You're on your own. No one to come for you. No one to help you. No one to hear you scream. Slender: The Arrival is the official videogame adaption of Slender Man, developed in collaboration with Eric "Victor Surge" Knudson, creator of the paranormal phenomenon that has been terrifying the curious-minded around the world since...
リリース日: 2013年10月28日
高画質版を見る

Slender: The Arrival を購入する

最新の更新 全て表示(8)

Easter Egg Contest Over

4月29日

The three winners have been randomly drawn for the Easter contest. Check your emails if you had entered! Thanks to everyone who played and we hope you had a great Easter weekend.

The latest update contains nothing in particular, aside from the Easter eggs now removed.

12 件のコメント 詳細を見る

Slender Bunny's Easter Egg Hunt

4月14日

Easter is coming and Slender Bunny needs your help!

The Slender Bunny has lost 10 of his Easter Eggs that he needs to hide for his vict..*ahem*…umm…victORIOUS Easter Egg hunters!

Help Slender Bunny by sending screenshots of all 10 Easter Eggs hidden in Slender: The Arrival to contests@blueislestudios.com and he’ll reward 3 entries with a $50 Steam gift card.

The contest will start Tuesday, April 15 and submissions will not be accepted after Monday, April 21 at midnight EST. You need to submit all 10 screenshots in order to be placed into the draw for the prize.

Good luck!

Blue Isle Studios

---------------------------

Patch 1.5.6 fixes:

-Fixed tree leaves being rendered black rather than vibrant color.
-Fixed an issue where a number of objects on screen would disappear unexpectedly.
-Fixed an issue with grass rendering in chunks rather than smoothly fading out in a distance.
-Removed leaderboard achievements, those that have already obtained those achievements will retain them. For new players, the achievements will not appear to exist.

42 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“A significant improvement over Parsec Production's original game, featuring a much more robust narrative, and a darker, more foreboding atmosphere.”
90 – The Escapist

“One of the most terrifying games in recent memory.”
85 – GameSpot

“The Arrival pushed me to the edge of sanity. With its clever combination of unsettling pictures and disturbing sounds this is one of the most intense horror experiences available today.”
85 – 4Players

ゲームについて

You're on your own. No one to come for you. No one to help you. No one to hear you scream. Slender: The Arrival is the official videogame adaption of Slender Man, developed in collaboration with Eric "Victor Surge" Knudson, creator of the paranormal phenomenon that has been terrifying the curious-minded around the world since its inception, with Mark Hadley and Blue Isle Studios.

Back in 2012, Mark Hadley (AgentParsec) created a game that captivated gamers around the world. Slender: The Eight Pages was a short, experimental first-person game that helped breathe new life into the horror genre through its use of unadulterated tension and fear.

Experience the horror all over again.

Slender: The Arrival is the official re-imagining and expansion of the original game created by Mark Hadley, teamed up with the writers behind the Marble Hornets series and the development team at Blue Isle Studios. The Arrival features a brand new storyline, improved visuals, great replay value, and most importantly, survival horror at its best.

The Arrival officially supports the Oculus Rift – a next generation virtual headset designed for super immersive gaming! The Rift intensifies the fear-factor, and gives players a brand new, immersive horror experience.

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP, Windows Vista, Windows 7
    • Processor: Dual core CPU @2GHz (Pentium D or better)
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA 6800, 7600, 7800, 8xxx or better, ATI 1950 or better - Intel HD series currently not supported
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 2 GB available space
    • Sound Card: 100% DirectX 9.0c compatible audio device
    Recommended:
    • OS: Windows 7
    • Processor: Quad Core Intel or AMD
    • Memory: 3 GB RAM
    • Graphics: GeForce 260 1GB or AMD HD4850 1GB
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 2 GB available space
    • Sound Card: 100% DirectX 9.0c compatible audio device
参考になったカスタマーレビュー
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.8 時間
本作はビデオカメラを構えた状態を模した、FPS視点の探索ゲームです

海外の都市伝説のスレンダーマンのゲームです(実際は嘘)
意味もわからず彷徨ってメモを集めるだけという前作のSlender: The Eight Pagesと違って
イベントもちゃんとあるので飽きないと思いました!
初見でもそんなに苦労せずにクリアはできると思います 

