Damned: A Randomized Online Horror Game - What is Damned? Damned is a randomized online horror game for up to 5 players (4 survivors and 1 monster). You’ll be able to play as one of four people trapped in different haunted places (hotels, hospitals, etc).
ユーザーレビュー:
最近:
賛否両論 (23 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 23 件中 65% が好評です。
総合:
ほぼ好評 (2,811 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 2,811 件中 74% が好評です
リリース日: 2014年10月6日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Damned を購入する

Damned 4-Pack を購入する

 

最新の更新 全て表示(78)

8月9日

Damned Stage Editor

We are sharing the link to our editor for anyone that want to make a stage for the game.

Ps: The editor is a little hard to use, and setting up keys and doors is a little tricky.

Post with donwload and tutorial:

http://steamcommunity.com/app/251170/discussions/0/360671727324050173/

9 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“...in Damned if things are happening then it’s because whomever is in control of the monster is right there in the room...That’s a really smart idea...”
RockPaperShotgun.com

“What sounds really cool...is the stuff you can do while playing the monster.”
Kotaku.com

“...Damned has a unique premise...”
Eurogamer.com

このゲームについて

Damned: A Randomized Online Horror Game

- What is Damned?

Damned is a randomized online horror game for up to 5 players (4 survivors and 1 monster).
You’ll be able to play as one of four people trapped in different haunted places (hotels, hospitals, etc).
As a survivor your main objective will be finding your way out, as well as helping your friends get out too. You’ll often find yourself on the edge, hearing and seeing ghostly things, trying to find keys and items to help in your escape. And sometimes you’ll find yourself running desperately from a monster, who’s there only to find and kill you and your friends.
You’ll also be able to play as the monster. The game will feature different monsters, each one unique in its gameplay and hunting style.

- What kind of horror game is Damned?

Damned explores the sense of being defenseless against a powerful supernatural force. The survivors can’t directly affect the monster in any way. When it’s there to get you, your only chance is to run and hide.
This perception of being defenseless is very strong, primal and terrifying, it builds up anxiety and makes you really scared, fearing any unexplained noise or movement.
This is how Damned creates horror in a multiplayer game session, and we believe it to be super effective! (tested and approved!)

- Why is Damned a randomized game?

Every stage in Damned is randomized:
  • Almost all the objects in a stage may or may not appear;
  • The item system is fully random too, randomizing which item will appear in the game, and where it'll be;
  • The way to win a match as a survivor is also randomized;
  • Even the stage may trigger random events to scare the survivors inside.

- Why is Damned a competitive and cooperative game?

Because in a full game, with 4 survivors and 1 monster, there’ll be a survivor “team” cooperating to try and escape together, and at the same time they’ll be competing against a monster, trying to flee from him and deny each one of its attempt to hunt and kill a survivor.

- How to play as a survivor?

As a survivor you’ll be cooperating with your friends (up to 4 survivors in a single game session):
You and your friends will be searching the level for keys and items to help in your escape;
Each survivor will have a flashlight that can be turned on and off, helping you see your surroundings, but at the same time letting the monster know where you are;
The survivors will be able to manipulate objects throughout the hotel, like drawers, doors, safes, cabinets, wardrobes;
Challenge yourself to find the exit and get out alive.

- How to play as the monster?

As the monster, your game will be all about competing alone against the survivors team.
The game will feature different monsters, each one unique in its play style. It's up to you to play a few rounds with each monster and decide which one works best for you.
How are you going to hunt and kill the survivors?

- Why is Damned worth buying?

Because it’s fun!
It’s really scary, you’ll find yourself on the edge a lot of times, trying to evade the monster or trying to pay closer attention because you don’t know if the sound you just heard is some random noise or if it is the monster haunting you.
It’s a real horror game, it explores deeply the feeling of being completely defenseless against a powerful force that can finish you easily. Your only choice is to run and hide!
And also because it’s really fun to play as the monster as well. You’ll keep haunting and building up anxiety in people, making them terribly scared of you. We really put you in the skin of a terrifying monster.

