Ever dreamed of driving trains? Now you can! Train Simulator 2016 brings to life some amazing extreme train challenges on real world routes and delivers the ultimate railway hobby.
ユーザーレビュー:
最近:
賛否両論 (226 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 226 件中 60% が好評です。
総合:
賛否両論 (8,463 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 8,463 件中 64% が好評です
リリース日: 2009年7月12日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Train Simulator: German First Class Edition を購入する

Train Simulator: US First Class Edition を購入する

Train Simulator: UK First Class Edition を購入する

Train Simulator 2016: Standard Edition を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Train Simulator 2016: Steam Edition を購入する

2 アイテムを同梱: Train Simulator 2016, Train Simulator: Norfolk Southern Coal District Route Add-On

Dovetail Games Franchise Collection 2 を購入する

8 アイテムを同梱: Dovetail Games Flight School, Euro Fishing, Microsoft Flight Simulator X: Steam Edition, Train Simulator 2016, Train Simulator: Norfolk Southern Coal District Route Add-On, Train Simulator: Sherman Hill Route Add-On, Train Simulator: Union Pacific SD60M Loco Add-On, Train Simulator: West Rhine: Cologne - Koblenz Route Add-On

このゲーム用のダウンロードコンテンツ

 

最新の更新 全て表示(228)

7月27日

GEML Class 90 and BR Class 58 Updates now available

27/07/2016

In response to your important feedback on a variety of add-ons available for Train Simulator 2016, Skyhook Games and Armstrong Powerhouse have today released an update for the BR Class 58 and GEML Class 90 respectively.

BR Class 58 Changelist

- Added a cant rail along main body – both liveries
- Added Trainload coal vertical sector flags adjacent to cab doors – Coal sector only
- Added door handles to main bodywork – both liveries
- Added a white stripe and cant rail level – RailFreight only
- Added another red diamond to both cab ends – both liveries
- Toned down the yellow cab fronts and orange interiors – both liveries
- Darkened bogies – both liveries
- Small tweaks to dirt and colouration – both liveries
- Added the line, ‘The following scenarios all take place on the Great Western - Mainline route.’, to page 10 of the Manual.

GEML Class 90 Changelist

- Compression of textures which may have a positive effect on lower-end computers.

If you own the BR Class 58 and/or the GEML Class 90, the updates will download automatically from Steam.

The BR Class 58 update will be approximately 70 MB in size and the GEML Class 90 update will be approximately 90 MB in size.

6 件のコメント 詳細を見る

7月26日

Corris Railway Out Now

26/07/2016

http://store.steampowered.com/app/376959

The wonderful world of Welsh narrow gauge comes to life in Train Simulator with the recently re-opened Corris Railway. With passenger services long gone and mineral freight in decline, it became less worthwhile for the Great Western Railway to combat the eroding force of the River Dovey (Afor Dyfi). Once the line closed under the guise of British Railways, it was thought to have been gone for good especially when the track was lifted in 1949 and the Talyllyn Railway, the world’s first preserved railway, bought the old Corris locomotives and rolling stock for their own purposes. This was however, not the end for narrow gauge in the Dulas Valley.

The hopeful return of the Corris Railway began in 1966 when Alan Meaden and his dedicated group of enthusiasts, many of which were already volunteers on the Talyllyn themselves, set out to form the Corris Railway Society. Their initial aim was to preserve what little remained of the line and open a museum solely for the history of the Corris Railway. They set the goal of rebuilding some, or maybe even all, of the railway that was lost following the closure. All of this would prove to be a serious challenge as the only rails that existed did not belong to the Corris Railway, instead they were some of the once-many various quarry branches and not very useful at the time. The Corris Railway Society had to preserve what no longer existed.

Due to the incredibly dire condition of what remained where the Corris Railway once dominated, it was to be several decades before it would become what it is today. It was not until 1970 that the first portion of a building outside Corris Station could be used for the new Railway Museum, and a very short section of track was laid the following year for demonstration purposes.

As part of a lengthy process to reinstate passenger services across the yet-to-be-recompleted railway, the original Corris Railway Company naming was brought back to life and the Corris Railway Society gained charitable status to aid in their funding and equipment procurement throughout the 1970s. During this time even more of the Museum was opened following further building restoration.

