Check out the high-resolution trailer and see what the game is all about. Heroes of Annihilated Empires はファンタジー世界を元にした PC 用リアルタイムシミュレーション RPG です。 Valve の新しい 3D エンジンが採用されています。 エピソード 1 の舞台は、エルフの故郷だといわれる、アトランス島です。 ゲームに登場する世界は、生活観に溢れ、広大で、魔法や神話に登場するようなモンスターや、英雄、巨大勢力が存在しており、はるか昔から続く大規模な争いを繰り返しています。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (117 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 117 件中 86% が好評です
リリース日: 2006年11月22日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Heroes of Annihilated Empires を購入する

LUNAR NEW YEAR SALE! Offer ends 2月12日

-80%
$14.99
$2.99
 

このゲームについて

Check out the high-resolution trailer and see what the game is all about.

Heroes of Annihilated Empires はファンタジー世界を元にした PC 用リアルタイムシミュレーション RPG です。 Valve の新しい 3D エンジンが採用されています。 エピソード 1 の舞台は、エルフの故郷だといわれる、アトランス島です。 ゲームに登場する世界は、生活観に溢れ、広大で、魔法や神話に登場するようなモンスターや、英雄、巨大勢力が存在しており、はるか昔から続く大規模な争いを繰り返しています。 プレイヤーは英雄の一人を操作し、数千人もの軍隊を率いて戦ったり、さまざまな武器や強力な魔法を駆使して単身で敵と戦ったりします。 主人公をパワーアップしたり、主人公の能力を向上させたり、手に入れたアイテムでクエストがランダムに変化したりなど、ゲーム内容も変化に富んでいます。

  • 2 つの異なるゲームジャンル、リアルタイムシミュレーションと RPG が 1 つに
  • 新しい 3D エンジン
  • 詳細にまでこだわったゲーム世界。欧州で有名な作家 Ilya Novak の 5 冊の小説の世界観を再現。
  • 数千人の軍隊による大規模バトル
  • 4 種類の個性あふれる種族。それぞれ、スキル、魔法、アイテムが異なります
  • 12 人の英雄、12 種類の中立の種族、100 の団体、150 種類の建物
  • 高度にできたキャラクタータイプ、驚きのアニメーション
  • 150 以上の魔法アイテム、100 種類以上の魔法
  • 感情移入間違いなしのオリジナルのストーリー
  • LAN またはインターネットを使用した標準的なマルチプレイヤーモード。最大 7 人のプレイヤーとプレイ可能。 2 つのゲームジャンルの融合。ゲーム中に、リアルタイムシミュレーション要素と RPG 要素を組み合わせたり、選択しながらプレイできます。
  • マニアも初心者も楽しめる、オリジナルのカードシステムで魔法を使用可能。 50 以上の魔法カード
  • ゲーム全体を通して、キャラクターを徐々にレベルアップ
  • 驚異のオープニング、中間のムービー。 ミッションとミッションの間に挿入されるコミックで、物語の詳細が説明されます。

システム要件

    Windows 2000/XP
    快適なプレイ環境を実現するために、ビデオカード/サウンドカードの最新ドライバを使用することを強くお勧めします。 ゲームのパフォーマンスを向上させるには、バックグランドのプログラム(インスタントメッセージ、アンチウィルス、システムモニタなど)を終了してください。

    最低要件:Intel Pentium 4 2Ghz または AMD Athlon XP 2000 以上、128MB の nVidia GeForce FX5200 または ATI Radeon 9000 ビデオカード、512MB の RAM、DirectX 8.0 対応のサウンドカード、2.5 GB のハードディスク空き容量

    推奨要件:Intel Pentium 4 3Ghz または AMD Athlon 64 3200 以上、nVidia GeForce 6600 または ATI Radeon X800 のビデオカード、1GB の RAM、DirectX 8.0 対応のサウンドカード、2.5 GB のハードディスク空き容量

    オプション:マルチプレイヤー用のインターネット接続としては、最低でも 56K ダイアルアップ接続が必要

参考になったカスタマーレビュー
31 人中 23 人 (74%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.2 時間
投稿日: 2015年10月5日
I initially thought to review this game perhaps after a dozen hours of gameplay at least, but I later found myself with a list of pros and cons written down in my head and felt it was right and reasonable to do it now. (at the moment I've played as little as 130 minutes). The reasons why I'm spending time to write this review are:

1. There are only 95 reviews, not enough. The community looks small and I'd never heard of this game myself despite loving RTS games with all my heart
2. As mentioned, I'm an RTS vidya aficionado. I have a lot of experience with such games and I love to be able to post a semi-technical review for once in my life, comparing everything that was done in the past to this 'modern' game.