- Links and contact:

Got any questions and/or suggestions? We want to hear your opinion, please contact us: contact@9heads.com

Damned: http://www.damned-game.com
9heads Game Studios: http://www.9heads.com
Facebook: http://www.facebook.com/9heads
Twitter: http://www.twitter.com/9headsGames

システム要件

    最低:
    • OS: Windows Vista
    • プロセッサー: 2.0+ GHz (quad core recommended);
    • メモリー: 3 GB RAM
    • グラフィック: ATI Radeon HD 2000+, nVidia GeForce FX 6 series
    • DirectX: Version 9.0
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    推奨:
    • OS: Windows 7
    • プロセッサー: 3.0+ GHz (quad core)
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Radeon HD 4850, GeForce GT 645M
    • DirectX: Version 9.0
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
賛否両論 (23 件のレビュー)
総合:
ほぼ好評 (2,811 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:


(what is this?)
35 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 好評)
最も参考になったレビュー  全て
40 人中 39 人 (98%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 89.5 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年1月8日
ホラー脱出鬼ごっこゲーム。
暗い建物に生存者4名と化け物1体が居て、生存者は建物探索することで鍵を入手して行き、最終的に脱出をしたら勝ち。化け物は生存者を探し出し、全員を殺すと勝ちである。
生存者のキャラクターは3種類居るが性能差は皆無なので好きなのを選ぼう。
生存者の特徴として
・Shiftを押すことで走ることが出来る、がスタミナがあるためずっと走ることはできない。限界まで走るとしばらくは走れなくなる
・Ctrlでしゃがみ、Altで歩く事ができる
・鍵などの物を見つけたらクリックすることで入手することができる
・右クリックはフラッシュライトのON/OFF切り替えである
・ドアや机の引き出し、本棚の開き戸やキッチンのオーブン等開けられるものがいくつかあり、これらはドラッグすることで開けることができる
等がある。

化け物側にはLukerとPhantomの2種類がいる。
Lukerの特徴として
・幽体状態と実体状態の2種類がある
・幽体状態ではドアなどを自由にすり抜けることができ尚且つ移動速度がとてもはやい。だが生存者の姿を見ることはできずにさらに攻撃もできない
・実体状態になるためには近くに生存者が居ないと行けない。生存者の近くに行くと画面の色がかわり実体化可能になるので、実体化し攻撃を行う。尚死体の近くでも実体化判定が出るため、死体がどこにあるかは把握しておいたほうがよい
・実体状態になると移動速度がものすごく低下し、生存者に走られると追いつけないほどである。また物体をすり抜けることができなくなるのでドアの向こうなどに隠れられたらお手上げ状態である
・特定の物にトラップを仕掛けることができ、その物に生存者が近づくと大きな音を出す。この音を便りに生存者の場所を特定し攻撃を行う
等がある。
Phantomの特徴として
・常に実体状態であるが、ドアなどは自由にすり抜けて移動出来る
・特定の物にトラップを仕掛けることはできない。トラップは自動で設置される。
・移動速度は生存者の歩きと同等程度、走られると全く追いつけない
・普段は生存者の姿を見ることはできないが、特定条件の時は生存者が白くハイライトされる
・ハイライトされる条件として、トラップを鳴らした人、Phantomの近くで走った人、Phantomをフラッシュライトで照らした人、Phantomに触れた人、Phantomの近くで施錠されたドアをかちゃかちゃした人。がある
等がある。
化け物の強さ的には体感としてはPhantom>>>Lukerといった所か
生存者が化け物の近くに行くとBGMが少し激しくなり、Lukerなら実体化、Phantomなら白くハイライトされるとさらに激しいBGMへと変わる。
激しいBGMがなったら自分は射程圏内に入ってしまっているので全力で逃げ出そう。化け物側は逃げる前に食べちゃいましょう。

まだα版であり不具合がちらほらと存在しているが、かなりホラーでさらに操作性の悪さが怖さを増していてとても面白い。
セールが来たら購入してみては如何だろうか?


