Set in the shattered subway of a post apocalyptic Moscow, Metro 2033 is a story of intensive underground survival where the fate of mankind rests in your hands. In 2013 the world was devastated by an apocalyptic event, annihilating almost all mankind and turning the earth’s surface into a poisonous wasteland.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (127 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 127 件中 88% が好評です。
総合:
非常に好評 (15,582 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 15,582 件中 92% が好評です
リリース日: 2010年3月15日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Metro 2033 を購入する

 

このゲームについて

Set in the shattered subway of a post apocalyptic Moscow, Metro 2033 is a story of intensive underground survival where the fate of mankind rests in your hands.

In 2013 the world was devastated by an apocalyptic event, annihilating almost all mankind and turning the earth’s surface into a poisonous wasteland. A handful of survivors took refuge in the depths of the Moscow underground, and human civilization entered a new Dark Age.

The year is 2033. An entire generation has been born and raised underground, and their besieged Metro Station-Cities struggle for survival, with each other, and the mutant horrors that await outside.

You are Artyom, born in the last days before the fire, but raised Underground. Having never ventured beyond your Metro Station-City limits, one fateful event sparks a desperate mission to the heart of the Metro system, to warn the remnants of mankind of a terrible impending threat. Your journey takes you from the forgotten catacombs beneath the subway to the desolate wastelands above, where your actions will determine the fate of mankind.

Key Features


  • Metro 2033 is a gripping, atmospheric first person shooter experience powered by cutting edge technology, featuring full DX10 and NVIDIA PhysX support for high-end gaming PCs, to deliver incredible visuals
  • Witness the everyday horrors of a broken society living in constant fear
  • Brave the darkness of the tunnels, where mutants hunt their prey and ghostly spirits lurk
  • Explore the desolate city-surface, trusting your gas mask and rifle to protect you from a poisoned world and the creatures that roam there
  • Steel your nerve and prepare to face the terrors that await

Based on the internationally bestselling novel series by Dmitry Glukhovsky

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP, Vista, or 7
    • Processor: Dual core CPU (any Core 2 Duo or better)
    • Memory: 1GB RAM
    • Graphics: DirectX 9, Shader Model 3 compliant graphics cards (GeForce 8800, GeForce GT220 and above)
    • DirectX®: DirectX 9.0c
    Enabling 3D Vision:
    Metro 2033 utilizes NVIDIA 3D Vision with compatible cards and hardware. To play Metro 2033 in 3D you will require:
    • NVIDIA GeForce GTX 275 and above recommended
    • A 120Hz (or above) monitor
    • NVIDIA 3D Vision kit Microsoft Windows Vista or Windows 7
    Recommended:
    • Processor: Any Quad Core or 3.0+ GHz Dual Core CPU
    • Memory: 2GB RAM
    • Graphics: DirectX 10 compliant graphics card (GeForce GTX 260 and above)
    • DirectX®: DirectX 10 or higher
    Optimum Requirements:
    • Processor: Core i7 CPU
    • Memory: 8GB RAM or higher
    • Graphics: NVIDIA DirectX 11 compliant graphics card (GeForce GTX 480 and 470)
    • DirectX®: DirectX 11
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (127 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (15,582 件のレビュー)
最近の投稿
To you SeeMe
0.4 hrs
投稿日: 4月24日
ロシアのポストアポカリプス小説が原作のゲーム
ストーリー自体は原作と同じ流れだが一部とEDが違う
CoDのように一本道を進んでいくゲームだがプレイヤーに様々な苦しみを与えてくれるゲームシステムがポイント
まず放射能下であるため主人公アルチョムはマスクが必要なのだがこれにはフィルターが必要であっちこっちで探さなくてはならなくなる
しかし人間の敵も同じ条件下であるのでヘッドショットでマスクを吹き飛ばせば労せず無力化できるので非情にオススメ
そしてMetro2033の世界でお金の役割を持っているのはかつて人類が地上で暮らしていたころに製造された弾丸であり最大のポイントはこの弾丸は戦闘時に弾薬として使用できる(地下で生活している人々が作った弾薬より威力が格段に上がる)ため
戦闘で断腸の思いで使用することになることが多々ある
このゲームに出てくる敵はミュータントである比率が高いので生き延びるためには惜しまず金(弾薬)を使おう

