They Bleed Pixels is a fiendishly difficult action platformer inspired by H.P. Lovecraft and classic horror.
ユーザーレビュー: 非常に好評 (1,229 件のレビュー)
リリース日: 2012年8月29日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

They Bleed Pixels を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

They Bleed Pixels Collector's Edition を購入する

2 アイテムを同梱: They Bleed Pixels, They Bleed Pixels Soundtrack

このゲーム用のダウンロードコンテンツ

 

キュレーターによりおすすめされています

"Showed at PAX Prime 2013 - Fiendishly difficult Lovecraftian horror platformer."
ここでレビューの全文を読む

最新の更新 全て表示(2)

1月4日

They Bleed Pixels Speedrun at Awesome Games Done Quick 2015




Watch the current speedrun champion Squidclaw do a full run through They Bleed Pixels’ story mode with developer commentary streamed live Monday night (12:15am EST) during the Awesome Games Done Quick 2015 speedrunning marathon for charity.

Squidclaw holds the current record for a full story run at just over 30 minutes and five deaths and his playthroughs are a wonder to behold. Miguel Sternberg level designer and artist behind They Bleed Pixels will be doing live commentary of the run and we’re providing a prize pack including a t-shirt, a rare Little Black Envelope Edition of They Bleed Pixels and other physical goodies.

You can catch the run at 11:50pm EST January 5th (UPDATE: 12:15am Jan 6th) at http://gamesdonequick.com and donate directly here.

Exact time is subject to last minute change so check the schedule.

As an extra bonus you can pick up They Bleed Pixels at 80% off on Steam from Jan 4th - 6th!

AGDQ 2015 is running from January 4th -10th and is raising money for The Prevent Cancer Foundation this year. So go watch some games done quick and donate to charity! ːtbphappyː

14 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"They Bleed Pixels will make you feel like a magician with a gamepad."
8/10 – Hardcore Gamer

“Gothic brutality shines brightly throughout this blocky, blood-soaked indie platformer.”
8.2/10 – IGN

"A Pleasurably Painful Way to Break In Steam's Big Picture Mode."
– Kotaku

Steam Big Picture

このゲームについて

They Bleed Pixels is a fiendishly difficult action platformer inspired by H.P. Lovecraft and classic horror. Rendered in a distinct visual style that blends pixel art with paper and ink textures, They Bleed Pixels is a singular mix of intense platforming and fierce beat-em-up action. At the core of its fighting system is a simple one-button combat scheme with surprising depth and versatility. Button mashing is discouraged while kicking shadowy monsters into saws, pits and spikes is rewarded, thanks to a unique system that lets you earn and place your own checkpoints through stylish kills. The fancier your kills, the faster you fill the checkpoint meter.

Story:
When a young girl arrives at the Lafcadio Academy for Troubled Young Ladies, she's unprepared for the violent nightmares that plague her dreams and transport her to other worlds. Worse yet, her dreams are intruding into her waking life, slowly altering her flesh into the demonic form of her night terrors. Can she destroy the mysterious blood-soaked book that appears to be the root of her troubles or will her transmutation from girl to clawed horror become complete?

Key Features:

  • Extra tight controls: One-button attack system favors skilled combat over complicated combos and button-mashing. Super precise platforming controls let you stop and start on a dime while pulling off gravity-defying dashes and double jumps.

  • Eleven massive levels to fight through and explore, each with unique visuals and music. Unlock additional guest levels from indie game developers based on their own creations: They Bleed Ponycorns, They Bleed Stardust.

  • Unique checkpoint system rewards fancy kills with a save spot you can carry with you. Hold on to it for extra points or drop it right away to preserve your progress.

  • Becoming a monster stabbing master with individual level rankings, online leaderboards for speed and high score as well as over 100 skill-based achievements. There's lots to aim for after you've completed the game.

  • Lush pixel art motion comics tell the story a young girl haunted by eldritch nightmares.

  • Original electronic soundtrack by DJ Finish Him (aka Shaun Hatton) composed with synthesizers, unconventional instruments and gadgets often not meant for musical use.

