神秘的な雰囲気のこぢんまりとした世界を歩きまわり、その手の剣で戦い、またソーサリーを発動して神秘に満ちた音楽的謎を解き明かしていきます。
ユーザーレビュー:
Overall:
非常に好評 (1,773 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,773 件中 80% が好評です
リリース日: 2012年4月16日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Superbrothers: Sword & Sworcery EP を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Capy Games Bundle を購入する

4 アイテムを同梱: Critter Crunch, Might & Magic: Clash of Heroes, Super Time Force Ultra, Superbrothers: Sword & Sworcery EP

 

レビュー

“...a beautiful and enthralling adventure that feels both archetypal and unique”
9/10 – Gamespot

“...masterfully blends music, art, storytelling and gameplay in deeply poetic ways that you just don’t see very often.”
9/10 – IGN

“It’s genuinely beautiful, with moments of stark evocative beauty, sharp with strangeness.”
Rock Paper Shotgun

このゲームについて

Superbrothers: Sword & Sworcery EP/『スキタイのムスメ:音響的冒剣劇』は個性的なオーディオとビジュアルで彩られた冒剣活劇アクションアドベンチャーです。神秘的な雰囲気のこぢんまりとした世界を歩きまわり、その手の剣で戦い、またソーサリーを発動して神秘に満ちた音楽的謎を解き明かしていきます。友人と Twitter でコミュニケーションを取ったり、月の満ち欠けに影響されるゲーム世界を体験したり... 放浪の騎士であるムスメが果たすべき使命を、あなたは無事手助けできるでしょうか。

Superbrothers: Sword & Sworcery EP/スキムスは、著名なジム・ガスリーのオリジナル楽曲がアルバム一枚分とSuperbrothers Inc による素晴らしいアートワーク&デザインがビデオゲームの魔法使いであるトロントのCapyの手によって詰め込まれたタイトルです。

楽曲は「Steam」ディレクトリ以下、「Superbrothers: Sword and Sworcery EP」フォルダに格納されます。

...Steam\\steamapps\\common\\superbrothers sword & sworcery ep\\soundtrack

主な特徴:

  • 時は青銅器時代、場所は山岳地帯のある荒れた土地。あなたはその手で戦士を導いて、時には凄まじい戦いで勝利をもぎ取り、さらには神秘的な音楽パズルをずんずん解き明かしていきます。さあ、スキタイのムスメが抱える果たすべき使命を、最後まで見届けましょう。
  • 熱意全開のファミコン・ドリームがここに。神話の香りに満ち、あきれるほどに描きこまれた詩的世界、現実世界の月の満ち欠けが影響するゲームプレイの着想/制作に Superbrothers Inc。
  • じっくりしっとり聞ける、プログレロックコンサートレコード。伝説的音楽家、ジム・ガスリーのオリジナルアルバムはまさに耳へのごほうび。
  • 大画面での上映にも対応するレベルでリマスター済み。新エディションではギザギザ無縁の美麗ピクセル、より輝きを増したオーディオミックスを実現。ホームシアターやシネマでの投影にも最適です。
  • カーソルを自在に動かしてクリック。スキムスの電子コンピュータ向け新エディションでは 2 ボタンマウスによる入力でオリジナルそのままの体験ができるよう、Capy 社のビデオゲーム魔術師たちがその腕を存分に振るっています。
  • ツイート、しちゃう?スキムスに潜む謎を解きながら、友達同士でヒントや何やかんやを送りあってみるのも楽しいですよ。

サウンドトラックの詳細:

ジム・ガスリーの 圧倒的名盤「Sword & Sworcery LP: The Ballad of the Space Babies」は同氏が放つプログレッシブロックコンサートアルバムの金字塔。Kotaku で「2011 年ベストゲーム音楽」に選出された他、Double Fine の Tim Schafer 氏も「音楽がアメイジング。俺の人生をジム・ガスリーに作曲してもらいたい」と激賞。

Track List:

  • Dark Flute 02:40
  • Lone Star 02:35
  • Doom Sock 02:35
  • The Prettiest Weed 02:19
  • The Cloud 03:50
  • Under A Tree 05:03
  • The Maelstrom 01:56
  • The Ballad Of The Space Babies 03:06
  • Unknowable Geometry 04:02
  • Bones McCoy 02:06
  • Ode To A Room 01:43
  • The Prettiest Remix 00:56
  • The Whirling Infinite 02:30
  • Little Furnace 03:25
  • Bonus Track Intro 00:01
  • Cabin Music (Bonus Track) 02:39
  • Battles 1(Bonus Track) 00:48
  • Battles 2 (Bonus Track) 00:35
  • Com64 (Bonus Track) 01:21
  • Mushrooms (Bonus Track) 02:15
  • Death To Everyone (Bonus Track) 01:13
  • Confronting The Wolf (Bonus Track) 01:20
  • Up A Mountain (Bonus Track) 01:28
  • Activating Trigons (Bonus Track) 01:23
  • How We Get Old (Bonus Track) 05:21
  • And We Got Older 04:47
  • Bonus Track Outro 00:02