The 1980s would be the year when the Dulas Valley trackbeds saw rails once again. Starting at the Maespoeth locomotive shed – the eventual base for the entire line which was acquired in 1981 – track was laid northwards to Corris station, which came out to around a distance of just under 1 mile. A non-passenger run occurred in 1985 for test purposes and the railway was further upgraded, and buildings were consistently renovated, to allow for passenger operations in the future.
After what must have felt like endless years of restorations and donations, the first passenger services were officially introduced onto the preserved Corris Railway in the summer of 2002, some 72 years after the original services terminated for good. To begin with, passengers were hauled along the Corris Railway by a narrow gauge diesel locomotive. However, a new steam loco was built by the Corris Railway Society which entered service as No.7 on 20th August 2005, exactly 57 years since the line saw its final service.

With regular operations being steady for the past decade, the Corris Railway is looking to be extended beyond Maespoeth down towards Machynlleth. The first stage of this planned extension would end at Tan-y-Coed, which is about 2.5 miles from Corris Station. Preliminary work for this southerly extension began in 2015, however negotiations with the local authorities is essential. This is due to the potential line south of Maespoeth sitting immediately adjacent to the A487.

Whether the full extension of the Corris Railway will come to fruition or not, the fact that such a niche railway had the backing required to be preserved as it is today stands as an outstanding display of the passion behind UK’s once-lost railways. Thanks to Alan Meaden, we can enjoy the soul of the Corris Railway as it once was, despite history taking its toll on the stunning narrow gauge line; and thanks to Skyhook Games that experience will reach a different level as the uniquely historic Corris Railway is coming to Train Simulator.

The Corris Railway for Train Simulator features the modern-day preserved line from Corris to Maespoeth plus the proposed extension down to Tan-y-Coed. Also included is the Tattoo Locomotive No. 7 with a selection of rolling stock for both passenger and freight duties (including the special gravity wagons for downhill runs). A selection of Career scenarios will be included depicting a number of services, even featuring the day that No. 7 was delivered to the railway.

10 件のコメント 詳細を見る

スペシャルエディション

Train Simulator: UK First Class Edition content

  • TS Academy, Riviera Line: Exeter - Kingswear route featuring the GWR Castle Class Steam Engine, Midland Main Line: London - Bedford route featuring the First Capital Connect Class 319 and Great Eastern Main Line: London - Ipswich route featuring the Greater Anglia Class 360. Also includes the bonus Double Chimney GWR Castle Class and Wartime Black GWR Castle Class steam engines.

Train Simulator: US First Class Edition content
  • TS Academy, Sherman Hill route featuring the iconic UP Gas Turbine loco, Miami - West Palm Beach route featuring the CSX Dash 8-40CW, Soldier Summit route featuring the D&RGW SD40T-2. Also includes the bonus UP SD60M loco, UP Insulated 50-foot RBL Plug Door Boxcar and Military Flatcars.

Train Simulator: German First Class Edition content
  • TS Academy, West Rhine: Cologne - Koblenz route featuring the DB BR 155 electric loco, Munich - Rosenheim route featuring the DB BR 423, Munich Augsburg route featuring the DB BR 406 ICE 3M. Also includes the bonus PRESS BR 155 electric loco and military flat wagons.

このゲームについて





Train Simulator 2016 is the biggest package of exclusive content we have ever delivered in a Train Simulator. Here’s a complete list of what’s included:

Riviera Line In the Fifties


Feel the pressure of steam as you travel back to the time of Green and Gold, from the powerful Kings to the romantic Castles, the heavy working Halls, the goods-carrying Granges and the famous Pannier Tanks across the Riviera Line set in the nostalgic 1950s. Relive the time when steam reigned on all services from local freight to coastline express, whether you perform perfectly alone or need some assistance to get to your destination. Keep an eye on those signals, they can be easy to lose in the cold western fog.



Sherman Hill


Experience the power of the fuel-hungry Big Blows across the challenging Sherman Hill as you haul hundreds upon hundreds of tons, putting that 8500 horsepower turbine through its paces, or opt for some conventional traction in the form of ES44ACs, drive in more comfortable conditions in the wide cab of the SD70M, or maybe in the classic SD40-2s. Watch out though, winter can be brutal even for the most powerful of locos.



