を欺くといったリスクがつきまといます.

基本的に最初の数プレイは死にます.私の場合Unforgiving modeでのプレイで,勝手がわかってきた5人目の船長でゲームクリアしました.死亡時もただ終わりというわけではなく,能力,武器,資金などを遺産として次のキャラに与えることが出来ます.とはいえ全てを受け継ぐことはできず,一番大きい遺産はプレイヤー自身の経験といえるでしょう.

日本語にローカライズされていない,日wikiがないのが理由で,現状手さぐりか英wikiを見るプレイになります.全編英語というのはハードルが高いかもしれませんが,ストーリーの厚さは読むに値します.英語にアレルギーの無い方は是非プレイしてみてはいかがでしょうか.

*Mod作成の情報が出ていたのでファイルをいじってみました.エディタで中のテキストを書きかえるだけで簡単に翻訳はできるようです.テキストの分量が分量なので個人での翻訳は困難だと思いますが,技術的には翻訳Mod作成は難しくないようです.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
136 人中 134 人 (99%) がこのレビューが参考になったと投票しました
15 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 269.1 時間
投稿日: 2015年4月27日
暗黒の海Unterzeeを舞台とするオープンワールド海洋アドベンチャー。
プレイヤーは、地底世界Neathに墜ちたヴィクトリア王朝期のロンドン、Fallen Londonを拠点に、zee captainとしてzeeの奇っ怪な島々を探検することになる。

基本的には、物資や燃料、正気度や船体の耐久値といった各種リソースをやりくりしながら船を操る航海ゲーム。
本作最大の売りである、英文にして250,000語超というテキスト量は圧倒的で、航海の過程では本当に山のようなストーリーを楽しむことができる。
zeeの島々と船員たちのほとんどに、起承転結のある固有のストーリーが与えられており、大抵はそれを一段落させることでまとまった報酬が得られる。
Sunless Seaにおいて特徴的なのは、主な収入源がほぼこのストーリーの消化に限られるという点である。
恒常的かつ効率の良すぎる収入源はゲーム全体から注意深く排除されており、farmingのような稼ぎ方もゲーム終盤になるまで成立しない。
この方針は、Sunless Seaというゲームのstory-drivenな側面には非常によく噛み合っている。
つまり、既知の海域に留まっているだけではいずれストーリーを使い果たして収入が激減してしまうので、プレイヤーはいやが上にも未知の海域への航海を促され続けることになるのである。
『交易は本作の焦点ではないし、今後そうなることもない』という開発の言葉通り、Sunless Seaは冒険ゲームであって交易ゲームではなく、zee captainは冒険者であって商人ではないのである。少なくとも第一義には。

ストーリーの中身としては、特にロンドンに関わる話にはスチームパンク色の強いものが多い。
中でもDawn Machineという、スチームパンク的怪奇幻想を体現したかのような恐ろしいHE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN THE SUN TH
zee全体を見渡せば、ラヴクラフト風ゴシックや、インディー・ジョーンズを意識しているらしい遺跡探検もの、nameless godsにまつわる神秘的な話などなど、ジャンルは非常に多岐にわたっている。
dead letterを引き寄せる島や、箱詰めにされた太陽光の密売(!)といった、かなり奇妙で心躍る設定も数多い。
また、ロンドンはzeeにおいて唯一の勢力というわけではなく、ロンドンと既存勢力との政治的な駆け引きがストーリーに現れることもある。
もちろんプレイヤーはロンドンに味方してもいいし、逆に決定的な破滅に手を貸してもいい。

本作はオープンワールドのゲームであるが、個々のストーリーとは別に、キャリアを円満終了させるためのクリア条件というものがある。
クリア条件には『大金持ちになる』といった世俗的なものや、『zeeに沈んだ父親の骨を見つける』といった、それ自体がストーリー性に富むものも含む。
クリア条件を達成するとそのキャラクターのキャリアは完結してしまうため、別のクリア条件での結末を見るためには別のキャラクターでやり直す必要がある。
幸い、個々のストーリーも選択肢と成功判定によって豊富なバリエーションを持つものが多いため、クリア後も相応のリプレイアビリティは確保されている。

