秘密の任務を手に、人里離れた場所にある謎めいた修道院へ出発しよう。
ユーザーレビュー:
総合:
賛否両論 (70 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 70 件中 51% が好評です
リリース日: 2014年2月27日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

 

このゲームについて

秘密の任務を手に、人里離れた場所にある謎めいた修道院へ出発しよう。 キミはアルプス山中深くにある中世の修道院に旅をし、ジョン修道士の行方不明事件を調べ、さらに像が涙を流すという奇怪な話を調査しなければならない。修道院と薄気味悪いその周辺を探索しながら、修道士たちの話を聞き、与えられる難しい仕事をこなし、複雑なパズルを解いて十数個のミニゲームをプレイしよう。これは愛と裏切りの悲しく衝撃的な物語を語る、エキサイティングなアドベンチャーゲームだ!

8個のおもしろいミニゲームとパズル
7つの謎めいたロケーション
3つのモード:カジュアル、アドベンチャー、チャレンジ
21の天使を集めてさらなる業績を解除しよう
HDグラフィックスと、目の離せないストーリー

システム要件

Windows
Mac OS X
    最低:
    • OS: Windows Xp, Vista, Windows 7
    • プロセッサー: 1 GHZ
    • メモリー: 512 MB RAM
    • グラフィック: 128 MB 3D video card
    • ストレージ: 650 MB 利用可能
    最低:
    • OS: Mac OS X 10.5 or higher
    • プロセッサー: 1 GHZ
    • メモリー: 512 MB RAM
    • グラフィック: 128 MB 3D video card
    • ストレージ: 650 MB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
総合:
賛否両論 (70 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:
4 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 賛否両論)
最も参考になったレビュー  全て
17 人中 14 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 2.7 時間
投稿日: 2014年5月18日
謎解きゲーム.日本語対応.
アイテムを集め所定の場所で使用し謎を解いていく普通のクリック型謎解きゲーム.
難易度は低めで、分からなければヒントやスキップを利用できるので詰むことはない.
ただ、アイテムが風景と同化していて分かり辛かったり一部和訳がおかしいところがある.
肝心のパズルは『色またはブロックの位置を入れ替える』タイプのものばかりでバリエーションに欠ける.
ゲーム内に実績があるが、Steamには実績が無い.
最低難易度を2時間でクリアできてしまうボリュームであり、7$の価値があるかは甚だ疑問.
大きな欠点は無いが、これと言って魅力も無い作品.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
10 人中 9 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.6 時間
投稿日: 2015年1月24日
Where Angels Cry(天使が涙するところ)[日本語対応]
御薦め:★★★★☆☆☆☆☆☆

ジャンルはクリックアドベンチャー。邦題が格好良い!?
ヒントゲージやスキップゲージが存在し、一定時間を経過すると使用可能です。

進めるには兎に角クリックの連射でアイテム収集。
関係する箇所に使用して道を進めます。

ミニゲームは色合せや絵合わせ、バベル塔等。
ミニゲームの達成率はゲーム内実績に影響します。
ただし、このゲームはSteam実績は存在しません。

ゲーム内の一節で「ゲームを解く鍵は手紙の中にも隠されてる」とか...?
普通に手紙右上の図柄が絵合わせの答えになっていたりします。

驚いたことと言えば、
殺害されたブラザー・ジョンさんが登場し普通にしゃべっていた事。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 2.9 時間
投稿日: 2014年6月30日
全体として面倒なゲーム、と言う印象。
ゲームの基本的な流れとしては、マップを移動してフラグ建てのアイテムを集める→要所要所にあるパズルを解く→新たな展開が現れる、と言った典型的なアドベンチャーゲームの形式になっている。ただ、アイテムを集める行程もパズル部分も両方とも面倒な作りで、それがこのゲームの印象を下げる。

アイテムは移動可能なマップ全体に唐突に転がっており、一つでも見落とすとマップをしらみつぶしに探す必要がある。しかも、大体アイテム一種に付き4個とか5個とかかなりの量を探さなければならない。
パズルに関しては、直感的に解けるパズルよりも手数が多く、試行錯誤が必要なパズルばかりで見ただけで面倒に感じる物が多い。

ゲーム全体のボリュームは2-3時間程度と少ない上に、ヒントシステムやパズルのスキップが可能なので詰まる事は無い。ただ、それで面白いかどうかは別。
主人公の台詞には声が付いていないが、他のキャラクターの声は聞き取りやすい英語で収録されているので、英語の勉強がてらプレイするのは良いかも知れない。文章の内容は比較的簡単な物ばかりとなっている。

ヒントやスキップを使っていくと特にボリュームの少ないゲームなので、余程安く買わなければ価格相応の満足は得られない。
英語の勉強用と考えても、文章量自体がそれ程多くないので、やはりこれもボリューム不足感が強い。
致命的な欠点が存在する訳ではないが、特にお勧めする理由も存在しない中途半端なタイトル。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 2.7 時間
投稿日: 2014年5月2日
修道院での行方不明事件を解決するのが目的のアイテム探しアドベンチャーゲーム。
低価格ゲームなので仕方ないかもしれないが、ボリュームは同ジャンルの他のゲームと比べると少なめで、全体的に難易度も低め。ストーリーもあっさりとしており、ラストのラストで黒幕と天使が唐突に現れて終わってしまう。実績やトレーディングカードに対応していないので、本当に暇つぶし用のゲームだ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い