何回か絶叫はしましたが.....
投稿日: 6月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.0 時間
ライトが無いと暗い見えない怖い
基本鬼ごっこしながら指定のアイテムやギミックを動かして話を進めていくゲーム
しかしアイテムやギミックの配置がランダム配置になってるのでやり直しになった時に当てにならない

やたら速い子供が全力で追っかけてきて勘弁してほしかった
もしかしたらこっちの足が遅いだけかもしれない
投稿日: 7月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.2 時間
鬼ごっこホラーFPS

海外では有名な怪人スレンダーマンに追われながら、手紙などのギミックを集めるゲーム。
スレンダーマンが近づくとノイズが走ったり、逆に離れ過ぎると目の前に瞬間移動してくる。

プレイ時間も2時間ぐらいとお手軽にびびれます!
投稿日: 9月7日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.9 時間
先日夢枕にスレンダーマンが出てきたので、記念に購入プレイ。
うん、こわい怖すぎ。
フリー版の時よりも主人公は強くはなってるが、相変わらず無力。
スチーム版の追加要素とかもあるし、頑張ってハードコアクリアして真エンド見ましょう。
そして何より全ての事柄を考察してみましょう。自分なりの答えを見つけましょう。
投稿日: 4月21日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 1 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.7 時間
総評 6/10

良い所
メモを集めるステージのインスタンスマップ
ランダム配置のアイテム

悪い所
あからさま過ぎるワープ出現の敵
ゲームパッドではキー設定に苦慮する

場所移動の情報集めステージから鬼ごっこステージへ移行、これを数回繰り返すゲームで、ドッキリ系の怖さ。ワープ出現があからさまなので、個人的には爆笑しながらやっていた。

プレーヤーの視点はビデオカメラを通してのもの、画面が乱れると近くにスレンダーマンがいるということを教えてくれるが、プレーヤーを焦らそうと常に敵がプレーヤーの直ぐ側に出現するように作られていることも災いし、調整不足からか、予告なしのワープ出現で一撃死もある、運ゲー。

最初の鬼ごっこステージはマップがランダムな自動生成で、アイテムの配置もランダムなのでパターン化出来ずに鬼ごっこを楽しめる。また、次の鬼ごっこステージの発電機の配置もランダムなので、十分焦りながら走り回れる。但し、ゲームプレイの作りがザックリ(値段相応)なので、あまり失敗が続くとウンザリする。

プレーヤーにはスタミナの概念が有り、走り続けるとスピードが落ちる。スタミナは視認できないため、走っては歩きを繰り返す。そして、敵がプレーヤーの直ぐ側に出現する作りのため、逃げ惑うホラー映画の主人公よろしく常に焦らされるプレイとなる。鬼ごっこのドキドキ感はあるが、ビジュアル的に特に怖くわない。

因みに、少女の霊(?)にはフォーカス・フラッシュライトを当てると少女の霊を固められる。固めたらランボタンで走って逃げると撒ける。少女の霊は掴み範囲が広いので、ギリギリでフォーカス・フラッシュライトを当てても無駄だし、固めたからといって脇をすり抜けたりは出来ない。

ゲームパッドのキーコンフィグについて、フォーカス・フラッシュライトやランはカメラ(通常RSに設定されているカメラ)を動かさないとライトを当てられないし、うまく走って逃げられない。また、インタラクトとカメラ(通常RSに設定されているカメラ)をつかって、ドアや窓の開閉を行うためボタンを押しながらスティック操作ができるキー配置を考えるのだが、公式のキーコンフィグがX-BOXコントローラーのLT、RTのトリガーには対応していないために悩む。LB,RBやスティック押し込みには対応しているので、押しこみ操作が苦にならない人にはそこに割り振るのは有りだと思う。

キーコンフィグはプレイボタン押下後に出るウィンドウのInputタブで、キー設定を変えたい所をダブルクリックし、設定したいコントローラーのボタンを押下すると出来る。

気になっている程度ならばセールで500円以下の時に。
投稿日: 8月21日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
68 人中 64 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.0 時間
ゲームは2時間程度、その70%は走り回ることに終始する。
不幸な現実や、辛い出来事から逃げるのが得意な筆者も、さすがに逃げ疲れたほどだ。

