A New Wizardry for a New Generation The universe is in the throes of violent upheaval and change. Vast and mysterious forces are preparing for the final confrontation. A small group of heroes from distant lands must plunge into the heart of the maelstrom, to uncover long-forgotten secrets, and bring about a new era.
ユーザーレビュー: 非常に好評 (212 件のレビュー)
リリース日: 2001年11月15日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Wizardry 8 を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Wizardry 6, 7, and 8 を購入する

3 アイテムを同梱: Wizardry 6: Bane of the Cosmic Forge, Wizardry 7: Crusaders of the Dark Savant, Wizardry 8

 

キュレーターによりおすすめされています

"The last game in the Wizardry 6, 7, 8 trilogy - challenging turn-based combat game MUST PLAY for every true CRPG fan - two thumps up! "

このゲームについて

A New Wizardry for a New Generation

The universe is in the throes of violent upheaval and change. Vast and mysterious forces are preparing for the final confrontation. A small group of heroes from distant lands must plunge into the heart of the maelstrom, to uncover long-forgotten secrets, and bring about a new era. Should they succeed, they will gain the powers of the gods themselves. If they fail, countless worlds will fall into the grip of darkness.

Wizardry 8 raises the standard for fantasy role-playing with a vengeance. Prepare yourself for a new level of excitement, immersiveness and depth that made role-playing games one of the best-selling, best-loved genres of all time.

Prepare to experience the culmination of a prestigious RPG series. Enter a vast world of intrigue and wonder. Unravel a gripping, non-linear storyline. Battle your way to victory using your swords, your magic, and your wits. Compete with rivals or align with allies as you struggle to ascend to the Cosmic Circle. Take the battle to the dreaded Dark Savant in Wizardry 8, the phenomenal conclusion to the Dark Savant trilogy, one of the most extensive and challenging stories ever told in classic role-playing games!

This is the legacy of Wizardry 8!

  • Explore a vast 3D world filled with action, magic and adventure. Wander through dark dungeons, lush landscapes, scorching volcanoes and even beneath the sea.
  • Create your own custom party of adventurers. Make a gnome gadgeteer, a lizardman fighter, a rawulf lord or even a faerie ninja. the possibilities are endless!
  • Choose a custom personality for each character and hear them speak over 100 lines of dialogue; Kindly or Chaotic, burly or surly-how your characters act is up to you.
  • Talk to dozens of intelligent characters. How you treat them determines whether they become powerful allies or deadly enemies.
  • Battle over 300 types of monsters in some of the most intense combat ever seen in an RPG. The unique auto-targeting system makes combat easy to learn, while the huge number of strategies adds unprecedented depth.
  • Advanced creature A.I. brings a new level of realism to RPGs. You don't just hunt the monsters-the roaming monsters hunt you.
  • Cast over 100 spells using a unique power-level system that guarantees that no spell ever becomes obsolete.

システム要件

Windows
Mac OS X
    Minimum:
    • OS: Windows XP
    • Processor: Pentium 233MHz Processor
    • Memory: 64 MB RAM
    • Graphics: 8MB 3D Accelerated Video Card
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 2 GB available space
    • Sound Card: 100% DirectX 9 compatible card or onboard sound
    • Additional Notes: Sound Card and Mouse also required for the best experience
    Recommended:
    • OS: Windows 7
    • Processor: Pentium 333MHz Processor
    • Memory: 128 MB RAM
    • Graphics: 16MB 3D Accelerated Video Card
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 2 GB available space
    • Sound Card: 100% DirectX 9 compatible card or onboard sound
    • Additional Notes: Sound Card and Mouse also required for the best experience
    Minimum:
    • OS: Mac OS X 10.6
    • Processor: Pentium 1GHz Processor
    • Memory: 512 MB RAM
    • Graphics: 8MB 3D Accelerated Video Card
    • Hard Drive: 4 GB available space
    Recommended:
    • OS: Mac OS X 10.7 or higher
    • Processor: Pentium 2GHz Processor
    • Memory: 1 GB RAM
    • Graphics: 16MB 3D Accelerated Video Card
    • Hard Drive: 4 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
26 人中 26 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 12.6 時間
投稿日: 2月18日
RPGに多大な影響を与えた事で有名な
Wizardryシリーズの第八弾。
色々外伝やら復刻系が出ていますが
実質的にはこれが最終作と言われています。

