Card City Nights is not a traditional card-trading game. It's an adventure game with zany characters to meet and weird locations to explore. In the center is our new card battle system that breaks away from the fantasy TCG mold with connecting cards to form combos.
リリース日: 2014年2月14日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

Card City Nights を購入する

最新の更新 全て表示(7)

1.06 Easter Update

2014年4月16日

1.06 - Easter update!

+ A new optional character to challenge outside the House on Wheels! Look for the chicken suit.
+ Three new cards.
* Balance changes to existing cards.
- Speling fickses

19 件のコメント 詳細を見る

Card City Nights Soundrack

2014年3月5日

By popular request, we have just released the soundtrack for Card City Nights as a DLC on Steam!

Check it out here!

Composed by Mattias Hakulinen and Pontus Askbrink.
All tunes comes in uncompressed wave format
Also Includes CD cover art

CD 1 contains the jazzy tunes from the games' different locations
1. New Home
2. Nights
3. Game Club
4. The Cave
5. The Mall
6. Hunk Bump Bar
7. Ghastly House
8. Science Lab
9. Turnip Corp
10. Card Stadium
11. Big Chest Casino
12. Itan's Office
13. Card Shop
14. Fanfare

CD 2 contains the hiphop remixes of each tune that plays during battle
1. Eh, Women!
2. Things
3. Camel Bug
4. Eve Chat
5. (Shake) Them All
6. Bunk Ham Burp
7. Hoagy Hustles
8. Cab License
9. Corrupt Pin
10. Acid Mustard
11. Chaotic Bigness
12. Safe Fiction
13. Cash Drop
14. Showdown
15. Credits

9 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“Effortlessly charming .. a simple yet rock-solid addition to the genre that's well worth a play.”
Jay Is Games

“The real hook is the CCG that serves as the game’s engine. Fortunately, it’s fantastic.”
Indie Game Reviewer

ゲームについて

Card City Nights is an adventure through a city filled with card-nuts and lunatics. Battle for the 8 legendary cards to enter the biggest competition this city has seen yet.

CCN is not a traditional card-trading game. It's an adventure game with zany characters to meet and weird locations to explore. In the center is our new card battle system that breaks away from the fantasy TCG mold with connecting cards to form combos.

* 8+ hours of gameplay in a singleplayer adventure
* Connect cards to form combos
* 180 unique cards with characters from the Ludosity universe
* No IAP's in this game! You collect booster packs by simply playing the adventure from start to finish
* An amazing soundtrack in a blend of Jazz and Hiphop

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS: Windows XP
    • Processor: 2 GHz
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: Shader Model 2

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • OS: OSX 10.6
    • Processor: 2 GHz
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: Shader Model 2

システム要件 (Linux)

    Minimum:
    • OS: Debian 6.0 based distros
    • Processor: 2 GHz
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: Shader Model 2
参考になったカスタマーレビュー
25 人中 21 人 (84%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 768
104 件のレビュー
記録時間: 10.9 時間
「彼女は寝ながらプレイしてたのか?どうやって勝ってたのか不思議だよ・・・」

最近買ったゲームの中では最強のコストパフォーマンスと面白さ
至極単純なルールで行われるカードゲームではあるが英語力もそこまで求められないし肩の力を抜いてプレイ出来る
同社のITTLEDUEやMURIのキャラクターが総出演しているがそっちのストーリーや設定はほぼ絡んでないのでプレイの必要は無い
というかカードデザインもITTLEDUEやMURIのデザインなので無気力感満載である むしろゆるい ゆるくてカワイイ

しかし身も蓋も無い事を言えばこのカードゲーム FinalFantasy8の本編と言われるカードゲームの間違いなくオマージュである
カードにはつなぎ目の役割を果たす矢印が設定されていてその矢印の方向を正確に組み合わせると効果が発動する

それぞれカードに剣のアイコン(攻撃) 盾のアイコン(防御) 十字のアイコン(特殊)が有り矢印で組み合わせたアイコンが一番多い種類が発動する(最低3個)
(一応カード固有効果もあるのだが割愛)
攻撃は相手のカードに発動する事も可能で攻撃されたカードは十字アイコンでの回復をしない限り場にゴミとして残る事になる
勝利方法もシンプルで相手のライフを0にするかカードを置けなくなるかと言う勝利条件のみ
至ってシンプルながら非常に楽しめる2ドルゲームである
迷う事はない、さっさと開発するんだ

