DreadOut is a third person supernatural horror game where you play as Linda, a high school student trapped in an old abandoned town. Equipped with her trusty smart-phone, she will battle against terrifying encounters and solve mysterious puzzles which will ultimately determine her fate.
ユーザーレビュー:
最近:
ほぼ好評 (90 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 90 件中 74% が好評です。
総合:
ほぼ好評 (1,627 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,627 件中 79% が好評です
リリース日: 2014年5月15日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

DreadOut を購入する

DreadOut Collection を購入する バンドル (?)

3 アイテムを同梱: DreadOut, DreadOut Soundtrack & Manga DLC, DreadOut: Keepers of The Dark

このゲーム用のダウンロードコンテンツ

 

最新の更新 全て表示(16)

8月6日

Indonesian National Game Day



Hi everyone,
On August 8th 2016 Indonesian game industries will establish Hari Game Indonesia (HARGAI) or National Game Day.

Indonesian National game day or Hari game Indonesia (HARGAI) was government initiated and supported by various game developers, publishers, payment solutions, board games and media in Indonesia as a form of appreciation to local game developers, publishers, and also gamers to create a better game ecosystem in our country.

And to celebrate the day, we are happy to announce that
DreadOut is now sale 80% off on Steam, and DreadOut: Keepers of The Dark is 33% off.

Happy Game Day!! Enjoy Our Special Sale!
#HARGAI #HariGameIndonesia
https://www.harigameindonesia.com

DH

17 件のコメント 詳細を見る

3月24日

DreadOut: Keepers of the Dark release


Hello guys,
This time we are happy to announce that DreadOut : Keepers of the Dark / KOTD is available now. In this standalone extension of DreadOut, you will continue as Linda's last journey before the event battle with The mysterious lady in red.

Even though we are having so much fun and deeply in love with Linda and her hardworking job to keep us alive, now it’s time to announce that after Keepers of the Dark, Linda will be gone for a while contemplating on her fate. We can't promise you anything about Linda's future for a while, but we will try our best to keep her alive on our upcoming titles (fingers crossed).

As many of you might not know that DreadOut is first came from an Indiegogo crowdfunding campaign on 2013, got greenlit by Steam Greenlight after we put it for 6 months for 60K yes vote by you guys, finally we are able to release our first act and continue on our second act, and now we are close to our final take on the game, DreadOut : Keepers of The Dark

We can't thank you enough for all of your supports, first believer came from our crowdfunding backers, “yes” voters on our steam greenlight page and then everyone who bought our game first place on Steam. All of that are becoming our lights fuel of hopes and motivations, because of you DreadOut is still alive, and we're here at Digital Happiness got a wonderful chance to get known by you among thousands amazing titles here. We also want to emphasize that with the release of KOTD doesn't mean that no more updates will happen on DreadOut. We will keep our ears and eyes for some anomaly and issues on it, and we will continue to fix those kind of problems on some future updates.
http://store.steampowered.com/app/418950
You will be put on our special place close to our hearts, because of you DreadOut was born, Digital Happiness is alive and we can continue make something that we love, making a video games. This will become our first small step in the foreseeable future to make a much better games.

Hope you’re enjoyed playing DreadOut : KOTD as much as we did enjoyed making it.

Sincerely
DH

23 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“13 Horror games you must play in 2014”
IGN

“6 Upcoming Horror Games That Look Absolutely Terrifying”
Bloody disgusting

“10 horror games to look out for in 2014”
Rocket Chainsaw

このゲームについて



When twilight fades. Where darkness reigns.

DreadOut is a third person supernatural horror game where you play as Linda, a high school student trapped in an old abandoned town. Equipped with her trusty smart-phone and an SLR camera, she will battle against terrifying encounters and solve mysterious puzzles which will ultimately determine her fate.
Help her overcome the challenges that will stand before her. Survive the Dread!



When a group of high school students went astray from a field trip, they came across something totally unexpected. A town long forgotten trapped in a peaceful state of slumber. What they did not realize was what lurks within. And what seemed like an innocent stroll turns into disaster as the secluded town reveals its dark and terrible secrets. The presence of sinister forces from beyond their realm of existence.

It all comes down to Linda. She will experience stirrings of unfamiliar powers, emerging from within her. These new found abilities might just be the only way she can save her own life and those of her friends.


