TowerFall Ascension is the definitive version of the hit archery combat game. Inspired by classics from the golden age of couch multiplayer, it's a 4-player local party game centering around hilarious, intense versus matches. The core mechanics are simple and accessible, but hard to master and combat is fierce.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (29 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 29 件中 86% が好評です。
総合:
非常に好評 (1,342 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,342 件中 92% が好評です
リリース日: 2014年3月11日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

TowerFall Ascension を購入する

このゲーム用のダウンロードコンテンツ

 

最新の更新 全て表示(10)

5月28日

1.3.3 Update!

Hey folks, just pushed another small TowerFall patch on Windows. Mac and Linux will follow soon.

  • The match results screen now shows Revives if you play Team Deathmatch with the Team Revive variant enabled
  • Fixed getting two kills if you detonate a trigger arrow on the same frame that the arrow itself kills someone

Have fun! :)

-Matt

6 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“The new gold standard in the local multiplayer renaissance”
9.5 / 10 – Polygon

“Aggressively focused, humbly spectacular, and nearly unimpeachable in its design”
10 / 10 – EGM

“Destined to be remembered as one of the best multiplayer games of all time”
CVG

このゲームについて

TowerFall Ascension is the definitive version of the hit archery combat game. Inspired by classics from the golden age of couch multiplayer, it's a 4-player local party game centering around hilarious, intense versus matches. The core mechanics are simple and accessible, but hard to master and combat is fierce. Loot treasure chests for game-changing power-ups, master the art of catching arrows out of the air, or descend on your foes and stomp them into submission. TowerFall is best played competitively with friends, cross-legged on the floor within punching distance of each other.

New in Ascension is the 1- or 2-player co-op Quest mode. Players work together, fighting off a variety of monsters and enemy archers across the land of TowerFall. It's a new adventure to explore when you don't have more friends handy to square off against.

New features in TowerFall Ascension include:
  • Brand new 1- or 2-player co-op Quest mode
  • 50 additional Versus arenas, for a total of 120 unique maps
  • More game-changing power-ups, such as Drill Arrows that burrow through walls
  • 4 new unlockable, playable archers, for a total of 8
  • A huge list of variants to customize your matches - a total of 75 ways to mix things up
  • Plenty of hidden secrets and surprises to discover with your friends

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows Vista or newer
    • プロセッサー: Intel Core i3 M380
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Intel HD 4000
    • DirectX: Version 10
    • ストレージ: 400 MB 利用可能
    最低:
    • OS: Snow Leopard 10.6.8, 32/64-bit
    • プロセッサー: Intel Core i3 M380
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: OpenGL 3.0+ (2.1 with ARB extensions acceptable)
    • ストレージ: 400 MB 利用可能
    最低:
    • OS: glibc 2.15+, 32/64-bit. S3TC support is NOT required.
    • プロセッサー: Intel Core i3 M380
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: OpenGL 3.0+ (2.1 with ARB extensions acceptable)
    • ストレージ: 400 MB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (29 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (1,342 件のレビュー)
最近の投稿
kiddo
( 記録時間: 10.6 時間 )
投稿日: 2月16日
Recommended!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
pancho
( 記録時間: 55.5 時間 )
投稿日: 2015年10月24日
一画面完結型のアクションゲームで、印象としてはよく動くマリオブラザーズと言った感じ。
ゲーム内容も昔のアーケードゲームさながらにシンプルかつ高難易度。
ただの雑魚敵かと思いきや、攻撃を防いだり避けたりするのは序の口で、後半になるとSTGのように撃ち返しをしてくる敵や壁を突き抜けてくる敵まで出てくる。
そんなクセのある敵が遠慮なしにボコボコ召喚されるため、なるべくスポーンキルを狙っていかないと取り返しがつかなくなったりと、段々覚えゲーになっていくところが個人的にすごく気に入っている。

そして自キャラの操作性も悪くない。
特に気に入っているのがスライディングジャンプの挙動。
これがQuakeのストレイフジャンプばりに飛ぶので、このスライディングジャンプを駆使して画面内を縦横無尽に移動するのが楽しい。
その高起動を制御出来ずによく自爆してしまうところもある種のお約束。

