"You are outgunned. You are massively outnumbered. You must win." These are your orders. Humanity has already fought its war against the machines -- and lost. AI death squads stand watch over every planet and every wormhole, the few remaining human settlements are held captive in orbiting bubbles, and the AIs have turned their...
ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (817 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 817 件中 86% が好評です
リリース日: 2009年10月21日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

AI War: Fleet Command を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

AI War Bundle (2014) を購入する

7 アイテムを同梱: AI War: Ancient Shadows, AI War: Children of Neinzul, AI War: Destroyer of Worlds, AI War: Fleet Command, AI War: Light of the Spire, AI War: The Zenith Remnant, AI War: Vengeance Of The Machine

 

最新の更新 全て表示(328)

9月7日

AI War II Music Theme Teaser

https://www.youtube.com/watch?v=iNXmzaUAQsU
Pablo getting prepped for the newly reorchestrated AI War II theme. The kickstarter for this sequel to AI War Classic is launching in the next 1-3 weeks.

  • Email arcengames at gmail dot com if you want to be notified when it goes live.
  • If you want to participate in discussions about the growing design document for the game, please visit our forums and join in!
Lots of stuff is happening fast, and we'll have more to share with you soon!

Best,
Chris

8 件のコメント 詳細を見る

9月2日

AI War II: Design Document First Unveiling Is Now!

This is only the beginning.  The first 36 pages of the AI War II design document are in place.  I'm sure that folks on the forums will have a lot of commentary already about this.  I'm going to be out over the weekend, just to warn you, but I wanted to leave this with you to peruse before I left.

The largest segment so far is detailing the technical advancements of the sequel (most of which are already in place).  It's actually kind of insane to see how far things have come from where we left AI War "Classic" in 2014.  It was already quite long in the tooth by our standards then, being very rooted in a 2009-based code architecture that had been remodeled enough times that we couldn't really go further with that.



Squads

This document does start by going into the rationale behind ship squads, which are a change with major performance-boosting ramifications and that should be able to yield an increased feeling of giant space battles more along the lines of the pre-Unity battles in AI War Classic.  Feelings in this particular area may run a little strong since it is a pretty big shift (although familiar to many RTS games), so there's a lot of math and explanations there to hopefully make it clear just how freaking awesome this change is and why you should be happy about it.

The TLDR is that it will make your game run more smoothly even while we are able to do more complex things.

Multi-Part, But Not Modular Ships

This is the first example of something that is being changed that will have an impact on a lot of units in the game.  Based on discussions with players on the forum, we should basically have the best of what modular ships offered before (the multi-part bit), but without the fiddly interface for customizing them during the game.

Of course, given the moddable nature of the new game, you can customize ships to your heart's content anyway.  And there are space platforms that are a thing that have been designed but not yet written up, and those will also scratch that same itch...

Other Bits

There are a lot of other sections of the document that are just stubs for now, and they will be filled in next week.  First of all focusing on the largest structural changes, since those require the most discussion with players.  Then moving into smaller and smaller topics until we have a document that we feel is complete and correct.

Kickstarter

Depending on how long it takes us to reach that "complete and correct" status with the design document, and how long some of our prototypes for a few things in the new game take, we will be heading to kickstarter with this in 2-4 weeks.  The game already has a remarkably complete base in terms of the multithreading, the networking (minus transport layer), and so on.  The status of items are noted in the document above, and quite a lot of the trickiest things are already in the "complete" camp.

That said, there's still a ton to do, so it's not like the game is going to be rolling into early access tomorrow.  But the goal is for us to be able to show you the vision for what this is (visually and otherwise), concretely show you what is planned (design document), and give you an accurate timeline for completion (with appropriate buffer).

If you're interested in hearing about the kickstarter when it goes live, you can always email us at arcengames at gmail dot com.



I'll see you all Monday!

Chris

Click here for the official forum thread on this post.

