魔術師同士の間で起こったいにしえの戦争以来、世界は暗闇に包まれていた。そしてこの「歪なる地」。それは誰もが忌避する土地として知られていたが、この場所があなたの新たな家となった。以来、あなたの魔術の教えを請おうと、弟子となりたいという者達が門戸を叩く...
全てのレビュー:
ユーザーレビューはありません
リリース日:
Q2 2019
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

早期アクセスゲーム

今すぐアクセスしてプレイ開始;開発途中のゲームに参加しよう。

注: この早期アクセスゲームは不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。 詳細はこちら

開発者からの注意書き:

早期アクセスにした理由

“当スタジオが本作品の前に制作したゲーム(Gremlins, Inc.)では正式発売の 6 か月前から早期アクセスをスタートし、これが大変有意義な期間となりました!これはコミュニティから頂いたご意見が新たな機能の実装やゲーム全体のバランス調整などへと続いたためです。

そこで今作「Spire of Sorcery」においても同様の流れを採用したいと考えています。まずゲーム本体と同作品の開発ロードマップを一般公開し、その後に中核的な Steam コミュニティから頂いたフィードバックを基に、頻繁なアップデートや定期的なブログ記事を出しつつ開発計画を調整していきます。”

このゲームは大体どのくらいの期間早期アクセスですか?

“「Spire of Sorcery」の早期アクセスの期間は 6~12 か月ほどを予定しています。

なお Steam で発売しました前作と同様、「Spire of Sorcery」正式発売後のアップデートは発売後も数か月(もしくは数年!)継続してお届けしていきます。正式発売の日にちは私達が当初のゲームデザイン目標の「バージョン 1.0」を達成できたと胸を張ってお伝えできる日となります。その後は通常通りゲームのアップデートを行っていく予定です。”

早期アクセスバージョンと計画されているフルバージョンの違いは?

“コンテンツ面においては、正式版には早期アクセス版の公開当初にはなかった各種要素がすべて盛り込まれた状態で発売されます。これらにはユニークなアイコン、さまざまなイベントやアイテムに合わせたイラスト、追加 BGM、追加 SE、追加イベントなどが含まれます。

ゲームメカニクス面では、プレイヤーのゲームエクスペリエンスの調整や必要なゲームプレイの奥深さの発展をどれだけ洗練化できるかによって、中核的なメカニクスの上に築き上げられた高度なゲームプレイを正式版で用意できる可能性があります。

またユーザーインターフェースに関しては、早期アクセス期間中におけるコミュニティによる数千回分のゲームプレイを基に発見した、数々の改良点が正式版に含まれることになります。”

早期アクセスバージョンの現状はどうなっていますか?

“2019 年に公開される「Spire of Sorcery」の早期アクセス版では中核要素をすべてプレイ可能な状態でお楽しみいただけます。具体的には弟子の登用、彼らへの教育や各人の性格・個性の把握、塔の強化や資源管理、パーティーの世界のグローバルマップへの派遣や報告の受け取り、研究の実施や主人公である魔術師の時間の分配といった要素が楽しめます。また最後にはゲームに最終ステージが用意されますので、メインキャンペーンに勝利(あるいは敗北)する事が可能です。”

早期アクセス期間中と期間後ではゲームの価格は変わりますか?

“今までのプロジェクト同様、ゲームの状態が早期アクセスから正式販売へ切り替わった時点でゲームの価格を引き上げる予定です。”

どうやって開発プロセスにコミュニティを参加させる予定ですか?

“私達は Steam コミュニティの皆様に開発の細部にまで関わっていただけるからこそ、「Spire of Sorcery」を早期アクセスを通して公開することにしました。プレイヤーの皆さんから頂いたフィードバックを処理するためのツールを前回のゲーム作品の早期アクセス期間中に開発しており、また開発作業の優先順位とコミュニティが最もプロジェクトに有用と思う点を分かり易い方法で同期させる事ができました。またコミュニティから頂くフィードバックの速さに合わせ、アップデートを最速で 2 週間毎にお届けしています。

世界各地の熱意あるプレイヤーの方々による大小さまざまな貢献なしに、私達の初作品が同じように仕上がったとは思えません。自分たちは素晴らしくも独創的なゲームをデザインし、開発し、お届けできると自負しておりますが、同時にプレイヤーの皆様に 100 時間以上の最高のプレイヤー体験を味わっていただける楽しさに溢れたエクスペリエンスを生み出す全ての要素を事前に予想できるわけでは決してありません。だからこそコミュニティの皆様に関わってもらうことが必要不可欠なのです!”
詳細を見る
SteamでCharlie Oscarフランチャイズ全作品をチェック!