  • Explore a haunted environment in an Asian - Indonesian setting.
  • Battle against terrifying beings from a supernatural realm.
  • Solve mysterious puzzles that block your path.
  • Switch between first person and third person view.
  • Engage in a thrilling storyline.
  • Play Act 1 and 2 of Linda's terrifying journey along with Act 0 (previously released as DreadOut Demo).
  • Get access to Linda's unlockable wardrobe

Rated 17+ for the following :
  • Frequent / Intense horror / fear themes
  • Infrequent / Mild Realistic Violence
  • Infrequent / Mild Sexual Content or Nudity
  • Infrequent Mature / Mild Suggestive Themes

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows 7 / 8
    • プロセッサー: Intel Dual-Core 2.4 GHz or AMD Dual-Core Athlon 2.5 GHz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GeForce 8800GT or AMD Radeon HD 3830 or Intel HD Graphics 4000, 512 MB VRAM
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 5 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX Compatible
    • 追記事項: 32-bit Windows is supported but known to have problem running DreadOut if it has less RAM available
    推奨:
    • OS: Windows 7 / 8 - 64 bits
    • プロセッサー: Intel Core i5-2300 or AMD Phenom II X4 940 or better
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 550 or AMD Radeon HD 7750 with 1 GB VRAM or better
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX Compatible
    最低:
    • OS: OSX 10.7 Lion
    • プロセッサー: Intel CPU only, Core 2 Duo minimum
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Intel HD Graphics 4000 supporting OpenGL 2.1 or later with 512 VRAM
    • ストレージ: 5 GB 利用可能
    • サウンドカード: OSX Standard
    推奨:
    • OS: OSX 10.9 Mavericks
    • プロセッサー: Intel CPU only, Core i5 or better
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: Intel HD Graphics supporting OpenGL 3.2 or better with 1 GB VRAM
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • サウンドカード: OSX Standard
    最低:
    • OS: Ubuntu 14.04
    • プロセッサー: Intel Dual-Core 2.4 GHz or AMD Dual-Core Athlon 2.5 GHz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GeForce 8800GT or AMD Radeon HD 3830 or Intel HD Graphics 4000, OpenGL 2.1
    • ストレージ: 5 GB 利用可能
    • サウンドカード: OSS Compatible
    推奨:
    • OS: Ubuntu 14.10
    • プロセッサー: Intel Core i5-2300 or AMD Phenom II X4 940 or better
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 550 or AMD Radeon HD 7750 with 1 GB VRAM or better, OpenGL 3.0
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • サウンドカード: OSS Compatible
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
ほぼ好評 (90 件のレビュー)
総合:
ほぼ好評 (1,627 件のレビュー)
最近の投稿
mid.wz
6.3 hrs
投稿日: 8月14日
期待が大きすぎた…のかも。
「零」シリーズの1作、2作めを好きだった身として、「零にインスパイアされたゲーム」というオフィシャル触れ込みが琴線に触れて購入。
女子高生主人公、カメラがキーアイテム、不気味な雰囲気…というところまでは良かったものの、テンポの悪さ、ヒントの少なさ、特にACT2から多発した理不尽なパズル的謎解き、(インスパイア元と比較しての)ゲーム性の低さ、等々で終盤に至る頃にはすっかり評価が下がっていた。残念。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
SHUR1KEN_HE4D
7.1 hrs
投稿日: 8月11日
和製ホラー風のインドネシア産ゲームで
ホラーゲーの名作「零」を参考にした
ゲームシステムを採用している。

廃墟の町に迷い込んだ高校生5人と引率教師。
興味本位で探索しているうちにとある学校にたどりつくが
中に入った彼らはそこから出られなくなってしまう。
そこは悪霊が徘徊する異世界とつながった場所だった、という話。

プレイヤーは主人公のリンダを操作し脱出を試みる。
彼女は霊的に何か特殊能力があるらしく
カメラを通して霊に攻撃をしたり
目に見えないものを見ることができる。

グラフィックはPS2並みだが雰囲気や霊のビジュアルはなかなか良かった。
ホラーが苦手な人は十分怖いと感じる思う。

これだけ書くと良ゲーに見えるかもしれないが
それ以上に理不尽さと不親切さが目につき
ストレスが溜まるゲームだったということを強調したい。

日本語サポートされていても
ストーリーが説明不足すぎて推測の部分が多く
もう少し語ってほしかったと強く感じる内容だった。
探索パートもヒントが少なすぎて迷ってる時間が
プレイの大半を占める。特にAct1はMAPもわかりづらい。
戦闘においては初見殺しが多く、
説明不足でヒントもなくで理不尽な死に方をする。
操作性においても動きがもっさりしていて
カメラを構える動作も遅い。
そのため狭い場所での戦闘ばかりの本作では
ダメージを受けて立ち上がっても逃げる前にまた
ダメージを食らうというハメ殺し状態になることもある。
そして、死ぬと通称「三途の川マラソン」を強制される。