2014年5月31日追記
アップデートによりバージョンが1.1となった。
このアップデートにより、Damnedの動作が今までとは比べられないほど軽くなり(ただしPCを2週間とかつけっぱなしにすると激重)、
ものすごく快適にプレイできるようになった。
また、新たなモンスターが追加された。
Maryという女性形モンスターである。
このモンスターはLurkerと正反対と言ってもいい仕様であり、他の2つに比べ段違いに怖いモンスターである。
Lurkerは通常時高速移動・出現時低速移動となり攻撃可能、Phantomは常にLurkerの出現状態で移動速度やや遅めであったが、
このモンスターは通常時超低速、ある程度時間が経つとランダムでテレポートが可能になり、視界の中に生存者を捉えることでゲージが貯まり、貯まりきったら発狂することで超高速移動で人間を襲うことができるようになる。
この仕様から、実際に攻撃されるとものすごく怖いので一度はMaryを使ってみる・使われてみては如何だろうか。
なおこの操作性により、Maryは他2体と比べてすごく難しいので玄人向けかと思われる。
また、Maryが近くに出現すると生存者側は視界が悪くなったり、フラッシュライトがかって位に点滅するのでわかりやすい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
31 人中 29 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 22.0 時間
投稿日: 2014年12月1日
マルチプレイ専用のホラーゲーム
4人は生存者で一人が化け物という非対称形の対戦ゲーム
環境音やらグラフィックやら化け物の造形も良く出来ており雰囲気は素晴らしい
何より化け物を人間が操ってるので予測不可能な場面もよくある
StalkerのX-18やP.T.並に怖い オススメ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
26 人中 25 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.6 時間
投稿日: 2015年3月1日
1人のオバケ役(現3種)と4人の人間役に分かれてプレイするマルチプレイ専用のゲーム。
オバケ役は人間役を倒すこと、人間側は鍵やアイテムを探してゴールの部屋まで辿り着くことが目的。
対人専用のスレンダーマン的なゲームといった感じかな。

人間プレイヤーならではの疑心暗鬼感や、お互いの挙動を感じ取ったり読み合うのがとても楽しい。
オバケ役になって相手をびびらせるのも、人間役でわらわら逃げ惑うのもどちらも面白い。
何となく「The Ship」と似たような感覚があるように思う。

対人専用なのでプレイヤーの確保が難点になるかもしれないが、現在ではパブリックルームも比較的多くすぐゲームに参加できる、または自身がホストになると割とプレイヤーが参加してくれるのでプレイに困るということはないだろう。

オバケと人間のバランスは中々絶妙で、各種オバケ側には無敵ではあるが一長一短の特性があり、人間側もきちんと対処すれば襲撃を回避できる。

しかし、鍵を見つけてゴールを目指すというルールにはちょっと難があるように思えて、オプションでアイテムの設置のランダム化が用意されてるとはいえ、マップやアイテムが置かれる位置を把握しているプレイヤーとそうでないプレイヤーには差が出てしまっている。

そのためパブリックルームでは、勝ち負けを気にするようなゲームではないけれども、どちらかが一方的もしくはグダグダ(途中退出が目立つ)になってしまうことも割りと多いかもしれない。

ゲームが進行しなくなる不具合やクラッシュ、フリーズの報告は多く、自身の環境でも動作はかなり不安定。
ゲームプレイがシンプルゆえに現在の内容で2000円弱という価格は少し躊躇してしまう部分もあるかもしれない。5人用のゲームなのにセット売りが4 Packなのも疑問。

やや問題点も抱えているように感じるが、それを踏まえても一時のゲームプレイには他のゲームとは違った独特の面白さがあると思う。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 22 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 49.7 時間
投稿日: 2014年12月19日
very good . ★★★★★☆ 


