【ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編】本作品は日本語モード、英語モードを搭載したサウンドノベルです。音楽や背景、キャラクターによって楽しく演出された世界を、小説の感覚で読み進んで行きます。笑ったり、泣いたり、怒ったり。そんな心の揺らめきを主人公と一緒に堪能して下さい。
最近のレビュー:
非常に好評 (81) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 81 件中 98% が好評です。
全てのレビュー:
圧倒的に好評 (2,763) - このゲームのユーザーレビュー 2,763 件中 96% が好評です
リリース日:
2015年5月15日
開発元:
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

SteamでWhen They Cry Franchise全作品をチェック

ひぐらしのなく頃に奉 鬼隠し編 をプレイ

 

レビュー

“Nearly everything about this game’s story just works. It leans from the most asinine, youthful banter possible to truly twisted mental states by the end. Players will end up second guessing themselves just as much as the protagonist does.”
4.5/5 – Hardcore Gamer

“Higurashi stands out as an example of how evocative a game can be based on storytelling without the aid of high-end graphics.”
8.5/10 – APG Nation

このゲームについて

【ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編】

昭和58年初夏。
例年よりも暑さの訪れの早い今年の6月は、
昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱を楽しませてくれた。

××県鹿骨市。県境にある寒村、雛見沢村。
人口2千に満たないこの村で。それは毎年起こる。

雛見沢村連続怪死事件
(1979年~1983年)

毎年6月の決まった日に、1人が死に、1人が消える怪奇。
巨大ダム計画を巡る闘争から紡がれる死の連鎖。
昭和中期に隠蔽された怪事件が、蘇る。
陰謀か。偶然か。それとも祟りか。

いるはずの人間が、いない。
いないはずの人間が、いる。

昨夜出会った人間が、生きていない。
そして今いる人間が、生きていない。

惨劇は不可避か。屈する他ないのか。
でも屈するな。


君にしか、立ち向かえない。

システム要件

Windows
macOS
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP, 7, 8
    • プロセッサー: Pentium III 800 MHz
    • メモリー: 512 MB RAM
    • DirectX: Version 9.0
    • ストレージ: 500 MB 利用可能
    推奨:
    • プロセッサー: Pentium 4 1.4GHz
    • メモリー: 1 GB RAM
    最低:
    • OS: OSX 10.8: "Mountain Lion"
    • プロセッサー: 1 Ghz or faster processor
    • メモリー: 512 MB RAM
    • ストレージ: 500 MB 利用可能
    最低:
    • OS: Ubuntu or equivalent
    • プロセッサー: 1 Ghz or faster processor
    • メモリー: 512 MB RAM
    • ストレージ: 500 MB 利用可能

When They Cry Franchise からのおすすめ

カスタマーレビュー

レビュータイプ


購入タイプ


言語


期間
特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。

グラフを表示



プレイ時間
ユーザーがレビューを書いた時のプレイ時間でレビューをフィルター:



最小時間なし最大時間なし
表示:
グラフを表示
 
グラフを非表示
 
フィルター
トピずれのレビュー荒らしを除外
プレイ時間:
上記のフィルターに当てはまるレビューはこれ以上ありません
他のレビューを見るためにフィルターを調節する
レビューをロード中...