Super Toy Cars is a tabletop arcade combat racing game featuring fast and cool looking cars, impressive tracks made of everyday objects and a bunch of power-ups that will let you destroy your opposition.
ユーザーレビュー:
総合:
賛否両論 (264 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 264 件中 62% が好評です
リリース日: 2014年6月6日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Super Toy Cars を購入する

 

このゲームについて

Super Toy Cars is a tabletop arcade combat racing game featuring fast and cool looking cars, impressive tracks made of everyday objects and a bunch of power-ups that will let you destroy your opposition. Collect all cars and upgrades to keep up with competition while you progress in career mode or have a quick race either against AI opponents or against friends. You can play up to 4 players locally and up to 8 players online. Go and build your own tracks, share them with friends or play with them in your tracks. Super Toy Cars is big and with lots of options for you to tinkle and play with, but most importantly this game has been carefully crafted to be fun play and fun to race, either alone or with friends.

There are 16 different cars in the game each one with its unique handling model. You can experiment with them and play the ones that best suite your driving style and the different situations you'll find in our 12 tracks. Oh, and maybe you'll want to use different cars depending on which type of event you're playing, because we have 48 events in career mode, but not all of them are races! And if you grow tired of the tracks in the game you can always check what other tracks have the community built or even build your own and share it with our in-game track editor.

Features:

  • 16 different cars with unique handling models
  • 12 different tracks in 4 different locations which can be played in 5 different event types
  • Career mode comprising 48 events
  • Up to 4 player local multiplayer
  • Up to 8 player online multiplayer
  • Track editor to build and share your own tracks

Early Access Roadmap


We have a roadmap in place for the period the game is going to be in Early Access. We are aiming for a final release date in the first or second week of May. We have roughly 10 weeks to that date and we're planning to do, at least, weekly builds with improvements. We'll be announcing what's new in every build in the announcements section, but anyway here's the planned roadmap:

  • March, 3rd: Mostly bugfixing and online improvements. Possibly some improvements in the HUD and menus.
  • March, 10th: Improved menus backgrounds, improved HUD, better and more consistent AI accross the game. Achievement icons.
  • March, 17th: More effects and particle systems. Bugfixing.
  • March, 24th: First batch of vehicle paintjobs.
  • April, 7th: Mac version. Second batch of vehicle paintjobs.
  • April, 21st: Linux version. All vehicles have, at least, 2 paintjobs available.
  • April, 28th: Some easter eggs, and other bonuses. Maybe provide a first alpha of a vehicle editor.

Bear in mind that this list is meant to change and adapt to your suggestions and feedback. Although we can't guarantee we'll implement every detail and suggestion we receive, we'll do our best to react to community feedback and make of Super Toy Cars the best game we can with your help.

システム要件

Windows
Mac OS X
    最低:
    • OS: Windows 7
    • プロセッサー: 2GHz Intel Core 2 Duo or equivalent
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: 256MB with Shader Model 3.0 support
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 512 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9 Compatible
    最低:
    • OS: OS X 10.9 or higher
    • プロセッサー: 2 GHz Dual Core Intel CPU
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: nVidia GeForce GT 9600M/320M, or ATI (AMD) Radeon HD 4670 with 256 MB VRAM.
    • ストレージ: 512 MB 利用可能
    • 追記事項: These specs are still being determined.
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
賛否両論 (264 件のレビュー)
最近の投稿
dra_e_bond
9.2 hrs
投稿日: 5月3日
楽しいんだけど、マイナス点も多い、
けどマイナス評価にするにはしのびないゲーム

案の定マルチはマッチングしないので、キャリアモードのみの感想。
まずゲーム全体のおもちゃの世界的なグラや、元ネタが何かちゃんと分かる程度にデフォルメされた車のデザインが良い。
ゲームプレイはマリカーみたいなカジュアルなレースゲーでお手軽にドリフトできる。
マリカーのカートと違って、ホイルベースの長い自動車のドリフトなので、見た目が華やかでドリフトしてる感が強い。
車種とコース数はそこそこで、バリエーションはそれなりに多様にデザインされてて悪くない。
ライン取りを工夫して、ドリフトやブーストを駆使してライバルを抜き去るレースゲーそのものの楽しさもちゃんとある。