せめてもう少しストーリーに力を入れてくれたら、
多少の説明不足や理不尽さも目をつぶれたと思う。
セールで370円で買ったのに、久々に買って損した
と思わせてくれたゲームだった。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Medic
4.6 hrs
投稿日: 8月6日
0.結論:クソゲーなので買わないほうがいい
 零を参考にしたらしいインドネシア産のホラーアドベンチャーです。
が、見た目と雰囲気と写真撮影だけを整えた上っ面だけの劣化品で、またオリジナルのホラーゲームとしても楽しめるものではないです。以下で私がそう感じた理由を述べます。

1. ストーリー
 本編をプレイするだけじゃストーリーがまったく分からないです。主人公のリンダは多くを語らず、ムービーシーンなどでもそれとなく暗示するようなことが一切ないので、本当に、何も分からないです。幽霊をカメラで撃退できる理由さえ語られません。結局リンダの親友の女の子が幽霊に気に入られた理由は不明ですし、執拗に襲ってくる赤い服の女の正体も分からないです。ドキュメントを集めれば分かるかもしれませんが、集める気力がわかなかったです。

2.操作性
 私はマウス+キーボードで操作していたのですが、場所によってマウス感度が変わるみたいです。周囲のオブジェクトとの距離に依存しているのか、どういった要因で切り替わっているのか分からないですがとにかくうっとうしいです。肩越し視点も最悪で、特に狭い屋内だと視点が瞬間移動する時があって視点が行方不明になることが多々あります。あと部屋から出るときに視点が反転する時があって、部屋から出ようとしたら部屋に戻ってしまうといったポルナレフ現象が頻繁に発生します。

3.戦闘システム
 カメラで幽霊を撮影して撃退するというシステムは零の射影機を連想させますけれど、外面だけを整えたハリボテ戦闘システムです。まず、零のカメラのようにフィルムの概念がないので攻撃がし放題です。またフェイタルフレームといった攻撃手段もないので、敵との戦闘は後退しながら連打するだけの単調なものになっています。零のようにカメラを強化するといったものもなく、また豊富な種類の敵も見た目が違うだけで一部の特殊な敵以外はすべて後退か斜め後退しながら撮影を連打するだけ攻略可能と非常に退屈です。撮影をした後の次の撮影までのクールタイムが短いのもこれを助長しています。後半に出てくる敵も強くなるというより硬くなるだけで、対処法は変わらず、ゲームの大半を占める戦闘パートがまるまる単純作業になってしまっています。この傾向はラスボス戦にも遺憾なく引き継がれていて、最初から最後まで迫力のないつまらない戦闘をさせられます。

4.難易度
 戦闘が単調といいましたけれど、難易度は高いです。というより、説明不足過ぎて敵を倒せずに殺されることが非常に多いからです。特殊な方法でしか倒せない敵でもヒントがなく、また前触れなく敵が登場することも多いのでわけが分からないまま殺されることが頻発します。敵に攻撃が命中するとのけぞりますが、ダメージが通ってなくてものけぞります。体力が減っているか分からない上に、後半の敵はさらに硬くなっているので、効いているのか効いていないのか分からずにずっと攻撃し続けることが多かったです。
 とにかく死んでいろいろ試しまくる以外に方法はないんですが、死ぬたびに三途の川を渡るという作業があります。光の方向に向かって走るだけのものなのですが、単純にめんどくさいです。死に覚えゲーなのにリプレイ性をそぐ三途の川のせいでテンポが悪くなり、とにかくストレスが溜まります。以前は三途の川が死ぬたびに長くなっていって、移動距離が伸びて言ったらしいのですが、現在はオプションで三途の川が一定になるように設定できます。そもそも三途の川のイベントをなくして欲しいのですが。

5.グラフィック
 グラフィックはキャラクターデザインのみそれなりに綺麗です。幽霊も不気味な造形をしているのですが、ややはっきり描写しすぎているような感じがあります。もうちょっとぼんやりと描画して幽霊っぽさを出して欲しかったです。あとリンダが貧乳じゃなかったのが残念です。