2016/07
野良プレイヤーはほぼいなくなり、過疎状態。
非常に好評から赤評価へと変わった。
オンライン専用なので友達を誘いましょう。
人が集まれば、本当に楽しいゲーム。

ちなみに開発者の一人は、dota2にはまってる様子。





---------------------------------------------------------------------------------
2015/
補足:update で新しいモンスターが追加された。

2015/05/22 追加レビュー:
久しぶりに起動したら、マウスポインターが勝手に上へいくバグが発生。
原因不明なので、対処方法がわかり次第アップします。
2015/5/26 対処方法:
パッドのUSBを抜いたら直しました。

-----------------------------------------------------------------------------
2014/12/22 追加レビュー:
鬼ごっこ・ホラー・サバイバル・マルチプレイ

最近のホラーゲームが怖いと思わないけど、これは怖いし面白い!

演出がホラーゲームとして水準が高い。

正直、バイオハザード1・バイオハザード1リメイク・サイレントヒル1以来の衝撃。

内容的にはクロックタワーに近いものがあります。

全体評価も高いのも、うなずける内容。

今のところ、steamで一番、優秀サバイバルホラーかな。

さらに、襲う側でプレイ可能なので1度に2度おいしいゲーム。

だんだん人が少なくなっているので、フレ誘って遊ぼう。

---------------------------------------------------------------------------------
最初のレビュー:

※最初に、ログインアカウント作成する必要があります。

Damnedは、マルチプレイ専用の恐怖の鬼ごっこゲームです。

1ゲーム。5プレイヤーの中から、1プレイヤーが鬼。残り4プレイヤーが人間と分かれて鬼ごっこします。

ほとんどが人間になる確率が高いので、人間プレイヤーの目的と操作方法について簡単に触れておきます。
目的は、鬼プレイヤーに殺されずに鍵や暗証番号や道具を見つけて、脱出を達成することです。
操作は、歩く・走る・しゃがむ・アクション・拾う・懐中電灯on/offといったシンプルな内容です。
開ける操作は、左クリック押しながら"W"or"S"で開けれます。鍵等の使用は左クリックで、ガチャって音がなって左上にunlockと出れば解除です。鍵が合わず開かない場合は、ドンという音がなります。(キーバインド可能)
ゾンパニのように、バリケード築いたり、ジャンプしたり、人間が攻撃できる操作はありません。

ドッキリがありますので、心臓が弱い人はやめておきましょう。
長時間プレイすると、ドッキリ顔が出ます。

Damnedの大きな魅力は、無防備がいかに恐怖を煽られることを思い知らされます。
音声チャットをしながら友達とワイワイしながらサバイバルをすると、さらに楽しめれるでしょう。
(押入れの中にも隠れられますし)
また、部屋も簡単に作れて
ノーマルモード(死んだら終わり)とライフモード(全員で最大6回までライフがある)があるのもGOOD。

