このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Free to Play をプレイ

フルHDムービーをダウンロードして鑑賞する

無料ムービー

Watch Free To Play (Streaming)

Please see the Streaming Video FAQ for requirements and more information.

Free to Play - Competitor's Pack を購入する

3 アイテムを同梱: Crown of Hells (hyhy's Doom Set), Forge of Iron Will (Fear's Sven Set), Murder of Crows (Dendi's Pudge Set)

 

キュレーターによりおすすめされています

"It’s unlikely you’ll be disappointed by checking out this emotionally engaging and insightful Dota 2 documentary."
ここでレビューの全文を読む

レビュー

“ビデオゲームがいかにして次世代スポーツになってきているのかを示す、魅惑的で眼を見張るべき映像。”
-Geoff Keighley, Spike TV

“鮮やかに撮影され、見事に編集された Free to Playは、心と情熱と我々を駆り立てるものについての映画だ。決定的なEスポーツドキュメンタリーになることに疑いは無く、それ以上に心に響く作品。 Free to Play は注目に値する映画だ。”
-Lisanne Pajot & James Swirsky, Creators of Indie Game the Movie

“Eスポーツの世界に対する魅惑的で人間味ある洞察。 転換点の記録。”
-Wired.co.uk

Watch It Now

Free To Play はカリフォルニア州サンフランシスコのカストロシアターにて、3月18日午後8時からプレミア上映を行います。チケットは Eventbriteからお求めいただけます。 プレミア上映に続き、ドキュメンタリ製作者とスペシャルゲストによるライブQ&A セッションが行われます。詳細情報はhttp://freetoplaythemovie.com/jp/をご覧ください。

映画について

Free to Play は、出身国の異なる3人のプロゲーマーが100万ドルのかかったDota 2の世界大会「International」 で戦う様子を追いかけた長編ドキュメンタリ映画です。近年、Eスポーツの注目度は急激に上昇し、今日において最も人気のある競技スポーツの一つとなりました。100万ドルのかかった大会がゲーム界の展望を変え、トップレベルのプレイヤー達にとっては大きな転換のときとなったのです。Valve によって制作された本作品は、最高レベルで戦うプレイヤー達が競技を続けるために経験する挑戦とそれに伴う犠牲の記録です。

Free to Play Competitor's パック



Free to Play Competitor's パックは2014年3月14日よりSteam と Dota 2 ストアで購入可能となります。売上げの 25% はこの映画の出演者と貢献者に分配されます。Free to Play パックは以下を含みます:

  • フィアーの Sven セット - 製作者:Jeremy Klein, Ziedrich
  • hyhy の Doom セット - 製作者:Vermillion Wlad
  • デンディの Pudge セット – 製作者:Danidem, Bronto ϟ Thunder
  • Free to Play ワード – 製作者: Valve
  • Free to Play HUD –製作者: Valve
  • Free to Play クーリエ –製作者: Valve

プレイヤーについて

  • デンディ/Dendi: ウクライナのリヴィウ出身。祖母から兄へのプレゼントだったパソコンで、彼は幼い頃からゲームに触れました。早くからダンスや音楽に興味を 持っていたデンディは、あっという間にゲームを習得し、その実力は瞬く間に同年外の子供を凌駕していきました。長期間のピアノの練習から得た抜群の器用さ を武器に、デンディは圧倒的な実力と創造的なプレーを披露し、地域のゲームトーナメントの有力プレイヤーとして浮上しました。 様々なゲームでも頭角を現していた彼が偶然見つけ、強い運命を感じたのが Dota でした。
  • HYHY: シンガポールでの Dota の発展を見守ってきたのなら、ベネディクト “HyHy” リム は聞き覚えのある名前でしょう。1990年にシンガポールで生まれた HyHy は、2007年に開催されたアジアンサイバーゲームにチームと共にシンガポール代表として出場し、世間に知られるようになりました。翌年のエレクトロニッ クスポーツ・ワールドカップで勝利を収めてからは更にDota 2 コミュニティの重要人物として活躍してきました。意見の違いを恐れること無く自分の意思を伝えることの出来る彼は、プロゲーマー界において、勝利への渇望 を持った非常に多才なプレイヤーの1人としてその名声を築きました。
  • フィアー/Fear: おそらくこれまで最高の欧米出身の選手の1人であるクリントン”フィアー”ルーミス。彼がが歩いてきた道は決して平坦なものではありませんでし た。勝ちを期待される状況に無かった彼は、恵まれたバランス感覚と苦労して獲得した経験を基に、アメリカ出身の選手が度々直面する孤独を乗り越えてきまし た。1988年に生まれた彼の職業意識と熱心さはいつしか、彼をオレゴン州メドフォードから、ヨーロッパと中国を経て、最終的にはビデオゲームの歴史の中 で最大の賞金総額を誇るトーナメント Dota 2 International へと導いたのです。