配信予定日: Q2 2019

 

最新の更新 全て表示(51)

3月22日

#48 – チームに関するお知らせ



ここ数週間、スタジオではかなり忙しくしておりました。それも、いい意味で。まず「Spire of Sorcery」開発チームが 1 名増えました!

小規模スタジオにとっては、これは大ニュースにあたります。私達は、設けている条件がすこし特殊なため、採用するデベロッパーは普段は 1 年に 1 人くらいです。というのも、私達は人を「管理」したいとは思わず、また反復する作業をよくやったりするので、チームワークと内部的なフィードバックが開発を進める方法の大きな部分を占めています。つまり Charlie Oscar で楽しく仕事をするには、(いいですか、行きますよ!)「他の人との大量のやり取りに対応することで最新状況を把握でき、自分から進んで仕事をし、さらに複数分野に精通した複数の言語で喋れる人」であるのが好ましく、当然こういった人材にはなかなか巡り合えません!

Alexey Bokulev, game designer of Spire of Sorcery (previously: Eador. Genesis and Gremlins, Inc.)

今回新しく迎え入れた同僚はニキータ、4 月上旬にヴィリニュス旧市街地へ引っ越してくる予定です。彼の専門は当スタジオのゲームデザイナーであるアレクセイ・ボクレフを手伝い、『Spire of Sorcery』の「肉」というべき部分であるゲームイベントのデザインと実装を早めてくれる人材です。ニキータをチームに加えたことで、当スタジオの素晴らしいコンテンツを創り出す能力はさらに早く(そうです、早くなるんです!)なると思いますし、またニキータのお陰でこのゲームをさらに洗練した状態で送り出せるのではと思います。

Global map concept: farmlands.

次に良い知らせがもう一つ。最近、当スタジオではゲーム脚本家でありゲーム業界のベテランであるホズエ・モンチャン(Josué Monchan)さんとのコラボレーションを開始いたしました。ホズエとは何年も前からの知り合い(『Gremlins, Inc.』でもスペイン語翻訳者として貢献)で、『Spire of Sorcery』では本職の脚本家に参加してもらえたことに私達もワクワクしています!

Josué Monchan & Alexey Bokulev

ホズエの役割とは何か?といいますと、彼はキャラの背景設定の調整を行い、さらに新しいゲームイベントを提案したり、私達が過去数年間で話し合ってきた世界観を書き留めていってくれることになります。これまでは中核チーム全員が実際のゲームデザインとユーザーエクスペリエンスに注力していたので、ルンドの世界をより深くまで知ることの出来る小話をゲームに加えられる余裕がありませんでした。
  • 貴重な錬金術材料である「サイクロプスの目」はどうやって手に入れるのか?
  • 「人魚」はどのようにしてこの世界に生まれたのか?
  • 借金取りから逃げてきた人物を弟子として受け入れた場合、どうなるのか?
これら質問は、本職の脚本家を迎えると分かった時に、私達が話し合い始めた内容のごく一部にあたります。その結果として皆さんにはより洗練された文章のゲームをお届けできると思います!







最後に、実施したことがもう一つ――中国語圏コミュニティとのお話しを手伝ってくれる人を探しておりました。私達の前作『Gremlins, Inc.』では全プレイヤー人口のおよそ 30% が中国、10% が日本、5% が韓国からプレイされている方々でした。ロシア語をはじめとする欧州の言語だったら私達でもなんとかなりますが、中国語、日本語、韓国語となるとお手上げでした。

ただ日本語コミュニティの皆さんに関しては、幸運なことに、数人のベテランプレイヤーの方々と密接にお話しをする機会に恵まれています。私達の日本語翻訳者は彼らからのフィードバックを直に受け取って検討することができ、また日本のコミュニティメンバーの皆さんからゲームがどんな風に感じられるか、どの用語をより良くできるかについてのご意見を頂戴することができます。

