Ultionus is a love-letter to the home computer arcade games of the late 80s and early 90s, with colorful 2D visuals, catchy chiptune music by the legendary Jake 'Virt' Kaufman, and 7 stages of hard-as-nails gameplay.
リリース日: 2014年2月25日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

Ultionus: A Tale of Petty Revenge を購入する

最新の更新 全て表示(1)

Attention Be Mine 11 bundle purchasers.

2014年2月26日

Small change of plans. If you sent me an email with your Desura key today - I apologize to have put you through that.

As of right now - your Steam key is available through the Groupees page - simply find the email you got from Groupees when you purchased the Be Mine 11 bundle, and click on the "personal purchase page" link.

Cheers, and sorry for the earlier confusion.
Andrew.

22 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“The levels and characters are all fun to look at, and the whole world seems lush and alive.”
3.8/5 – Mash Those Buttons

“...the crass humor may not appeal to everyone, the sharp design and challenge that’s found in Ultionus will strike some kind of chord with anyone who initially play it and nostalgia withstanding.”
4/5 – Press Pause Radio

ゲームについて

Galactic hero Serena S has been trolled on Spacebook. This is obviously a cause to embark on an epic quest to punish the troll in question, who just happens to be The Space Prince. Guide Serena through 7 stages of shmup action, jumping, shooting, and yet decidedly more jumping and shooting to her ultimate goal of total testicular annihilation of her foe. Ultionus is a love-letter to the home computer arcade games of the late 80s and early 90s, particularly Halloween Harry, Astro Marine Corps, Duke Nukem 2 and especially Phantis/Game Over II. The game features tons of lovingly crafted pixel art, and a rockin' chiptune soundtrack by the legendary Jake 'Virt' Kaufman.

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS: Windows XP
    • Processor: 1.6 GHz
    • Memory: 512 MB RAM
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 65 MB available space

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • Memory: 512 MB RAM
    • Hard Drive: 65 MB available space

システム要件 (Linux)

    Minimum:
    • Memory: 512 MB RAM
    • Hard Drive: 65 MB available space
参考になったカスタマーレビュー
17 人中 17 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 752
97 件のレビュー
記録時間: 2.7 時間
戦う理由:『SNSで煽られたから』

見た目だけでなく中身もしっかりレトロゲーム調
お世辞にも機敏とは言えない挙動、ダメージ2回分までのライフ+残機制、復活はチェックポイントのみ、
嫌らしい動きをする敵がひっきりなしに沸いては襲ってくるというハードコアさ加減が
主人公(の腹回りのだらしなさ)に惹かれたヌルゲーマーを容赦なく叩き潰す。はず

初回は難度NORMALでプレイする事をお勧めする
どうしてかと言うと残機無限のEASYではゲームオーバー画面を拝めない為
投稿日: 2014年2月27日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
10 人中 10 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 98
4 件のレビュー
記録時間: 1.2 時間
このゲームはむずかしいのです
敵の出現は理不尽だし主人公は鈍い
昔の和ゲーのような「計算された難しさ」には到達してないです
ざっくりいうとコントラをプリンスオブペルシャの主人公でプレイしてる感覚
今のユーザーフレンドリーなゲームに慣れている人には
到底受け入れられないでしょう

けれどもレトロゲームを愛する者ならば
このゲームはすばらしい物となります
何回も死んでパターンを覚え
主人公の鈍さを先読みでカバーしつつ
クリアさせねーよ?とでも言いそうな強さのボスを
自分のテクニックだけでねじ伏せる
そういった悦びを充分に満喫できるゲームなのです

レトロゲーム大好き
歯ごたえを求めている
マゾでおっぱい信者
そんな紳士たちにオススメしたいです
投稿日: 2014年2月28日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
12 人中 10 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 114
25 件のレビュー
記録時間: 0.8 時間
ゲームオーバー時などが色々エロいゲーム。
中身は普通の2Dアクションゲームで、STG要素もある。
セーブ機能もあるが、ステージごとでのセーブなのでチェックポイントではセーブはされない。
イージーモードは残機無限になるので、アクションに自信がなくてもサクサク進められる。
敵に押されて死ぬというパターンが多いため、慎重に倒しながら進んでいかないと難しい。
理不尽なトラップはなく、難易度は単純に高い。
BGMが非常によく、アクションとしても十分な出来となっている。
雰囲気はリスター・ザ・シューティングスターといったところだろうか。
カード対応してくれると嬉しい・・・
投稿日: 2014年2月27日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 519
10 件のレビュー
記録時間: 11.0 時間
弱い主人公をいかにコントロールして理不尽な敵に立ち向かうかが鍵なゲーム。
ハートを拾えば体力全回復かつ1UPなので
避けられない場所は諦めて体当たりくらってもよいと思えば
実はそんなにジリ貧になるほど難しくはない。

(S)コインを拾ってショップに行けば
スコアと交換でアップグレードできるようになっており(攻撃速度UPや3WAYやライフUP)、
理解していれば後半に進むほど攻略が楽になるという妙なバランス。

レトロ風理不尽ゲーをクリアすると「おっさんもまだまだやれるわ」という感動があるわけですが、
これはおばさん主人公の心情に近いはずで、ああ、そういうことかと納得した。
投稿日: 2014年5月11日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
84 人中 56 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 329
9 件のレビュー
記録時間: 2.5 時間
There's a lot to like about Ultonions: the bright retro graphics, the chip'ish music and even the sexuliased 80s heroine. But... The gameplay is not quite bad but the design aimed for retro and ended up with unresponsive instead.

You can aim in only 4 directions, left, diagonal left/up. right and diagonal right/up. It would have been better as an 8-way scheme. Or even just up - I want to shoot up.

You can shoot or walk, not both. And you walk slowly. This may be a side effect but quickly swinging round to shoot and swinging back again seem to stick. This is incredibly annoying when dealing with fast moving flying enemies.

The crouch animation is unusually long, you must wait for it to finish before firing or walking again. Popping down to shoot and popping back up to jump and dodge stuff is not going to happen.

About a fifth of your view is obscured on the left and right by the decorative interface. This makes the dino-riding stage particularly vexing as you can't see what's coming.

I cramped my thumb trying shoot fast - I haven't managed that since I had a Commodore 64. Not sure if this is a good or bad point.

I'm not recommending this but is a weak non-recommendation. Learning from your mistakes is big part of the game and that's good reto but not having the space to see or control responsiveness to react is bad retro. Games like Thundercats, Mask and Turrican all got this right 30 years ago - Ultonious really should have too.
投稿日: 2014年3月7日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