あとこのゲームはBGMがすごく良い。
おかげで一人でやっていてもすごい盛り上がる。
特に隠しステージのAscensionは難易度演出ともに最高峰。

一応このゲームの売りはローカル対戦モードらしいが、このように一人でも十分遊べているのでオススメ。

絶賛ばかりするのもあれなので、あえて気に入らなかった点を挙げるとすれば、良くも悪くもキャラに個性がないところか。
このゲームで選択できるキャラクターはデフォ4+隠し4の計8キャラだが、その性能は全部一緒。
要するに対戦ゲームにおけるキャラ差が一切ないということだが、個人的にはちょっとした性能差があっても良かったんじゃないかなと思う。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ogumap
( 記録時間: 5.7 時間 )
投稿日: 2015年9月24日
近所にある程度ゲームができる友だちがいるならかなり面白い
自分は今寮に住んでいるため知り合いを呼んでやっているが、クリアするたびにハイタッチするぐらいにはやっていて楽しい
バーサスは操作がシンプルなスマブラのようで、ドッジするかしないか、弓を打つか打たないかの駆け引きが楽しい。弓の数の制限がかなりゲームを面白くしている。
4人COOPができるDLCはかなりハチャメチャで、味方の復活が近くに三秒くらいいることでできる代わりに敵の数も多いしわけがわからないけど楽しい。本体だけだと二人用のCOOPしか無いので注意。バーサスは4人まで


ただ、フレンドリーファイアがあるので間違えて味方を殺すたびに絆にヒビが入ります。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Meat Man
( 記録時間: 3.9 時間 )
投稿日: 2015年6月23日
オフラインCo-op限定のレトロ風アクションゲーム。
四人まで協力プレイが可能です。

バブルボブルの様に
↑↓や→←がループしており、
スクロールの無い小さな画面で戦闘を繰り広げます。

~ アクション性 ~
・弓攻撃(有限だが回収出来る)
・8方向全てに撃てる
・ジャンプ
・踏みつけ攻撃
・ダッシュorドッジorキャッチ(矢を受け止める)
・スライディング
・スライディング+ジャンプ=ハイジャンプ
・フレンドリーファイア有り
・一撃で死亡

キャラクターは四人いますが
能力差などは特になく、外見が違うだけです。
(DLC一人+隠しキャラも同じ)
ゲームとしてはまとまっており、
音楽やドットの出来も良いのですが
オフラインCo-op限定というのが全てを台無しにしています。

・Steamをプレイしている層
・オフラインで時間を合わせて四人集める
・ドットやレトロゲームに理解がある人
・PCで四人分の操作機器がある
これらの条件を全て揃えられる人はあまりいないと思います。

難易度はレトロらしく、ノーマルでも比較的高く
フレンドリーファイア有りなので接待ゲームとしても微妙。
またゲーム自体もシンプル・イズ・ベスト、悪く言えば地味なので
友人に連絡して遊ぶほどの価値があるかは不明。
オフライン専用Co-opというのは男気がありますが、
無意味なレトロ仕様に拘り過ぎたのか
オフライン限定による生産性が見当たらず、
個人的には大きな短所にしかなっていないと思います。

ただ4人Co-op前提のゲームデザイン+オフライン限定+
Steamの平均年齢層の組み合わせが最悪なだけで
レトロゲームとしての完成度は高く
ゲームとしての面白さは十分です。
オンライン可能だったらマジカの様な賑やかゲーとして
お勧めしていたかもしれません。

セールの時且つ、レトロに理解のある友人と
リアルで時間を合わせられる方なら購入を検討してもいいと思います。
あとは兄弟やお子さんと協力プレイが可能な方ですかね。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
GINCA
( 記録時間: 8.1 時間 )
投稿日: 2014年6月4日
クエストモードは最近追加されたものだけど、決してオマケ程度ではなくちゃんと作りこまれた物になっている。
操作は簡単だけどクエストモードクリア難易度はやや難しめなのでアクションゲーム得意な人にもおすすめ。

SoundTrackは同封されていないので、音楽が気に入った人は公式ホームページからデジタルサントラを購入しましょう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
platinum_nerve
( 記録時間: 88.0 時間 )
投稿日: 2014年5月11日
■基本操作(XBOX360コントローラー時)
・X/8方向 + X … 矢を放つ。ホーミング性能あり。
・A … ジャンプ。
・RT/8方向 + RT … ドッジ&キャッチ。無敵ではないが、短い距離をすばやく移動する。移動中は飛んでくる矢をキャッチして自分のものにできる。ジャンプと組み合わせて擬似2段ジャンプも可能。連続して行えない。
・ジャンプ中、壁に向かって方向キー押しっぱなし … 壁のふちにぶら下がる。ふち以外だとゆっくりずり落ちていく。