ただ中国語コミュニティにおいては、事情がもう少し込み合っていたりします。私達は QQ や WeChat を使っておらず、また中国圏のプレイヤーの皆さんは Steam コミュニティや Discord にアクセスし辛かったりします。その面ではまだ改善の余地ありと考えており、そこで友人を通して知っている中国語を話せる人々に、コミュニティと接するお手伝いをお願いできないかとお話を進めています。その内の 1 人にでも、中国の皆さんとのより親身なやり取りを手伝ってくれるパートタイムのコミュニティ大使として採用できたらと、今はお祈りしている状態です。

- - -

このように色んなことが同時進行していたので、前回のブログ記事は少し時間がかかってしまいましたが、その折は失礼をいたしました。来週のブログ記事はいつも通りにアップされる予定です。そこではルンドの洞窟についてお話ししていきたいと思います。

それではまた近いうちにお会いしましょう!

–––



:summer_magic: Spire of Sorcery – キャラクタージェネレーター (Steam)
:summer_magic: 公式Discord サーバー
:summer_magic: 開発ライブ配信の YouTube アーカイブ動画
:summer_magic: Twitter (ゲーム最新情報)
:summer_magic: Facebook (ゲーム最新情報)



:malice: 公式Discord サーバー
:malice: Twitter (ゲーム最新情報)
:malice: Facebook (ゲーム最新情報)
:music: Original Soundtrack on Spotify



:notebook: Steam 上の Charlie Oscar 開発者ページ
:notebook: Twitter (スタジオからのお知らせ)
:notebook: Facebook (スタジオからのお知らせ)
:notebook: "Behind the scenes" Instagram
:notebook: YouTube
14 件のコメント 詳細を見る

3月18日

#47 – ルンドの森林



今週は、当開発スタジオの手がけた前作「Gremlins, Inc.」の Steam 発売 3 周年のお祝いをさせていただきました。その 3 年間で私達は新規コンテンツや新仕様をゲームに追加するアップデートを 100 個弱リリースし、さらに 300 回以上もニュースをお伝えしてきました。

Spire of Sorcery」でも私達の目標の大きさは変わりません。今回は早期アクセス版を開発段階の終わり頃ではなく、始まりにリリースすること(現在の予定:2019 年 6 月頃)を考えています。

これまで多少なり経験を積んできた開発チーム(私達 Charlie Oscar は今年で 5 歳になります!)として、ゲームデザイナーのビジョンに沿ってゲームを形作るための知識と技術を蓄えることができました。しかし同時に「Spire of Sorcery」のような複雑なデザインとなると、プレイヤーの皆さんの手で明かされる予想外な要素や発見が数多く出てくることも理解しています。

ゲームの早期アクセス開始後になってから、ようやく出てくる素晴らしいアイデアも沢山あると私達も確信しており、そうなってからが楽しみです!



普通の森、古代の森

魔導の時代に終焉をもたらした「大厄災」は惑星上のほとんどの文明を破壊しつくし、都市は廃墟と化し、道は降り積もる灰によって覆い隠されました。そうして世界が荒れ果てていく中、新たな森林が空いている土地すべてを取り戻していきます。

そして数百年の時が過ぎ、若き帝国が旧文明の残骸から自身を掘り起こし、東西の端々へと拡張していく中で、これら森は採集や材木確保の大きな役に立っていきます。

しかし大厄災以前に存在していた森林部は通るにはあまりに険しく、探索するにはあまりに危険でした。そこには過去の時代より存在する人外種族らが暮らし、遺跡や石碑の周囲には数世紀前の罠が残っており、古代の森はその奥に眠る秘密を隠し、守り続けています。


普通の森

「『普通の森』バイオームの最初期版スケッチ」

「普通の森」はルンド中心部の大半を覆っています。これらバイオームにはタスルジュク、フォレストキャット、ギグラーなど一部の大型動物が生息しています。

「『普通の森』バイオームのコンセプトを発展させていく中で、様々な形状や色合いで試行錯誤していきました」

『普通の森』には石碑や魔像、遺跡などが存在し、魔力源すら見つかる事がありますが、こういった物の発見確率はかなり低めです。

「ゲーム内で実際に登場するバイオームの最終版」

通常の森はベリーやキノコが手に入りやすく、また木材も手に入ります。また小~中型の動物を狩って肉や皮、毛皮などを採ることも可能です。植物に関してはベラドンナ、テングダケ、アクマダケ、さらにドクニンジンやワレモコウ、スネークヘッドなどが手に入ります。これらはいずれも錬金術の材料です。