そしてこれだけ苦しい思いをして遊んでいるとこの地下世界がそれだけ厳しく核戦争という悲劇でこんなことになってしまったのだということを痛感することになる
高いクオリティの音楽と合わせて地下世界を味わおう
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
boiler
14.9 hrs
投稿日: 4月24日
映画の世界に入り込んだかのような圧倒的な没入感で、クリアまでの15時間をフルに楽しめました。

暗い地下鉄坑道をネズミのように這いずり回りながら進んでいきます。ときどき地上に出て廃墟と化したモスクワの街を彷徨います。いつミュータントが襲ってくるか分からないため気が抜けません。唸り声が近づいてきたと思って振り返ると目の前にドアップで迫られています。マジでビビります。Aimブレブレになります。坑道の中にはミュータント以外にも様々なアノマリーと呼ばれるものが存在しており、その神秘的な演出とグラフィックにも目を見張るものがありました。

没入感とポストアポカリプスの雰囲気が本作の神髄ですので、オープンワールドのような自由度やFPSとしての最先端のゲーム性を求める筋には期待外れに終わるでしょう。アルチョムとして、エンディングまでの物語をぜひ体験してください。共に戦うNPCの息吹すら感じられる作品です。

これからプレイするのであればMetro Reduxの方が良いのでしょうが、PCスペックも高いものが要求されますし、日本語化の問題もあるようです。こちらのオリジナル版でも本作の醍醐味は十分味わえるのでは無いかと思います。

最後に、素晴らしい日本語訳を付けていただいた有志の皆様に感謝いたします。お陰様で本作を120%楽しむことができました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
LenNy
0.2 hrs
投稿日: 2月23日
dadaadwafafafas
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Raimei
10.9 hrs
投稿日: 2月4日
銃や車などの機械類がとてもにかっこいい
自分でもなんとか作れそうな気がする粗雑さ
鉄の臭い感じが伝わってきそうな質感
そんな感じがgood
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
TOM106
9.8 hrs
投稿日: 1月22日
PCゲームのメトロ2033は私の人生の中で一番美術、芸術的に優れた作品だと感じました。

この作品の原作はロシア人作家ディミトリ氏が手掛けた『metro2033』という小説で文明社会が滅び放射能の影響で地上に住めなくなった人々が地下鉄(メトロ)跡の廃墟を住居にして生き延び突然変異によって生まれたミュータントたちが地上を支配するというストーリーです。

ディミトリ氏は12歳からのゲーマーでありゲーム化されることは映画化される事と同じくらい光栄であると語っていてゲーム化される事で本を読まない世代でも物語を感じることができると考えているそうです。

ディミトリ氏の作品はメトロに住む人々の描写が素晴らしい、とくに紙幣や硬貨が価値のなくなり弾丸を硬貨として使用する発想は衝撃を受けた。

私がこの作品を選んだ理由はまるで自分自身が体験しているかの様な没入感にあります。

主人公は幕間の独白を除き、ほぼしゃべらないそれにゲームに必要なゲージ類(UI)を排除しているので次々に起きる出来事が直接伝わってくるように感じる、たとえるならジェットコースターなどのアトラクションに乗っているかのようにです。画質も息をのむほど美しくそこにいるかのように感じさせてくれます。

没入感は優れた作品にしか生まれないと私は考えています。優れた写真には引き込まれるような美しさがあり、優れた音楽には身を委ねたくなるような美しさがある。没入感なくしては美術芸術は語れません、だからこそゲームであっても芸術品として語ることができるのだと私は思います。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
kuroyani
12.3 hrs
投稿日: 2015年11月15日
プレイしているこっちが体調悪くなりそう(笑)

・世界観は素晴らしい。荒廃した世界や、泣く泣く人が押し込まれたメトロなど
・有志による日本語化あり
・出来るだけゲーム体験をリアルするためか、ちょっとやりすぎなところも
 1.ガスマスクをつけたときの主人公が物凄い息苦しそう、ゼーハーゼーハーうるさい
 2.ガスマスクつけたときのマスク内にできる結露がかなりうっとおしい
 3.HUDがない替わりに時計で色々情報を示しているけれど、それに関するチュートリアルがない
 (もともと視野角がおかしいのとガスマスクの息苦しい演出でのせいか、プレイ中に頭痛を感じたりもしました)
・無理やりステルス要素盛り込んだように感じる、ステルスプレイは結構ストレスたまります

ダメなところをいくつかあげましたが、もともとストーリーを追っかけて
世界観を楽しむFPSなのでそれだけで買ってもいいゲームではあります。
それなら何故オススメできないかと言うと、グラフィックスやダメなところが大幅に改善された
リマスター版があるからです。どうせならそっちやったほうがいいですよ。

