Age of Wonders III is the long anticipated sequel to the award-winning strategy series. Delivering a unique mix of Empire Building, Role Playing and Warfare, Age of Wonders III offers the ultimate in turn-based fantasy strategy for veterans of the series and new players alike!
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (63 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 63 件中 82% が好評です。
総合:
非常に好評 (3,440 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 3,440 件中 81% が好評です
リリース日: 2014年3月31日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Age of Wonders III を購入する

Age of Wonders III Deluxe Edition を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Age of Wonders III Collection を購入する

4 アイテムを同梱: Age of Wonders III, Age of Wonders III - Deluxe Edition DLC, Age of Wonders III - Eternal Lords Expansion, Age of Wonders III - Golden Realms Expansion

 

最新の更新 全て表示(63)

3月7日

Sales Milestone, New Game, Patch & GDC

500k sales of the main game.
Thank for the support people!

If you have any issues please post and let us know. We've been making fixes and will put a patch public when there a nice bunch of them.

For more info - like on future Triumph projects - see the news post.

35 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“This is a deep experience backed by intricate mechanics and a concerted polish that makes gameplay immediately intuitive and rewarding. Age of Wonders 3 will keep you up until the wee hours of the morning, constantly muttering that you'll crawl into bed after just one more turn.”
9/10 – Joystiq

“A war worth sinking your teeth into”
83/100 – PC Gamer

デジタルデラックスエディション

Get the game and also the Dragon’s Throne Stand-Alone Scenario and the two hour Official Soundtrack.

Dragon’s Throne Scenario
An extra large Stand-Alone Scenario. Legend tells of dragons who ruled the fabled Sea of Flames at the dawn of time. However nobody has seen a True Dragon in living memory. The isles are still loaded with treasure and have become popular with adventures, merchants, scoundrels and sightseers. Now eight rival lords have found a mysterious dragon’s egg, and each sees it as proof of their claim to the Dragon’s Throne. The sages warn they risk unleashing the wrath of the Dragons, but the Lords pay no heed as they prepare for war. You can play the Dragon’s Throne versus AI opponents or in multiplayer with up to 8 players.

Age of Wonders III: Original Soundtrack
The two hour Age of Wonders III Original Soundtrack is composed by maestro Michiel van den Bos, of Unreal, Deux Ex, Overlord and Age of Wonders 1 fame. The OST features thirty one crisp, high quality 320kbs MP3 & FLAC tracks from Age of Wonders III and five exclusive bonus tracks. To top it off the OST includes liner notes by the composer - english only - and jewel case CD inlay jpg files. Be enchanted!

Songs and OST materials will be placed in your AoW3 folder in the Steam Directory: "...Steam\steamapps\common\AoW3\OST"

You can get there using your favorite file manager or by following these step:
1) Right click 'Age of Wonders III' in your Steam Library.
2) Select 'Properties'.
3) In the 'Age of Wonders III - Properties' tab, go to the 'Local Files' tab.
4) Select 'Browse Local Files...' to open the folder that contains the game.
5) Here you can find the 'OST' folder that contains your music.

このゲームについて

Age of Wonders III is the long anticipated sequel to the award-winning strategy series. Delivering a unique mix of Empire Building, Role Playing and Warfare, Age of Wonders III offers the ultimate in turn-based fantasy strategy for veterans of the series and new players alike!

Create an Empire in your own Image
  • Rule as one of 6 RPG style leader classes: Sorcerer, Theocrat, Rogue, Warlord, Archdruid, or the tech-focused Dreadnought.
  • Research powerful skills unique to your class to develop your empire and arsenal.
  • Choose your allies from among the six main races - Humans, High Elves, Dwarves, Orcs, Goblins and Draconians - and fantastical monster dwellings.

Explore and Exploit a Living Fantasy World
  • Explore a rich fantasy world that is more detailed and alive than ever with over 50 location types to raid for treasure.
  • Expand your domain by building new settlements, forge pacts with monstrous allies and capture valuable resources.
  • Wield earth shattering magic and terra-form the lands for your needs.

Fight In-depth Tactical Battles
  • Recruit legendary heroes, equip them with magical weapons, and let them lead your armies into battle.
  • Crush your enemies using the detailed 3D turn-based Tactical Combat System.
  • Become a master tactician. Crush city defenses. Learn to use flanking and master your army’s hundreds of abilities.

Master Age of Wonders III’s many Modes!
  • Immerse yourself in a rich single player story campaign, playable from two sides of an epic conflict.
  • Create endless scenarios using the random map generator.
  • Compete in multiplayer wars with up to 8 players online.