■特殊動作
・X押しっぱなし+8方向 … エイミング。その場に留まりながら矢を撃つ方向を指定できる。ボタンを離すと射撃。下でキャンセル。
・矢を1本も持っていない状態で矢を持っている相手に触れる … 矢を1本盗む。
・特殊アローを持った状態でY … 矢の順番を入れ替える。
・地面にいる状態で下 + RT … スライディング。スピード、距離、キャッチ性能はドッジ&キャッチ以上。攻撃力なし。
・スライディング中A … スーパージャンプ。画面半分一気に跳ぶ。壁に向かって行うと地上三角とび。
・ドッジ&キャッチ直後にRT … ドッジキャンセル。キャッチ性能を犠牲にしてまったく別ゲーの様なスピーディで変態的な動きを可能にする。例として、スーパージャンプと組み合わせると矢よりも速く画面端までかっ跳ぶ。
・ジャンプ中下 … 急降下。
・翼のある状態でジャンプ中A … はばたき。回数無制限。
・翼のある状態でジャンプ中A押しっぱなし … グライディング。ゆっくり落下する。
……まだまだあるかも?


初めてプレイした時は、細かく動くレトロなドット絵と素敵な音楽に涙が出そうになりました。

しかし、このゲームは観賞用途だけではなく、プレイする事を想定しても、極めて奥が深く優れています。
1P用モードしかプレイしておりませんが、雑魚が驚くほど手ごわく、種類ごとにまったく攻略法が異なります。
プレイヤーは弓矢で戦うのですが、正面から撃ってもはたき落とされたり、ヒラリとよけられたり、挙句の果てにはこっちが撃った矢をキャッチして自分のものにする敵までいます。

そこで第2の攻撃手段「ふみつけ」があります。
頭上から踏めばすべての雑魚は即死します。
しかし、障害物が多いせいで敵の上をとりづらかったり、こちらのジャンプを読んで同じ高さのジャンプを行う恐るべき敵もいたり、虎視眈々とふみつけばかり狙う雑魚もいるので結構リスキーだったりします。

こんな敵が1ステージ数ウェーブにわたって20、ハードコアモードなら50匹以上でてきます。
とても戦略性が求められるのです。
しかし、こういった手ごわい輩の弱点を突き、独特のホーミングする矢と、上下左右にループするステージなどを用いて、芸術的なトリックショットと電光石火の軽業で仕留めるのは法悦の至りです。
矢をキャッチしようと不審な動きをする敵を、松明を通過して着火した矢で焼殺するという芸コマな戦術もあります。
矢は最初は3本しかもっていなくて、1度撃ったらで敵や壁に刺さっているのを回収する必要があります。(リアル!)
そのほか、頭上スレスレに矢が飛んでくると帽子が吹っ飛んだり、対戦リプレイを保存するとGIF画像が作成されたり、アンロックイベントが豊富に用意されていたりと細かいこだわりの数々には本当にうっとりさせられます。

動画を見ても、ピョンピョンはねてデタラメに矢を撃っている様にしか見えませんが、プレイしてみなければ真のすばらしさは味わえないでしょう。
君は誰からも必要とされてないなんて思っちゃいけない。
君はTowerFall Ascesionををプレイしてもいいんだっ。

ちなみに協力プレイや対戦にも対応しておりますが、現時点ではネットプレイは不可です。
嗚呼……。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Oyasai_rumbling
( 記録時間: 3.5 時間 )
投稿日: 2014年3月31日
剣を使わせろ
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
meg(^o^)
( 記録時間: 7.1 時間 )
投稿日: 2014年3月16日
むかしゲーセンの隅っこに置かれていたような固定画面のアーケードライクなアクションゲーム。
もともとローカル専用な最大4人のマルチ専用ゲームだったのが、最大2人(これもローカルのみ)までクエストモードが搭載された。マルチプレイがローカルのみでネットワークで遊ぶことが出来ないため、ローカルでも複数人で遊べる、またはクエストモードだけでも1人遊びたい人向けのゲーム。

4人対戦はスマブラみたいなパーティゲーム。クエストモードはTD的なウェーブで構成されたステージを順番にクリアしていく。ステージが結構な種類があったり、ランダムで登場するアイテムの効果でシールドが付いたり、弓矢が増えたりとゲーム中のキャラクターがパワーアップする要素もあり。初期状態の使用可能キャラクターが4キャラクターだが、アンロックで使用キャラクターが増える。それ以外にもタイムアタックモードのようなモードもあり。