フレンドのスクショを見て開発を決意したが後悔はない、むしろ感謝している
投稿日: 2014年2月17日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
19 人中 17 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,514
78 件のレビュー
記録時間: 6.8 時間
マルチ対戦が無しのシングルオンリーな点が唯一の欠点
逆説的にはその他の要素は満足度が非常に高いカードバトルゲーム

MTGやHearthstone等のカードゲームは未プレイでやや抵抗はあったもののフレンドのレビューを見て購入を決定。プレイし出すと1日でクリアしてしまった。ちょっとした気晴らしにやるカジュアルゲームに最適な1本。

-基本-
3×3マスが場。
デッキは最大40枚/最低25枚の構成から成る)。
開始時はデッキからランダムに5枚配られる。1枚消費する毎にデッキから1枚ランダム取得。
主人公、相手共に開始HPは7からスタート。先行、後攻はランダムで各ターン1枚のカード消費。
アクション(攻撃・防御・回復)はカード同士のコンボ作成(最低2コンボ、基本3コンボ)で実行。
攻撃の対象は相手のHPもしくは場にあるカード。場にあるカードを攻撃すれば相手のコンボ作成を邪魔出来る。
カードは各々攻撃、防御、回復いずれかの属性を持つ。中には特性を持つカードも。
デッキ内のカードが無くなるとHPにターン毎のマイナスペナルティ。

-勝敗- (1本勝負~5本勝負)
主人公もしくは相手のHPが0になる
主人公もしくは相手がカードを場に置けなくなる
任意のギブアップ

楽しめたポイント
Card City Nightsにはついついもう1戦してしまう中毒性がある。

ポイントは大まかに以下3点

1)1戦が数分程度と短くテンポが良い

2)カードの種類が豊富(180種類以上/レアリティは4種+1)

3)デッキ構成や勝ち方を考えるのが楽しい

スピーディーに攻撃してくるタイプ、回復が得意なタイプ、こちらのカードを減らしてくるタイプ等々、ゲームの進行に合わせて敵には個性が出てくる。特に終盤の相手からラスボス、クリア後のCardGodsは個性が顕著。

相手に応じて、こちらのデッキ構成を攻撃型/持久型/回復型/バランス型等に工夫するのはカードが豊富であるだけに面白い。同様に短期決戦で相手のHPを削りきろう、とか、カードを沢山持ち込んで持久戦に引きずり込もう等、戦法にも一考の余地があるのが良かった。

カードの枚数が複数あり、AIによるランダム性も付与される事から確実性は無いが、相手のタイプがチョキだと見極めたら、自身のデッキ構成や戦法をグーになるよう考慮していく。そんな勝ちパターンに持っていく試行が面白いし、実践の場である1マッチはすぐに結果が出る=中毒性へとつながる。

なお、手持ちカードが少なく、ルールも完全に把握が出来ていない序盤は相手のタイプの見極めが出来なかったり、そもそもカードの枚数が少ない為、デッキや戦法の工夫がし辛い。段々と面白さが伝わってくるタイプのゲームなので、序盤のプレイで投げ出さぬようその点は注意されたし。

その他

・コストパフォーマンスが高い
定価が$4と安価。50%~75%オフセールが来ても、価格的には大差無くカードも対応。
興味のある人はお好きなタイミングでどうぞ。

・キャラクターデザインやUIもシンプル、カワイイ
本作の開発元はludosityという会社。
同じ会社が作ったIttle Dewのキャラクターがメインで登場する。これが独特のタッチでカワイイ。

・難易度
一部の敵はAIによるチート間違い無しのアクションをするが、攻略パターンを見つけると総じて簡単。苦戦する場合でもデッキや戦い方の工夫で必ずクリア出来る。

・ボリューム
本編クリア、クリア後の隠しキャラ(複数)を攻略して7時間程度。
クリア後に新敵ならびに新種カードも登場するが、長くは楽しめない。
投稿日: 2014年3月22日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
8 人中 8 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,258
78 件のレビュー
記録時間: 9.6 時間
同開発元による神トラ風見下ろしパズルACT Ittle Dew
その収集要素としてでっち上げられた似非トレカ
きっとほんとにカードゲー作りたくなっちゃったんだと思う

