Rogue's Tale is a single player turn-based dungeon crawling game. The game takes place in a place called Frostmourn Keep and its underlying dungeons located in the World's End Mountains. The goal is to overthrow the current king of the Frostmourn Keep and become the new king.
ユーザーレビュー:
総合:
賛否両論 (258 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 258 件中 67% が好評です
リリース日: 2014年3月28日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Rogue's Tale を購入する

一週間限定セール! 8月29日 に終了

 

最新の更新 全て表示(7)

8月18日

Version 1.14

With new items and challenges:

- Added charms.
- Added runes.
- Added stats screen.
- Added 6 new challenges.
- Added trolls and loot hoarders.
- Fixed some bugs (and made new ones).

Charms are items that affect you in some way when they are in your inventory. Now there's 15 good charms and one that can be used to forget knowledges.

Runes are items that allow you to add third enchant to a blessed item with two existing enchants. Runes are not available before you complete all of the wishes in one game (Dwarfageddon challenge).

Stats screen is something that has been asked many times over the years but it has eluded the top of my to-do list until now. Stats screen can be seen by pressing Ctrl while the inventory is open.

The new challenges are somewhat grindy but one of them gives you "the Epeen Troll" title. When you try that challenge for the first time, remember that perhaps it's the developer who's trolling.

Trolls are not very smart or fast but they can be hard if you don't have some fire to deal with them. Loot hoarders are there to give easy access to charms.

Bugs and other balance issues can be found in the change log.

3 件のコメント 詳細を見る

このゲームについて

Rogue's Tale is a single player turn-based dungeon crawling game.

The game takes place in a place called Frostmourn Keep and its underlying dungeons located in the World's End Mountains. The goal is to overthrow the current king of the Frostmourn Keep and become the new king.

  • Classless character building where you can be the kind of rogue you want.
  • Seemingly unfair, untimely and unforgiving deaths which are also permanent.
  • Ways to counter these deaths by learning the game mechanics.
  • Random dungeons and encounters.
  • 24 talents to build your character with.
  • 30 spells to build your character even further.
  • 60 heritages that make your next character stronger.
  • 30 challenges to complete once you get the hang of the game.

システム要件

Windows
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: XP/Vista/7/8
    • プロセッサー: 2GHz Intel or AMD
    • メモリー: 2048 MB RAM
    • グラフィック: Nvidia Geforce 9600 or similar ATI/AMD card
    • ストレージ: 200 MB 利用可能
    最低:
    • OS: Debian 7+/Ubuntu 12+
    • プロセッサー: 2GHz Intel or AMD
    • メモリー: 2048 MB RAM
    • グラフィック: Nvidia Geforce 9600 or similar ATI/AMD card
    • ストレージ: 200 MB 利用可能
    • 追記事項: Requires 32 bit libraries and properly set up xrender or opengl. Older distros do not seem to have xrender support and they must add -opengl parameter in the launcher's expert settings located in the settings tab (start the launcher, click settings tab, type -opengl in the expert settings field).
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
賛否両論 (258 件のレビュー)
最近の投稿
Storm
713.7 hrs
投稿日: 2015年11月30日
一言で言うと、鬼畜仕様な不思議のダンジョン。
運が悪いと、5ターン位で死ぬ感じですかね。

ただし、値段の割にかなりしっかり作りこまれている感じで、
コツをつかんでからが楽しくなっていくスルメイカのようなゲームとなっています。

また、いまだに開発は続いているようで、
たまにパッチが当たり何やらいろいろ追加されたりしています。

どうでもいいのですが、ちょっと気になったのはDiablo1の武器、
防具の画像にかなり酷似したものが多数使われているというところですね。
これは絵的にパクッちゃってますね。

Diablo1は、オンラインゲームの先駆けとなったゲームの一つ
Diabloや不思議のダンジョンが好きなマゾな方なら楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに私は、一応オンラインでクリアし、Kingに名を連ねるまでは楽しめました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
dokuotakeshi
5.3 hrs
投稿日: 2014年9月20日
運の要素が強いと言うか運ゲー。
敵の強さはまちまちで、階段降りたら対処出来ない敵が居るのはザラ。
トラップも凶悪で中々脱出出来ずそのまま死ぬかスタミナ切れて敵から一方的に屠られる事も多々。
アイテム駆使して強敵を倒すのがローグ系の醍醐味だが、アイテム拾う機会が少ないからどうしようもない。
武器防具は腐る程出るけどポーションとスクロール類は少ない上に、未鑑定の序盤から理不尽な死が付き纏うから結局運。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
D-Stealer
44.7 hrs
投稿日: 2014年7月28日
気をつけていても理不尽な死や絶体絶命のハプニングに突然見舞われるのはローグライクの醍醐味ですが、
このゲームにはその醍醐味を彩るものとして機能するはずの、死を回避する為にスキルや持ち物を駆使して潜り抜ける余地や、一手一手を熟考する場面は殆どありません。
というのも、あまりにも運要素が強くて、キャラがダガー一本持ってスタートしてから装備が充分に揃い、そういった選択肢が可能になるまでキャラが生存する可能性がとても低い為です。

まず、キャラは最短でスタートから2ターンで死にます。また人型の敵と戦えばもれなく殴り合ってだいたいは辛勝です。ダガー一本では勝利オッズがかなり低い相手などが1Fから全力で殺しにかかってきます。キャラがまだ何も持っていない殴り合いの序盤から、とにかく死にまくります。装備が揃ってきても双方の一撃は重く、またあっけなく死ぬので、じゃんけんを勝ち進んでいく感じに似ています。

