War of the Human Tanks is a story driven strategy game with a gameplay reminiscent of Battleship and Chess, featuring a story of war, loyalty, sacrifice and human shaped tanks.
ユーザーレビュー: 非常に肯定的 (244 件のレビュー)
リリース日: 2012年9月14日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

War of the Human Tanks を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

War of the Human Tanks - Imperial Edition を購入する

2 アイテムを同梱: War of the Human Tanks, Sound of the Human Tanks

このゲーム用のダウンロードコンテンツ

 

最新の更新 全て表示(4)

5月14日

Two new Human Tanks games coming!

Human Tanks – ALTeR is the much-awaited second installment of the Human Tanks, Charge! series, and sequel to War of the Human Tanks. This time you assume command of the enemy of the first game, the Royal Army, and fight back for all you hold dear!

Human Tanks – Limited Operations is the last of the three games in the Human Tanks, Charge! series. In contrast to the first two games, Limited Operations has the player complete difficult missions with pre-assigned resources and face up against even harder opponents.


Sneak a peek to the press release image


These two new installments to the Human Tanks series are going to be released directly on Steam. War of the Human Tanks was localized by Fruitbat Factory and released worldwide September 2012. The Human Tanks, Charge! series is developed by Yakiniku Banzai!.

To add some music to the celebrations, Sound of the Human Tanks, music collection for the Human Tanks series, and 99 Spirits – Artbook & Soundtrack Pack can be found -50% off on Steam for the duration of this week.

(This is a cut from our latest press release. Check it out for full details on all of the five games we announced there.)

19 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“It's absolutely a worthy title in its own right. The character banter is thoroughly entertaining, augmented by solid combat.”
3.5/5 – Clark A. - Digitally Downloaded

“Different in a strangely appealing way; and as a wargame, it is nicely designed and quite tense.”
Costik - Play This Thing

“If you're a military buff with a thing for anime then you'll definitely be interested in War of the Human Tanks.”
Matthew Kim - Twinfinite

このゲームについて

War of the Human Tanks is a story driven strategy game with a gameplay reminiscent of Battleship and Chess, featuring a story of war, loyalty, sacrifice and human shaped tanks.

This story takes place in a land vaguely reminiscent of modern-day Japan. In the twenty years since the first Human Tank was developed, the war raging between the Empire of Japon and the Kingdom of Japon has turned into a proxy war fought between Human Tanks on both sides.

The Empire of Japon once ruled the entire land of Japon. Now diminished and cornered, the Empire prepares to make its last stand as the tanks of the Kingdom of Japon draw close to its capital. Shoutaro Daihon'ei, Lieutenant of the Imperial Army moves out to the battlefield, followed closely by the loyal Human Tanks in his company.

Key Features

  • Fast-paced strategic battles in over 30 maps
  • Use resources earned from battles to develop new tanks
  • Customize your tanks with various modules to deadly effect
  • Multiple endings based on your performance
  • Replay the story keeping your previously earned units and resources
  • Free battle mode to practice and gather extra supplies
  • English localization features two all-new bonus maps, hand-drawn battle backgrounds and an improved user interface
  • Episodic TV drama style story with openings and endings changing by battle's progress

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP, Vista, 7 and 8
    • Processor: PentiumIII or higher
    • Memory: 512 MB RAM
    • DirectX: Version 9.0
    • Hard Drive: 2 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
15 人中 14 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 10.2 時間
同人ストラテジーゲーム

ストーリー
ジャポンを二分する勢力、ジャポン帝国とジャポン王国が人型兵器「人間戦車」を主戦力として戦争している設定
ジャポン帝国中尉の「大本営詔太郎」が劣勢に立たされた戦況を立て直すべく、妹の「ちょこ」、参謀の「佐藤さん」、人間戦車の「へしこ」と共にイヤイヤ戦線復帰するお話
戦争が舞台のストーリーと、人権も無く使い捨てられる人間戦車のちょっとダークな内容ながらも、同人ゲー特有のゆる~い掛け合いで中和されてる

バトル
システムはそこそこ単純
戦車の視認範囲と策敵した範囲以外は「unknown」のマスで敵の配置が隠されている
ターン制ではなくリアルタイム。通信速度が速いほど何度も行動できる
戦車にはいくつかの種類がある
・指揮車両:コイツが全滅すると負け、敵も同じ
・砲撃車両:遠距離を攻撃できる
・突撃車両:バランス重視で使いやすい
・強襲車両:使い捨て自爆要因、常に泣いてる。悲しい
・策敵車両:攻撃能力が低い代わりに広範囲を策敵できる
ストーリーによって新たな兵科も開放される