グラフィック使い回しというかスターシステムというか
あんまりお金のかかってない作りだけどカードゲーとして
ちゃんと面白いので定価で買っても損しないよこれ

唯一の欠点はシングルオンリーでオンライン対戦がないこと
投稿日: 2014年4月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
5 人中 4 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 227
15 件のレビュー
記録時間: 2.1 時間
3x3 の場に、矢印がつながるようにカードを置いていく CCG 。シングルオンリーなので交換要素無し。
つなげたカードのアイコン(四種類)によって攻撃、防御(回復)、場のカード復活、効果無しのどれかが発動。
攻撃によって相手の防御値(ライフ)を 0 にするか、相手がカードを置けない状態になったら勝ち。

攻撃はライフを減らすだけでなく、相手の場のカードを攻撃することも可能。攻撃されるとカードは無効状態となり、つなげても消せなくなる。無効状態は復活アイコンによって回復可能。

ルールはわりと単純ですが、意外とカード種類が多くて遊べます。
置いただけでも効果のあるカード、置いた後動き回ったり回転するカード、特定のカードとつなげると効果が増えるセットなどなど。
殴り倒すだけではないので、構築も幅広く行えそうです。(まだそこまでカード多くないので推定)ボリューム自体はたぶん控えめ、10 時間程度と思われます。

マルチ無いのがちょっと残念ではありますが、非常に手軽なカードゲームとして楽しめます。
投稿日: 2014年2月18日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
190 人中 177 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 874
11 件のレビュー
記録時間: 16.2 時間
Summary: The game is quite good, but it's not perfect. There are minor hints at mobile heritage, but nothing that would stop anyone who might like a computerized card game from having plenty of fun.

Progress Disclosure: I finished the game and have every achievement. I didn't collect every card. That took about 14 hours. It could probably be done in 8-10 hours by someone hurrying.

Updates: It's over 2 months later, and this game is still getting free content additions.

The mechanics have clearly received attention and tuning; the basics work nicely on their own, and as more abilities are introduced they interact in interesting but not convoluted ways. The interface in general is good; however, it is full of tiny delays for animations and pointless confirmations of non-permanent actions. Combat animations can be set to anywhere between 100% and 200% speed in the options, at least.

The tutorial was good, even having heard and read nothing about the game except the store description before playing. The difficulty hasn't sharply spiked or stayed tutorial easy since; the AI can be observed getting steadily more competent in addition to having better cards. Most games are semi-close wins, and the occasional enemy provokes a new deck style. I have a win ratio around 5, and I doubt that's exceptional.

Deck size is allowed to vary between 25-40 and failing to draw causes damage, so milling is a somewhat viable strategy with the right cards.

There's an deterministic, seemingly associative 2-input alchemy system. The vast majority of combinations are disallowed, and this is indicated by dimming incompatible cards; there's still a pretty large space of recipes, though. A little experimentation produced some deck-worthy but not ridiculous cards. As an example, two Pancakes gives a pretty good milling card. I didn't find a guide, so I'll warn that in my experience combining a alchemy-created card and one of the ingredients used to craft it is allowed but just gets the created back, effectively throwing a card away.

There are 6 icon-identified deck slots; a card can be used in multiple decks. The deck building interface is passable if imperfect; it lacks bulk management options, and the sorting options are deficient. It could use a tweak to show more cards on a PC screen. Cards used in decks are hidden on store and alchemy menus (for good reason).

The art style is pleasant. The dialogue is mildly humorous overall and better in parts; the optional dialogues are pretty extensive, as well.

The achievements look to be quite doable, so it would probably be good for 100%ers. The non-trivial ones (10+ attack and 9 combo) are easy enough to manage once you have a 6+ arrow card and deliberately try.

As described, there are no hidden in-game currency, card, or booster purchases.

Accessibility: The game is fully turn-based with no time pressure ever. The interface doesn't require great precision, but it does require dragging. The interface is fully mouse-driven, except optionally entering your name. There are no vital sound-only cues. No lines are voiced; all dialogue is presented in text. Nothing relies purely on color for identification. As a non-expert, I see no problems.
投稿日: 2014年2月14日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