操作方法はキャラの移動、ドッジ、弓矢の発射とジャンプのみでシンプル。キャラクターの攻撃方法は基本が弓矢だが、踏みつけでも倒すことができる。撃てる弓矢の本が数決まっており、弓矢を拾うことで再利用できる。弓矢が無くなるとジャンプして踏んづける攻撃しか出来なくなるため、基本的にしっかり弓矢を狙い、かつ弓矢の回収までを考慮する必要がある。

弓矢は一見狙いづらそうに見えるが、微妙な補正がかかっており、8方向で指定するだけで簡単に敵に当てることができる。慣れれば連続で敵に当てることも可能になり、コンボ的な爽快感がある。ジャンプアクションは壁ジャンプやエッジにつかまって登ったり、それなりの柔軟性あり。

また、操作の中でキーとなるアクションがドッジで、緊急回避のほかに、空中での2段ジャンプ的な用途や、敵の弓矢にタイミングを合わせて発動すると素手で弓矢を受け止めることができ、使いこなすと一気に面白さが増す要素になっている。
プレイに360パッドを使用しているが、ゲームパッドはあったほうが良いと思われる。ロジテックのパッドでも動いたので、おそらく一般的なコントローラでも使用可能。

操作性とキャラクターの動きが良いし、音楽も多彩でなかなかかっこよい。動画で興味を持った人は買ってもよいかもしれない。海外のレビューでもかなり評価が高い。だが、ローカルオンリー、そんなゲーム。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
42 人中 38 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 3.9 時間
投稿日: 2015年6月23日
オフラインCo-op限定のレトロ風アクションゲーム。
四人まで協力プレイが可能です。

バブルボブルの様に
↑↓や→←がループしており、
スクロールの無い小さな画面で戦闘を繰り広げます。

~ アクション性 ~
・弓攻撃(有限だが回収出来る)
・8方向全てに撃てる
・ジャンプ
・踏みつけ攻撃
・ダッシュorドッジorキャッチ(矢を受け止める)
・スライディング
・スライディング+ジャンプ=ハイジャンプ
・フレンドリーファイア有り
・一撃で死亡

キャラクターは四人いますが
能力差などは特になく、外見が違うだけです。
(DLC一人+隠しキャラも同じ)
ゲームとしてはまとまっており、
音楽やドットの出来も良いのですが
オフラインCo-op限定というのが全てを台無しにしています。

・Steamをプレイしている層
・オフラインで時間を合わせて四人集める
・ドットやレトロゲームに理解がある人
・PCで四人分の操作機器がある
これらの条件を全て揃えられる人はあまりいないと思います。

難易度はレトロらしく、ノーマルでも比較的高く
フレンドリーファイア有りなので接待ゲームとしても微妙。
またゲーム自体もシンプル・イズ・ベスト、悪く言えば地味なので
友人に連絡して遊ぶほどの価値があるかは不明。
オフライン専用Co-opというのは男気がありますが、
無意味なレトロ仕様に拘り過ぎたのか
オフライン限定による生産性が見当たらず、
個人的には大きな短所にしかなっていないと思います。

ただ4人Co-op前提のゲームデザイン+オフライン限定+
Steamの平均年齢層の組み合わせが最悪なだけで
レトロゲームとしての完成度は高く
ゲームとしての面白さは十分です。
オンライン可能だったらマジカの様な賑やかゲーとして
お勧めしていたかもしれません。

セールの時且つ、レトロに理解のある友人と
リアルで時間を合わせられる方なら購入を検討してもいいと思います。
あとは兄弟やお子さんと協力プレイが可能な方ですかね。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
37 人中 34 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.1 時間
投稿日: 2014年3月16日
むかしゲーセンの隅っこに置かれていたような固定画面のアーケードライクなアクションゲーム。
もともとローカル専用な最大4人のマルチ専用ゲームだったのが、最大2人(これもローカルのみ)までクエストモードが搭載された。マルチプレイがローカルのみでネットワークで遊ぶことが出来ないため、ローカルでも複数人で遊べる、またはクエストモードだけでも1人遊びたい人向けのゲーム。

