Amnesia: The Dark Descent, a first person survival horror. A game about immersion, discovery and living through a nightmare. An experience that will chill you to the core.
ユーザーレビュー:
最近:
圧倒的に好評 (221 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 221 件中 95% が好評です。
総合:
圧倒的に好評 (14,245 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 14,245 件中 95% が好評です
リリース日: 2010年9月8日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Amnesia: The Dark Descent を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Amnesia Collection を購入する

2 アイテムを同梱: Amnesia: A Machine for Pigs, Amnesia: The Dark Descent

 

このゲームについて

The last remaining memories fade away into darkness. Your mind is a mess and only a feeling of being hunted remains. You must escape.
Awake...
Amnesia: The Dark Descent, a first person survival horror. A game about immersion, discovery and living through a nightmare. An experience that will chill you to the core.
You stumble through the narrow corridors as the distant cry is heard.
It is getting closer.
Explore...
Amnesia: The Dark Descent puts you in the shoes of Daniel as he wakes up in a desolate castle, barely remembering anything about his past. Exploring the eerie pathways, you must also take part of Daniel's troubled memories. The horror does not only come from the outside, but from the inside as well. A disturbing odyssey into the dark corners of the human mind awaits.
A sound of dragging feet? Or is your mind playing tricks on you?
Experience...
By using a fully physically simulated world, cutting edge 3D graphics and a dynamic sound system, the game pulls no punches when trying to immerse you. Once the game starts, you will be in control from the beginning to the end. There are no cut-scenes or time-jumps, whatever happens will happen to you first hand.
Something emerges out of the darkness. It's approaching. Fast.
Survive...
Amnesia: The Dark Descent throws you headfirst into a dangerous world where danger can lurk behind every corner. Your only means of defense are hiding, running or using your wits.
Do you have what it takes to survive?

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    Minimum:
    • OS: Windows XP/Vista/7
    • Processor: 2.0Ghz - Low budget CPUs such as Celeron or Duron needs to be at about twice the CPU speed
    • Memory: 2 GB
    • Hard Drive: 3GB
    • Graphics: Radeon X1000/GF 6 - Integrated graphics and very low budget cards might not work.
    Minimum:
    • OS: Mac OS X 10.5.8 or newer
    • Processor: 2.0Ghz
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: Radeon X1000/GeForce 6 (Integrated Intel Graphics not supported)
    • Hard Drive: 2GB space free
    Minimum:
    • OS: Ubuntu 12.04 LTS, Mint 13 LTS, Fedora 16, fully updated
    • Processor: 2.0Ghz - Low budget CPUs such as Celeron or Duron needs to be at about twice the CPU speed.
    • Memory: 2 GB
    • Graphics: Radeon X1000/GeForce 6 - Integrated graphics and low budget cards might not work.
    • Hard Drive: 3 GB
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
圧倒的に好評 (221 件のレビュー)
総合:
圧倒的に好評 (14,245 件のレビュー)
最近の投稿
ZETTAITAIKI
7.7 hrs
投稿日: 2月28日
ゲーム自体は良かったがオチがちょっとと思いました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Rul[JPN]
8.5 hrs
投稿日: 1月25日
恐ろしく怖いゲームです。
日本語MODは現在も使用できます。




参考になりましたか? はい いいえ 面白い
大元帥(Generalissimo)
7.3 hrs
投稿日: 1月9日
Outlastが面白かったので、同系統としてよく名前が挙がっている(?)本作もプレーしてみました(日本語化はウェブで探しました)。
しかし、全然怖くない&面白くない。

・Outlastより数年古い商品なので、画質は格下で安物感あり(PS2レベルかそれ以上)。
・通路が広いので敵が追いかけてきても緊迫感・圧迫感が感じられない。
・Outlastみたいな音楽や足音といった音での演出は大したことない。
・敵はぶらぶら歩いてる感じで、Outlastほど積極的に追跡してこない
・ゲームを一定程度進める毎に画面が光るのが激しく不快!この画面が光るのは、主人公が過去の記憶を思い出して(?)登場人物の会話が流れる目印となっているのだが、ごく普通に進めていて10分程度おきにこの画面が光る現象が起きる。ポケモン事件ほどの強烈なフラッシュでは無いが、かなり不快。
・“正気度”などと言う全然面白くも無い設定がうざい。城の探索中に不審な出来事を目撃したり、暗闇の中に居続けると正気度が減少するというものだが、そのために一々松明に火を灯していかなければならなくなる。ランタンだけでいいのに松明まであるのは邪魔。