20 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"AI War breaks most of the genre’s rules. Which is precisely why it’s incredible… This out-of-the-blue one-man passion project is one of this year’s finest strategy games."
- Alec Meer, PC Gamer UK, November 2009

It’s a balancing act, with your own strength on one side, and the AI’s opinion of you on the other. Piss it off before you’re ready to face it, and you’re going to get squashed. That moment, when you’re finally in a position to turn the tables, is about as glorious as gaming gets.
- Phill Cameron, Eurogamer, February 2011

I think I’ve stumbled across this year’s Really New Thing. There’s a lot of 2009 to go, but I’ll be surprised if anyone else twists the RTS formula this dramatically and this effectively. And I’m hoping it’ll be the Next Big Thing, because it’s big, different, entirely unprecedented and an exciting way to play an RTS.
- Tom Chick, Crispy Gamer, August 2009

Having played this title at two distinct points in its life cycle what really stands out is the incredible dedication of Arcen Games in keeping on top of how the game evolves and expands. Even though a great many features have been added and tweaked and refined, it was possible for me to drop back into AI War after more than a year away and not find it to be a confusing mish-mash of feature overload. The post-release support is, quite honestly, the best I’ve seen for any game.
- Peter Parrish, IncGamers, February 2011

AI War is, quite simply, the best experience you could have with co-op or single-player real-time strategy in this or any year. It combines grand strategy with emergent AI to form an excellent game perfect for parties and multiplayer. It is easily worth double the price that the developer is selling it at, and anyone with any affinity or taste for strategy games should not miss it. It may be daunting at first, but an excellent tutorial and amazing gameplay mechanics alleviate this into a game that almost anyone can - and should - play.
- James Murff, Big Download, November 2009

このゲームについて

"You are outgunned. You are massively outnumbered. You must win." These are your orders.

Humanity has already fought its war against the machines -- and lost. AI death squads stand watch over every planet and every wormhole, the few remaining human settlements are held captive in orbiting bubbles, and the AIs have turned their attention outward, away from the galaxy, to alien threats or opportunities unknown.

This inattention is our only hope: a small resistance, too insignificant even to be noticed by the AI central command, has survived. These are the forces you will command. The AI subcommanders will fight you to the death when they see you -- but your glimmer of opportunity comes from quietly subduing those subcommanders without alerting central processing to the danger until it's too late.

You do have a few things going in your favor. Your ships are much faster. You have safe AI routines to automate defenses and mining outposts. You have production techniques that can churn out fully-outfitted unmanned fighters in seconds. There will never be more than a few thousand of your ships versus tens of thousands of theirs, but through careful strategy you must somehow reach and destroy the heavily-guarded AI cores.

Go forth into the galaxy, steal AI technology, recapture those planets you must in order to achieve your ends, and save what remains of humanity. But draw too much attention to yourself, and the full might of the AI overlords will come crashing down.

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    • OS: Windows XP SP2 or later
    • Processor: 1.6Ghz CPU (2.4 Ghz recommended, Dual Core strongly recommended for Host)
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: Graphics card must support 1024x1024 textures (most 32MB and up graphics cards do), 1024x768 or greater (32 bit color recommended)
    • Hard Drive: 300MB
    • Multiplayer: Broadband Internet Connection or LAN required for multiplayer.
    • OS: Mac OSX Intel CPU and "Leopard" 10.5 or later.
    • Processor: 1.6Ghz CPU (2.4 Ghz recommended, Dual Core strongly recommended for Host)
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: Graphics card must support 1024x1024 textures (most 32MB and up graphics cards do), 1024x768 or greater (32 bit color recommended)
    • Hard Drive: 300MB
    • Multiplayer: Broadband Internet Connection or LAN required for multiplayer.
    • OS: Ubuntu 10.10 or later, although other unsupported distros may very well work
    • Processor: 1.6Ghz CPU (2.4 Ghz recommended, Dual Core strongly recommended for Host)
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: Graphics card must support 1024x1024 textures (most 32MB and up graphics cards do), 1024x768 or greater (32 bit color recommended)
    • Hard Drive: 300MB
    • Multiplayer: Broadband Internet Connection or LAN required for multiplayer.
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
総合:
非常に好評 (817 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:
12 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 好評)
最近の投稿
pikero
7.1 hrs
投稿日: 7月14日
英語が理解できない人は手を出してはいけないゲーム

●操作性がShift+、Ctrl+など暗黙の了解のようにマルチキーを多用させるデザインになっていて取っ付きにくい
(ポータルをShift+マウス右クリックでポータル先の星系へビュー移動、カーソルを惑星にハイライトしながらCtrl+1~9でプライオリティラベル貼付けなど)
●UIに統一性がなく使い難い
●情報がリスト化されておらず、文字の羅列のため非常に見難い

一昔前のガチのシミュレーターのようなUIや操作性の取っ付きにくさがゲームを台無しにしている
まず全てのショートカットを暗記するところから始めなければならない、こんな苦行をゲームプレイ前からやらされるのはさすがにどうかと