West Rhine Railway: Cologne – Koblenz


Control the Genesis of modern Electro-motive traction as you haul heavy freight across the stunning West Rhine Railway in the DB BR 155 ‘Electric Container’, take passengers on their scenic commute with the DB BR 146 or shunt together a train to be taken far away with the DB BR 294. Be mindful of the weather, heavy rain can take even the best drivers by surprise.



Railfan Mode


Enjoy the power and finesse of the railway away from the drivers cab with railfan mode, watch from the platform, track side or stand on a bridge and take in the excitement without worrying about the journey, just make sure you’re ready to take some shots, you never know what you might see out on the tracks!



Steam Edition: Norfolk Southern Coal District


Struggle through the beautifully scenic Mon Line as you haul mile long coal trains through the winding curves and streets of Pennsylvania. Collect coal as you drive your ES44AC slowly under the loading facilities and prepare for the run to the other end of the line. While being relatively level, the sharp river-side turns and the slow speeds as you cut right through a town will not be mastered easily.



TS Academy


New to driving trains? Not to worry! With the newly updated TS Academy you can learn all that you need to beat the extreme, from basic passenger operations to freight terminals that require pin-point accuracy or nailing those complex and unique signalling systems. TS academy is the best way to learn or remember how to control every type of train.



Driver Assist


Have you mastered driving diesel and electric locos, but struggled to control steam? Found it too complicated to drive or understand? Now you can master these delicate engines with our all new driving assist! Driver assist will provide you with real time information based on the locomotives performance and handling, it will guide you through driving a steam loco by highlighting the controls in cab and telling you how to move them to get the best out of the engine. Driver Assist is featured on all the steam locomotives included with the Riviera Line in the Fifties route and can be turned on and off at will.



Train Simulator 2016 is out now and features the 60 Mile Sherman Hill route with UP Gas Turbine, ES44AC, SD70, SD40 and SW10 locomotives and freight wagons. The 40 Mile Riviera Line in the 1950s featuring the GWR Pannier Tank, Castle, Hall, King and Grange Class all with Driver Assist incorporated, Mk1, Collett and Centenary coaches and freight wagons. The 60 Mile West Rhine Railway from Cologne to Koblenz featuring the DB BR 155, 146.0, 146.2, 101 and 294, with regional and InterCity coaches and a variety of freight wagons. The Steam edition includes the 50 Mile Norfolk Southern Coal District route featuring the Norfolk Southern ES44AC and Dash 9 (AI Only) locomotives with NS coal hoppers. Pictures of all the content included can be found below.

Riviera Line In the Fifties

Below: Castle Class in BR Brunswick Green, clean condition and weathered condition.


Below: King Class in BR Express Blue and BR Brunswick Green.


Below: Grange Class in BR Brunswick Green, clean condition and weathered condition.


Below: Modified Hall Class in BR Brunswick Green, clean condition and weathered condition.


Below: Pannier Tank in BR Black, clean condition and weathered condition.


Below: Early GWR Castle Class with 2 variants of the Collett 3500 Gallon tender.


Below: Wartime Castle Class in weathered condition and Double Chimney Castle Class.


Below: A selection of Centenary coaches in Blood & Custard livery.



Below: A selection of Collett coaches in Blood & Custard livery.


Below: A selection of Collett coaches in Maroon livery.


Below: A selection of Mk.1 coaches in Chocolate & Cream livery.



Below: A Variety Of Great Western Freight Wagons.


Sherman Hill

Below: Union Pacific 8500 Horsepower GTEL A and B unit with fuel tender.


Below: Union Pacific SW10 Switcher Locomotive.


Below: Union Pacific ES44ac.


Below: Union Pacific SD70m.


Below: Union Pacific SD40-2.


Below: Union Pacific SD60m.


Below: the Pump Car + Buckeye Coupling adaptor.


Below: A Variety Of Union Pacific Freight Cars.



Below: ‘Be Specific – Ship Union Pacific!’ 50ft Insulated Mechanical Reefer


Below the heritage of military haulage, in contemporary terms, with flatcars carrying a variety of modern military hardware, including personnel carriers and armor.