First off, let me tell you my background with RTS games and similar genres mostly comes from countless nights playing Age of Empires II - so when I think of any real-time strategic game that's my anchor. If you don't like the whole base-building sub-genre (i.e. you strongly prefer RTS's like Warhammer or Company of Heroes where the focus is on point-capturing etc) don't consider the rest of this review at all; thanks God HOAE is a base-building RTS.

Back to the point, I can list several more RTS's I've played:

-The aforementioned Warhammer and Company of Heroes series (respectively dawn of war and the first title)
-All age of empires titles (including AoM), but the first game. I was too young at that time and never found the classical age inspiring anyway
-Warcraft III
-The Lord of the Rings: The Battle for Middle-earth II
-Grey Goo (very recent, few may know it)
-Command and Conquers III
-Imperivm (European game, not known at all)

Non-RTS but still strategic games that have inspired me, and of which features were often present in many RTS games too:

-Total War series
-Heroes of Might and Magic III
-Others I can't think of

I know this whole wall of text might seem pointless or that I may sound like I'm bragging about my collection of strategic games, but it's quite the opposite, I'm simply trying to give a reference to anyone reading so that he or she can understand my point of view and pros/cons. Enough, let's start:

PROS

+Nice unit design in general -- Many units are well drawn, a handful are somewhat original.
+Good classic base-building -- Again, this is my POV. I've played so many annoying RTS's that focused on capturing resource points and lacked the building side to the point of forcing everyone to play in what we all call 'rushing'. You can't turtle in, you ♥♥♥♥ing can't in games like Company of Heroes. If you pick just 2 or 3 points you're doomed.
+Diversity between factions -- As with most 3/4-factions modern RTS's, all buildings and units are designed differently for each faction. I think however that GSC did a good job because most units have no real counterpart in the other races' respective armies. (e.g. a race having a few and expensive elite infantry units whilst its opponent has massed and cheap ones with relatively identical stats, and thus taking the same niche)
+Nice soundtrack, not as good as the OST found in many old RTS games, but very much decent and above average
+Excellent damage/defence system -- I liked this one quite a lot. Most games, even Age of Empires to an extent, ignore altogether technical mechanics like the type of damage a unit does. For instance, in AoE we get only 3 types: melee, missile and siege damage. Here, there's crushing, piercing and chopping or something, as well as magic damage. Every unit has its own damage type and natural resistance to a few other types. This detail makes battles much more strategic, as you have to consider what type of damage is most used by your enemy's forces and so on...
+Many unit specific upgrades -- Every unit has several improvements pertaining its damage and defence, some upgrades related to all faction units are present too