「これらは『普通の森』で集められる資源や遭遇できるクリーチャーの一部です」

「普通の森」を通る塔の弟子たちは、狩人や木こりのパーティーに遭遇してしまい、逃亡魔術師であることに気づかれて故郷の村に戻り次第、審問会へ密告されるというリスクを負うことになります。


古代の森

「『古代の森」バイオームの最初期スケッチの一部(マッシュルームイーター達の住処も写っています)」

「古代の森」はルンド東部を北から南まで覆っており、世界の最も端に位置する歪なる地の外縁まで広がっています。またタスルジュクやフォレストキャット、ギグラー以外にもブラックポー、ウィーパー、ブリーダー、ウィーバー、マッシュルームイーターが生息しています。

「『古代の森』バイオームのコンセプトを発展させていく中で、様々な形状や色合いで試行錯誤していきました」

「古代の森」には石碑や魔像、廃墟、魔力源が隠れていたりします。

「ご覧のように、『古代の森』最終版では色合いが微調整されています。最後の画像がゲーム内で実際に登場します」

「普通の森」にある植物以外にも、ツクバネソウ、カクレネ、メダマバナ、アカカゴタケ、死花の樹を見つけることができます。

「この画では『古代の森』で集められる資源ならびに遭遇できるクリーチャーの一部が写っています」

「古代の森」を通るには、「普通の森」よりもかなりの時間が必要です。事故が起きる可能性が通常よりも高く、また毒性のある植物との遭遇というリスクも存在します。最後に、「古代の森」を通る塔の弟子たちは人外種族(中立的、攻撃的など各種態度)だけでなく、ルンドの法に縛られない冒険者の一団と遭遇する可能性もあります。彼らの中には力の弱い相手に容赦せず襲い掛かる者もいるかもしれません。

–––

それでは本日はこれまで。私達の開発状況の最新情報については、いつも通り本作の公式 Discord サーバーへどうぞ。

–––



:summer_magic: Spire of Sorcery – キャラクタージェネレーター (Steam)
:summer_magic: 公式Discord サーバー
:summer_magic: YouTube recordings of the development live streams
:summer_magic: Twitter (ゲーム最新情報)
:summer_magic: Facebook (ゲーム最新情報)



:malice: 公式Discord サーバー
:malice: Twitter (ゲーム最新情報)
:malice: Facebook (ゲーム最新情報)
:music: Original Soundtrack on Spotify



:notebook: Charlie Oscar’s developer page on Steam
:notebook: Twitter (studio news)
:notebook: Facebook (studio news)
:notebook: "Behind the scenes" Instagram
:notebook: YouTube
23 件のコメント 詳細を見る
全てのスレッドを表示

このゲームの掲示板でバグを報告したりフィードバックを残そう

OFFICIAL DISCORD SERVER



Spire of Sorcery has its official Discord server, where we share our work in progress on the project. Use this link to join the community – or click on the image above!

キャラクタージェネレーター絶賛配信中!



Spire of Sorcery-キャラクタージェネレーターはゲーム本編の無料同伴ツールであり、Steam で絶賛配信中です!さっそくこちらからダウンロードして、自分だけのオリジナルキャラを作ってコミュニティのみんなとシェアしましょう!

このゲームについて



ターン制ストラテジーゲーム「Eador.Genesis」やデジタル・ボードゲーム「Gremlins, Inc.」の作者 Alexey Bokulev が描く、ストラテジーと RPG 要素を独自に織り交ぜたこのゲームには次の要素が含まれます:

  • 自分の「魔法の塔」を拡張+強化しつつ、研究・作成・防衛の各要素のバランスを構築する
  • 弟子たち一人ひとりに魔術を教え、パーティーを組んだりクエストへ送り出したりすることで彼らの個性や連携能力を見い出す
  • 広大なオープンワールドを探索して、帝国から歪なる地までを旅して新たな知識や資源、力の源を探し出しながら地元の民との交流を築く

しかしあなたの目的は、何よりもこの世を生き抜くこと。この世には各地で逃亡した魔術師を狩る「審問会」や、楽な獲物を狙う無法の荒野に潜む人間・人外が潜みます。

そして最大の敵はそのどちらでもなく、時そのもの――すなわち、迫りくる老齢の死。その手からあなたを救えるのは「若さの秘薬」しかありません。秘薬の存在はいくつかの古文書に記述されており、その製法を知る手立てが必ずあるはず。そして材料を手に入れる方法も調べなければなりません…すべてが手遅れになってしまう前に。

