森の奥深くに屋敷がひとつ。屋敷は、とある研究者の一族に 3 世代にわたって研究所兼住居として使われてきました。 しかし最近、家を預かる 3 代目の研究者のまわりでは物がなくなる、奇妙な音がするといった奇妙なことが起こりはじめます。森の奥から妙なものが入ってきたようです。夜の帳が下りると、何者かが屋敷の部屋、地下室、あるいは屋根裏でくつろいでいるのです…。 あなたは夜明けまで、眠らず、正気を保ち続けなければなりません。 部屋から部屋へと歩きまわり、不可思議な存在を避け、ひたすら夜明けを待ち続ける…。しかし一方で、謎を解いて答えを見つけ出せるのも夜だけです。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (658 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 658 件中 88% が好評です
リリース日: 2013年10月4日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Knock-knock を購入する

 

最新の更新 全て表示(8)

2015年9月23日

Knock-Knock PS4 safe to buy

The long and winding story of Knock Knock PS4 pricing has finally come to a close. It's been an enlightening experience; we've come to realize that it is essential to research anything that seems obscure to you in excruciating detail (unless you're the Lodger). Also that PSN only has three regions.

The current price is 8,99 EUR, and it's final. If you've been waiting for the pricing situation to resolve, there's no more need to wait until dawn: now is the perfect moment to finally buy the game. Thank you for your patience—and have a good spook!

1 件のコメント 詳細を見る

2015年9月11日

Knock-Knock PS4 Release

Yesterday, Knock Knock arrived on PS4. It's a very important breakthough for our studio: the first Ice-Pick game on consoles ever!

Please don't buy it.

Not yet. Not if you live in Europe, anyway.
The thing is, due to certain complications, the current price of the game is thrice as high as we've planned. Regional prices are a very important matter—and the current price tag is simply unfair for certain economies. We've misjudged the flexibility of the PSN service, and now, as a compromise, we're working on lowering the PSN price of Knock Knock to €5 across all Europe. It will be updated on September, 18th.
We suggest you refrain from buying the game until then—it wouldn't make sense to pay more since we're unlikely to be able to provide you with additional benefits.
If you live in Europe, have already purchased the game, and feel unhappy with the price situation, please contact us at support@ice-pick.com and we will try to figure out something.
The North American price of Knock Knock will remain unchanged, so you're welcome to try the PS4 Knock Knock experience right away.
Thank you for your attention and for the patience.

6 件のコメント 詳細を見る

Steam Greenlight

このゲームについて

森の奥深くに屋敷がひとつ。屋敷は、とある研究者の一族に 3 世代にわたって研究所兼住居として使われてきました。

しかし最近、家を預かる 3 代目の研究者のまわりでは物がなくなる、奇妙な音がするといった奇妙なことが起こりはじめます。森の奥から妙なものが入ってきたようです。夜の帳が下りると、何者かが屋敷の部屋、地下室、あるいは屋根裏でくつろいでいるのです…。

あなたは夜明けまで、眠らず、正気を保ち続けなければなりません。

部屋から部屋へと歩きまわり、不可思議な存在を避け、ひたすら夜明けを待ち続ける…。しかし一方で、謎を解いて答えを見つけ出せるのも夜だけです。一体何が起きているのか…?屋敷への来訪者は実在する?それとも不眠症が見せている幻想…?森に一体何が?屋敷で起きていることの正体は?そして、現実と想像をはっきりと区切ることは可能なのか…?

ゲームプレイ
  • インタラクティブ都市伝説: 普通とは呼べないかたちのゲーム体験。ぜひご自身で体験してみてください。
  • 隠れる: 自らの悪夢の住人と隠れんぼ。見つからないように気をつけてください。
  • 見ない: 夜明けまで正気を保てばキミの勝ち。毎夜の目標は、あなた自身でいつづけること。
  • スキマを埋める: 夜中には家があなたに味方する。きちんと修理して維持すれば、夜の狂気からあなたを守ってくれます。
  • 探す: 屋敷中探して回るなくし物。消えてしまったのは、とても大事な物であり、すべての出来事を解き明かす鍵となるもの。探し出し、謎を解き明かしましょう。
  • 待つ: 目を凝らし耳をすませて朝を待つ。いつもと違う点を逃さず、しっかり注意してください。夜明けさえ迎えればこちらのものです。
  • ルールに従う: ルールとはあらゆるゲームで守るもの。もちろん、まずゲーム自体を理解するのが先決ですが。

