I.R.I.S. は、武術を操る殺し屋にして、1 台のバイク。突如自我に目覚めた彼女は、自由を求めて大陸を横断の旅に出た。唯一の相棒はズボンのすそが I.R.I.S. の車体に引っかかってしまったエンジニアの Pablo。サイコパスのバイク S.P.I.K.E. と国際武器カルテルの闇組織に追われて絶対絶命の I.R.I.S. と Pablo。「自由のアメリカ」のために走る彼らの、負けられない戦いがここにある。
ユーザーレビュー: ほぼ肯定的 (155 件のレビュー)
リリース日: 2014年2月14日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

LocoCycle を購入する

 

レビュー

“Busting at the gills with an absurd amount of charm.”
Official Xbox Magazine

“I was easily sucked into its silliness.”
Game Informer

“I loved seeing LocoCycle through to its zany finale.”
Gamespot

Big Picture!

このゲームについて

I.R.I.S. は、武術を操る殺し屋にして、1 台のバイク。突如自我に目覚めた彼女は、自由を求めて大陸を横断の旅に出た。唯一の相棒はズボンのすそが I.R.I.S. の車体に引っかかってしまったエンジニアの Pablo。サイコパスのバイク S.P.I.K.E. と国際武器カルテルの闇組織に追われて絶対絶命の I.R.I.S. と Pablo。「自由のアメリカ」のために走る彼らの、負けられない戦いがここにある。

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP2 32-bit
    • Processor: Dual Core
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: DirectX10 GPU w/256megs VRAM
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 15 GB available space
    • Sound Card: Windows HD Audio
    • Additional Notes: DirectX9 GPU not supported
    Recommended:
    • OS: Windows 7 64-bit
    • Processor: Quad Core
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: DirectX11 GPU w/1gb VRAM
    • DirectX: Version 11
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 15 GB available space
    • Sound Card: Windows HD Audio
参考になったカスタマーレビュー
40 人中 38 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.6 時間
投稿日: 11月14日
主人公の意見ガン無視のヒロインバイク I.R.I.S.がかわいいゲーム
敵も味方もみんな魅力的なキャラばかりで飽きずに見てられる
最初は実写流れ始めてクソゲーかと思ったけど
茶番が嫌いな人以外は見てるうちに実写がどうとか気にならなくなるはず
操作も簡単で難易度も低めだからアクションが苦手な人にもオススメ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.8 時間
投稿日: 10月28日
パッと見は3Dバイクシューティング格闘ゲームに見えるけど操作した感覚としては近接格闘があってQTEもあるシューティングゲームといった方が近い。ストーリーは目通りのバカゲー。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.8 時間
投稿日: 11月11日
日本語字幕あり。

お馬鹿なB級お笑いゲーム。
軽いノリでバカバカしいジョークを楽しめる人なら買い。

ゲームの完成度やアクション部分に面白さを求める人には不向き

バイクに引きずられているパブロさんの悲痛な叫び声を楽しむゲームです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.7 時間
投稿日: 10月31日
If you like Twisted Pixel's other stuff, this weird title is right up your alley. Not the best, but it's worth a play and its not super long. Give it a shot.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 3.1 時間
投稿日: 11月2日
♥♥♥♥♥♥♥♥ keyconfig. ♥♥♥♥♥♥♥♥ keyinput timing. ♥♥♥ joypad
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 8.4 時間
投稿日: 11月5日
Nice and funny. Oryginal concept for kids. Not for PC gamers (does not realy work with Keyboard).
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
記録時間: 5.7 時間
投稿日: 11月12日
Crazy arcade game with funny story and tons of bonus content, but ONLY playable with controller.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
43 人中 43 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 7.5 時間
投稿日: 6月23日
アクションゲーム.日本語対応.
人工知能を搭載したバイクを操作して旅路を妨害してくる敵を蹴散らすゲーム.バイク操作とはいえレース要素は皆無なので注意.ムービーは実写であり,キャストも豪華.破天荒な展開の連続でプレイしていて飽きないしお笑い要素も満点.日本語翻訳もうまくできている(時々女口調と男口調が混ざっているが問題なし).

【アクション】
ザコ戦では銃をぶっ放したり前輪で殴ったり後輪に引っ掛かっている主人公をブーメランのように投げたりして戦う.敵が攻撃を仕掛けてくる際はダッシュをすることでカウンターができる.遊びやすさを重視しており,基本的に攻撃ボタンとダッシュボタンを連打しているだけで良い.
ボス戦ではボスの体力を削った後にQTEのある戦闘ムービーに突入する.基本的にはアナログスティックを指定の方向に倒すだけなので直感的に操作できる.ボタンの場合もあるが大抵はダッシュボタンなのでボタンの押し間違いに苦しめられることもない.また,大抵ゲームはQTEに失敗すると大ダメージ・即死だが,本ゲームにはそういったリスクはなく,最後のスコアに影響するぐらいなのでQTEにイライラすることもない.
ボス戦・ザコ戦の他にもシューティングステージや格闘ステージがある.

