森の奥深くに屋敷がひとつ。屋敷は、とある研究者の一族に 3 世代にわたって研究所兼住居として使われてきました。 しかし最近、家を預かる 3 代目の研究者のまわりでは物がなくなる、奇妙な音がするといった奇妙なことが起こりはじめます。森の奥から妙なものが入ってきたようです。夜の帳が下りると、何者かが屋敷の部屋、地下室、あるいは屋根裏でくつろいでいるのです…。 あなたは夜明けまで、眠らず、正気を保ち続けなければなりません。 部屋から部屋へと歩きまわり、不可思議な存在を避け、ひたすら夜明けを待ち続ける…。しかし一方で、謎を解いて答えを見つけ出せるのも夜だけです。
ユーザーレビュー:
最近:
賛否両論 (10 件のレビュー) - 60% of the 10 user reviews in the last 30 days are positive.
Overall:
非常に好評 (706 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 706 件中 87% が好評です
リリース日: 2013年10月4日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Knock-knock を購入する

サマーセール! 7月4日 に終了

 

Steam Greenlight

このゲームについて

森の奥深くに屋敷がひとつ。屋敷は、とある研究者の一族に 3 世代にわたって研究所兼住居として使われてきました。

しかし最近、家を預かる 3 代目の研究者のまわりでは物がなくなる、奇妙な音がするといった奇妙なことが起こりはじめます。森の奥から妙なものが入ってきたようです。夜の帳が下りると、何者かが屋敷の部屋、地下室、あるいは屋根裏でくつろいでいるのです…。

あなたは夜明けまで、眠らず、正気を保ち続けなければなりません。

部屋から部屋へと歩きまわり、不可思議な存在を避け、ひたすら夜明けを待ち続ける…。しかし一方で、謎を解いて答えを見つけ出せるのも夜だけです。一体何が起きているのか…?屋敷への来訪者は実在する?それとも不眠症が見せている幻想…?森に一体何が?屋敷で起きていることの正体は?そして、現実と想像をはっきりと区切ることは可能なのか…?

ゲームプレイ
  • インタラクティブ都市伝説: 普通とは呼べないかたちのゲーム体験。ぜひご自身で体験してみてください。
  • 隠れる: 自らの悪夢の住人と隠れんぼ。見つからないように気をつけてください。
  • 見ない: 夜明けまで正気を保てばキミの勝ち。毎夜の目標は、あなた自身でいつづけること。
  • スキマを埋める: 夜中には家があなたに味方する。きちんと修理して維持すれば、夜の狂気からあなたを守ってくれます。
  • 探す: 屋敷中探して回るなくし物。消えてしまったのは、とても大事な物であり、すべての出来事を解き明かす鍵となるもの。探し出し、謎を解き明かしましょう。
  • 待つ: 目を凝らし耳をすませて朝を待つ。いつもと違う点を逃さず、しっかり注意してください。夜明けさえ迎えればこちらのものです。
  • ルールに従う: ルールとはあらゆるゲームで守るもの。もちろん、まずゲーム自体を理解するのが先決ですが。

----------
日本語ローカライズ:架け橋ゲームズ

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP or later
    • グラフィック: GPU that supports shader model 2.0
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    最低:
    • OS: Mac OS X 10.5 or later
    • グラフィック: Intel HD Graphics 3000
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    推奨:
    • グラフィック: Intel HD Graphics 4000
    最低:
    • OS: Ubuntu 10.10 or later
    • グラフィック: GPU that supports shader model 2.0
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
Customer reviews
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
賛否両論 (10 件のレビュー)
Overall:
非常に好評 (706 件のレビュー)
Recently Posted
EternalStar
( 記録時間: 3.1 時間 )
投稿日: 6月26日
I have only played this game for a short while. i love it. I have vowed never to play it at night. I am actually terrified within minutes of game play. But i still love it. I love how creepy it is. I love how there are random voices that say the creepiest of things. I love how they so far haven't used cheap jump scares. In fact the entire game just gives off this creepy vibe, I may be stuck on this one part and keep repeatedly dying, but i love it, and I am already addicted even though i haven't played even an hour yet. I don't think i will be able to sleep today. TOTALLY WORTH THE MONEY. It's tricky and it doesn't straight out tell you what to do. But thats what makes it fun. If you don't like games that will keep your heart racing then don't buy it. if you love to be scared to death, buy it.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
DontTouchMyNoNoPlace
( 記録時間: 5.6 時間 )
投稿日: 6月14日
I really love this game. The mechanics are weird and take a second to get used to. But once you have them figured out it is very fun and addictive. Would highly recommend this game.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Eviladamz
( 記録時間: 2.0 時間 )
投稿日: 5月23日
Really interesting game all levels are set in the same place but the game does a good job of making you want to keep on playing to see what happens next although the gameplay does get a bit repettive.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
justgivemeanamegoddamnit
( 記録時間: 2.0 時間 )
投稿日: 5月20日
Amazing psychological horror.(well some would argue it's not horror, but I'm a pansy so it is for me)