とてもお薦めできません
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
a_pharaoh
95.1 hrs
投稿日: 3月31日
321/322の実績を解除してからのレビュー

これぞRTSと言えるようなゲーム。
大量のユニットを駆使して、防衛をしつつ相手の本拠地を落とすのがこのゲームの目的。
2008年産のゲームだが、現在6つの拡張が用意されており他のゲームと比べても見劣りすることはない。
ゲームの流れ的に、Anomalyシリーズの様に逆タワーディフェンスゲームに近い。

悪い点
・機能面
 ・攻撃対象が選択し辛い
  敵が重なると一番上の敵を選ばざるを得ないのだが、これが辛い。
  敵の本拠地にいる母艦を処刑することがこのゲームの勝利だが、母艦はガンガンユニットを生産してくる。真ん中から。
  母船の上に雑魚ユニットが覆いかぶさるため、いつまでたっても母船が攻撃できない。
  しかもありがたいことに、自動行動の命令を出すと母船は攻撃しないように雑魚のみを掃討する。

 ・とにかく重い
  ユニットが10000出現...とかはざらなので、頻繁に重くなる。
  設定次第で若干頻度を抑えられるが、ユニットの生産にゲーム内時間で数分かかるためそれでもつらい。
  自分も防衛のために大量のユニットを用意する必要があるので、さらに重い。
  1~9倍速までとそれ以上(パソコンのスペック次第)の加速機能が用意されているが、9倍速にしてもリアルタイムの1秒よりゲームの1秒の方が遅い時がある。
  よって漫画などを読みながら画面を眺めることになる。

 ・ユニットのカスタムが面倒
  一部のユニットの装備を変更できるのだが、「Champion」関連のユニットは個別管理になっている。
  例えば、同一ユニットA,B,C,D,Eがある場合、一括で装備の変更することができず、
  「Aをクリック」→「装備の変更、強化」→「適応」→「Bをクリック」→...
  と操作する必要があり、非常にストレスが溜まる。

・内容
 やることが少ない。
 目的は相手の本拠地を破壊するだけなので、複数回やると飽きる。
 ~分、~時間守れば勝利というものもあるが、あまり面白くない上にこのモードだと実績が解除されないところを見ると、製作者側もおまけ程度にしか考えていないのだろう。

良い点
・操作面
 非常に良い。
 細かい指令を出すことも可能(敵の指定はできないけど)で、主に使用する指令はショートカットキーが用意されている。
 キーバインディングも殆どの行動に適応できる。

・機能面
 スクロール速度の変更、ユニットの初期状態、自動生産、移動予約、自動セーブ...非常に強力なUIが用意されている。
 これほど豊富な機能がついているゲームはなかなかお目にかかれない。
 少なくとも、ユニットの行動等でイライラすることはないだろう。

・グラフィック面
 多種多様なユニットが用意されているにもかかわらず、細かいところまで凝っている。
 また、様々な攻撃方法が用意されているため、同様に様々な攻撃の様子を見ることができる。
 最も、動作を向上させるために設定で全て非表示にするのだが...。

・音楽面
 非常に良い。
 DLCの購入量にもよるが大量の音楽が用意されており、品質も高い。
 ogg形式で保存されているため、実質的にサウンドトラックが付いている。


パソコンのスペックと相談する必要があるゲーム。
やりこまないタイプの方なら気にする必要はないが、数十時間以上このゲームと付き合うつもりなら、それなりのパソコンを用意しなければやってられなくなるだろう。
というか、高スペックのパソコンを用意しても余計に大量のユニットが出現するだけなので、やはり無理かもしれない。
基本的に同じことの繰り返しが多いので、作業ゲーが嫌いな人には同様に向かない。
また、DLCを購入しないとあまり面白くないので購入する際には、DLCも併せて購入するように。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
63 人中 61 人 (97%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 324.9 時間
投稿日: 2014年1月2日
AI Warのジャンルを一言で表すのは難しい。多数のユニットを操り戦術目標を達成するRTSの操作体系、タワーを選択し敵を一網打尽にするタワーディフェンスの試行錯誤と爽快感、マップ拡張や技術開発の取捨選択を迫られる4Xストラテジーの戦略要素、さらにはロストテクノロジーや宇宙海賊といったスペースロマン。これら全てをミックスさせたゲームなのだが、注目すべきは、これだけの要素を詰め込みながらゲーム全体のバランスが完璧と言って良いほどに整っていることだろう。