Please note that:
  • Level Editing Tools are provided as a courtesy to fans. They might have different system specifications from the Age of Wonders III game, are not tech supported and have an English only interface.
  • Coop: Random maps and stand-alone scenarios can be played using player alliances versus computer opponents.
  • Local Coop: Random maps and stand-alone scenarios can be played using “Hot Seat” mode on the same computer using player alliances versus computer opponents.

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1
    • プロセッサー: Intel Core 2 Duo E6600 @ 2.4 Ghz or AMD Athlon 64 X2 5000+ @2.6 Ghz
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: nVidia 8800 / ATi Radeon HD 3870 with 512MB or Laptop integrated Intel HD 3000 with 3GB system ram
    • DirectX: Version 9.0c
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9 Compatible
    • 追記事項:
      • Requires a 1024x768 screen resolution.
      • Requires an open IPv4 connection for online multiplayer.
      • A Triumph Account is required to use the game's online services. The game's single player and Hot Seat modes are fully playable using the guest account.
      • Please note that the Editor is Windows only.
    推奨:
    • OS: Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1
    • プロセッサー: Intel Core 2 Quad Q6600 @ 2.4 Ghz or AMD Phenom X4 9900 @ 2.6 Ghz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: nVidia Geforce 460 1GB or AMD Radeon HD 6850 1GB
    • DirectX: Version 9.0c
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9 Compatible
    • 追記事項: A 1920x1080 screen resolution.
    最低:
    • OS: 10.9.3 (Mavericks)
    • プロセッサー: Intel Core 2 Duo E6600 @ 2.4 Ghz or AMD Athlon 64 X2 5000+ @2.6 Ghz
    • メモリー: 3 GB RAM
    • グラフィック: nVidia Geforce GTX 250 / ATi Radeon HD 4870 with 512MB or integrated Intel HD 4000 with 3GB system ram.
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • 追記事項:
      • Requires a 1024x768 screen resolution.
      • Requires an open IPv4 connection for online multiplayer.
      • A Triumph Account is required to use the game's online services. The game's single player and Hot Seat modes are fully playable using the guest account.
      • Please note that the Editor is Windows only.
    推奨:
    • プロセッサー: Intel Core 2 Quad Q6600 @ 2.4 Ghz or AMD Phenom X4 9900 @ 2.6 Ghz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: nVidia Geforce 460 1GB or AMD Radeon HD 6850 1GB
    • 追記事項: A 1920x1080 screen resolution.
    最低:
    • OS: SteamOS, Ubuntu 14.10
    • プロセッサー: Intel Core 2 Duo E6600 @ 2.4 Ghz or AMD Athlon 64 X2 5000+ @2.6 Ghz
    • メモリー: 3 GB RAM
    • グラフィック: nVidia Geforce GTX 250 / ATi Radeon HD 4870 with 512MB or integrated Intel HD 4000 with 3GB system ram.
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • 追記事項:
      • Requires a 1024x768 screen resolution.
      • Requires an open IPv4 connection for online multiplayer.
      • A Triumph Account is required to use the game's online services. The game's single player and Hot Seat modes are fully playable using the guest account.
      • Please note that the Editor is Windows only.
      • Not running SteamOS or Ubuntu 14.10? That doesn't mean your machine won't run the game, it just means we haven't seen it run on those distributions in the office. Visit the various AoW3 forums to learn more and share your experiences. Please post feedback on how the game runs on your system to help your fellow gamer and to help us improve our Linux build.
    推奨:
    • プロセッサー: Intel Core 2 Quad Q6600 @ 2.4 Ghz or AMD Phenom X4 9900 @ 2.6 Ghz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: nVidia Geforce 460 1GB or AMD Radeon HD 6850 1GB
    • 追記事項: A 1920x1080 screen resolution.
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (63 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (3,440 件のレビュー)
最近の投稿
y.deguchi
( 記録時間: 88.4 時間 )
投稿日: 6月28日
win10で遊べます
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Paula(◍>◡<◍)
( 記録時間: 28.0 時間 )
投稿日: 6月28日
一緒にドラゴンの巣を探検しよう
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
spelluser
( 記録時間: 253.3 時間 )
投稿日: 2015年11月30日
私とAgeofWondersとの出会いは、超太古の4gamersの体験版であった。
その頃の記憶はもう薄いが、すでにしてボードウォーゲームの趣であったことを記憶している。
その第三作が、11年ぶりに販売されるという。