しかし問題点も多い。
まず全体的に作りが甘いというか、よく分からないところで引っかかったり、車体の腹を擦ったりする感覚がある。
見た目のポリゴンの輪郭と判定がずれてるところが多いということなんだと思うが、レースゲーでこれはストレスになる。
また車種ごとのステータスのバリエーションは豊富で良いのだが、やはり全体的にがさつな調整になっていて、
最終的にはブーストかけながらドリフトしつつブーストゲージを稼げる車輌で、常時ブースト状態に近い走り方をするのが強いバカゲーになる。
リスポーンが低リスクなのは良し悪しあると思うが、ディレイ時間の調整くらいはするべきだったと思う。
なお、オートリスポーンはオプションの設定でOFFにできるので、一番最初に音量調整と一緒に設定し直しておくのをおすすめする。

正直、素材がすごく良いだけに、上記の様々な調整不足が残念でならない。
もうちょっとまともだったら今でもマルチが賑わうコンテンツだったかもしれない。

まぁセールやバンドルで手に入れて期待せずにやるぶんにはおすすめできる。
対戦できるフレンドがいるならもうちょっと楽しめるかも。
ローカルマルチでわいわいやりたいゲーム。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Greener
6.3 hrs
投稿日: 2015年4月20日
藤子・F・不二雄先生のマンガで育った僕は、いつもこの種のゲームに過剰な期待を抱いては毎度裏切られている気がする。すなわち、自分が小さくなって広大な室内を駆けまわる類の物に。

本作は積み木やぬいぐるみなど玩具で作ったコースをミニカーで走り回るレースゲームである。しかしシステムには穴が目立つ。

まず車にはドリフト走行型とグリップ走行型の二つのタイプが存在する。ジャンプかドリフトをするとブーストゲージが貯まる仕組みだ。ジャンプ台のないコースでは、グリップ走行型はブースト封印プレイを強要される。勿論遅い。

次にリスポン機能が過敏すぎる。逆走しようとすると即座に強制リスポンが発動するが、おじゃまアイテムによるスピン以外で鼻先が進行方向に対して真横より少しでも後ろ方向に振れただけでアウトと判定される。ヘタすると、折り返すような急カーブで早めにドリフトして出口方向へ車体を向けただけでリスポンさせられるのはどうかしてる。

またこの手のゲームには大抵快適に走れる舗装路、速度は落ちるが走れるダート、落下して強制リスポンとなる奈落の三種があると思う。このゲームにはダートに相当する部分がなく、見た目では舗装路と奈落の区別がつかない。結果として、なぜいまのがと疑問に思う強制リスポンはしばしば起こる。

というのも、コースは基本的に左右を壁で囲われているが、この壁が見た目と当たり判定が一致していない。ぶつからないからインカットしていいのかと内側を攻めすぎると急に強制リスポンが発動する。また曲がりきれないけど壁にぶつかって戻ればいいかと思ってもやはりリスポンが発動したりしなかったりする。ギリギリを攻めて黙々とタイムアタックするような遊び方にも耐えられない。

しかもリスポンには復活演出がなく、死んだその瞬間に走り出せる状態でコースに復帰するため、地雷などは避けて膨らむくらいなら踏んだほうが早いことがままある。車の性能に物を言わせた先行逃げ切りは容易いが、出遅れた場合バナナを踏ませようが赤甲羅を当てようが差が縮まらないということでもある。

そしてコースエディタも存在するが、コレで作ったものはどの部分がコースなのかが完全にわからなくなる。ミニマップには一応コースが表示されるがバグっていてとんでもないラインを描く。壁となるオブジェクトを一切配置しなかった場合はおっかなびっくり進んでみては戻される、壁の見えない巨大迷路と化す。

最後にオンライン機能はあるが、クイックジョインに相当するものしかない。ホストとしてコースを選ぶ権利が欲しければ、運良く既存の部屋が満員なことを願いながらマルチプレイを選択する以外の方法はない。

