Thinking with Time Machine is a Portal 2 mod in which you will find and use a Time Machine to create a twin of yourself from the past to help you solve the puzzles. The past self accurately repeats all of the player's actions, creating a unique twist on familiar Portal game mechanics.
ユーザーレビュー:
Overall:
非常に好評 (3,119 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 3,119 件中 83% が好評です
リリース日: 2014年4月18日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

コミュニティにより制作された Mod

This community-made mod requires that you own Portal 2 .

ここをクリックするとSteam上のMOD について詳細が表示されます。

Thinking with Time Machine をインストール

Free Portal 2 Mod

 

レビュー

“Technically the ‘main feature’ in the Thinking with Time Machine mod is a time machine ..., which is great and all but look, LEGS.”
Rock, Paper, Shotgun

更新されました

このゲームについて

Deep within the facilities at Aperture Science lies a secret research laboratory that was locked and closed off... until it was found by robots.

Thinking with Time Machine is a Portal 2 mod in which you will find and use a Time Machine to create a twin of yourself from the past to help you solve the puzzles. The past self accurately repeats all of the player's actions, creating a unique twist on familiar Portal game mechanics.

Features

  • New and unique gameplay
  • Custom content (models, textures)
  • New design
  • Convenient and simple control in the form of a new datapad item
  • Different ways to think about and solve puzzles

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows 7 / Vista / XP
    • プロセッサー: 3.0 GHz P4, Dual Core 2.0 (or higher) or AMD64X2 (or higher)
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Video card must be 128 MB or more and should be a DirectX 9-compatible with support for Pixel Shader 2.0b (ATI Radeon X800 or higher / NVIDIA GeForce 7600 or higher / Intel HD Graphics 2000 or higher).
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 4500 MB 利用可能
    最低:
    • OS:
    • プロセッサー: 3.0 GHz P4, Dual Core 2.0 (or higher) or AMD64X2 (or higher)
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Video card must be 128 MB or more and should be a DirectX 9-compatible with support for Pixel Shader 2.0b (ATI Radeon X800 or higher / NVIDIA GeForce 7600 or higher / Intel HD Graphics 2000 or higher).
    • ストレージ: 4500 MB 利用可能
    最低:
    • プロセッサー: 3.0 GHz P4, Dual Core 2.0 (or higher) or AMD64X2 (or higher)
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Video card must be 128 MB or more and should be a DirectX 9-compatible with support for Pixel Shader 2.0b (ATI Radeon X800 or higher / NVIDIA GeForce 7600 or higher / Intel HD Graphics 2000 or higher).
    • ストレージ: 4500 MB 利用可能
Customer reviews
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
Overall:
非常に好評 (3,119 件のレビュー)
Recently Posted
Madeye06
( 記録時間: 1.6 時間 )
投稿日: 6月25日
This is nice... A bit confusing at first, just getting the controls down. The idea is brilliant, very fun, and really trippy. Glad none of this is cannon, that's for sure. The visuals are pretty nice, glowy texturing, mixed with regualr aperture. The only thing that annoyed me though was the open aperture through the windows. Since it was a skybox it made lights look massive..

7/10
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Mokatsini
( 記録時間: 4.4 時間 )
投稿日: 6月22日
this portal mod is awsome i love it i create awsome maps!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
coolcolinc
( 記録時間: 1.1 時間 )
投稿日: 6月21日
whenever i go in the elevator past glados i end up crashing help pls
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
AmestrisXavier
( 記録時間: 2.4 時間 )
投稿日: 6月17日
Thank god for the dev. console
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Spzi
( 記録時間: 2.5 時間 )
投稿日: 6月12日
It's like a bad fan fiction.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Rezalon
( 記録時間: 2.9 時間 )
投稿日: 6月12日
This mod requires ownership of Portal 2. This review also assumes you already own and have completed Portal 2, my review of which can be read here.

Mod: Thinking with Time Machine
For the game: Portal 2
Developer: Ruslan "Stridemann" Rybka
Publisher: SignHead Studio
Released: 18 April, 2014
Genre: First-Person Puzzler
Setting: 21 January, 2021, Aperture Science Enrichment Center, Upper Michigan, U.S.A., Earth (though in Portal canon, the time-setting would be "at least 50,000 years" after Portal 1)
Canon status: Non-canon
Spoiler-free plot summary: After the events of Portal 2, you, Chell, discover that the field of wheat you enter upon exiting Aperture Science is actually just another part of the still mysterious science facility. Upon entering an elevator she finds outside of the fake wheat room, Chell is given back her Aperture Science Handheld Portal Device, this time with a pseudo-time machine PDA attachment.