本作もまた一貫したボードウォーゲームのエッセンスを有し、「ある日、どこかのダンジョンで 下巻」に描写されているような、
コマを押し出して敵を切り払っていく感じが出ているといえよう。いわゆるストラテジーとはちょっと違うのだが、
うまくボードゲームとの折り合いが付いている本作は、シミュレーション好きならばまずまず楽しめるのではないだろうか。
欠点はなくもないが、大きく興をそがれるような問題点や目立ったバグもなく、概ね無難にプレイできるといえ、
戦略要素にしても地形や天候による強弱の概念などがカットされ、また命中率・回避率の概念がないため敷居がかなり低い。
(DLCで追加されるハーフリング種族は幸福度に応じた確率回避の能力を持っている。がためにハーフリングは鬼のように強い。)

ただし、本作はあくまでボードウォーゲームに徹しており、内政要素はほとんどない。
頭を使う要素はあるものの、ほとんどのリソースはより強い兵士を産出して敵を圧倒するために存在しており、
幸福度などといった概念も戦略戦術としての要素が強く、敵をすべて倒せなければ勝利は訪れない。
いわゆるトロピコなどとは真逆のウォーゲームであり、最初から最後まで戦争続きであるので、そういうのが苦手な人は回避してもよい。
グラフィックは往古のファンタジー感を強めた極めて美麗なものであり、隕石と疫病、魔法使いと巨大戦車とが激突するが、
あくまで昔ながらのボードゲームなのだ。

他に欠点を連ねると、プレイ中は最初から最後まで好戦性の独立勢力に悩まされ、特に幽霊系の拠点は容赦なくゴーストタイタンやボーンドラゴンといった
大物をガンガン生産してくるので放っておくと非常な苦戦を強いられる点、都市を建造すればするほど施設建設費用がかさみ、
余裕ができるまでに多大な出費と時間の浪費を強いられる(交易や徴収といった間接的収入がない)点、
帝国クエストの達成報酬が非常に強力なので敵に取られないようプレイを心がける(のでプレイの幅が狭まる)点、
気候改善系が任意にできるのはフロストリングのみで、残りの種族は創造か破壊の特性を得ないと特に火山帯の気候改善ができない点、
タイル依存建築物による生産ユニットへのボーナスが強烈で(特に水晶木と魔法学院と中核)、それらをまとめて取得しようとすると
既存都市を破壊しなければならない場合もあるのだが、破壊すると周辺の土地に都市を建造できなくなる点、
各指導者の、特に顔グラフィックに微妙なものが多く、選択肢も少ないためいわゆる日本人好みの美形は作りづらい点などがある。

だが、プレイ前から蹴躓く要素はさほどない。日本語化に多少手間が必要だが、それはSteamerならば簡単に超えられる壁だろう。
エルフが弓を引き、オークが跋扈し、ドラゴンが火を吹き、ご都合主義者の英雄どもが一切いない、往古のお伽話はこのゲームにてまた蘇るだろう!
(どうせならD&Dかファイティング・ファンタジーとコラボしてほしいな、というのは思いすぎだろうか…)
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
DonDon
( 記録時間: 51.1 時間 )
投稿日: 2015年11月1日
英語の分量がかなり多いので最初はとまどいましたが、
慣れれば読む必要なところと不要なところがわかるようになるので、
それほど苦労しなくなります。

以下、Civとの大きな相違点を羅列。

・魔法の存在
 ユニットが戦闘で使う攻撃魔法とは別に、
 マナ(水晶。地形から取れる)とMPを使って、強力な魔法を使えます。使える魔法はだいたい2系統。

 〇フィールド魔法
  自国の都市の付近に緊急的にユニットを出現させたり、敵国の不満度を上げたりできます。
  選択から発動まで、1~3ターン程度かかります。
  ターン終了アイコンの上にある光みたいなアイコンから発動可。
 〇戦闘魔法
  戦闘中を支援する魔法です。
  敵にダメージを与えるものから、味方を召喚するものまであります。
  なお、スペルブックの最初のページにはリーダーの魔法しか載っておらず、
  左の付箋をクリックすることで、味方ヒーローそれぞれの魔法を選択できます。

・テクノロジー
 ツリー式ではなく、最初ランダムにテクノロジーが表示され、
 一つ開発するとさらに新しいテクノロジーがランダムに出現、という流れになります。
 ただし、戦闘ユニットなどは低ランクから高ランクへ順番にアンロックする必要があります。

・地形
 高級資源的な物はないです。また、道路、要塞、監視塔以外に地形に何かを建てるのも不可。
 (魔法によって森に変えたり、岩場に変えたりはできます)
 フィールド上にあるのはだいたい以下の3つ。

 〇領地内に取り込むと、都市機能を上げれる地形(金鉱(金アップ)や大農場(人口増加)など)
 〇調べると敵が出てくる遺跡。敵を倒すとヒーロー(後述)の装備品や、ユニットを入手できる。
 〇ヘイストベリー。ユニットを上に移動させると、もう1ターン分行動できる。