いにしえの魔術戦争


この地はかつて強大な魔術師たちによって支配されていました。彼らの操る魔力は凄まじいものでした。その力を使って川を動かし、怪物を召喚し、自身の要望と欲求を満たすために下僕となる人外種族を生み出し…互いに戦を仕掛けたのでした。そして巻き起こった戦争のひとつのもたらす被害は、この世界を文字通り崩壊の危機に陥れるほどでした。大地は地方ごと焼け野原と化し、山々は溶け崩れ、何千何万という生物の苦痛にゆがんだ叫びが木霊しました。いずれ魔術師たちはお互いを滅ぼしあい、彼らが己が死とともに残した最後の呪いは地面を引き裂きました。そしてその後に残った異物が、今でいう「歪なる地」となったのです。「非現実」が当たり前のその地を訪れようとする者は決して多くありません。

審問会


去る戦における人々の苦しみはとても忘れられるものではなく、戦後に続く暴風雨が収まってから最初に復興を始めた集団のひとつが「審問会」の一団でした。その権力は皇帝をも凌駕すると云われるこの集団の目的は、少しでも魔力を有した人間を一人残らず管理下に置くこと、そして禁忌に指定された力を発現しようと目論む脱走魔術師を狩ることにあります。審問会にとって魔力とは呪いに等しき力であり、厳しく管理された認可ギルド外での魔術の使用は拷問と死によって贖うべき罪としています。

帝国


審問会の兵団が魔術師の捕縛を始めた頃と時を同じくして、戦によって最も被害の少なかった地域において新たな国家――「帝国」の建国が宣言されました。正式な解釈における帝国は、沿岸から山脈までの広大な土地を領土として抱え、多数の軍事拠点を有し、民を盗賊の類から保護しています。しかし非公式的な観点から見た場合、帝国の影響力は帝都の門を出た瞬間から急激に衰えていき、荒野にたどり着く頃には帝国宮廷の意思よりも地元領主の判断がはるかに重みを持っているのが実情です。


あなたはつい最近まで、ギルドの厳格な管理の下で単純な魔法を唱えるだけの老魔術師でした。その仕事には日に日に退屈していき、気を紛らわせるため、秘匿された知識の記された本を探し始め、誰も見ていない間にその内容を調べていました… ですがある日、自分の部屋が抜き打ち検査されます。それ以来、あなたは逃亡を続けました。審問会の手から逃れるため、彼らでさえ近づこうとしない唯一の土地「歪なる地」へと向かったのでした。

荒野の外縁に位置するこの地で、あなたは「魔術の塔」の禁術を唱えました。そしてその力を引き出すことで、新たな家としてあなただけが支配する魔法の砦を築きました。あなたと塔の存在は繋がれ、一方が崩れればもう一方もまた崩壊する。それはこの場所から二度と離れられないことを意味しました。しかしこの地からでも、あなたは弟子たちの力を借りることで世界中を探索することが出来ます。

建設・強化・カスタマイズして塔の部屋を作り上げていきましょう。図書館や薬草園、教室や牢屋、居室やモンスター小屋、研究室や倉庫、宝物庫や洞穴、観測所や見張塔など、あなたの優先順位によって塔の能力が形成され、あなたの探索とサバイバル戦略も変化していきます。

教育すべし!


塔が発展していくにつれ、弟子が門戸を叩いてくるようになります。彼らはあなたの魔法の声を耳にしたり、あなたの事を友人から聞いた者達です。彼らがどんな人物なのか、初めはその外見と彼らの言い分から推察する他ありません。また塔に存在する居室の数は限られていますから、己の魔力に慄く農家の娘を取るか、それとも伸びしろは無いものの新たな知識を求める魔術の徒を取るか――いずれもあなたの選択次第。

また弟子たちの中には圧政を逃れるためにやってきた者や、知恵の煌きを求めて訪れた者、さらなる力を追い求めてきた者などが居ます。彼らを受け入れ、教え、そしてその真の個性を見出し、彼らの塔におけるしかるべき役割を見つけてやりましょう。ある者はいずれ旅路を邁進し、あらゆる苦難をも乗り越える偉大な探検家となり、また別の者は才ある庭師として希少な材料を育て上げてくれるでしょう。そしてある者は裏切り者と化し、あなたを毒殺しようと企てるやもしれません。

弟子たちを選び、教え、指示して、彼らを塔の内外で起こるクエストへと送り出しましょう。弟子たちが若さの秘薬の研究に専念する少数精鋭の若き魔術師集団となるか、各地に散って遺物を発掘し、古代の戦争において失われた本を探すだけの雑用係の一団と化すかはあなたの戦略次第です。

探索せよ!