パッケージ版はとんでもないプレミア価格がついていましたが
Steamでお手頃価格で購入可能になりました。
(日本語訳は未完成ですが)

過去作とは違い、1マスずつ進む3Dダンジョン式ではなく
Doomの様なフリー移動形式に変更されていたり
敵と遭遇した位置でフォーメーションが変わるなど
色々新しいシステムが導入されています。

キャラを育成する楽しさ、未知のMAPを探索する喜びは
健在ですが昔の洋ゲーらしい理不尽さも健在。

・仲間を復活させる施設がなく、
序盤で死ぬと生き返すのが困難。
・敵がリスポーンすると主人公と同LVで復活するので
LVを上げすぎると場所によっては詰む。
・状態異常の嵐
・一部状態異常が序盤では回復不能
・道を外れると強い敵
・LVアップで火力が上がらない

緻密な計画を立てずにプレイをすると
正に修羅の世界でしょう。
しかしレトロゲームに慣れた人なら
何度かプレイをしている内に要領を掴んで、
鬼畜の世界に自然と馴染み
少しずつ探索出来ている自分がいると思います。

DOS時代に遊んだ難しいゲームの思い出に
浸りたかったらお勧めですd(´ω`*)


…まぁ、でも、客観的にみると
RPG好きの間でも相当人を選ぶ作品だと思うので、
Mな人向けと考えた方がいいです。
「軽く遊んでみるか」みたいなノリで購入すると地獄をみるでしょう。

余談ですが、古い作品なので
スクリーンショットの公開方法が特殊です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 13 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 21.1 時間
投稿日: 6月30日
10年以上前に日本語版をプレイ済み。
日本語パッケージが実家のブラックホールにて行方不明なのでsteamで英語版を購入した。
英語版に日本語化MODを適用すると不具合で進行不能になるらしいので英語版でプレイ中。
ストーリーはなんとなく覚えているので今のところ英語版でも支障はない。
結構なテキスト量なので初プレイではきついかもしれない。

ストーリーをざっくり説明すると、宇宙にはドラゴンボールが3つ存在し、
その3つのボールを集めアセンションすると魔法のペンで過去や未来、宇宙の法則まで書き換えられる
神のような存在になれるという内容。
WIZ6は魔法のペンを巡る物語でラストでしかるべき場所にペンが戻った。
WIZ7はドラゴンボールのうち1つを巡る物語でラストでダークサヴァントとかいう、いかにも悪そうな奴に奪われた。
そのダークサヴァントを追って不時着した惑星ドミナスにてWIZ8の物語は始まる。
ちなみにダークサヴァントの正体はちょっと意外。
一応WIZ6~8の三部作だが、
ストーリー上はWIZ6、7ともに前哨戦に過ぎないので、8から始めてなんら問題はない。
そもそも今更WIZ7をプレイしても、難しすぎて投げ出すだけだろう。

パーティー構成はWIZの基本であるFFTPPM(ファイター、ファイター、シーフ、プリースト、プリースト、メイジ)
もしくはFFTPMMでなんら問題はないが、あえて記憶を頼りに強キャラで固めてみた。

ファイター
種族をMOOKにしてジャイアントソードを装備することで、モンスターの後衛も倍打&気絶させることができる。
しかも硬い。優遇されすぎ。

ローグ
他のWIZでは罠解除専門のシーフがローグに昇格。
バックスタブで常時倍打。
罠解除、カギ解除も得意。
ステルスを上げればモンスターの目の前で睡眠してても気づかれない。