・都市国家(みたいなの)
 フィールド上には妖精やアンデッドの都市国家が存在し、クエストをこなすと属国にできます。
 属国にすると定期的に献上品をもらえたり、完全に自国の都市にすることもできます。

・戦闘
 最大6ユニットを1部隊として編成して、
 (ワールドマップ上ではなく)SLG風の戦闘フィールドに移行して闘います。
 別の味方部隊を隣接させれば、援軍も可能。
 全般的にEndless Legendに近いですが、戦略性を高める要素として、
  〇遠距離攻撃は障害物があるとダメージ半減。
   なので、近接ユニットは柱や岩の陰に隠れながら接近するのが重要。
  〇近接ユニットは、隣接する敵ユニットに対して遠距離攻撃を禁止させることができ、
   また、隣接グリッドを通り過ぎようとする敵にダメージを与えられる。
  〇攻城戦の存在。
   防壁を作っている都市を攻める場合、入り口扉を壊す必要がある。
   ただし、飛行ユニットで壁を無視したり、スキルで壁をよじ登ったりもできる。

 なお、なかなか優秀な自動戦闘モードがあるので、面倒な戦闘は自動戦闘で飛ばせます。

・ヒーロー
 Endless Legendのように、ヒーローを雇用可能。
 装備カスタマイズ、スキルカスタマイズあり。人間とエルフの女ヒーローはそこそこ美人。

以上がだいたいの違いだと思います。
難点を上げるとすれば、
Civでいうところの労働者による地形開発はなし、文化力システムはなし、世界遺産的な建物はなし、スパイや偉人はなし、なので、
内政面はかなり簡素化されてて、内政屋は物足りなく感じることです。
戦闘に特化した4Xだと思ったほうがいいでしょう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
RAM3
( 記録時間: 53.7 時間 )
投稿日: 2015年8月4日
シヴィライゼーション+ファンタジーなゲーム。それに尽きる。
タクティクスな戦闘、英雄の能力強化、RPG要素が素晴らしい。
それに、BGMがすごくカッコいい!
お気に入りは戦闘中に流れる「Triumph Within Reach」

SLIには対応して無いみたい。マップを超特大にすると恐ろしく広くて重い(笑)
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Hiro
( 記録時間: 8.8 時間 )
投稿日: 2015年8月1日
発売直後に買ったのですが、ほとんど良い点はなかったです。

まずトレイラーを見て予想していたような壮大なキャンペーンはないです。せいぜいマップ数枚のシナリオ、よって成長要素も感じられない。グラフィックも微妙。2014年のゲームとはとても思えませんでした。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Sakurai
( 記録時間: 504.6 時間 )
投稿日: 2015年5月18日
なかなか良い。

外交、内政より戦闘に重きをおいたゲーム。
勢力の種族や傾向など多彩なのでそうそうは飽きない。
ありがたいことに有志による日本語化パッチがあるのでストレスなくプレイできる。

5点満点なら3と4の間かな。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
HutKit
( 記録時間: 62.4 時間 )
投稿日: 2015年5月4日
ついに、プレイ時間40時間にして初勝利!(途中で飽きてやめたりもあるけど...)。
面白かった…けど中盤から後半にかけては完全にだれてしまった。

既にこのゲームについてすばらしいレビューがたくさんあるので、
うっかり買ってから後悔しそうな点や、ひっかかりそうな点を以下に列挙。


・DeluxeEditionは不要。ファンアイテム。

・キャンペーンはエルフキャンペーンの1章だけやればとりあえず流れがつかめる。
 2章以降は、単にSRPGなので詰まらないとか、自由度がないと思ったらさっと中断したほうがいい。
 (別につまらない訳じゃないけど、このゲームの真髄はやっぱりランダムMAPプレイだと思う)

・Civでファンタジーやるような感じに見えるが、「文明の進化」的なものは全く無い。
 →街は発展させると言うより、砦の設備を充実させるような感覚。

・このゲームの生産力は、「ゴールドやマナを1ターンに製品につぎ込める最大値」である(らしい)。
 →なので、明らかにゴールド収入が乏しい街で生産力だけ高くても思うように物は作れない。
 ちなみに、生産力とゴールドの関係は、詠唱マナとマナ総量と一緒。強力な戦略魔法を
 一杯使いたいなら、詠唱マナ量を上げると効率が上がる。

・金を稼ぐには、各地の建物を回ったり、鉱山を都市圏に入れたり、街自体を成長させることでより稼ぐ。
 →早く成長する街=早く収入が増える街なので、都市圏に人口が増える建物を囲うのは結構アリ。