It's actually scarier than most horror games I've played, and man I played a ton of these.

The game doesnt really explain you how it works, what each creature does or the logic behind it all, and that's the point, you have to progressively guess that while playing in incredibly intense sequences.

You're a kind of scientist living alone in a house and every night you have to find a clock-like device that'll make the night go on. If you dont find/fix it, monsters will eventually kill you.You progress from night to night like this, switching houses frequently.

This game is weird, like very disturbing, the voices of the monsters are freaky, the knocks at the doors really make the tension go up, and having to deal with signs that obviously are warnings (you hear a thnderclap, the camera zooms to an empty room in the house then comes back to you... does that show where the monster(s) is ?) but that you don't know how to answer to is an incredibly stressful thing.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
joan4003
( 記録時間: 21.0 時間 )
投稿日: 5月2日
Knock Knock is Dark Souls meets The Stanley Parable which plays hide and seek with Amensia: The Dark Descent. According to the game one should play at night in the dark, alone (and most likely with headphones on).

The biggest Steam complaints I found in the reviews was this game was repetitive and frustrating. What RPG game, for example, Dark Souls, is not repetitive and frustrating, and just because Knock Knock has no blood splatter and gut spillage that does not mean one does not die. Which happens more often then one is lead to believe. (When one dies, it is done without fanfare.) This of course leads to the entire campaign having to be redone from the beginning which is both frustrating and repetitive just like in Dark Souls (and screaming at the computer scene in utter frustration can occur). Another comparison to be noted between the two is where as the player collects souls in Dark Souls, in Knock Knock the player collects time. Each campaign though not timed until the much later levels is timed based. The player must collect time to reach the dawn of the day either by surviving the night hours by watching the slow moving clock or finding a "clock" which speds up time (found only by turning on lights and remembering). Running into the monsterous "guests" (some of whom will hunt the player down), let into the house through breaches of the dimensional fabric (which need to be closed or can be walked through) will lose the player time or their life. This whole game is one way, no level can be repeated, only the entire game once an ending is reached.

Like The Stanley Parable this game gives the player no real clue as to the "rules" of play, what the game is about, the purpose of the character and his task or why the player should even be playing. The narrative and storyline are told through the main character, known as The Lodger (though this is not mentioned in game) and later through diary pages. The Lodger's actual job is world-ology and logging the changes around him. Unfortunately, he is being kept awake at night, and part of his "job" is simply to keep the house. To do this he turns on the lights during early hours of the morning and remembers the room contents. This is not an easy task since the guests break lights and dimensional breaches occur.

The atmosphere of the game is like Amensia: The Dark Descent, yet another game where the player has no clue about what is going on or even how to play. As the player discovers each piece of the storyline this only ramps up the psychological anxiety and terror levels. Also the physical horror found of Amensia: The Dark Descent is just as mystifying and just as terrifying as those monsterous 'guests' found in Knock Knock. Though the nightmares of Knock Knock move slowly they are just as relentless in their pursuit and they talk to the player as they play hide and seek. Fortunately they are easier to keep track of. Running and hiding are always the preferred options, and playing hide and seek with them is an intrical part of the game.

