神秘的な雰囲気のこぢんまりとした世界を歩きまわり、その手の剣で戦い、またソーサリーを発動して神秘に満ちた音楽的謎を解き明かしていきます。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (1,518 件のレビュー)
リリース日: 2012年4月16日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Superbrothers: Sword & Sworcery EP を購入する

 

キュレーターによりおすすめされています

"Showed at PAX East 2012 - Exploratory adventure game with a wonderful soundtrack."

レビュー

“...a beautiful and enthralling adventure that feels both archetypal and unique”
9/10 – Gamespot

“...masterfully blends music, art, storytelling and gameplay in deeply poetic ways that you just don’t see very often.”
9/10 – IGN

“It’s genuinely beautiful, with moments of stark evocative beauty, sharp with strangeness.”
Rock Paper Shotgun

このゲームについて

Superbrothers: Sword & Sworcery EP/『スキタイのムスメ:音響的冒剣劇』は個性的なオーディオとビジュアルで彩られた冒剣活劇アクションアドベンチャーです。神秘的な雰囲気のこぢんまりとした世界を歩きまわり、その手の剣で戦い、またソーサリーを発動して神秘に満ちた音楽的謎を解き明かしていきます。友人と Twitter でコミュニケーションを取ったり、月の満ち欠けに影響されるゲーム世界を体験したり... 放浪の騎士であるムスメが果たすべき使命を、あなたは無事手助けできるでしょうか。

Superbrothers: Sword & Sworcery EP/スキムスは、著名なジム・ガスリーのオリジナル楽曲がアルバム一枚分とSuperbrothers Inc による素晴らしいアートワーク&デザインがビデオゲームの魔法使いであるトロントのCapyの手によって詰め込まれたタイトルです。

楽曲は「Steam」ディレクトリ以下、「Superbrothers: Sword and Sworcery EP」フォルダに格納されます。

...Steam\\steamapps\\common\\superbrothers sword & sworcery ep\\soundtrack

主な特徴:

  • 時は青銅器時代、場所は山岳地帯のある荒れた土地。あなたはその手で戦士を導いて、時には凄まじい戦いで勝利をもぎ取り、さらには神秘的な音楽パズルをずんずん解き明かしていきます。さあ、スキタイのムスメが抱える果たすべき使命を、最後まで見届けましょう。
  • 熱意全開のファミコン・ドリームがここに。神話の香りに満ち、あきれるほどに描きこまれた詩的世界、現実世界の月の満ち欠けが影響するゲームプレイの着想/制作に Superbrothers Inc。
  • じっくりしっとり聞ける、プログレロックコンサートレコード。伝説的音楽家、ジム・ガスリーのオリジナルアルバムはまさに耳へのごほうび。
  • 大画面での上映にも対応するレベルでリマスター済み。新エディションではギザギザ無縁の美麗ピクセル、より輝きを増したオーディオミックスを実現。ホームシアターやシネマでの投影にも最適です。
  • カーソルを自在に動かしてクリック。スキムスの電子コンピュータ向け新エディションでは 2 ボタンマウスによる入力でオリジナルそのままの体験ができるよう、Capy 社のビデオゲーム魔術師たちがその腕を存分に振るっています。
  • ツイート、しちゃう?スキムスに潜む謎を解きながら、友達同士でヒントや何やかんやを送りあってみるのも楽しいですよ。

サウンドトラックの詳細:

ジム・ガスリーの 圧倒的名盤「Sword & Sworcery LP: The Ballad of the Space Babies」は同氏が放つプログレッシブロックコンサートアルバムの金字塔。Kotaku で「2011 年ベストゲーム音楽」に選出された他、Double Fine の Tim Schafer 氏も「音楽がアメイジング。俺の人生をジム・ガスリーに作曲してもらいたい」と激賞。

Track List:

  • Dark Flute 02:40
  • Lone Star 02:35
  • Doom Sock 02:35
  • The Prettiest Weed 02:19
  • The Cloud 03:50
  • Under A Tree 05:03
  • The Maelstrom 01:56
  • The Ballad Of The Space Babies 03:06
  • Unknowable Geometry 04:02
  • Bones McCoy 02:06
  • Ode To A Room 01:43
  • The Prettiest Remix 00:56
  • The Whirling Infinite 02:30
  • Little Furnace 03:25
  • Bonus Track Intro 00:01
  • Cabin Music (Bonus Track) 02:39
  • Battles 1(Bonus Track) 00:48
  • Battles 2 (Bonus Track) 00:35
  • Com64 (Bonus Track) 01:21
  • Mushrooms (Bonus Track) 02:15
  • Death To Everyone (Bonus Track) 01:13
  • Confronting The Wolf (Bonus Track) 01:20
  • Up A Mountain (Bonus Track) 01:28
  • Activating Trigons (Bonus Track) 01:23
  • How We Get Old (Bonus Track) 05:21
  • And We Got Older 04:47
  • Bonus Track Outro 00:02

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux

    最低要件:

    • OS:Microsoft® Windows® XP / Vista / 7
    • プロセッサー:AMD Athlon 64 2800+ (1.8 Ghz) もしくは Intel Pentium IV (2.8 Ghz)
    • メモリ:1 GB RAM以上
    • グラフィック:128MBのビデオメモリ搭載のグラフィック・カード
    • DirectX®:9.0
    • ハードドライブ:500 MB HD space
    • サウンド:DirectX 9.0 以上に対応するサウンド・カード

    HD シリーズよりも前の ATI 社製グラフィック・カード (例: X300、X800、X1300 など) は公式にはサポートされていませんが、多くのモデルで動作します。

    推奨要件:

    • OS:Microsoft® Windows® XP / Vista / 7
    • メモリ:2 GB RAM以上
    • グラフィック:256MBのビデオメモリ搭載のグラフィック・カード
    • DirectX®:9.0
    • ハードドライブ:1 GB 以上
    • サウンド:DirectX 9.0 以上に対応するサウンド・カード
    • OS: OS X バージョンの Leopard 10.5.8, Snow Leopard 10.6.3 以降
    • プロセッサー: Intel Core 2 Duo @ 2.4 Ghz
    • メモリ: 1GB RAM
    • ハードディスク容量: 500 MB 以上の空き容量
    • ビデオカード: 128MBのビデオメモリ搭載のグラフィック・カード
    • OS: Ubuntu 10.10
    • Processor: 1.8ghz
    • Memory: 2GB RAM
    • Hard Disk Space: 1GB Free
    • Video Card: 256mb of video ram
参考になったカスタマーレビュー
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 8.8 時間
投稿日: 6月25日
ドットで描かれた世界がBGMと合わさって、ふわぁ~っとした世界が心地良い。
頭を使う場面や戦闘も敷居が低いので、年齢は選ばないでプレイできるかも。
忙しいゲームにちょっと疲れた時の、箸休めに。
癒し系ですわ~。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
28 人中 25 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 10.9 時間
投稿日: 6月2日
It's not a game if you're looking for something fast-paced and action packed. In fact this game is strange in more ways than one. But it's because of it's peculiar personality that makes this game really special - it's more of an experience you get to play through.

It's a game for someone who's looking to get away from convention and try something different, as well as get in touch with the mythopoetical hipster side of them. Seriously.

It's not just a game for nostalgic pixel-art eye candy, and as linear as the story is, the gameplay sure isn't. For one thing, the game encourages you to take your time playing through because if you play through this game honestly you're meant to take a solid month to finish it. It also encourages you to explore the environment, because there are a lot of great things you'll only notice if you take the time to have fun and click around the different areas you explore within the different phases of the moon.

For such a tightly-packaged few hours of gameplay, it's an amazing game. Well worth playing through and grabbing all the accomplishments for.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
71 人中 42 人 (59%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.4 時間
投稿日: 4月1日
Beautiful pixel art, stunning music, and a story that is best described as "baby's first acid trip". It's kind of sad how utterly the game play and story falls short of the art and music. Game play seems like it was tacked on or left so simplistic that it doesn't even register as a challenge. The point and click aspects are lack luster. The characters are all one note and flat as a pancake. The story makes no sense which is good if you prescribe to the hipster theory of “making no sense” is the paragon of art.

The music is worth buying it on sale, but I would probably just try and find the sound track al la carta.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 0.6 時間
投稿日: 6月13日
I wish I could give a neutral review, because the things I like and the things I hate exist in equal measure.

Pros:
It controls well. If I click on something, my character interacts with it. No pixel-perfect finnicky nonsense. You can click and hold and control them as they move, which is a nice touch.
The music and sound design are fantastic.
The overall story seems good so far.

However, I likely won't be playing much more of this, because:

Cons:
The writing (the actual text) is dreadful. "swong of sworcery" isn't that funny he added a letterhahahahaNOPE. "amirite?" and many other things that made me picture the writing process taking place on an iPhone in a coffee shop.
Twitter integration in the game world.
Rather than just taking inspiration from things, they've decided to just use said things in the game, because parody is sooooo much more hip(ster).


That said, I must admit that the reason that I quit in frustration wasn't the hipster nonsense (I put up with it so much in real life, why not a game? It'll be quaint in a few years as well). I'm just awful at puzzles. I got to the sheep puzzle and couldn't even figure out what I was supposed to do.

SO, If you like point n click games (with some simple action occasionally), and can put up with talking to that local guy who wears a flannel and beanie way to far into summer, I'm sure you'll love it. That's why I'm giving it a positive review.

It drives me batty as much as it makes me smile, though.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
70 人中 38 人 (54%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 3.3 時間
投稿日: 4月2日
Incredibly pretentious. Insulting gameplay - a bit of Simon Says and simple rhythm combat mixed with random poking around bushes and/or forest animals. Neat music, style and atmosphere completely wasted by easy and boring puzzles and linear (and repetitive) levels. I've bought the hype thinking it was going to be an actual p'n'c adventure, but I should've known better.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い