----------
日本語ローカライズ:架け橋ゲームズ

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP or later
    • グラフィック: GPU that supports shader model 2.0
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    最低:
    • OS: Mac OS X 10.5 or later
    • グラフィック: Intel HD Graphics 3000
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    推奨:
    • グラフィック: Intel HD Graphics 4000
    最低:
    • OS: Ubuntu 10.10 or later
    • グラフィック: GPU that supports shader model 2.0
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
参考になったカスタマーレビュー
9 人中 6 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 7.3 時間
投稿日: 2015年10月1日
いわゆる雰囲気ホラーゲー、普通に進めて行くだけではストーリーが理解できません。どこか考察サイトあったら見てみたいですね。
ゲームの流れとしては夢→現実(両方自宅)を探索しつつ又怪奇現象を避けつつ朝を迎えるまで耐えなきゃなりません。現実の方は特に問題なく進められると思いますがEDが変わるためのフラグがあります。このフラグは夢の方でも立てる事が可能です。
夢の方はしばらくすると怪奇現象に襲われるので電気を全開にして回避しなければなりません。回避方法は隠れてやりすごす方法と梯子を行き来する方法がありますが、隠れる方は見付かる可能性もあるのでなるべく避けた方がいいです。一方梯子を使う方法はチートみたいなもので登った時点で無敵判定があり敵に触れても問題なく、さらに梯子を行き来する事でずっと無敵状態になります。サクサク進めたい人は梯子回避をオススメします。
中盤辺りでメインゲスト(びびった)が出てきます、そこからクリアまでは時間制限ありで詰む事もあるのでさっさとクリアを目指した方がいいです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 1 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.2 時間
投稿日: 2015年11月11日
客人(敵)の一撃が痛すぎる雰囲気ホラーゲーム

個人的には面白いです。

ゲーム内容

目のパートと家のパートが交互にあり(現実と妄想or夢)があり家のパートでは家の外に出て見回りというかまた家に戻る、目のパートは家の中で朝になるまで客人(敵)とかくれんぼや逃げまわるゲームで、家は毎日(毎回)部屋数や配置などもランダムです。

家のパートでは、まず時計を回し家から出て森を見回るそして家に戻る基本的にはこれだけだが、時計を回す前に家の電球をつけた分だけ時間が多く進む(EDまで短くなる) このパートでも電球はランダムに壊れるので以外にめんどくさい、森の見回りは女の子が隠れておりEDの分岐にかかわるがこれも何回も探さないといけない上になかなか見つからないので非常に面倒だ、森は一本道なのだが手前や奥があり上下に移動でき女の子は同じ道だと現れないので上下の道に行ったり来たりで探さないといけない、前半は森には敵が出てこないが後半からは動かないトラップ的な敵が出てくるようになるので注意。

目のパートでは、家の電球を直したり、ドアを開けたりしながら敵を回避し朝まで時間が進めばクリアだが敵からのダメージを受けると時間が巻き戻り最初からやり直し、敵にやられても時間が戻るだけなので死んだりだとかはない敵は数種類おり特徴もあるがその辺は割合時たま出てくる大目玉に触ることで異界に飛ばされドアがあるがランダム最終的にはその日の最初に戻されるがED分岐に?必要かもしれません。

他にはなぜか部屋ならどこからでも電球を治すモーションが入り直せます、電球はそこじゃないだろっ!(バグかなw)電球をつけることによって主人公が部屋で目を閉じたりします、それは部屋に何かあるという合図で数秒待機させることによって時間を進める時計や家具やメモなども出てきます、役に立たない家具や身を隠せる家具などもあり出しておくと助かる時があります。