システム要件

    Minimum:
    • OS:Windows XP or later
    • Processor:CPU 1.73GHz Intel Duo Core
    • Memory:1.5 GB RAM
    • Graphics:NVIDIA GeForce 8600M GT (XNA 4.0 Hi-Def compatible card, Pixel Shader 3.0, Vertex Shader 3.0) (Integrated Video Cards not recommended)
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:350 MB HD space
    • Sound:DirectX-compatible sound card
    • Additional:Controller Support: Microsoft Xbox 360 Controller or other XInput compatible controller.
    Recommended:
    • Processor:CPU 2.6Hz Intel Quad Core
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:NVIDIA® GeForce 8800 or ATI Radeon® X1900 (XNA 4.0 Hi-Def compatible card, Pixel Shader 3.0, Vertex Shader 3.0) (Integrated Video Cards not recommended)
参考になったカスタマーレビュー
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.9 時間
投稿日: 1月16日
カニは強いが刃物には弱い
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 3 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 8.4 時間
投稿日: 2月8日
ウィンドウモード対応の鬼畜マゾ死にゲー
不気味な異世界に招かれてしまった女の子が
正義のヒーロー☆カニ娘に変身して
クトゥルフ的な世界と敵をブチのめすゲーム

超肉男やBIT.TRIPの影に隠れがちですが
このゲームも相当イヤらしい難易度です
格闘アクションで敵を倒す事が出来るけど
実際やってみるとモサモサした泥沼のような感じ
敵の猛攻と地形のイヤらしさが両方備わり最強に見える

超肉男の裏面並の精密な操作テクニックや
BIT.TRIP以上の素早い判断力が求められるので
この手のゲームに慣れていないと確実にハゲます
慣れていてもハゲます BGMは微妙に良いよ

しかしこのゲームでの一番の敵は「実績」
高速クリア、Aランク以上でクリア、完璧クリア、
ステージ中に散らばったアイテムを全て集める 
等といった実績が、それぞれのステージに用意されているので
やり込み派の人も満足いくまでプレイ出来ます
実績マニアの人がやると毛根が死滅して永久脱毛する

女の子がトゲにブッ刺さって悲鳴をあげて死んだり
血を垂れながして息絶えたりするので、2Dドットとはいえ
その手の表現が苦手な方はやめておくのが良いかも

その手の表現が好きな方にもあんまりお勧めしません
死ぬ原因がトゲと敵のパンチぐらいしか無いので飽きます
ミート君が女の子にすり替わっただけみたいな感じなので
そういう方面を期待してプレイするとガッカリします
巷ではこのゲームがリョナゲー呼ばわりされているみたいですが
リョナとやらの言葉の重要性とその価値を分かっていないなんちゃって自称リョナラーか
リョナラーとやらに見せかけそのジャンルの価値を落とす事を目的としたアンチもしくは
某コピペ並に中二病気取りの構ってちゃんが呼んでいるだけなので気にしないでください
要するに普通の鬼畜マゾアクションゲームとして見てください
死亡シーンに期待しているのならなんたらダークネスでもやってた方がいいよ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
38 人中 27 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 37.1 時間
投稿日: 2014年12月1日
Pros: clever level design, fancy fight moves, helpful checkpoint system, beautiful pixel art/animation, John-Carpenterish synthy disco music.

Cons: Finicky fight control and jump mechanic take some time getting used to; expect lots of misfired moves and missed double jumps until you nail it. Levels get tough real fast (being rectified by a rewrite as we speak.)

I usually don't care much for precision platformers, but TBP was a welcome exception. The main reason was, cruel as the game may be, it plays remarkably fair. The enemies and deadly traps communicate clearly to you with visual and aural cues, with anticipation time long enough for you to react. So when I died, I knew it was due to my poor judgement or execution, that I could do better next time. It reminded me of the first 2D Prince of Persia, in a good way.

Also, the dynamic checkpoint system comes in real handy - you can set one down anywhere (with reasonable limitation and cost,) which effectively split a level into shorter, manageable chunks that you can practice on. It's kept between game sessions as well, so you can always pick up just where you left off anytime. I certainly wouldn't have lasted without it.

And when all else fails, you can always unleash your trusty claws and vent your frustration on the nameless things that wander about in your way. Which also grants you more checkpoints then health refills, so it all adds up to a surprisingly encouraging play experience, despite all the bloodbath and body counts. Make no mistake; you *will* die often - and so will the enemies. It's all fair and square, and there's certain grim beauty to it.