本作の欠点を挙げていくと、まず船が遅いというのが筆頭である。
船の速さはエンジンで決まるのだが、特に初期エンジンの遅さは凄まじく、アップグレードしてもそこまで快適にはならない。
ゲーム中で最速のエンジンを搭載して、やっと『はやい!』と思える程度である。
あまり速すぎても雰囲気が損なわれるというのは分かるが、全体的にもう少しだけでも速くしておいて欲しかった。

もう一つの欠点は、海戦システムの質が低いこと。
ストアページのTrailerを見てみると、いかにも面白そうなシーンが切り取ってあるのだが、実際にやってみるとただの引き撃ちが最大効率だと気づくことになる。
それが必ずしも楽しくないというわけではないのだが、底が浅いのは確かだろう。

Sunless Seaからストーリーを除外し、純粋にゲームとして見た場合、リソース管理という面から見たゲーム性はかなり優れているのだが、それ以外の部分は今ひとつというところである。
やはり本作の魅力は世界観とストーリー、音楽とアートワークが織りなす他では味わえないような独特の雰囲気であり、そういうものに惹かれる人にだけおすすめできる作品だと言える。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
72 人中 66 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.7 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年7月5日
Steamではアーリーとなっているが、開発チームの曰く「これはアルファじゃない、ベータなんだ」とのこと
これから先ストーリーやマップの拡張はあるだろうが、システムを大幅に変えてくることはない...と思われる

Merto2033やArx Fatalisのごとく、地上に住めなくなったかなんかで地下に移住して、
World of Darkness的なゴシックかつ退廃的かつスチームパンクライクな日々を過ごす
Fallen Londonおよび地底の海(Zee)が舞台
クリア目標は複数あるが(スタート時点で決定する)、基本的には蒸気船でZeeの各所を回るのが
主な内容となる

ゲームシステムとしては、恐怖度がある大航海時代が近い
各所の港を回って、金を稼いで、装備を良くして、更に遠くの海へと漕ぎだしていくスタイル
大航海時代と違うところは、大航海時代は交易及び海賊行為が主な収益なのに対して、
Sunless Seaの世界では情報が金で取引される世界なので、情報収集が主な稼ぎの手段になるというところ
(秘密、各所の情勢、遠隔地、地表の情報、最新ニュースなど、レアな情報ほど価値は高い)
一応交易もできるが、稼ぎは低め

情報を集めるには海を渡らなければいけないが、そのためには燃料と食料、そして恐怖を管理する必要がある
いずれかが尽きればその時点で死あるのみ(燃料は無くなっても食料を犠牲にするという打開策はあるが)
遠くに行かなければ金は稼げないし、かと言って遠くに行くにはリスクが付きまとうジレンマに悩まされつつ
真綿で首を絞めるように少しずつ破滅へと進まなければいけないスリルはなかなかのものがある
ようやく陸地を見つけても、なんかすごい不気味なところだと近づきたくないし...
でも近づかないと探索できないし...というジレンマにも悩まされる
(ようやく陸地を見つけたのに港がなかった時の絶望感は半端ない)
また、何度も港を訪れて調査をしているとそこから何らかのストーリーが進むこともある
大抵はいい結果にはならないが...

何にせよ常にギリギリのラインで葛藤とかジレンマと戦うゲームだと思う

海がSeaではなくZeeなので、乗組員もSailorではなくZeilorだったり、StoryではなくてZtoryだったり
Sunless SeaおよびFallen London特有の言い回しが多く、
なおかつゲームのストーリー展開はブラウザゲームっぽくテキストが主体の内容となるため
(関連作のFallen Londonがブラウザゲームだからだろうけど)
読解はおそらくネイティブであっても分かりにくいと思われる
英語アレルギー持ちの人は間違いなくアレルギーを発症するのでおすすめできない

※同じ開発のFallen Londonはブラウザゲームだがブラウザゲームらしからずストーリー性に富んでいる
興味がある人は一度その世界に触れてみるといい
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 9 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 13.9 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年7月5日
広大な海を探検し、財宝や未知の化物を探す。そんな見下ろし型RTS+RPGの冒険ゲーム。色々と面白い試みがなされているが、クエスト等長文が多く、英語のみなので、かなり英語が出来ないとプレイは困難を極める。ランダム生成のマップに無数のイベントと、燃料、食料、SAN値、そして船の耐久度などプレイヤーを追い詰める楽しい仕様がそろっている。戦闘はカード選択制で時間経過で発動、視認レベルによって選べる攻撃が違うなど工夫されている。しかし、未完成のせいもあってか、資金稼ぎが非常に厳しく、発見がなければ大赤字に。戦闘もほぼ同じカードで、時間がかかるだけの作業になりかねない。英語が出来て、探索系のゲームが好きな方ならオススメ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
10 人中 9 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.4 時間
投稿日: 5月21日
不思議な世界探検、雰囲気楽しむ系のゲームですが、英語の敷居がとてつもなく高いです。
文章量はんぱじゃない。しかもこの作品独特の言い回しがあったり。
プレイするだけなら何のアイテム失い何を得るかということで、できなくはないですが、雰囲気楽しむためにも英語をある程度ふーんって読める位じゃないと楽しめないんじゃないかと。

