A story-driven experience about two doctors traversing backwards through a dying man's memories to artificially fulfill his last wish.
ユーザーレビュー:
最近:
圧倒的に好評 (212 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 212 件中 97% が好評です。
総合:
圧倒的に好評 (21,778 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 21,778 件中 97% が好評です
リリース日: 2011年11月1日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

To The Moon を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

To The Moon Game and Soundtrack Bundle を購入する

2 アイテムを同梱: To the Moon, To the Moon Soundtrack

 

レビュー

“How do I explain why it’s brilliant without spoiling what makes it so?”
9/10 – Eurogamer

“It’s simple, poignant, and full of heart.”
10/10 – GamePro

“To the Moon is a game you must play.”
8/10 – GameSpot

"I guess the music's kinda nice..."
-Developer's Aunt

"It is no less than absolutely beautiful."
10/10 – PC PowerPlay

このゲームについて

Dr. Rosalene and Dr. Watts have peculiar jobs: They give people another chance to live, all the way from the very beginning... but only in their patients' heads.

Due to the severity of the operation, the new life becomes the last thing the patients remember before drawing their last breath. Thus, the operation is only done to people on their deathbeds, to fulfill what they wish they had done with their lives, but didn’t.

This particular story follows their attempt to fulfill the dream of an elderly man, Johnny. With each step back in time, a new fragment of Johnny's past is revealed. As the two doctors piece together the puzzled events that spanned a life time, they seek to find out just why the frail old man chose his dying wish to be what it is.

And Johnny's last wish is, of course... to go to the moon.

Key Features

  • A unique & non-combat story-driven experience
  • Innovative mix between adventure game elements and classic RPG aesthetics
  • Acclaimed original soundtrack that closely ties to the story
  • An espresso execution with zero filler and no time drains

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    • OS:Windows 98, XP, Vista, 7, 8
    • Processor:Intel Pentium III 800 MHz
    • Memory:512 MB RAM
    • Graphics:1024x768 High Color +
    • DirectX®:9.0
    • Hard Drive:100 MB HD space
    • OS: OS X 10.6.8
    • Graphics: OpenGL 2.0 capable graphics card
    • Hard Drive: 500 MB available space
    • OS: Major Linux Distribution from 2010
    • Graphics: OpenGL 2.0 capable graphics card
    • Hard Drive: 500 MB available space
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
圧倒的に好評 (212 件のレビュー)
総合:
圧倒的に好評 (21,778 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:
35 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 好評)
最近の投稿
SAKURA YUKI
3.3 hrs
投稿日: 8月12日
このゲームは非常にすばらしいです。ゲーム画面はとても優秀なのに、ストーリーも音楽もすべて心に入れるし、今まであの曲<to the moon>暖かくなった私の心。徹夜でこのゲームを遊んで非常に価値がある.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Abachin
5.3 hrs
投稿日: 7月2日
**日本語版はPLAYISMで購入可能です。

RPGツクール製のいわゆる泣きゲー。
プレイするというよりは鑑賞するといった趣の作品です(ゲーム要素はほんの少しパズルがある程度。途中でそれすら億劫になりました)。

記憶を書き換えることで夢を実現するという技術が確立された世界。
主人公である二人の科学者は、月に行きたいという死の床に臥した老人の願いを叶えるため、彼の家に赴きます。
しかし、なぜ月に行きたいのかは彼自身にも明らかではなく、二人はその理由を見つけるため、彼の記憶を遡っていく・・・

こういった類の作品はあまり経験がなく、そのことが不当に自分の中での評価をあげているのかとも思いましたが、それを差し引いても非常に高いクオリティの作品だと思います。

はじめのうちはやや重苦しい雰囲気と謎ばかり積もっていく展開に不安になりますが、ところどころにちりばめられたアメリカ人らしいユーモアにクスリとしながら話を進めていくと、やがて老人に起きた悲劇と月に行きたいという願いの本当の意味するところにたどり着きます。

