TAKEDOWN is a thinking-person’s shooter; brutal, hardcore and deadly - like the real thing. Not for the faint hearted, Takedown requires you to bring your 'A' game - FPS fans looking for an ultra hardcore experience only need apply!
リリース日: 2014年2月10日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
すべてのトレーラーを見る(全 6 本)

Takedown: Red Sabre を購入する

Takedown: Red Sabre Four Pack を購入する

最新の更新 全て表示(17)

NEW TOOL LIVE! - Takedown Red Sabre Level Editor (beta)

2014年3月6日

With approval from Epic Games, we have released a beta version of the Takedown Level Editor. Content includes all the environment assets, Killhouse maps, and HQ map (as reference to make your own TD maps, and hook up the game types/modes).

Due to time constraints, no official documentation is available yet. We'll do our best to answer questions and build documentation organically with the community. Anyone well versed in UDK/Unreal should be able find their way around just fine.

Please direct your questions / editor discussion to the new Forum: Level Editor Discussion

Good luck! We can't wait to see the first community Killhouse map!

How to install:

Filter Steam Library > Tools > Search Takedown > Install Takedown Red Sabre Level Editor (beta).

Don't see it listed? You must own a Steam copy of Takedown: Red Sabre to utilize this beta editor. This is for the purpose of using the editor in conjunction with the shipping build of Takedown, and to test your custom maps properly in the game.

12 件のコメント 詳細を見る

TAKEDOWN: Red Sabre is now on XBLA!

2014年2月21日

Check out the console version of this deadly tactical shooter and experience lethal, close-quarters battles with your online friends as members of the elite Red Sabre team in scenarios designed to emulate the tactics employed by SWAT teams and SOF units.

Download Now: http://marketplace.xbox.com/en-US/Product/Takedown-Red-Sabre/66acd000-77fe-1000-9115-d802584113e7

13 件のコメント 詳細を見る

ゲームについて

TAKEDOWN is a thinking-person’s shooter; brutal, hardcore and deadly - like the real thing. Not for the faint hearted, Takedown requires you to bring your 'A' game - FPS fans looking for an ultra hardcore experience only need apply!

The player that takes things slow, aims carefully, and plans their moves right will overcome the player who runs in with guns blazing. Close-quarters battle brings the fight inside, as you would see SWAT teams or SOF units taking down small numbers of dangerous adversaries. Non-linear environments allow for multiple routes and tactics and add replayability.

In recent years, shooters have become homogenized. There used to be a wide range of different games to choose, from run-and-gun action titles to slow-paced tactical shooters focusing on strategy and tactics, but now most shooters follow the same model of big set pieces, regenerating health, linear levels, and “cinematic experiences.” The realistic tactical shooters with in-depth planning have almost entirely disappeared in recent years.

This game focuses on realistic weapons modeling, squad based play, in a close-quarters battle setting. To succeed in this game you need to take things slow, study your environment, and execute flawlessly. If you get shot, there are consequences. You won’t be hiding behind a wall waiting for your health to regenerate. If a team member goes down, you will have to assess the situation and reallocate team members if necessary to complete the mission. Don’t expect all of the tools and plans to be forced fed to you – it is up to the player to ensure their team is equipped and ready for the tasks at hand. With features such as realistic bullet penetration, accuracy, and recoil, choosing the proper weapons, ammunition, armor, and gear for the mission is up to you, so choose carefully.

Gameplay modes include single player, co-op, and competitive multiplayer. If you are a fan of old school shooters where thinking meant more than running and gunning or perks, or if you are just looking for something different in your shooter games experience, this is the game for you.

Key Features:

  • Fight Smart in Deadly, Close Quarters Combat – Players must think and move tactically, stay alert, watch, listen and choose wisely while setting up their squad for the perfect shot.
  • Tackle Engagements That Are Different Every Time – Nonlinear maps allow for multiple tactics and approaches to both attack and defense. Gamers must choose their gear to best execute strategy.
  • Out Think The Enemy – Gamers need to work closely and communicate well with their team to not only attack the enemy but to coordinate to secure multiple objectives.

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP3 (32-bit only)
    • Processor: 2GHz or better CPU
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: A graphics card with Shader Model 3.0 support
    • DirectX: Version 9.0
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 3 GB available space
    Recommended:
    • OS: Windows 7 64-bit
    • Processor: Intel Core2Extreme Quad Core Processor - Q6800 - 2.93 GHz
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: nVidia GeForce 8800 (768 MB GDDR3)
    • DirectX: Version 9.0
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 3 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
68 人中 60 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,245
78 件のレビュー
記録時間: 23.4 時間
その昔、タクティカルシューターと呼ばれるジャンルがあった。
敵も味方も胴体に拳銃一発で容易に戦闘不能になり、
たとえ負傷ですんでもその作戦中には回復もしないし継戦能力は残らない。
死んでしまえばごく自然に隊員名簿から名前が消えてそれっきり。
そろりそろりと角を曲がり、じわりじわりとドアを開け、
不意な足音に背筋を凍らせる。そういうシビアなゲームだ。

Rainbow Six 3: Raven Shield や SWAT 4 といったそんな
かつての名作たちの精神的続編を標榜し、いまのグラフィックで
あの灼けつくような緊張感をもう一度! という大風呂敷を広げて
KickStarterで見事22万ドルを集めて制作された本作ですが、
その10年も前の名作たちを超えた部分はグラフィックを除けば
AIの頭の悪さだけという大変すばらしいゲームでした。