舞台はAIが大部分を支配してしまった宇宙。ゲームの目的は、滅亡寸前の人類を導き、幾多の惑星の中からAIの拠点を探し出し破壊することだ。人類の拠点が落とされると敗北となる。

人類対AIという構図は単なる舞台背景に留まらず、ゲーム性にも深く関わっている。多くのストラテジーゲームにおいて、AI戦は対人戦を模したものであるため、AIには人間くさい行動が求められる。時にはチートをさせてでも人間と対等に戦えるようにバランスが調整されるが、AIの出来が不十分だとどこか物足りなさを感じてしまう。ところがAI Warでは人とAIの不均衡が大前提になっており、使用できるユニットからして全く異なるし、AIの思考パターンにも人間らしさなどは微塵も無い。AIは無尽蔵の戦力を有しており、100対10000の圧倒的に不利な戦いもざらに起こる。一つのミスが命取りとなる不均衡が、この作品独特の緊張感を生んでいる。

戦闘はRTSベースで行われるが、序盤はAIとの戦力差が大きすぎるため、惑星を一つずつ奪還して資源と技術を獲得する必要がある。ところが惑星の奪還は同時にAIの攻撃の激化を招いてしまう。無闇に多くの惑星を奪還すると、AIの強烈な攻撃に対処不可能=ゲームオーバーとなるため、AI母星への侵攻ルートは吟味しないといけない。自軍の強化のために侵攻が必要だが、侵攻するとよりAIが強化される…というジレンマがゲーム全体を支配する。達成感と緊張感を徐々に増大させるこのジレンマのおかげで、進めば進むほどゲームは盛り上がり、AI母星での最終決戦で最高潮に達する。終盤が消化試合にならないバランス調整が見事だ。

AI側からの攻撃時には、「AIが△分後に○○星を攻撃してきます」という予告がわざわざ入る。このユニークな予告のおかげで、プレイヤーは対象の惑星にユニットを集結させ砲台を設置して、AIの侵攻に備えることができる。防衛戦はタワーディフェンス的で、きっちりと準備すれば、時間通りに突入してくるAI艦隊を全自動で一網打尽にできる。ただし半端な防御ではあっさり突破されてしまうし、そこにあまりにリソースを割くと前線が崩壊したり複数箇所に同時に予告が入った時に対処できなくなる。AIに突破されると事実上ゲームオーバーになる事も多いが、ロードして予告の場面から正しく戦力配置をやり直すと、ぎりぎり対処できる絶妙のバランスになっていることに気付かされる。まるでセーブ&ロードもゲーム性に組み込まれているかのようで、実際に優秀なオートセーブが備わっている。

攻防を彩るのが、宇宙ゲームならではの大規模な艦隊戦だ。2Dのため静止画だと地味だが、何百とあるユニット種による何千何万という艦隊が、一艦単位で描写され動き回る様子は非常に賑やかだ。またカメラを引いて戦局全体を見渡すと、艦隊運動と砲弾の軌跡が有機体のように絡み合う極めてアーティスティックな画面が現れる。弾幕ゲームの弾幕が描く美しさと同様のものだ。派手ながら動作が非常に軽快なのも、2Dの恩恵だろう。言葉では伝えられないが、Pablo Vegaによる音楽も絶品で、宇宙の雰囲気作りに大きく貢献している。

難点はUIだ。この作品は宇宙地図と惑星画面の二画面とツールチップだけで構成されており、深い階層の情報は存在しない。しかし数百種類あるユニットを把握するためのツールチップが、とにかく与えられる情報は全部放り込んでおいたという無秩序さで、得たい情報をひと目で選別するのが難しい。導入部も悪く、チュートリアルではゲーム内要素のごくごく一部についてしか解説していないし、慣れるまでは画面で何が起きているのか把握するのも大変だ。もっとも視覚的にはともかく操作性は悪くなく、ゲーム中のあらゆる操作に好きなショートカットを割り当てられるなど、きめ細かいコンフィグも備わっている。また発売から5年経っても頻繁なアップデートで不満点の改善と要素の追加を繰り返しているのも好印象だ。