おすすめ。買い。

2014年12月の現在、マルチプレイヤー人口は多いです。
win7(64bit)起動確認。

欠点:
バグ有り。
アカウント作成。
鯖検索が使いにくい。
マップによっては、鬼が圧倒的に有利。
野外マップが広いと鍵を探すのがめんどくさい。

以上の欠点がなければ、神ゲー認定。
-----------------------------------------------------------
各鬼の特徴:
貞夫:常にもう一つの世界にいて、お互いが見えない状態。そして、短い間だけ人間のいるの世界へ現れることが可能。(マップを理解してないと難しい。上級者向け鬼)
ファントム:近距離の周囲の音?しか感知しない。全扉の位置を通り抜けること可能。
(初心者でも使いやすい。中央のメイン通路を徘徊するのがコツ)
貞子:パワーを消費して、テレポート可・人間を目視するとパワーが溜まり、”E”で音速ダッシュが使えるようになる。ドアを開けれる←重要:扉の綱引きおもしろい。地面から手が生える。歩きが遅く、死体や木の板などのちょっとした段差は上れない。(テレポートはどこへ飛ぶかわからないので、中級者向け)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 12 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 31.1 時間
投稿日: 2015年11月1日
生存者4vsモンスター1のPvPゲーム。
生存者はバケツの中や机の中に入ってる鍵を見つけ出し、その鍵で開けた先でまた鍵を探し…と続け、脱出地点に生き残っている人が全員集まったら勝ち。
モンスターは生存者に脱出される前に皆殺しにすれば勝ち。
モンスターは4種類いる。それぞれ特性が全然違う。生存者は4種類だが、こちらはキャラ差は身長くらいで、あんまり関係ない。
生存者は懐中電灯を持っているが、つけっぱなしだと電池がすぐに切れるので、減ってきたら落ちてる電池を拾わなければ懐中電灯が使えなくなる。電池を拾った瞬間に電池を入れ替えるので、できるだけ減ってるときに取らないと必要なときに電池がどこにもないなんて事態が発生する。
また、生存者は時間が経つごとに懐中電灯のスイッチを手が震えて連打してしまったり、周りが真っ暗で懐中電灯で照らしているところしか見えなくなったり、足がすくんで前に進めなくなったりといったバッドステータスみたいなものが一時的に発生する。

良い点
  • いい感じにホラー。たとえば、Maryというモンスターは普通は長い髪を前に垂らしている女の子だが、発狂すると一瞬で距離をつめられ襲ってくるので怖い。他のモンスターもビジュアルが怖い。突然床から生えてくる白い手(これもバッドステータスで幻覚。その人にしか見えないが、手に捕まると移動速度が極端に落ちる。)も怖い。あとバッドステータスで一番心臓に悪いアレも怖い。っていうかアレが一番怖い。
  • Phantom以外のモンスターは生存者を追い詰める感覚がよくわかるので超楽しい。
  • Phantom以外のモンスターとドア越しに押し問答するのも超楽しい。(Phantom以外のモンスターは攻撃できる状態の場合ドアを開けないと通れない。)
  • モンスターに自分または味方が襲われそうな時は音楽や効果音が鳴るため、それに注意を払うスリルが楽しめる。
  • Miaちゃんかわいい
悪い点
  • バグが多い。ロード終わってtab押して自分は誰か確認したら、ロードミスってて誰もいなかったとかザラいうこともある。(2015/3/30追記 最近はかなり減ってあまり気にならなくなった。)ロードミスってる状態で部屋から抜けると自分が操作するはずのキャラがロードミスってない方の部屋で死ぬのでタチが悪い。
  • 途中参加がまずできない。ロビーで5人揃って開始し、1人が途中で落ちた場合、そのキャラクターは死んでしまうため、別の人が途中参加してもそのキャラクターを使えず観戦者になってしまう。ただし、ロビーで4人のときに始まった場合は1人生存者が余っているので、参加できる。
  • Phantomが強すぎる。生存者が通らなければならない狭い通路やドアで左クリック連打してるだけで勝てる。そんなことをしなくても適当にうろついてるだけで生存者が大概すぐ見つけられるので割と簡単に勝てる。マップとの相性によるが。
  • 一か所に籠るLurkerが強すぎる。人が通りそうなところにトラップ仕掛けまくって反応が出たら実体化して追い詰めるだけで大体勝てる。動き回るLurkerは楽しいし、生存者とのバランスも取れるのでそっちをオススメ。
  • マップとモンスターの相性がいいとまず勝てない。たとえばPhamtomはドアの鍵を開ける音などで生存者の位置がわかるが、ドアが数十個あるマップがある。このマップだとマジでPhamtomには勝てない。マップとモンスターの相性がよくないぐらいのところが一番バランスが取れる、かも。