ヴァルキリー
ロードの上位互換。
死んでも神のご加護とかですぐさま復活。
公式チートクラス。

レンジャー
常時探索、錬金術、遠距離も近距離も得意。
いいスキルが揃ってるクラス。

バード
パーティー専用演奏家。
楽器をひたすら演奏するだけだが、序盤の要。
忍者に転職してcane of corpusという最強の杖を装備させたかった為、フェアリーで作ったが、
スタミナが低くて失敗。

メイジ
WIZといえばメイジ!
中盤までは戦闘の要。

この6人PTでやっているが序盤はローグが脆いのと同じく序盤は回復魔法が心もとない
のが弱点。

陣形は前衛にファイター、ローグ、左右にレンジャーとヴァルキリー
中心にバードとメイジで壁を背にして戦っている。
この陣形というシステムは他のWIZにはないもので、いろいろと陣形を考え試してみるだけで面白い。
また武器や魔法にもそれぞれレンジと適用範囲が決められており、どうやって戦うか考えるのが面白いゲームである。
WIZ8独自の戦闘システムを面白いと思うか否かでこのゲームの面白さは変わるだろう。
個人的に戦闘システムはターン制RPGで1,2を争うほどよく出来ていると思う。
ただし、モンスターの数次第では1回の戦闘で30分かかったりする。

難易度は攻略サイトや攻略本を見なくてもなんとかクリアできる難易度。(ただし日本語版での感想)
初プレイで英語版だと難易度が跳ね上がるかもしれないが、
英語テキストに拒否反応がない人はぜひやってみて欲しい。

それと、このゲームにはmylesというNPCが出てくるのでぜひ仲間にしてみてください。






このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 21.1 時間
投稿日: 6月30日
10年以上前に日本語版をプレイ済み。
日本語パッケージが実家のブラックホールにて行方不明なのでsteamで英語版を購入した。
英語版に日本語化MODを適用すると不具合で進行不能になるらしいので英語版でプレイ中。
ストーリーはなんとなく覚えているので今のところ英語版でも支障はない。
結構なテキスト量なので初プレイではきついかもしれない。

ストーリーをざっくり説明すると、宇宙にはドラゴンボールが3つ存在し、
その3つのボールを集めアセンションすると魔法のペンで過去や未来、宇宙の法則まで書き換えられる
神のような存在になれるという内容。
WIZ6は魔法のペンを巡る物語でラストでしかるべき場所にペンが戻った。
WIZ7はドラゴンボールのうち1つを巡る物語でラストでダークサヴァントとかいう、いかにも悪そうな奴に奪われた。
そのダークサヴァントを追って不時着した惑星ドミナスにてWIZ8の物語は始まる。
ちなみにダークサヴァントの正体はちょっと意外。
一応WIZ6~8の三部作だが、
ストーリー上はWIZ6、7ともに前哨戦に過ぎないので、8から始めてなんら問題はない。
そもそも今更WIZ7をプレイしても、難しすぎて投げ出すだけだろう。

パーティー構成はWIZの基本であるFFTPPM(ファイター、ファイター、シーフ、プリースト、プリースト、メイジ)
もしくはFFTPMMでなんら問題はないが、あえて記憶を頼りに強キャラで固めてみた。

ファイター
種族をMOOKにしてジャイアントソードを装備することで、モンスターの後衛も倍打&気絶させることができる。
しかも硬い。優遇されすぎ。

ローグ
他のWIZでは罠解除専門のシーフがローグに昇格。
バックスタブで常時倍打。
罠解除、カギ解除も得意。
ステルスを上げればモンスターの目の前で睡眠してても気づかれない。

ヴァルキリー
ロードの上位互換。
死んでも神のご加護とかですぐさま復活。
公式チートクラス。

レンジャー
常時探索、錬金術、遠距離も近距離も得意。
いいスキルが揃ってるクラス。

バード
パーティー専用演奏家。
楽器をひたすら演奏するだけだが、序盤の要。
忍者に転職してcane of corpusという最強の杖を装備させたかった為、フェアリーで作ったが、
スタミナが低くて失敗。