Gameplay: In Knock Knock there are three distinct play areas: the house, the forest, and the "eye" house levels. I also suggest playing with a controller over a keyboard but the choice of course is yours. RT I do believe gives an overview of the house and its lay out. The house randomly changes size and layout and gets bigger the further into the game one progresses. This is a great way to find and keep track of certain "guests" since one can see them, almost. Also like Amnesia: The Dark Descent there is a "sanity" meter which comes into play during the timed levels. Once this meter shows up as a lightening bolt across the top of the screen, the player only has until it runs out to finish the rest of the game levels or the player get the super bad ending "GAME OVER" with no resolution and the character becoming quite insane.

During the house play area the goal is to find the clock and start it. This starts time which has stopped and the player needs time to move so the dawn will come. Once the clock starts the house door opens letting in "guests" and allowing the player to leave. The entire point of this level is to start the clock and leave the house. (Turning on lights is optional, I discovered. Lights on makes the character move faster but takes up much needed time during the later timed levels.) In the beginning I suggest taking the time to turn on the lights and remember the rooms contents. Remembering the room contents means one has a place to hide when one needs to. In the later timed levels start the clock and leave the house as quickly as possible. (I suggest not even turning on the lights just leave. Do not wait for the clock or dawn. Just leave and move on.)

The forest: There are four horizontal paths is the forest which can be stepped between vertically. Making it through the forest as fast as possible comes in handy during the late game time levels. Only during these particular timed levels will stationary "guests" show up. Do not touch them for they steal much needed time. Also in the forest the player will find the girl, who possesses reality fragments. (Ignore during the timed levels.) Approaching the girl is tricky business, the player needs to be directly opposite her and have the character facing her. Even then it is still tricky business. Reality fragments are needed for the "Good" ending, the more the better. There are a total of 8. Each forest level yields only 1 reality fragment from the girl.

The "eye" house: Utter frustration, especially during the timed levels and will make or break getting the "Bad" ending. The eye on the map is the house where one encounters breaches and monsterous "guests". Late in the game one also encounters the "weeping one" which gives diary pages and/or steals time. When playing the timed levels for the "Bad" ending I suggest ignoring the "weeping one". The house on this level gets bigger and bigger with more rooms and a harder path to follow to the front door. This is the place where the game of hide and seek is played in earnest so turning on lights and remembering gives the player places to hide as the clock ticks toward dawn. One can not leave this house until dawn when the clock is full of time.

In this "eye" house is where the dimensional breaches occur letting in the "guests". Try to get to a breach before it opens if possible. Closing a breach costs time, but does not allow even more "guests" in. There are moving guests who hunt the player down, and stationary guests who steal time and throw one out of the room if one turns the light on if they are in the room. Running into one also steals time. The player can also go through a breach into endless halls (I found three different ones). According to one guide 2 reality fragments can be found in these breaches per "eye" house level.

Basically this game must be played twice, once for the "Good" ending which I suggest doing first since it will take all the player's skill and understanding of how the game works to make it through the timed levels to get to the "Bad" ending.

I recommend this game to those that want a challenging "horror" game (I would call this Horror-Lite) that has no blood, guts, torture or screaming. Hope one can play Hide and Seek well.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Kourgette
( 記録時間: 5.3 時間 )
投稿日: 5月1日
So I'm going to recommend this game because I think it has great potential, but It confused the hell out of me.

First thing you need to know: if you struggle to open a door, you have to keep pressing the action button even when the animation is over. It took me a while to realize that and I spent my first nights locked in my bedroom, puzzled out of my mind.

[POTENTIAL SPOILERS AHEAD] Basically, the goal of the game is to survive throught every night, filled with nightmares and monsters. If a monster touches you, time goes backward and you go back in time. The night is over when the clock does a 12h turn. You are a guy who is obsessed with hide and seek, you hear voices and you seem to be sure of the fact that if you imagine something strongly enough, it will appear in real life.... And sure enough, things do appear in your house, even if it's probably just in your head.
There are no concrete objectives, appart from finding the lost diary that your dad gave you a long time ago. (He apparently told you that when you'd run out of pages to write on, you would die. Either it really is some kind of magical diary, either your dad is an as*hole.) You will regularly find pages that will help you understand the background story.

Anyway, I couldn't finish the game, because at some point and no matter what I tried, I died everytime I took a step outside the house. If that happens to you, you have to start the game all over from scratch, which sucks.