隠れるについては、隠れている間は時間が逆行か停止?多分逆行だったと思うのでずっと隠れいるわけにはいきません、後見つかるときもあります、隠れる家具での成功率も違うと思います、体がほぼ隠れる位のは見つかりずらくそれ隠れてるの的なのは見つかりやすいです。

後半からヒビのような白いゲージが上のほうに出てきたら注意、それまでは敵にダメージを受けても時間だけでしたがそれ以降はそれが減っていき無くなると次の日に発狂してゲームオーバーです。

個人的に思った事や感想

急に出てきて回避不能の場合がある、敵の一撃が重すぎる朝になる直前に2回ダメージを受けたらその日の最初からになったりだとかそれも個人的にはいいスパイスでしたが、初回で2~4時間くらいのボリューム たぶん初回は高確率でゲームオーバーになる オートセーブが一つしかないので取り返しがつかないのコンボが楽しかったです はい 何週もは人によると思いますが最初は楽しめると思いますよ。怖いというかびっくり的なホラーですがセール中に安くなったらおすすめです。


このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
16 人中 15 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 3.5 時間
投稿日: 2015年10月1日
Any game that claims to not be a game is throwing up a pretty big red flag right there. Knock-knock does that in the opening splash screen, and if anyone besides Ice-pick Lodge made it, I probably would have taken a pass on it. But the creators of Pathologic and The Void know what they're doing on that front, and the result is an intriguing little journey that definitely has its moments.

You take on the role of the Lodger, a wired little fellow that looks like Calvin ditched Hobbes and took up meth. Something odd is afoot in his isolated home in the woods, and if I get any more specific than that I'm bound to spoil something. Much like all of Ice-pick's games, the actual game is figuring out the rules of the game. You can turn lights in the house on and off, hide behind furniture, force open doors, and advance time with a strangely narcissistic clock. Ostensibly your goal is to survive until morning, but the house and its... inhabitants are randomized every other day, and on the other days you spend a chunk of it in the woods. Even the goals themselves get muddled as you progress, and the game is not afraid of throwing entirely new mechanics at you a few hours in.

Once you understand the pattern to the game, it can admittedly get pretty repetitive. New challenges are introduced the further into the game you get, but the core gameplay of lighting up rooms and wandering the woods does not change. One thing it does do well is introduce new threats over time, and some of them are absolutely terrifying despite the almost cartoony presentation. Information on the story comes from many different places, including the Lodger's diary, notes between days, and the Lodger himself, who talks in a charming nonsense Sims language. Most of the way through the game I'm still unclear on much of the rules and plot, but I admit it's fulfilled its original promise of "interactive meditation" and kept my attention. Definitely worth a look if you are at all curious, but be prepared for the mystery and horror to carry some rather bland gameplay.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 15 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 13.4 時間
投稿日: 1月5日
The uncertainty of not knowing the game rules that creates the unnerving playthrough of this game is one of the main mechanics that makes this game fun to play. This game isn't about it telling you that it's a game. It's about you finding why it's a game. If you enjoy games that deviate from mainstream games, then you would be doing yourself a favor by picking this up. http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=591740207 http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=591735215 Unlocked all achievements!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 11.2 時間
投稿日: 2015年10月11日
Knock-Knock... I'm not quite sure how to describe it... it certainly is surreal, abstract, spooky, and different, and unlike many horror games (especially the popular ones...), Knock-Knock's scares don't really come from it's jumpscares (despite the jumpscares being startling as well), but rather, it's ambience and the overall feeling of... dread and helplessness. Knock-Knock doesn't use blood and gore as nightmare fuel. Rather, it takes advantage of your own confusion, with almost unreliable tips from the protagonist (the Lodger), and many enemies that look and behave differently. I don't recommend this game to those who expect total guidance from the video games they play, nor do I recommend it to people who get frustrated from confusion, but I instead recommend Knock-Knock to those who are getting bored of jumpscare-fests and gore, for Knock-Knock's scare factor comes from it's subtlety and psychological absurdity. Even if the game isn't the scariest one around, it's worth it for it's unique presentation.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い