ただ、リマスター版には公式や有志による日本語化もないので、それが弱点ですが・・・。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Hinokiburo
18.0 hrs
投稿日: 2015年10月31日
とにかく酔うが雰囲気は最高
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Raiken
1.7 hrs
投稿日: 2015年9月22日
最も重要な認識しておかなければいけないインターネットのルール。
それは、インターネットには現実世界のようなルールは無いという事である。

現実世界では、現実という審判がいる。
時間の経過に従って現実という審判が下される。
その、時間経過による現実の審判を逃れられるものはいない。


しかし、ウェブ上では違う。
一切のルールは存在せず、審判も居ない。
なんでもありのノーホールズバーである。
著作権や肖像権の侵害も誹謗中傷も俺ルールも俺縛りもなんでもありの世界である。


勝ち負けを判定する人間はいない。
つまり、インターネットは勝ち負けではないのである。
「裁判になれば貴方の負けです」という現実世界側からの判定や、「法的に言うと貴方の側に非があります」といった勝ち負けの通達や、常識論は一切が無効化される。





では、インターネットとは何であるのか。
それは、説得である。


説得の1段階目で絶対にしてはいけない事。
それが、見下しと、軽蔑と、攻撃である。
見下されたものは根にもち、潜在的荒らし化する。
軽蔑されたものは根にもち、潜在的荒らし化する。
攻撃されたものは根にもち、潜在的荒らし化する。

その時点で荒らしと化さなくても、ブロガーが隙を見せた瞬間に彼らは表側に現れて、荒らしと化すのである。ブログには日々新規客が訪れるからして、一段階目も二段階目も無く、もしも荒らされないままコメント欄を閉鎖する事無く都合のいいブログを形成したいと望むならば、見下しと軽蔑と攻撃は厳禁である。



つまり、インターネット上では勝ちを主張し、勝ちを急いだら負けである。

世界には思慮が足りない人が大勢居る。
というよりも、思慮が足りている人はいない。
誰かしらなにか隙を持ち、誰かしら何かミスをする。
荒らしが大勢いるならば、その中から弱い相手を見つけ出すのは簡単である。

しかし、それをやってはおしまいである。
それ、即ち「弱い相手を見つけ出して指摘し、正当性と勝利を主張する」という事をやるというのは、それ以外の箇所を無視する論点ずらしに他ならない。

それがディベートであれば審判がいて、相手を論破した時点で「勝ち!」と宣言してくれるのだろうが、インターネットには審判などいないからして、「俺は負けていないよ」といったらその人は負けていない事になるのである。審判のいるインターネット外に問題を持ち出す事は、コストと労力とリターンから見て不可能に近い。


相手の弱い所には目を瞑り、もっとも中心に近いまともである点を説得して説き伏せる以外に手は無い。ブロガーは誰しもが弱点、負けるポイントを持つものである。一度やってしまうと、やりかえされてネガキャン合戦化し、一切の対話が成り立たなくなる可能性が非常に高い。地道に説得するしか無いのである。


勝てる相手は必ずいるが、それを相手にしたら負け。
そもそも、荒らしというのはその存在だけで卑怯でありアンモラルであるからして、存在からして勝ちである。それを相手にお前負けだ俺勝ちだなどやるのは馬鹿の所業に他ならない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Strong Chamaeleon
6.3 hrs
投稿日: 2015年6月30日
小説がもとになってるらしいゲームで、
背景になっている世界は実際、興味深そうなものです。

はじめのうちは、描かれ、暴かれだす世界の姿に胸を踊らせていたのですが、
Chapter4から、陰惨な世界の興味そそられる猫写から、パイレーツオブカリビアンへと変貌します。
そこで起こる大変な事態によって、ひとびとに起こっている悲惨さなんかどうでもよくなって、
いかにしてランボーやブルース・リーになりきるか、といったことに全神経を注がなくてはならなくなります。

Chapter1-3までは、やるに値するので、おすすめしますが――
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
zennpai[JP]
19.6 hrs
投稿日: 2015年6月21日
細かいレビューについては他の方がまとめてあるので雰囲気の魅力について

救いの無い世界観 荒廃した世界が好き!って方にオススメのゲームです
外にさらされている地下鉄の階段に作られた掘っ立て小屋のような生存者のグループもいれば
安全に暮らしているグループもいる それだけでもプレイしていると色々と思うものがあります
これ以上はプレイする方の楽しみを奪わないために書かないがじっくり見て世界観を堪能して欲しい