システム要件

Windows
Mac OS X
    Minimum:
    • OS: Microsoft® Windows® XP Home, Professional, or Tablet PC Edition with Service Pack 3; Windows Server® 2003; Windows Server® 2008; Windows Vista® Home Premium, Business, Ultimate, or Enterprise (including 64-bit editions) with Service Pack 2
    • Processor: 2.33GHz or faster x86-compatible processor or Intel® Atom™ 1.6GHz or faster processor for netbooks
    • Memory: 512 MB RAM
    • Hard Drive: 5 GB available space
    Recommended:
    • OS: Windows 7
    • Processor: 2.4Ghz or faster x86-compatible processor
    • Memory: 2 GB RAM
    • Hard Drive: 5 GB available space
    Minimum:
    • OS: Mac OS X v10.6
    • Processor: Intel Core™ Duo or faster processor
    • Memory: 512 MB RAM
    • Hard Drive: 5 GB available space
    • Additional Notes: Not compatible with OSX 10.7.3
    Recommended:
    • Processor: Intel Core™ Duo 2.4Ghz or faster processor
    • Memory: 2 GB RAM
    • Hard Drive: 5 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
30 人中 17 人 (57%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.4 時間
投稿日: 1月5日
ムービーを見るだけで全5個の実績が簡単に解除できます。
実績集めてるかたはタダなんでみたほうがいいですよ。
内容はe-sportやDOTA2の話らしいです。

スキップでとばしたので中身見てません、すいません。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 4 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.8 時間
投稿日: 2月6日
Dota2の世界大会のドキュメンタリー?です。
無料ですべて閲覧可能で特にそれに対する追加のDLCもなかったです。
ただ、このドキュメンタリーに登場する人物に
関連したDota2の追加パックみたいのがあります。
Dota2をやっていてこれをみて個人的に感じる部分があれば購入してもいいかもしれません。
この世界大会あった時にはDota2ってなに?のレベルでしたが..
そのあとは機会をみてはβの申し込みして当選したら今度はたくさん投下されたので
配りまくったな..その成果でかなり上のランクのアイテムもらった記憶がありますが
その後やってなかったり..一応理解して遊べるようになりたいとは思っているのですが..

内容は日本ではまだまだメジャーには程遠いeSportに関する内容ですが
やっぱり世界的にもそんなに変わってるとはいい難い内容ですね。
日本よりははやっているようですけどね..
取り上げた人物にはアメリカ、ウクライナ、シンガポールの人だったと記憶してますが
世界的に強いといわれるのが中国チームみたいですね。
なんか統率された軍団で最強のライバル、絶対王者的な立ち位置でした。

シンガポールとかは話では聞いていたけどやっぱり日本以上の教育に厳しい情勢とか..
ウクライナチームをみて今の内戦大丈夫?とか思ったりとかしたな..

実績的にはみるだけで達成できます。
これも面倒であれば最後の方まで移動して最後までみれば達成できると思います。
修正されていなければですが..
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
237 人中 211 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
6 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 22.7 時間
投稿日: 1月25日
For The "First" Time in My Life,
I Can "Install A Movie" on My PC.

ɢɢᴡᴘ - VALVᴇ ;)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
125 人中 100 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.3 時間
投稿日: 2014年11月30日
Not a game. 10/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
78 人中 63 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.7 時間
投稿日: 1月2日
fear finally got a new desk
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
64 人中 54 人 (84%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.7 時間
投稿日: 2014年12月30日
The production quality is quite good. The backstories of the professional players can be emotional and captivating, giving a very interesting look into a growing culture within gaming; where esports are given mainstream acceptance across the world.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
62 人中 47 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.4 時間
投稿日: 2014年11月22日
The film is Free to Play has changed my attitude to Dota 2 and maybe I'll play Dota.
10/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
171 人中 110 人 (64%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.2 時間
投稿日: 2014年11月15日
i cri evrytiem
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
55 人中 41 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 5.1 時間
投稿日: 2014年11月16日
Much better than the docs on t.v. these days.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
16 人中 13 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.3 時間
投稿日: 2014年12月20日
Free to Play is a documentary film by Valve.

You follow the story of Dendi, Hyhy and Fear. Three professional Dota 2 players and their journey towards the first Dota 2 International Tournament.

Note. Dota 2 is developed and published by Valve too, so you can expect this to be like The Lego Movie (2014).

