You're on your own. No one to come for you. No one to help you. No one to hear you scream. Slender: The Arrival is the official videogame adaption of Slender Man, developed in collaboration with Eric "Victor Surge" Knudson, creator of the paranormal phenomenon that has been terrifying the curious-minded around the world since...
リリース日: 2013年10月28日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

Slender: The Arrival を購入する

最新の更新 全て表示(7)

Slender Bunny's Easter Egg Hunt

2014年4月14日

Easter is coming and Slender Bunny needs your help!

The Slender Bunny has lost 10 of his Easter Eggs that he needs to hide for his vict..*ahem*…umm…victORIOUS Easter Egg hunters!

Help Slender Bunny by sending screenshots of all 10 Easter Eggs hidden in Slender: The Arrival to contests@blueislestudios.com and he’ll reward 3 entries with a $50 Steam gift card.

The contest will start Tuesday, April 15 and submissions will not be accepted after Monday, April 21 at midnight EST. You need to submit all 10 screenshots in order to be placed into the draw for the prize.

Good luck!

Blue Isle Studios

---------------------------

Patch 1.5.6 fixes:

-Fixed tree leaves being rendered black rather than vibrant color.
-Fixed an issue where a number of objects on screen would disappear unexpectedly.
-Fixed an issue with grass rendering in chunks rather than smoothly fading out in a distance.
-Removed leaderboard achievements, those that have already obtained those achievements will retain them. For new players, the achievements will not appear to exist.

15 件のコメント 詳細を見る

Upcoming Content Teaser

2014年2月3日

Hey Guys,

Big thanks to everyone who liked us on Facebook. We reached 100k fans today.
https://www.facebook.com/pages/Slender-The-Arrival/349286818491298?hc_location=stream

As a little treat, we released a teaser for the new content coming to Steam and consoles this spring:

http://www.youtube.com/watch?v=KN8kYdXg0Ts

Iff you'd like to see what we're doing in greater detail you can follow on Twitter https://twitter.com/SOuNDSNC

38 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“A significant improvement over Parsec Production's original game, featuring a much more robust narrative, and a darker, more foreboding atmosphere.”
90 – The Escapist

“One of the most terrifying games in recent memory.”
85 – GameSpot

“The Arrival pushed me to the edge of sanity. With its clever combination of unsettling pictures and disturbing sounds this is one of the most intense horror experiences available today.”
85 – 4Players

ゲームについて

You're on your own. No one to come for you. No one to help you. No one to hear you scream. Slender: The Arrival is the official videogame adaption of Slender Man, developed in collaboration with Eric "Victor Surge" Knudson, creator of the paranormal phenomenon that has been terrifying the curious-minded around the world since its inception, with Mark Hadley and Blue Isle Studios.

Back in 2012, Mark Hadley (AgentParsec) created a game that captivated gamers around the world. Slender: The Eight Pages was a short, experimental first-person game that helped breathe new life into the horror genre through its use of unadulterated tension and fear.

Experience the horror all over again.

Slender: The Arrival is the official re-imagining and expansion of the original game created by Mark Hadley, teamed up with the writers behind the Marble Hornets series and the development team at Blue Isle Studios. The Arrival features a brand new storyline, improved visuals, great replay value, and most importantly, survival horror at its best.

The Arrival officially supports the Oculus Rift – a next generation virtual headset designed for super immersive gaming! The Rift intensifies the fear-factor, and gives players a brand new, immersive horror experience.

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP, Windows Vista, Windows 7
    • Processor: Dual core CPU @2GHz (Pentium D or better)
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA 6800, 7600, 7800, 8xxx or better, ATI 1950 or better - Intel HD series currently not supported
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 2 GB available space
    • Sound Card: 100% DirectX 9.0c compatible audio device
    Recommended:
    • OS: Windows 7
    • Processor: Quad Core Intel or AMD
    • Memory: 3 GB RAM
    • Graphics: GeForce 260 1GB or AMD HD4850 1GB
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 2 GB available space
    • Sound Card: 100% DirectX 9.0c compatible audio device
役立つカスタマーレビュー
20 人中 19 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 348
23 件のレビュー
記録時間: 2.0 時間
ゲームは2時間程度、その70%は走り回ることに終始する。
不幸な現実や、辛い出来事から逃げるのが得意な筆者も、さすがに逃げ疲れたほどだ。

まずこのゲームの題材でもあり、アメリカの都市伝説的な存在でもある"Slender"について。
いろいろ調べてみたところ、以下のような存在らしい。

"Slender"直訳では"ほっそりとした~"くらいの言葉であるが、本作における"Slender"とはスレンダーマン(Slenderman)の事を指す。
スレンダーマンは、その名の通り見た目には黒い衣服を身に纏い、木の枝のように細長い体躯をしている。
また、顔は真っ白で、目も鼻も口もない。身長2~3メートルという長身。
瞬間移動能力を持つため、突然眼前に現れ、誘拐しようと執拗に後を追いかけてくる。
その顔を直視したり、捕まったりしたら最後、無残に取り殺されてしまう……という怪人である。
スレンダーマンは背中から何本もの腕や脚をくねくねと生やしており、ルーマニア、イギリス、ドイツでも似たような風体の目撃証言が相次いでいる。
写真などに写り込むこともあり、その写真などに関わってしまったことで、記憶喪失、妄想症、不眠症などの精神障害を発症してしまうこともあるようだ。
清水崇監督"呪怨"でいうところの外出に積極的な伽椰子のようなものか。