I heartily recommend TBP to anyone with an intrepid mind who takes pleasure in the mesmerising recursion of experimentation, realization, and execution. Practice does make perfect!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 9 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.0 時間
投稿日: 2月25日
https://www.youtube.com/watch?v=bPKynP1netI&feature=youtu.be

They Bleed Pixels perfectly combines precision platforming with intense fast paced hack and slash combat. This gorgeously gore-filled 2D platformer will push you to your breaking point with its incredibly challenging level design and merciless enemies.

The game places you in control of a young school girl who stumbles across a mystical book that places a curse upon her that causes her to morph into a mutant purple demon with “Edward Scissor-hand”-esque blades for hands when she falls asleep. She then enters a beautifully animated horror filled nightmare that is filled with monsters and creatures of the night. She is then put in the unfortunate dilemma of fighting her way out of these nightmares before she’s sucked into them permanently.

The artwork is very well done and beautifully blends pixel art with paper and ink textures, the game looks especially stunning when you brutally kill an enemy by pushing them into a saw blade and have their bloody pixels sparkle and decorate your screen. The dark atmospheric environments help set the gothic tone of the game. The game also features a dark groovy electronic music soundtrack that pairs perfectly with the artwork and helps sets the games tone.

The games combat system is incredibly simplistic, yet at the same time very deep. While there aren’t any long lengthy combos to chain together or memorize, there are plenty of ways to kill enemies. All attacks are executed by clicking one mouse button, but the timing, direction, and ways you interact with the environment provide an ample amount of ways to brutally vanquish the enemies. One of the most interesting aspects of the game is the way that the checkpoint system works; Instead of having set predetermined checkpoints laid out in the levels, you have to earn your checkpoints by filling the meter at the top of the screen by collecting orbs and killing enemies. The more brutally you kill an enemy, the more points you get towards your checkpoint meter, so creativity is certainly rewarded. This checkpoint system helps take away from some of the difficulty related frustration associated with precision platformers of having to replay the same sections of levels over and over, but the game still offers a great level of difficulty.

They Bleed Pixels is undoubtedly one of the finer platforming experiences you will find on PC. Offering a gorgeous art style, incredibly challenging level design, fast paced combat system, innovative checkpoint system, and dark and adorable story and characters. While you will die repeatedly and be forced to play levels over and over, you will feel incredibly satisfied with yourself when you manage to overcome the games challenging difficulty.


http://noobsthatplaygames.com/
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 5 人 (56%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 6.0 時間
投稿日: 3月31日
Everything is fine... except controls.

I like hard games. But this game reach hardness with its' bad controls scheme and time by time ridiculously uncontrollable protagonist little girl.

Controls are both sloppy and illogical. A lot of buttons are there but they limited you only one attack button. For example, you have to kick someone to without touching dpad/arrow keys and hit the attack button. It's OK to "simplify the controls" (on the paper) but in that kind of game, it's frustrating and bad. It leads player to use kick when they don't want to (or opposite, it leads player to use slash). Why they didn't assign an extra key for kick? i.e. X button for X360 controllers? Or RB/LB maybe? Or any other one key of tens of keys on our lovely keyboards?

Because of that bad controls scheme, i just lost the little cute girl on the sawblades, spikes or in some specific battle conditions which those losses wouldn't even had to be happen.

Also hit detection a little bit off.

I don't know. If you still want to buy, give it a try. It's a good game but controls are frustrating enough.

Pros:
+ Good 16-bit era graphics
+ Particle and gib effects
+ Combos
+ Interesting story
+ Level designs
+ Music distortion effect when you die

Cons:
- Repetitive and mediocre, forgettable background music
- Extremely frustrating controls (which makes the game nearly unplayable)
- There are some problems about hit detection
- Jumping angle a little bit silly
- Blowback while hit time by time a little bit exaggerated
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
42 人中 21 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.0 時間
投稿日: 2014年11月24日
+Art (design of backgrounds, monsters, character)
+Music (gets creepier when dead)
+Concept (Idea is good)
+Extra Maps (prolongs game lifespan)
-Level Design (platforms and arrangement aren't anything special)
-Controls (almost emulates broken controller, and how functions are mapped to "the button" is silly)
-Replayability (does nothing to make you want to play again... not even the scores)
-Execution of Concept (fell flat; disappointing)

Overall: It's okay, just make sure that you don't get done in by reviews that shower it with praise without pointing out its drawbacks.

