究極のスペースサンドボックスです。壮大な艦隊戦に加わりましょう。連合を組みましょう。銀河を制覇するために、資源を集め、敵を蹴散らし、あなたの帝国を築き上げるのです。宇宙を思いのままに体験してください。
最近のレビュー:
賛否両論 (29) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 29 件中 62% が好評です。
全てのレビュー:
賛否両論 (1,956) - このゲームのユーザーレビュー 1,956 件中 68% が好評です
リリース日:
2014年11月27日
開発元:
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

早期アクセスゲーム

今すぐアクセスしてプレイ開始;開発途中のゲームに参加しよう。

注: この早期アクセスゲームは不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。 詳細はこちら

開発者からの注意書き:

早期アクセスにした理由

現在はアルファ版であり、全ての機能を無料で遊ぶことができます。詳しくは下の説明をどうぞ!
私たちは小さな独立系ゲーム会社です。多くの人にゲームをプレイしてもらう機会を作ることで、プレイヤーの方々からのフィードバックや開発資金など、ゲーム開発の支援を得るために早期アクセスを利用しました。無料で試せるデモ版は、Steamと公式ウェブサイトのどちらからでも利用可能です。

アップグレード済みのアカウントをお持ちの既存のお客様は、SteamアカウントとStarMade Citizen’s登録アカウントとのリンクを通じて、Steam上でゲームを受け取ることができます。

このゲームは大体どのくらいの期間早期アクセスですか?

“全ての基幹機能を実装し、全体的なゲームシステムに自信が持てるようになるまで、StarMadeは早期アクセスとなります。また、厳格なバグテスト・フェーズを通過する必要があります。我々には野心的な計画もあり、厳密な日付の策定は行えません。”

早期アクセスバージョンと計画されているフルバージョンの違いは?

“私たちは開発において数多くの機能を計画しています。現在何に取り組んでいるか、また今後どのような計画がされているかについては、Trello Roadmap(https://trello.com/b/9Kg5Jn6g/starmade-roadmap)で確認できます。開発方針についての投稿はこちら(https://starmadedock.net/threads/starmade-development-direction.21615/)、バグトラッキングサイトはこちら(http://phab.starma.de/)です。
本当のフルバージョンでは、よりダイナミックな宇宙になります。それを実現するために、ダイナミックでプロシージャルなクエスト、NPCの勢力や帝国、サウンドトラックや効果音、スクリプティング、MOD API、クリーチャー、外交と艦隊コントロールなどの計画があります。ゲームのパフォーマンスとスケーラビリティは、最低限の優先度です。”

早期アクセスバージョンの現状はどうなっていますか?

“2014年以降、ゲームのクライアントとサーバーそれぞれに安定版があります。現時点でのStarMadeは、究極の宇宙体験をするためのツールとコミュニティが作成された、複雑で広大なサンドボックスです。人生にStarMadeの宇宙を持ち込むのなら今です。”

早期アクセス期間中と期間後ではゲームの価格は変わりますか?

“ゲームの価格は早期アクセスの期間中、機能が追加されるに従い徐々に上昇します。このシステムは、初期にゲームを購入し開発をサポートした人に恩恵があります。”

どうやって開発プロセスにコミュニティを参加させる予定ですか?

“既にコミュニティがゲーム開発に広く関わっています。プレリリースで約30万人がアカウント登録を行い、そこからの要望や提案、バグ報告を開発チームは常に拾い上げています。ゲーム内には、プレイヤーから寄せられた提案が数多く実装されました。また、船やステーションなどのゲーム内作品によるコミュニティ・ビルドコンテストを開催し、それらをゲームへ取り入れたりもしています。さらに、開発チームへの意見、提案、フィードバックを求める、コミュニティ選出評議会もあります。我々はコミュニティと共に、チームとして取り組んでいきます。”
詳細を見る

Star Made を購入する

-50%
$14.99
$7.49

Star Made Four Pack を購入する

Includes four copies of the base game - Send the extra copies to your friends.

