核戦争後の地球を舞台にしたクラシックなRTS『Tempest Rising』で、3つの特徴的な勢力のうち1つを操作して、力と資源を巡る絶望的な争いを勝ち抜こう。
全てのレビュー:
ユーザーレビューはありません
リリース日:
近日登場
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、スルーとチェックするには、サインインしてください。

Steamで3D Realmsシリーズ全作品をチェック!
日本語 はサポートされていません

この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Tempest Rising Demoをダウンロード

このゲームはまだSteam上でリリースされていません。

近日登場

興味がありますか?
ウィッシュリストに追加すると、リリースの通知が届きます。
ウィッシュリストに追加
 

このゲームについて

『Tempest Rising』では、クラシックなRTSとアクションが、現代的な演出やパフォーマンスと融合する。1990年代や2000年代のRTSの名作にインスパイアされた『Tempest Rising』は、架空の歴史上における現代戦を舞台にした、クラシックな基地建設リアルタイムストラテジーゲームだ。3つの独特な勢力はそれぞれが戦闘と経済に独自のアプローチを備え、あらゆる種類のプレイヤーに様々な戦略を提供する。マップには争奪戦の対象となる中立施設と、攻略の対象となる中立の人々がいて、深く手応えのあるゲームプレイでは戦略に焦点を当てる一方、獲得しがいのあるスキルや、シングルプレイヤー、マルチプレイヤーの両方のモードに、好きな方法でゲームを進められるビルトインのカスタマイズオプションも搭載。

15のミッションで構成される2つのキャンペーンで、高い機動性と先進的な平和維持企業を有する地球防衛軍、そして必死の心で戦う手強いテンペスト王朝の司令官となろう。各ミッションに向けてプレイヤーは部隊をカスタマイズ可能。それぞれの軍は、戦争に引き裂かれた地球で知らぬ間に広がっていた、有益な謎のテンペストの蔓を探し、理解し、掌握を狙う。テンペストの起源が明らかになるなか、影ではその他の危険も待ち受けていた…

特徴

  • 高速で流動的な手強い戦闘のある、クラシックな基地建設RTS。
  • それぞれに特徴的な経済とプレイスタイルがある、3つの非対称的なプレイ可能勢力。
  • それぞれの勢力にはユニークな部隊が揃う。
  • ミッション間のカットシーンも用意された、2つの壮大なシングルプレイヤーキャンペーン。
  • スカーミッシュ、カスタムゲーム、対戦評価によるランク性マルチプレイヤーマッチメイキング。

成人向けコンテンツの説明

開発者はコンテンツを次のように説明しています:

Contains soldiers getting shot, burned, blown up, or crushed under tanks.

システム要件

    最低:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
    • OS: Windows 10 or 11 (64 bit)
    • プロセッサー: AMD / Intel CPU running at 3.0 GHz or higher: AMD Kaveri A10-7850K or Intel Pentium DualCore G3220 or newer is recommended / Ryzen 5 2400G (for systems using an integrated GPU)
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: AMD/NVIDIA dedicated graphics card, with at least 4GB of dedicated VRAM and with at least DirectX 11.0 and Shader Model 5.1 support
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 30 GB の空き容量
    • 追記事項: These are preliminary specs that can and will change
    推奨:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です

3D Realms からのおすすめ

キュレーターの意見

24 人のキュレーターがこの製品をレビューしました。チェックするにはここをクリック。
この製品のレビューはありません

この製品の自分のレビューを書いて、コミュニティとあなたの経験を共有してみましょう。このページの購入ボタンの上のエリアを使用して、レビューを書きましょう。