Recommend?: Qualified yes (get it when on sale, or get it if you exclusively play platformers)
Don't Recommend?: to people who do not have much free time on their hands...
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
29 人中 27 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.4 時間
投稿日: 2014年6月8日
死に覚え系アクションゲーム、エグ目の敵と独特のチェックポイントシステムが特徴。
敵を倒すなどしてポイントを貯めてたまったらチェックポイント召喚というシステムなのだが、その場に数秒立ち止まって召喚というシステムなので浮遊する敵などに目をつけられたらなすすべなく殺されやり直しなどになる。
正直設置できる場所も限られてるし普通の通過式チェックポイントでいいんじゃないか感がある。
でもとにかくグラフィックが綺麗、ドットのアニメーションも印象深いし幕間の詩もあらおしゃれ。
おまけ画像をアンロックできるシステムもナイス、いろんな人の描いたかわいいカニちゃんが拝める。
解像度が1280×720しか用意してないらしく4:3ディスプレイだとカニちゃんがエビみたいに細くなるのは残念。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
37 人中 30 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 11.6 時間
投稿日: 2014年7月5日
このゲームを簡単にまとめますと、つまりこういうことです。

①呪いの本に取り憑かれて、二又フォークみたいな手になってしまったドット絵少女が
②夜な夜な呪いの本に敵と針山だらけの悪夢のような世界に送り込まれて
③爪パンチとキックとジャンプと壁張り付きその他を駆使しながら
④物凄い勢いで死にまくりつつゴールを目指すアクションゲーム

凄い! 完璧に紹介できた!
本当にコレで終わると若干怒られそうなので、もう少し見所を判りやすく解説していきましょう。

①、②に記述したとおり、主人公は呪いの本に取り憑かれた呪われ少女です。
英語はあまり明るくないので詳細は気にしないことにしていますが、
毎晩呪いの本によって悪夢的世界に送り込まれてしまうようです。
悪夢世界は水中だったり、なんかジャパニーズ提灯が浮かぶホラー世界だったりと中々ユニーク。
ただしどのエリアも共通して針山と滑る床が待ち構えており、プレイヤーに剥き出しの殺意を見せ付けます。

「えっ、そんな殺意に満ち溢れた世界とか死んじゃう!」
ご安心ください。このゲームは死のハードルが非常に低いゲームです。
④で挙げたようにあっさり死ぬのは事実なのですが、同時にそのリカバーも容易となっています。

具体的には宙に浮かぶ血液を集めたり、敵をブラッディに抹殺することでゲージが溜まり、
これが一杯になると、大体どこでもチェックポイントを作成することができます。
死んだ場合はこのチェックポイントからの再開となるため、
「死んだらステージ半分戻された死にたい」という事態はあまり発生しません。
むしろ「チェックポイント作ったし、周囲の探索しながらちょっと死んでくるか」ぐらいの勢いです。
ゲージは割と早く溜まるので、アクションが苦手でもじりじり進めることができるでしょう。

また、③に書いたように、主人公はかなりアクション能力が高く設定されています。
上段下段に打ち分けられる連続パンチに敵を上や横に吹き飛ばすキック、
短距離なら針床もスルー可能な突進パンチに敵の背後に回れるスライディング。
更に空中に跳ね上げた敵をジャンプして追いかけての空中コンボまで可能です。

「でも小難しいんでしょう?」ですって?
これらがなんと攻撃とジャンプの2ボタンで可能!
しかも概ね方向キーと攻撃ボタンを一緒に押したり、攻撃ボタンを長く押すだけ!
なんというお得感。なんという暴力の大安売り。
小難しいことが苦手な貴方でも、最悪ボタン連打していればなんとかなるので大丈夫!
しかも敵もダメージ地形の影響を受けるため、針山に敵を蹴落とせば一撃必殺。
この爽快感はまさにプライスレス!