The atmosphere was nonetheless awesome and creepy, which is why I think you should try it out! Maybe you'll understand the game more than I did ^^
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
maderingo
( 記録時間: 2.9 時間 )
投稿日: 4月24日
Okay yes I would recommend this game because I did find it VERY visually appealing and fun. BUT it was VERY confusing. I wish this game would have outlined objectives, or even just hints of what to do. I was so unsure of what I was doing that when I 'kind of' figured it out, it was too late. This game is not for everyone, I didn't finish it I was so frustrated.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
haskie_on_deck
( 記録時間: 0.6 時間 )
投稿日: 4月24日
Knock-knock is a lot like Fran Bow, so if you liked that game then this should entertain you a bit. It's not exactly hard, but it is sort of repetitive. However, it gets harder the further you go, but there is a point where you will have to do everything all over if you fail. It isn't a bad game to play, I got addicted for a minute because I wanted to beat it so bad! Love the design and the controls are simple. The plot is just there, which isn't bad, but unlike Fran Bow, you don't have some mystery to solve or a good explanation as to why everything is happening. Still fun though, and really creepy!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Positive Vibes
( 記録時間: 0.1 時間 )
投稿日: 4月17日
Creepy. 8/15
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
steve.fagan
( 記録時間: 8.1 時間 )
投稿日: 4月8日
Interesting game to play, can be very scary during the nightmare levels of the game, the stress you get by trying to finish the levels and not run into monsters before you go insane adds to the tension, if you keep screwing up like i did, you end up looking like the main character in real life lol, worth buying.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Most Helpful Reviews  In the past 30 days
3 人中 2 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.6 時間
投稿日: 6月14日
I really love this game. The mechanics are weird and take a second to get used to. But once you have them figured out it is very fun and addictive. Would highly recommend this game.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Most Helpful Reviews  Overall
38 人中 36 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 14.4 時間
投稿日: 2014年12月13日
精神状態の怪しい主人公によるサイコホラーかくれんぼ。
スプラッター寄りではない雰囲気重視のホラーゲームで、プレイ中はじわじわくる恐怖感を味わえる。

基本的には、森の中のキャビンに忍び込んだ"客人"の影に怯えつつ、逃げ隠れを繰り返して夜明けまでひたすら耐え抜くゲーム。
しかし、本作はホラー性を重視するためか説明を放棄するスタイルを取っており、具体的なルールを把握するためにはいくらか試行錯誤を積まねばならない。
キャビンの構成や"客人"の出現パターンは夜毎にランダムであり、運の要素もやや強い。
一切の前情報なしで始めた場合、おそらく初回は高確率で詰むだろう。
そう、詰むのである、このゲーム。
しかも、一見詰んでいることが分からないような詰み方をするから質が悪い。
セーブデータはオートセーブのスロットが一つあるきりなので、詰んだらリスタートが必須となる。
このように、本作にはちょっとローグライク的なところがある。プレイする際は、その点を頭の片隅に置いておいた方が良いかもしれない。

プレイ中、主人公は頻繁に独り言をつぶやく。
また、ゲームを少し進めると、失くなった日記を探すという目的が追加され、ページの断片がキャビンのそこかしこで見つかるようになる。
その内容は不気味なもの、意味不明なものから、『ひとりかくれんぼ』を思わせるような呪いじみたものにまで及ぶ。
翻訳が非常にこなれていることも手伝って、これらは大いにホラーな雰囲気を盛り上げてくれる。

本作には発狂によるゲームオーバーを除けば、二つのエンディングが用意されている。
これら二つのエンディングは大きく異なる展開を見せるものの、いずれも説明のないあっさりしたものであって、物語の真相らしきものを語ってくれたりはしない。
では本作のストーリーはよくある思わせぶりなだけの投げっぱなしなのか。
私も最初はそう思ったのだが、実はそうではないようだ。