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux

    最低要件:

    • OS:Microsoft® Windows® XP / Vista / 7
    • プロセッサー:AMD Athlon 64 2800+ (1.8 Ghz) もしくは Intel Pentium IV (2.8 Ghz)
    • メモリ:1 GB RAM以上
    • グラフィック:128MBのビデオメモリ搭載のグラフィック・カード
    • DirectX®:9.0
    • ハードドライブ:500 MB HD space
    • サウンド:DirectX 9.0 以上に対応するサウンド・カード

    HD シリーズよりも前の ATI 社製グラフィック・カード (例: X300、X800、X1300 など) は公式にはサポートされていませんが、多くのモデルで動作します。

    推奨要件:

    • OS:Microsoft® Windows® XP / Vista / 7
    • メモリ:2 GB RAM以上
    • グラフィック:256MBのビデオメモリ搭載のグラフィック・カード
    • DirectX®:9.0
    • ハードドライブ:1 GB 以上
    • サウンド:DirectX 9.0 以上に対応するサウンド・カード
    • OS: OS X バージョンの Leopard 10.5.8, Snow Leopard 10.6.3 以降
    • プロセッサー: Intel Core 2 Duo @ 2.4 Ghz
    • メモリ: 1GB RAM
    • ハードディスク容量: 500 MB 以上の空き容量
    • ビデオカード: 128MBのビデオメモリ搭載のグラフィック・カード
    • OS: Ubuntu 10.10
    • Processor: 1.8ghz
    • Memory: 2GB RAM
    • Hard Disk Space: 1GB Free
    • Video Card: 256mb of video ram
参考になったカスタマーレビュー
43 人中 40 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.5 時間
投稿日: 2015年11月12日
◆ サウンド重視
邦題、『スキタイのムスメ:音響的冒剣劇』。英題だと味気無いが
元々が洋ゲーなので、邦題のセンスが良かったという構図。
内容的には、スキタイ族の戦士である少女が、ある目的を果たすために
古代文明的な遺跡を探索していく、ポイントクリック型謎解きADV。
サウンド面に重点を置いており、ボス戦的な場面ではBGMに合わせて
攻撃や回避のタイミングを図るようなリズムゲーの様相を呈する。

◆ 良くも悪くもスマホゲー相応のカジュアルさ
源流がiOSアプリゲーであるため、UIがモロに
スマホゲーのそれであり、PCでの操作性は最悪。
移動速度や画面切り替えのトロさが気になって
プレイ時の作業感は結構なものだった。また、
日本語対応なのはありがたいのだが、雰囲気重視な体裁の割に
ケータイ小説みたいな脱力系台詞が散見され、それがミスマッチすぎて
個性ゲー以上雰囲気ゲー未満という微妙な評価にとどまってしまった。
この辺りは、スマホの仕様や容量に合わせた作りとしての限界と
ツイッターとの連動機能による字数制限が大きく影響した印象。
そこが逆にこのゲーム特有の味となっている部分でもあって、
キャラ立ちにも資しているところなので一長一短。
丸太さんの日本語での超長いボソボソ一人喋りは必聴。
全実績解除まで2時間。価格に対して些かボリューム不足か。

◆ サントラ再販希望
ゲーム中は、触れたら即死な怪物に追い回されたり
攻撃・回避タイミングを見極める集中力を要したりするため、
このゲーム最大の売りとされるBGMに対して
なかなか意識を向けられなかった。ゲームクリア後に
ようやくじっくりとサントラに聴き入ったがとても良かった。
内容に関しての評価は、おすすめしないとまでは言わない、
サントラありきの評価ならそれだけでおすすめと言える出来なのだが、
当時はゲーム購入と共に付いてきたサントラが
今は外部サイト等で購入するしかなくなっていることが至極残念。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 12 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.2 時間
投稿日: 2月17日
good . ★★★☆☆☆

音響的冒剣劇 と書いてあります。
ゲーム内容は、そのとおり。

前から、すごく気になっていたタイトルだけに残念感はあります。
クソゲーじゃないけど、名作まではいかない。
このゲームを神ゲーとして崇めてるのは少数派でしょう。

※途中で飽きてしまったのでクリアーしてません。
理由は、音響と説明してあるわりに遊び心がない。ただ、場面ごとにBGMを聴かされるだけ。
冒険劇としてはクリックだけの単調作業。アクションも移動も単調。
あと、ライターのセンスがないと感じた。

昔、ファミコンで似たようなゲームたくさんやったな~って感想ですかね。(おなかいっぱい感)
まぁ、グラフィックがきれいなのでいいじゃないでしょうか。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 5 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 3.5 時間
投稿日: 1月16日
繊細で幻想的なドット絵とBGM。
そして操作はクリックのみの、シンプルな謎解き&冒険ファンタジー。

かなりカジュアルな印象。(もとはiOSのアプリ。)
ほどよい難易度でクリアできる。
グラフィックがとにかく美しいので、散策気分を味わいたいときにプレイするのもいいかも!