Cologne - Koblenz

Below: DB BR 155.


Below: DB BR 146.2.


Below: DB BR 146.0.


Below: DB BR 101 in DB Red, Black and Grey liveries.


Below: DB BR 101 in DB Red, Black and Grey liveries.


Below: A variety of regional and InterCity coaches.



Below: A Variety Of Db Freight Wagons.



Below: the 155 045-9 hauling a long consist of Military Wagons on the West Rhine.


Norfolk Southern Coal District (Steam Edition Only)

Below: Norfolk Southern ES44AC and Dash 9 (AI Only).


Below: Norfolk Southern Coal Hopper.


TS Academy

Below: BR 189.


Below: Class 170.


Below: Fowler 4F.


Below: SD70mac.


Below: A Variety Of Academy Freight Wagons.

Key Features

  • Learn to drive different trains at the TS Academy and qualify as a train driver
  • Master your Machines with support from the new Driver Assists system
  • Capture the perfect scenes in the all new Railfan mode
  • Three fantastic real-world routes including Sherman Hill (USA), Riviera Line: Exeter to Kingswear (UK) and West Rhine: Cologne to Koblenz (Germany)
  • EXCLUSIVE Steam Edition includes the Norfolk Southern Coal District route
  • Enhanced graphics and performance
  • Quick Drive menu system: drive what you like, where you like
  • Drive with Xbox 360 controller, keyboard or mouse
  • Integrated Steam Workshop free mission download centre
  • Create your own routes with powerful in-game editing tools
  • Access the Train Simulator community in-game

システム要件

    Minimum:
    • OS:Windows® Vista / 7 / 8
    • Processor:Processor: 2.8 GHz Core 2 Duo (3.2 GHz Core 2 Duo recommended), AMD Athlon MP (multiprocessor variant or comparable processors)
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:512 MB with Pixel Shader 3.0 (AGP PCIe only)
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:6 GB HD space
    • Sound:Direct X 9.0c compatible
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    • Additional:Quicktime Player is required for playing the videos
    Recommended:
    • Graphics:Laptop versions of these chipsets may work but are not supported. Updates to your video and sound card drivers may be required
    • Additional:Quicktime Player is required for playing the videos
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
賛否両論 (226 件のレビュー)
総合:
賛否両論 (8,463 件のレビュー)
最近の投稿
striker07
( 記録時間: 0.9 時間 )
投稿日: 6月29日
面白い。意外とアカデミーが大変で実際に動かすとき使わなかったりする。キーボード操作を覚えると楽に運転できるようになる。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
atikame
( 記録時間: 67.7 時間 )
投稿日: 5月29日
あまりにもDLCが多く、またそれらがある程度揃っていないとワークショップの作品が遊べない。
さらにその一つ一つがなかなか高くって、どうしても前作Railworks2と比べると気軽に遊べない気がしてくる。
デフォルトで蒸気機関車が少ない。過去マップもない(?)っぽい。
あと、素で動作がちょっと重め。ICEである程度走るとなんかエラーを吐いて必ず落ちるのもマイナス。
ファイルチェックしても無駄だった。でも金さえあればいろんな列車で遊べて、
金と時間さえあれば相当な時間を潰せる。余裕がある鉄道ファンにはお勧め。
出て結構経つが、新しくフルプライスで出そうとしないところもグッド。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Mashiro in Japan
( 記録時間: 4.6 時間 )
投稿日: 3月16日
This game makes you feel happy that you don`t work as a train driver.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
nob
( 記録時間: 681.7 時間 )
投稿日: 2月22日
DLCが全部買うと50万越えですが、クオリティーは非常に高いです。プレイした電車シミュレーションゲームの中では一番です。グラフィックのセンスとクオリティーが非常に高い。グラ設定を最高にすると実写調になります。とにかく実車に乗っているという感覚は他ゲーを大きく上回ってます。コツコツとDLCを購入したいと思っています。セール時にだけ買うつもりですが。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
dfuyz600@kcc.zaq.ne.jp
( 記録時間: 2.5 時間 )
投稿日: 2月15日
全く面白みのないゲ-ムシュミレ-ションだ 類似のゲ-ムソフトは 日本語付だったが 同じくつまらんソフトだった だからこのtrain simulator 2016 を 購入したが がつかり 英文を訳しながらも 判らぬことばかりで 操作もいじくり回してると突然変化があり次に同じことをやるにもわからず手探り状態でなんのゲ-ムなのか イライラ ゲ-ムシュミレ-ションの面白みにも達しない リアルなところは 日本のゲ-ムメ-カ-には作れないだろうし スケ-ルの大きさや 細部までこだわっている映像グラフイックはさすがだと思う夢を感じさせる映像は 日本のメ-カ-では作れないが 中身がいまいちで遊び心がない
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
電脳占い師ノヴァ
( 記録時間: 179.6 時間 )
投稿日: 2015年12月26日
列車を運転するにおいて最高のゲーム
リアルに再現された運転席でレバーやスイッチを思い通りに操作し列車を走らせることができる
もちろん信号や速度をちゃんと守らないといけないけど
ただし日本製の車両やマップはまったくないのでそれを求めている人は電車でGo!シリーズを買ったほうがいい
ヨーロッパやアメリカ製列車はいっぱいあるのでそちらに興味があるなら購入を検討するといいだろう
それと2016版とは言っているが中身は数年前からあまり変わっていないのでグラフィック的に期待してはダメ
DLCはあったら楽しい程度でまったく必要ない、それに一つ一つがかなり高いのでよほどゲームに愛情でもない限り買う必要はないだろう
DLC価格にさえ目をつぶれば列車シムとしてはいまのところ最高のゲームで間違いない
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
donkichi
( 記録時間: 161.5 時間 )
投稿日: 2015年12月2日
アドオン主体のゲームです。日本語は基本無いので、英語オンリーです。
「日本の電車を運転したい」と思うならClass395とか、class801とかはあります。でも、イギリス用ですが。
とにかくDLCさえあれば楽しめると思います。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
cmstorm
( 記録時間: 12.2 時間 )
投稿日: 2015年6月22日
景色の変化に乏しく、運転していてもすぐに眠気が襲ってきて飽きてしまう。肝心の運転についても速度を表示に従って合わせる程度のやさしい難易度。
また、プログラムが雑なのかグラフィックの設定に関わらずFPSの変化が激しく、かなり性能の高いグラボを無駄に積まないと快適にプレイはできないかもしれない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
fonmirin
( 記録時間: 7.7 時間 )
リリース前のレビュー
投稿日: 2015年6月12日
買いだ!!