野良も多少は人がいるが、身内で5人揃えるともっと楽しいかもしれない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 12 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 61.8 時間
投稿日: 2014年11月11日
人間4人、お化け1人の計5人でやる脱出ゲーです。
ステージは全て屋内のステージで、たくさんの部屋からできています。
そのほとんどの扉にはカギが掛かっていて、室内をよくさがしてカギを見つけていく必要があります。
最終的に、銀のカギで開く部屋の中に逃げ込めば、人間の勝ちになります。
お化けはそれぞれ特徴の違う3種類がいます。
簡単に説明してしまいますが、
お化けは、人間が脱出するまでにみんな殺してしまえば勝ちとなります。

すごく怖くて面白いですよ。たまに本当に心臓がとまりそうになります。

割とプレイヤーの熟練度によって勝敗が左右される所もありますが、
マップのランダム性もあり、それも完全ではないので、私は何度も楽しんでいます。

たまにバグでゲーム開始時にフリーズしてしまったりすることがありますが、
一回ゲームを落としてもう一度やり直せばいいだけなのでそこまで問題ではないです。

仲間うちでやるときっと楽しいと思います。
でも私はやる人がいないので、大体野良です。
外国人ビビらせて遊んでます。

もっとはやってほしいなぁ~。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.9 時間
投稿日: 2015年1月5日
人間側の勝利ENDが苦労する割には失敗ENDとパフォーマンスがあまり変わらず少しがっかりするが、プレイヤーVSプレイヤーなのにとても怖くハラハラドキドキ感がたまらない。ただ、2000円出せるかというと「うーん」って感じなのでセールの時買うのがベストかも。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.9 時間
投稿日: 2014年12月23日
”がんばって探してね...君の後ろでずっと見てるよ”

お化け一人 対 生存者4人の対戦型CooPゲーム
お化けは3種類
瞬間移動ができるけどパワーをチャージしないと攻撃ができない奴
基本見えないけど生存者が走ったりお化けにぶつかったりすると壁も貫通して姿が見える奴
両者ともに姿が見えず、罠を張ってそれを使って生存者を追い詰める奴
お化け側はただ生存者を全滅させることが目標

生存者側は鍵やハンマー・バールなどを探して ”板の打ちつけてあるボロボロのドア” に全員集まればクリア
ただしお化けの攻撃を一度食らえば一発でアウト

ゲームモードとしては 1度きりの命のノーマルモードや全員共通ライフ(最大6)のライフ制ゲームの二つがある
どちらも非常に難しく、そして面白い。
ただ、基本的にマッチの面白さはお化けのプレイスタイルによって左右されるといっても過言ではない
お化けは脅かして煽って楽しむも良し
淡々と片っ端から生存者を倒すのも良し

生存者はただひたすら怖がりながら脱出を目指すも良し
お化けを逆に煽るのも良し

操作するのが人間だからこそのこの恐怖を是非ご堪能あれ

###これからお化け屋敷に乗り込もうと思っている人にアドバイス###
このゲームを買ったとき、まずログイン画面が出てくるだろう
まずは ”Register” を選択して ユーザーネーム メールアドレス パスワード これらを入力したあとキー入力をする
ただ必ず突っかかるところが ”メールアドレス” だと思う    なんせ@が打てないからな