Full review: Thinking with Time Machine (named after Portal's advertising campaign "Thinking with portals"), is a mod relatively the same length as Portal 1 (my review of which can be read here), and is equal in difficulty. There is absolutely no story, apart from one scene about half-way through the campaign.

The main game mechanic of Thinking with Time Machine is pretty self explanatory; using a device which records your actions, which you then replay, in order to solve test chambers with your past self (other games similar to this are Time Slip for the Net Yaroze and Chronotron on Kongregate).

The ten test chambers in the campaign are absolutely brilliant; not too hard, not too easy, and leaves one in awe at the genius behind them. Though I did have a bit of trouble with chamber 5 because I wasn't informed about a new game mechanic, cubes and spheres being able to float on the ceiling, so I wasn't aware it existed. Not being able to solve this chamber, I gave up and decided to look up a video guide to solve it. What's even more infuriating is that this mechanic is only present in this one chamber.

Unlike Portals 1 and 2, there are no advanced or challenge maps or modes included in Thinking with Time Machine, which is a bit disappointing, as I would have liked to have played in some more difficult chambers, and have a longer experience. Fortunately, carried over from Portal 2 is Steam Workshop support. Though there is no official co-op campaign like Portal 2, co-op maps can be made with the map maker.

As said before, there is very little plot. All that's established is that it's the year 2021 (which, in Portal canon, is an outright fabrication), and ATLAS and P-body from Portal 2's co-op campaign are using you to find a time machine GLaDOS has hidden somewhere.

A short, simple review for a short, simple mod. Do I recommend Thinking with Time Machine? Yes; it's free, it can entertain you for the day, and it's a nice piece of dessert after the meal that is Portal 2.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
The Old Wizard
( 記録時間: 0.5 時間 )
投稿日: 6月11日
thats pretty good.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Eucliwood Hellscythe
( 記録時間: 3.0 時間 )
投稿日: 6月11日
ᅚᅚ
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
seawolfwerehorse
( 記録時間: 6.8 時間 )
投稿日: 6月10日
This mod is... Mediocre. The new mechanics are pretty fun. However, the story is vague, and the game tends to crash a lot.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
FenFen and HatHat 👯♡👯
( 記録時間: 1.0 時間 )
投稿日: 6月8日
An interesting view on Portal's possibilities with the right tools, although not very recommended for players who like to play Portal 2 casually. Besides that, it's a short, fun and free mod for the fans of the series.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Most Helpful Reviews  In the past 30 days
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.9 時間
投稿日: 6月12日
This mod requires ownership of Portal 2. This review also assumes you already own and have completed Portal 2, my review of which can be read here.

Mod: Thinking with Time Machine
For the game: Portal 2
Developer: Ruslan "Stridemann" Rybka
Publisher: SignHead Studio
Released: 18 April, 2014
Genre: First-Person Puzzler
Setting: 21 January, 2021, Aperture Science Enrichment Center, Upper Michigan, U.S.A., Earth (though in Portal canon, the time-setting would be "at least 50,000 years" after Portal 1)
Canon status: Non-canon
Spoiler-free plot summary: After the events of Portal 2, you, Chell, discover that the field of wheat you enter upon exiting Aperture Science is actually just another part of the still mysterious science facility. Upon entering an elevator she finds outside of the fake wheat room, Chell is given back her Aperture Science Handheld Portal Device, this time with a pseudo-time machine PDA attachment.

Full review: Thinking with Time Machine (named after Portal's advertising campaign "Thinking with portals"), is a mod relatively the same length as Portal 1 (my review of which can be read here), and is equal in difficulty. There is absolutely no story, apart from one scene about half-way through the campaign.

The main game mechanic of Thinking with Time Machine is pretty self explanatory; using a device which records your actions, which you then replay, in order to solve test chambers with your past self (other games similar to this are Time Slip for the Net Yaroze and Chronotron on Kongregate).

The ten test chambers in the campaign are absolutely brilliant; not too hard, not too easy, and leaves one in awe at the genius behind them. Though I did have a bit of trouble with chamber 5 because I wasn't informed about a new game mechanic, cubes and spheres being able to float on the ceiling, so I wasn't aware it existed. Not being able to solve this chamber, I gave up and decided to look up a video guide to solve it. What's even more infuriating is that this mechanic is only present in this one chamber.

Unlike Portals 1 and 2, there are no advanced or challenge maps or modes included in Thinking with Time Machine, which is a bit disappointing, as I would have liked to have played in some more difficult chambers, and have a longer experience. Fortunately, carried over from Portal 2 is Steam Workshop support. Though there is no official co-op campaign like Portal 2, co-op maps can be made with the map maker.