-67%
$44.99
$14.84
 

最新の更新 全て表示(108)

6月19日

Small Status Update

Hello players,

sorry for the long time without an update. There was a lot of smaller technical stuff, as well as some research and other projects which made it hard to talk about specific things. What I can do, however, is give you a summary about the upcoming items we’ll be working on for the Universe update in the following months:
  • Graphics Engine Update
    • Switch to deferred rendering for dynamic lighting: Deferred rendering will greatly increase the quality of rendering as it allows for a lot more light sources than forward rendering. The nice thing about this is that it will be possible to use the prebaked information as part of the deferred rendering to simulate ambient occlusion. And since even deferred rendering has limits in terms of light amount (around 50-100 light sources), we can use the prebaked system in a LoD system being able to still show unlimited amount of lights without slowdown.
    • Optimizations:
      • An all new backwards LoD system that will decrease the number of polygons very significantly.
      • Fast treebased occlusion culling, so areas that wouldn’t be visible can be discarded before drawing.
  • Block container revamp
    • This is basically refactoring how block types, rotations, etc are handled. This will make it much easier to deal with bugs and to introduce new blocks.
  • Block Engine Update
    • The load system for sectors will be revamped. The goal is to preload data more efficiently, so that sector changes would be virtually unnoticable.
    • Saving and the block save structure will be revamped to be more efficient and safer (more guards against data loss/corruption, as well as features to prevent newer players from losing work due to a ship getting blown up (automatic versioned save feature on ships))
    • Moving all block data to direct memory, as well as possibly moving more expensive functions to native c++ code (lighting calculation, saving/loading)
  • Audio System
    • Research completed on best designs. System will make it possible to live edit sound effects ingame
  • Particle System
  • AI
    • AI Collision System
    • AI LoD (Collision sphere sweeping)
    • Crowd AI (AI positioning without fighting over space)
    • AI behavior layering (macro actions like getting to a position in the universe and micro like fighting against another ship)
    • AI mission system
    • AI behavior
  • Universe recreation
    • New structure
      • Hirachial Region System
      • Region ownership system
    • New NPC structure
      • overall NPC behavior
    • Place of Interest creation
    • Key area creation
    • Area specification
    • New stellar objects
    • New planet injection
    • Difficulty flow (for single player)
    • Event System
    • Void System
  • Population system
    • Low level NPC population
    • Population resources
I’ll be talking more about each item during and after it is implemented (some of which are already partly done)

Thanks you for playing StarMade,

- The Schine Team
22 件のコメント 詳細を見る

2月15日

StarMade V0.201.363: CONDITIONS, ACTIONS & FIXES

Hello players,

here is a small feature and fix update. There will be several of those along the universe update roadmap (roadmap blogpost on www.star-made.org). Durking the update, we'll be working ~1 week per month on fixes and small features (especially for the rule system), while spending the rest of the time on the universe update.

Universe update Roadmap News: On the universe update, we are currently in the middle of GUI scaling, and close to starting to implement the sound system.

This update features a lot of new conditions and actions. The system now supports rules of different types, depending on the target (players, factions, sectors, etc). Actions are transferable to other entities: e.g. if condition on a ship is true, you can execute a player action for all players on that ship.

Here is the full changelog:

UI

added minimize button to advanced build mode panels on the right

Rule System

  • Player Mod Faction Points
  • Player Set Faction Points
  • Entity Mod Faction Points
  • Entity Set Faction Points
  • DateTime fixes
  • Entity Weekly duration
  • FactionRules
  • FactionIsInRange
  • FactionAddFP
  • FactionSetFP
  • FactionHasMemberCount
  • FactionHasFpCount
  • Action Bridges
  • Entity -> Sector / Player / Faction
  • Sector -> Entities / Players / Factions
  • Player -> Sector / entered Entity / Faction
  • Faction -> Players
  • 'Entity system claimed by' condition
  • player warp to sector action
  • player set credits action
  • player mod credits action
  • player kick action
  • player ban action
  • player in sector cond
  • player say cond (regexp)
  • player send message action
  • player last joined condition
  • player kick out of ship action
  • player kill action
  • segment controller in sector range condition
  • all faction condition parameters now range
  • sector chmod condition
  • sector range condition
  • sector contains entity count condition
  • sector chmod action
  • sector admin command action
  • Added inverse conditions (condition group feature)
  • recurring actions
  • player: add credits over time
  • player: add blocks
  • player: add blocks over time
Fixes:

  • fixed missing integrity triggers
  • fixed beams not active on server when using logic to toggle them (logic salvage beam not working)
  • fixed linear reactor level calcs
  • fixed activatable modules not synching correctly (cloak drive)
  • fixed torch damaging stick shops
  • fixed error that would respawn Asteroids over and over if they were moved