肝心のゲーム内容はなんというか。。いつもお金カツカツでゲームオーバーしそうな感じ。
遠くに行って初めての場所によって帰ってくるだけで結構な収入になる
まあでもこの雰囲気と圧倒的な文章量に裏打ちされた探検を楽しむのがメインで、攻略するってタイプのゲームじゃないかなと。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 43.9 時間
投稿日: 3月28日
一人目の船長:怪物に挑み呆気なくzeeの藻屑に
二人目の船長:英文の読み間違えであえなくzeeの藻屑に
三人目の船長:探していた父親の遺骨を見つけるもzeeの藻屑に

このゲームは船長であるプレイヤーが漆黒の海Underzeeで勝利条件を目指して冒険をしていきます。zeeでは海賊船や巨大ガニなどの怪物、そして”恐怖”と闘い探検を進めていくことになります。

SUNLESS SEAの魅力は冒険を強いられる点とステータス管理だと私は感じました。ゲーム中盤までの主な収入源はストーリーを消化しての報酬なため探索を余儀なくされます。探索を行うことで生命線である燃料や物資がどんどん減っていくことになります。そこで燃料などの消費を抑えるために何もない暗闇の中を突き進み探索することも可能です。しかし、暗闇では船員達の恐怖値が溜まってしまい暴動に繋がる恐れがある…というジレンマがあります。
これらの要素からプレイヤーはこのジレンマとゲーム終盤まで闘うことになり、何が起こるか分らないzeeで船のステータスを常に勘案し航路を選択するマネジメントが要求されます。

反対にゲームの不満点として、クエストの前提条件が複雑であることが挙げられます。私が選択した勝利条件である「父の遺骨を見つける」では様々なアイテムが必要となり、AのためにBが必要でそのBのためにCが必要でそのCのために…といった感じでした。終盤はwikiを見ながらのプレイとなったことが大きいと思いますが、作業感が強まり非常に面倒でした。

後半からwikiを参照しながらのプレイとなりましたが、クリアまで約40時間。そして、まだまだ未達成のクエスト、勝利条件がありボリュームはかなりのものです。対応言語が英語のみということで、二の足を踏んでいる方も多いと思いますがホラーゲームより怖い、ひりつくような緊張感を味わいたい方、マネジメントが好きな方は一度プレイしてみてはいかかでしょうか。




ガイドを作成しようかと思いましたが面倒になったので以下に箇条書きですが、簡単なゲームの流れなどを以下に記載します。

  • 基本的にFallen Londonを拠点とし、探索をおこないます。
  • zキーを押す事でzee-batに周囲の探索をしてもらい、未発見の島の方角の情報を元に探索すると良いでしょう。
  • 港に到着すると忘れずport reportsを作成しましょう。拠点であるFallen LondonのThe Admiralty Survey Office(海軍調査事務所)を訪ねport reportsを提出することで、燃料、物資、Echo(通貨)を取得することができます。
  • 物資が限られているので基本的に一筆書きでの航路をとることを勧めます。
  • Terror(恐怖値)は宿舎で休んだり、飲み騒ぐことで低下させれます。
  • エンジンを買い換えるなどをし、engine powerを上昇させるとより速く航行できるようになりますが、その分燃料の消費も増える点に注意。
  • 船員が最大船員数の半分以下の状態になると速度が激減するため半数を切らないように注意しましょう。
  • 船のライトを消灯(Lキーで切り替え)することで燃料の消費を僅かだが抑えられる。
  • Secret(秘密) はOfficersと話し消費することでステータスを上昇させたり、クエストで要求されたりする。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 232.7 時間
投稿日: 3月17日
地図のない地底海(Unterzee) の探検をテーマとしたRPG。移動は船。敵は海上に見えているオブジェクトエンカウント方式。物語全体が、クトゥルフ神話とホームズ時代のロンドンを彷彿とさせるアートワークや恐怖感の演出で彩られている。音楽は立ち寄る拠点の雰囲気に合わせて変わる。すごく良い。

