ポイントショップ ニュース ラボ
Jabroni Brawl: Episode 3 は様々なゲームモード、武器、マップが登場する無料のマルチプレイヤーSource Engineゲームです。数多くの忘れ去られたHL1用MODなどからインスピレーションを得ています。
全てのレビュー:
ユーザーレビューはありません
リリース日:
TBA
開発元:
パブリッシャー:
タグ

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、スルーとチェックするには、サインインしてください。

コミュニティにより制作されたMod

This free, community made Mod requires that you own Half-Life 2: Episode 2.

ここをクリックするとSteam上のMODについて詳細が表示されます。

近日登場

このアイテムはまだ利用できません

興味がありますか?
ウィッシュリストに追加すると、リリースの通知が届きます。
ウィッシュリストに追加
 

このゲームについて

何ですかこれは?

Jabroni Brawl Episode 3はゲームモード、マップ、武器の巨大なコレクションであり、数多くのMOD開発者がSource Engineという魔法を使って作られたゲームだ。2012年に開発が始まったJB3は、Rocket Crowbar、Scientist Hunt、Jaykin Baconといった様々なHalf-Life 1・Half-Life 2用MODで見られた多彩なアイデアを組み合わせることで、Half-Life用MODの素晴らしさを更に発展。このゲームはValve社のゲーム作品へのオマージュでもあり、プレイヤーはValve作品のマップやプレイヤーモデルのほかにそれらから影響を受けたものでプレイが可能。他にもオリジナル要素も含まれており、結果としてギャグ要素満載の面白いオンラインデスマッチ体験を実現した。

何が入ってるんだ??


JB3のゲームモードセレクションは大変豊富で、様々なHL1用MODからインスピレーションを得ている。

  • バトルロイヤル - 2004年のHalf-life 1用MOD「Jaykin' Bacon」の外見を拡張したもので、ラウンドごとにプレイヤーにランダムな武器が渡される。ラウンドの最後まで生き残ったプレイヤーの勝ち。さらに、ラウンド終了間際にKOTHのようなセーフゾーンが現れ、プレイヤーが一箇所に集まるようにすることで、なるべく引き分けでラウンドが終わらないようになっている。一部のラウンドでは「ミューテーター」が発動し、ルールを大きく変えることで長いゲームを新鮮に保っている(例:一つの武器しか使えないミューテーターラウンドや、後ろにしか動けないミューテーター)。
  • スニークVSテロリスト - 重装備のテロリストチームが小さいステルス志向のチーム(スニーク)から目標を守る。スニークは様々な道具を上手く活用することで、見つからずに目標までたどり着くか、敵チームのプレイヤーを静かに倒すことで勝つ。
  • スニークVS M… - これではごく数人のスニークが近接武器を持った小さなプレイヤーと戦う。拳しかないかもしれないが、移動速度は速く、スニークを倒すために何度でも復活できる。少なくとも一人のスニークが90秒生き残れば勝利だ。もっと面白くするために、Mチームの外見もラウンドごとに異なる「M」で始まるグループになるぞ。(スニークVSマットレス、スニークVSモール警察など)
  • 科学者ハント - このゲームモードではHL1用MOD「Scientist Hunt」へのオマージュとして、最も多く科学者を倒した側の勝ちだ。チームまたはソロで競うことができ、様々な種類の科学者に応じて異なる点数を得ることができる。攻撃してくる科学者がいれば逃げる科学者もいるし、適当に走り回る科学者もいる。
  • 科学者サバイバル - 今度は君が襲われる側だ!様々な攻撃的な科学者やおかしい科学者がマップ中に現れ、プレイヤーを襲ってくる。バールしか持っていない君は生き残ることができるか!?最後に残っている者の勝ち!
  • インスタギブ - 様々な即死武器を手にゲームが始まるが、一見異なるように見える武器は全部同じ速さで撃たれる。違いはプレイヤーに当たった時に起こることだけだ。(爆発する、飛んでいく、固まるなど)好きな銃を選び、最も多くキルをとって勝者となれ!
  • ガンゲーム - JB3の全ての銃を一つずつ使い、キルを取って進め。全ての銃でキルを取った者の勝ち!
他多数!