地雷を置くとワイプ画面が表示され、誰かが踏むその瞬間までそこを映してくれる機能が面白いだけにこれらの仕様がなんとも勿体無い。

スモールライト、ガリバートンネル、如意光、こども町正門に箱庭シリーズ。そんなかつての憧れに思いを馳せたい人は、僕と一緒にこのゲームで残念な気持ちになろう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Cafenomi
4.4 hrs
投稿日: 2015年3月13日
子供のころにやったちょろQのゲームを彷彿とさせますね
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Afrotimber
1.9 hrs
投稿日: 2014年6月21日
リアル系の車のレースは、あまり面白いと思ったことがないけど、これは、おもちゃの世界で、おもちゃの車で、マリカーみたいに、アイテム次第でいくらでも順位が入れ替わる要素もあって、かっこかわいいワイルドプリティー☆レースゲームで面白いと思います!まだまだ序盤だけど、誰か買ってくれたら楽しくマルチレースできそう!誰か買ってくださーーーーい☆

どんどんレースして、順位とタイムを上げていき、別の車を買ったり、カスタマイズしたり、チューンUPしたりするのもあり、王道のお約束はきっちりしています☆これ、発色のいいデカイテレビでやりたい・・・。と思いました。グラフィックも良いです。良いね良いねー!!子供時代の夢がかなうね!

おもちゃの世界で車を走らせよう!☆・:゚*ヾ(o´∀`o)ノ*゚:・☆POPなBGMも気に入りました~!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
fenz8492
5.7 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年5月30日
チョロQの様な操作性にマリオカートのようなアイテムによる妨害を足した感じ。
様々なルールで勝ち抜くキャリアモードやクイックレース、マルチプレイ、さらにはコースエディットまで有り
まだまだ早期アクセスの段階だが、遊びごたえがある。
ただ若干UI周りの挙動が怪しかったり、作成したコースでNPCが壁に詰まったり、改善すべき点は多そう。
日本語には対応していないが、内容に関わることは少ないので問題無いと思う。
Xinputにも対応。一部マウスのみ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
teiruzu9
0.9 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年2月27日
チョロQみたいで面白いぞ
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.9 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年2月27日
チョロQみたいで面白いぞ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
47 人中 26 人 (55%) がこのレビューが参考になったと投票しました
13 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 6.3 時間
投稿日: 2015年4月20日
藤子・F・不二雄先生のマンガで育った僕は、いつもこの種のゲームに過剰な期待を抱いては毎度裏切られている気がする。すなわち、自分が小さくなって広大な室内を駆けまわる類の物に。

本作は積み木やぬいぐるみなど玩具で作ったコースをミニカーで走り回るレースゲームである。しかしシステムには穴が目立つ。

まず車にはドリフト走行型とグリップ走行型の二つのタイプが存在する。ジャンプかドリフトをするとブーストゲージが貯まる仕組みだ。ジャンプ台のないコースでは、グリップ走行型はブースト封印プレイを強要される。勿論遅い。

次にリスポン機能が過敏すぎる。逆走しようとすると即座に強制リスポンが発動するが、おじゃまアイテムによるスピン以外で鼻先が進行方向に対して真横より少しでも後ろ方向に振れただけでアウトと判定される。ヘタすると、折り返すような急カーブで早めにドリフトして出口方向へ車体を向けただけでリスポンさせられるのはどうかしてる。

またこの手のゲームには大抵快適に走れる舗装路、速度は落ちるが走れるダート、落下して強制リスポンとなる奈落の三種があると思う。このゲームにはダートに相当する部分がなく、見た目では舗装路と奈落の区別がつかない。結果として、なぜいまのがと疑問に思う強制リスポンはしばしば起こる。

というのも、コースは基本的に左右を壁で囲われているが、この壁が見た目と当たり判定が一致していない。ぶつからないからインカットしていいのかと内側を攻めすぎると急に強制リスポンが発動する。また曲がりきれないけど壁にぶつかって戻ればいいかと思ってもやはりリスポンが発動したりしなかったりする。ギリギリを攻めて黙々とタイムアタックするような遊び方にも耐えられない。

しかもリスポンには復活演出がなく、死んだその瞬間に走り出せる状態でコースに復帰するため、地雷などは避けて膨らむくらいなら踏んだほうが早いことがままある。車の性能に物を言わせた先行逃げ切りは容易いが、出遅れた場合バナナを踏ませようが赤甲羅を当てようが差が縮まらないということでもある。

そしてコースエディタも存在するが、コレで作ったものはどの部分がコースなのかが完全にわからなくなる。ミニマップには一応コースが表示されるがバグっていてとんでもないラインを描く。壁となるオブジェクトを一切配置しなかった場合はおっかなびっくり進んでみては戻される、壁の見えない巨大迷路と化す。