4人対戦はスマブラみたいなパーティゲーム。クエストモードはTD的なウェーブで構成されたステージを順番にクリアしていく。ステージが結構な種類があったり、ランダムで登場するアイテムの効果でシールドが付いたり、弓矢が増えたりとゲーム中のキャラクターがパワーアップする要素もあり。初期状態の使用可能キャラクターが4キャラクターだが、アンロックで使用キャラクターが増える。それ以外にもタイムアタックモードのようなモードもあり。

操作方法はキャラの移動、ドッジ、弓矢の発射とジャンプのみでシンプル。キャラクターの攻撃方法は基本が弓矢だが、踏みつけでも倒すことができる。撃てる弓矢の本が数決まっており、弓矢を拾うことで再利用できる。弓矢が無くなるとジャンプして踏んづける攻撃しか出来なくなるため、基本的にしっかり弓矢を狙い、かつ弓矢の回収までを考慮する必要がある。

弓矢は一見狙いづらそうに見えるが、微妙な補正がかかっており、8方向で指定するだけで簡単に敵に当てることができる。慣れれば連続で敵に当てることも可能になり、コンボ的な爽快感がある。ジャンプアクションは壁ジャンプやエッジにつかまって登ったり、それなりの柔軟性あり。

また、操作の中でキーとなるアクションがドッジで、緊急回避のほかに、空中での2段ジャンプ的な用途や、敵の弓矢にタイミングを合わせて発動すると素手で弓矢を受け止めることができ、使いこなすと一気に面白さが増す要素になっている。
プレイに360パッドを使用しているが、ゲームパッドはあったほうが良いと思われる。ロジテックのパッドでも動いたので、おそらく一般的なコントローラでも使用可能。

操作性とキャラクターの動きが良いし、音楽も多彩でなかなかかっこよい。動画で興味を持った人は買ってもよいかもしれない。海外のレビューでもかなり評価が高い。だが、ローカルオンリー、そんなゲーム。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 6 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.7 時間
投稿日: 2015年9月24日
近所にある程度ゲームができる友だちがいるならかなり面白い
自分は今寮に住んでいるため知り合いを呼んでやっているが、クリアするたびにハイタッチするぐらいにはやっていて楽しい
バーサスは操作がシンプルなスマブラのようで、ドッジするかしないか、弓を打つか打たないかの駆け引きが楽しい。弓の数の制限がかなりゲームを面白くしている。
4人COOPができるDLCはかなりハチャメチャで、味方の復活が近くに三秒くらいいることでできる代わりに敵の数も多いしわけがわからないけど楽しい。本体だけだと二人用のCOOPしか無いので注意。バーサスは4人まで


ただ、フレンドリーファイアがあるので間違えて味方を殺すたびに絆にヒビが入ります。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 8.1 時間
投稿日: 2014年6月4日
クエストモードは最近追加されたものだけど、決してオマケ程度ではなくちゃんと作りこまれた物になっている。
操作は簡単だけどクエストモードクリア難易度はやや難しめなのでアクションゲーム得意な人にもおすすめ。

SoundTrackは同封されていないので、音楽が気に入った人は公式ホームページからデジタルサントラを購入しましょう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 4 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 88.0 時間
投稿日: 2014年5月11日
■基本操作(XBOX360コントローラー時)
・X/8方向 + X … 矢を放つ。ホーミング性能あり。
・A … ジャンプ。
・RT/8方向 + RT … ドッジ&キャッチ。無敵ではないが、短い距離をすばやく移動する。移動中は飛んでくる矢をキャッチして自分のものにできる。ジャンプと組み合わせて擬似2段ジャンプも可能。連続して行えない。
・ジャンプ中、壁に向かって方向キー押しっぱなし … 壁のふちにぶら下がる。ふち以外だとゆっくりずり落ちていく。

■特殊動作
・X押しっぱなし+8方向 … エイミング。その場に留まりながら矢を撃つ方向を指定できる。ボタンを離すと射撃。下でキャンセル。
・矢を1本も持っていない状態で矢を持っている相手に触れる … 矢を1本盗む。
・特殊アローを持った状態でY … 矢の順番を入れ替える。
・地面にいる状態で下 + RT … スライディング。スピード、距離、キャッチ性能はドッジ&キャッチ以上。攻撃力なし。
・スライディング中A … スーパージャンプ。画面半分一気に跳ぶ。壁に向かって行うと地上三角とび。
・ドッジ&キャッチ直後にRT … ドッジキャンセル。キャッチ性能を犠牲にしてまったく別ゲーの様なスピーディで変態的な動きを可能にする。例として、スーパージャンプと組み合わせると矢よりも速く画面端までかっ跳ぶ。
・ジャンプ中下 … 急降下。
・翼のある状態でジャンプ中A … はばたき。回数無制限。
・翼のある状態でジャンプ中A押しっぱなし … グライディング。ゆっくり落下する。
……まだまだあるかも?


