War Thunder is a next generation MMO combat game dedicated to World War II military aviation, armored vehicles, and fleets. You will take part in all of the major combat battles, fighting with real players all over the world.
リリース日: 2013年8月15日
すべてのトレーラーを見る(全 3 本)

War Thunder をプレイ

Free to Play

War Thunder - Steam Pack を購入する

War Thunder Steam Pack includes premium airplanes, two single-player campaigns, one month of Premium account upgrades, and 1700 Golden Eagles!

最新の更新 全て表示(432)

[Historical] Uncrossable Runway: the Battle of Milne Bay

2014年7月29日

"It was a bastard of a place. It rained solidly for weeks and the mud was waist deep in parts and if you fell, you drowned.”
- Angus Suthers, Captain 2/12 Battalion

Allied troops arrived in Milne Bay at the eastern tip of New Guinea in June 1942, consisting of an Australian militia battalion and US airfield construction teams. Surrounded by mountains and often shrouded in low clouds, the area receives 200 inches of rain a year. This “tropical paradise” was rife with malaria, scrub typhus, leeches and parasites, and the constant rain insured everything was always wet. This would take a heavy toll on the troops.

On the 21st of July, the first of three airstrips built at Milne Bay was ready, completed with steel Marsden matting over the crushed coral base. Any plane leaving the matting would sink into stinking mud. The very next day, the first RAAF P-40 Kittyhawks of No. 75 and No. 76 Squadron arrived.

The Japanese first attacked on August 4th with four Mitsubishi Zero fighters and one D3A Val dive-bomber. One Kittyhawk was destroyed on the ground, while 8 Kittyhawks from No. 76 Squadron shot down the Val. The remaining Zero's withdrew taking with them valuable information of the allied presence.

The Japanese returned on the 27th of August. Eight Val dive bombers and seven Zero fighters would make a desperate attack on the number 1 airstrip with the support of a flight of Betty Bombers. However, a patrol of Kittyhawks was able to fend off this attack, with the loss of just one Kittyhawk. The Japanese lost five planes.

Meanwhile, the IJN had landed their troops and was pushing the Australians back along the coast road. Casualties were heavy on both sides as sickness and exhaustion kicked inl. The Australians committed only small forces to delay the Japanese and prepared to defend Milne Bay. The construction details spent this time readying the cleared area of the 3rd strip to become a thousand yard wide killing zone. This was no hurried position, the American engineers had bulldozed all the topsoil to the western side of the runway, and formed a continuous line of defensive works armed with Vickers machine guns. These were backed up by American half-tracks with their heavy machine-guns, mortars, and 25-pounder artillery to the rear. The flanks of this position were secured by multiple Bren guns.

The early hours of August 31st would decide the outcome of the battle for Milne Bay. At 3am, the Japanese began an all-out night attack, making at least three “banzai” charges across mined runway of the No.3 strip. Tracer fire lit up the battlefield so well that the signals officer Lieutenant Ernie Bain of the 25th battalion claimed he was able to read his map by the light.

Each Japanese attack was broken up by heavy defensive fire, the onrushing Japanese were mowed down in swathes. Commander Hayashi, the CO of the the Japanese force at Milne Bay, would later be found amongst his men on the field. Shortly before dawn, a single bugle was heard signalling the end of the attack.

All this was achieved with the odds stacked in favour of the Japanese. The IJN had complete control of the sea. They could dictate when and where the battle would take place, but the Japanese forces ended up charging against machine guns over the 3rd airstrip. Most of the Australians were were not ready, trained, or prepared for the terrain and the fighting methods required. However the one thing the Australians had that tipped the balance in their favour, were the Kittyhawks. The RAAF’s 75th and 76th squadrons tireless, relentless and at times reckless sacrifice proved the deciding factor.


Aaron “anglomanii” Lentz

0 件のコメント 詳細を見る

Combined Arms battles in Simulator Battles are disabled at the moment!

2014年7月29日

Update

For the time being the test for separated aircraft and tank modes will be going on in Simulator Battles. We will announce when the testing ends.


The War Thunder Team

2 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"War Thunder extremely easy to slip into"
Rock, Paper, Shotgun

"Most Historically Educational Way to Destroy Planes"
GameSpot

"With fun, exciting combat combined with plenty of customization and room for personal skill, this game is sure to be a fan favorite."
http://www.mmorpg.com/gamelist.cfm/game/623/view/reviews/loadReview/266/Gaijin-Strikes-Gold.html

ゲームについて

War Thunder is a next generation MMO combat game dedicated to World War II military aviation, armored vehicles, and fleets. You will take part in all of the major combat battles, fighting with real players all over the world.

War Thunder offers a highly detailed and personalized aviation experience, giving players access to hundreds models of planes with detailed cockpits, dozens of upgradeable weapons, and flying skills that can be honed and improved with each mission. Thanks to the game’s painstaking attention to detail, you’ll truly feel like a World War II fighter pilot as you plunge into battle.