【システム】
ステージをクリアすると経験値が手に入り,それを使ってバイクを強化したり,舞台裏映像やコンセプトアート等を解除したりできる.

【総評】
やりこみ要素が無くリピート性に欠けるが,非常に遊びやすい.
何より制作陣が楽しみながらこのゲームを作ったことがひしひしと伝わってくる.定価で買っても損することは無いと胸を張って言える個人的にオススメのゲーム.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.2 時間
投稿日: 9月10日
人工知能搭載バイクI.R.I.S.(と、足がくっついて離れなくなってしまったPablo)が迫り来る敵を千切っては投げ千切っては投げするアクションシューティングゲーム。

前からくる車をミサイルでふっ飛ばし、襲いかかる戦闘員をボコスカ殴りまくると気分はサイコー!
さくっとした内容かつ、映画のようなストーリーについつい熱中してしまい最後まであっという間でした。

I.R.I.S.かわいいです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
5 人中 4 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.1 時間
投稿日: 7月14日
挟まったズボンが取れないのかと思ったら当然の様に飛び道具として放り投げられて律儀に戻ってくるパブロ
ターボを強化したり射撃を強化したりしても イベント戦闘が多くて使いたい装置を使えない事が多い
深いこと考えなくて良いゲーム
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.0 時間
投稿日: 6月24日
カジュアルな難易度のバイク格闘アクション。100HITコンボを目指せ!
というか、なんでバイクで格闘するんだ!? この企画にGOを出した人を小一時間問い詰めたい…
XBOX ONEのローンチタイトルらしいです。バカゲーです。
そして大変気に入りました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.7 時間
投稿日: 8月30日
B級臭のする実写パートと爽快なゲームプレイがどこか懐かしさを感じさせる良作

【あらすじ】
AI搭載最新鋭戦闘バイクであるI.R.I.Sはガレージへの輸送途中、雷に打たれてショートしてしまう。修理を頼まれたパブロであったが、作業途中に突如再起動。I.R.I.Sはテレビを見つめたかと思うと彼を車体に引っ掛けたまま爆走、ニカラグアを駆け抜ける。こうして彼女はインディアナ州スコットバーグで開かれるフリーダムラリーを目指し、大陸横断の旅を始めるのだ……彼を引き摺ったまま。

【ゲーム内容】
どこかおかしなI.R.I.Sとパブロの会話劇や、変形し空中で格闘戦をしたりパブロをブーメランのように扱うなんでもありのゲームプレイは思わず笑いを誘われる。また、B級臭のする実写パートもスタッフ全員が楽しんで作っているのが感じられるし、何より面白い(PS版ペプシマンを思い出してもらうとわかりやすいだろう)。

QTEはほどよい難しさ・ほどよい頻度のため、昨今の一度のミスで即死するような理不尽さから来るストレスとは無縁だった。

難易度調整も素晴らしい。初めて対峙する敵はまずノーダメージでは抜けられないが、行動パターンを理解するまでにそれほど時間はかからないためコンティニューを連発するようなこともない。

日本語字幕も数箇所の誤字こそあれど全体的には非常に高水準なため、さほど気にすることもなくストーリーを楽しむことができるだろう。

実績全解除までは5時間ちょっとであったが、ゲーム内ポイントでコンセプトアーツや舞台裏映像をアンロックし鑑賞することができるため満足度は非常に高い。定価も安くセール時にはとても安くなる(本レビュー時は-80%)ため、コスパもとても高い。気軽にプレイして笑いたい時におすすめしたい一作だ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.0 時間
投稿日: 10月23日
日本語字幕対応。
雷に打たれて暴走した超高性能バイクI.R.I.S. (アイリス)とその暴走に巻き込まれたエンジニア、パブロとのハチャメチャ珍道中を描いた作品。
パッと見はレースゲーム系やとんでもアクションに見えるが、操作した感覚としては「近接格闘があってQTEもあるシューティングゲーム」といった方が近い。自由度と呼ばれる類のものは一切なく、精々敵の倒し方が格闘か銃かの違いくらいで基本は一本道である。ボリュームもそれほど多くはなく、ストーリーをクリアするのは5時間ほどで充分。かなりライトなゲームである。