ハードコア自体は歓迎なのですが、このゲームは投げっぱなしのただの運ゲーで、キャラの方向性が決まる前に何度でも殺してプレイヤーを試す事をハードコアと謳っているきらいがあるとすら感じます。
何度もそうした死線をくぐり抜けた先は確かにローグライクらしい腕試しの要素があって楽しいのですが、ボーナス要素のヘリテージが揃っていても、1時間プレイして1キャラがその境地に到達できれば非常にラッキーであるという感じです。実際にそこからが楽しいだけに、残念な作品と言えます。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Wasavi
3.6 hrs
投稿日: 2014年3月30日
一言で言ってかなりハードコアなローグライク
運が悪いときはゲーム開始後、
2~3ターンで死ぬという鬼畜っぷり。
流石に少しゲームバランスの調整というものを
放棄してしまっている印象を受けます。

しかし稀に上手いことゲームが進んでいくこともあり
ついついリプレイしてしまう不思議な感覚はあるかも。

トラップがかなり痛いので引っかからずに
避けることが大事ですが 発見には一歩進む度に
サーチボタンを押さないといけないのはストレス面の方が大きく、
テンポが悪くなっていると感じます。

各条件をクリアすることによってアンロックされ
次回プレイに持ち越し可能な要素があり、
それによってゲームの進行が楽になっていく要素も
あるようですがそもそもまずその条件をクリアーするのに
かなりの苦労と運を要します。

現状、ゲーム内の8割方は運に左右されるといってもいいぐらい、
いわゆる運ゲーと言われても仕方ないぐらいの状態なので
バランス調整のアップデートに期待したい所。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
22 人中 20 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 3.6 時間
投稿日: 2014年3月30日
一言で言ってかなりハードコアなローグライク
運が悪いときはゲーム開始後、
2~3ターンで死ぬという鬼畜っぷり。
流石に少しゲームバランスの調整というものを
放棄してしまっている印象を受けます。

しかし稀に上手いことゲームが進んでいくこともあり
ついついリプレイしてしまう不思議な感覚はあるかも。

トラップがかなり痛いので引っかからずに
避けることが大事ですが 発見には一歩進む度に
サーチボタンを押さないといけないのはストレス面の方が大きく、
テンポが悪くなっていると感じます。

各条件をクリアすることによってアンロックされ
次回プレイに持ち越し可能な要素があり、
それによってゲームの進行が楽になっていく要素も
あるようですがそもそもまずその条件をクリアーするのに
かなりの苦労と運を要します。

現状、ゲーム内の8割方は運に左右されるといってもいいぐらい、
いわゆる運ゲーと言われても仕方ないぐらいの状態なので
バランス調整のアップデートに期待したい所。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 44.7 時間
投稿日: 2014年7月28日
気をつけていても理不尽な死や絶体絶命のハプニングに突然見舞われるのはローグライクの醍醐味ですが、
このゲームにはその醍醐味を彩るものとして機能するはずの、死を回避する為にスキルや持ち物を駆使して潜り抜ける余地や、一手一手を熟考する場面は殆どありません。
というのも、あまりにも運要素が強くて、キャラがダガー一本持ってスタートしてから装備が充分に揃い、そういった選択肢が可能になるまでキャラが生存する可能性がとても低い為です。

まず、キャラは最短でスタートから2ターンで死にます。また人型の敵と戦えばもれなく殴り合ってだいたいは辛勝です。ダガー一本では勝利オッズがかなり低い相手などが1Fから全力で殺しにかかってきます。キャラがまだ何も持っていない殴り合いの序盤から、とにかく死にまくります。装備が揃ってきても双方の一撃は重く、またあっけなく死ぬので、じゃんけんを勝ち進んでいく感じに似ています。

ハードコア自体は歓迎なのですが、このゲームは投げっぱなしのただの運ゲーで、キャラの方向性が決まる前に何度でも殺してプレイヤーを試す事をハードコアと謳っているきらいがあるとすら感じます。
何度もそうした死線をくぐり抜けた先は確かにローグライクらしい腕試しの要素があって楽しいのですが、ボーナス要素のヘリテージが揃っていても、1時間プレイして1キャラがその境地に到達できれば非常にラッキーであるという感じです。実際にそこからが楽しいだけに、残念な作品と言えます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 713.7 時間
投稿日: 2015年11月30日
一言で言うと、鬼畜仕様な不思議のダンジョン。
運が悪いと、5ターン位で死ぬ感じですかね。

ただし、値段の割にかなりしっかり作りこまれている感じで、
コツをつかんでからが楽しくなっていくスルメイカのようなゲームとなっています。

また、いまだに開発は続いているようで、
たまにパッチが当たり何やらいろいろ追加されたりしています。

どうでもいいのですが、ちょっと気になったのはDiablo1の武器、
防具の画像にかなり酷似したものが多数使われているというところですね。
これは絵的にパクッちゃってますね。

Diablo1は、オンラインゲームの先駆けとなったゲームの一つ
Diabloや不思議のダンジョンが好きなマゾな方なら楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに私は、一応オンラインでクリアし、Kingに名を連ねるまでは楽しめました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめしません
記録時間: 5.3 時間
投稿日: 2014年9月20日
運の要素が強いと言うか運ゲー。
敵の強さはまちまちで、階段降りたら対処出来ない敵が居るのはザラ。
トラップも凶悪で中々脱出出来ずそのまま死ぬかスタミナ切れて敵から一方的に屠られる事も多々。
アイテム駆使して強敵を倒すのがローグ系の醍醐味だが、アイテム拾う機会が少ないからどうしようもない。
武器防具は腐る程出るけどポーションとスクロール類は少ない上に、未鑑定の序盤から理不尽な死が付き纏うから結局運。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い