こんな具合なのでクリアするだけなら割とハードルは低いのですが、ヌルいゲームというワケでもありません。
このゲームには山盛り100個以上の実績が用意されており、
例えば「アイテムを全部集める」だとか、「ノーデスでステージをクリアする」だとか、
もうちょっと難しくなると「ノーダメージ」、「規定時間以内にゴールに辿り着く」等の条件で解除されます。

これらの条件を満たそうとすると、途端に難易度が跳ね上がります。
アイテムは半分くらいが危険な位置に配置されており、迂闊に取りに行くと結構な確率で死にます。
ノーダメージは意地の悪いステージ構成もあってなかなかの難易度、
落ちると一撃必殺の針山も存在するため、実際はノーデスもちょっと難しめです。
規定時間内のゴールに関しては割とギリギリの時間設定で、
チェックポイントを作った直後に1回死ぬことが許されるかどうかという塩梅。

「hahahaその程度まだまだヌルいんじゃん。俺アクションとか超得意だし、ヨユーっすよー」
そんな貴方にお勧め、ハイスコア稼ぎの実績解除(なんと高低2段階というお得仕様)!
コンボ攻撃や連続キルにより跳ね上がる点数! 更に収集物やクリアタイムで加算されるボーナス!
連続キルの受付時間は短いので、計算して敵を移動させながら倒し、更に色々集めてと大忙しです。
それでも満足できない貴方には、世界の強豪達とのオンラインハイスコア争いが待っております。
もうヌルいとは言わせません。死ぬほど頑張ってハイスコアを目指していただきましょう。

なんか妙なテンションの上がり方のせいで通販番組じみた紹介になってしまいましたが、
まとめると「初心者から上級者までみんな楽しめる良作アクション」これに尽きます。
ああ、やっぱり最初の4行が全てだった。

あと、
⑤ドット絵の女の子が針山に串刺しになったりするのに興奮しちゃう変態どもにもお勧めだよ!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 13 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 7.0 時間
投稿日: 2014年11月2日
約7時間でクリア(エクストラは除く)
呪いで両腕がカニのハサミのようになってしまった少女が主人公のバイオレンス2Dアクションゲーム
難易度は高くいわゆる死にゲー、しかし理不尽な難しさではなくプレイヤースキルで乗り越せる難しさ

体力は通常の針、敵の攻撃、回転ノコギリであれば3回まで耐えられる
が一撃死の針、壁や先ほど挙げた通常の針、のこぎりはステージの配置上大体連続で食らって死ぬ
面白いと思ったのはステージ上に配置されている血の塊(?)や敵を倒すことで得られるポイントによって
自分の(一定距離内にのこぎりや敵がいないなど多少の制限はあるが)好きな位置にチェックポイントを設けられるシステム
これによって死ぬことにためらいが無くなってしまうのは作者の思う壺なのでしょう

強いて悪かった点を挙げるとすれば攻撃の操作性、蹴りと斬撃が十字キーやボタンのホールド時間で変わるのだがキーが余っているので別に割り当てればよかったのではないかとプレイ中に何度も思いました
総評としてはBGMも良く、「2Dアクションが苦手だ」という人以外にはとてもおすすめできるゲームです

カニちゃん可愛いよカニちゃん
特に僕は頭が天井に刺さった時が一番好きです
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 12 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 53.9 時間
投稿日: 2013年11月26日
難易度の高い2Dアクションゲーム。
敵の配置と動きが本当にいやらしい。
コンボのやり方が分かってくるとスコアアタックの楽しみができる。
挑戦的なアクションゲームにチャレンジしたい人にオススメ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 14 人 (78%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 60.5 時間
投稿日: 2013年10月2日
クリアまでに約50時間、360コントローラー使用。

下手でも、努力と忍耐があればクリア出来る楽しい作品。

ジャンプの軌道上に配置されている敵、後数歩で次の足場に届くという場所での刺・・・
ステージの構成は、プレイヤーを常に殺しに来ております。

敵やトラップの配置がエゲツなく何度も絶望を味わいながらも操作を手に覚えこませ、
行ける!と確信してても単純な操作ミスで死ぬ事も数多く。

頭を掻きむしり、手に滲んだ汗を拭い、それでもクリア出来ない時は素直に諦める。
数時間、もしくは数日後、再度挑戦の繰り返し。

これだけ苦しんでも新たな苦しめそうな場面に出くわすと、ニヤニヤが止まりません。
正直自分はドSなのですが、この作品を遊んでいてもしかしてMの基質あるのかなと何度考えた事か。