ゲーム内容であるが、格闘戦は簡単すぎる感があるがかなり楽しく、ボタン連打でコンボを決め、パブロをブーメラン代わりに使って周囲の敵を牽制する様はかなり爽快で「デビルメイクライ」や「ベヨネッタ」をやっているような気分にすらなる。反面、普段のシューティングパートは対向車を避けつつ射線を合わせて敵を撃つだけで作業感が強く、退屈だと感じた。
また、随所に挟まれるQTEは疾走感のある映像と演出も相まって他のパートと違った楽しみがある。タイミング良くボタンを押すタイプが多いのでムービーにあまり集中できないのが残念だが。
物語の途中にはたまにパブロを操作するパブロパートに入ることがあるが、制限時間があるので大変心臓に悪い。まさかこのゲームで冷や汗をかくほど緊張するようなことになるとは思わなかった。

肝心のストーリーだが、大体の方が察している通り見た目通りのバカゲーである。
ステージ冒頭に挟まれるチープな実写ムービーやオカマ口調で喋る敵(狙ってやっているのかと思ったが、恐らく翻訳ミス)など随所に笑いどころがある。
アイリスとパブロのコンビについてだが、残念なことに終始一貫してこの二人は分かり合えない。アイリスは物腰が柔らかくパブロに心を開いているように見えてただ話を聞かないだけであり、パブロはアイリスに「やめてくれー!」と終始叫んでいるだけで歩み寄りを見せない。この二人の態度はゲームが始まってから終わるまで一貫して変わらず、クリア後にアイリスが「愛してるわ、パブロ!」と言ってくれるが報われた感があるとは言いがたい。機械と人が分かり合うハートフルな展開を求める人にとっては(筆者も含めて)肩透かしを食らうだろう。ライバルである兄妹機「S.P.I.K.E.」(スパイク)とその相棒エラ・メイのコンビの方が互いに認め合って仲良くなるのでこっちよりよっぽどいいコンビに見えるのも残念な感じに拍車をかける。

惹きつけられるものは確かにあるが、捕らえて離さないような魅力には乏しい、そんなゲームである。ただ惹きつけられるものがあるのは確かなわけで……。
なんだか微妙な締めになってしまったが、間違いなく「他の人に薦めないよりは薦めたい」「他の人にもやって欲しい」と感じたゲームである。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.4 時間
投稿日: 8月15日
バイクと心あたたまる交流が出来る唯一無二のゲーム
ただしこちらの話が通じるとは言ってない
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.4 時間
投稿日: 7月1日
完全に実写
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.9 時間
投稿日: 10月12日
3Dバイクシューティング格闘ゲーム。日本語字幕有り
雷に撃たれてヤンデレ化した人工知能搭載武装バイク「I.R.I.S」が、
整備工の男パブロを引きずりながらインディアナ州スコッツバーグを目指すというカオスなお話
必死に助けを求めるパブロと、呑気に受け答えするI.R.I.Sの全く噛み合わない会話が笑える

追手の組織が色んなビックリドッキリメカをけしかけてくるので、
ビーム撃ったりミサイルを撃ち返したりグレネードを投げたり、果てはパブロを投げつけたりして応戦していく。
ゲームの難易度自体はヌルめだけど、なかなか爽快感はある。

チャプター間では実写のムービーが挿入されるが、これがまたいい意味でバカバカしい
B級映画のノリが好きな人なら間違いなく楽しめると思います。

しかしずっとやってるとI.R.I.Sがものすごく可愛く見えてくる。バイクなのに。
Portalのタレットちゃんに通じる可愛さだなこれは。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 0.7 時間
投稿日: 9月5日
レースゲーと言うよりも空中アクションゲー。ボタン連打ばかりとQTEで面白くない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
36 人中 27 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.5 時間
投稿日: 6月20日
Though it's obvious the developers had plenty of fun in creating the game and the FMVs, the fun isn't translated to gameplay. It's mostly filled with quick-time events and extremely simple buttonmashing that barely qualifies as combat. It's absolutely not a racing game like the tags suggest. One or two somewhat fun moments aren't enough to save it from being a lackluster game.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.0 時間
投稿日: 7月3日
All signs pointed to this being unenjoyable for me, but hell it was cheap, and as we know Valve have complete dominion over our finances during the Steam summer sale.

Anyway, I played half an hour and was put off by the cringeworthy videos and surprisingly poor graphics (there are some good character models but the general scenery is reminsicent of a PS2-era title). I pushed on though and I'm glad I did! For some inexplicable reason, despite the fact that I dislike on the rails games, quicktime events, cringey comedy, button mashing... I found this really, really fun to play.

The ridiculous combos, though very easy to pull off, are a lot of fun and it's satisfying, in a 'channel your inner 8 year old' kind of way. Seeing a motorcycle leap off the group and kick the crap out of enemies in a pseudo-Transformers fashion never gets old. The gameplay is pretty varied in general and though Twisted Pixel walk the line of overusing mechanics, they don't quite cross it.