総評
セールで500円程度で買えたから、まだよかったものの、とても定価で買う気にはなれない。
怖くない上に、上述の画面の光に激しくイラついて途中で辞めました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Baizel4545
15.4 hrs
投稿日: 1月7日
有志の方が作ってくれたパッチをあてれば日本語化できます

ゲーム内容はホラーと謎解き両方の側面があり、自分は謎解きのほうが比重が高いと感じました
謎解きの難易度が絶妙で、詰みそうでも時間をかければ攻略を見なくてもほぼとけます
ホラーの面も決して弱くなく、音や雰囲気でしっかり恐怖感を演出しています
OUTLASTほどグロもなくそういうのが苦手な人でもできると思います


全体的に暗いですがガンマ調整で明るくなるので問題ありません
自分はセールで400円以下で買いましたが値段の何十倍も楽しませてもらいました おすすめです
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
siduru
0.7 hrs
投稿日: 2015年12月1日
バックグラウンドに飛ぶとパソコン上で何も動かせないゲームにも戻れない ゴミ
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
nemumi
8.8 hrs
投稿日: 2015年11月5日
-MyScore-

5/10


-感想-

クトゥルフとからヴくらふととかそのあたりのネタがぜんぜんわかってなかったのでかなしみ。
恐怖はじわじわ系でしたが、見えない何かに追われたときは恐怖を感じることができてよかったどすん。
最後はうーんどうなのだろう・・・・。
自分の理解が足りてないが故の評価かもなのであてになさらず。
色々あっちこっちいったりきたりでちょっとうーん、
それが醍醐味なのかもしれないのですけれどんも。。。


-好いところランク-

1. 透明ななにか
2. ストーリー
3. 様々な拷問法を知ることができたこと(特にいらない)
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
[JPN]Sargent
12.1 hrs
投稿日: 2015年9月19日
画質もよく、日本語modもあるのでオススメ
謎解きがたまに難しいが(石を投げる)サルでもなんとかなりそうです(過去形)
恐いけど中盤終盤、慣れがあるよね(どっかの将棋)
おおまかに説明すると、主人公ダーニョは城で倒れて、気がついたら廊下に倒れていた、手紙をみるとアレクサンダーという城主を殺せと記憶喪失する前の自分に言われる、進んでいくとドアが勝手に開いたり怪奇現象で心臓バックバク、そして謎の怪物の幻影が・・・。
(うろ覚え)
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Kariage
6.6 hrs
リリース前のレビュー
投稿日: 2015年9月15日
2015/9/16(水)
24時間限定で無料配布中

とっても怖いゲームだよ
let's おもらし!!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
c4rNat10n
16.2 hrs
投稿日: 2015年5月23日
SAIKOU
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Ruby_Bom
14.7 hrs
投稿日: 2015年3月11日
クトゥルフ系ホラーADV。有志日本語化可能。

洋ゲーホラーにありがちなビックリ系ではなく、じわじわホラー系。
常に不安がつきまとい、安心できる場所がない。
暗闇が非常に恐怖を掻き立ててくれる。
(暗闇に居続けるとSAN値(正気度)が下がる)

主観視点なこともあり、自分自身がその空間で恐怖体験をしている感覚になる。
探索系のADVは好きな方だが、「この先には進みたくないな~」と感じられるホラーは久々だった。
音や映像の効果を巧みに使っていて、素晴らしく臨場感があった。
(何度か、実際に叫び声を上げてしまった箇所もあった。)

難易度的にはそれほど高くはなく、進もうと思えばゴリ押しも可能。
むしろ、恐怖感を抑えて「進もう」と思えるかどうかが関門なのかもしれない。

クトゥルフ系ホラー定番の要素もそこかしこに見られ、嗜好が合う人には最高のホラーゲームかと思う。
ストーリーが少々難解なので、日本語化した方が良いと思われる。
謎解きに関しては、何となくこうかな?と感じたことを素直にやると意外に突破できて驚く。
全体的にアイテム類は回収していれば詰むようなことはない。
が、回収忘れなどがあると、また嫌な暗闇の中を歩き回らなければならない。
リアルSAN値が下がる恐れがあるので注意w

このゲームにおいては、詳しくシステムや内容について知らない状態でプレイした方が楽しめる。
ゲーム内ヒント程度で十分なので、PV等を見てピンとくるようならお勧めできる。
MOD等も色々あるようなので、機会があったらプレイしてみたい。


