CommanderVideo is back with BIT.TRIP RUNNER, the latest chapter on Steam in the award-winning and critically acclaimed BIT.TRIP series. Launch special: 10% off now thru Mar. 6th!
リリース日: 2011年2月28日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

BIT.TRIP RUNNER を購入する

BIT.TRIP.RUNNER Bundle を購入する

Includes: Bit.Trip.Runner and Bit.Trip.Runner Soundtrack

このゲームが含まれるパッケージ

Bit.Trip.Runner Franchise Pack を購入する

4 アイテムを同梱: BIT.TRIP RUNNER, Bit.Trip Runner Soundtrack, BIT.TRIP Presents... Runner2: Future Legend of Rhythm Alien, BIT.TRIP Presents... Runner2: Future Legend of Rhythm Alien Soundtrack

BIT.TRIP Collection を購入する

15 アイテムを同梱: BIT.TRIP BEAT, BIT.TRIP RUNNER, Bit.Trip Runner Soundtrack, Bit.Trip Beat Soundtrack, BIT.TRIP CORE, BIT.TRIP VOID, BIT.TRIP FATE, BIT.TRIP FLUX, BIT.TRIP Presents... Runner2: Future Legend of Rhythm Alien, BIT.TRIP.CORE Soundtrack, BIT.TRIP.VOID Soundtrack, BIT.TRIP.FATE Soundtrack, BIT.TRIP FLUX Soundtrack, BIT.TRIP Presents... Runner2: Future Legend of Rhythm Alien Soundtrack, Runner2 - Good Friends Character Pack

BIT.TRIP.RUNNER Soundtrack を購入する

ゲームについて

BIT.TRIP RUNNER is the fastest, most exhilarating music/rhythm-platformer to hit Steam!
Race across the Moon, kicking down crystal walls and sliding under chomping moon-slugs! Bound through the Robotic Mines and face off against the MinerMech! Dash through the Big City on a quest to find friends and defeat the final boss together!
RUNNER is the fourth chapter in the award-winning and critically acclaimed BIT.TRIP series.
  • You control CommanderVideo as he runs, jumps, slides, kicks, and more!
  • Extremely addictive “just one more time” gameplay!
  • With exciting modern and retro challenges, you can run through more than 50 levels!
  • Chiptune supergroup Anamanaguchi makes a guest appearance!
Join CommanderVideo in BIT.TRIP RUNNER on his most epic journey yet!

Key Steam features:
  • Leaderboards!
  • Achievements!
  • Brand New Easy and Hard Modes!

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP3
    • Processor: 2.0+ GHz
    • Memory: 512 MB
    • DirectX®: DirectX® 9.0c and shader model 3 with 128 MB of memory
    • Hard Drive: 100 MB
    • Sound: Any sound card capable of stereo output

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • OS: OS X version Snow Leopard 10.6.3, or later.
    • Processor: 2.0+ GHz
    • Memory: 512 MB
    • Graphics: OpenGL 2.1 and shader model 3 with 128 MB of memory
    • Hard Drive: 100 MB
    • Sound: Any sound card capable of stereo output
参考になったカスタマーレビュー
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 105
14 件のレビュー
記録時間: 4.3 時間
ゲーム性・音・グラフィックともに素晴らしい・・・が鬼のような難易度。
プレイしていてとても楽しく、進みたい気持ちはあるのですが腕がついていかず何度も心折れました。
これほどアクション苦手なのを悔やんだことはありません。
PCでプレイするよりも携帯機で電車の待ち時間などにちょこっとやるような感じの方があっているように思います。

2もでていてこちらはやや難易度が下がっているようですが、個人的にはグラフィックは1のほうが好みです。
(なんか”それっぽい”感じがして)

安価で入手する機会も多いと思いますので、購入するならそのタイミングがおすすめです。
投稿日: 2014年4月2日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 28
1 件のレビュー
記録時間: 2.1 時間
このゲームは瞬間判断力ゲー、そう思っていた時期が僕にもありました
投稿日: 2014年5月22日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 2 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 190
3 件のレビュー
記録時間: 2.7 時間
1-8くらいまでは楽しかった。
1-11にたどり着いた今では有効化したことすら後悔している。

チェックポイントという概念がなく、ワンミスでスタート地点まで戻されるというのが致命的だと思う。
続編ではチェックポイントありなしを選択できるらしいので、ドMな方以外はそちらを買おう。
投稿日: 2014年3月23日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
3 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 316
40 件のレビュー
記録時間: 0.6 時間
【オススメ度】
 ★☆☆☆☆
【グラフィック】 ★☆☆☆☆
【満足感】    ✦☆☆☆☆
【自由度】    ✦☆☆☆☆
【サウンド】   ✦☆☆☆☆
【やり込み要素】★★✦☆☆