As said before, there is very little plot. All that's established is that it's the year 2021 (which, in Portal canon, is an outright fabrication), and ATLAS and P-body from Portal 2's co-op campaign are using you to find a time machine GLaDOS has hidden somewhere.

A short, simple review for a short, simple mod. Do I recommend Thinking with Time Machine? Yes; it's free, it can entertain you for the day, and it's a nice piece of dessert after the meal that is Portal 2.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Most Helpful Reviews  Overall
14 人中 13 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 3.8 時間
投稿日: 3月15日
はじめに
 Thinking with Time Machineは、Portal2にオリジナルの要素を追加して新たな体験を提供するModです。
 右手にポータルガン、左手にはタイムマシンを持って、過去の自分と協力しながらパズルに取り組むという斬新なコンセプトが特徴です。
 日本語には非対応ですが、会話はわずかで、機械翻訳に頼ればすぐに理解できる程度です。

 Portal2のエンディング直後からストーリーは始まります。トレーラーを見ればわかるとおり、衝撃的な展開からスタートし、非常に引き込まれることでしょう。
 チュートリアル後、合計8つのテストチェンバーを突破することが目的となります。長くても数時間で終わるほどのボリュームです。少なめに感じるでしょうが、難易度の高いチェンバーもあるため一筋縄ではいきません。また、ワークショップに対応しているのでユーザー製のコンテンツで楽しみ続けることが可能です。
 ゲームの焦点はタイムマシンに当てられており、ジェルや輸送ファンネルといったおなじみのオブジェクトはあまりパズルに登場しません。


いくつもの問題
 このゲームはクオリティが高く、間違いなく楽しいゲームであるはずなのですが、数々の問題点がせっかくのよさを殺してしまっています。

ストーリー
  • ネタバレを避けるために詳しくは語りませんが、内容は薄く盛り上がりに欠けます。期待を煽るスタートを切りながら、クライマックスはあっさりと流された感じが否めません。
  • なによりも言及すべきは、Portal2の完璧なエンディングを台無しにしていることです。GLaDOSとの和解を果たしApertureに別れを告げ、自分の人生を取り戻したChellを再び地獄へと送り込むのはあまりに残酷すぎはしないでしょうか?(もちろん、Modに多くを求めすぎと言われればその通りでしょうが。)

タイムマシン
  • 正面を向いていると手に持ったタイムマシンが見えないのは問題に思えます。わざわざ下を向かなければ過去の自分の視点が確認できないのは面倒ですし、タイミングを合わせた行動が取りづらくなっています。
  • タイムマシンを使用した際に起動音が鳴りますが、ポータルが開く音と同じ上に音量が小さく、環境音に紛れてしまいます。タイムマシンが意図したとおりに作動しているかを確認するためには、上記の通りいちいち下を向かなければなりません。
  • やむを得ないことでしょうが、自分の行動を記録するという工程上とにかく手間と時間がかかり、パズルの試行錯誤や失敗した時のやり直しが面倒になってしまっているように感じます。

レベルデザイン
  • キャラクター同士の会話が終わらないと開かないドアがありますが、不要な仕組みです。会話が終わる前にドアにたどり着いてしまうと、ここは開かないんだと認識してしまい二度と通ろうとはしなくなるでしょう。パズルに道を阻まれるならまだしも、こういった仕掛けは配慮が足りていません。
  • 壁面の設定は不適切だと思うことが多かったです。ポータルが開けられるのか、そうでないのかは一目見ただけでわかり、かつ統一された法則があるべきです。
  • あるチェンバーではタイムマシンを使わずクリアできてしまいます。メインのギミックを使用せずにクリアできてしまうのは、さすがにテストプレイ不足と言わざるを得ません。
  • 一部のチェンバーでは、時間制限、高いアクション性、長く複雑すぎる構成のステージなど、ValveがPortal2で廃止した要素を復活させてしまっています。難易度を上げるという意図によるものかもしれませんが、混乱と疲れを誘発しているだけであり、Valveの判断がいかに正しかったかが証明されています。特に、チェンバー6は一度クリアした複雑な手順のパズルをやり直さなければならない場合があり、僅かなミスに対する仕打ちとしてはむごすぎる罰と言えます。
  • どうしても納得がいかなかったのは、ヒントもなしに物理法則を無視した解決策を見つけなければならなかったことです。タイムマシンを使うのだろうとあれこれ考えましたが、結局パズルの難易度とは無関係の理不尽に思える方法によって突破する場面でした。チュートリアルの段階で開示されているべき情報が伏せられていたせいで、解法を考えている時間が無駄でしかなかったと思い知らされるのは、有り体に言って不快な体験です。