Balance

  • blockBehaviorConfig now has global defense of blocks based on type (shield, armor, block) additionally to the previous individual block effect defense (which would be a mess to adjust)
  • Note: it's now possible to set defense value for all block types depending on if it's armor, normal or shield that is hit. The defense value is put against the offense value of the weapon. This now enables a balance where some weapons can be better/worse against shield/armor/normal
  • beams now use calculated armor values for damage reduction
  • Note: Beams now do damage calculations in a similat way as cannons in that the armor depth is calculated upon hitting a surface. The damage of the beam is reduced depending on armor thickness. Values have been added to config.
  • General Balance Note: The current config values for the new balance additions are currently experimental and in no way final


Thank you for playing StarMade,

- The schine team
5 件のコメント 詳細を見る
全てのスレッドを表示

このゲームの掲示板でバグを報告したりフィードバックを残そう

無料で遊べるアルファ版のゲームです!

現在、フルバージョンのゲームをデモ版として無料で提供しています。オープンアルファゲームの購入を考えているユーザーのために、最初に現在のフルバージョンのゲームを取得して試せるようにしています。またレポートやフィードバックはとても貴重で、そのために私たちはできる限り多くのテスターを必要としています。

現在無料のゲームに有料版があるのはなぜですか?

  • 開発者のサポートが目的です。
  • ベータに移行してデモ版のアップデートやサポートが終了しても、購入済みユーザーは最新のアップデートにアクセスできます。
  • 機能が追加されるに従い価格も上昇していくので、安いうちに購入できるメリットがあります。
  • 私たちは独自のレジストリシステムに向けてアップデートを進めています。これはゲームの機能には直接関係しませんが、オンラインでより多くのアクセスを提供します。例えば、ブループリントのホスティングや、複数のスキンのアップロードと利用などです。

    何をためらっていますか?さあ、Demoボタンをクリックして無料でゲームを試してみましょう!

このゲームについて

ボクセルベース3Dサンドボックスの無限の深宇宙が舞台です。船を建造し、新たな銀河、星系、惑星を探検していきます。時には海賊と戦ったり、マルチプレイでは対抗勢力と争うこともあります。1から設計した武器を載せた自分の船で、銀河を制覇しましょう。工場で資材を生産し、トレードで財を築き、オリジナルの宇宙ステーションを設計し、銀河にワープゲートネットワークを張り巡らせるのです。

宇宙は広大で、神秘的で、美しく、ロマンにあふれています…この宇宙はあなたのものです!

素晴らしいスペースサンドボックス体験のためのゲームシステムを構築しました。オブジェクトの相互作用とその拡張性により、自由度の高いビルドが行えます。

あなただけの宇宙に飛び込み、自由な世界を楽しんでください。

主な特徴:


  • 無限の宇宙と幾億の銀河 - 宇宙は広大です。横断するのに1万年を要するほどの広さがあります。豊富な設定オプションによって、シングルプレイ/マルチプレイどちらのワールドも自在にカスタマイズ可能です。
  • スケーラビリティを考えた開発- ローエンドユーザーだけでなく、ヘビーリグやサーバーなどにも応えられるよう、グラフィックやパフォーマンスのオプションを豊富に持たせています。
  • 高度なビルドツール - 強力で使いやすいビルドツールで、壮大な船やステーションなどを思いのままにデザインできます。コピー&ペーストやアンドゥ&リドゥ、置換、対称設置モード、基本図形や任意のテンプレートを作成する支援システムなどの機能があります。
  • モジュラーウェポンシステム - 武器システムを組み合わせることによって、狙撃ビームや拡散ミサイルといった様々な武器を作ることができます。
  • 統合的なレール&ロジックシステム - 可動ギミックを構築するためにレールシステムがあります。シンプルなエレベーターから、スライドや回転するドア、複雑なクレーンなどを作成できます。