現時点で50以上の武器が実装されており、楽しむには十分すぎるだろう。例えばこのような武器があるぞ!

  • コルトSAA - 最初の打撃で必ず跳飛するパワフルなリボルバー。
  • AX74 - AKS74に斧をくっつけた武器。遠ければ撃ち、近ければ振り回せ!
  • 段ボール箱 - しゃがんで立ち止まると見えなくなる。敵が近寄るまで待ち、静かに倒せ!
  • ロケットバール - バールだ!ロケットがくっついてるぞ!敵をこれで打って飛ばすか、右クリックしてロケットを発射できる。壁や地面を打って自分を飛ばしていけば逃げることができるぞ。
  • ダブステップガン - 2012年に実装された最初の武器の一つ。ダブステップを大音量で流し、範囲型火炎放射器のようにダメージを与える巨大な武器だ。範囲内に長くいた敵は頭が自然と爆発する。
    他にもまだまだあるぞ!

    コミュニティと他のMOD開発陣の協力によって、40以上のオリジナルマップと100以上のプレイヤーモデルが実装されている。さらになんと、ハーフライフのキャラクターであるクライナー博士の声優、Harry S. Robinsが数年前にアルファ科学者NPCのボイスとしてゲスト出演。コンテンツはどこまでも続くぞ。

    もっと教えてくれ!

    ゲームデザインは、特に一つのコンセプトを中心に行われている。それは「自由度」だ。サーバー作成ページでの豊富なカスタマイズ(例えば使える武器の種類の指定)から多数のコンソール変数までによって、サーバー管理者はリアルタイムで遊び方を変えることができる。例えばマッチがちょっとつまらなくなったなら、超高速で銃が撃たれるようにできるぞ!コマンドによっては武器の動作をひっくり返すことができるぞ。武器ごとに変えられる設定のみならず、ゲームモード自体の設定も豊富だ。ぜひ、様々な設定で実験しよう!

    さらに、プレイヤーモデルの色を変えることができるぞ。今の所の結果は素晴らしく、殆どのプレイヤーモデルにおいて新しく染色するとまるで別人のように見える。加えて、この色は手の色から様々な武器の色まで、ゲーム中の様々な要素を変えるぞ。

    JB3で古いマップを試してみたいか?なら朗報だ、リアルタイムでマップにオブジェクトを追加できるようになっており、一部のゲームモードで必要になる復活地点やKOTHゾーンを追加できるぞ!これらのコマンドはゲームフォルダ内に作成される編集可能なテキストファイルで調整と保存ができる。

    分かったからやめてくれ

    完成まで大変長く険しい道のりだったが、期待にこたえたことを願っている。あくまでとても馬鹿馬鹿しく楽しいゲームとして作られたので、ぜひ楽しんでいただけたらうれしい。

成人向けコンテンツの説明

開発者はコンテンツを次のように説明しています:

Jabroni Brawl features over-the-top blood, gore, violence and also has depictions of dildos. These elements are played for comedic effect.

The game contains settings which allow you to censor or disable this content.

システム要件

Windows
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows 7
    • プロセッサー: Intel® Core™ 2 Duo E6600 または AMD Phenom™ X3 8750 プロセッサー
    • メモリー: 6 GB RAM
    • グラフィック: nVidia GeForce 8600/9600GT, ATI/AMD Radeon HD2600/3600
    • DirectX: Version 9.0c
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 25 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX compatible
    最低:
    • OS: Ubuntu 12.04
    • プロセッサー: IntelまたはAMDの64ビット2.8GHzデュアルコア必須
    • メモリー: 6 GB RAM
    • グラフィック: nVidia GeForce 8600/9600GT, ATI/AMD Radeon HD2600/3600 (ビデオドライバ: nVidia 310, AMD 12.11), OpenGL 2.1
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 25 GB 利用可能
    • サウンドカード: OpenAL対応サウンドカード
この製品のレビューはありません

この製品の自分のレビューを書いて、コミュニティとあなたの経験を共有してみましょう。このページの購入ボタンの上のエリアを使用して、レビューを書きましょう。