6.恐怖度
 恐怖演出がヘタクソなので、怖いと思うシーンが皆無でした。何かにとり憑かれた友人に追い掛け回される死に覚えゲーのシーンとか、モブ幽霊の泣き声が片側からずっと聞こえる友人との会話シーンとかギャグかと思いました。不意打ちのビックリ演出とかは驚きはしましたが、零のような「雰囲気が怖い」「先に進みたくない」といった怖さを覚えることはありませんでした。他には怖いよりもイライラするといったことが上回っていた面もあるかもしれません。あと幽霊みたいなのは出てきますが、ポルターガイストとかラップ音的な怪奇現象がまったくなかったのも気になります。

7.ボリューム
 2~3時間くらいでクリアできますが、半分くらいを迷子になる時間が占めます。探索ゲーなのにマップすら与えられず、ヒントもほぼ皆無なのでとにかくさ迷うことになります。
 移動にはスタミナを消費し、走り続けると息切れします。通常の歩きは滅茶苦茶遅いのにマップはかなり広く、特にAct1は異常なくらい広いです。なので探索は常時走るのが基本になるのですが、とにかくマップが広くて移動量が多くスタミナが全然足りないです。敵との戦闘においてではスタミナが過剰に余りますが、探索をするにはスタミナが足りなすぎます。いっそスタミナなしでよかったのではとも思います。

8.その他
  • アイテムを拾ったとき、もとの画面に戻るときにキーは何でもよいみたいで、移動キーや調べるキーを連打していると拾ったアイテム説明画面を一瞬で閉じてしまう。
  • ボス戦で敵に捕まれるシーンがありますが、普通のゲームだと攻撃するべきシーンなのに攻撃すると逆に死にます。何もしないのが正解というフェイク。

9.総評
 オマージュ元の零と比較することが多くなってしまいましたが、それだけ自分は期待をしていたのです。零のような恐怖体感を再び得られれば、と思ったのですが、期待値が高かっただけに残念です。インディーズのゲームだとしてももっとがんばって欲しかったです。
 クリアしましたが、楽しくなかったです。ボリュームが少なくなければ絶対に途中で投げてました。ホラーゲームとしても、アクションゲームとしても、探索ゲームとしても、とても人様にオススメできるものではありません。零プレイ済みの方が遊んだら絶句するのではと思います。私はしました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
kinokino7[Zipangu]
3.8 hrs
投稿日: 7月4日
どんなゲーム?:零みたいにカメラの代わりにスマホで幽霊をとったりなぞ解きをする

GOOD:
ゲーム中はまっくらの中で、アイテムを探すときにスマホを構えると明るく見える
いわゆる視界が悪い中での探索というホラー感を楽しめる
アイテムは近づくと周りに水いろっぽいもやがかかり、敵が近付くと赤いもやがかかるので対処しやすい
零よろしく主人公のスタイルが素敵
BAD:
ほぼ暗闇なので視界がわるく、3人称視点なので部屋に入ろうとおもったら視点がぐるっとまがって違う道にでていた
なんてことも
幽霊に襲われつづけるとゲームオーバーではなく三途の川を逆走?することでその場で復帰できるのだが、
死亡のに三途の川出口までが遠くなり最終的は毎回1分近く走ることになるので苦戦するボス戦では
そのまま冥界に走り去りたくなる

TOTAL:
時代的にも古臭く感じ、探索のしづらさと三途の川マラソンが結構つらいのでおすすめはしづらい
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
dreadout
4.7 hrs
投稿日: 7月1日
零とは似ても似つかないクソゲーです。なにもかもが不親切すぎる。やることがわかりづらい。学校で鍵を見つけるのにも一苦労。写真撮る意味すらなくヒントにもならない。シザーハンズの理不尽な攻撃。逃げ場所がない場所での戦闘で死にまくり。体力のない女で相手攻撃を8回も当てなくてはならず、どこから来るかもわからない。まれにキャラと重なるようにでてきて連打はないだろ。
いちいち三途の川歩くのもめんどい。テストプレーほんとにしてるのか疑うレベル。素人が作ったのではないだろうかというほどの出来。
スマホもって零みたいなtpsで面白そうだが理不尽でいらいらするくそげーです。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
爱丽丝·威震天
0.2 hrs
投稿日: 5月25日
無料で入手した製品
因为这游戏太吓人了。估计是太久没玩恐怖游戏的缘故
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
miyu344
11.9 hrs
投稿日: 5月7日
カメラで除霊していく 零” をプレイしたことない人からしたら
ザックリな説明のなか ゲームをすすめるのは一苦労しそうです(;^_^)
カメラでモノを撮影する際 正解の場所を何回撮ってもバグったみたいに(バグってないのに)話が進まなかったり、、、
あと2撃でたおせるって時に必ず3倍ぐらい強くなるしwww
ツッコミどころがけっこうあるけど、ストーリーよかったです。

