森の奥深くに屋敷がひとつ。屋敷は、とある研究者の一族に 3 世代にわたって研究所兼住居として使われてきました。 しかし最近、家を預かる 3 代目の研究者のまわりでは物がなくなる、奇妙な音がするといった奇妙なことが起こりはじめます。森の奥から妙なものが入ってきたようです。夜の帳が下りると、何者かが屋敷の部屋、地下室、あるいは屋根裏でくつろいでいるのです…。 あなたは夜明けまで、眠らず、正気を保ち続けなければなりません。 部屋から部屋へと歩きまわり、不可思議な存在を避け、ひたすら夜明けを待ち続ける…。しかし一方で、謎を解いて答えを見つけ出せるのも夜だけです。
リリース日: 2013年10月4日
高画質版を見る

Knock-knock を購入する

Steam Greenlight

ゲームについて

森の奥深くに屋敷がひとつ。屋敷は、とある研究者の一族に 3 世代にわたって研究所兼住居として使われてきました。

しかし最近、家を預かる 3 代目の研究者のまわりでは物がなくなる、奇妙な音がするといった奇妙なことが起こりはじめます。森の奥から妙なものが入ってきたようです。夜の帳が下りると、何者かが屋敷の部屋、地下室、あるいは屋根裏でくつろいでいるのです…。

あなたは夜明けまで、眠らず、正気を保ち続けなければなりません。

部屋から部屋へと歩きまわり、不可思議な存在を避け、ひたすら夜明けを待ち続ける…。しかし一方で、謎を解いて答えを見つけ出せるのも夜だけです。一体何が起きているのか…?屋敷への来訪者は実在する?それとも不眠症が見せている幻想…?森に一体何が?屋敷で起きていることの正体は?そして、現実と想像をはっきりと区切ることは可能なのか…?

ゲームプレイ
  • インタラクティブ都市伝説: 普通とは呼べないかたちのゲーム体験。ぜひご自身で体験してみてください。
  • 隠れる: 自らの悪夢の住人と隠れんぼ。見つからないように気をつけてください。
  • 見ない: 夜明けまで正気を保てばキミの勝ち。毎夜の目標は、あなた自身でいつづけること。
  • スキマを埋める: 夜中には家があなたに味方する。きちんと修理して維持すれば、夜の狂気からあなたを守ってくれます。
  • 探す: 屋敷中探して回るなくし物。消えてしまったのは、とても大事な物であり、すべての出来事を解き明かす鍵となるもの。探し出し、謎を解き明かしましょう。
  • 待つ: 目を凝らし耳をすませて朝を待つ。いつもと違う点を逃さず、しっかり注意してください。夜明けさえ迎えればこちらのものです。
  • ルールに従う: ルールとはあらゆるゲームで守るもの。もちろん、まずゲーム自体を理解するのが先決ですが。

----------
日本語ローカライズ:架け橋ゲームズ

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS: Windows XP or later
    • Graphics: GPU that supports shader model 2.0
    • Hard Drive: 700 MB available space

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • OS: Mac OS X 10.5 or later
    • Graphics: Intel HD Graphics 3000
    • Hard Drive: 700 MB available space
    Recommended:
    • Graphics: Intel HD Graphics 4000

システム要件 (Linux)

    Minimum:
    • OS: Ubuntu 10.10 or later
    • Graphics: GPU that supports shader model 2.0
    • Hard Drive: 700 MB available space
参考になったカスタマーレビュー
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.4 時間
いつものアイスピックロッジ製ゲーム
今までと違うのはクリア出来るレベルだということ
ただしクリア出来てもストーリーは理解できない
それがロシアそれがアイスピックロッジ
投稿日: 8月15日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
40 人中 36 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.6 時間
After playing for some hours I may be somewhat stuck in Knock Knock. The game is not clear on what you must do or how you must do it. It's okay, many games do this and it's nice for us to discover on our own (Dark Souls). However I reached one of the last levels and it seems that if you do not proceed to the next level/room/dream/nightmare whatever you want to call it, you may be getting a "Game Over" screen the next time you will try to advance to the next level just like you normally would do.

Knock Knock have a very creepy and depressive atmosphere. Seems to be a great game to play in the upcoming Halloween. You will always feel that you are surrounded by someone or something, yet, you feel alone at the same time.

Now this is very clever: There are things that really help to create a tense mood in the game with such basic gameplay elements. Let's say something is approaching you. You hide but you are still visible. It's okay, because it does not matter if they can see you since it's you that can't see them, because, if you see them/it then it means they are real and if you believe they are real, then you must be hallucinating meaning you are losing it.

The game have more than one way to end, or to not end at all, in fact. Depending on some actions across the game, when you proceed further a larger enemy may be something for you and a very different one for me.

Immersion tip: In this game the sound of doors opening and closing are quite regular. If you have a sound system with a Subwoofer, placing the Sub below your desk near one of the corners gives you a much more real feeling that something or someone is really knocking a door in your house. This adds to the atmosphere giving you a more intensifying experience especially when everything is silenced and then "BAM!", someone shuts a door, and you feel the vibration.

In my opinion you don't get those jump scares we sometimes see (faked or not) on Youtube videos from games like Amnesia. In this game instead of "AAAH, Oh my God & Buddha, that is scary!!!" I got something more of: "That is creepy... go away, please, I don't want to look :( Just... leave me alone... :( " and that, is really rare in a game.
投稿日: 6月6日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
15 人中 11 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.8 時間
This is an example, that games don't need high quality 3d graphics and gory monsters to make a scary game.
投稿日: 4月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 5 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 7.2 時間
Unsettling and atmospheric. I was surprised that it got me more than a few times. I get so invested in sneaking around that the sudden bangs were able to make me jump! Admittedly, not hard to do for me. Intriguing storyline, I really enjoyed it.
投稿日: 5月29日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.2 時間
This game is horribly underrated. It deserves a Metascore higher than 57 out of 100. Knock-Knock is creepy, intriguing, and quite enjoyable if you are patient enough to play it. I had a lot of fun trying to piece the story together, dodging the Lodger's nightmares, and receiving chills from the voices inside of the Lodger's head. The ending, however, definitely could have been better, and the game was a tad repetitive. Despite that, I give Knock-Knock a 9 out of 10.
投稿日: 8月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
35 人中 32 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.3 時間
不眠症の子がおうちの夜回りして夜明けまで異常がない事を確かめるゲームだよ、
すすり泣く声が聞こえたり変な物が見えたりするけど風の音や気のせいだから全然怖くないNe…こわくなぃ…ne…(泣
投稿日: 1月19日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