CONS

-No Age-up --Basically, the most common of all features, one that usually makes RTS games last ages, was totally ignored. Here the only thing that limits your civilisation/race's progress are a few locked end-game buildings that require you to build unrelated and cheaper ones in order to be able to construct them too. Pretty disappointing, even the aforementioned Grey Goo lacked this wonderful feature.
-No huge unit diversity WITHIN the faction --yeah you heard that right, I have applauded the developers/designers for making diverse unit sets between each faction, and now I whine because there's no diversity within the races themselves. I'm afraid I have to. If what I said above was indeed true, on the other hand they went too extreme with this originality, and forgot to implement a handful of units I would say are a must regardless how original a faction may be. Example: I've played almost exclusively as the Cryo race (some reclusive northmen with a taste for ice magic and many ancient alliances with beings who inhabit the tundras of all fantasy and mythologic settings), and they lack any kind of cavalry AND missile unit. All they have is a diverse array of slow uberbeings (yetis, giants, golems, mammoths) who deal melee -and almost exclusively of crushing type- damage. I understand it could of been for the sake of originality, but to this point? All I have for a ranged unit is either a spellcaster or a ballista. Seeing as all peons use bows, it is implied this society of northmen has a tradition of bow hunting of some sort, which is already implied by the mere fact of living in a ♥♥♥♥ing frozen land in the far north.
-Lame lack of unit-voicing --It bothers me so much that they don't say anything when clicked, dragged, ordered to attack, etc. Any RTS I've played had it, even Grey Goo... So why the ♥♥♥♥ not GSC?
-No unit-specific evolution-like upgrade --I'm so used to unit transformation and evolution too, and I can't feel satisfied with a bunch of armour and weapon upgrades. Like, even in HOMM there are unit upgrades, people love to see their 'whatever' transformed into 'lord whatever elite' with its stats multiplied by 3 for a nasty sum of resources. Again, a very common feature seen even in RTS games like Company of Heroes (the veteran upgrade or something), overlooked by GSC.
-Bad pathing of certain units --no further explanation is needed, you'll see it.
-Some elite units are too much limited in numbers --Most high power units can only be trained once per building type. It's like if you build some barracks the construction houses 10 pikemen and that's the maximum you can have. To train more, you're forced to set up a row of identical buildings. I understand the building limit per se, but perhaps some upgrades or an 'expand building' feature also present in other stuff would of been more reasonable... One ♥♥♥♥♥♥♥ mammoth per building is too much to bear...
-Odd design choices in a few things --Like the Cryo heroes being all human but of different ethnicity. Others might think it's fine, but to me it makes no sense to have the Mage look like some caucasian bearded all man, the Warrior like an average Inuit fisherman and the Ranger a female east asian teenager. On the other hand, whilst this faction has weirdly designed heroes, and is somewhat original per se, typical faction/races present in all fantasy games, novels, films whatever are totally absent (e.g. humans, orcs, gnomes, trolls). Many neutral races are indeed present but only work as a source of income and artifacts (slaughter them) or as mercenaries; most of those would have actually been a wonderful addition to the small list of playable civilisations.
-Unit healing, lastly --yeah I don't know for other factions, but to heal my units with the Cryo I have to cast a spell repeteadly from my Temple or something, and that heals some 10% of all of my units... Pretty crappy and relatively expensive. Also, non-living units seem unrepairable, some have stated. Certain elementals like Ice golems and spirits self-regenerate.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 17.1 時間
投稿日: 1月27日
Almost 10 years later this game still packs a punch. HoAE is WC3's less talented cousin: less epic, less terrain variations, less audio clips and so on... but it's still one remarkable RPG/RTS hybrid. Fairly challenging, too! The icing on the cake is that in the singleplayer campaign you can truly build the hero your own way... a tank to hold off armies, pure magic damage or high attack speed archer, and you also get to select spells for your personal roster. Not that intricate as one would reasonably expect though, but still more recreational than playing the same preset character for each mission. You can also switch your playstyle on the fly, depending which objectives you are pursuing in the current chapter. HoAE is the game on par with some of the 21st century strategy classics, just not as refined and chock-full as those classics.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.8 時間
投稿日: 2014年8月9日
主人公を育てながらRPG的にプレイ出来るRTS。しかし、RPGとして見るとつまらない。
主人公の成長に常に限界が用意されているため、シナリオの各段階で好きに強化する事が出来ない。それではシナリオそのものを楽しめるかと言えば、そこに用意されるクエストは単純な物ばかりで面白味が無い。ハクスラ的なアクション性の部分も、主人公が遠距離キャラなのでただひたすら引き撃ちを行う以上の物は無い。
RTSとRPGを組み合わせたゲームと聞けば複雑なゲームを期待してしまうが、RPGとして見るとあまりにも単純すぎた。

もう一点気になったのが、あらゆる作業に時間がかかり過ぎる、と言う点。
クエストなどで行う作業は単純なのに、目的地までの移動や、一体の敵を倒すのに一々引き撃ちを行う時間、主人公のHPやMPの回復待ち、不要品を店まで売りに行く時間など、ゲーム全体として何をするにも時間がかかり過ぎる。時間をかけただけの内容があるならばまだしも、それだけの時間をかけてやった事は進路上の敵集団を一つ倒しただけなど、ゲームとしての展開が小さい。RTSとして操作そのものを楽しむ場合はまた違った感想になるのかも知れないが、RPGとして見るとかけた時間に対してプレイの満足感が薄く感じた。

自分はRTSと言うジャンルはそれ程好きではないので、あくまでRPGとしての評価になってしまうが、このゲームは面白く無いとしか言いようが無い。
グラフィックが綺麗だったり、英語が平易で分かり易いなどの美点もあるものの、このゲームをRPGとして購入する事はお勧め出来ない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 5 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 30.8 時間
投稿日: 2015年5月19日
『ロードオブザリング』的な世界観のRTS+RPG。
デモ版使用の日本語化が可能。(ただし、一部表示に不具合あり)