・幸福度(士気)は大事。街には主要種族がいるが、それぞれ種族ごとに好む地形が違う。
 →テラフォーミングするなり、幸福度を上げる建物なりを建てていかないと、なかなか街が成長しない。
 また、幸福度の兵卒バージョンが士気。エルフを火山地帯で戦わせるとやる気が出ないのかミスが多発したり。
 幸福度は街の出力全てに掛け算で掛かる。最高になるとなんと+50%という破格の出力。

・中盤までの主役は、研究でアンロックする固有兵士よりも、むしろ街の建物で解禁する通常の兵士。
 あまり上位tierの兵士を出そうと固執すると、全体の研究が遅れたり、雇っても維持費や雇用費で火の車になりかねない。

・研究の本に出てくる研究内容は、①クラス、②キャラクリ時の「専門家」(Adept of Earth(地を司る~)など)で決まる。
 他にも全キャラ固有のもの(船の解禁とかテラフォーミングとか)もある。
 基本的には、クラスの上位研究を出したければ、クラスの下位研究をやれば出る。
 逆に言えば、いくら専門家の研究を進めてもクラスの上位研究は出ない。
 このゲームの一番不親切なところが、「この研究は何からきてるのか」がぱっと分からないところ。慣れ?

・一部の建物は、制圧した上で街の文化圏に入れると街に特殊な建物が建てられる。
 たいていが一般ユニットの強化である。
 これでしっかり強化すると下位ランクの兵士でも結構強い。

・FallenEnchantressやったことある人は間違えやすいが、「砦の文化圏」は「街の文化圏」とは関係ない。
 従って、生産力や人口増、幸福度UPは砦の文化圏に入っても意味が無い。
 上記の特殊建築物は、ゴールドなどはしっかり回収してくれるが、兵士強化用の建物は建てられない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
sixous
( 記録時間: 178.5 時間 )
投稿日: 2015年4月30日
話題作がMacで解禁された。
4Xストラテジー。現在キャンペーンのシナリオを中心にプレイしている。RPG的成長要素あり。遺跡の敵を倒して強力な武器や道具が手に入る。内政でお金と時間をかけてアンロックした戦闘ユニットはえげつない強さ。ただしのんびり探索したり都市経営に時間をかけていると、その間ライバルはどんどん軍備拡大していて手に負えなくなる。基本は速攻でライバルを地方都市に雪隠詰めにした後で探索がベスト。領土が減ればそれだけ相手の収入は減って、軍も薄くなります。簡単に書いてますが、そのあたりのギリギリの駆け引きと、最終的に内政と軍備を極めてマップさえも味わいつくした上で、惨めなライバルを大軍で踏み潰すというカタルシスがゲームの醍醐味だと思う。そのあたりは個人のプレイスタイルに依存するでしょうが。
この手のゲームは煩わしい操作系や各種ステータス、見ずらいUIが敷居を高くしてしまうものだが、ゲーム内のマニュアルが充実しているので基本的な英語が読めればすぐ慣れるだろう。細かい戦略にこだわる人は攻略サイトやプレイ動画を参考にすることをおすすめする。

キャンペーンは魅力的なストーリーをイモなシステムがダメにしているが、ランダムマップが自由度も高くこのゲームの肝と言ってよいだろう。キャラへの愛着が湧くので適当にキャンペーンをやっておくのも良い。


追記:戦略シミュレーションとしては最高の出来だと思う。しかしながらリーダーユニットのRPG成長要素は若干イモくさい。レベルやクラスの縛りで取得できないスキルがあっても、(運次第では)盗掘などで手に入れたアイテムを貼り付ければバランス無視の強いユニットになる。逆に貴重なポイントを消費してスキルを取得した後に同じ効果のアイテムを連続して手に入れた時には、換金などできても微々たるもので戦略的に特殊な状況で無い限り意味は無い。フォーラムでroguelikeだと言ってる人がいたが、言い得て妙だと思った。成長要素はskilltreeにしてアイテムはステータスの補完程度にしておけばもう少し奥行きと戦略性が出ただろう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
moomin0820
( 記録時間: 1,013.9 時間 )
投稿日: 2015年4月5日
このゲームはcivのような国の主となり、他の指導者と戦争や外交をしながら国を大きくしていくターンベースストラテジーです。
civ4でFFH2をずっとやっていましたが、評判が良いので買ってみました。
内政はcivより簡略化されていますが、このゲームにはcivにはない面白さがあります。