伝説によれば、かつて強大なる魔術師たちが闊歩していた時代には山々の向こう側の出来事をも見通せる球が存在し、それを使えばお互いに話をすることさえ出来たと云われています。それが今では川の対岸で起きていることすらほとんど分からず、荒野は盗賊やモンスターが跋扈する無法地帯と化しています。しかしいつの日か遠い昔に失われた魔法の遺物を再び発見できるやもしれません。

あなたの指示に従い旅立つ準備のできた弟子たちは、古代の遺跡や棄てられた坑道を探索し、その遠征を生き延びた者にのみ明かされる謎を解き明かして来てくれます。パーティーを送り出し、彼らの目標を設定することで集落や目印となる場所、力の源などを見つけ出すことが可能です。弟子たちは盗賊や放浪者、庶民や領主、動物やモンスターなどと出会うことになります。そしてあなたは門下の者らの目を通して、過去に存在した人外種族や戦前の時代より野に潜む古代生物らを知り、より多くの力を得ていくことでしょう。

探索し甲斐のあるオープンワールドは新たなキャンペーンが始まる度に新しく生成され、新たな地を描き出し、まだ見ぬ謎を解き明かしてくれます。そして優秀なる弟子たちは、一見無害に見える笛吹きに誘われて歪なる地で行方知れずとなり、複数の腕を持つ「司書」と知り合うことで彼の宝のような書物の山を読むことができるかもしれません。キャンペーンの物語は、あなたの手によって書かれていきます。

生き残れ!


この荒野においては盗賊や野盗の類が風景の一部と化しています。彼らは襲う弱者を求めるため、塔の防備が増していけばもっと楽な獲物へと狙いを変えていくはずです。そして「地元住民」たちも新しく引っ越してきた魔術師を必ずしも歓迎しているとは限らず、その多くが塔の深くに保管された物品を狙ってくることでしょう。また城のひとつやふたつを襲撃する(そしてついでに遺物も奪う)という任を果たそうとする熟練した冒険者パーティーなども存在します。

あなたの塔の評判が良くも悪くも広まっていくにつれ、より多くの訪問者がやってくる事になり、いずれは強大な私設軍、そして忘却も情けも知らぬあの審問会の兵隊もこの地へとやってくる事になります。またあなたの弟子たちが世界を旅するようになれば、遠い地でのクエストで弟子が病に感染し、塔へと持ち帰ってきたり、探索パーティーがワナを起動させて亡霊数体と戯れることになったり、あるいは絶対死の呪いにかかったりなど、晒される危険はさらに増えます。そしてあなたの生命の終わりが近づくにつれ、あなた自身も弱わっていくことになります… 塔を守れなくなるほど弱くなるその日まで。

危機を生き延びながら、あなたに永遠の力をもたらしてくれる唯一のもの――若さの秘薬の製法と材料を探し続けましょう。発見しようと、作成しようと、交易で手に入れようと、これの有無があなたのキャンペーンの成否を決めることになります!

システム要件

    最低:
    • OS: Windows 7/8/10
    • プロセッサー: Intel 2.3Ghz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Intel Iris 5000
    • DirectX: Version 9.0
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: Internal
    推奨:
    • OS: Windows 7/8/10
    • プロセッサー: Intel i5 / similar AMD or higher
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: GeForce 7XX / similar Radeon or higher
    • DirectX: Version 11
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: Internal

Charlie Oscar からのおすすめ

キュレーターの意見

7 人のキュレーターがこの製品をレビューしました。チェックするにはここをクリック。
この製品のレビューはありません

この製品の自分のレビューを書いて、コミュニティとあなたの経験を共有してみましょう。このページの購入ボタンの上のエリアを使用して、レビューを書きましょう。