~余談~
あとプロモーションにもありますが、リンダと親友が遊んで本気のビンタくらってるのが うけましたww
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
てつかぼ
17.6 hrs
投稿日: 4月2日
17時間でクリア!
謎解きとアクションに戸惑ってもこのくらいでクリアできました。
難易度が高くないのと、物凄い怖いという訳ではないので、
敷居が低くく気楽に楽しめる良ホラーゲームだと思います。
写真を撮るゲームだけに、ポスターや風景も撮りたくなるので、
ホラー以外の楽しみもあるのがいいですね。
分かりにくい謎解きや敵の倒し方も、遊びの一つだと思うので、
焦らずじっくりとプレイされるのがよいかも(o・ω´・o)b

あと、最初から日本語字幕に対応してるのが嬉しいね♪
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
funba
4.8 hrs
投稿日: 3月20日
不親切すぎwwwwwww
ストレスやばいwwwwww
良いところを挙げるんであれば、雰囲気と主人公のエロさ
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
NICK STRIFFER
8.8 hrs
投稿日: 2月17日
90年代のジャパニーズホラー要素があって、グラフィックは初代プレステの頃を思い出させてくれます。サイレントヒルとフェイタルフレームを融合したような作品だと思います。日本語字幕対応になってとても嬉しいです。ホラー好きや学校の怪談系が好きならおススメです。パズルそれなりに難しいです。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  過去 30 日以内
23 人中 16 人 (70%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 4.6 時間
投稿日: 8月6日
0.結論:クソゲーなので買わないほうがいい
 零を参考にしたらしいインドネシア産のホラーアドベンチャーです。
が、見た目と雰囲気と写真撮影だけを整えた上っ面だけの劣化品で、またオリジナルのホラーゲームとしても楽しめるものではないです。以下で私がそう感じた理由を述べます。

1. ストーリー
 本編をプレイするだけじゃストーリーがまったく分からないです。主人公のリンダは多くを語らず、ムービーシーンなどでもそれとなく暗示するようなことが一切ないので、本当に、何も分からないです。幽霊をカメラで撃退できる理由さえ語られません。結局リンダの親友の女の子が幽霊に気に入られた理由は不明ですし、執拗に襲ってくる赤い服の女の正体も分からないです。ドキュメントを集めれば分かるかもしれませんが、集める気力がわかなかったです。

2.操作性
 私はマウス+キーボードで操作していたのですが、場所によってマウス感度が変わるみたいです。周囲のオブジェクトとの距離に依存しているのか、どういった要因で切り替わっているのか分からないですがとにかくうっとうしいです。肩越し視点も最悪で、特に狭い屋内だと視点が瞬間移動する時があって視点が行方不明になることが多々あります。あと部屋から出るときに視点が反転する時があって、部屋から出ようとしたら部屋に戻ってしまうといったポルナレフ現象が頻繁に発生します。

3.戦闘システム
 カメラで幽霊を撮影して撃退するというシステムは零の射影機を連想させますけれど、外面だけを整えたハリボテ戦闘システムです。まず、零のカメラのようにフィルムの概念がないので攻撃がし放題です。またフェイタルフレームといった攻撃手段もないので、敵との戦闘は後退しながら連打するだけの単調なものになっています。零のようにカメラを強化するといったものもなく、また豊富な種類の敵も見た目が違うだけで一部の特殊な敵以外はすべて後退か斜め後退しながら撮影を連打するだけ攻略可能と非常に退屈です。撮影をした後の次の撮影までのクールタイムが短いのもこれを助長しています。後半に出てくる敵も強くなるというより硬くなるだけで、対処法は変わらず、ゲームの大半を占める戦闘パートがまるまる単純作業になってしまっています。この傾向はラスボス戦にも遺憾なく引き継がれていて、最初から最後まで迫力のないつまらない戦闘をさせられます。