①戦闘が楽しい。ユニット同士のスキル相性によっては低クラスユニットで高クラスを撃破可能。また、補助魔法系も機能しており、戦術シーンのCOMは優秀。
②レベルアップする英雄のスキルカスタマイズ。
DIABLOのようなスキルポイントを割り振るシステムのため、自分好みに育てることが出来ます。
地味に汎用ユニットもレベルアップすることができ、新しいスキル(こちらはユニット毎決まっています)愛着が湧きます(笑)
③ランダムマップジェネレータ有り。
これがあるため、何度でも楽しめます。
手ごわいモンスターが待ち受けている遺跡を突破すると財宝があなたを待っています。
開拓者で好きな場所に街を作って帝国を作っていきます。
④D&Dライクな世界観と美しいグラフィック
ハイエルフ、ドワーフ、ドラゴンなど。
日本で有名なのはロードス島戦記の世界観でしょうか。
GTX760で最高画質でプレイしてますが、特に重たく感じません。
私はciv4を越えるストラテジーは存在しないと思っていましたが、
戦闘の面白さや、英雄の成長要素を増やしたこのゲームはcivにはない面白さも存在します。
そして、素晴らしい日本語化modが存在します!
4xゲームが好きな方にはおすすめしたいゲームです。

参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
63 人中 63 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
8 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 492.6 時間
投稿日: 2015年2月9日
いわゆる剣と魔法の王道ファンタジーの世界でCivilizationをやる感じのゲームです。ランダム生成された世界で他国と覇権を争います。但し滅ぼすだけではなく同盟などその他の方法でも勝利可能。(キャンペーンやシナリオモードもありますが私はそちらはオマケであり、ランダムマップこそがこのゲームの真髄だと考えます)。Civが面白いと感じられてファンタジーが好きな人は間違いなく楽しめると思います。探索、街の建設、施設建造、ユニット作成といったマップでの戦略パートに加えて戦闘は本格的なヘックス戦で奥の深い楽しみ方が可能です。Civのシステム自体が元々洗練されているのに加えて、そこに魔法、成長要素のある英雄、様々なアイテム、モンスター達が登場するわけですからこういった世界観が好きな人にはたまらない魅力があります。ロード・オブ・ザ・リングのような壮大なファンタジー世界で自分だけのオリジナルの物語を無限に作り続けられるのです。日本語版は発売されていませんが有志の方々により高品質な日本語化が可能となっており問題ありません。上記の通り熱中度の高い作品なのでツボにはまる人は廃人になってしまう可能性がありますのでそこだけは御注意ください(^^)b
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
49 人中 47 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1,013.9 時間
投稿日: 2015年4月5日
このゲームはcivのような国の主となり、他の指導者と戦争や外交をしながら国を大きくしていくターンベースストラテジーです。
civ4でFFH2をずっとやっていましたが、評判が良いので買ってみました。
内政はcivより簡略化されていますが、このゲームにはcivにはない面白さがあります。

①戦闘が楽しい。ユニット同士のスキル相性によっては低クラスユニットで高クラスを撃破可能。また、補助魔法系も機能しており、戦術シーンのCOMは優秀。
②レベルアップする英雄のスキルカスタマイズ。
DIABLOのようなスキルポイントを割り振るシステムのため、自分好みに育てることが出来ます。
地味に汎用ユニットもレベルアップすることができ、新しいスキル(こちらはユニット毎決まっています)愛着が湧きます(笑)
③ランダムマップジェネレータ有り。
これがあるため、何度でも楽しめます。
手ごわいモンスターが待ち受けている遺跡を突破すると財宝があなたを待っています。
開拓者で好きな場所に街を作って帝国を作っていきます。
④D&Dライクな世界観と美しいグラフィック
ハイエルフ、ドワーフ、ドラゴンなど。
日本で有名なのはロードス島戦記の世界観でしょうか。
GTX760で最高画質でプレイしてますが、特に重たく感じません。
私はciv4を越えるストラテジーは存在しないと思っていましたが、
戦闘の面白さや、英雄の成長要素を増やしたこのゲームはcivにはない面白さも存在します。
そして、素晴らしい日本語化modが存在します!
4xゲームが好きな方にはおすすめしたいゲームです。

このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 20 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 150.7 時間
投稿日: 2014年4月2日
Civ+King Arthurみたいなシステム。ハマる人は間違いなくハマる!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 18 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 78.1 時間
投稿日: 2014年8月24日
私にとっては最高のターン制SLGのひとつになりました。
このジャンルは昔から好きなので、時間を忘れてプレーできました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.4 時間
投稿日: 2014年4月6日
日本では無名に近いターン制SLGの傑作シリーズが遂に復活しました。