不具合
  • ゲーム中に2度のクラッシュ、エンディング後にもクラッシュ。改めてエンディングを見直したらフリーズ。スタッフロールの後はメインメニューに戻るだけのようですが、それだけのことに失敗するとは残念すぎます。また、チェンバー6において非常に不安定になるため、クイックセーブを多用して不意の強制終了に備えておくことをおすすめします。(ただ、この件に関してはドライバなどの環境のせいということもあるかもしれません。)
  • 2つのチェンバーで、パズルを完全に解かない状態にも関わらず道が開かれてしまいました。
  • 一定の条件下で、過去の自分が開けたポータルを通るとキューブが消失してしまうバグを確認。フィズラーに通した時の破壊とは違う、不自然かつパズル解決の妨げになる重要な問題です。


まとめ:よいゲームだが、それ以上に悪いゲーム
 ここまで多くの不満を挙げ、おすすめしませんと評価しましたが、タイムマシンというアイデア自体は秀逸であり、一度はプレイする価値のあるModだと思っています。簡単すぎる・難しすぎるのどちらかに寄っている傾向はありますが、基本的には楽しめるチェンバーが並んでいます。
 しかしやはり、リリースから2年近くを経ても未解決の重大な不具合を抱えている事実や、デザイン上の様々な欠点は看過できません。トレーラーを初めて見た際の興奮はクリアするころには冷め切っており、楽しさよりは失望が勝る惜しいゲームだと総評させていただきます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 12 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.0 時間
投稿日: 2014年4月20日
Portal2ベースのセルフco-opゲーとでも言うべきか。
自分の行動を記録してそのコピーロボットくんと自分の行動を合わせてマップを解いてゆくゲーム。
まだ開発途上なのか内容は薄く1時間前後で終わるが無料modなのでこんなものかもしれない。
また手詰まりが発生する箇所が存在しており詰めの甘さも目立つ。
それでもPortal2の進化版としてさらに先を感じるので楽しみではある。
これもコミュニティにマップ作成を丸投げしたら面白いことになるはずなので是非やってほしい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
35 人中 24 人 (69%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.7 時間
投稿日: 2014年4月19日
Portal 2用Mod。無料だが、プレイにはPortal 2をインストールしておく必要あり。
自分の過去の行動を記録して再生、一人二役で進めていく。
過去の自分に肩車をさせて段差を乗り越えたり、一緒に離れた個所にある二つの加圧式床スイッチを押したり、現在地にいる自分には作成できない位置にポータルを作ってもらったり二手に分かれてキューブを運んだりしてパズルを解いていく。
ポータルを作成するだけでよかった本編とは違い、複雑さが増していて勝手も違っているが、単なるカスタムマップにもやり飽きたという人にも新鮮な感覚で遊ぶことができる。
https://www.youtube.com/watch?v=mGba55OqHlk
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 8 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.0 時間
投稿日: 2014年5月18日
一人で二役、進化した謎解き。
Portal2を持っていれば、誰でも無料で楽しむことができる。

本作では、一旦行動を取りホログラムとして録画をした「過去の自分」と、
それに合わせて動く「現在の自分」をどううまく協力させるかがポイントだ。
少し粗が目立つ場面もあったが、全体的に手応えありで、充分楽しめる出来である。

Portal2を遊びつくした人には、是非一度遊んでもらいたい一品。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.9 時間
投稿日: 2014年4月19日
シリーズ定番のポータル作りに加えさらに新機能追加!
ますますやり応え満載になり帰って来た!!

さらに無料!! これはもうやるしかないでしょ!?
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 2 人 (40%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.5 時間
投稿日: 2014年4月20日
Portal要素は少し少なめかな?
発想はgood ただ、過去の自分に乗るときちょっとバグがあるかな?
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 1 人 (33%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.3 時間
投稿日: 2014年5月12日
無料のMODとしては非常に良く作られています。
録画機能をつかって擬似CO-OPは結構難しいですが、良い頭の運動になりますね。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 0.3 時間
投稿日: 2014年7月23日
ありえない解き方で斬新だが、斬新すぎて受け止められない?!
Portal2をクリアしちゃった人は、やりにくいかもしれないはず・・・・
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3,801 人中 3,224 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
13 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.3 時間
投稿日: 2014年4月18日
You can see your feet when you look down

10/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い