From indie pioneers Zen Studios (makers of Pinball FX2 and CastleStorm) comes KickBeat, an innovative rhythm game with a Kung Fu theme, featuring fully 3D characters and high-energy music! You can use your own music to create custom KickBeat tracks, allowing you ultimate replayability!
ユーザーレビュー: 賛否両論 (657 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 657 件中 65% が好評です
リリース日: 2014年1月20日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

KickBeat Steam Edition を購入する

LUNAR NEW YEAR SALE! Offer ends 2月12日

 

Includes songs from Electronic Super Joy

Six exclusive tracks from the Electronic Super Joy OST, by indie electronic artist enV, have been added to the single player campaign. If you enjoyed the Kickbeat soundtrack, be sure to check out Electronic Super Joy, by Michael Todd Games.

このゲームについて

From indie pioneers Zen Studios (makers of Pinball FX2 and CastleStorm) comes KickBeat, an innovative rhythm game with a Kung Fu theme, featuring fully 3D characters and high-energy music! You can use your own music to create custom KickBeat tracks, allowing you ultimate replayability!

New Additions for KickBeat Steam Edition:

  • Six exclusive tracks from the Electronic Super Joy OST by indie electronic artist enV have been added to the single player campaign. There are now 24 tracks in the campaign!
  • Advanced difficulty is now available in Free Play
  • Beat Your Music mode is available much earlier in the campaign, allowing you to create your own custom tracks without having to complete the single player campaign
  • Adjustments have been made to the difficulty progression, helping players adjust to higher levels of play on a better curve
  • Enhanced graphics
  • Customizable keyboard controls + full X input controller support.
  • 42 Steam Achievements
  • Stream Trading Cards
  • Steam Cloud Support

The KickBeat Steam Edition Soundtrack features tracks from a diverse lineup of artists from well known bands such as Pendulum and Marilyn Manson, to indie musicians Celldweller and Blue Stahli, to hidden talents like electronic music producer Voicians and Taiwanese rapper Shen Yi.

KickBeat Steam Edition Soundtrack
Pendulum - Self vs. Self, Propane Nightmares (Celldweller Remix)
Celldweller – Switchback, I Can’t Wait
Marilyn Manson – The Beautiful People
Shen Yi – War Dance
POD – Boom
Papa Roach – Last Resort
Blue Stahli – Takedown, Scrape, Ultranumb
Southpaw Swagger – It’s Showtime
Pre-Fight Hype – It’s Goin Down
Voicians – Fighters, The Construct
Rob Zombie – Scum of the Earth
Styles Beyond – Nine Thou (Grant Mohrman “Superstar’ Remix)
Pre-Fight Hype & Southpaw Swagger – Tug-O-War
enV – Destination
enV – RPM
enV – Vee
enV – Shakestopper
enV – OCP
enV - Bloom

Beat Your Music mode features a set of tools allowing players to use their own music to create custom KickBeat tracks. Experiment with different types of music to create different types of fights!

We got rid of the bars, arrows, button icons, etc. that other music games rely on as action cues and replaced them with fully 3D animated characters. Instead of just seeing characters in the background moving to a preset script as eye candy while the actual gameplay takes place in an abstract 2D interface, you actually control and react to those 3D characters. That means you actually get to focus your attention on what those characters are doing! As you play the game, you're creating your own fight sequence with your button presses. We also let you get rid of all the other interface parts (such as score) if you like, so that there are no distractions from the action.

KickBeat features a full length single player campaign with beautifully hand drawn animations and a unique art style.

Media Quotes

  • “KickBeat succeeds as both a rhythm game and a fighting one” – JoyStiq
  • “Combining slick combat with finely tuned rhythm-action fare, KickBeat was so frenetic it even managed to stir me from my early-morning half-awake sate.” – Pocket Gamer
  • “The hand-drawn animation really stands out in this regard and I found myself getting absorbed by the hypnotic flow of the figures moving in and out of the combat area.” – Destructoid

システム要件

    最低:
    • OS: Windows Vista/Windows 7/Windows 8
    • プロセッサー: Dual Core CPU @ 2 GHz
    • メモリー: 1 GB RAM
    • グラフィック: ]Geforce 8600 GT (GDDR2, 512MB) / Radeon HD 2600 Pro (512 MB) category, DirectX® 10 compatible video card
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 2 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX® compatible sound card
    推奨:
    • OS: Windows Vista/Windows 7/Windows 8
    • プロセッサー: Dual Core CPU @ 2.40 GHz
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Geforce 8600 GT (GDDR3, 512 MB) / Radeon HD 3670 (512 MB) category, DirectX® 10 compatible video card
    • DirectX: Version 11
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 2 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX® compatible sound card
参考になったカスタマーレビュー
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.5 時間
投稿日: 2015年9月11日
Just played Lee's Story at Normal - Mei's story at Hard
If only would there be more story, maybe get that grandpa make some kung fu moves.