その場面は非常に感動的で、場面を盛り上げる優しくてどこか物悲しい音楽とあいまって、自分は完全に涙腺が崩壊してしまいました。

そして、この作品の良いところはその後の展開にもあります。
願いの意味を知ってからエンディングに至るまでに主人公たちがとった行動は、人によって大きく評価のわかれるところでしょう。
そういった様々な解釈に耐えうる点でも、素晴らしい作品だと思います。

いずれにせよ、2011年のBest Indie RPGという名に恥じない素晴らしい体験が約束されたゲームだと思います。
少ししんみりしてしまったときに、映画一本みる感覚でプレイされてみてはいかがでしょうか。

なお、このゲームの続編(Finding Paradise)が2016年末~2017年初頭にかけてリリースされる予定なので、タイミング的にも今やるのは悪くないんではないかと。

↓↓以下、ネタバレ感想↓↓
私自身はこのエンディングには否定的です。

新たな記憶の中で宇宙飛行士のパートナーにRiverが選ばれたことは、お互いを見失ったら月で再会しようという約束をJohnnyが思い出したからこそ起きえたことで、それは、Johnnyが人生の最後に、自分の人生から失われていたものを取り戻すことができた何よりの証拠なのだという議論には、すごく賛成します。

しかし、月に行きたいという願いの意味にJohnnyが気づいたときに、それでも記憶の書き換えを本当に望むのでしょうか。

もとより、死後の世界とか生まれ変わりとかそういったものを信じているわけではないですが、仮にそういったものが存在する可能性を少しでも信じるなら、自分ならそれにかけて、本当の記憶を持ったままそこでRiverに会って、ずっとすれ違ってきてしまった関係を立て直したいと思うんじゃないかな、と想像してしまいます。

このような形で月に行ってしまったことで、二人のすれ違いが本当の意味で解消される可能性がゼロになってしまったことを考えると、私にとってのこのエンディングは、ただただ悲しいものでした。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
pa-san
0.1 hrs
投稿日: 6月26日
久々にゲームで泣いてしまった作品。
ストーリーはよくありがちな話なんだけどこういう結末になるんだろうなって思いながらも全然飽きがこない
BGMも凄い良いです。やってみて
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
MegumiN
4.3 hrs
投稿日: 3月25日
すごい .

8/10
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Kurimer
4.3 hrs
投稿日: 1月5日
素晴らしい。
ストーリー、BGM、ビジュアル面も全てが。

アドベンチャーゲームかつ英語です。英語が出来ない方は日本語版が出てますのでそちらを購入しましょう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
cosMo ( 2017 February )
8.5 hrs
投稿日: 2015年12月21日
このゲームは、すごく悲しいです
でも 悲しいながらも感動的なゲームです
一度プレイしてみてくださいお勧めします
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Strong Chamaeleon
1.4 hrs
投稿日: 2015年6月16日
採点:3/10 "おはなし。"

「影響」だとか、「感動」といったようなものは、
言語的、ストーリーやことばによって、与えられるものと、
表現全体、例えば絵や音楽によって、与えられるものとがあるようですが、
このゲームは、前者の要素の大きさのわりに、
後者の方法で与えられた感じが、あまりなかった。

ゲームをしていると、それがトラックにのっているだけのゲームなのに、何か感動したり、
ひたすらクリックするだけのゲームなのに、感動することがある。
そういう与えられ方を、少し期待したのだけれど、
このゲームはあくまで、言語的にしか与えてくれなかったな、という失望を味わった。

LIMBOだとか、Papers Pleaseだとか、Euro truck simulator 2 みたいなゲーム(それぞれ全く違ったゲームだけれど)
を肯定するレベルでは、肯定できないと思ったし、
言語的に与えられたものは、小説や詩の名作といわれるものたちに比べると、
正直言って見劣りしました。