最後にオンライン機能はあるが、クイックジョインに相当するものしかない。ホストとしてコースを選ぶ権利が欲しければ、運良く既存の部屋が満員なことを願いながらマルチプレイを選択する以外の方法はない。

地雷を置くとワイプ画面が表示され、誰かが踏むその瞬間までそこを映してくれる機能が面白いだけにこれらの仕様がなんとも勿体無い。

スモールライト、ガリバートンネル、如意光、こども町正門に箱庭シリーズ。そんなかつての憧れに思いを馳せたい人は、僕と一緒にこのゲームで残念な気持ちになろう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.9 時間
投稿日: 2014年6月21日
リアル系の車のレースは、あまり面白いと思ったことがないけど、これは、おもちゃの世界で、おもちゃの車で、マリカーみたいに、アイテム次第でいくらでも順位が入れ替わる要素もあって、かっこかわいいワイルドプリティー☆レースゲームで面白いと思います!まだまだ序盤だけど、誰か買ってくれたら楽しくマルチレースできそう!誰か買ってくださーーーーい☆

どんどんレースして、順位とタイムを上げていき、別の車を買ったり、カスタマイズしたり、チューンUPしたりするのもあり、王道のお約束はきっちりしています☆これ、発色のいいデカイテレビでやりたい・・・。と思いました。グラフィックも良いです。良いね良いねー!!子供時代の夢がかなうね!

おもちゃの世界で車を走らせよう!☆・:゚*ヾ(o´∀`o)ノ*゚:・☆POPなBGMも気に入りました~!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.7 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年5月30日
チョロQの様な操作性にマリオカートのようなアイテムによる妨害を足した感じ。
様々なルールで勝ち抜くキャリアモードやクイックレース、マルチプレイ、さらにはコースエディットまで有り
まだまだ早期アクセスの段階だが、遊びごたえがある。
ただ若干UI周りの挙動が怪しかったり、作成したコースでNPCが壁に詰まったり、改善すべき点は多そう。
日本語には対応していないが、内容に関わることは少ないので問題無いと思う。
Xinputにも対応。一部マウスのみ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.4 時間
投稿日: 2015年3月13日
子供のころにやったちょろQのゲームを彷彿とさせますね
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.2 時間
投稿日: 5月3日
楽しいんだけど、マイナス点も多い、
けどマイナス評価にするにはしのびないゲーム

案の定マルチはマッチングしないので、キャリアモードのみの感想。
まずゲーム全体のおもちゃの世界的なグラや、元ネタが何かちゃんと分かる程度にデフォルメされた車のデザインが良い。
ゲームプレイはマリカーみたいなカジュアルなレースゲーでお手軽にドリフトできる。
マリカーのカートと違って、ホイルベースの長い自動車のドリフトなので、見た目が華やかでドリフトしてる感が強い。
車種とコース数はそこそこで、バリエーションはそれなりに多様にデザインされてて悪くない。
ライン取りを工夫して、ドリフトやブーストを駆使してライバルを抜き去るレースゲーそのものの楽しさもちゃんとある。

しかし問題点も多い。
まず全体的に作りが甘いというか、よく分からないところで引っかかったり、車体の腹を擦ったりする感覚がある。
見た目のポリゴンの輪郭と判定がずれてるところが多いということなんだと思うが、レースゲーでこれはストレスになる。
また車種ごとのステータスのバリエーションは豊富で良いのだが、やはり全体的にがさつな調整になっていて、
最終的にはブーストかけながらドリフトしつつブーストゲージを稼げる車輌で、常時ブースト状態に近い走り方をするのが強いバカゲーになる。
リスポーンが低リスクなのは良し悪しあると思うが、ディレイ時間の調整くらいはするべきだったと思う。
なお、オートリスポーンはオプションの設定でOFFにできるので、一番最初に音量調整と一緒に設定し直しておくのをおすすめする。

正直、素材がすごく良いだけに、上記の様々な調整不足が残念でならない。
もうちょっとまともだったら今でもマルチが賑わうコンテンツだったかもしれない。

まぁセールやバンドルで手に入れて期待せずにやるぶんにはおすすめできる。
対戦できるフレンドがいるならもうちょっと楽しめるかも。
ローカルマルチでわいわいやりたいゲーム。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い