この作品は難易度の緩急が上手く同一ステージで苦しんだ後には息抜き出来る場所が設置されており
また道中にて獲得できるアイテムによって任意に中間セーブ地点を設置する事により
難易度の高い場所の直前にセーブ地点を作成する事により何度もチャレンジする事への苦痛を和らげております。

難易度が高いだけのアクションゲームは色々ありますし、この作品も難易度は高いと
思いますが、上記理由のステージ構成により頑張れば光が見える上手い構成になっております。


ステージには様々な実績が設置されており、
全ての敵を倒してクリア、ノーミスクリア、最短でクリア、指定アイテム全て獲得などなど
それらを目指し再度挑戦すると、以前遊んだ時突破するのに数時間、もしくは数百回死んだ所が
苦もなく突破出来たりし、まさに遊んでいるうちに操作が体に染み付くという事を実感出来る喜びがあります。
まあそれでもSランクとか取れる気はしないのですがーー;

発売したのは昨年ですが、今年一番夢中になった作品。
おすすめ!

ちなみに自分の数少ないSteamでのアクションゲームの難易度として順位は

Super Meat Boy=Cave Story+(血塗られた聖域)>They Bleed Pixels=Giana Sisters: Twisted Dreams>>>>>>>>Hell Yeah!>LIMBO
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 9 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 15.3 時間
投稿日: 2014年10月6日
まさに死にゲー
しかし配置等に理不尽な感じ(ショボーンのような)はしないので頑張れる。
最初のうちは死にまくるのに、何度もやっているうちに段々とすんなり行けるようになってきて、人間て進化するんだなって思える
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 12 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.2 時間
投稿日: 2014年6月19日
侵略!カニ娘!

いわゆる死にゲーだが、道に落ちている赤玉や敵をスタイリッシュにズタズタに引き裂くと
チェックポイントゲージが溜まっていき、満タンになると任意でチェックポイントが作ることができる
方向キーと攻撃ボタンの組み合わせで攻撃方法が変わるので、自分の思い思いに敵をズタズタにしよう

難易度的には慣れると分かりやすい仕組みだが、最終的に貴方の指先から心の臓までズタズタに引き裂く死にゲーである
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 11 人 (79%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.3 時間
投稿日: 2014年6月29日
かわいいかわいいカニちゃんを操作して蹴って針に突き刺したり爪で八つ裂きにするゲーム。
でもどっちかというと自分が串刺しにされてる方が多い。敵の配置と罠のいやらしさがひどい。
血を集めて中間ポイントを作れるシステムがあるけど先で作ろうって思ってたら死ぬ。いっぱい死ぬ。
死んだカニちゃんはバラバラにならなかった子だけうっすらと残るよ!
さあみんなでカニちゃんを収穫しようね。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 6 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.9 時間
投稿日: 2014年10月30日
くっそむずい死にゲーアクション
死にながら覚えて先に進む
カニ子かわいい
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 7 人 (78%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 10.0 時間
投稿日: 2014年8月3日
なぜか手がハサミのようになった女の子(通称:カニ娘・カニちゃん)が主人公の横スクロールアクションゲーム
割りと普通のアクションゲームだけど、特徴的なのはチェックポイントを自分で好きな場所に作れることか(ただし敵を倒したりアイテムを集めたりしてポイントを貯める必要あり)
ステージ数はなかなか多く、1ステージも結構長い。オマケステージもいくつかあり。

総じて高難易度で、特に終盤ステージの理不尽度はヤバイ。まさしく「ぼくのかんがえたさいきょうのめん」状態。
空中で連続ジャンプして進むところに襲ってくる大量のゴーストとか本気で殺意湧いてくるレベル
正直終盤のステージはもう二度とやりたくない
その上コレクション要素やらタイムアタック要素やらまであるもんだから・・・
オール実績解除は人間やめないと無理だと思う