    ロジックシステムは、武器や爆発物、照明、レールといったゲーム内の各システムを制御することができます。全ての基本的な論理回路(AND、OR、NOT、遅延、フリップフロップ)をカバーし、フライトコントロールやエンティティ間のワイヤレス接続を行います。タイマー、スイッチ、ボタンといった簡単なものから、時計や計算機といった複雑なシステムまで作成可能です。
  • コミュニティマルチプレイ (専用サーバー) - 私たちのコミュニティがホストするサーバーで、他の人とも遊ぶことができます。コンフィグによって、管理者がゲーム内の環境をカスタマイズ可能です。また設定を調整することで、ハードウェアの性能を十分に引き出しベストパフォーマンスを発揮させることができます。
  • プラットフォーム非依存 (Windows, Linux, Mac) - StarMadeはプラットフォームに依存しません。最も広く使われている3つのOSをサポートします。
  • フリープレイのアルファ版 - 開発中のアルファ版であり、今ある全ての機能を無料で遊ぶことができます。その代わり我々は無料期間中、バグ報告などの貴重なフィードバックを受け取ります。

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows 7 - 64 bit
    • プロセッサー: Intel Core i3 (第2世代以降) / AMD FX 6xxx / または同等品
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: nVidia GeForce GTX 260, 275, 280, 460 SE, 550 Ti / AMD Radeon HD 4870, 5770, 4890, 5830, 6770, 6790 / または OpenGL 2.1 をサポートするもの
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    • 追記事項: Javaが必要です。StarMadeのために2GBのメモリが利用可能でなければなりません。低スペックでも、グラフィックスやその他のオプションを調整することで動作する可能性があります。ご使用のシステムで動作するかどうかは、デモをお試しください。統合型グラフィックスはサポートされない場合があります。アップデートにより要件は変更されることがあります。
    推奨:
    • OS: Windows 7/8/10 - 64 bit
    • プロセッサー: Intel Core i7-2600 @ 3.4 GHz / AMD FX-8320 8-Core @ 3.5 GHz / または同等品
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: nVidia GeForce GTX 560, 650 Ti, 750 / AMD Radeon HD 5850, 6870, 7790 / または同等品
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    最低:
    • OS: OS X Mountain Lion - 64 bit
    • プロセッサー: Intel Core i5-750 @ 2.66GHz / または同等品
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Radeon HD 4850 / または同等品
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    • 追記事項: Windows/Linuxで要求される要件と同等です。Javaが必要です。StarMadeのために2GBのメモリが利用可能でなければなりません。低スペックでも、グラフィックスやその他のオプションを調整することで動作する可能性があります。ご使用のシステムで動作するかどうかは、デモをお試しください。統合型グラフィックスはサポートされない場合があります。アップデートにより要件は変更されることがあります。
    推奨:
    • OS: OS X Mavericks 10.9.5+ - 64 bit
    • プロセッサー: Intel Core i5-6600 @ 4.0GHz / または Intel Quad Core @ 2.5 GHz と同等品
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: Radeon R9 M390/M395 / または同等品
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    最低:
    • OS: Ubuntu 14.04 - 64 bit
    • プロセッサー: Intel Core i3 (第2世代以降) / AMD FX 6xxx / または同等品
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GeForce GTX 260, 275, 280, 460 SE, 550 Ti / AMD Radeon HD 4870, 5770, 4890, 5830, 6770, 6790 / または OpenGL 2.1 をサポートするもの
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    • 追記事項: Javaが必要です。StarMadeのために2GBのメモリが利用可能でなければなりません。低スペックでも、グラフィックスやその他のオプションを調整することで動作する可能性があります。ご使用のシステムで動作するかどうかは、デモをお試しください。統合型グラフィックスはサポートされない場合があります。アップデートにより要件は変更されることがあります。
    推奨:
    • OS: Ubuntu 15.04 - 64 bit
    • プロセッサー: Intel Core i7-2600 @ 3.4 GHz / AMD FX-8320 8-Core @ 3.5 GHz / または同等品
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GeForce GTX 560, 650 Ti, 750 / AMD Radeon HD 5850, 6870, 7790 (もしくは同等品)
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3 GB 利用可能

キュレーターの意見

139 人のキュレーターがこの製品をレビューしました。チェックするにはここをクリック。

カスタマーレビュー

レビュータイプ


購入タイプ


言語


期間
特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。

グラフを表示



表示:
グラフを表示
 
グラフを非表示
 
フィルター
トピずれのレビュー荒らしを除外
上記のフィルタに当てはまるレビューはこれ以上ありません
他のレビューを見るためにフィルターを調節する
レビューをロード中...