Kerbal Space Program is a multi-genre game where players create their own space program.
ユーザーレビュー: 圧倒的に肯定的 (13,449 件のレビュー)
リリース日: 2013年3月20日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

早期アクセスゲーム

今すぐアクセスしてプレイ開始;開発途中のゲームに参加しよう。

注: この早期アクセスゲームは開発段階によって大きく変わることも、そうならないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。 詳細はこちら

開発者からの注意書き:

“KSP is still under development. This means the game will be improved on a regular basis, through updates that add new features, content and bug fixes, so make sure to check back for new versions.



The game is being built as a sandbox first, so there are no objectives yet, but we want you to try it out and have fun with it already. You're free to build anything you can think of, and there is an entire Solar System to explore.



During development, KSP is available for purchase at a discounted price, which will gradually increase up to its final retail price as the game nears completion. So by ordering now, you get the game in its current state, and you'll get all future updates for free.”
詳細を見る

Kerbal Space Program を購入する

 

キュレーターによりおすすめされています

"Do you like making things go fast? Is "this obviously needs more rockets" something you say on a daily basis? Then get KSP and launch some Kerbals!"

最新の更新 全て表示(14)

10月7日

Kerbal Space Program: Economic Boom is Now Available for Download!



Kerbal Space Program, the award-winning, indie space agency sim game from Squad, released its latest update, Economic Boom, and it is available to play today.Updates are free to existing players. KSP: Economic Boom offer new players the most fully-realized version of the game, which is still in active development for PC, Mac and Linux as an Early Access title on Steam and via the game’s website.

Players will experience a new challenge as the Kerbal Space Center, where players build and launch their rocketships, is now fully destructible. Buildings can be decimated by poorly-steered rocketships and in the game’s Career Mode, require costly repairs for players trying to manage their space agency.

Among these buildings is the new Administration Facility, in which players can select and activate Strategies. The Strategy system is a new gameplay mechanic, where each strategy, once accepted, applies effects over several game aspects, specifically Kerbal Space Program’s three in-game currencies, Funds, Reputation and Science. Some examples include:

  • Aggressive Negotiations: Enables players to get a discount on the cost of parts but at a cost to Reputation on each ‘discount’
  • Open-Sourced Technologies: Divert Science earnings to make them public domain, increasing Reputation.
  • Unpaid Intership Program: Boost your Science earnings without spending any Funds by hiring unpaid interns to do the data crunching. Working for the Space Program surely is its own reward, isn’t it? Well, as long as an agency’s Reputation lasts that is.

Career Mode is getting a significant addition with the Administration Building and all that comes with it,” Felipe Falanghe, Kerbal Space Program creator and lead developer said. “The Strategy system gives players great freedom to change the rules around, and ultimately it allows them to tune the game to fit their own ways of playing. Also, as it’s fully moddable and new strategies can easily be added, this new feature has a lot of potential for expansion.

The team also worked with modder, Christopher “PorkJet” Thuersam, to incorporate his popular SpacePlane+ parts pack mod to the game. This was more than a simple addition however: Each part was updated for even better looks, and to offer players parts that are there not just specifically for spaceplanes, but that can be used in as many combinations as possible.

The game is now available for 40% off on STEAM and the KSP STORE.

131 件のコメント 詳細を見る

7月25日

0.24.2 Hotfix Patch Released

Hi again,

I'm sure most of you have noticed a mildly infuriating bug related to right-clicking parts after yesterday's patch... So did we. It was fortunately a simple fix, and we've got a hotfix patch available now.

Here's the changelog:

============================ First Contract (v0.24.2)

HOTFIX:

* Fixed a critical issue which prevented opening the right-click menus for several parts.


As always, the latest version is available on the download page at the KSPStore, or an automatic update will be headed your way if you're on Steam.

Happy Launchings,

Cheers

53 件のコメント 詳細を見る
全ての話題を表示

このゲームの掲示板でバグを報告したりフィードバックを残そう

このゲームについて

Kerbal Space Program is a multi-genre game where players create their own space program.


In KSP, you must build space-worthy craft, capable of flying your crew out into space, without killing them. At your disposal is a collection of parts, which must be assembled to create a functional ship. Each part has its own function and will affect the way a ship flies (or doesn't). So strap yourself in, and get ready to try some Rocket Science!