4.難易度
 戦闘が単調といいましたけれど、難易度は高いです。というより、説明不足過ぎて敵を倒せずに殺されることが非常に多いからです。特殊な方法でしか倒せない敵でもヒントがなく、また前触れなく敵が登場することも多いのでわけが分からないまま殺されることが頻発します。敵に攻撃が命中するとのけぞりますが、ダメージが通ってなくてものけぞります。体力が減っているか分からない上に、後半の敵はさらに硬くなっているので、効いているのか効いていないのか分からずにずっと攻撃し続けることが多かったです。
 とにかく死んでいろいろ試しまくる以外に方法はないんですが、死ぬたびに三途の川を渡るという作業があります。光の方向に向かって走るだけのものなのですが、単純にめんどくさいです。死に覚えゲーなのにリプレイ性をそぐ三途の川のせいでテンポが悪くなり、とにかくストレスが溜まります。以前は三途の川が死ぬたびに長くなっていって、移動距離が伸びて言ったらしいのですが、現在はオプションで三途の川が一定になるように設定できます。そもそも三途の川のイベントをなくして欲しいのですが。

5.グラフィック
 グラフィックはキャラクターデザインのみそれなりに綺麗です。幽霊も不気味な造形をしているのですが、ややはっきり描写しすぎているような感じがあります。もうちょっとぼんやりと描画して幽霊っぽさを出して欲しかったです。あとリンダが貧乳じゃなかったのが残念です。

6.恐怖度
 恐怖演出がヘタクソなので、怖いと思うシーンが皆無でした。何かにとり憑かれた友人に追い掛け回される死に覚えゲーのシーンとか、モブ幽霊の泣き声が片側からずっと聞こえる友人との会話シーンとかギャグかと思いました。不意打ちのビックリ演出とかは驚きはしましたが、零のような「雰囲気が怖い」「先に進みたくない」といった怖さを覚えることはありませんでした。他には怖いよりもイライラするといったことが上回っていた面もあるかもしれません。あと幽霊みたいなのは出てきますが、ポルターガイストとかラップ音的な怪奇現象がまったくなかったのも気になります。

7.ボリューム
 2~3時間くらいでクリアできますが、半分くらいを迷子になる時間が占めます。探索ゲーなのにマップすら与えられず、ヒントもほぼ皆無なのでとにかくさ迷うことになります。
 移動にはスタミナを消費し、走り続けると息切れします。通常の歩きは滅茶苦茶遅いのにマップはかなり広く、特にAct1は異常なくらい広いです。なので探索は常時走るのが基本になるのですが、とにかくマップが広くて移動量が多くスタミナが全然足りないです。敵との戦闘においてではスタミナが過剰に余りますが、探索をするにはスタミナが足りなすぎます。いっそスタミナなしでよかったのではとも思います。

8.その他
  • アイテムを拾ったとき、もとの画面に戻るときにキーは何でもよいみたいで、移動キーや調べるキーを連打していると拾ったアイテム説明画面を一瞬で閉じてしまう。
  • ボス戦で敵に捕まれるシーンがありますが、普通のゲームだと攻撃するべきシーンなのに攻撃すると逆に死にます。何もしないのが正解というフェイク。

9.総評
 オマージュ元の零と比較することが多くなってしまいましたが、それだけ自分は期待をしていたのです。零のような恐怖体感を再び得られれば、と思ったのですが、期待値が高かっただけに残念です。インディーズのゲームだとしてももっとがんばって欲しかったです。
 クリアしましたが、楽しくなかったです。ボリュームが少なくなければ絶対に途中で投げてました。ホラーゲームとしても、アクションゲームとしても、探索ゲームとしても、とても人様にオススメできるものではありません。零プレイ済みの方が遊んだら絶句するのではと思います。私はしました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 6.3 時間
投稿日: 8月14日
期待が大きすぎた…のかも。
「零」シリーズの1作、2作めを好きだった身として、「零にインスパイアされたゲーム」というオフィシャル触れ込みが琴線に触れて購入。
女子高生主人公、カメラがキーアイテム、不気味な雰囲気…というところまでは良かったものの、テンポの悪さ、ヒントの少なさ、特にACT2から多発した理不尽なパズル的謎解き、(インスパイア元と比較しての)ゲーム性の低さ、等々で終盤に至る頃にはすっかり評価が下がっていた。残念。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 7.1 時間
投稿日: 8月11日
和製ホラー風のインドネシア産ゲームで
ホラーゲーの名作「零」を参考にした
ゲームシステムを採用している。