【レビュー】
ネギのように長細く黒いやつがひたすら右に走っていくので動きに合わせて避けたりしてゴールまで辿り着くゲーム。
「メイドインワリオ」にあったミニゲームの拡張版みたいな感じ。
ミスったらその面の最初からスタートなので何回もミスると単調な曲に耳レイプされる。
またグラフィックもほぼ同じなので飽きが更にきてしまう。

かなり暇で超ぼーっとしていてかなり単純なゲームをやりたいときにやるべし。
ただしぼーっとしているとミスります。
投稿日: 2014年3月3日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
63 人中 46 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 152
25 件のレビュー
記録時間: 5.3 時間
I'm torn between recommending this game and recommending against it. Ultimately, I recommend against buying it.

Pros:
- The game has a wonderful and cohesive visual and auditory aesthetic. The levels convey a compelling liveliness and otherworldliness. The obstacles, enemies, and background "creatures" are inventive and cool-looking. I wish I could go explore the background with Commander Video.
- The music is great. I actually bought the album of the band that did the opening credits theme (Anamanaguchi) after hearing it in this game.
- The mechanics are pretty predictable. It's obvious when you need to jump, smash, etc, although sometimes certain elements can get muddled by everything else going on around it.
- It has achievements, and I like achievements, because I'm kinda OCD.
- It has Steam cloud sync, because it's 2014.


Cons:
- It's billed as a rhythmic platformer, but falls short on both counts. As a platformer it's dull and the controls are tight. It requires rote memorization in many places rather than reliance on reflexes. As a rhythmic game it falls short because the beats of the songs actually throw you off and aren't very well-timed to what you're supposed to be doing. Rhythmic platformers must be pretty difficult to design because they require absolute integration in the spatial and time dimensions, but when the designers fail it actually makes the game less intuitive and more frustrating.
- At times it seems like my character didn't actually collide with an object, but it registers a hit, sending me back to the beginning of the level. Seems like there's fudgy hitboxes. A game like this requires skintight hitboxes.
- Just because it's hard doesn't make it fun. The designers deliberately made the game very hard by the exclusion of checkpoints. You could call this "sadistic" or say it's meant to attract only the most diehard platformer fans (of which I am one), but it makes the game inaccessible and artificially extends the playtime. It's a crutch you see used a lot in indie platformers these days. Super Meat Boy was exceptionally hard but had an enormous amount of depth. Bit.Trip Runner is actually a pretty short and shallow experience if you add checkpoints.
- Since this is a rhythmic platformer, a large part of the game experience is enjoying the music. But it's incredibly difficult to even get past the first world (of three total), and you don't really hear different music until then. By the time I got there I was so ♥♥♥♥ing tired of the music in the first world I never want to play it again. Contrast that to Electronic Super Joy, 140, and Super Meat Boy, where I frequently go back and play levels just to hear the music.
- You have to focus so much on timing your movements that
- Autoscroll on every level kinda sucks in platformers. That's probably a controversial statement, but it's what I think. Oh, and while I'm at it, Metallica's "And Justice for All..." is their best.
- The boss battles are inventive, but by the 100th time I tried to beat the first world boss I was ♥♥♥♥ing bored out of my mind. I actually had to write down the order of what comes at me in order to beat it. This isn't Calculus. I shouldn't have to take notes.

I think the cons outweigh the pros, so I can't recommend this one. But, if you like really hard platformers with good music and don't mind nearly-endless repetition, you'll probably enjoy it.
投稿日: 2014年2月18日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
28 人中 23 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 386
14 件のレビュー
記録時間: 11.1 時間
このゲームをやり続けると、髪の毛が抜けていきます。

ゲーム名から推測するとリズムゲーと思いがちですが、実際は覚えゲーの強制スクロールアクションです。確かに、障害物に対してアクションするとSEが流れるのですが、いまいちピンときません。自然とリズムに乗ったらすいすいクリアできるゲームとは言えないです。なので、どこに障害物があるか自分で覚えないといけないのですが、1面が長い上にチェックポイントなしと、ゲームのテンポが非常に悪いです。一度失敗すると、例えゴール寸前でも最初からやり直しで、繰り返しプレイするには向いていません。これは、覚えゲーとしては最悪だと思います。あと、当たり判定もなかなか厳しいところがあります。

ドMの人で、頭がツルツルになってしまうぐらいハードなゲームを求めている方には薦めます。が、気軽にゲームがやりたい方は続編の2をやってください。チェックポイントが追加されてますし、多少ハードルも低くなっていると思います。
投稿日: 2014年1月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

受賞リスト


2011 IGF Winner