The game is being built first as an open sandbox, you're free to build anything you can think of, and fly it wherever you want, even into orbit and out to other planets and moons throughout the Kerbal Solar System. The first draft of the career mode is also available now, it is still in development, so expect more features!

Key Features


  • The Vehicle Assembly Building and the Space Plane Hangar allows players to build spacecraft out of any imaginable combination of parts.
  • Fully-fledged, Physics-based Space Flight Simulation ensures everything will fly (and crash) as it should.
  • Take your Kerbal crew out of the ship and do Extra Vehicular Activities.
  • Fly out to Moons and other Planets.
  • Procedural Terrain delivers detailed terrain at a vast scale. The Kerbal Planet is 600km in radius!
  • Mod-enabled, allows players to create new content and modify the game.
  • Ship systems. Keep an eye out for engine temperatures and fuel levels, and try not to explode.
  • Build ships with multiple stages, and jettison parts away as they burn out.
  • Full control over the ship’s setup allows for complex ships and advanced functionality.
  • Dock spacecraft together to build Space Stations, Massive Starships, or even surface bases on other worlds.
  • Manage your crewmembers, hire them, and send them out into space and make them into heroes.
  • Research and Develop new technologies to advance your Space Program.

Planned Features


  • Take on Missions to attract interest in your Space Program.
  • Discover new worlds and expand the scientific knowledge of Kerbalkind.
  • And a whole lot more!

システム要件

Win
Mac
Linux
    Minimum:
    • OS:Windows Vista
    • Processor:Core 2 Duo
    • Memory:3 GB RAM
    • Graphics:SM3 512MB VRAM
    • Hard Drive:1 GB HD space
    Recommended:
    • OS:Windows 7
    • Processor:Core i3
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:SM4 1GB VRAM
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • OS:Snow Leopard
    • Processor:Dual Core Intel
    • Memory:3 GB RAM
    • Graphics:SM3 512MB VRAM
    • Hard Drive:1 GB HD space
    Recommended:
    • OS:Mountain Lion
    • Processor:Core i3
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:SM4 1GB VRAM
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • OS: Linux (Most distros should work)
    • Processor: Core 2 Duo
    • Memory: 3 GB RAM
    • Hard Disk Space: 1.5 GB HD space
    • Video Card: SM3 512MB VRAM
    Recommended:
    • OS:Ubuntu 14.04
    • Processor:Core i3
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:SM4 1GB VRAM
    • Hard Drive:2 GB HD space
参考になったカスタマーレビュー
25 人中 25 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 30.3 時間
早期アクセスレビュー
小さいころに積み木やブロック遊びで車や飛行機を作ったという経験は誰しもあるかと思います。
もちろん中にはロケットを作った人も当然いると思います。
そんなブロックのロケットを手に持って打ち上げごっこを遊んだこともあるでしょう。

KSPではそんなブロック遊び感覚でロケットを作り打ち上げることが出来ます。
もちろん作って打ち上げるだけではありません。
大気圏を突入して地球周回軌道に乗ったり、
月までいってみたり、あるいは宇宙ステーションを建設してみたり、
いっそスイングバイを利用して火星まで行ってみたり・・・。

ブロック遊びのロケットが物理法則に則って月へ、火星へ、宇宙へと飛んでいく。
KSPはそんな子供のころの夢を叶えてくれるゲームです。
投稿日: 5月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
14 人中 11 人 (79%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 0.1 時間
早期アクセスレビュー
ロケットを爆発させて四散させて飛行士を100人ぐらい殺してから月に行くゲーム。
上下のスラスタバランスがどうこう、切り離し順がどうこうと頭をひねりながら一つ一つ問題を解決していくのは、子供のころにやったレゴブロックや、工作を思い出させてくれる。
月に行ったときの感動は本当にすばらしい。宇宙開発の道に進みたいとも思わせてくれる瞬間であった。

とりあえず月にいったらmodを数個、スレでオススメを聞いて入れるといい。
投稿日: 7月20日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 164.2 時間
早期アクセスレビュー
現在およそ100時間ほどプレイ。月と第2の月と火星にいきました。
ちょっと見た感じ、緑の宇宙人のせい(?)でバカゲー系のシミュレーターに見えたり思われたりしますが、相当硬派な宇宙旅行シミュレーターです。
最初はロケットはまっすぐ飛ばない、墜落したりしますがいろいろと学んで初めて地球から月への往復達成したときの感動はすさまじいものです。
難しそうと感じる方も多いみたいですが、予備知識はあんまりいらないです。それよりも調べることが重要。