ネタバレ防止
エンディングは初めてクリアしたそれが結果だから他のエンディングを気にしなくて大丈夫
何も2週目をする必要もない
この世界のアルチョムとして最後までプレイした結果は1つで良いのだ
セールで他人に布教したついでのレビューなので一部説明が雑かもしれません
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
15 人中 15 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 12.9 時間
投稿日: 2015年2月20日
同タイトルの小説が原作の一本道FPS。
核戦争で生き残った人々が地下鉄へと逃げ延び、狭い地下で暮らして
いる。地上はミュータントが跋扈する世界になっており、そんな世界で
主人公アルチョムはメトロのある駅で暮らしていたが、新種のミュータン
トの脅威のため救援を求めに旅立つ。

上記の物語冒頭の概要でも分かるとおり、マップは暗く閉塞的な地下
鉄が中心となる。地下鉄では物資に乏しくマップの各所にある遺体か
らアイテムを収集して、乏しい物資をもとに銃弾・回復アイテム・フィル
ターをやりくりして進んでいく。探索をしっかりすればお金の代わりにな
る軍用弾やアイテムを入手できるが、通常のFPSのように銃弾やアイ
テムを使用しているとすぐに物資が心許なくなるので管理が大切となる。

戦闘は対人間と対ミュータント。対ミュータントはデーモンを除き、HS
かショットガンを近距離で放てば簡単に撃退できる。数に囲まれたとき
が脅威なぐらい。対人間では堅い・纏まってる・地下鉄マップでは暗闇
で視認し難いとやり辛い敵になっている。銃撃に身を晒してしまうとす
ぐに死んでしまうので、クリアリング・銃弾管理が必要になってくる。
不用意に接敵して戦闘状態に入ると付近の敵が大挙してやってきて蜂
の巣になることもあり、スニークが求められる場面もある。

雰囲気が独特で、終末ものが好きな人には堪らない作品になっている。
FPSとしてもやり応えがあり、対人間相手の一対多の戦闘ではFPSの
基本が改めて求められる面白い戦闘だった。
日本語化可能。マルチED。条件を満たせば最終盤で選択できる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
16 人中 15 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 34.5 時間
投稿日: 2014年3月8日
おそらく20時間ぐらいで初見プレイはクリア。
最初は全然進めなくて、どんだけ難しいんだと思ったら、
2週目では最高難易度をクリアしてしまっていたという、
プレイヤーを育てるのが上手いゲーム。
エリアによって武器を切り替えて進んでいくのが楽しい。
暗い通路で戦いぬいて、やっとの思いで集落に辿り着いたときの安堵感はなんとも言えませんな。
慣れるとサクサク進めるので、やられてしまっても諦めず何度もトライしてほしいです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 14 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 11.4 時間
投稿日: 2013年12月5日
戦争によって地上が汚染され人類が謎のミュータントによって地下世界に追い詰められた世界が舞台のFPSRPG
小説が原作なだけに世界観がしっかりしている
ガスマスクを装着したときの視界の曇りや汚染している場所を歩いているときの息苦しい呼吸音など
ゲームの世界に没入できるような工夫がされている
ほとんど地下でしか活動しないので全体的に雰囲気が暗い
Fallout 3のように自由な探索は出来ない一本道RPGだが荒廃した世界や廃墟のような世界観が好きならおすすめ出来る
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 15 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 58.1 時間
投稿日: 2014年6月30日
シューターとしては可もなく不可もなく、ステルスゲーとしてはまぁまぁ面白く、雰囲気ゲーとしては最高
危険で陰惨な廃墟、生存者の集落の悲惨な中にもどこか活力のある様子、手にする武器は失われた技術を補うかのような工夫
こんな世界に放り込まれたくないが放り込まれたい
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 11 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.8 時間
投稿日: 1月22日
PCゲームのメトロ2033は私の人生の中で一番美術、芸術的に優れた作品だと感じました。

この作品の原作はロシア人作家ディミトリ氏が手掛けた『metro2033』という小説で文明社会が滅び放射能の影響で地上に住めなくなった人々が地下鉄(メトロ)跡の廃墟を住居にして生き延び突然変異によって生まれたミュータントたちが地上を支配するというストーリーです。

ディミトリ氏は12歳からのゲーマーでありゲーム化されることは映画化される事と同じくらい光栄であると語っていてゲーム化される事で本を読まない世代でも物語を感じることができると考えているそうです。