スレンダーマンの話はここまでにしてゲームの話に戻ろう。

冒頭でも書いたが、ゲームではただひたすらに必要なオブジェクト(メモor小型発電機)を求めて走り回ることになる。
ライト一つで、真っ暗な林の中に迷い込んだ後は、道なりに走り回ってもいいし、思い切って林の中を突っ切ってしまってもいい。
目標の達成は、オブジェクトを規定数手に入れること。手に入れればそのチャプターは終了となる。
実に単純な話である。
しかし、残り4個…3個…2個……と目標の数が近づくにつれて、雰囲気が異様なものになっていく。
前述したスレンダーマンが、その特徴そのままプレイヤーに迫ってくるのだ。
枚数が減るごとに執拗になる追跡。振り向きたくなる衝動が抑えられない。
視界の端、木々の影に紛れて、白い顔や細長い腕が浮かび上がる。
その瞬間は背筋が凍るような思いだ。

……そして、目標数まで残り1つになったときの緊張感。

焦る心臓の音のように、ただのリズムだった音楽に、おどろおどろしい音が追加される。恐怖感が否応なしにあおられていく。
カメラの画面にノイズが走る演出は、スレンダーマンが近くにいる合図。ノイズが増える。
今、ライトの光の外。何か見えた。振り返るが何もいない。
戻した視線。その先。視界の端に映り込む。
浮かび上がる白い顔。細長い体躯。
姿が一瞬で消える。走るノイズ。
大きく乱れる画像。
すぐそばに。
近くに。
いる。

もう嫌だと願いながら、もう同じ事を繰り返したくない一心で、森の中を必死に逃げ惑う。
早く最後の一個が見つかってくれ。懇願しながら走るが、既に取得済みの場所。たらい回しにされるたらいの気分を味わう。
そして、執拗なストーキングの恐怖に耐えて、最後の一つを見つけたときの安堵感は、恐怖の夜が明けた後の朝のよう。
そう、これはかの有名な映画"13日の金曜日"でクリスタル湖のキャンプ場での惨劇を乗り越え、クリスタル湖のボートの上で目が覚めた主人公アリスのようだ(フラグ)。

本作は、都市伝説に基づく短い物語の中にも、得体の知れないもの、立ち向かえないものに追われ続ける恐怖が実に良く表現できている。
走って逃げながら集めるだけのゲームととらえればそれまでだが、駆け抜けるような緊張感を味わえるととらえれば、ジェットコースター的なスリルが体験出来るだろう。
一部カルト的な人気を得た映画"ブレア・ウィッチ・プロジェクト"に着想を得ているような部分も感じられ、懐かしさも覚えた。

最後に、ゲーム中では実績が解除されたという表記が出るが、steam上では実績が解除されないという事象が発生した。筆者の環境のみである可能性がある。なぜならばグローバル実績データでは、他のプレイヤーの解除状況が見れるからである。
ただ、他のプレイヤーにも同様の症状が出るかもしれないので一応書き留めておく。(2014/01/21現在Patch1.5.5)


……関係ないが、なんだか今日はやけにディスプレイにノイズが走ることが多い。
買ったばかりなのに。
おかしいなぁ……。
投稿日: 2014年1月21日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
8 人中 8 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 594
10 件のレビュー
記録時間: 2.7 時間
スレンダーマンの基本である8つのページを集めるパートは本当によく出来てる
重い空気感の中ページ以外にマップもランダムなステージの中ページを集めるごとにガンガン攻めてくるスレンダーマンは本当に怖いし楽しい
問題はページ集める1つのパート以外が単なる移動とか走ってくる子供にライト浴びせたりとか家の戸締りとかかなり微妙なものばっかなところだ
投稿日: 2014年1月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 682
26 件のレビュー
記録時間: 7.6 時間
[おすすめ度:★★★★★]
スレンダーマン+αから逃げるホラーゲー

とある場所がスレンダーマンから逃れられる安全な場所ということでそこに向かおうというお話
スレンダーマンが近くにいると画面にノイズが出て来て、スレンダーマンに捕まるとゲームオーバー

ゲーム内容はとりあえず知り合いの家に向かって、
次にフリーゲームでお馴染みのスレンダーマンから逃げながらページを8個見つけるというものから始まる。
内容は伏せるけど他にも、つける、閉める、向かうというストーリー展開がある。

プレイ時間は1時間程度あればクリアは出来て、結構不評なゲームではあるけれど、
1週目はとりあえずゲームのストーリーや雰囲気を楽しむ
2週目は端から端まで探索してアイテム回収でストーリーを理解する
3週目はタイムアタックで実績解除
4週目以降は他の実績解除
という風に周回プレイで楽しむゲームだと思う。

実績に世界ランキングで1位を取れという実績もあったり
自分はLevel5 Mountainsのマップで取ったからランキング見てね(ドヤ顔)
投稿日: 2013年11月15日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 312
6 件のレビュー
記録時間: 2.8 時間
旧作"Slender: The Eight Pages"から更なる進化を遂げたSlender
本作では"The Eight Pages"は"GENESIS"としてリメイクされて今作に合わせた演出の追加が為されているとか
旧作では出番のなかった触手も今作では活躍し、Slender Manに追われる恐怖を更に増すこととなる
またストーリー性も高く、道中のメモや壁の殴り書きはさらなる恐怖を齎すとともにSlenderの世界にプレイヤーを引き込む
メモやシークレットなどから明かされない"彼"の謎について考えてみるのもいいだろう
兎に角この恐怖を体感してもらいたいプロローグだけで止めたくなるからマジで
投稿日: 2013年12月28日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 276
17 件のレビュー
記録時間: 1.8 時間
所要時間は2時間ほどだが、怖いのでそれぐらいで調度良かった。
スレンダーマンが急に目の前に現れた時は、ネット初心者だった頃に踏んだブラクラを思い出した。
投稿日: 2014年3月16日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