初めてプレイした時は、細かく動くレトロなドット絵と素敵な音楽に涙が出そうになりました。

しかし、このゲームは観賞用途だけではなく、プレイする事を想定しても、極めて奥が深く優れています。
1P用モードしかプレイしておりませんが、雑魚が驚くほど手ごわく、種類ごとにまったく攻略法が異なります。
プレイヤーは弓矢で戦うのですが、正面から撃ってもはたき落とされたり、ヒラリとよけられたり、挙句の果てにはこっちが撃った矢をキャッチして自分のものにする敵までいます。

そこで第2の攻撃手段「ふみつけ」があります。
頭上から踏めばすべての雑魚は即死します。
しかし、障害物が多いせいで敵の上をとりづらかったり、こちらのジャンプを読んで同じ高さのジャンプを行う恐るべき敵もいたり、虎視眈々とふみつけばかり狙う雑魚もいるので結構リスキーだったりします。

こんな敵が1ステージ数ウェーブにわたって20、ハードコアモードなら50匹以上でてきます。
とても戦略性が求められるのです。
しかし、こういった手ごわい輩の弱点を突き、独特のホーミングする矢と、上下左右にループするステージなどを用いて、芸術的なトリックショットと電光石火の軽業で仕留めるのは法悦の至りです。
矢をキャッチしようと不審な動きをする敵を、松明を通過して着火した矢で焼殺するという芸コマな戦術もあります。
矢は最初は3本しかもっていなくて、1度撃ったらで敵や壁に刺さっているのを回収する必要があります。(リアル!)
そのほか、頭上スレスレに矢が飛んでくると帽子が吹っ飛んだり、対戦リプレイを保存するとGIF画像が作成されたり、アンロックイベントが豊富に用意されていたりと細かいこだわりの数々には本当にうっとりさせられます。

動画を見ても、ピョンピョンはねてデタラメに矢を撃っている様にしか見えませんが、プレイしてみなければ真のすばらしさは味わえないでしょう。
君は誰からも必要とされてないなんて思っちゃいけない。
君はTowerFall Ascesionををプレイしてもいいんだっ。

ちなみに協力プレイや対戦にも対応しておりますが、現時点ではネットプレイは不可です。
嗚呼……。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 4 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 55.5 時間
投稿日: 2015年10月24日
一画面完結型のアクションゲームで、印象としてはよく動くマリオブラザーズと言った感じ。
ゲーム内容も昔のアーケードゲームさながらにシンプルかつ高難易度。
ただの雑魚敵かと思いきや、攻撃を防いだり避けたりするのは序の口で、後半になるとSTGのように撃ち返しをしてくる敵や壁を突き抜けてくる敵まで出てくる。
そんなクセのある敵が遠慮なしにボコボコ召喚されるため、なるべくスポーンキルを狙っていかないと取り返しがつかなくなったりと、段々覚えゲーになっていくところが個人的にすごく気に入っている。

そして自キャラの操作性も悪くない。
特に気に入っているのがスライディングジャンプの挙動。
これがQuakeのストレイフジャンプばりに飛ぶので、このスライディングジャンプを駆使して画面内を縦横無尽に移動するのが楽しい。
その高起動を制御出来ずによく自爆してしまうところもある種のお約束。

あとこのゲームはBGMがすごく良い。
おかげで一人でやっていてもすごい盛り上がる。
特に隠しステージのAscensionは難易度演出ともに最高峰。

一応このゲームの売りはローカル対戦モードらしいが、このように一人でも十分遊べているのでオススメ。

絶賛ばかりするのもあれなので、あえて気に入らなかった点を挙げるとすれば、良くも悪くもキャラに個性がないところか。
このゲームで選択できるキャラクターはデフォ4+隠し4の計8キャラだが、その性能は全部一緒。
要するに対戦ゲームにおけるキャラ差が一切ないということだが、個人的にはちょっとした性能差があっても良かったんじゃないかなと思う。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
18 人中 3 人 (17%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.5 時間
投稿日: 2014年3月31日
剣を使わせろ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い