ディミトリ氏の作品はメトロに住む人々の描写が素晴らしい、とくに紙幣や硬貨が価値のなくなり弾丸を硬貨として使用する発想は衝撃を受けた。

私がこの作品を選んだ理由はまるで自分自身が体験しているかの様な没入感にあります。

主人公は幕間の独白を除き、ほぼしゃべらないそれにゲームに必要なゲージ類(UI)を排除しているので次々に起きる出来事が直接伝わってくるように感じる、たとえるならジェットコースターなどのアトラクションに乗っているかのようにです。画質も息をのむほど美しくそこにいるかのように感じさせてくれます。

没入感は優れた作品にしか生まれないと私は考えています。優れた写真には引き込まれるような美しさがあり、優れた音楽には身を委ねたくなるような美しさがある。没入感なくしては美術芸術は語れません、だからこそゲームであっても芸術品として語ることができるのだと私は思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 13 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 11.6 時間
投稿日: 2014年11月6日
世紀末系FPS

核戦争で荒廃後の世界 人々は放射能から逃げるために地下鉄に潜った!
S.T.A.L.K.E.R.と同じ会社開発というのもあって雰囲気が良くできていて、メトロの人々の生活の息吹を感じることができる!

武器も空気銃やら自家製ぽいマシンガンとか電気銃とか個性的な武器が揃っている!

S.T.A.L.K.E.R.とは違い今作は一本道なストーリーも特徴。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 10 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 24.4 時間
投稿日: 2014年2月28日
本作はMetro Last Lightの前にプレイされるべきゲームである。アクション性が云々といったことを気にするようなゲームではない。このゲームに漂う荒廃した雰囲気の世界は特筆すべきものがあり、そうした世界の雰囲気を味わうゲームなのだ。
 舞台はロシア。大規模な核戦争の影響で地上に暮らすことができなくなった人々は、地下生活、ある程度の広さを持ち各駅間を行き来することのできる地下鉄へと追いやられることになった。もはや地上を支配するのは死の灰と、そんな環境にも適応した畸形で獰猛な生き物共である。当然物資は不足するので地下鉄内で自給できるものは自給する。ある勇気あるものは地上に残してきたものを取り戻しに行く。しかしまた他の者は持てる者から奪えばいいと考える……

 このような世界を演出する細やかな工夫がすばらしい。暗い地下ではライトが必須だが、とにかくものがないのだから手回し発電機でしか発電できない。電気を使えば減るのだから定期的に発電しなければならない。たとえ敵がそばにいようともである。これは世界の雰囲気作りにも役立っているし、いつ発電すれば戦闘を有利に進められるかの駆け引き要素がゲーム性へと寄与している。

 もう一つ重要な要素は貨幣である。物が不足しているのだから金属は実用的なものにこそ使われるべきであり、硬貨など作っていられない。それに対する信用がなければ紙幣などただの紙だ。ではこの世界において何が信用に値するか。それは暴力である。怪物共と戦うため、物盗り共から身を守るため、あるいは物盗りとなって自らの糧を得るため。暴力こそが人々が共通に価値を認めるものである。ゆえに銃弾が信用に値するのだ。このゲームでは銃弾が貨幣の役割をする。もちろん本来の使い方もできるが。
 この発想、なかなか素晴らしいのではないか。こんな雰囲気作り、他のゲームの範となるべきではないだろうか。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 29.9 時間
投稿日: 2014年4月24日
ステージの大半がトンネル内なので周囲の暗さが半端じゃなく
ガンマ調整で何とかなるレベルじゃない・・・・
気味の悪いトンネル内や荒廃した都市など全体的な雰囲気は凄く好みだったけど
作品の特徴である「暗さ」だけが自分には合わずに
終始ストレスを感じながらのプレイでした
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 6 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.2 時間
投稿日: 2014年4月6日
変わり果てたモスクワ、突然変異したミュータント、いろいろな場所で会ういろんな人たち......そういう細かいところがとてもよく出来ていると感じるゲーム。新作のMetro:lastlightをプレイするつもりなら先にこっちをやったほうが?となる部分が少なくてすむかも知れない。もし本当にこのMetroという話を理解したいのなら、原作も買うことを強くお勧めします
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 6 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 11.5 時間
投稿日: 2014年4月23日
銃弾が金なので、銃を乱射してると金をばら撒いてる気分になってキモチイ・・・
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い