<一言攻略メモ>

・ほぼ「暗闇」との闘いなので、ランタンや着火アイテムの管理に注意。
 (この不安感を煽るシステムが秀逸だと思う。)
・「音」に注意。特に機械音がする方向など。
・終盤はクトゥルフ全開!
・画面設定で明るさは調整できるが、チュートリアル通りの設定がベスト。
・周囲を暗くし夜間にプレイすることをお勧め。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
23 人中 22 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 14.3 時間
投稿日: 2013年11月28日
ホラーでは光の刺さない暗闇はおなじみのシーンだが、
このゲームはそれを積極的にシステムへ組み込んでいる。
主人公ダニエルはとある理由で暗闇を病的に恐れており、
明かりの無い所に居続けるとだんだん正気を失い、
画面にも揺らぎ・歪み・ぼやけ、歯ぎしりや幻聴として表れていき
正気度が0になってしまうとついには奇声を上げて倒れてしまう
(ゲームバランスの関係上、死にはしないがしばらく操作性が下がる。また奇声で敵に発見される恐れあり)。

正気を保つためには手持ちのランタン及び城内のロウソクや松明で
明かりを灯しながら進む必要があるが、
城内を徘徊するモンスターに見つかり易くなってしまうデメリットが有る。
そしてモンスターと戦う手段はなく、隠れてやり過ごすしかない。
明かりを灯し見つかる危険を犯してでも正気を保つか、
正気を失いながらも安全に潜むか……どちらを選んでも恐怖からは逃れられない。

評価 8.5/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 12 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 14.7 時間
投稿日: 2015年3月11日
クトゥルフ系ホラーADV。有志日本語化可能。

洋ゲーホラーにありがちなビックリ系ではなく、じわじわホラー系。
常に不安がつきまとい、安心できる場所がない。
暗闇が非常に恐怖を掻き立ててくれる。
(暗闇に居続けるとSAN値(正気度)が下がる)

主観視点なこともあり、自分自身がその空間で恐怖体験をしている感覚になる。
探索系のADVは好きな方だが、「この先には進みたくないな~」と感じられるホラーは久々だった。
音や映像の効果を巧みに使っていて、素晴らしく臨場感があった。
(何度か、実際に叫び声を上げてしまった箇所もあった。)

難易度的にはそれほど高くはなく、進もうと思えばゴリ押しも可能。
むしろ、恐怖感を抑えて「進もう」と思えるかどうかが関門なのかもしれない。

クトゥルフ系ホラー定番の要素もそこかしこに見られ、嗜好が合う人には最高のホラーゲームかと思う。
ストーリーが少々難解なので、日本語化した方が良いと思われる。
謎解きに関しては、何となくこうかな?と感じたことを素直にやると意外に突破できて驚く。
全体的にアイテム類は回収していれば詰むようなことはない。
が、回収忘れなどがあると、また嫌な暗闇の中を歩き回らなければならない。
リアルSAN値が下がる恐れがあるので注意w

このゲームにおいては、詳しくシステムや内容について知らない状態でプレイした方が楽しめる。
ゲーム内ヒント程度で十分なので、PV等を見てピンとくるようならお勧めできる。
MOD等も色々あるようなので、機会があったらプレイしてみたい。


<一言攻略メモ>

・ほぼ「暗闇」との闘いなので、ランタンや着火アイテムの管理に注意。
 (この不安感を煽るシステムが秀逸だと思う。)
・「音」に注意。特に機械音がする方向など。
・終盤はクトゥルフ全開!
・画面設定で明るさは調整できるが、チュートリアル通りの設定がベスト。
・周囲を暗くし夜間にプレイすることをお勧め。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 15.5 時間
投稿日: 2014年1月13日
面白かった!部屋の電気を消して深夜にやる事をおすすめします
英語わからない人は是非日本語化してやろう!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 12 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 12.3 時間
投稿日: 2013年1月6日
敵があまり出てこない、謎解きも簡単、ゲームオーバーになったなら1度目は難易度が下がり、2度目にはそのシーン自体が無くなって先に進めてしまうという思い切りの良さ。あくまでお化け屋敷アトラクション的なつくり。

ホラーゲームの怖さにはゲームの難易度が大きくかかわり簡単すぎると怖くなくなってしまう…というのが常識だったが、これは極めて低難易度にもかかわらずしっかりと怖い。
誰でもクリアできて怖がれる、もしかしたら理想的なホラーゲームなのかもしれない。