The genuine World War II experience isn’t limited to the skies. The massive historical battles featured in War Thunder cannot be fought by aviation alone, so the game will also expose players to combat on land and at sea. Currently the game is in open beta stage and full functionality is yet to come.

Features Include


  • Varied PvP-experiences set in full-scale combat missions
  • Multiple settings options allow advanced virtual pilots and beginners to enjoy playing the game together
  • Rich PvE content: dynamic campaigns, solo missions, mission editor, and much more for single-player and cooperative gameplay
  • Impressive diversity includes detailed models of planes and their cockpits, as well as tanks and ships
  • Astonishing graphics, authentic sound effects, and beautiful music

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP2, Windows Vista SP1, Windows 7, Windows 8
    • Processor: 2,2 GHz
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: Nvidia GeForce 7XXX series or higher; AMD Radeon 1XXX series or higher
    • DirectX: Version 9.0c
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 8 GB available space
    Recommended:
    • OS: Windows 7,
    • Processor: dual-core 2,4 GHz
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: Nvidia GeForce 460 or higher
    • DirectX: Version 9.0c
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 8 GB available space

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • OS: 10.9 Mavericks
    • Processor: Intel Core i7
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: AMD/Nvidia/Intel HD 4000
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 8 GB available space
    Recommended:
    • OS: 10.9.2 Mavericks
    • Processor: Intel Core i7
    • Memory: 8 GB RAM
    • Graphics: AMD/Nvidia
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 8 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
22 人中 19 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,547
11 件のレビュー
記録時間: 211.5 時間
男の夢がたくさん詰まってるそんなゲーム

10/10
投稿日: 2014年5月10日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
21 人中 16 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 144
79 件のレビュー
記録時間: 125.3 時間
Very Good. its free a game . (日本語対応)★★★★★★
Очень хороший.(2013年ゲーム賞を受賞)

昔、友達同士で”スターフォックス64”を戦ったのが最初の対戦型3Dフライトゲームでした。
あの時は、4コンだったので負けた人と交代という形でしたが、
今では、インターネットオンラインで多人数対戦が可能になりました。
しかも、課金しなくても無料で遊べます。ドックファイト!
アーケードにすれば簡単なので初心者でも、とっつきやすいと思います。
フライトコントローラあればなおいいですがキーボードでも十分いけます。
ヘビーユーザーはシミュレーターモードもおすすめ。
さすが、ロシアです。

※空軍のみ実装されているが、陸軍はクローズベーター中・海軍は未実装。

--------------------------------------------------------------------------------------
<ゲーム内容解説> 
ゲームモードは、シングルミッション・ダイナミックキャンペーン・COOP・カスタム・マルチ対戦と。おまけにリプレイモードも付いてます。
一試合:10分~30分で、最大16vs16に分かれて戦います。
フレンドと4人まで分隊組んで、マッチできる。
操作難易度は3種類(アーケード・リアルスティック・シミュレーター)
勝利条件は、相手のゲージが無くなれば勝ち。
①敵の地上部隊・海上舞台を破壊
②A・B・C地点を占領or破壊
③敵チームの航空機を破壊
④敵の本拠地を爆撃して破壊

航空機は大きく分けて、
戦闘機(陸上(対地)戦闘機・艦上(海軍)戦闘機・重戦闘機・水上戦闘機・高速戦闘機)
爆撃機(急降下爆撃機・(軽爆撃機・中爆撃機・重爆撃機)・対地攻撃機・雷撃機・飛行艇)

<初心者ガイド>
①まず、最初にランチャーを起動して右上の言語を日本語に選択しましょう。
②アカウント作成しましょう。(アカウントお持ちの方はそのまま使えます)
③国を選びましょう。(どの国を選んでも後で他の国も全部アンロックされます)
④チュートリアル開始しますので、初心者はしっかり覚えましょう。(左上のメニューからチュートリアルを始められます)
⑤最初の画面の下にあるクルー募集を二つまで増やしましょう。
⑥クルー表示の所で能力を上げましょう。
⑦ゲームを始めましょう。平均スコアー1000を取れるようになると、スコアー2000も取れるようになるので楽しくなってくるはずです。

解説動画 ↓
http://www.youtube.com/watch?v=XFY1qhzjsWU&index=2&list=PLnDbkP-VTED63fpW-nbY_qSbXHB2aIe-Z

JP - wiki ↓ (上級テクニック)
http://wikiwiki.jp/warthunder/?%A5%C6%A5%AF%A5%CB%A5%C3%A5%AF

<良い点>
①課金しなくても、他のプレイヤーと同じ土俵で遊べる。
②しかも、無料。
③他のフライトと比べるとカジュアルなので、初心者でも簡単。
④人数が多い。
⑤日本語対応
⑥航空機豊富
⑦武器・刺青をカスタマイズできる。
⑧育成モードがある。
⑨1日1回ボーナスがある。(日本時間9時最新)
⑩マップが豊富


