What's a barbarian to do? Captured by crazed cultists, tied to a tree, and abandoned as buzzard chow, our pixelatd protagonist is ready for revenge! Sword & Sorcery! Might & Muscle! Are you Tiny enough for this Barbarian-sized adventure?
ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (170 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 170 件中 88% が好評です
リリース日: 2013年12月3日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Tiny Barbarian DX を購入する

 

最新の更新 全て表示(2)

5月9日

Episode 3 Coming Soon, Nicalis news!

Hello again, Tiny Barbarian Friends! Just a long-awaited update to let you know that Episode 3 is extremely close to release, and we'll have an announcement on the specifics (like, you know, a date) really soon. I know it's lame to announce that there will be an announcement, so here's a few screens:



Additionally, you may even have already heard this one, but Nicalis will be publishing the final release of the game when episode 4 is ready to go. That won't change your ownership of the game any, and in fact it may improve it--they've been working with me on cleaning up the code a bit, and the final release will likely have reduced system requirements and run a bit leaner as well.

Thanks again for your support and patience!

17 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“If you aren’t pumped to play this game after the first 2 minutes, you either don’t have a pulse or hate excitement.”
4.5/5 – Horrible Night

このゲームについて

What's a barbarian to do? Captured by crazed cultists, tied to a tree, and abandoned as buzzard chow, our pixelatd protagonist is ready for revenge! Sword & Sorcery! Might & Muscle! Are you Tiny enough for this Barbarian-sized adventure?

Tiny Barbarian DX is an action-packed sword 'em up inspired by fantasy pulp fiction. Like those short stories, the game is split into four distinct episodes, each with a new setting, new enemies, and new music! Best of all, when you buy the game, you will get all other episodes as they become available! Episode 1 is available now, with more coming soon! What are you waiting for? It's Time to Get Tiny!

  • State of the art low-def graphics shock and amaze!
  • Slice and slam fearsome foes with stunning swordplay!
  • Jump, grab, and climb past precarious platforms push your pixel prowess to perfection!
  • Full Color PDF Manual!

システム要件

Windows
Mac OS X
    最低:
    • OS: Windows XP
    • プロセッサー: Dual-core processor (Intel Dual Core 2.0 GHz or AMD Athlon X2 5200+ 2.6 GHz
    • メモリー: 1 GB RAM
    • グラフィック: DirectX 9.0c compatible, PixelShader & Vertex Shader 1.1
    • DirectX: Version 9.0
    • ストレージ: 80 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9.0c compatible
    • 追記事項: .Net FrameWork 4.5.1
    最低:
    • OS: Mac OS X 10.6
    • プロセッサー: Dual-core processor
    • メモリー: 1 GB RAM
    • グラフィック: PixelShader & Vertex Shader 1.1
    • ストレージ: 105 MB 利用可能
    • 追記事項: Requires Mono
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
総合:
非常に好評 (170 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:
2 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 賛否両論)
最も参考になったレビュー  全て
40 人中 37 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.2 時間
投稿日: 2014年8月30日
ゲーム青年やゲーム中年、果てはゲーム老人を熱くさせる、見た目8ビットっぽいアクションゲームです。
実際中身も結構8ビットっぽく、方向キー+2ボタン(攻撃とジャンプ)で主人公のバーバリアンを操作し、ビキニ姿も眩しいヒロインを助けに行くという王道ストーリー。

ゲーム内容もなかなか8ビット級に真っ当なアクションゲームでして、死んで覚えて攻略していくタイプとなっています。
とはいえ死んでもリカバリーは容易。残機は無制限で、死亡すると適度に挟まる画面切り替えポイントからの再開となる為、短いスパンでトライ&エラーを繰り返しながら学んでいけるのは8ビット機ではあまり見られなかったサービス精神溢れる機能。
また、ちょっとしたコンビネーションアタックも存在し、一気に大ダメージを狙えるあたりもまあまあ最近のゲームっぽいと言えましょう。わざわざ狙って使うほど体力があり、且つ大人しく喰らってくれる敵はあんまりいないけど。

さて私がこのゲームで一番惹かれたのは、実はゲーム性や見た目ではありません。
このゲーム、なんかBGMが凄く良い。
私は音楽に疎いため、それっぽく小洒落た表現や詳細な解説はできないのですが、実にツボを押さえた、これぞ8ビットゲームのゲームミュージック!という雰囲気の曲なのです。
正直PVでこの曲を聴いていなかったら買わなかったと言っても良いぐらい素敵。

ちなみにこのゲーム、現在ストーリー(要するにステージ構成)が2編収録されており、加えて2編ほどComing Soon表記となっている部分に今後ステージが追加されるようです。
1編あたりのプレイタイムは通して1~1.5時間程度。ゲームは1日1時間を守って遊ぶことが可能なあたりも凄く8ビットです。

そうそう。個人的に一押しの見所があるのですが、それはなんと説明書。全体的に凄く「それっぽい」感じで(前述のコンビネーションアタックも載ってますよ!)、特に巻末のTipsとNoteは「ああ、あったねこういうの!」と古参ゲーマーに微笑をもたらすこと請け合い。
「お前が使った後の運動器具は汗で濡れてるだろうからしっかり拭いとけ! 体育館は綺麗に使え!」
あんたゲームの説明書でしょうが!

※追記※
オプションでAuto Grabという項目をONにすると、劇的にゲームの難易度が下がります。要するに壁のよじ登りやツタにつかまる操作を自動でやってくれるという機能です。ツタからツタへ飛んではねるステージは、上方向の入力ミスによる転落死が起き易い為、アクションが苦手な方は是非ONにすることをお勧めいたします。
場面によっては意図せぬ動きをしてしまうことがある為、精密な操作をしたい方、また8ビット感を味わいたい方はOFFのままでプレイしたほうが楽しめると思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
48 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました