A story-driven experience about two doctors traversing backwards through a dying man's memories, in order to artificially fulfill his last wish.
ユーザーレビュー: 主に好評 (16,112 件のレビュー)
リリース日: 2011年11月1日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

To The Moon を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

To The Moon Game and Soundtrack Bundle を購入する

2 アイテムを同梱: To the Moon, To the Moon Soundtrack

 

キュレーターによりおすすめされています

"RPS's 14th best adventure game ever"
ここでレビューの全文を読む

最新の更新 全て表示(3)

6月12日

<To the Moon, Too!> -- A platypus-centric mini-comic series

A weekly comic-strip series following our bill-for-mouth and hard-to-fold protagonists as they try to reunite with their owners:

http://freebirdgames.com/to-the-moon-too_comic/

Hope y'all enjoy it, and please help spread the word! c:

6 件のコメント 詳細を見る

2月18日

(Free) 2nd Sigmund Minisode released

The new 20-minute short with Dr. Rosalene and Dr. Watts should now be updated into your Steam folder. c: It's currently Windows-only, but the Mac version should be incoming soon, with the Linux version sometimes this week.

Post & info here:
http://freebirdgames.com/2015/02/18/sigmund-minisode-2-released/

To play it, get the free DLC, and then launch the game manually from the To the Moon \ Minisodes folder in your Steam directory.
[Right click To the Moon from Steam library -> Properties -> Local Files tab -> Browse Local Files]

Hope you enjoy it!

30 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“How do I explain why it’s brilliant without spoiling what makes it so?”
9/10 – Eurogamer

“It’s simple, poignant, and full of heart.”
10/10 – GamePro

“To the Moon is a game you must play.”
8/10 – GameSpot

"I guess the music's kinda nice..."
-Developer's Aunt

"It is no less than absolutely beautiful."
10/10 – PC PowerPlay

このゲームについて

Dr. Rosalene and Dr. Watts have peculiar jobs: They give people another chance to live, all the way from the very beginning... but only in their patients' heads.

Due to the severity of the operation, the new life becomes the last thing the patients remember before drawing their last breath. Thus, the operation is only done to people on their deathbeds, to fulfill what they wish they had done with their lives, but didn’t.

This particular story follows their attempt to fulfill the dream of an elderly man, Johnny. With each step back in time, a new fragment of Johnny's past is revealed. As the two doctors piece together the puzzled events that spanned a life time, they seek to find out just why the frail old man chose his dying wish to be what it is.

And Johnny's last wish is, of course... to go to the moon.

Key Features

  • A unique story-driven experience
  • Innovative mix between adventure game elements and classic RPG aesthetics
  • Acclaimed original soundtrack that closely ties to the story
  • An espresso execution with zero filler and no time drains

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    • OS:Windows 98, XP, Vista, 7, 8
    • Processor:Intel Pentium III 800 MHz
    • Memory:512 MB RAM
    • Graphics:1024x768 High Color +
    • DirectX®:9.0
    • Hard Drive:100 MB HD space
    • OS: OS X 10.6.8
    • Graphics: OpenGL 2.0 capable graphics card
    • Hard Drive: 500 MB available space [/list]
    • OS: Major Linux Distribution from 2010
    • Graphics: OpenGL 2.0 capable graphics card
    • Hard Drive: 500 MB available space
参考になったカスタマーレビュー
12 人中 12 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.9 時間
投稿日: 3月19日
記述日 2015.2.28
お勧め度 ※1 ★★★★☆
プレイ時間 7時間程度
プレイ難易度 クリア
情報 なし
※1 星の数の説明は私のプロフィール欄に記載されています。

【概要】
海外のRPGツクールで製作された有名な作品だそうです。
アドベンチャーゲームとなっており、感動的なストーリーです。
簡単なパズル要素も申し訳程度にあります。
基本ネタバレになってしまうため、ざっくりとした説明だけ書いておきます。

[登場人物]
操作可能な二人・・・・人生の最後を迎える人に果したかった夢を提供するのがお仕事
おじいさん・・・・今回の対象者。夢は「月に行く事」だが、なぜなのか本人もわからない様子。すでに昏睡状況
おじいさんの妻・・・・灯台大好き。突発的にうさぎの折り紙を折ったり、髪を切ったりと謎の行動をする

**長所**
  • 感動的なストーリー
  • 音楽を含め、演出が素晴らしい
**短所**
  • ボリュームが3時間程度

【総評】
純粋に素晴らしいストーリーでした。
日本語化はできませんが、日本語版が個別でPLAYISMから発売されているので個人的にはそちらをお勧めします。
私は翻訳サイトを利用しながらのため、意訳という意味でそれはそれでいいのかもしれませんが、とても疲れました・・・。
なお、2015年2月に無料DLCがリリースされたのでやったことある人も再度やってみてはどうでしょうか?

↓↓↓以下ネタバレ気味なのでクリアした人向け↓↓↓
私個人としては最後は少し否定的な立場ですね。
なぜなら、夫婦として墓に入るのにお互いの思い出が全く違ってしまうのはどうなのかと感じたからです。
すれ違いなどがあったとしても、最後を迎えた二人がお互いに違う思い出を胸に夫婦として並ぶのはある意味悲劇的なものに思えました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 10 人 (77%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 3.8 時間
投稿日: 1月5日
「結末じゃなくて、そこまでの一瞬一瞬の過程が大事なのよ」

プレイ時間は3時間弱。
基本はフィールド探索、後は少しの簡単なパズルで出来ているので
ゆるりとプレイすることができました。

ストーリーとしては、
今際の際の老人の理由の分からない『月に行きたい』という願いを叶えるため、
マシンを使い、記憶を辿り、理由を探って、記憶を改変することによって
そのお願い叶えましょう、というお話。

けれどもやはり理由が分からないのにそう簡単にうまくいく筈もなく、
記憶を辿るうちに露出する老人の人生が本当になんとも...。

プレイ終わった後にふと二色のウサギを思い出してまたちょっとホロリ。

しんみりしたい時に少し長めの映画でも見る気持ちでプレイするといいかも。
最後はティッシュも忘れずに。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 5 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 3.7 時間
投稿日: 2月7日
一期一会。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 5 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 14.6 時間
投稿日: 2月1日
主人公の二人は、人の記憶を探る事ができる特別な装置を使って、願いを叶えるという仕事をしています。
記憶の奥底見て、依頼主の本当の願いを調べて行くことがこのゲームの目的です。
依頼主であり、記憶がこのゲームの舞台となる、おじいさんの願いは「月に行きたい」。
主人公のコンビは、早速おじいさんの記憶の中へ……。というストーリーです。

このゲームの特に素晴らしいと思ったところは、テキストとBGMの素晴らしさです。
主人公の二人は、あまり仲が良くないのですが、お互いの掛け合いが見ていて微笑ましく、シリアスなシーンでも彼ら「らしさ」があって楽しいです。
おじいさんとおばあさんの会話は、ネタバレになってしまうのであまり詳しくは書きませんが、お互いの「好き」があるからこその厳しさを感じる会話が多く、それ故に二人の馴れ初めを見るとホロリときてしまいます。

そういったイベントシーンを盛り上げるのがBGMです。このゲームは、あるBGMがストーリーに大きく関わってくるのですが、それを聞くとゲーム中の感動的なシーンが浮かび上がってきてしまうくらい名曲だと思いました。他にも何度も聞きたくなるような名曲があるので、私はサントラ付きを購入するのをおすすめします。

おじいさんの記憶を見ていくと、ああ、これはこういうことだったのかと思わせるものがあり、キーアイテムを見直すと感慨深いです。
ストーリーは数時間で終わるので、サクッとプレイしたいときにおすすめです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
49 人中 44 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 5.0 時間
投稿日: 1月13日
Concise and beautiful.

It's a short game, but I would definitely say it's worth the purchase. The soundtrack is superb, it evokes a lot of emotion. I personally find it important to have a good soundtrack let alone a great story. I loved the way they progressed through the story backwards and still successfully made the game play out smoothly. I wouldn't suggest buying this game if you're purchasing games for gameplay or graphics. To the Moon is basically a story but you have to push buttons to read it. When I first began the game, I had a mindset where I believed the story was going to be linear, predictable. But I was wrong! I found myself wanting to know more, because a lot is left out and told to you later. I didn't think the game was "too short," I thought it was perfect. Just like watching a movie.

Granting a bed ridden elderly person's wish through altering his memory. Interesting. Throughout the game you will realize that you will be encountering powerful symbolism and significant events that led to the present day John.

I cried.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い