一人できちんと作り上げたのはすごいな、
というレベルでなら、当然肯定できるゲームだけれど、
おすすめはしません。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  過去 30 日以内
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.5 時間
投稿日: 9月5日
人生の終わりに思い残すこと無く死を迎えさせてあげるために、特殊なマシンを使ってその人の記憶の中で夢を叶えてあげるという仕事に就いている主人公の二人は、月へ行きたいという願いを持つ老人のもとを訪れる。
その願いを叶えるため、老人がなぜ月へ行きたいのかを、彼の現在から幼少期までの記憶を遡り探っていくというゲーム。

深い余韻を残してくれる素晴らしいストーリーとBGMでした。

Steam版には残念ながら日本語が入っていないためPlayismで日本語版を買ってプレイすることを勧めます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
53 人中 42 人 (79%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.9 時間
投稿日: 2014年4月11日
起動して数分耳に心地よい音楽が流れる。
サラッと情報を見ただけでも評判は良いらしいが日本語は無い為しばらく放置していたが
PLAYISMで日本語版購入。
ファイルをsteamに上書きし、最後まで遊び終えた後再度元に戻して最終セーブから終えたところで実績解除。

過去に遡るキーになるアイテムを見つけ、そこからまた過去に遡って老人の夢の謎を解明していく物語。
小説 リプレイ とか映画 バタフライ・エフェクト 系とはちょっと違うし、感動も泣けることもなかったが、良い時間を過ごさせてもらった。
最後の最後で出る心音が、この物語自体が彼の???とまた考えさせられるとゆうか余韻があって良かった。

トレーディングカードの絵柄が、本編においての印象的なイベントをビジュアル化している為
クリア後に見ると感慨深いものがある。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
27 人中 26 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.8 時間
投稿日: 1月16日
◆ ツクール製泣きゲー
「月へ行きたい」と願うある老人への終末医療として依頼を受けた
技術者二人が、夢の中でそれを実現してやろうと奔走する話。
海外発のRPGツクールXP製の感動系SFアドベンチャー。
ぽっと出のツクールゲーにしてメタスコア80超えという高評価を得て
話題となり、海外ではファンアート等も多数投稿されている人気作。

◆ 噂に違わぬ出来の良さ
他人の脳内に入り込んで記憶を弄れる機械を扱う組織に属する、
しっかり者で常識人な女技術者エヴァと
おバカなおちゃらけ男技術者ニールのでこぼこコンビが主人公。
依頼者の云わば妄想を夢の中で実現してやるのが仕事なわけだが、
依頼者の老人はなぜ月へ行きたいのか自分自身でも分からないと言う。
その動機を探るため老人の記憶の中へ潜り、手がかりを見つけていく。
基本的には読み物であり、話を読み進めていくだけの一本道なのだが、
日本語未対応なので英語力がないとお手上げ。PLAYISMにて
翻訳されたものが売っているのでそちらを購入するなり、
プレイ動画などを漁って見てみるなりするのが吉。
美しいBGMと温かみのあるドット絵での演出が織り成す
心揺さぶられるシナリオは傑出したクオリティに仕上がっており、
制作陣がゲームに込めた思いが伝わってくる力作。
以下、ネタバレ感想。
レビューを検索すると色んな見方があるが、ジョニーは死骸の臭いで
とうとう幼少期の記憶に至り、リヴァーとの出会いも思い出せた、
あくまでも依頼内容に忠実なエヴァはリヴァーを移動してしまったが、
道に迷ったら月で会おうという約束をジョニーが覚えていたからこそ
最後の夢にリヴァーを『出演』させることができたのだと思う。故に、
すれ違い続けた夫婦はようやく最後の最後で向き合うことができた、
バッドエンドではなくハッピーエンドだった、と自分は解釈している。