アセンブル
「開発」によってより上位性能の戦車を生産できるようになる
「生産」で戦車を作る。破壊された戦車は無くなってしまうのでここから補充する
エピソード間でフリーバトルができる。これによって稼げるのでゲームが詰むことは殆ど無い

バトルが単純だけど面白い。ノリの良いBGMも相まってGood
ロクな扱いをされない人間戦車達が可哀想だけどカワイイ。特にへしこ
前作があるのか知らないけど過去話ばかりでプレイヤーが置いてけぼり
結末が若干中途半端
※日本語化は可能ですが、実績の取得が不可能になります
投稿日: 6月6日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
7 人中 6 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.2 時間
焼肉万歳の公式サイトでアップデートパッチを適用することで日本語化可能。
ただしインターフェースは英語のままなので注意。
投稿日: 5月26日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
48 人中 40 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 39.2 時間
She called me onii-chan.. i send her to the front lines..

1O/1O for sacrificing my imouto
投稿日: 8月4日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
30 人中 29 人 (97%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 60.5 時間
Human-like Tanks: what's not to like. Gameplay is easy enough; I found it to be like a watered-down version of Advance Wars, with one of the largest divergences being tile size = hit points (1x1 unit is killed/destroyed by one hit, with a few exceptions).

I liked the storyline between battles too. If you read in other reviews about how the cutscenes were too long; you can speed it up by holding down Spacebar, if I remember correctly. You can also unlock and replay maps, if you're not into the main storyline.

Get the game, or you'll make Heshiko cry a second tear.
投稿日: 6月21日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
23 人中 22 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.6 時間
A fast, original and very clever turn-based tactical combat game, which is a kind of modern version of Battleships.
投稿日: 9月27日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
87 人中 68 人 (78%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.3 時間
steam版が日本語に対応しておらず、各同人DLサイトでこれよりも数十円安価で購入できる現状、敢えてこちらを購入する必要はない。

 あくまでもこのゲームのメインはサウンドノベルであって、ストラテジーパートはストーリー分岐の為のおまけ程度のものである。例えるならばアナスタシアの『蒼海の皇女たち{神ゲー}』本編にあるようなコマンドパートの規模を大きくしたような感じか。通常のサウンドノベルほどでは無くてもそれなりの文量を読まされるので、シナリオを理解しながらプレイしたいのであれば上記の通り国内のサイトで購入したほうがいい。

 おまけ程度といってもストラテジーパートが全くだめという訳ではなく、地味で微妙なシステムやグラフィックを抜きにしてもそれなりに楽しめる。が、リピート性は全く無い。アンロックしていく兵器はそれ以前の兵器の完全な上位互換であって、物資が許す限りただただ装備を更新して敵を蹂躙していくだけである。そのせいで最初の頃の人間戦車は完全にゴミになり、購入画面で最新鋭の人間戦車を探すときに邪魔でしかない。

 ゲーム画面も地図を意識しているのだと思うが、ストーリー上では雪原や樹海で戦っていてもMAPは全て代わり映えしないセピア調の配色であり、うんざりさせることに一役買っている。
 またマスは六角ではなく四角であり、戦術性も余りに乏しく、やっていることは全て上位兵器で偵察し範囲攻撃で薙ぎ払うだけである。
 しかも耐久力=面積で基本的に一撃必殺、面積の大きい(耐久力のある)人間戦車は全ての部分を攻撃しないと撃破できないなど面倒でしか無い。

 ただ後半になれば敵も範囲攻撃を仕掛けてくるのでバランスについてはプレイヤーが気持ちよくクリアできる程度には整っている。それに自爆が唯一の攻撃手段である人間戦車の存在は中々ブラックではあるが、接近を許せば展開させた部隊が一瞬で壊滅するなど面白い要素だと思えた。

 何度もいうが、あくまでもメインはサウンドノベルであるため、ストラテジーパートのみを扱って評価するのは少々的外れであるからして総合的にはお勧めできるゲームであると言える。それでも尚、日本語に対応しておらず割高なsteam版を購入する必要は皆無である。
投稿日: 1月12日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