ゲーム内容の本質的にはNPCのわがままをかなえるお使いゲーム。もう一つは、物語進行に必要なものを集める宝探しゲーム。プレイしているとTRPGによく似ているなと感じる。加えて、未知の領域を開拓していること、数少ないリソースをうまくやりくりすること、なにより、お使いの背景にあるストーリーを読み解いていく感じがたまらない。レアアイテムを手に入れてストーリーを進めたり、高価なアイテムを交換で手に入れてわらしべ長者プレイをしてみたり、お金を貯めて性能の良い船や武装を購入して強そうな敵を撃破したり、各地のNPCと親しくなったり、犯罪者と親しくなったり、などなど、、、。

かなり面白い。ただ、誰にでもおすすめできるかというと、ちょっと難しい、ハードルが高い部類のゲーム。

面白いところ
  • 拠点の配置がプレイヤーキャラクターの変更ごとに変わる。大航海時代などのゲームをを彷彿とさせるマップ開拓
  • 注意を怠ると大変死にやすいプレイヤーキャラクター(船長)、死なせないためにお金, 燃料, 食料, そして恐怖度 (クトゥルフTRPGに言えば SAN値) を適切な水準で保ち続けるバランス取り
  • 情報の断片をつなぎ合わせることで明らかになっていく世界観、ストーリー
  • 達成までに結構な情報量や偶然の発見を要するミッションの数々

注意したほうがよいところ(英語レビューの内容に書かれていることも数点)
  • 戦闘が単調。船の兵装の種類が少なく(大砲、魚雷、あといくつかの特殊武器、以上!)、慣れてしまうと工夫の余地が少ない。そもそも戦うより逃げるメインのゲームデザイン。逃げずに死んだことが何度あったことか
  • プレイヤーロストをするたびに、同じイベントの処理やマップを開拓しなおす必要がある。地図が変わるのでまたイベントの進め方など工夫できると思えば、多少は許せる
  • プレイを進めるためにかなりの時間を要する。1度航海を開始すると、拠点へ戻るまでに終わるまで1時間以上かかることのが当たり前と思ったほうが良い
  • 一番の問題として 文章の大半が 難易度の高い小説風の英語である こと[/list]

    とはいえ、メインストーリーでは、ボタンを押して次に進めるまでは表示され続けるので、読み解くのに焦る必要は無いと思う。英語に関して私は、単語だけを追いかけてなんとなくわかったふりでプレイしている。意味の取り間違いが原因でまずい結果になることもかなりあるけれど、、、それもゲームプレイの経験の一つと思って。何度かやり直して徐々にわかっていくのも楽しみの一つかなと。どのみち選択肢はボタン選択式でそんなにパターンはないので、結果だけを割り切って受け入れるのも遊び方の一つかなと。

    断片的な情報をあつめてストーリーを読み解いていく感じが好きなら。ぜひ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.6 時間
投稿日: 6月26日
英語がイマイチなのに買っちまった
そんなレビューなので、まだ評価は続けたいが、今のところの感想など

グラフィックはいいですね
アクションをするゲームと言うより、陰鬱な雰囲気を堪能するゲーム
英語が難しくない人なら楽しそう

どんなゲームか--

序盤で主人公の簡単な生い立ちやゲームの目的を設定。親の遺骨を探すとか、金儲けしたいとか。それで簡単なボーナスもつく。
拠点になる fallen london (くたびれたロンドンとでも訳すのかね) でクエストをもらって、陰鬱な感じの海を航海してクエストを達成してステータスを上げたり下げたりする。
海図もないので、航海で海図をどんどん広げていく。
立ち寄る島やらで愉快なイベントに遭遇してステータスが上がったり下がったりする。

船パートと探索パートがあって
船パートは動画に有るようにお船で冒涜的な何かをやっつけたり、港を目指して移動したり
探索パートはテキストベースで行われて、コストを支払って何かのリターンがあったりする。そのテキストで書かれたイベントがどうやらおもしろいらしい、が、英語あんまわかんないからなー

少し時間かけてやっていくつもりなので、また追記したいです
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い