理解しなければならないことが多く、一マップに数十時間かかることもあるなど決して軽い作品ではないが、最初の山さえ乗り越えられれば、綿密に仕組まれた深いシステムに整ったバランス、多彩な要素と無限のリプレイ性に満ちた広大な宇宙が待っているだろう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
25 人中 24 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.0 時間
投稿日: 2014年8月18日
シンプルな対AI戦を楽しめるリアルタイムストラテジーです。
雰囲気が最高!そして何よりBGMですね・・・曲のためだけに買うぐらいの価値はあります。
ゲームフォルダ内に曲が置いてあるので是非!宇宙、そしてAI等、SFが好きな方にオススメ致します。

※尚、個人差はあります。安いのでオススメしてますが、合わない人も絶対いると思われますので、ご注意ください。
具体的には、ゲームシステムは簡単なのだが、英語で書かれている能力等を読み取る必要が大いにあるため、英語が苦手な方にはオススメできません。翻訳しながらでも!という方は、一度プレイ動画等を参考にして頂いたうえで、ご購入することをオススメするんだぜ!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
21 人中 17 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 20.1 時間
投稿日: 2015年1月2日
◆総合評価 70点(100点満点中)
◆じいちゃん的適正価格 100点
◆日本語(日本語化パッチ) 2015/1/2 現在 無し

膨大な数の戦闘艦を操り勝利をつかめ
AIは無慈悲です。気を引き締めていかないと簡単に滅びます。

戦艦の種類も豊富で爺ちゃんでは覚えきれない程
また膨大な数の船を操るので常にズームアウトして戦艦のアイコンを見続ける感じになります。

スカーミッションのMAP生成方法も数多く、何度プレイしても飽きないのは良い点です
ストラテジーとありますが内政に関しては至ってシンプルな作りで
内政をしてる時間は極わずか。オプション設定を弄れば内政をしなくてもOK

内政を煩わしく思ってる方にはオススメなRTSゲーム
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 6 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 1,179.5 時間
投稿日: 2013年12月5日
ランダム生成されるマップでAIと戦うRTSです。
難易度設定が豊富で、子供に船を操作させて宇宙を救えるレベルから
1ミスで人類滅亡するハードな設定も可能です。
オンラインモードは仲間と協力してAIと戦うことになります。

いかんせん知名度が低いのと、英語オンリーなのが敷居が高いですが、
それを乗り越えられれば長く楽しめるでしょう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 23.1 時間
投稿日: 2015年8月3日
とっつきやすさ

このゲームの実績を見るとわかるのですが、
一番パーセントの高い実績で、30%ほどとなっています。

ルールやシステム、ユニット特性など、
いろいろ覚えていかなければならない点で、
かなりとっつきにくくなっています。



英語

他のシミュレーションゲームと同様、
ユニットの特性を理解することから始まるのですが、

ある程度の英語力が必須となっています。
英語が苦手な方は、このゲームはオススメしません。

マイナーなゲームであるため、
日本語での攻略サイトやWikipediaは皆無です。

私も参考にしたのですが、
唯一、ニコニコ動画のほうで、解説していらっしゃる方がいますので、
どうしてもプレイしたい方は、そちらを観ることをオススメします。



音楽

このゲームのオススメの一つに、
BGMの素晴らしさがあります。

いつもはゲーム音楽をオフにしている私ですが、
とっても良い音楽なので、
オンにして聞きながらプレイしています。

サウンドトラックで別売りしてもいいくらいの出来だと思います。



難易度

一番簡単な設定にしても、最初はかなり苦労すると思います。

最初は、「なんだ簡単だな」と思いながら、
中盤くらいに油断して返り討ちされる、
が誰もが陥るパターンでしょうか。

いろんなマップがありますが、
DLCを全部入れている方であれば、
「MAZE A」がとてもわかりやすくてオススメです。



ゲームシステム

シミュレーションゲームにありがちの
「後半は作業ゲー」とは真逆のゲームシステムになっています。

不用意に敵を倒すと、どんどんAIが強くなるシステム
これも、このゲームのオススメポイントの一つになっています。



私的採点

100点満点中 76点

「とっつきにくさ」これがこのゲームの一番の弱点

ただ、システムやユニット特性など、
ゲームを理解すれば面白さが感じられるRTSです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 1 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 98.9 時間
投稿日: 3月24日
A Grand Strategic 4X Tower Defense RTSと紹介されているように、複数の要素を掛け合わせたストラテジーゲーム。強引に一言で言うならランクゲー。現在のランクはAI Progressという数値で表現され、常にゲーム画面内に表示されている。何も考えずに進めると対処不可能なレベルにまでランクが上昇する所はシューティングゲームのバトルガレッガに近い。ただし自爆してもランクは下がらない。