廃墟の町に迷い込んだ高校生5人と引率教師。
興味本位で探索しているうちにとある学校にたどりつくが
中に入った彼らはそこから出られなくなってしまう。
そこは悪霊が徘徊する異世界とつながった場所だった、という話。

プレイヤーは主人公のリンダを操作し脱出を試みる。
彼女は霊的に何か特殊能力があるらしく
カメラを通して霊に攻撃をしたり
目に見えないものを見ることができる。

グラフィックはPS2並みだが雰囲気や霊のビジュアルはなかなか良かった。
ホラーが苦手な人は十分怖いと感じる思う。

これだけ書くと良ゲーに見えるかもしれないが
それ以上に理不尽さと不親切さが目につき
ストレスが溜まるゲームだったということを強調したい。

日本語サポートされていても
ストーリーが説明不足すぎて推測の部分が多く
もう少し語ってほしかったと強く感じる内容だった。
探索パートもヒントが少なすぎて迷ってる時間が
プレイの大半を占める。特にAct1はMAPもわかりづらい。
戦闘においては初見殺しが多く、
説明不足でヒントもなくで理不尽な死に方をする。
操作性においても動きがもっさりしていて
カメラを構える動作も遅い。
そのため狭い場所での戦闘ばかりの本作では
ダメージを受けて立ち上がっても逃げる前にまた
ダメージを食らうというハメ殺し状態になることもある。
そして、死ぬと通称「三途の川マラソン」を強制される。

せめてもう少しストーリーに力を入れてくれたら、
多少の説明不足や理不尽さも目をつぶれたと思う。
セールで370円で買ったのに、久々に買って損した
と思わせてくれたゲームだった。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
77 人中 70 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 7.3 時間
投稿日: 2014年5月10日
indiegogoにて支援した人限定で先行プレイできたので感想をば。

グラフィックは見たまま、何世代か前のホラーゲームって感じだけど、このぐらいの方が逆に怖いと思うのであまり気にならなかった。キャラクターデザインも日本人に近い造形で違和感はすくないとおもう。
んで、一応最後までプレイしてEDも見たうえで、このゲームに抱いた印象は「理不尽」「短い」のふたつ。

「理不尽」
ほぼ初見殺しといっていい演出があるのに、デスペナリティがあるのはどうだろうか(死ぬたびに復活にかかる時間が延びていく)
さらに敵によってはハメられることもあり、ほぼ運ゲー。そこで死にすぎると、復活するのに1分、2分かかることに・・・
あと謎解きも少しわかり辛かった。演出自体はいいし、自力で解ければ達成感はあると思うけど。

「短い」
戦闘・パズルを順当にこなせば、実質1時間弱のボリューム。
ただある謎解きのわかりづらさと、ある敵の理不尽な攻撃パターンにてこずると無駄に時間がかかるかも。


水と油なホラーと死にゲーの組み合わせで怖さも薄れてるし、死にゲーなのにリプレイ性悪いのがただイライラを誘い、
それを越えたとおもったら、ゲームが終わってる。
ただ、悪いところばかり書いたものの、敵のデザインや演出は悪くなかったかな。
それをテンポよくプレイできていて、ボリュームも2倍ぐらいあればなかなか良作になると思うので、
新鋭のインドネシア開発者さま方には、ユーザーの意見に耳を傾けながらDLCの製作に励んでいただきたいです。(追記:ACT2は有料DLCではなく、フリー配信に変更されたようです)

ちなみに零シリーズは人のプレイを見たことしかないけれど、戦闘・謎解きどちらもかなり似せてある・・・とおもう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
20 人中 20 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.4 時間
投稿日: 2015年11月2日
短めの内容と思いきや、そこそこボリュームがあります。
人にもよりますが全クリアまで4~6時間は楽しめるのではないでしょうか。
この手の作品が好きな人にはお勧めできますし
価格を考えたら満足な1本というのは間違いないと思います。
セール時に買えば1000円以下で購入可能ですから。

ただ当初思ってたよりも敵との戦闘重視な内容であること。
戦闘で初見殺しも多く見られるのでそれなりにストレス値は高いです。
クリックしている限り戦闘が無限ループに陥るとか
3回倒されたらoutの追いかけっこで、正しい道順が分かるまでリトライ等の箇所。
Alone in the Darkのカーアクション程ではありませんが、かなりイライラしたのも事実ですね。
ゲームが普通に再開するのならまったく問題無かったと思いますが
死亡の度にキーを押し続けて光に向かって走る必要がある本作において、リトライには敏感になります。
正直、ゲーム再開時に1分ロードが入るほうがまだ楽だったのではないかと。