ブリーフィング? ありません。マップ画面? ありません。
ミニマップも味方の位置を表示する機能もありません。
ドアの隙間から入れるカメラも心拍センサーもありません。
それどころかこいつらナイトビジョンすら持ってません。

銃器はそれなりに数があるように見えますが
5.56mmのM4、.40S&WのM4、9x19のM4、.308のM4と
カラバリみたいなのが一杯あるだけで実質3~4種類です。

Rainbow Six 3 は拡張パックのAthena Sword も入った
Gold Edition が Steam でもまだ9.99ドルでお求めいただけるので
そっちを遊べばTom爺さんも浮かばれると思います。
ほんとに面白いんですよ、Rainbow Six 3 は。オススメ!
投稿日: 2014年2月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
62 人中 51 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 2,529
116 件のレビュー
記録時間: 2.2 時間
Rainbow SixシリーズやSWATシリーズのようなリアル系特殊部隊FPS。かと思いきや、リアルというのを通り越して単純に理不尽なゲームとなってしまっている。
リーンこそあるものの敵は数百メートル先のプレイヤーを一瞬で察知できるほどのサーチ力とエイムを持っており、壁際から覗き込んだ瞬間意味もわからず即死していることもしばしば。
敵AIがそんな超人なのだから味方AIもさぞやすばらしいかと思いきや、案の定この手のクソゲーの作法(?)に則ってプレイヤーについてくる金魚の糞でしかない。敵から撃たれても反撃しようとしないし、狭い通路に立ち止まってプレイヤーの進行を邪魔してくる。
出血表現もほぼ無いので敵に攻撃が食らっているのか死んでるのかわかりにくく、作戦画面やマップなどもなくただミッション目標しか表示されないのでどうすればクリアになるかわかりにくい。
ミッション中にゲーム中メニューからはグラフィック・音量・操作方法等の各種設定が行えず、リスタートするにもいちいちタイトルメニューに戻らなきゃいけないなどUI回りも出来が悪い。
マルチプレイヤーは6vs6での爆弾解体やデスマッチ。人口が少ない上に、面白みも何もないCSもどき以下の出来なのでプレイするだけ時間の無駄。
投稿日: 2014年2月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
39 人中 28 人 (72%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 965
23 件のレビュー
記録時間: 0.2 時間
このゲームは大方の人がレビューするようにゴミなのは間違いないのですが、一番の問題はこのゲームがKickstarterで投資家ではない一般の人から22万ドルもの大金を巻き上げたことでしょう。たぶんゲームの開発費には使われずに大方開発者のポケットに入ったのではないでしょうか。
このゲームの開発者の罪は重いですが、それ以上に金を巻き上げる詐欺システムを作ったKickstarterが一番罪が重いと思われます。
出資者の権利なんざ贅沢な代物だとして大方無視されています。
投稿日: 2014年2月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 307
12 件のレビュー
記録時間: 0.4 時間
こんな人にオススメ!
・クソゲー大好き!
・クソゲーがやりたい!
・一発で死ぬ"""""リアル"""""なFPSがやりたい!
・ゲームじゃないゲームがしたい!
でも15ドルこれに使うなら15ドル道端にでも落としたほうがいいですね
ってか90%オフでも高くね?w
投稿日: 2014年2月18日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
9 人中 9 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 70
1 件のレビュー
記録時間: 0.1 時間
数分プレイしました。
やめました。
だめだこりゃ。
投稿日: 2014年2月18日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
84 人中 81 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 532
10 件のレビュー
記録時間: 2.2 時間
TAKEDOWN:Red Sabreのここがすごい!

・全体的にのったりとしてもどかしいキャラ操作
もうWASDを巧みに駆使して機敏に動く必要はありません!
極限までゆとりを持たせた操作性により、他のFPSでは考えられないもどかしさを実現しました!

・自キャラは体力が皆無、ほぼオワタ式
戦闘は一撃がすべてだ!というロマンチストのあなた!
TAKEDOWN:Red Sabreでは、まさに理想的なリアル性を追求しています。

・見た目の変わらないただ一つの敵キャラ
敵味方をわかりやすく区別するため、あえて敵は外見を統一しています。
これでFFに悩まされることはなくなるでしょう!

・全く意味を成さないリーン動作など斬新なギミック面
システム面も細部までこだわり抜いています!
FPS熟練プレイヤーにも新鮮なゲームプレイが楽しめるでしょう。

・貧弱という表現すら生温い味方AI
最後に頼れるのは自分の腕。味方がいつも自分についてきてくれるとは限りません。
常に譲り合いの精神を持ち、しかるべき行動を取る高知能AIを搭載!


さあ、ここまで聞いてもTAKEDOWN:Red Sabreを購入したいですか?
そうですか!おめでとうございます!
貴方もこれで立派なクソゲープレイヤーです!
投稿日: 2013年11月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

受賞リスト

FPS Guru - Pax Prime'13 Most Innovative
The Most Innovative award is yet another indie title. One of the great things about indie games is they always manage to be unique and bring something new to the table. They're able to take the risks that triple A companies aren't. This is a company that has made the decision to skip following the generic shooter genre, let's get rid of levels, noob tubing, and throw in tactics and strategy instead. Serellan LLC certainly deserves this award for their tactical shooter, Takedown: Red Sabre. Takedown: Red Sabre encourages the player to communicate with their team mates and take on each mission differently, in their hope to survive. Don't expect to be running and gunning down the hallways, because there's no respawning. It's a pleasure to see a return to the tactical shooter and what appears to be a successful return. Once I got my hands on Takedown: Red Sabre it was difficult to stop.