ゲームスタート時にプレイヤーが保有している惑星は一つ、残りは全て敵AIが持っている。ここから軍備を拡張して2つあるAI母星両方を陥落させることがゲームの目的となる。軍備を拡張するにはAI惑星を占領しなければならず、AI惑星を陥落させるとランクが上がる。片っ端から占領していくとランクが上がりすぎて詰むので、偵察ユニットを送り込んで惑星に何があるかを調べ、侵攻する惑星・あえて攻め込まない惑星・攻め込んでも陥落させない惑星の取捨選択を行い、これらの情報をもとに侵攻ルートの計画を立てながらゲームを進めていく。ランダム要素も含まれているので事前に立てた計画の見直しを迫らせることもしばしば。

このゲームの良い所は、難易度設定のかなりの部分をユーザーの裁量に任せて細かく調整できる所と、その場で何が起きているかの情景をユーザーの想像力に委ねている所にある。逆に悪く言うとユーザーに投げっぱなし。ゲームスタート前の難易度設定をミスると簡単すぎ・難しすぎでつまらなくなる。また、ゲームは時としてドラマチックな展開を見せるのだが、だからと言って何かの演出が入ることもなく淡々と進む。適切な難易度(何をもって適切とするかは人によって様々)に設定したセッションでその場のカットシーンでも想像しながら進めると、ゲーム中に1回はどこかで盛り上がる場面が発生し、時にスクリプトによる演出も真っ青な展開を見せる。特にDLCに収録されているFallen Spireの終盤は色々と盛り上がる。平野耕太「進め!聖学電脳研究部」の巻末マンガを読んで「ゲームで感動した時 Civ2」のくだりに共感を覚えた人は、AI Warでも「感動」できるかもしれない。

演出面が地味な一方で操作性については十分に考えられている。ユニットを選択する方法は幾通りも実装されていて、クリック音を聞くと今の操作が意図した通りなのかミスクリックなのかが分かる。また、慣れてくると武器の発射音だけでどのユニットが攻撃しているのか・されているのかを大まかに把握することができる。ゲームバランスは申し分なく、見た目の派手さをばっさり切り捨てて、その開発リソースをバランス調整に回していると思えるほど。どんなに強力に見えるユニットにも必ずアンチユニットが存在し、このユニットを使えば他は用無し、という局面になった事は一度もない(そのアンチユニットを入手できる保証は無いが‥‥)。

最初に覚えることが多い問題は最低難易度から始めて少しずつ難しくしていく事である程度緩和される。見た目の地味さは長所にも短所にもなり得るが、日本語レビューで弾幕系シューティングとの類似点に言及している人が居るので参照にされたし。また、日本語レビューに絞ってもプレイ時間が1000時間を越えている人が複数いる点にも注目。リプレイ性が高いので本当の意味で「飽きる」まで遊べるし、難易度が上位のものになると今までの戦法が全く通じないほどの物量を投げつけられるので、上位難易度に挑戦するには定石を組み直していかなければならない。DLC込みのBundle(2014)バージョンを買えばコンテンツ不足を心配する必要はまず無い。

日本語化はできないようだが、2016年3月現在、日本語で解説しているサイトがいくつか存在し、英語を読まなければならない部分についてはおおむねフォローされているため、英語を自力で読まなければならない部分についての敷居は数年前と比べて改善されてきている。

他の方も言及しているBGMは、収録されている曲をランダムで流しているだけである。しかし主旋律がしっかり存在して聞き応えがあるし、DLCで追加された分を含めるとトータルの再生時間は6時間弱あるので垂れ流し感はない。曲調のバリエーションも豊富で、流しっぱなしでも全く飽きない。iTunesでサントラの一部が販売されているが、全曲のサントラが欲しい人は、インストールフォルダの中をくまなく漁ってみると幸せになれるかも。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 1 人 (25%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.1 時間
投稿日: 2012年7月16日
★★★★☆
宇宙はコンピューターに支配されてしまったので
人類(プレイヤー)は頑張ってください
BGMが最高。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 1,132.8 時間
投稿日: 2013年7月13日
準備に10時間、滅ぶのに5分。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 5.7 時間
投稿日: 2011年7月18日
銀河の歴史がまた1ページ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 0.3 時間
投稿日: 2014年12月20日
I want a Japanese language implementation!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い