「いやいやホラーゲーはある程度難しくないと怖くないでしょ」という人には特に強く勧めたい。
長年ホラーゲームを楽しんできた私は衝撃と感銘を受けた。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 8 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 12.0 時間
投稿日: 2014年6月21日
記憶喪失(Amnesia)となった主人公を操作して自身につきまとう怪異の謎と失われた記憶を解き明かすホラーゲーム。
舞台の古城内では至る所で化け物と遭遇することになるが、主人公は武器など一切所有していないため、闇に紛れ隠れるか逃げるかが実質唯一の対抗手段となる。
しかし暗闇の中では主人公は正気を失っていくので、発見されるリスクを冒しつつ光に身を晒す必要が出てくる。
また、主人公が携帯する光源であり命綱でもあるオイルランプの燃料入手機会が限られているため、プレイヤーは常にギリギリのプレイ強いられる事になる。

薄暗い古城内で化け物の出現に怯えつつランプ片手に探索するのは
とてもとてもおっかない
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 7 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 10.7 時間
投稿日: 2013年12月1日
オススメ度 ★★★★★

新作も発表されたAmnesiaシリーズ第一作目。言わずと知れた名作という感じですね。
内容としてはPenumbraと近いですが、謎解きパートと怖いパートがハッキリ分かれているような気がします。

暗闇に居るとSAN値が削れる音が不快でリアルでも下がりそうになります。
エンカウントイベントも絶妙なタイミングであまり予想がつけずらく、焦ります。

日本語化も有志の方が手がけていらっしゃるので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください!初めてのホラゲーにもおすすめ。
※トラウマになっても当方は一切の責任を負いません・・・。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 7 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 44.2 時間
投稿日: 2014年5月24日
1度クリアしてから再度やりなおしてるんだけど、
それでもビクビクさせてくれる素晴らしいホラーゲーム。
主人公&プレイヤーの精神がジワジワ削られる感じが、実に心地よい。
チェックポイントもあるし、ある程度はロードで戻れるので、
「もう1回あのシーンが見たい」という希望も叶えてくれる。
日本語化も出来るので、これからプレイされる方も安心安心。

さ、2週目の続きやろ~っと♪(`・ω・´)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 7 人 (78%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 33.4 時間
投稿日: 2014年1月10日
ずるい。
怖すぎる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
38 人中 22 人 (58%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.2 時間
投稿日: 2014年7月16日
so good . ★★★★☆☆

追加レビュー:
本体のみのお勧め度★3ですが、MOD入れてのお勧め度★4です。
Penumbra Necrologue (MOD) ★5⇒ レビューへ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(過去レビュー)本体のみを改めて、プレイしたので再レビュー。

PFSホラーゲーム。
とりあいず、気持ち悪い(3D酔い・ゴキブリ・死体)
ジャンルは、パニックホラー。

とにかく気持ち悪いし、モンスターが追いかけてくるので怖いです。
モンスターが追いかけてくるので、音が聞こえたらステレスモード。
敵を倒すアクション要素がないので、逃げて・隠れてのみ。
水の所の見えない敵から逃げるのは、怖かったです。

アメジアの欠点は、物語が難解(アイテムによるメモとか記憶のピースの順番が悪い)。それと、途中の謎解きがめんどくさい。
無駄に多いオブジェクト(引き出し)と探索。そういう要素は多すぎです。木箱積み上げとかいらないです。それに加え、
暗いところが苦手な気弱な主人公もストレスもたまります。純粋にホラーだけを楽しみたかったです。ステージごとに別れていて、ほとんど一本道で戻ることはないのも微妙でした。
※あとで調べてみたのですが、ここの会社の作品はパズルホラーが主流なんですね。


他のホラーゲームに慣れると怖くないかもしれませんが、
ただ、上記のめんどくさいシステムのせいで後半は恐怖心がなくなってしまい、
自分は、モンスターを見つけては後ろから追いかけて殺されるという遊び方をしてました・・・。


蝋燭・松明・ランプが光源なのですが、
オプションの明度変更してしまうと、ランプの意味が無くなります。ただ、主人公にとっては暗い場所なので画面が揺れます。(3D酔いしやすい)

本体のホラーだけで見るなら、おすすめ度★5(神)、
本体のみのゲーム全体の作りとしては、おすすめ度★3(平凡)です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 8.5 時間
投稿日: 1月25日
恐ろしく怖いゲームです。
日本語MODは現在も使用できます。




このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い