中世ファンタジー世界が、まんま『ロードオブザリング』なのはご愛嬌。
ただ、個人的には好きなので最後まで集中してプレイできた。
大軍VS大軍のぶつかり合いが壮観。

シングルキャンペーンのみプレイした感想としては、RTS風なRPGといった感じで、
『ダンジョンシージ』のようなハクスラに近い。
建造物やユニットを生産し、目標を攻め落とすRTS要素は全体の2~3割ほどで、
どちらかというと単騎で進めていくことが多い。
単騎といっても、途中で兵士を補充できたり、召喚魔法で兵士を生み出せる。

『ロードオブザリング』な世界観が好きで、かつハクスラRPGに抵抗がなければ楽しめると思う。
全体的に、敵が物凄い数で迫ってくるため、ちょっとした絶望感がある。
序盤に指揮官が「ここで防衛線を張って食い止めるんだ!」みたいなことを言うので
従ったところ、3方向から大量のアンデッド+オーク軍団が攻めてきて阿鼻叫喚となったw
防衛線を張る場所は自分で考えた方が良さげ。

登場する種族は多様で、エルフ、ドワーフ、妖精、ケンタウロスなど、色々いる。
木の精霊(?)エントがまんま『ロードオブザリング』で笑ってしまった。
建造物とユニット生産をしつつ、敵の「モルドール国」のような拠点を破壊していくのは楽しかった。

問題点としては、エピソードが途中で終わるため、結末がわからないこと。
『ロードオブザリング』で言えば、『旅の仲間』で終わったようなものか。
また、全編通してゲーム中のBGMが一曲だけということ。
曲自体は壮大で良いが、ずっとこれだけというのはいかがなものか。
もう少しバリエーションが欲しかったところ。
(音楽も『ロードオブザリング』すぎるがw)

プレイヤーキャラとしての仲間も乏しく、ほぼ一人旅が続く。
兵士を魔法で召喚できるが、一定時間で消えるため感情移入ができない。
ヒロイン的なキャラはいるが、育ててもあまり意味がない。(装備品返せw)
世界観が魅力なだけに、この辺りは残念だった。

マルチプレイは未プレイだが、多様な種族と特徴などから、こちらの方が楽しめるゲームかもしれない。

今作は「エピソード1」とのことなので、リリースされるのであれば続編に期待。
また、同メーカーの『Cossacks』シリーズもプレイしてみたいところ。


<一言攻略メモ>

・デモ版使用の日本語化にてプレイ。
 (魔法の効果など、一部表示がされない不具合あり。)
・主人公のレベルはステータスアップを選択することで上がっていく。
・個人的には、HP回復、マナ回復を重視。
・全体的に魔法が強いので、効果は使ってみて把握していくと良い。
・ドリアード(?)の魔法は兵士を召喚できるため重要!

・ビルド可能なRTSパートでは、まず防衛線を有利な場所に作るべし。
 (妖精を選択すると、色々と建造できる)
・ビルドにはそれぞれ必要な素材があるため、妖精を使いマップから回収。
・鉄と水晶(?)は、特定の場所に採取用の木を置くことで取れる。
 (これはしばらく気づかなかったので要注意)

・マップは探索すると、クエストや隠しアイテムがあるためお勧め。
・ただし、強敵がいることもあるので慎重に!
・基本的に弓で攻撃だが、剣は複数に効果があるので使い分けが重要。
・エントはロマン!1体は出そう!
・正面からだと厳しい場合、迂回して攻める手段も有効。
 ただし、守りも必要!(そこでエントですよ!)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 30 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 15.1 時間
投稿日: 2014年12月29日
I am completely smitten by the game. Never did I expect to stumble on this gem in 2014 and enjoy it as much as I did. I always liked RTS genre with a twist, and what a twist RPG addition is! This is simple, yet brilliantly executed game gives you full creative freedom of an RTS game, but throws in a Hero who can level up and equip items. Seems simple enough, until you get your hero to level 80, who singlehandedly can shift the balance of the battlefield, unless you bring a significant army against him, or shut him down early on. This is an amazing little strategy game which brings novelty and freshness to its gameplay.
Campaign is really cheesy and cringy, but varied and extremely entertaining. Some magnificent easter eggs to be had there that make you beg developers for a Sequel.

Thoroughly enjoyed and well recomended.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い