I would recommend everyone who likes atleast little bit guitar hero kinda games.
or who likes to tap arrow keys ( or keys which you ever decide to bind them ) in rhytm
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 16 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.8 時間
投稿日: 2014年12月24日
音ゲーとしては非常に分かりにくい出来
基本的に音ゲーってビーマニみたいな「この判定ラインの位置にノーツがやってくるからやって来たら(もしくは判定ライン側がノーツに向かって動くから)重なったタイミングで対応したボタンを叩いてね」かユビートみたいな「この位置にノーツ出る予告するからタイミングよくココ叩いてね」って2種に大別されると思うんだ
一応これは前者よりなんだけどざっくり言うと
「敵(ノーツ)がプレイヤーの周りに現れてしばらくその周囲をぐるっと回ったあと対応した上下左右の位置にやってきて殴りかかるからその時ボタン押してね」になる。カンフーアクションっぽい演出のつもりなんだろうけどこれがスゲー分かりにくい
詳しく言うと皆同じレーンで動くところ、敵ノーツは基本的に1/4周して判定なので一応出てきた位置でわかるんだけど皆同じレーンでぐるぐる回ってるから混乱する。忙しくなるとあれお前そこなの!?って勘違いを起こしやすくなる(敵は同時押しとか長押しとかなら色が違うけど叩く場所で変わるわけではないので…)
殴りかかる時(判定の時)はそいつの足元が光るんだけど判定のときに分かってもしょうがねえよ!もっと前から分かりやすくないと!意外ときっちりしてる判定と相まって譜面の密度が濃い場所なんかはあっても大した意味はない
ていうかぶっちゃけノーツが人っていうのがまず分かりづらい。なんだよ殴りかかる時に押せってアバウトだな!
難易度上げると認識難っぷりがさらにアップ、正直譜面丸暗記しないとつらいししても面白くない
あとカンフーアクション見せるムービー部分挿入するためな感じで1曲の中でも細かくチャプターが分かれてるんだけど、音ゲー的にはプレイヤーのテンポが崩れて面白くない…
間奏でもないのに操作できないタイミングがしばらく混ざるのが個人的にはもんにょりした、せめて歌と展開を合わせてほしい

演出とかの部分をさっぴいてもオススメする出来ではないかな…という感想、というか演出と音ゲーが食い違いすぎてるかな
パラッパやウンジャマラミーみたいにすればよかったかもしれない
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
26 人中 21 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.2 時間
投稿日: 2014年2月8日
「究極のゲ|ム」

元々と言うか今でもアーケードで音ゲーをプレイしている位には音ゲーマーなんですが
異色の格闘音ゲーKickbeat(昔マーシャルビートってゲームがあったとか云々はおいとこう)
DanceEvolutionですらダンスゲーでありながらリップル取得時のエフェクトと音声でノリながらプレイできるのだが

このKickBeatと言うゲームには打撃音と申し訳ない程度のエフェクトしか発生しないため演奏感と爽快感に欠けると言う音ゲーとして致命的な弱点を持っている
演奏時に発生するキー音がどれだけ大切かと言うことを改めて教えてくれるゲームでありました

更に曲間のパートにはBreakが自動で発生してプレイヤーのキメが発生するのだが これが何故かSEが無い為非常に肩透かし むしろ演奏感が余計無くなるので要らないとすら言い切れる
値段相応と言えば値段相応なのかも知れない
コナミ音ゲーユーザーならTOKYOステージの三面が一番ピッタリかもしれない このステージはこのゲーム中一番好きだ

収録曲はロックミュージックが多目 何故か定番のテクノやEDMと言ったダンスミュージックは殆ど無い
が、譜面作成機能はあるので作成は可能なので自分で作れって事なんだろう

安いっちゃ安いし、あのCastelStormの開発元なので出来自体はレビュー程悪くは無い
興味あるなら買い
Steamで売ってる音ゲーの中なら上位の出来であることは保障する
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 11 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.7 時間
投稿日: 2015年4月24日
欠陥品
 ZEN STUDIOのゲームだから期待してみたけどゲーム中に同期ずれが発生し それでミスが出てしまうので ストレスが溜まるだけです
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 3.1 時間
投稿日: 2014年1月27日
リズムに合わせて攻撃を仕掛けてくる敵をタイミングよくなぎ倒していく音ゲー
音楽は、チャイナ的なのではなく全体的にトレーラーのような路線の音楽が多め。
トレーラー曲が好きなら、デフォルト曲で損することはない…と思う。

初見の難易度は高いものの、足元のガイドが点灯する順番を見る、次の敵はハイライトが当たる、
青い敵は4分以下の短いタイミングで連続、赤い敵は複数同時などをおさえるだけでもかなり快適になる。

一応手持ちの音楽でも自動生成できるものの、リズムのシンクロは自分でやらないとダメ(開始のタイミングとBPM設定)なので
きっちり楽しみたいなら、波形から開始タイミング・BPMを割り出すといい。そこまでしないならオマケ程度に考えること。

大きな欠点を上げるとするなら、窓化できない点。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い