最初にわからんなりに、辞書を引き引きアカデミー。
SD70を止める教習。
minからちょっとあげるとすぐエマージェンシー扱い。
やったぜ。止まらない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
kontic
( 記録時間: 104.5 時間 )
投稿日: 2015年1月12日
セールでSteam Editionを購入。かなりハマったのでアドオンもいくつか導入しました。時間と速度を猛烈に気にかけながら恐るおそる列車を運転してる感覚はほかに代えがたいものがあります。

電車のことはぜんぜん知らないけれどもゲームとして『電車でGO!』を楽しめたクチで、「駅の停車位置がテキトーでOK」とか「HUDの情報だけでなくちゃんと線路上の信号を見ないといけない(国ごとに異なる信号システムを理解する必要あり)」といった差異はあるものの、おおむね似たようなゲーム性です。シミュレーターとしてできることはこちらのほうが多いです。鉄ちゃんにはうれしい内容でしょう(日本の路線は一切ありませんが)。

しかし鉄道ファンであればあるほど尻の毛まで抜かれそうなDLC商法には閉口せざるをえません。お高い上に路線アドオンと車両アドオンの関係性がわかりにくい。車両を買っても付属シナリオに対応する路線を持ってないため大して遊べないという罠におちいりやすいです。購入の段階ですでに「気軽に楽しめない」というのは根本的な欠点であり、娯楽を売ってる自覚がないのでしょう。

客に対する思いやりのなさに関連して、ゲーム中のユーザビリティも全体的になかなかヒドイものがあります。特に操作性において、マウスで操作しているのですが、HUD上のマスコンやブレーキのレバーが物理的に小さいので調整が難しい。レイアウト次第でどうにでもなりそうなものだがなあと。ちなみにXBOXコントローラもためしてみたものの、調整しづらさは変わりませんでした。