まずこのゲームの題材でもあり、アメリカの都市伝説的な存在でもある"Slender"について。
いろいろ調べてみたところ、以下のような存在らしい。

"Slender"直訳では"ほっそりとした~"くらいの言葉であるが、本作における"Slender"とはスレンダーマン(Slenderman)の事を指す。
スレンダーマンは、その名の通り見た目には黒い衣服を身に纏い、木の枝のように細長い体躯をしている。
また、顔は真っ白で、目も鼻も口もない。身長2~3メートルという長身。
瞬間移動能力を持つため、突然眼前に現れ、誘拐しようと執拗に後を追いかけてくる。
その顔を直視したり、捕まったりしたら最後、無残に取り殺されてしまう……という怪人である。
スレンダーマンは背中から何本もの腕や脚をくねくねと生やしており、ルーマニア、イギリス、ドイツでも似たような風体の目撃証言が相次いでいる。
写真などに写り込むこともあり、その写真などに関わってしまったことで、記憶喪失、妄想症、不眠症などの精神障害を発症してしまうこともあるようだ。
清水崇監督"呪怨"でいうところの外出に積極的な伽椰子のようなものか。

スレンダーマンの話はここまでにしてゲームの話に戻ろう。

冒頭でも書いたが、ゲームではただひたすらに必要なオブジェクト(メモor小型発電機)を求めて走り回ることになる。
ライト一つで、真っ暗な林の中に迷い込んだ後は、道なりに走り回ってもいいし、思い切って林の中を突っ切ってしまってもいい。
目標の達成は、オブジェクトを規定数手に入れること。手に入れればそのチャプターは終了となる。
実に単純な話である。
しかし、残り4個…3個…2個……と目標の数が近づくにつれて、雰囲気が異様なものになっていく。
前述したスレンダーマンが、その特徴そのままプレイヤーに迫ってくるのだ。
枚数が減るごとに執拗になる追跡。振り向きたくなる衝動が抑えられない。
視界の端、木々の影に紛れて、白い顔や細長い腕が浮かび上がる。
その瞬間は背筋が凍るような思いだ。

……そして、目標数まで残り1つになったときの緊張感。

焦る心臓の音のように、ただのリズムだった音楽に、おどろおどろしい音が追加される。恐怖感が否応なしにあおられていく。
カメラの画面にノイズが走る演出は、スレンダーマンが近くにいる合図。ノイズが増える。
今、ライトの光の外。何か見えた。振り返るが何もいない。
戻した視線。その先。視界の端に映り込む。
浮かび上がる白い顔。細長い体躯。
姿が一瞬で消える。走るノイズ。
大きく乱れる画像。
すぐそばに。
近くに。
いる。

もう嫌だと願いながら、もう同じ事を繰り返したくない一心で、森の中を必死に逃げ惑う。
早く最後の一個が見つかってくれ。懇願しながら走るが、既に取得済みの場所。たらい回しにされるたらいの気分を味わう。
そして、執拗なストーキングの恐怖に耐えて、最後の一つを見つけたときの安堵感は、恐怖の夜が明けた後の朝のよう。
そう、これはかの有名な映画"13日の金曜日"でクリスタル湖のキャンプ場での惨劇を乗り越え、クリスタル湖のボートの上で目が覚めた主人公アリスのようだ(フラグ)。

本作は、都市伝説に基づく短い物語の中にも、得体の知れないもの、立ち向かえないものに追われ続ける恐怖が実に良く表現できている。
走って逃げながら集めるだけのゲームととらえればそれまでだが、駆け抜けるような緊張感を味わえるととらえれば、ジェットコースター的なスリルが体験出来るだろう。
一部カルト的な人気を得た映画"ブレア・ウィッチ・プロジェクト"に着想を得ているような部分も感じられ、懐かしさも覚えた。

最後に、ゲーム中では実績が解除されたという表記が出るが、steam上では実績が解除されないという事象が発生した。筆者の環境のみである可能性がある。なぜならばグローバル実績データでは、他のプレイヤーの解除状況が見れるからである。
ただ、他のプレイヤーにも同様の症状が出るかもしれないので一応書き留めておく。(2014/01/21現在Patch1.5.5)


……関係ないが、なんだか今日はやけにディスプレイにノイズが走ることが多い。
買ったばかりなのに。
おかしいなぁ……。
投稿日: 1月21日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