メイジ
WIZといえばメイジ!
中盤までは戦闘の要。

この6人PTでやっているが序盤はローグが脆いのと同じく序盤は回復魔法が心もとない
のが弱点。

陣形は前衛にファイター、ローグ、左右にレンジャーとヴァルキリー
中心にバードとメイジで壁を背にして戦っている。
この陣形というシステムは他のWIZにはないもので、いろいろと陣形を考え試してみるだけで面白い。
また武器や魔法にもそれぞれレンジと適用範囲が決められており、どうやって戦うか考えるのが面白いゲームである。
WIZ8独自の戦闘システムを面白いと思うか否かでこのゲームの面白さは変わるだろう。
個人的に戦闘システムはターン制RPGで1,2を争うほどよく出来ていると思う。
ただし、モンスターの数次第では1回の戦闘で30分かかったりする。

難易度は攻略サイトや攻略本を見なくてもなんとかクリアできる難易度。(ただし日本語版での感想)
初プレイで英語版だと難易度が跳ね上がるかもしれないが、
英語テキストに拒否反応がない人はぜひやってみて欲しい。

それと、このゲームにはmylesというNPCが出てくるのでぜひ仲間にしてみてください。






このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
23 人中 22 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 43.7 時間
投稿日: 5月1日
Length of Time Played: ~300 Hours (On and Off Steam)
Distance Played: Beaten the Game on Ironman Mode
Personal Grade: A+ (5th Favorite Game of All Time)

Opinion of Each Aspect

Grading System - Outstanding, Excellent, Good, Acceptable, Poor, Horrendous, Abysmal

Gameplay: Outstanding
Stability: Excellent
Story: Outstanding
Controls: Excellent
Graphics: Excellent
Music: Outstanding
Sounds: Outstanding
Difficulty: Excellent

Notes: + (Positives), = (Small Gripes), - (Negatives)

+ Expansive world to explore
+ Vast array of characters to play as
+ Customization like crazy
+ Enthralling storyline that continues from Wizardry 7
+ Engaging combat
+ Plenty of NPCs to talk to

= The difficulty can be a tad unforgiving at times
= Movement is slippery when running
= Combat can be a tad slow when fighting large groups of enemies
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 33.5 時間
投稿日: 3月4日
Wizardry 8 is a must-own CRPG. It is on its own, the last Wizardry game of the Dark Savant trilogy made by Sir-Tech as well as being the last within the official series (the license was given to game developers in Japan who made their own Wizardry games such as Tale of the Forsaken Land which have their own story and universe in comparison to that of 8).

The gameplay itself gives players either a turn-based approach or a more active but still turn-based take on combat. The game itself is a mixture of fantasy and sci-fi, pitting players against mundane enemies such as a human spell-caster and giant rats to more technological or magical enemies such as androids or demonic beast. Wizardry 8 offers a variety of customization to players based on the races and classes to choose from. This means one can play with a normal party such as a dwarf fighter, elf mage, and a human thief to something a bit more diverse such as Hobbit ninja's and Felpurr samurai's. Not only is there a variety in races (such as human, rawulf, dracon, mook, etc.) and classes to pick (such as bishop, priest, ninja, alchemist, etc.) but the game also offers a variety of equipment to use, each with their own advantages and restrictions.

The story of Wizardry pits the player's party against the forces of the Dark Savant for whatever reason (using an imported save where you went with an important NPC to Dominus, following a prophecy you'd first hear a bit from the Trynnie merchant, the game does have different intros based on what saves you use, be it imported saves from Wizardry 7 or using an entirely new party). Ultimately (without trying to spoil too much), the story would lead to players trying to gain a power that the Savant himself desires.

The only con to Wizardry 8 as far as I know is that trying to play it off Steam with a mod (only tried the Christian Coder mod) doesn't seem to work for some reason.

If you are a sort of person who is interested in playing a good CRPG that is worth the time and money spent, Wizardry 8 is one to go with.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い