前作よりもUI等が分かりやすく遊びやすくなっていたり
戦闘のバランスも良い調整になっているようです。

一度起動すると止まらなくなる魔力を秘めているので
時間が無いときや寝る前にプレイするのは大変危険です。

初代UnrealやUnreal Tournament 99、Deus Exに関わっていた
Michiel van den Bos氏が初代以来に担当した音楽が
とても素晴らしいので、サントラが付いているデラックス版をオススメします。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 8 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 206.2 時間
投稿日: 2014年5月4日
ファンタジーのターン制ストラテジーです。ユニット生産拠点となる都市を配置してライバルと領土を争って行きます。
6ユニットでスタックして周辺ヘックスのスタックPTも巻き込んでの戦闘が楽しいです。
ファンタジーストラテジーが好きな人にお勧め!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 13 人 (72%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 178.5 時間
投稿日: 2015年4月30日
話題作がMacで解禁された。
4Xストラテジー。現在キャンペーンのシナリオを中心にプレイしている。RPG的成長要素あり。遺跡の敵を倒して強力な武器や道具が手に入る。内政でお金と時間をかけてアンロックした戦闘ユニットはえげつない強さ。ただしのんびり探索したり都市経営に時間をかけていると、その間ライバルはどんどん軍備拡大していて手に負えなくなる。基本は速攻でライバルを地方都市に雪隠詰めにした後で探索がベスト。領土が減ればそれだけ相手の収入は減って、軍も薄くなります。簡単に書いてますが、そのあたりのギリギリの駆け引きと、最終的に内政と軍備を極めてマップさえも味わいつくした上で、惨めなライバルを大軍で踏み潰すというカタルシスがゲームの醍醐味だと思う。そのあたりは個人のプレイスタイルに依存するでしょうが。
この手のゲームは煩わしい操作系や各種ステータス、見ずらいUIが敷居を高くしてしまうものだが、ゲーム内のマニュアルが充実しているので基本的な英語が読めればすぐ慣れるだろう。細かい戦略にこだわる人は攻略サイトやプレイ動画を参考にすることをおすすめする。

キャンペーンは魅力的なストーリーをイモなシステムがダメにしているが、ランダムマップが自由度も高くこのゲームの肝と言ってよいだろう。キャラへの愛着が湧くので適当にキャンペーンをやっておくのも良い。


追記:戦略シミュレーションとしては最高の出来だと思う。しかしながらリーダーユニットのRPG成長要素は若干イモくさい。レベルやクラスの縛りで取得できないスキルがあっても、(運次第では)盗掘などで手に入れたアイテムを貼り付ければバランス無視の強いユニットになる。逆に貴重なポイントを消費してスキルを取得した後に同じ効果のアイテムを連続して手に入れた時には、換金などできても微々たるもので戦略的に特殊な状況で無い限り意味は無い。フォーラムでroguelikeだと言ってる人がいたが、言い得て妙だと思った。成長要素はskilltreeにしてアイテムはステータスの補完程度にしておけばもう少し奥行きと戦略性が出ただろう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
62 人中 35 人 (56%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 50.1 時間
投稿日: 2014年11月1日
my score 100/100 ★★★★★★★★★★

ゲームジャンルを開拓しようとしはじめたのがきっかけでこのゲーム『Age of WondersⅢ』を購入しました 

プレイ始めたときはなにをどうすれば状態でしたが、最初のころの数時間はplayしないとゲーム自体の面白さ やり方がわかってこないタイプのいいゲームです

画面みたまんまのはじめの一言をいうのであれば『美しいってこうゆうのをいうのかなあ』と思いました。

世界観はファンタジー作品でグラフィックのレベルの高さとすばらしいサウンドトラックがあり、一番大事な部分でもあるゲームシステムはあまりこういったジャンルをやったことのないワタシにも作品に没頭させてくれました
雰囲気をいつも大事にしているわたしですが気に入りました 操作にうるさいわたしでもありますがマウスのみすべての操作がほぼ可能なので嬉しかったです 
ⅠとⅡがでているんですがプレイしたことはないんですがこのゲームはプレイして前作もやってみたいなぁと思えるほどでした
作品をひき立たせる部分としては とても広大なMAP 探索していくと広がるMAPと発見!遭遇!など非常に楽しいです^^(お宝発見などなど) 

さらにゲーム独特の洗練されている戦闘シーンを体験することができます。敵AIさんは挑戦的であったりもしますので油断しているとやられる緊張感があったりします。

ターンベース制なのでこっちの順番を待ってくれます。これで考える時間はじっくりあります

このほか以外にも 都市で建てたり作ったり増やしたりといろいろあります
また30種類以上中から組み合わせで選べる キャラクターたち ハイエルフ嬢 ドラゴンの人 ドワーフおじいさん 他多数出演!!
種族とクラスの組み合わせの選択肢が多いのでこれによってできることも違うのでそこに楽しみがあります

長くなりましたので、一言ではあらわせませんが いうのであればゲーム自体のバランスはとてもいいんじゃないんでしょうか.