IRIS is a good character with entertaining dialogue, though Pablo wears thin quite quickly, unlike his trousers. Some of the acting is atrocious in the video sequences and the jokes within them will miss more than they hit, but clearly Twisted Pixel were going for a campy, 90s-apeing style of comedy, so I can't be too harsh.

The game is smooth to play, with a clean interface and hardly any bugs. I once managed to turn Iris 180 degress after hitting a wall but it quickly sorted itself out, and bar one game crash, that's really it in terms of the technical side.

Pros
+ Fun in a pure, childish way
+ Skill trees add a sense of improvement and choice, and encourage you to keep playing
+ IRIS is no GLaDOS but still has some funny and generally enjoyable dialogue
+ Good campaign length -- the game doesn't outstay its welcome

Cons
- Reading Pablo's subtitles whilst driving -- poor game design!
- Limited replayability
- Sometimes a little too easy and simplistic
- Weak graphics, in spite of huge file size (no doubt due to the live action videos, which do look nice and crisp)

All in all, I can't even rate it out of 10. This isn't a game that can be summed up in a concise, empirical manner; some people would find it to be a 2 or 3, others a 7, 8 or even 9. It is a weird game, and in many ways a poor one, but if you can grab it in a sale, and you've got the HDD space, then give it a spin. Or a cycle, even.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.4 時間
投稿日: 9月27日
So!
LocoCycle.
LocoCycle...yeah.
It's great fun. I can definitely give it that. You're a talking motorcycle, and you have machine guns, wheel-to-hand/door/flying-bloke combat training, and that's not to mention that you're also insane and completely unable to understand the Spanish mechanic being dragged along behind you. Quite often, this leads to some brilliant exchanges between the bike, named I.R.I.S, and her 'friend', Pablo. I.R.I.S will often speak using references and quotes with completely no idea what she's referencing, meaning that at one moment you'll be listening to Pablo begging for his life and telling her (in Spanish) that she's insane and should stop so he can free himself, then the next, I.R.I.S is ranting about 'Scottsburg, Indiana' and insisting that she has the need for speed.
Major exposition is done via live action cutscenes, which genuinely surprised me, however the acting isn't...the best. It's a bit like most attractive actors: Looks great, sometimes can be surprising in its context, but then when it gets down to the actual acting...well.
Let's just say it isn't the latest Quentin Tarantino flick.
Ahhhh, what else is there...?
Oh yeah, the fighting.
Most combat revolves around bike-to-car combat, involving machine guns, melee combat (if you can get near enough), and if the situation calls for it, a 'counter': Pressing a button at the right time to perform a rather smooth animation of I.R.I.S bashing her opponent in the face, or Pablo performing something he more than likely saw in a movie. There's other enemies apart from sedans and jeeps, including jeeps that throw molotov cocktails, trucks that can only be defeated by countering their missiles repeatedly, motorcyclists, and your male counterpart, S.P.I.K.E.
Now, the first thing you'll notice about the shiny spiky chopper is just how sinister he actually looks. Almost a bit over-the-top, to be honest. As far as story goes, I.R.I.S and S.P.I.K.E were being shown off to world leaders so that they could buy them and use them for military purposes. However, looking at their styling, you would almost think that some scientist somewhere was designing I.R.I.S so that she would go rogue, even going so far as to paint the female motorcycle purple so she looked more feminine. He also must have had a sick mind, because he also made her quite curvy.
Basically, Motorcycle Scarlet Johannesen.
Anyway, the encounters with S.P.I.K.E are fairly infrequent, almost boss fights in a way, and all of his lines are voiced by the other fictional killing cyborg, the T-1000 (Otherwise called Robert Patrick). A wise choice, to be honest, since who else would be a more befitting voice for a hunter-killer AI than the original hunter-killer AI? The interactions between I.R.I.S and S.P.I.K.E show the actual differences in tone; I.R.I.S requests he doesn't 'trip out', and he threatens to send her straight to the junkyard. Fairly moody, to be honest.
So, besides the good, there's always the bad.
As mentioned before, the live-action cutscenes aren't exactly the greatest, so we know about that.
Sometimes, the camera can decide that you want to look over there and not where you actually want to look (Also, the camera can't really be moved. Like, at all.)
Most major setpieces are, unfortunately, quick time events.
And most unfortunately, this is NOT, I repeat, NOT a full PC port. You will actually have to have a wired controller for this, and all attempts to play the game using a keyboard are made more difficult via the use of 'Press A' or 'Move the analog stick this way' prompts that the game likes throwing at you. If you don't have one, but still want to complete the game, you're out of luck: Pablo's repair mini-game requires the use of the Right Trigger, and do you see a trigger on your keyboard?
No?
Thought as much.
So, while I really, REALLY reccomend this to anybody with a wired Xbox 360 controller, I'm just not able to say it's the greatest port of all time.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