評するに、シミュレーター屋としては一流だが、ゲーム屋としては三流。それだけならストイックな作品と見なして高評価できるが、商売はきわめてアコギときてるもんだから釈然としない。セールを狙ってDLC含め合計4000~6000円くらいのご予算でおすすめしたい作品です。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  過去 30 日以内
3 人中 2 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.9 時間
投稿日: 6月29日
面白い。意外とアカデミーが大変で実際に動かすとき使わなかったりする。キーボード操作を覚えると楽に運転できるようになる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
58 人中 44 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 34.1 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2014年6月20日
鉄道には全く興味ありませんし、よって細かい事聞かれても良く分かりませんが、それでもそこそこ面白いと思いました。日本のプロ運転手さんがいかに凄いか大変良く分かるソフトです。但し品質に問題有りと思った為、おススメしません。

キャリアモードにリストされているにもかかわらず、エラーでロードできないミッションが多数あったり、整合性チェックすると凄い数のファイルがでてきて次回からは読み込めるんだがこんどは他のミッションが読み込めなくなってたり、本体アップデート後今まで読み込めてたミッションが読み込めなくなってたり、それらがスタンダードモードでは読み込めたり無茶苦茶です。各DLC結構良いお値段するのに何これ?って感じです。いい加減にしてほしい。

↑の解決法。キャリアモードでシナリオ読んで Scenario failed to load と出てきたら [Edit] も [Exit] も押さず F2キー を押すと Save? というダイアログが出るのでそこで Cancel するとミッション開始可。現時点当方では Isle of Wight が全滅だがこれでいける。クリアすればちゃんと緑チェックも点いた。下記フォーラムを参照。
http://ftp.uktrainsim.com/viewtopic.php?f=361&t=134795&p=1671873
ちなみに↑は2013年11月のポストです。で、当レビューは2014年6月に書いています。色々お察しください。

鉄道の運行上全く関係のない部分ですが、線路上、走行してる目の前を平気で人が歩いて横切ってたり車が道を外れて空中走ってたり目の前で現れたり消えたり看板が浮かんでたり…駅の柱とかの中も人が歩いて行ってたり。それでもってグラの設定にもよるような気がするがたまにクラッシュ。一駅ごとにセーブした方が良い。

グラはそもそも軽くも綺麗でもないですが、TSXとかいうモードが強烈に糞重い上、別に全然綺麗でもなんでもない。TSXを切ってグラボ側でAA、フィルタの設定で適切な重さと綺麗さにしました。グラボ側のAAのモードによっては描画が色々バグい。グラについてはゆっくりと時間を取って設定する事をお勧めします。設定によってクラッシュがほぼ無くなった気がしなくもないですし。しかしTSXを切るとライトの光の照射等が表現されなく雨粒なども窓に飛んできません。ワイパーある意味なしライトある意味なし。糞ですね。

アドオンDLCが超沢山あってなんだか高目ですが、本体だけでもまずは十分。取りあえずはある路線、電車に精通すると良いと思います。

いざDLC買おうとすると何をどう買ったらよいのかワケ判らな過ぎ。車両アドオンだけでなく、対応したミッションを含む路線アドオンも併せて購入させたいようですが、どれがどれに対応してるのかド素人には全く分からないに近い状態のものが多く、調べるだけで超萎え萎えです。もっと明確にはっきりと大きく自分のような素人にも分かるように対応を表記してもらいたい。

諸々鑑みると、開発業者、ソフト自体含め決して質の高いものではありません。2014とは言ってますが、旧い技術のソフトに建て増ししまくってきたものに見えます。あまり他に競合がいないから?殿様商売し過ぎですね。セールで凄く安ければ試してみたらって感じです。

鉄道にこだわらず単に観光気分で気楽に風景を楽しみたいとかそういう用途でしたらETS2買ってTSMという有名なmod入れた方が良いですよ。そもそもスピードメーターとにらめっこで周りをゆっくり見たりする余裕あまりないです。