現状自分が感じてる不満点としてはロケット作成のときにパーツが増えすぎると異常におもくなることと飛行の時に物理エンジンがおかしくなっていくら補強しても爆発したりすることですね。早期アクセスなのでしょうがないのですが早めに対策してほしいです。

modによってかなり将来性もある可能性です。ロケットによる飛行だけではなく今後ほかの惑星に植民とかできたりしたら最高ですね。
投稿日: 5月9日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 49.2 時間
早期アクセスレビュー
たのしいうちゅうかいはつ

14年5月現在できること
・自分だけの宇宙船や飛行機、ローバーを作って飛ばす
・パーツのパージや衛星軌道でのドッキング補給なども可能
・緑達の住む星以外の星へ行ってサンプル回収・調査などして新しい技術を開発しより高度なパーツをアンロックしていく

操作が面倒くさくなってきたらMODのmechjebである程度オートパイロットも可能
投稿日: 5月6日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 360.3 時間
早期アクセスレビュー
多種多様なパーツを自分の好きなようにくっつけ、ロケットや飛行機として飛ばすことが出来ます。
しかし、このゲームの世界は甘くはありません。
簡易的なものではありますが、重力や空気抵抗などの演算があり、現実の宇宙工学、軌道力学の片鱗に触れることが出来ます。
(例:ツィオルコフスキーの公式、宇宙速度、スイングバイ)
このシュールながらも現実味を感じる物理演算のリアルっぽさがこのゲームの最大の魅力だと思います。
もっとも、あくまでゲームなので本当に厳密な計算ではないため、コツがつかめれば適当でも飛ばせます。
ニコニコ動画やYoutube、日本語wiki等に情報も十分あるので安心です。
MODも豊富にあり、非公式ではありますがリアルタイムに同期が取れるマルチプレイMODも存在します。
演算をよりリアルに近づけるMODや現実に存在するデザインのロケットパーツMODなども存在します。
このゲーム自体は数年前から開発が続いており、年に数回のアップデートを続けている状態なので、
いつ製品版になるかは分かりませんが、開発版の多少バグのあるゲームに理解があるロケットが大好きな方にはとてもオススメです。
注意点としては、メモリを3GB程使用するので、メモリを8GB以上搭載しているPCでのプレイが推奨されます。
投稿日: 10月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
56 人中 51 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 290.4 時間
早期アクセスレビュー
自分だけの宇宙計画を進めていくシミュレーションゲーム。
プレイヤーは地球に似た架空の惑星に住む緑の生物を操作して、他の惑星やその衛星の探査、宇宙ステーションの建設などを行う事ができる。
ロケットの組立は非常に簡単で、操縦もフライトシミュレータをかじっていればすぐに慣れるはずだ。しかし軌道力学や物理演算に関してはリアル寄りなので、初心者がいきなり月までひとっ飛び、とは行かない奥深さがある。
ある程度の操縦技術を身につけるまでは大して面白くないかも知れないが、反面ドッキングや軟着陸、他の惑星への軌道計算が難なくこなせるようになれば楽しみ方は無限大だ。

また物理演算ベースのゲームであるため、ロケットやスペースプレーンとは関係のないMODも充実している。ヘリコプターやレシプロ機のパーツを追加するMODはもちろん、果ては空母を建造することだってできる。
その気になれば惑星から出なくても、いくらでも楽しめるかもしれない。なにせ、そこらのオープンワールドゲームとは比較にならない程の広さ、惑星丸ごとが行動範囲なのだから。

私はSFが好きで、アイザック・アシモフの『2001年宇宙の旅』から始まる4つの作品を愛読していたのだが、木星での大気制動をゲームで再現した時は鳥肌が立つほど高揚した。
子供の頃にロケットが好きだった人、リアル寄りのSFが好きな人、何より宇宙が好きな人には是非おすすめしたい作品である。

なお、このゲームは開発段階なので、これから要素がどんどん追加されるはずだ。完成まで待つもよし、今の内に安価で買うもよし、である。
投稿日: 1月17日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