◆ 続きが待ち遠しい
今日現在、日本語未対応のSteam版の定価が980円、
日本語対応のPLAYISM版の定価が1008円とほぼ変わらず、
実績は全クリ実績一つだけでモチベに直結するようなものではない、
ということで、お布施買い以外でSteam版を買う理由は薄そう。
価格は比較的高めだが、4,5時間で読める感動本を1000円で買う
と考えれば適正価格な感じはする。
次回作は、短編のA Bird Storyの主人公が
患者として描かれる話だそうなので、期待して待ちたい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
25 人中 23 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.7 時間
投稿日: 2014年8月29日
当初はカードだけ排出して、積みゲームカテゴリにぶち込もうとしていましたが、
起動中に聴こえてくる良音と、懐かしい2D画面に誘われプレイしてみました。

私はあまりプレイしないジャンルになるのですが、
プレイ後の感想としてはとても淡い気持ちになれました。

死期が近い老人が「月に行きたい」と願い、2人の科学者が
ベッドに横になる彼の記憶を紐解くうちに、「行きたい」と願う彼の真意に触れる。

実際に購入してプレイしてみてほしいのであまり中身は書きません。
プレイするというよりは、観るに近いゲームです。

良音BGMで没入感が獲られますので、色々と想像が膨らみます。
ファンも多いようで、イラストなどをコミュニティで
共有公開しているユーザーも多いです。

プレイ後はそういった楽しみかたも出来るゲームという事です。

暇があれば実績1つ獲得できますし、価格も
ジュース1本購入するより安いので是非プレイを。


総評「じいちゃんの頭につける機械ほしい」

おじさんスコア 88/100
コスパ満足度 90/100










このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 21 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.1 時間
投稿日: 2014年5月19日
「Everything's Alright(すべてうまくいく)」

その老人は月に行きたいと願った、何故行きたいかは分からない、だけど月に行きたいと願った。
そんな老人の願いを叶えるSF/ADVゲーム

SteamにおけるRPGツクール製ゲームとサウンドノベルの門戸をAnalogue: A Hate Story と共に切り開いた作品
上質なストーリーと上質な音楽に彩られた最高級の作品
言い切っても何も問題はない。それほどに考えさせられ、強烈な後味を残す作品であった。
是可否を問うのは野暮だ、それが正解でもない。
でも、確かに彼は月へ行った。

日本語版はPlayismにて販売中 英語のみとなるが後日談のエピソードが配布されている(英語)
残念な事に後日談のエピソードはPlayismでも日本語版が配布されていないので読みたい場合は英語をがんばって読んでください

なお、サントラはBandcampでも購入は可能であるがSteamでの購入を強くお勧めする
FLACとMP3(320kbps)同梱で、なおかつBandcampよりも収録曲数が多い
Paydayと並んでSteamで買えるサントラの中では屈指の作品である

日本語版
http://www.playism.jp/games/tothemoon/
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
29 人中 23 人 (79%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.4 時間
投稿日: 2014年6月30日
実績1つだけジャン!って買った作品だったけどプレイしてよかった
ゲームというよりは映画見てるような感じ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 14 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.9 時間
投稿日: 2015年3月19日
記述日 2015.2.28
お勧め度 ※1 ★★★★☆
プレイ時間 7時間程度
プレイ難易度 クリア
情報 なし
※1 星の数の説明は私のプロフィール欄に記載されています。

【概要】
海外のRPGツクールで製作された有名な作品だそうです。
アドベンチャーゲームとなっており、感動的なストーリーです。
簡単なパズル要素も申し訳程度にあります。
基本ネタバレになってしまうため、ざっくりとした説明だけ書いておきます。

[登場人物]
操作可能な二人・・・・人生の最後を迎える人に果したかった夢を提供するのがお仕事
おじいさん・・・・今回の対象者。夢は「月に行く事」だが、なぜなのか本人もわからない様子。すでに昏睡状況
おじいさんの妻・・・・灯台大好き。突発的にうさぎの折り紙を折ったり、髪を切ったりと謎の行動をする

**長所**
  • 感動的なストーリー
  • 音楽を含め、演出が素晴らしい
**短所**
  • ボリュームが3時間程度

【総評】
純粋に素晴らしいストーリーでした。
日本語化はできませんが、日本語版が個別でPLAYISMから発売されているので個人的にはそちらをお勧めします。
私は翻訳サイトを利用しながらのため、意訳という意味でそれはそれでいいのかもしれませんが、とても疲れました・・・。
なお、2015年2月に無料DLCがリリースされたのでやったことある人も再度やってみてはどうでしょうか?