★★★★☆ | Liked it
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.6 時間
投稿日: 4月7日
Not a game, but a very good documantary !
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.4 時間
投稿日: 1月22日
Gaming is great. Getting paid for it is even better. Competitive gaming however... not so cool. I believe that competitiveness comes from feeling of inner void, a sort of inferiority complex. And seeing these gamer kids/guys with more or less severe neuroses proves that. However when they come together and compete for 1 000 000 $, it makes up for an interesting story. World league gaming is a crazy, crazy world. And e-sports is already a professional sport industry, just like any other.

Great movie! 9/10.

Still doesn't make me want to play DOTA 2 a bit.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 9 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.9 時間
投稿日: 2月6日
Free to Play...a movie about Dota...but not. :)...So this was a wonderful insight into the lives of the people in the world competion...I enjoyed this so very much because a lot of people don't realize how much effort and your life goes into a competion like this...It was held in Germany...One kid came all the way from the US, his team mates being from around the world...So he had never had an opportunity to play near them...And it was amazing the skill he had considering what he had to play with...And I learned a lot of things such as how it can be a career in places such as China...Some teams were even more popular than sports teams!!...I highly recommend going through this movie...You will not regret it if you go into it with a postive attitude...And...it is after all..."Free to Play"...;))
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 6 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.4 時間
投稿日: 2014年12月5日
This documentary offers a captivating insight into the life of competitive gaming. It is NOT about Dota 2; the purpose of the film is to inform viewers about the revolution of e-sports - Dota 2 is merely used as the primary example. Even if you have never played or even heard about Dota 2, you will be riveted by this enthralling film. Games are often regarded as a waste of time, but they are just like any other sport. This documentary presents us with the future of sports. You mind will explode; your heart will shatter... definitely a MUST watch! ~ 9.6/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
19 人中 12 人 (63%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.6 時間
投稿日: 3月11日
Movie that has Achievements.
GG WP
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 6 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.2 時間
投稿日: 4月13日
"One Way to Forget About Pain is to do Something You Will Be In, Completely." - Dendi
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
32 人中 18 人 (56%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.2 時間
投稿日: 2014年12月6日
It's a game that's a movie.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 4 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.1 時間
投稿日: 3月11日
After watching for the whole long 1h15mins with a lot of feeling, i really really want to say something, maybe just stupid, or messy typing but it's free to read .... ^,,^~

...

Everyone have their own life, and those guys choose the way of professional gaming aka e-sport career, which is the youngest entertainment industry in the world. It's new, it's different, or as same as nothing before, and they need to find their own way to move on. The real struggle is mostly from family. I'm not racist, or something-ist, but it's really really different about the culture. As it can be seen in some Europian team, their parent just don't understand their kids, but still let them have easy breath. However, the Asian team don't have this easy-going. I'm fully Asian, born and grow up in Asian country, feel empathy to them. This is a real pressure from family. Kinda there are only 2 side you can choose from parents: study, or die- i mean, real die without any job, and homeless. Just take Hyhy as an example, even Singapore is one of strongest countries in South-East Asian, his parents still DONOT support his gaming career, and at last, when he's back from the world tournament, he still needs to finish his University. So, life goes on.

Moreover, the e-sport industry extremely need to take care their gamers, like building more gaming houses. So they can have more benefits to countinue with this toughest job in the world, because the gaming age is shorter than soccer age, just a few years. When they're out-meta, they're out, then find some ways to start again, or begin with something new. When I was young, like 7~8 years ago, my parent always ask me whenever i'm playing too much ( for me at that time, too much is like 2~3 hours), like which one will you choose: a Bruiser, an Assassin, or a Hyper Carry ( Sorry for using MOBA language). They all can be understand as: A Bruiser ( balance your gaming and studying, but not really good at both), an Assassin ( spend all young age to do whatever you like, and regret at old), or an Hyper Carry ( spend fulltime studying and get easy life after getting job). And I now still thinking what happen if i'd chosen the gaming career and i failed. SERIOUSLY, THERE IS NO GAMING INSURANCE. All the professional gamers need to do risk their life, or become a N.E.E.T !

So far, i really really hope the gaming industry will shine, and compare equally to every other industries. Best wishes for y'all !

p/s: Valve, please make more movies with this genre! You have my full respect and appreciation! I absolutely enjoy watching !

----------------------------------------------

Bad things: even in the F2P Movie, they are still PR for some sets of Dota2 items, lol, no offense but seriously guy ??
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 5 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.5 時間
投稿日: 4月5日
It's a great movie, it's just that I can never find waldo.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 5 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.3 時間
投稿日: 1月24日
Loved it! great film!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い