簡単なことさ、メモ帳にメールアドレスを打ってコピペすればいいだけさ

   ~~~Enjoying the Fear !!!~~~
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 11 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 53.4 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2013年12月24日
最大5人の対人脱出ゲーム。 生存者四人とクリーチャー役一人に別れて遊ぶ。
生存者はその場からの脱出を目指して鍵や金庫のコード、バールのようなものなどなど探してとにかく脱出部屋へ化け物役を避けながら
駆け抜ける。
化け物役はプレイヤーを最初の幽霊状態では視認出来ず、オブジェクトに音が鳴る罠を仕掛けて
場所を特定した後一定時間だけ使えるスポーン時間を使って脱出される前に生存者の全滅を目指す。
フレンドとでも野良でも生存者側は難しいわ怖いわでかなりホラーゲームとしてはgood
化け物役も罠を仕掛けプレイヤーとの駆け引きができて面白いです。
早期アクセスゲーなだけにバグもちらほらありますが今後に期待。
正直連戦キッツイくらい怖いですこれ 怖い思いしたい人にオススメ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 20.7 時間
投稿日: 2015年6月18日
最大5人、4人が逃走者、1人が化物で遊べるホラーCOOPゲーム。
ホラーゲームで協力型、それも脅かす側もプレイヤーが楽しめるのがこのゲームの目玉。イメージ的に言うと、Evolveのホラー版と思えばピンと来る人もいるかもしれません。

とても良かった点
・ホラーゲームで協力型なので、他プレイヤーが頼もしく思える
・幽霊側も、どう脅かして倒してやろうかと戦略を立てられる
・幽霊側は基本的に無敵。人側は逃げて隠れるしか対策がない
 これにより、緊張感や恐怖感がかなりある
・バランスは幽霊とマップの組み合わせにもよるが
 脱出側も幽霊側も勝とうと思えば勝てる
・初見は非常に怖く、やりこんだら戦略ゲーになる。
 (やりこみすぎると人によっては作業と感じるかも?)
・マップの構成は決まっていても
 隠されているアイテムは毎回ランダム。戦略の幅がある。
(といっても、特定ドアを開錠する攻略チャートは大体毎回一緒)

ちょっと気にかかった点
・マルチ専用、シングル不可。もちろん友達はついてきません
・↑のために、人数確保がやや厳しい
・ドアの開閉がちょっとやりづらい。コツが必要
・現状、Phantomが強すぎて対策が立てづらい(と個人的に思う)
・初見プレイヤーとやりこんだプレイヤーに差が出る
 脱出方法や幽霊の操作の仕方に慣れが必要
・野良部屋は、部屋が多くても、途中退出などが多いかも
 勝敗を気にする人にとっては向かないと思う
・なんで5人用のゲームなのに4 Packsなの?

非常に悪い&即修正をしてほしい点
・バグ多数。ゲームが進行しなくなるような致命的なものも。
・ネットワーク系のバグが多い。接続しなくなる、クラッシュetc
・バグが多いのにもかかわらず、アーリーアクセスが外れて
 正式リリースされたことに疑問に思っているユーザー多数
・マップの数は大けれど、パターン・構成を変えた亜種だけ
 もうちょっとバリエーションを増やして欲しい

総評
とっても面白いのだけど、不自由しなければ遊べないのが非常に残念。でも、アップデートは2015年も続けてやるようだし、バグ修正や新しいモンスターの実装も予定されているようです。今後の追加要素も期待できそうです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最近の投稿
Purplewww
2.7 時間
投稿日: 8月12日
無料で入手した製品
おすすめしません。全て英語で操作方法わからないはまだしも本当に真っ暗すぎて何も見えなさ過ぎて目が疲れてきますし、つらいです。逃げる側はいいかもしれませんがモンスター側はライトもつけられずただ真っ暗なステージを壁にぶつかりながら漂うだけの苦痛なゲームです。プレイしこのゲームを作った製作者はこのゲームをしっかりプレイしたのか疑問に思います。何も見えないのはたしかに怖いですが、モンスター側にもそれが必要なのかと思いますし、見えないのにも限度はあると思います。さすがに見えなさ過ぎるのとびっくりする要因がモンスターではなく、鍵を大量に手に入れたときに唐突に出る老人の顔が怖いというこのゲームのホラー要素どこですか?ただの苦痛ゲーじゃないですかという感想になりました。このゲームに2000円払うくらいなら回転寿司でも食べに行ったほうが有意義な使い方です。僕は友人から貰いましたけどこのゲームを買ってくれた友人を気の毒に思います。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Gertrude556