↓↓↓以下ネタバレ気味なのでクリアした人向け↓↓↓
私個人としては最後は少し否定的な立場ですね。
なぜなら、夫婦として墓に入るのにお互いの思い出が全く違ってしまうのはどうなのかと感じたからです。
すれ違いなどがあったとしても、最後を迎えた二人がお互いに違う思い出を胸に夫婦として並ぶのはある意味悲劇的なものに思えました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 15 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.5 時間
投稿日: 2014年8月29日
「月に行きたい」-老人は亡くなる前にそう願った

二人の科学者はその願いをかなえようと老人の過去に遡る…

部屋中に散乱した折り紙でつくったウサギ…

やさしくて心地よいピアノの音楽…

音のしない古時計…

廃棄された灯台…

大切な人…

月…

封印され続けた記憶…

すべてのパズルがつながる時「月に行きたい」という願いの意味を知る…
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
43 人中 28 人 (65%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.0 時間
投稿日: 2014年12月1日
泣いた
大体5時間くらいのボリューム
泣いた
後半の英語が結構難しくなってくるからPlayismの日本語版推奨かも
Steam版がいいならスマホなりなんなりで実況動画と一緒に見比べよう
泣いた
箱コンプレイしたけど十字パッドが使えずスティックだったのが操作性では結構やりづらかった感はある
泣いた
お前も買って泣け
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
21 人中 15 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.5 時間
投稿日: 2013年12月6日
まさにドのつくほど「ストライク!」でした。
戦闘もなければストーリーが分岐するような選択肢も一切ない、一本道のアドベンチャーゲームでここまで心が揺さぶられたのは久しぶりでした。
見当違いかもしれませんが、サッカーでたとえれば1997年6月3日フランスで行われたトゥルノワ・ド・フランス(のちのコンフェデ杯)において、ブラジル代表ロベルト・カルロスが決めたフリーキック。そのゴールの弾道を見送るしかなかったフランス代表のゴールキーパー、ファビアン・バルテズのような。
野球でたとえれば、あまりにも素晴らしいボールがきたので、ストライクだけど見逃すことしか出来なかったような。「こんな素晴らしいストライクボール投げられたら、見逃すしかないぜ。俺のアウトひとつでよければくれてやるよ」なんて悔しさを通り越して、すがすがしささえ残るような。
話はそれましたが、それぐらい素晴らしい物語でした。
ゲームプレイ中、特に後半になるに従って涙をこらえるのに必死でした。もちろん、これは、私的なストライクゾーンにストーリーがズバッときてしまったからで、人によっては「どこがストライクだよ、明らかなボールだろ」なんて抗議されるかもしれません。それでも、いいと思います。感受性は人それぞれですから。大事なのは、少なくとも私の心の琴線アンパイアが、高らかにストライクを宣言していきました、という事です。
心から満足できるものに出会うことは多くはありません。ゲームの中で出会えた私は幸せなんだと思います。
ちなみに、物語に花を添える音楽も必聴です。良ゲーに良サントラありとはよく言ったもの(?)です。

この"To the Moon"というゲームは、海外のRPGツクール(RPG maker)で開発されたアドベンチャーゲームです。ゲームとしては正味4時間程度でエンディングを迎えることとなります。背景やキャラクターは、古き良き時代の美しいドット絵で彩られております。インディーズ作品でありながらも、数々のコンテストで賞を受賞するほどの作品。
事前知識はその程度でプレイしましたが、期待を大きく上回る出来に、非常に満足することが出来ました。
制作者に最大級の感謝を。

最後に、もしもこんなレビューで興味が湧いた方は、是非、打席に立たれることをオススメします。
そして、そこで想像以上の球が投げ込まれたときには……。あとは分かりますね?(笑)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い