Julian Luxemburg has prepared a dinner for two at his place – but things go awry when the date does not show up and he is left waiting at his dinner table, the clock’s ticking growing unbearably loud. „Dinner Date” is the character portrait of Julian: by becoming his subconsciousness you gain a clear vantage point on the worries which...
リリース日: 2011年3月1日
すべてのトレーラーを見る(全 2 本)
This item does not have support for your local language. Please review the supported language list before purchasing

Dinner Date を購入する

ゲームについて

Julian Luxemburg has prepared a dinner for two at his place – but things go awry when the date does not show up and he is left waiting at his dinner table, the clock’s ticking growing unbearably loud.

„Dinner Date” is the character portrait of Julian: by becoming his subconsciousness you gain a clear vantage point on the worries which take a hold of him. As the wait for the beautiful girl grows longer it becomes evident that Julian’s real problems may not even begin originate the girl: what of his work and his boss? And what of the headhunter, his fascination with Byron and his friendship with Jerry who, all things considered, was ultimately the person who pushed Julian to go on this date?

You are not merely listening – in the unprecedented role as his subconsciousness you tap the table, look at the clock and, as Julian bares more of his mind, reluctantly start to eat, your actions resonating with Julian’s thoughts to form an absolutely singular form of intimacy.

In this manner you will experience „Dinner Date”: with some glasses of wine, some bread, some soup - and with a clock which slowly mocks the constant wait for when she comes, this elusive girl who will solve everything.

Key features:

  • Julian’s story lasts a fully voiced 25 minutes and is told through various unique animations, set in a real-time 3d environment with the unique interface of playing as a subconsciousness, the first of its kind.
  • The game is complimented by an original score, written by Than van Nispen tot Pannerden.
  • At the Independent Game Festival 2011, „Dinner Date” has been nominated for the Nuovo award, an award which ‘honors abstract, shortform, and unconventional game development which advances the medium and the way we think about games.’

システム要件

    • OS: Windows® XP/Vista/7
    • Processor: 1.6 Ghz
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: DirectX® 9 compatible video card
    • DirectX®: 9.0c
    • Hard Drive: 256 MB
    • Sound: OpenAL compatible sound card
参考になったカスタマーレビュー
14 人中 14 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 513
19 件のレビュー
記録時間: 25.0 時間
デートの約束をしたものの時間になっても来ない彼女を待ち続ける男を描いたゲーム
賛否両論分かれるが、寂しい男の心情の描写についてはかなり綿密であり、
そこを評価できるなら非常に楽しめるだろう
投稿日: 2014年5月26日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
11 人中 11 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,489
44 件のレビュー
記録時間: 41.8 時間
投稿日: 2014年8月12日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 286
4 件のレビュー
記録時間: 0.6 時間
とてもつらい
自由性はなく、行動が限定されていてそのどれかを選んで行動を起こすというもの
むしろ主人公の愚痴がメイン
内容も内容で聞いているだけでこっちがつらくなってくる
日本語化あり
買い

追記: ただ本当に30分弱で終わってしまうので値段相応なものだということを忘れずに
投稿日: 2014年8月1日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 969
192 件のレビュー
記録時間: 0.4 時間
ゲームではない。アル中めいた27歳独身妄想癖みたいな一人暮らしの男に、パンとスープとワインを飲み食いさせてたばこを吸わせるだけのゲーム。妙に生々しい生活感だけはあるが、スクリーンショットの方がゲームより出来が良いと思う。
投稿日: 2014年4月20日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 240
36 件のレビュー
記録時間: 0.4 時間
ひとはだれもがいつか
投稿日: 2014年6月17日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

受賞リスト