フレのSさんやフレのTacibanaさんも高評価なのもわかりました^^
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 15 人 (63%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 8.8 時間
投稿日: 2014年4月6日
5人で一つの集団を組みその周りを合わせた数で戦闘を行う感じかな
オートが思ったより優秀で対NPCなら数の暴力でならほぼ負けることはないのかも
マルチはしてないので違うのかもしれません
都市を育てて技術を上げてユニットを生産し数で押す感じなのかな
ソロメインだと微妙な気もする
数揃えて一気に侵攻するとほぼ一方的に押し切れる反面その逆もしかり
この手のゲームが好きなら買っても損はないかな
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 51.1 時間
投稿日: 2015年11月1日
英語の分量がかなり多いので最初はとまどいましたが、
慣れれば読む必要なところと不要なところがわかるようになるので、
それほど苦労しなくなります。

以下、Civとの大きな相違点を羅列。

・魔法の存在
 ユニットが戦闘で使う攻撃魔法とは別に、
 マナ(水晶。地形から取れる)とMPを使って、強力な魔法を使えます。使える魔法はだいたい2系統。

 〇フィールド魔法
  自国の都市の付近に緊急的にユニットを出現させたり、敵国の不満度を上げたりできます。
  選択から発動まで、1~3ターン程度かかります。
  ターン終了アイコンの上にある光みたいなアイコンから発動可。
 〇戦闘魔法
  戦闘中を支援する魔法です。
  敵にダメージを与えるものから、味方を召喚するものまであります。
  なお、スペルブックの最初のページにはリーダーの魔法しか載っておらず、
  左の付箋をクリックすることで、味方ヒーローそれぞれの魔法を選択できます。

・テクノロジー
 ツリー式ではなく、最初ランダムにテクノロジーが表示され、
 一つ開発するとさらに新しいテクノロジーがランダムに出現、という流れになります。
 ただし、戦闘ユニットなどは低ランクから高ランクへ順番にアンロックする必要があります。

・地形
 高級資源的な物はないです。また、道路、要塞、監視塔以外に地形に何かを建てるのも不可。
 (魔法によって森に変えたり、岩場に変えたりはできます)
 フィールド上にあるのはだいたい以下の3つ。

 〇領地内に取り込むと、都市機能を上げれる地形(金鉱(金アップ)や大農場(人口増加)など)
 〇調べると敵が出てくる遺跡。敵を倒すとヒーロー(後述)の装備品や、ユニットを入手できる。
 〇ヘイストベリー。ユニットを上に移動させると、もう1ターン分行動できる。

・都市国家(みたいなの)
 フィールド上には妖精やアンデッドの都市国家が存在し、クエストをこなすと属国にできます。
 属国にすると定期的に献上品をもらえたり、完全に自国の都市にすることもできます。

・戦闘
 最大6ユニットを1部隊として編成して、
 (ワールドマップ上ではなく)SLG風の戦闘フィールドに移行して闘います。
 別の味方部隊を隣接させれば、援軍も可能。
 全般的にEndless Legendに近いですが、戦略性を高める要素として、
  〇遠距離攻撃は障害物があるとダメージ半減。
   なので、近接ユニットは柱や岩の陰に隠れながら接近するのが重要。
  〇近接ユニットは、隣接する敵ユニットに対して遠距離攻撃を禁止させることができ、
   また、隣接グリッドを通り過ぎようとする敵にダメージを与えられる。
  〇攻城戦の存在。
   防壁を作っている都市を攻める場合、入り口扉を壊す必要がある。
   ただし、飛行ユニットで壁を無視したり、スキルで壁をよじ登ったりもできる。

 なお、なかなか優秀な自動戦闘モードがあるので、面倒な戦闘は自動戦闘で飛ばせます。

・ヒーロー
 Endless Legendのように、ヒーローを雇用可能。
 装備カスタマイズ、スキルカスタマイズあり。人間とエルフの女ヒーローはそこそこ美人。

以上がだいたいの違いだと思います。
難点を上げるとすれば、
Civでいうところの労働者による地形開発はなし、文化力システムはなし、世界遺産的な建物はなし、スパイや偉人はなし、なので、
内政面はかなり簡素化されてて、内政屋は物足りなく感じることです。
戦闘に特化した4Xだと思ったほうがいいでしょう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い