Botanicula is point'n'click exploration game created by Jaromír Plachý and Amanita Design.
リリース日: 2012年5月7日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

Botanicula を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Amanita Collection を購入する

4 アイテムを同梱: Machinarium, Samorost2, Machinarium Soundtrack, Botanicula

レビュー

“An amazing and heartwarming adventure.”
9.0/10 – IGN

“Botanicula is to peer through a microscope at hidden world and feel like you've made the greatest of discoveries: one of a place that's so overflowing with imagination and so full of wonder that only a person with a heart of stone would fail to be taken in by its charms.”
8.5/10 – Gamespot

“A creation of obvious love and care, Botanicula is a must-play for those seeking a truly imaginative and entertaining adventure game.”
– Adventure Gamers

“Botanicula far surpassed my expectations, and qualifies as one of the best emotionally-driven point-and-click adventures ever.”
– OneClickMac

ゲームについて

Botanicula is point'n'click exploration game created by Jaromír Plachý and Amanita Design. It’s about a bunch of five friends - little tree creatures who set out for a journey to save the last seed from their home tree which is infested by evil parasites. The original soundtrack and sound effects are created by Czech alternative band DVA.

Key features:

  • Relaxed game perfect for hardcore gamers, their partners, families and seniors.
  • More than 150 detailed locations to explore.
  • Hundreds of funny animations.
  • Incredible amount of hidden bonuses.
  • Fantastic music and sound effects by fantastic band DVA
  • Not one but five main characters with various skills and personalities.
  • No text or lengthy dialogs to bore you.
  • Bonuses for vigilant players at the end of the game.

システム要件 (PC)

    • OS:Microsoft® Windows® XP/Vista/7
    • Processor:1.6 Ghz Processor
    • Memory:1 GB RAM
    • DirectX®:5.0
    • Hard Drive:700 MB HD space

システム要件 (Mac)

    • OS:Snow Leopard or later.
    • Processor:Intel Mac
    • Memory:1 GB RAM
    • Hard Drive:700 MB HD space
役立つカスタマーレビュー
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 394
9 件のレビュー
記録時間: 5.4 時間
主人公たちは一つの樹?の生態系の小さい存在で、生命力=色、を吸い取って辺りを枯らしていく生き物の後を追う、クリックアドベンチャー。文字は存在しないが、クリックすることでSEや音と共に生き物たちが動きだしてたくさんの物語を創る。

温かみのある絵とどこか奇妙だが愛嬌のある可愛らしい生命たち、美しく楽しいBGMにじんわりと元気が出た。
個人的に記憶に残るであろうゲーム。
投稿日: 2014年2月20日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 119
1 件のレビュー
記録時間: 4.5 時間
私の好きなチェコのAmanita Designからの作品
クリック謎解きなんだけど世界感、音楽、絵の美しさがすばらしい
ゆっくり、癒されたい時におすすめです
投稿日: 2014年1月11日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 350
14 件のレビュー
記録時間: 6.4 時間
絵本のようなゲームです。5匹の虫(?)が冒険します。ゲーム内は一切テキストがなく、ビジュアルとサウンドのみで構成されており、プレイヤーの想像力が掻き立てられる点なども絵本に近い感じがします。ゲーム自体はクリックゲーで、気になるところをクリックするといった気軽にできるものです。全実績解除も簡単ですので、癒しを求めてる方はプレイされてはいかがでしょうか。世界観も音楽も神秘的で素敵でした。特にBGMはお勧めです。
投稿日: 2013年10月27日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 185
31 件のレビュー
記録時間: 4.0 時間
オススメ度 ☆★★★★

一つの樹に宿る数多の命、主人公たちと、その樹を蝕む病原菌?のような何かが登場します。

主人公たちの住む樹に現れたクモのような様相のウィルスに主人公たちはビビって行動を開始するわけです。

謎解きゲーって主人公一人のパターンが多いと思うんですがこのゲームでは主人公が複数います。

それぞれ体格など特徴があり、この場面では彼にこうしてもらおう。などと特徴を生かした謎解きができます。
雰囲気もかなり可愛らしくて、いい感じです。他のゲームもオススメなので、是非バンドルで買ってみてください。
投稿日: 2013年12月2日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 351
23 件のレビュー
記録時間: 3.9 時間
総プレイ時間は4時間程度。ポイント&クリック形式のアドベンチャーゲームで、特に煩雑に感じることもなく気軽に進められるゲームである。

まるでおとぎ話の中に飛び込んだかのようなほんわかとした世界観と、現実には見たこともないようなコミカルなキャラクター達が、物語のあちこちでプレイヤーと出会うのを今か今かと待っている。

美しく描かれたグラフィックの中に怪しい部分があったり、生き物がいたりしたらとことんクリックしてみるといいかもしれない。新たな出会いがある度に実績が解除されていくというのも、なんだかプレイの動機付けになっているような気がして、ついつい真剣になって探してしまう自分がいた。

この物語の中に一度飛び込んで気がつくことは、言葉が何一つ出てこないことだ。主人公達が冒険の中でわーわーきゃーきゃー一喜一憂するのをのほほんと――まるで幼稚園の学芸会で演技する我が子を温かく見守るように――眺めるだけでいい。対応言語がプレイへの二の足を踏んでしまうことはないので、気軽にプレイできるというのは実はとてもポイントが高いところではないだろうか。

物語の進行はパズルを解いていく形式で、すべてクリックによって行われるのだが、難解というところはないものの、解法に気がつくまでに時間を要する部分もあった。それは私自身が鈍かっただけなのかもしれないが、言葉による説明がないというのが良くも悪くも作用してしまったというところであろうか。しかし、些細なヒントに気がつくことが出来れば悩むことなどないので、鋭い人ならばすいすいと進められるはずだ。

畢竟するに、面白くはあるものの、鮮烈さや、派手さは、お世辞にも備わっているとは言いがたいし、万人に勧められるものではない。
しかしながら、例えば、家路の途中で、ふといつもとは違う道を通ってみたくなり、「ああ、この道はこんなところににつながっていたんだな……」なんて些細な発見で、しみじみと感慨にふけってしまうような方には、きっと満足して頂けるのではないだろうか。
投稿日: 2013年12月17日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