プレイ中に手に入る日記の断片の中に、このゲームのストーリーを理解するために特に重要と思われるものがいくつかある。
それが、実績の対象にもなっているthe Lost Childに関する10枚と、The weeping oneから手に入れることのできる追加の3枚である。
これらの内容に主人公の断片的な発言の数々を繋ぎ合わせると、彼の抱えている本当の過去がおよそ明らかになる。
すると、まるで光で照らされるように、それまで不可解でしかなかった怪奇現象の正体も見えてくる。
二人のMain Guestが何を象徴していて、それぞれのエンディングが主人公にとって何を意味するのか。
かくれんぼの中で試されていた勇気とは何か。
ストーリーの発端であり、タイトルにもなっている"Knock-knock"(扉を叩く音)とはそもそも何だったのか。
これらの疑問にはきちんと答えを見つけることができる。少なくとも私は納得することができた。

最初こそ突き放してくるものの、最後の最後まで遊んでみればこんなに丁寧に作られたゲームもそうないと分かる。
メタスコ57なんてとんでもない。
とっつきにくいことを加味しても、+20ぐらいはあってもいいほどの、素晴らしいゲームだ。

※ちなみに途中で詰む条件というのはこちら。
ゲーム中盤に差し掛かると、画面上部に時間経過で減少する白い稲妻ゲージが追加される。
このゲージが枯渇した状態でキャビンの外に出ようとすると、主人公が発狂してゲームオーバーとなる。
ゲージを回復する方法は存在しないため、プレイヤーはゲージを切らす前に夜を終わらせなければならない。


※また、二つあるエンディングのうち、片方はノーヒントで辿り着くのがかなり難しいと思われる。そのため取得方法をここに記す。
森の中を探索するパートでは、必ずどこかに少女の姿を見つけることができる。
少女が立っているラインよりも下のラインから、上移動で少女のすぐ隣まで近づくと、実績対象でもあるfragment of realityを見ることができる。
これを7回繰り返すとMain Guestが少女になり、エンディングが変化する。
上手く近づくことに失敗した場合、少女は森の中の別の場所に再配置される。
また確実ではないが、fragment of realityはbreach(暗い部屋の中の目玉)に踏み込む時にも見える場合がある。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
38 人中 33 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.3 時間
投稿日: 2014年1月19日
不眠症の子がおうちの夜回りして夜明けまで異常がない事を確かめるゲームだよ、
すすり泣く声が聞こえたり変な物が見えたりするけど風の音や気のせいだから全然怖くないNe…こわくなぃ…ne…(泣
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
21 人中 18 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.7 時間
投稿日: 2013年12月16日
ここ最近、自分の家をさまようゲームの夢ばかり見ています。その一方で憶えのないゲームをプレイした形跡が残っていて・・・家のパソコンでゲームをしているのは自分だけのはずなのですが・・・。夢と何か関係があるのでしょうか??

---------------------------------------------------------

Pathologic、The Voidを作ったIce-Pick Lodgeの最新作。一般的なゲームとはかなりかけ離れた独特のゲームを作り続けいているところです。本作もまたビジュアルとともにゲームデザインも一風変わっていて、主人公の語りと共にゲームのルールを読み解くことがゲームになっています。プレイヤーを突き放したデザインですが、彼の言葉を追っていけば手順を理解し、いずれ出口へと辿り着けるはずです。ゲームが終わりを告げるまで、正面から向き合うのが大事・・・。

日本語にも対応しています。翻訳は丁寧で文章が鍵となるゲームではとても喜ばしいことです。

---------------------------------------------------------

こんなレビュー書いた憶えはないが、確かに自分が書いた文章だ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 9 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.3 時間
投稿日: 2015年10月1日
いわゆる雰囲気ホラーゲー、普通に進めて行くだけではストーリーが理解できません。どこか考察サイトあったら見てみたいですね。
ゲームの流れとしては夢→現実(両方自宅)を探索しつつ又怪奇現象を避けつつ朝を迎えるまで耐えなきゃなりません。現実の方は特に問題なく進められると思いますがEDが変わるためのフラグがあります。このフラグは夢の方でも立てる事が可能です。
夢の方はしばらくすると怪奇現象に襲われるので電気を全開にして回避しなければなりません。回避方法は隠れてやりすごす方法と梯子を行き来する方法がありますが、隠れる方は見付かる可能性もあるのでなるべく避けた方がいいです。一方梯子を使う方法はチートみたいなもので登った時点で無敵判定があり敵に触れても問題なく、さらに梯子を行き来する事でずっと無敵状態になります。サクサク進めたい人は梯子回避をオススメします。
中盤辺りでメインゲスト(びびった)が出てきます、そこからクリアまでは時間制限ありで詰む事もあるのでさっさとクリアを目指した方がいいです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 6 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.4 時間
投稿日: 2014年8月15日
いつものアイスピックロッジ製ゲーム
今までと違うのはクリア出来るレベルだということ
ただしクリア出来てもストーリーは理解できない
それがロシアそれがアイスピックロッジ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 11 人 (61%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 14.7 時間
投稿日: 2014年1月3日
TPO電球修理ゲー
目玉が表示してる時に電球を修理しない敵に触れない