32.7 時間
投稿日: 7月2日
化物 1体vs 生存者4人の非対称の対戦ゲーム

化物側は全員殺せば勝ち
生存者側は誰か一人でも脱出すれば勝ち

化物は4体いてそれぞれ能力や動き方が違う
生存者側に固有能力は無し

生存者は化物に対して抵抗する術が一切なく、逃げるか、扉を閉めて体で防ぐか、気付かれる前に隠れるしかない。
扉をすり抜けて来たり、テレポートしてくる化物もいるので、閉じこもっていても死ぬ場合がある。

MAPを把握できていない生存者が多い場合は、生存者側が圧倒的に不利。初心者はまずMAPの構造を頑張って覚えよう。
MAPを把握して、落ちている鍵の場所をある程度知っている玄人4人だったとしても、全員生還するのは難しいというくらいの難易度。


レベルアップ等の成長要素がないし、やる事はただのステルス鍵集めゲーなので、慣れてくると単調になりがち(怖いけど)
似たようなゲームのDead by Daylightよりは底が浅いが、ホラー要素はこちらの方が圧倒的に高い。



初期設定だと画面が真っ暗で本当に何も見えないから、明るさ設定をMAXまで上げよう。
というか初期設定だと懐中電灯で照らしている所しか見えないレベルで暗い。
設定を上げると、懐中電灯をつけなくても薄っすら見えるようになるから生存者側が少し有利になるけど、それでも脱出は難しいぞ!



化物紹介;

Mary;ランダムでテレポートする上に、ゲージがMAXになると全モンスター中、最速のスピードで接近してくる。

Phantom;扉をすり抜けられる。生存者を見ることは出来ないが、生存者が発生させる音で位置を把握する。

Lurker;罠を仕掛け、生存者が引っ掛かった時に姿を現すことができる。なお、罠に生存者を拘束する能力は無い。

Fallen;動く石像。複数の石像をMAPに作ることができ、石像の近くにいる生存者を知ることが出来る。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
jerouema
4.4 時間
投稿日: 4月24日
good game
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Attoizm
26.4 時間
投稿日: 3月18日
So nice.
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
No The King
28.7 時間
投稿日: 3月10日
モンスターが突然目の前や後ろに沸いた瞬間はションベンちびるくらいビビルMAPも使いまわしが多いが比較的バランスは取れているのではないかと
ただしblack lake woodsは除く
モンスター毎にそれぞれクセや特徴があるのでそれがわかってないと即効で殺される
場合によっては初心者がモンスターに集団の位置を教えてしまい全滅も
逆にクセさえ覚えてしまえば対策は非常に取りやすい

特にファントムはモンスターも人間も理解しているかしていないかで印象がガラっと変わる
プレイヤーが理解者でなければ即発見&キルだが、理解者で固まってしまっているとうろついても見つけられるはずもなく、待ちに徹するしか勝機がほぼなくなるラーカーも任意の場所にトラップを仕掛けられるので闇雲に仕掛けず特定の場所のみに仕掛け、トラップが反応すれば即実体化すると大体プレイヤーがいる
が、正直やるほうもやられる方も面白くないので走り回ってはトラップを仕掛け音でビビらせ、不意に実体化してはびびらせとしたほうがゲームとしては楽しめると思う
マリーも1度のフレンジーでほぼワンキルは取れるので時間との勝負になるが、極端に狭い1本道マップでなければ、プレイヤーも攻撃を回避できることがありなかなかバランスとしてはちょうどいいように思うあえてフレンジーモードにならずじりじり追い詰めていくのも一興
フォールンはノーコメントで・・・
スタチューがイマイチ効果的に利用できない
結論としては待たないラーカー、マリー辺りが相者共に勝機もありバランス的には取れている印象だった
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
MajiMajiLorisidae
8.8 時間
投稿日: 3月2日
すごくいいゲーム内容なのにどうしても過疎が進んでしまっている。ちょっとおしい
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
たっやっち
3.3 時間
投稿日: 1月13日
面白いです^^ 一緒にやってくれる人いませんかね、、、、
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
よしぴ
23.1 時間
投稿日: 2015年10月26日
日本語化できたらもっと良いと思う
良くエラー落ちするけど面白い
参考になりましたか? はい いいえ 面白い