<悪い点>
①IL-2 と Wings of Prey の良い所がなくなっちゃったのが残念。
②育成モードがちょっとめんどくさい。
③ゲームバランスが完璧でない。途中抜けしたプレイヤーのチームは圧倒的に弱く、爆撃しないチームも負ける率が高い。
④アカウント作成必要で、鯖が重くて入れなかったり、分隊に入れない時があったり、落ちたりする。
⑤アーケードがよりカジュアルになったのでヘビーユーザーには物足りない。

<課金について>
①歴代の試作機を使用できる。
②高クラスの新機を早くアンロックができる。
③クローの能力と戦闘機の装備を早く上げることができる。
投稿日: 2014年3月7日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 74
5 件のレビュー
記録時間: 295.0 時間
第二次世界大戦の直前から朝鮮戦争までの飛行機・戦車に乗って戦う基本無料オンラインゲーム。基本無料と聞くとなんとなく悪いイメージを持つ方も多いとは思うが、このゲームの運営はそこまで課金させたいわけでもないらしく、露骨な課金者優遇はない。
 戦車は実装されてから日が浅いため、メインコンテンツは飛行機であると言っていいだろう。一応、今のところは本当に一応だが戦車と飛行機は同じマップで共闘できる。他のゲームに例えるならリアル志向なWoT・WoWPと言えば間違いないだろう。ちなみに海軍の実装も予定されているが、いつになるかはわからない。
 使用できる国は米・英・日・独・ソの五カ国、戦車は独・ソの二カ国。イタリアの航空機はドイツツリーに含まれているが、今後独立する予定。

 このゲームの大きな特徴は、マウス操作がかなり単純化されているので変形FPS/TPS感覚でプレイできるということと、ルールやシミュレートのリアルさによって3つのモードに分けられていることである。
 最もカジュアルなのがアーケードバトル。マップは架空のもので、プレイヤーは空中でスポーンし、敵味方に国の縛りがない。機体スロットの数だけリスポーンでき、弾薬や爆弾などは空中でリロードできる。機体性能が高めに設定され、どれだけ急に旋回しても失速することがないなど、シミュレートもかなり簡易化されている。
 次のモードがリアリスティックバトル。史実を元にしたマップで、基本的には飛行場や空母にスポーンし、着陸・着艦をしなければリロードできず、一度撃墜されれば再出撃はできない。
 最後がシミュレーターバトル。敵のラベル表示がなくなり完全に目視で戦闘することを求められる。シミュレートも最も複雑で、他のモードではかなりの部分を補助してくれるシンプル操縦が利用できなくなり、マウスでのプレイはかなり厳しくなる。

 これまでにこの手のゲームをやったことがないという人でも、先述の通りマウス操作は簡単だし、アーケードバトルならハードルも低く入りやすいはずだ。どうせ基本無料なので、ダメで元々、試しにプレイしてみてほしい。飛行機が好きな人にはオススメだ。
投稿日: 2014年7月18日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 33
1 件のレビュー
記録時間: 660.2 時間
One of my favorite game of all time.
Cannot wait for the Ground force and Fleet updates.
投稿日: 2014年2月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 302
45 件のレビュー
記録時間: 475.4 時間
Wings of PreyやBirds of Steelがこう進化しちゃいましたかって思わず驚いちゃう一品。
WW2コンバットシムゲームだと2014年現在ではこれぐらいちゃんと作られてるゲームは無いんじゃないでしょうか。
って言うとIl2とかAHとかやってる人に怒られそうですけれど、まぁいいんです、オープンβでもここまでやれるんですから。
F2Pの運命である無課金がちょっと大変っていうのは残念ながらあるんですけれどそういうの差し引いても素晴らしいゲームではないかと思います。
Play it now
投稿日: 2014年2月26日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
28 人中 25 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 97
1 件のレビュー
記録時間: 172.2 時間
日 米 ソ 独 英など8カ国以上の第2次世界大戦初期から朝鮮戦争までの機体で遊べる、どの国も個性的な性能の飛行機を持っていて初心者はソ連及び米国の飛行機がおすすめ、難易度もアーケードなら誰でも簡単に操作ができるためプレイヤーの腕の差があまりでない(と思われる)、チュートリアルも丁寧で分かりやすく教えてくれるので初心者にも安心、ゲーム自体もリアルでHP制ではなく機体やエンジンとパイロットの耐久力によって撃墜されるかされないか決まってくるので落ちないときは何百発当たっても落ちないしまた一撃でエンジンがぶっ壊れてお釈迦になればパイロットが即死する時もあるのでシビアで運次第なところもある 個人的には雷撃機が好きなので敵艦の対空砲火のど真ん中に突っ込みつつ後方からの敵機の機銃掃射の危険をも顧みず一撃必殺の魚雷攻撃を敢行する瞬間 的な妄想を味わいたい人にはなおオススメ基本無料なのでお気軽に。 
投稿日: 2014年1月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

受賞リスト