謎解きは、ふとしたひらめきで解けたときの気持ち良さが◯。
緊張感のある戦闘は、音楽に合わせてタイミングよく攻撃・防衛。
しかし戦闘する場面は少なめなので地味に感じるかも。豪快に剣を振り回したい人にはオススメしないです。

タイトル通り、騎馬民族スキタイの存在する時代設定なのですが、ラップする亡霊がいたり、登場人物の口調がみな現代的、やけにフランクだったり、…スーツ来たおっさんがつきまとってきたり…

そんな、ちょこっとへんちくりんなところが過酷な使命を果たそうとする主人公の、重々しい雰囲気の物語の差し色になっていて面白いです。

このゲームにしかない絶妙な雰囲気、ぜひぜひ体験してみてほしいです。
OSTも要チェック!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
111 人中 76 人 (68%) がこのレビューが参考になったと投票しました
8 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.9 時間
投稿日: 1月28日
In Sword and Sworcery, you're a warrior, The Scythian, on a quest to get the mystic macguffin. You meet a few folks, fight a few beasts, and solve some puzzles (mostly by clicking at the proper time or in the proper order). This is all framed as some kind of "therapy session", presented by "The Archetype", a Fourth Wall-breaking, cigar-smoking quasi-narrator.

The major issue with this game is its far too pre-occupied with being quirky and self-aware. If it were a person, it'd be that guy who confuses the simple act of dressing in a suit and drinking martinis with having charisma and gravitas. He doesn't know etiquette, doesn't have any sorts of skills, has no refinement to his tastes, but covers for it by downplaying the importance of all those things. He's too cool to learn the rules but still thinks he can break them. That he's too good to know that stuff. He has no game, but think's he's a player.

That's what I got out of this game. The gameplay is extremely rudimentary and poorly designed on top of that. Skin pulled across bare-bones. Exploration consists of tromping across a simple path through several screens, very slowly. You click on things of interest to gain to be rewarded often with throw-away lines delivered in that Dudebro vernacular ("We saw a grave on the hill and wondered what was up with that". Riveting).

Puzzles consist of going where the hint tells you. This isn't hard, it's just tedious and time-consuming, due to the aforementioned plodding walking pace. You only have a linear left-or-right path to take anyway. Once you arrive, you hold down the button for five seconds to make your Magic-Mode happen. You then click in an arbitrary fashion on things on the screen. Sometimes it's sheep, sometimes it's trees, sometimes it's birds. There's no logical connection to the objects and the puzzle. There's also no real logic to the order in which you must click them. It's just trial-and-error. It's about as difficult and as fun as stuffing a bunch of random toys into a toy chest so the lid closes.

Combat consists of a rythm game that's extremely rudimentary. You can block, or hit. Wait for the cue, hit the enemy, or block his attack. Sometimes you attack his attack so it's bounced back, and they might bounce it back at you. Repeat until someone screws up.

So on top of this gameplay we get a presentation that's way too satisfied with itself. When something pretends to be much more clever or intelligent than it is, that's the textbook definition of "Pretention".

Don't get this game, it's a waste of time.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
55 人中 35 人 (64%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 5.5 時間
投稿日: 2015年12月4日
5.5 Hours - all achievements and a game that has little replay value. Less time if I used a walkthrough or youtube.

Every review here is so on the fence about this game. This game isn't a horrible mess and its easy to play (but sometimes encompasses a few frustrating puzzles) coupled with this "I'M AN INDIE GAME" mentality prompt both a curious eye as well as a turned nose. And that is the problem....if a person didn't feel some of the vibes that this game was broadcasting and left it more subtle it would have left the player feeling "oh, well that was a cool and quaint little game." Instead there is a "Tweet this" achievement mentality (marketing) and a even a scene where - You're now at a concert rocking out with Jim Guthrie..."who's Jim Guthrie?" Oh an indie rocker that definitely understands his craft and instruments and the composer of this game (which does have a pretty cool soundtrack) but did the game really have to take this route?

Part "me generation" development but "oh no, I'm an Indie" game. And thats the problem. This is why earlier reviews loved it but now every review now currently in the year 2015 is so on the fence. In 2012 perhaps it was cool, perhaps it was "edgy." Now, its a game that tells a quick little story with a few puzzles and backtracking. The whole game can be viewed in youtube and while I do not regret having played it, and I am thankful for the soundtrack, I honestly can not recommend this as a buy. Not with hard earned money unless you just have it to blow.

If it is on sale (under $4) maybe give it a go, otherwise, move along. As there are other games more worthy of an investment as the years progress.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い