以上「2014」でのレビューです。

が、

2014年9月、「2015」に勝手にアップデート。名前とメニュー等の見た目だけ変わり、どうでもいいチュートリアルが付きましたが根本は何も変わってません。問題のあるところは特に改善されているようには思えません。TSXはダイナミックライティングと名前を変えたようで、多分気のせいでしょうがほんのちょこっと軽くなったような気もしなくもないが、画質が糞汚いという点が何も改善されていない。これをオフにしておくと当然のように夜のミッションが真っ暗当たり前。

また、オフの場合、上にも書いたようにライトなどの問題以外はまぁ最低納得いく範囲だったが、今回、影の描画など、より一層おかしいことになっているように見えます。

2015になってもイケイケです。相も変わらず糞の上に糞をガンガン塗りたくって建て増ししてるだけ。文字通りのそびえ立つ糞の山です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
25 人中 19 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 167.1 時間
投稿日: 2014年10月13日
本体は基本パックで、欲しい車両、路線を追加で買い足していく感じ。
なので本体は無料もしくは限りなく安くしてほしい所。
2014以降はメニュー画面が無駄にオシャレな感じになると同時に、
ユーザーで任意の言語データを作成することがほぼ無理になった。

DLCは多くが複数の車両や路線を組み合わせた物になっていて、違うDLCを買ったのに
既に持っている車両も含まれていたり、とても難解で複雑になっている。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 11 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 161.5 時間
投稿日: 2015年12月2日
アドオン主体のゲームです。日本語は基本無いので、英語オンリーです。
「日本の電車を運転したい」と思うならClass395とか、class801とかはあります。でも、イギリス用ですが。
とにかくDLCさえあれば楽しめると思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 190.4 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2013年11月28日
2014にアップデートされた時にすべての実績を消されてしまいました。
将来のアップデートでまた実績削除をやるかもしれないので、実績解除目的でのプレイはお勧めできません。
というか現状では大部分の実績解除にDLCの購入が必須です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
16 人中 12 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 4.8 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2014年10月4日
グラフィックスは綺麗ですが、DLCの嵐なので、あまりおすすめしません・・・
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 73.6 時間
投稿日: 2013年12月26日
まさに鉄道をシミュレーターするゲームです。
私は海外の鉄道がどういう仕組みなのか理解できてませんが結構まじめで作品クオリティーはかなり高い方だと思っています。
そして面白いゲームを求めている方にはお勧めいたしません。つまらないんですがその手の方には理解できるゲームかと思います。
ゲーム本体セールになってもあまり安くはありません、DLCも量は多いですがあれもこれもと成ると結構な額にもなりますので決済は慎重に。
ただ一度購入するとメジャーアップデートは無料のようです。(確信はありませんが私の場合、2013から2014に勝手にアップデートされていました)

日本の鉄道と違ってルールが違う体験が出来るのは良いです。
たとえば停車位置というものは一応ありますが多少のズレで減点されることはありません。
もちろん速度超過したり停車駅をスルーしたり赤信号で進入して衝突・脱線したりのオペレーションミスで減点か続行不可にも出来ます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 8 人 (62%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.8 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2013年12月7日
3ドル弱で買いました。
電車でGo!みたいな感じでしたが、自分の環境では音がならず。
「電車で 電車で 電車で 電車で Go! Go! Go! Go!」って歌いながら運転してたら嫁に変な目で見られました。
よって私もこのゲームを変な目で見ます。いろんな視点から列車の状況がみれます。
フリープレイが欲しいなぁ。あ、でもそれならアートディンクの”A列車で行こう”でもいいのか。
鉄オタでもない自分にとっては評価しづらい一品。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 239.1 時間
投稿日: 2014年1月23日
各パッケージにある本体価格(TS2014)が水増されている
不当表示に該当すると思われる

過去には、本体($0)+DLC(N/A)+DLC($○)があるようで
各パッケージごとに本体価格が変わるし、時価の場合もある

現在のVerは、日本語表示(unicode)に非対応で
Bugが多い

一例

・例外・メモリアクセス違反・メモリ解放不完全によるメモリ不足
・脱線し、空中浮遊
・走行中に、減速し、再加速不可(AWS警報無視とは異なる)
・AWS解除ボタンの消滅
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 4 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.5 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2014年8月16日
英語わかりませんが
動画みてやりかた ちょっと わかったら おもしろすぎます
景色もいいですし ちょっとした 旅気分です
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い