本気で歯ごたえのあるアクションゲームやりたいならオススメ
あとカニちゃんが可愛い。買い
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 40.6 時間
投稿日: 2013年6月5日
パッケージの子がかわいい。所謂死んで覚えるゲームだけど各所にチェックポイントがあるわけじゃなくて敵を倒したりマップにあるアイテム?を取得すると増えるゲージがMAXになると自分がいる地点をチェックポイントに出来るのが独特。難易度は結構高い…と思う。
忍耐力☆☆☆死にゲーなのでイライラしても折れない心が必要です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
31 人中 18 人 (58%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.8 時間
投稿日: 2014年5月5日
オススメ度 ★☆☆☆☆(1)

爽快なアクションゲームかと思っていたが蓋を開けてみるとイライラ棒のようなゲームだった。
全体的に難易度は高く、とにかく死んで覚えるいわゆる死にゲー。

○良
 ・キャラクタの軽快な移動操作
 ・きれいなドット絵で動くムービーシーン(少ないが)

×悪
 ・直感的ではない攻撃操作
 ・いやらしさ満点の敵キャラクタ
 ・シビアなレベルデザイン
 ・自分でリスポーンポイントを設定出来るシステム

■以下締まりのない感想
キャラクタの操作はシンプルで、移動, ジャンプ, 攻撃ボタンのみ。
ボタン連打で連続攻撃や、上に吹き飛ばしてから空中コンボなど楽しそうな要素はあるが、
レベルデザインと異常な敵のいやらしさがその楽しさをすべて殺している。

特に敵キャラクタは
・攻撃の射程と持続時間が長い敵
・カウンター気味に攻撃しないとこちらの攻撃を100%ガードする敵
・空を飛ぶ上に当たり判定が小さく、無敵時間のある体当たりをしてくる敵
・やけにノックバックする上に7発も殴らないと行けない敵
などレバガチャプレイは許さないと言わんばかりのラインナップ。

ゲームの中盤以降は足場が少ない/シビアな時間制限があるステージばかりで、敵に対してコンボを決めるよりも素早くステージ上の針に落とすほうが効率が良い。
また攻撃ボタンが1つしか無いため方向キーとの組み合わせで様々な攻撃を繰り出せるようになっているのだが、個人的にイマイチ直感的ではなく最後まで慣れなかった。
基本的に方向キーをニュートラル+攻撃ボタンで敵をノックバックさせるキック、
方向キー+攻撃ボタンでダメージを与えるパンチとなっているが、
 移動中にキックを出したいのにパンチが出て敵と距離が離れる→すぐにキックしたが空振り
という事態が頻発し非常にストレスを感じた。(その逆もある)
パンチボタンとキックボタンをはっきり分けた方が良かったと思う。

リスポーンポイントを設置できるシステムについて
敵を倒してゲージを溜めることで任意の場所にリスポーンポイントを設置できるシステム。
これはプレイヤーにストレスを与えるだけの要素であると感じた。
FPSで例えるなら「クイックセーブボタン付けたから自動セーブはしないよ」と言われている様なもの。
しかも後半になると、プレイヤーに関係ない場所で敵がギミックに殺される→いつの間にかゲージが貯まっている・・・
というような場面が多く、結局は開発者の意図した場所でリスポーンポイントを設置させられているに過ぎないと気付く。
これならば開発者が責任をもって適切なリスポーンポイントを設定するべきだったのでは。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 7 人 (64%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 7.2 時間
投稿日: 2014年1月25日
侵略カニ娘
イカ娘と比べて清涼感やあっさりとした感じはなく真逆なタイプ
キャラクターだけでなく敵とかトラップの配置等いろいろな意味でいやらしい
何度ヤられてもカニちゃんの心は折れないがプレイヤーの心は折れるそんなゲーム
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.8 時間
投稿日: 2012年12月25日
2012年はレトロリスペクトな一年であった事を象徴する一本

C64を彷彿とするチップチューン
めさくさ難易度の高いアクション
文字通り障害物となるうっとうしい敵配置

お兄ちゃん 鋏娘は可愛いと思うよ、でもさアクション難しいのは別の話だよ
サントラは非常にオススメなので一緒に買うと良いよ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い