主人公が喋ってる時一時停止なるせいでゲームのテンポが少し悪い
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
32 人中 18 人 (56%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 4.1 時間
投稿日: 2014年3月24日
キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、ききがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、がくるうことはない、きがくつううこち

雰囲気は良いけどね。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 2 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.2 時間
投稿日: 2015年11月11日
客人(敵)の一撃が痛すぎる雰囲気ホラーゲーム

個人的には面白いです。

ゲーム内容

目のパートと家のパートが交互にあり(現実と妄想or夢)があり家のパートでは家の外に出て見回りというかまた家に戻る、目のパートは家の中で朝になるまで客人(敵)とかくれんぼや逃げまわるゲームで、家は毎日(毎回)部屋数や配置などもランダムです。

家のパートでは、まず時計を回し家から出て森を見回るそして家に戻る基本的にはこれだけだが、時計を回す前に家の電球をつけた分だけ時間が多く進む(EDまで短くなる) このパートでも電球はランダムに壊れるので以外にめんどくさい、森の見回りは女の子が隠れておりEDの分岐にかかわるがこれも何回も探さないといけない上になかなか見つからないので非常に面倒だ、森は一本道なのだが手前や奥があり上下に移動でき女の子は同じ道だと現れないので上下の道に行ったり来たりで探さないといけない、前半は森には敵が出てこないが後半からは動かないトラップ的な敵が出てくるようになるので注意。

目のパートでは、家の電球を直したり、ドアを開けたりしながら敵を回避し朝まで時間が進めばクリアだが敵からのダメージを受けると時間が巻き戻り最初からやり直し、敵にやられても時間が戻るだけなので死んだりだとかはない敵は数種類おり特徴もあるがその辺は割合時たま出てくる大目玉に触ることで異界に飛ばされドアがあるがランダム最終的にはその日の最初に戻されるがED分岐に?必要かもしれません。

他にはなぜか部屋ならどこからでも電球を治すモーションが入り直せます、電球はそこじゃないだろっ!(バグかなw)電球をつけることによって主人公が部屋で目を閉じたりします、それは部屋に何かあるという合図で数秒待機させることによって時間を進める時計や家具やメモなども出てきます、役に立たない家具や身を隠せる家具などもあり出しておくと助かる時があります。

隠れるについては、隠れている間は時間が逆行か停止?多分逆行だったと思うのでずっと隠れいるわけにはいきません、後見つかるときもあります、隠れる家具での成功率も違うと思います、体がほぼ隠れる位のは見つかりずらくそれ隠れてるの的なのは見つかりやすいです。

後半からヒビのような白いゲージが上のほうに出てきたら注意、それまでは敵にダメージを受けても時間だけでしたがそれ以降はそれが減っていき無くなると次の日に発狂してゲームオーバーです。

個人的に思った事や感想

急に出てきて回避不能の場合がある、敵の一撃が重すぎる朝になる直前に2回ダメージを受けたらその日の最初からになったりだとかそれも個人的にはいいスパイスでしたが、初回で2~4時間くらいのボリューム たぶん初回は高確率でゲームオーバーになる オートセーブが一つしかないので取り返しがつかないのコンボが楽しかったです はい 何週もは人によると思いますが最初は楽しめると思いますよ。怖いというかびっくり的なホラーですがセール中に安くなったらおすすめです。


このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 18.0 時間
投稿日: 2013年12月25日
本当すげえなぁ~
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い