じっくり雰囲気を楽しみながら探索してそこそこの戦闘というのを想像していると
本作はかなり印象が違ってくると思います。
敵との戦闘がゲームの8割位を占めていると思います
探索時での謎解きはそれほど多くもなく簡単で結構あっさりしています。
日記を見て怪しい所を写真に取りまくればまず詰らない筈です。
サイレントヒルに似た雰囲気のゲームですが
個人的に内容はサイレントヒル1-3よりも4やHCに近い感想でした。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
22 人中 21 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.8 時間
投稿日: 2015年10月4日
全体的に面白いです。
Act1は理不尽な謎解きのせいで1時間も廃学校さまよった後、あきらめて攻略サイト見てクリアしたので、Act1は変な人面イノシシを追いつめたあと他に先に進む方法がわからなかったら攻略サイト見たほうがいいかもしれない。
Act2はかなり楽しめた。
あと日本語化できます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
35 人中 28 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 34.7 時間
投稿日: 2015年6月1日
自分の買ったすべてのゲームの中でも最も好きなゲームの一つっていうレベルで、そして初めて実績100パーセント達成できたゲームでもある^^
見た通り零+サイレントヒル的な雰囲気を持つゲームであり、前述のシリーズがお気に入りだったら尚おすすめできるゲームじゃないかなと思います→しかし現時点で未だにいくつかのバグが残っており(たとえば、ゲームファイルにアルファベット以外?の文字が入っていれば、ゲームの中で写真を撮ったらその写真が正常に表示されることができなくなります)、少しずつ開発者により修正されていくという形になります。最近は、一部の実績がアンロック不可の問題がついに修正され、すべての実績が入手可能になりました(*^v^*)
ゲームの内容について:全体的に完成度の高い作品だと思います→特にact2は、act1よりもずっと面白いという印象でした。なのでact2をまだプレイしていないのならば、ぜひこのact2を見逃さないでください♪ひとことで言うと、act1はオープンワールド的な感じで(ヒントが極めて少なく、謎解きのわかりにくさもちょっと理不尽に感じています)、act2になると直線的ゲームに変わり、意外とact1よりもサクサク進めるようになりました。にもかかわらずact2のボスの強さも一段とアップしてきて、初見殺しが時々あると思います(その分ボスを倒した達成感も半端じゃないかもしれません^^)。
ひとつのアドバイスとして:次になにをすべきかわからない時は、積極的にリンダちゃんのノートをチェックしてみましょう。少しほどヒントが載せてあります(簡単な英語を読める必要がありますが)。
あと興味があれば、ゲームのストーリーや様々な敵(主にインドネシアの伝統的な幽霊やお化け)の情報を押さえておくとさらに楽しめるかと思います(。・ω・。)英語の勉強にもなるかもしれません(笑)。
ゲームの続きに関して、今のところ開発者の方は新しいdlcを開発しているそうです。自分はとても楽しみにしていますヽ(・∀・)ノ
みんなプレイしてみてね♪
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 21 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.8 時間
投稿日: 2014年11月10日
不気味な雰囲気が良く、ホラーゲームとしての要素も十分だと思います。

今のところ(act1)では、ストーリーの序章的な感じなので、これからが気になります。

日本語訳されていますが、無理やりな語訳が多いです。また、ゲーム進行に関わるヒント表示がほとんど無いので、困ることが多かったです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 24 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.0 時間
投稿日: 2015年2月22日
インドネシア産のホラーゲームです
ドーンってかんじで、びっくりさせるというよりも
日本のホラー映画みたいにじめじめジワジワくるかんじ
雰囲気とかも味がよくでていて、町並みなども
サイレントヒルのようなかんじの、寂れたかんじ
充分楽しめた作品だとおもいます
スマフォの電池が、きれない謎




このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 12 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.7 時間
投稿日: 2014年6月10日
インドネシア製の「零」
グラッフィクは一昔前のレベルだが及第点 操作性も悪くない
(主人公が妙に性的な体つきをしている)
謎解きがややわかりにくいがわからないこともない

全体的に良く出来ているとは思うが・・・・短い
一般的ゲームだとここでOPかぁと思うような所で終わる

どうやら続きを配信する予定らしいので、ボリュームアップを期待する
頼むよ~

2/14追記
待望のAct2追加!しかもフリー!神!
と思ったらセーブデータ消えてるじゃねえかああああああ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い